<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春爛漫(o^^o)

昨日はプリンの命日。先日、娘とお参りして来た。

両国駅前にある回向院。江戸時代から、行倒れの無縁仏から

犬猫等まで、全ての生き物を受け入れて来た歴史のあるお寺。
f0152079_21185718.jpeg

動物は、個別の場所もあるけれど、この塔の下に共同で

埋葬されているそうだ。

手前には何箇所か、お線香やお花を手向けたり、好きだった

ペット用お菓子などを置けるスペースがあった。

お線香を頂きに事務所へ行くと、お線香代は決まってないと。

お気持ちの分だけお出し頂いていますと@@

お彼岸だったから、人間のみならず、家族だったペットも

お参りする人が多かった。

f0152079_21153507.jpeg

一昨日、ケーキを作ろうと思ったら牛乳がない!

近くのスーパーに買いに行き、春爛漫の陽気に誘われて

家の近くの桜の名所へ。すごい人出で、すぐ退散した。

人の流れが途切れた時にカシャッと1枚だけ。

昨日は前の家の上の階の御夫婦がいらして、

楽しい時間を過ごした。新婚旅行がギリシャだったそうで

昨春のギリシャ・ドバイの写真をお見せして、懐かし語りも^^

今日は近場の満開の桜を見つつ、遠回りして川沿いの桜も見て、

隣の区の園芸店へ。そこへは寄せ植えのお花がたくさんあると

検索して見つけて。大小様々、形も様々な容器に植えられていた

寄せ植えのお花。あくまでもサンプルらしく、イメージを考える

助けにして、自分だけの寄せ植えを作るのが、お店のコンセプト。

従姉が新築祝いに送ってくれた観葉植物のお金。それは観葉植物の

専門のお店に、次に行くつもりだったけれど、同じお店にも

沢山あり、実際に抱えてみて、購入を決定した。

鉢カバーや、寄せ植えに必要なものも全て購入。

思いがけず、観葉植物も2つ買えたし、めちゃくちゃ楽しい

お店だった。植え替え時にはまた行かなくちゃ(๑╹ω╹๑ )
f0152079_21212095.jpeg

帰りに寄ったスーパーの近く。右手の桜並木は花王の敷地にある。

福神橋から見ると桜とスカイツリーが一緒に撮れた。

信号待ちでカシャッ!春霞のスカイツリーだね^^;
f0152079_21182161.jpeg

帰宅して車から降ろした戦利品の数々。左下だけは知り合いから

クリスマスに頂いた寄せ植え。ひとつ枯れたお花の代わりに

大好きな花かんざしを植えてみた。葉っぱだけになっていた

ビオラも、再び蕾がたくさん出て来た。一緒に引越した寄せ植え。

明日は頑張って植えなきゃね!

後ろの観葉植物は10号サイズのパキラとベンジャミン。

観葉植物は赤ちゃんが触るかもと気にしている娘の為に、

出来るだけ上の方に葉っぱがあるものにした。

伝い歩きを始めたら、土の上にネットを被せる予定。

ネットが見えない様にと鉢カバーも買ったけれど、

ピンキリながら大きいものは値段が高い。

パキラの花言葉は「快活」と「勝利」。

「お金をもたらす幸運な木」という意味で

「発財樹@Money tree」とも呼ばれているそうだ。

ベンジャミンは「幸福をもたらす木」「永遠の愛」「友情」等

ポジティブな意味をたくさん持っているそうだ。

男の子だとわかっているし、

孫に贈る言葉としてもいいかも?

by andegenni | 2018-03-27 22:14 | 四方山話 | Comments(0)

ハッピーレストラン~家和萬事成のロケ地

最近、自室にブルーレイプレーヤーを買って、夜はベッドで

ドラマ鑑賞。色々調べて買ったのはPioneerのプレーヤー。

前回見たところからの再生もできるし、TVで入力切替すると

電源を入れなくても自動的に始まるから、非常に満足^^

で、50話だから、見始めるのを躊躇していたドラマ

『家和萬事成』を見ることにした。このドラマ、撮影中に

偶然に仁川中華街に行ったこともあり、出てくる場所の

写真をたくさん撮っていて、どこだか調べなくてもわかった^^
f0152079_22552218.jpg
『家和萬事成』として出てくるお店は燕京大飯店。撮影中の写真なので

左側に「家和萬事成」という店名と、主人のポン・サムボン@

キム・ヨンチョルの写真があった。

初訪問時は並びのジャージャー麵発祥のお店とされる

「共和春」で食べたので、このお店は外観だけ。
f0152079_22555231.jpg
f0152079_22563034.jpg
印象的な絵のある階段と、こちらの左右の入り口も毎回登場。

階段下もゴミ捨てや皮むきなどで使われ、途中の踊り場の左側の

お店はミスン@キム・ジホのお店として登場。
f0152079_22570011.jpg
初めて行ったとき、登ってみた階段の上には善隣門があった。
f0152079_22574024.jpg
その裏のこちら側はドラマでも何回も登場していた。

この門から先は、「三国志壁画通り」に続いている。
f0152079_22581009.jpg
上からの通り、
f0152079_22583946.jpg
下からの通り、共にドラマにも度々出てきた「三国志壁画通り」。
f0152079_22591081.jpg
メインの絵のある階段の左わきにあるこちらの階段は、

サムボンの弟サムシク@ユン・ダフン夫婦が上に住んでいる設定なのか

兄のお店に行く設定で降りてきていた場所。
f0152079_22594078.jpg
童話マウルへ向かう途中で見つけたこちらのお店。
f0152079_23001061.jpg
f0152079_23003958.jpg
『家和萬事成』のポスターがズラッとあったので、最初は

ここかと思ったくらい(ドラマを見てなかったので)だけど

どうもお店の中の撮影はここを使ったようだ。




童話マウルに行った後、他のドラマの撮影地として訪問した
f0152079_23010928.jpg
f0152079_23014076.jpg
「チャイナゲート」。サムボンの地元の喧嘩友達のお店として登場。
f0152079_23021010.jpg
その先の門、韓中門もドラマに出てきていた。
f0152079_23024059.jpg
門の側、建物を回り込んだ所にあったこちらの「関羽将軍」の像。

3回手を撫でると、願いが叶うと言って、サムボンが拝んでいた像。
f0152079_23030967.jpg
童話マウルの後はこちらのお店で食事予定だった。

観光バスがたくさんいて、小学生が童話マウルの見学後、

ここで食事していたせいで、奥はいっぱいだと言われ、こちらで。
f0152079_23034021.jpg
f0152079_23041082.jpg
そのおかげで気づいた『家和萬事成』のポスター^^
f0152079_23044027.jpg
入れなかった奥の広い部屋。ドラマでは、友達のお店が

食通番組に取り上げられるかも・・・というシーンで使用された。



中華街の他にも自由公園の近くがたくさん使われていて・・・
f0152079_23052627.jpg
自由公園の625学徒義勇隊慰霊塔の前からの坂道。

坂下には『ガラスの靴』のチョルン@ソ・ジソブの家があり、

そのすぐ傍には虹霓(ホンイェ)門。この門の近くまでは

旧日本人街で、今も古い家屋が残っていた。
f0152079_23055618.jpg
前を通ったのに、写し忘れていたこちらの家がサムボン家族の家。

実は『1%の奇跡』の家で、『エンジェルアイズ』のスワンが

かつて住んでいた家でもある。byカメラ小僧。
f0152079_23062570.jpg
並びにあって、ドラマで度々登場した階段。byカメラ小僧。
f0152079_23065513.jpg
自由公園の広場の近くのお店。公園内を通らず、『乾パン先生』の

ロケ地である済物浦高校傍の道を行ってもここへ出る。

このお店の前辺りも何回か登場していた。
f0152079_23072548.jpg
自由公園から降りる階段の途中にある済物浦倶楽部。

『ピアノ』のオックァンの家でもあり、『蒼のピアニスト』では

ピアノ教室として出てきた建物。
f0152079_23075553.jpg
下からの構図でいつも出てきたけど、『家和萬事成』では

ソ・ジゴン@イ・サンウと父の病院。

自分の病を知ったヒョンギ@イ・ピルモの後を付いていくジゴン。
f0152079_23082563.jpg
f0152079_23085513.jpg
夜景が綺麗なこちらの場所は、タルトンネ博物館の下の道。

夜景の見え方と、路肩の柵の形でわかった。
f0152079_23092568.jpg
ドラマの終了後、今はこんな風に展望台が出来たようだbyカメラ小僧。


f0152079_00234577.jpg
ジゴンの勤務していた韓国病院として、出てきたのは、

このオブジェですぐにわかった国際聖母病院マリステラ。


仁川はどこも行っていた場所だったので、すぐにわかった。
f0152079_23095637.jpg
ヒョンギと母親とヘリョン@キム・ソヨンが暮らしていた家は

平倉洞のこちら。『BAD LOVE』や『私はチャン・ボリ』でも

出てきた家。

このドラマのロケ地は全く探さずに、行った場所が多くて、

かなり判明。写真を撮っていたので、照らし合わせるだけで

わかったから楽だった^^

長編ドラマだったから、一緒にいる時間も長かっただろうし、

このドラマの共演で、イ・サンウとキム・ソヨンが結婚!

『月桂樹洋服店の紳士たち』と同じように、長編ドラマで

結ばれるカップルって、微笑ましいよね^^

そういえば、同じキム・ヨンチョルが父親役だった

『お父さんが変』が縁でイ・ジュンとチョン・ソンミも

熱愛中だとか^^やはり長編ドラマはキューピッドなのかも?


by andegenni | 2018-03-22 00:37 | 韓国ドラマ | Comments(0)