『空港へ行く道』ロケ地

最近は、夜8時半頃から自室で過ごすため、自室では未見在庫の

ドラマをゆっくりと観ている。そんな中、昨日観終わったのが

『空港へ行く道』

『チプサブイルチェ』を録っている関係で、イ・サンユンのドラマを

『2度目の20歳』以来に観ようかと・・・そして、

キム・ハヌルが先月第一子の女の子を産んだというニュースも観て

うちの初孫と동갑이だし、ハヌルって、名前も一緒だし記念に^^
f0152079_14413227.jpg
一昨年の作品だけど、この年の3月にハヌルは結婚していて、

結婚後の初ドラマ。30代最後のドラマだね^^

観ながら気になったロケ地、鑑賞後に調べたロケ地をあげてみよう♪
f0152079_15154132.jpg
初っ端に出てきた、ソ・ドウの友人ヒョヌの限定ビールのお店。

最初は、ここどこだろう?と思って観ていたんだけど・・・
f0152079_15160468.jpg
ドウが電話しながら歩く歩道橋のシーンで、どこら辺りかが判明。

この歩道橋、『サム~マイウェイ』で調べて見つけた場所だった。

サムではソウルタワーがめちゃ綺麗に見える所として、夜景で出て

来たけれど、左側に見えている厚岩洞の景色も絶景!
f0152079_15272440.jpg
その歩道橋(真下)から登ってくる坂道も何度も登場したっけ。
f0152079_15243313.jpg
スアがしゃがみ込んでいる所を上から眺めたドウ。後にも出てきた

けれど、ここ、ヒョヌのお店とその後ろという設定のドウのオフィスの

一本下の通り。なので、上から見下ろすしか見えない設定。

f0152079_17030552.jpg
階段を上り下りするシーンは、確かにヒョヌの黄色いお店とその

背後のビルなんだけど、絶景を見渡した窓とは違うなと思っていた私。
f0152079_15244930.jpg
f0152079_15245511.jpg
やはり、そちらは別撮りで、ヒョヌのお店の左の坂を登ったこちら。

スアが思い出の窓をスマホで撮っていたシーンで確信した。

ところが、もう一度DAUMで調べると、このビル、黄色い

建物の後ろを一軒置いて取り囲むような形で、なんと

同じビルの違う向きだということがわかった。納得!
f0152079_15375690.jpg
実際に行ったことのある解放教会だけど、下からだと姿が見上げる形で

よくわからなかった。遠くから、こんなに目立つ教会だったんだ@@

(この写真のみ、韓国サイトでお借りした)

上のリンクは、厚岩洞を散策した時のもの。

で、このドラマ、韓国の美しい景色や文化をたくさん魅せてくれた。

次は、ドウの自宅。すごく素敵なシーンが多かった。
f0152079_15424115.jpg
韓国の方のブログから、キャプのいろいろ集合した画像をお借りした。
f0152079_15404171.jpg
撮影されたのは、龍仁市にある장욱진チャンウクジン古宅。

現在は、財団の管理下にあり、入場料を払えば見学できる。
f0152079_15411103.jpg
ドウの母の居室だった所だよね^^
f0152079_15414199.jpg
ドウがマッコリを呑んでいた亭子。
f0152079_15421116.jpg
ドウの住んでいた洋館。どこもめちゃ素敵な場所で、いつか龍仁を

再訪することがあったら訪ねてみたい。

画像は、カメラ小僧では対処できなかったので、韓国サイトで拝借した。

最後に、美しかった済州島のシーンから。

まず、偶然にもスア、ドウ双方が見つけたこの建物から。
f0152079_15432148.jpg
f0152079_15435286.jpg
建物の前から見えるのが城山日出峰だとは、すぐにわかったんだけど、

実際にソプチコジ方向から向かった時、手前は砂浜だったから、

それならこの海は内海かも・・と探してみたら、ドンピシャ!

ドウの家は城山浦に面していた。
f0152079_15442106.jpg
f0152079_15495869.jpg
散策の時とか、ドウの妻と鉢合わせした後に出てきた道だよね^^
f0152079_15450552.jpg
何度も出てきた海沿いのバス停。
f0152079_15455272.jpg
f0152079_15513642.jpg
こちらは旅客ターミナルとか港へ向かう開門橋の近くのバス停。

日本にいながら、カメラ小僧でロケ地探しができるなんて、

しばらくは遠出が不可能な私には、嬉しい手段だと実感。

特に、土地勘がある場所の場合、当たりをつけてから探すと

比較的簡単に見つけられるから、ここだ!と見つけた喜びも♡



# by andegenni | 2018-06-16 17:06 | 韓国ドラマ | Comments(0)

1日乗車券でプチトリップ♪

先日、家に遊びに来てくれたyさんに、今度は都営1日乗車券を使って

あちこち回る予定であること、出発は人形町の「玉ひで」からだと話すと

一緒に回りたいと言ってくれ、花祭り期間中の12日に決行することに。
f0152079_16533294.jpg

並ぶのが常識だから、少し時間をずらして、1時に待ち合わせ。

私は家からバスと都営線を乗り継ぎ、yさんは反対方向から。
f0152079_16534388.jpg

入り口の脇に小さなお庭。前はお店前に軍鶏がいたけれど

いなくなって久しいようだった。めちゃ久しぶりの玉ひで^^
f0152079_16534866.jpg

関東大震災で焼ける前の「玉ひで」の写真と看板。
f0152079_16535697.jpg

親子丼の考案者の方^^
f0152079_16540310.jpg

やはり1時だと待ち時間が少なかった。相席は当たり前だけど。

でも、一番奥の席で、窓の外はあのお庭かと。。。
f0152079_16542237.jpg

値段は1500円に上がっていたけれど、やはり美味しかった♪

次は、人形町から都営線ONLY利用で東日本橋>馬喰町>神保町>白山へ。

駅を出ると、地図があり、白山神社はすぐにわかった。
f0152079_16543112.jpg

参道にある民家も紫陽花祭りの一環のようだった。
f0152079_16544662.jpg

先週末から今週末までが文京あじさいまつり。
f0152079_16545267.jpg

鳥居を目指して歩くと、入口へ。
f0152079_16551788.jpg

入ると左側に「孫文先生座石」という碑が。後で調べたら、

孫文が中国革命を確信した場所なんだそうだ。
f0152079_16552431.jpg

白旗桜?
f0152079_16553128.jpg

お手水で手を洗い・・・
f0152079_16554072.jpg

おまつり期間中だから、平日でも出店が出ていて・・・

和三盆で作られた紫陽花のお菓子や、後には紫陽花の

金平糖など、紫陽花のお菓子がいろいろあった。
f0152079_16554849.jpg

ここにも白旗桜・・・パンフによると、この神社の御神木で

「八幡太郎義家御旗を立給いて祈願せられた時の桜木にて、

(古木は社務所に)若木を育てたものであり、

花の真(芯?)に旗の形なる花弁のある名花なり。」

f0152079_17533418.jpg

ネットからお借りした白旗桜。
f0152079_16555878.jpg

f0152079_16560927.jpg

あちこちにある建物。趣があるせいか、和服をレンタルして

なりきり写真を撮っている外国人観光客の姿も。
f0152079_16562714.jpg

f0152079_16563393.jpg

f0152079_16564740.jpg

建物の後ろ側に紫陽花の群。いろんな種類があって、丁度いい時期に

行けたようで、綺麗だった♡
f0152079_16565424.jpg

無料のお茶のサービスのある休み所もあったり・・・
f0152079_16572388.jpg

古い建物とのコラボも綺麗だった。
f0152079_16580255.jpg

この築山には入口で少し待ち時間があり一方通行だった。
f0152079_16581712.jpg

入口近くにあった、こちらの紫陽花。可愛い!
f0152079_16583970.jpg

紫陽花の花が大きくて立派!
f0152079_16584639.jpg

築山の上にあった祠。
f0152079_16590845.jpg

降りてきた先にあったこちらの花はカシワバアジサイという名だと

パンフに。最初に通った時は、可愛い女の子が一緒に撮っていた。
f0152079_16592134.jpg

本殿傍にあるこちら。一部色付きでこれも可愛いよね^^
f0152079_16593306.jpg

最後に、本殿でお参り。
f0152079_16594575.jpg

本殿の左と
f0152079_16595192.jpg

右の狛犬前にも見事な紫陽花が。
f0152079_16595683.jpg

帰りに中から撮った鳥居。続いて、やはり今週末までやっている

「花菖蒲まつり」を見に行くことに。

白山>春日>清澄白河と移動。
f0152079_17001822.jpg

1日乗車券を私は都バスで買ったので何も頂かなかったけれど、

yさんが駅で買った時にパンフを頂いたそうで、

150円が120円に割引適用。他にもたくさん割引があるようだ。

元々は江戸の豪商「紀伊国屋文左衛門」の屋敷跡だとか。

享保年間に下総国、関宿藩主久世大和の守の下屋敷となり、庭園の元が

形作られたのだそうだ。
f0152079_17002685.jpg

入口入って左の大正記念館。大正天皇の葬儀に用いられた葬場殿を

移築したもの。ただし、戦災で焼失したので改築され、現在は

集会場として利用可。食事もできるようだっだ。
f0152079_17010396.jpg

大泉水と向こうに見えるのは涼亭。昔はすぐ近くにある

隅田川から水を引いていたため、潮の満ち干で景観が変わったとか。

現在は雨水でまかなっているそうだ。左奥にある築山は

富士山と呼ばれていて、最も大きな築山。

鯉がたくさんいて、池に大きな飛び石がたくさんあって、

池の中を何か所も渡って移動した。磯渡りと言うそうだ。
f0152079_17012908.jpg

素人カメラマンがたくさんいて、狙っているのを見たら大きな鳥!
f0152079_17020966.jpg

園内の樹木ひとつひとつも綺麗に手入れされていて、

都会の喧騒をしばし忘れるような素敵な庭園だった。
f0152079_17021766.jpg

舞台みたい!と思ったら、やはり石舞台という名の場所。
f0152079_17022532.jpg

松尾芭蕉の「古池や かはず飛び込む 水の音」の句碑。

松尾芭蕉はこの区に芭蕉庵もあり、記念館もあり、うちの近くには

所縁のお社もあり。。で何かと縁がある。ただ、奥の細道は

彼の死後に出されたもので、彼の生涯はずっと貧しかったそうだ。

近くに芭蕉記念館があるけれど、ハングル講座時、定期的に使用して

いた文化センターが取れなかった時は、何度も芭蕉記念館で講義を

受けた思い出がある。近くには「カトレア」という日本のカレーパン

発祥のお店もあって、先生に何度か買って差し上げたことも^^
f0152079_17025369.jpg

花菖蒲は残念ながら盛りを過ぎていた。4日に行った

小岩菖蒲園の時辺りが、一番見ごろだったようだ。
f0152079_17121508.jpg

池の反対側にある中の島へ。そこから見た鶴島。

なるほど、たくさんの大きな鳥。yさんは皇居から飛んで

来たのかもと・・・
f0152079_17032079.jpg

右が亀とは違う顔だと言うと、「すっぽんだよ」とyさん。

気づかなかったけれど、すっぽん注意の立て札もあったようだ。
f0152079_17035141.jpg
大正記念館前にあった高松宮の記念植樹。

f0152079_17035746.jpg
盛りを過ぎてしまった花菖蒲だけど、いろんな種類があるようだ。

交差点に戻り、反対側を歩くと・・・

f0152079_17040484.jpg
前回も前を通ったhane-cafe。飛行機がコンセプトで、店内が

まるで空港のラウンジのようだ。飛行機ラテという、

ラテアートが飛行機というインスタ映えするメニューも^^

f0152079_17041198.jpg
再度訪問したブルーボトルコーヒー。

f0152079_17043697.jpg
展示が少し変わっていた。火曜の夕方だというのに、店内満員で

席がないとのことで、TAKE OUTで。

f0152079_17045334.jpg
ケーキはあったけれど、この後に備えてパス!

f0152079_17050166.jpg
前回もいた彼。この日はイケメン店員さんがズラッといて@@
f0152079_17052266.jpg
yさんはコーヒー通だからブラックで。私はラテアイス。

飲みながらぶらぶらと歩いて・・・

f0152079_17054259.jpg
前にも通りかかって気になっていたケーキ屋さん。

若い女の子が入っていったので、覗いてみると・・・

f0152079_17054969.jpg
なんと、写真でオリジナルクッキーを作ってくれるお店だった。

前に、贔屓の俳優さんに作ってあげたことがあったyさん。

ここだったんだ!と偶然に@@

f0152079_17060325.jpg
更にぶらぶら歩いて向かった先は、前回食べられなかった

ジェラートのお店。まだお腹があまり空いていなかったので

小さなブリオシュの中に、ピスタチオのジェラートを入れて貰った。

f0152079_17061726.jpg
店内は広くはないけれど、可愛い感じ。

f0152079_17063818.jpg
席がなくて飲み終わってないけれど、中で飲んだらだめかな?と

訊いたら、OKしてくれたのでラッキー♪

で、温かいブリオシュの中に冷たいジェラートは美味しかった!

f0152079_17064369.jpg
外へ出て、このランチメニューを発見。これいいかも・・・

ブリオシュは、野菜サンドにしても、ジェラートを挟んでも

いいみたいだけど、お持ち帰りようのブリオシュの

Sサイズ100円、Mサイズ200円があったから、追加で頼めば

両方共サンドできるし。また来たい!

大江戸線でそのまま新宿まで乗るというyさんとは途中でお別れ。

700円で都営地下鉄バスの乗り放題は、なかなかお得な一日だった。

今度はどこにプチトリップしようかな?


# by andegenni | 2018-06-13 19:49 | 四方山話 | Comments(0)

菖蒲園に行ってきた♪

もうすぐ梅雨入り。うちの家は何軒かの分譲新築で、

緑化の為に、敷地内に木を植えるのを義務付けられてると

いう業者さんの説明で、各家に百日紅の木が一本ずつ

植えられている。各家は、開けた時に顔が見えないように

玄関もベランダもうまく作られていて、間取りも全て違う。

なので、百日紅の植えられている場所も各家でバラバラ。

うちの駐車場の入り口に、前の家の百日紅があって、葉が

なんだかテラテラ光っていて、あれ?と思い、車から降りて

調べてみたら、葉裏には虫と卵らしきものがびっしり!

まさか!と思い、うちの百日紅も見てみたらやはり同じ状態。

お隣もその近くの家もやはり同じ状態で、なんとかしなくちゃと

ネットで検索し、昨夕、白砂利をどけて土部分を出して根の周りに

粒状のオルトラン錠剤、葉には250倍に希釈したオルトラン乳剤を

霧状にしてかけたら、今日はほとんどいなくなっていた。

みんなどこへ行ってしまったのか?でも、苦労した甲斐があった。

もうすぐ梅雨入りだけど、今日はお天気がいいから

少し遠出してみようと、季節のお花を見に行くことにした。
f0152079_19520031.jpg
江戸川沿いにある小岩菖蒲園。江戸川の広大な河川敷に、

何千本も植えられた菖蒲。無料だし、駐車場も無料で憩いの場。
f0152079_19532132.jpg
真っ青な空に、白い雲。河川敷には野球場などもあるけれど、

広大な広場もあって、気持ちが良かった。菖蒲以外に紫陽花も^^
f0152079_19532718.jpg
今年は桜もそうだし、お花の開花が早いようだ。
f0152079_19540946.jpg
花菖蒲も、すでに満開状態^^
f0152079_19543396.jpg
近くには京成線の京成江戸川駅があり、駅からは5分という

地の利の良さ。たくさんの施設の車が来ていて、職員さんに

連れられたお年寄りも多かった。平日だから、それでも人出は

少ない方で、週末は家族連れで一杯になり、駐車も難しいかも?
f0152079_19551984.jpg
f0152079_19554228.jpg
4年目と書かれた田んぼの花は大きくて見事!
f0152079_19562200.jpg
f0152079_19564762.jpg
上の2枚は一年目の株分けしたもので、種類別に育てられていた。

f0152079_20014276.jpg
花菖蒲の手入れや一生の形態が描かれた看板。
f0152079_20015963.jpg
何か所かあった池には、睡蓮。もうすぐ咲きそうな大きな蕾。

空の雲を映した水面が綺麗だった。

f0152079_20513433.jpg
この池、ムジナモの発見地という碑が立っていて、

多分、上の囲いの中にあったのがそうかと・・・
f0152079_20022398.jpg
花菖蒲の畑には、たくさんのオタマジャクシがいて、

この男の子達が捕まえていたので、

「まだ足はない?」と訊くと・・・

右の男の子が手のひらに乗せた大きなカエルを見せてくれた。

まだしっぽが付いていて、オタマジャクシからカエルへの変身中!
f0152079_20025027.jpg
水上バス乗り場があったので行ってみた。平日の運航は休止。
f0152079_20031091.jpg
乗り場から見た江戸川。川向うは千葉県で、テニス仲間の

お嬢さんが通っていた和洋国府台って、ここだったんだ!
f0152079_20033143.jpg
成田空港に急いで行く時に京成船橋から先だけ乗ることもある

京成線。他は滅多に乗らないけれど、のどかな所を走ってるね^^
f0152079_20034740.jpg
名前は気にしてなかったけれど、黄色いのは可愛い^^
f0152079_20041451.jpg
いろんな種類がありすぎだけど、シンプルなのもいいよね^^
f0152079_20042213.jpg
白くて豪華な上総乙女。
f0152079_20043057.jpg

最後は、豪華なこの2つのコラボ。THE MADAM!って感じで

蕾まで豪華だった。

堪能した後は、帰り道だからと、また大杉の喜楽園へ。

春に植えた寄せ植えのいくつかが枯れたり元気無くなったりして

いたので、また4種類購入。花菖蒲を見たせいか、

青と紫中心に夏のお花を。

明日はまた、楽しみながら寄せ植えしなくちゃ。

明後日から雨みたいだから。


# by andegenni | 2018-06-04 21:04 | 四方山話 | Comments(0)

お宮参りに行ってきた♪

初孫の誕生から早ひと月もとっくに過ぎ、みんなの都合に

合わせて、今日、お宮参りに行ってきた。
f0152079_21020734.jpg

娘の嫁ぎ先のご両親がうちにみえるので、備前には気張って

芍薬と百合。馴染みのお花屋さんで、備前に生けると言うと、

初めて見えるご両親の為もあって、花瓶に負けないお花がいいと。

「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」の例えにもあるけれど、

芍薬と百合の共演は豪華だと・・・なるほどねぇ・・・
f0152079_21022865.jpg

身内だからいらないと言ったのに、一応・・・と娘夫婦から

頂いた内祝いの品は、出生時の体重と同じ量のお米^^

戌の日の帯を頂きに行ったのは、水天宮だったけれど、

お宮参りは地元の神社がいいらしいので、馴染み深い亀戸天神へ。

お父様の車を我が家に置いて、孫のチャイルドシートが乗っている

うちの車を私が運転して、みんなで行くことになった。
f0152079_21025747.jpg

東門側にある無料の駐車場も平日だからガラガラで、社務所までも

最短距離で行けて便利。神楽の音がしていたので、見てみると

舞まであって、ご両親はびっくりされていた。我が家では毎日曜に

前後ろに子供二人を乗せて、亡き主人が参拝していたこの神社。

中の造りも立派だし、菅原道真ゆかりの神社だから、由緒正しいと

ご両親も満足してくださり、よかったと思う。
f0152079_21032147.jpg

亀戸天神という名ではなく、うちでは「亀の公園」と

呼んでいたこちら。藤の時期は見事だけど、今は青々と茂る

棚が続いていた。亀は相変わらず、めちゃたくさん!

せっかく来たからと、久々に船橋屋の葛餅をご両親用と

我が家用に買った。さっき食べたけれど、やはり美味しい^^
f0152079_21034230.jpg

帰り際、お母様が見つけられた不思議な木とスカイツリー。
f0152079_21035679.jpg


何が不思議かと言うと、これではよくわからないだろうけれど、

まるでタコさんウィンナが連なっているような木だった。

さっき調べてみたら、ザクロの花なんだって!知らなかった^^;


# by andegenni | 2018-05-25 21:32 | 四方山話 | Comments(0)

都バスでおでかけ♪

激しい雨の一夜が明けると、なんとも気持ちのいいお天気♪

陽気に誘われて、残り少なくなったメディアを買いに秋葉原へ

行くことにした。今度の家、少し距離があるものの、

秋葉原、両国、浅草、お台場へはバス一本で行ける。
f0152079_21091954.jpg

帰りには重くなるのがわかっていたため、自転車で公園内を・・・

春には桜の名所で有名な公園を突っ切った所がバス停。
f0152079_21094712.jpg

見上げた桜の木にたくさんのサクランボが見えた。

食べれないとは思うけれど、なかなか可愛い^^

何も考えていなかった為、普通にSuicaで乗車したが・・・

バスで一本だからのんびり行こうと乗ってみたけれど、

あれ?清澄白河?人形町?と途中下車もいいなと思える

経路だった。降りるなら、一日乗車券にすべきだった^^;
f0152079_21114742.jpg

のんびりバスだから、途中時刻合わせで停車したりもあって、

40分強かかったけれど、終点だから寝るのも良しでラクチン♪

初めてバスで行ったので、秋葉原駅停留所からヨドバシをパチリ!

いつも行くところは決まっているので、メディアをたくさん買って

ドトールでレモンミルフィーユとアイスカフェラテで一休み♪

再度、帰りのバスに乗ったら、行きとは微妙にルートが違った。

車だと慣れた道だとあまり景色も見ないけれど、バスだと

のんびり東京の街を眺められるからいいかも^^

今度は一日パス(都バスだけだと500円)を買って、行きに

通る人形町で降りてみようかと。(帰りは通らない)

昔々、人形町にある学習塾に子供が通っていたりもしたので、

何かと馴染みのある街で、久々に玉ひでで親子丼を食べたり、

甘酒横丁の柳家で鯛焼きを買ったり、がんもどきを買ったり・・・

甘酒横丁の脇道で、昔、テニスの仲間がお店をやってて、

よく行っていた。スクールが終わってそのまま、自転車で^^;

帰りのルートは、甘酒横丁を抜けて久松町から乗ればいいし。

メディアが重いから、ちょっと悩んだけれど、やはり行こう!と

清澄白河駅で途中下車。清澄庭園は荷物があるからパスして・・・
f0152079_21124518.jpg

最近、話題のカフェの多い清澄界隈。こちらはfukadaso cafe。

ふかだ荘というアパート兼倉庫を改装した小洒落たカフェだって。
f0152079_21140967.jpg
f0152079_21152869.jpg

目指したカフェはブルーボトルコーヒー。バリスタが淹れてくれる

カフェで、巨大な焙煎装置もあり、学びに来る人も多そうだ。
f0152079_21164182.jpg
f0152079_21171562.jpg

注文をとるカウンターと作業する部分。10名を軽く超える店員さんの

人数もだけど、平日なのにほぼ満席の店内も@@

ここ、駐車場がないから、行くならバスか電車だったため、

重い荷物を下げて、えい!行くかと決心した次第。
f0152079_21182351.jpg

カウンターで渡されたメニュー。残念ながらケーキはほぼ品切れ。

少し前に食べたから、本当はおなかも空いてないし、喉も乾いては

いなかったんだけど。ラテアートは、お店のカップ使用時のみと

言うことで、可愛い絵入りのカップは諦めてカップでオーダー。
f0152079_21193772.jpg
f0152079_21214243.jpg

焙煎の機械がでかい!バッグや・・・
f0152079_21201033.jpg

マグカップなどのオリジナルグッズも可愛い。
f0152079_21204342.jpg

ラテアートはこんな感じで・・・
f0152079_21224507.jpg

ラテアート担当の女の子はこちら向きで作業してたので凝視!笑)
f0152079_21233105.jpg

丁度、1年前になるけれど、ドバイの空港のスタバで、出来上がりに

名前を呼ぶらしく、カップに名前が書かれていたけれど、

このお店では、伝票に名前入りだった。
f0152079_21245544.jpg
f0152079_21253077.jpg

出来上がったラテアート。持ち上げたら、ソーサーに

ブルーボトルが^^目の錯覚じゃなく、ソーサーの形もユニーク。

隣のスツールに重いリュック(他に紙袋もあって)を置いていたら

グループの若い女性がやって来て、しかも韓国語で会話。

何人ですか?と尋ねて、スツールも空けてあげた。

4人でソウルかららしく、このお店、韓国でも有名らしくて

グッズをお土産に各自買っていた^^良い旅をしてねと

挨拶をしてお別れ。帰りは別ルートで駅バス停へ。
f0152079_21274623.jpg
f0152079_21292508.jpg

平野界隈は、古いお寺や霊園が多い街だと思った。

そんな古い街に次々誕生するカフェ。途中で見つけたこちらは

ジェラート中心のカフェ。ギリシャで食べたレモンジェラートが

忘れられなくて、なんとかあの味に近いジェラートがないものかと

ないものねだりする子供のように探している私なんだけど、

レモン味はなさそうで残念。でもここ、いつか行こう!

娘はギリシャヨーグルトに嵌ってしまい、日本で手に入る

ギリシャヨーグルトを買って、ギリシャで買ってきた蜂蜜をかけて

食べている。蜂蜜とオリーブオイルはまだまだ在庫アリ^^
f0152079_21304568.jpg
f0152079_21311856.jpg

5時を回ったからか?元々休みなのか?の深川江戸資料館。

ここはずっと昔に訪問したことがある。そう言えば、テニスの

友達、三好に住んでいて近いって言ってたなぁ・・・
f0152079_21315132.jpg

並びにある大きなお寺霊源寺。幼稚園も併設されていて、

この界隈にたくさんあるお寺の中でも格段に大きそうだった。
f0152079_21321561.jpg

粋な公衆トイレ^^江戸資料館通りだからね^^
f0152079_21324019.jpg

深川と言えば、名産はアサリの深川飯。何軒もあったけれど、

佃煮だけでも売っているようだ。

今度は、浅草にもバスで行ってみるかな・・・車だとすぐに

通り過ぎてしまう景色も、バスだとのんびり眺められるし、駐車の

心配もしなくていいし、江戸下町バス散策も楽しそうだ^^
f0152079_21333457.jpg

帰宅したら出迎えてくれた、お隣との柵にかけたプランター。

昨日の激しい雨にもめげずに根付いたようで、一安心♪
f0152079_21340102.jpg

買ってきたのは、DIGAに合わせて我が家用に使っているメディア。

前は50枚入りがあったのに、最近はケース入りのこれしかない。

値段もかなりするのに、やはり、同じメーカーにこだわって

しまう私。これをリュックと紙袋(2重にしてもらい)に

6つ入れての移動だったから結構疲れた。

次回、行くときはもっと身軽なバス散策を目指そう!




# by andegenni | 2018-05-14 22:33 | 四方山話 | Comments(0)