2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part26 扶余 百済文化団地2

今日は終戦記念日。

天皇陛下の最後の終戦記念日のお言葉を聞きつつ、

2歳の男の子の無事を喜びつつ・・・

昨日は、青山にある父のお墓にお参りし、次に主人の

納骨堂へ参り、ひいおじいちゃんとおじいちゃんに

孫も挨拶。近くにあるプリンの慰霊塔にも手を合わせてきた。

昨年夏の旅日記へ戻って・・・

裏手から、泗沘宮へ入る形に。案内図を拡大。右側奥から。
f0152079_17065932.jpg
f0152079_16473200.jpg
f0152079_16474998.jpg
f0152079_16481887.jpg
入って来た門を振り返って。文思殿区域。
f0152079_16484295.jpg
f0152079_16485700.jpg
f0152079_16492790.jpg
f0152079_16494187.jpg
f0152079_16494716.jpg
f0152079_16503247.jpg
f0152079_16503876.jpg
ソウルにある古宮も、焼失から再建されたものが大半だから

新しい建物とは言え、こちらはセットだとは言え、あまり違和感は

なくて、細かいところも同じように作ってあるなぁと思った。
f0152079_16512059.jpg
文思殿から一旦出て、表側へ。団地の入り口、正陽門。
f0152079_16514017.jpg
泗沘宮の前面を歩き、
f0152079_16514895.jpg
中心の天政門から入る。
f0152079_16522712.jpg
f0152079_16523774.jpg
奥には、泗沘宮の中心の天政殿。
f0152079_16531940.jpg
f0152079_16532549.jpg
敷石のひとつひとつにも模様。
f0152079_16534312.jpg
玉座。
f0152079_16540044.jpg
撮影時のものだろうか?王と王妃の衣装展示も。
f0152079_16541441.jpg
座っている人もいたけれど、私は遠慮した。
f0152079_16542465.jpg
こちらは臣下の衣装かな・・・
f0152079_16543610.jpg
天政殿から天政門を臨んで。
f0152079_16545592.jpg
f0152079_16553828.jpg
続いて、3つめのエリアにある武徳殿と

f0152079_16554744.jpg
麟徳殿。他にもいろんな名前の建物があり・・・
f0152079_16562471.jpg
f0152079_16563846.jpg
f0152079_16564399.jpg
こちらは、撮影されたシーン等の展示があった。

その中でも、百済がテーマとなったドラマ『階伯』。

ロータリーにある馬に乗った像が階伯将軍像。

で、百済ってあまり史劇がなくて、古くは『ソドンヨ』位で

久々の百済のドラマだった。
f0152079_16565983.jpg
f0152079_16574262.jpg
f0152079_16575422.jpg
f0152079_16581822.jpg
f0152079_16584290.jpg
f0152079_16591099.jpg
f0152079_16591590.jpg
f0152079_16593152.jpg
パネルも『階伯』のものが多い。
f0152079_16595579.jpg
『大風水』も撮影されたようだけど。さて、泗沘宮を後にしよう。


# by andegenni | 2018-08-15 17:35 | 2017.7水原・扶余 | Comments(0)

最近観終わったり、視聴中のドラマロケ地♪

台風が通り過ぎたら、蒸し暑さが戻って来た。

もうすぐお盆だし、早く涼しくなって欲しいものだ。

そんな中、最近観終わったり、視聴中のドラマの中で

気になったロケ地を探してみた。

まずは『真夏の思い出』から。
f0152079_20552963.jpg

30代の女性のかつての恋を振り返ってみたこのドラマ。

チェ・ガンヒの魅力が詰まった短編ドラマだった。

実は彼女、もう40歳を超えたのに、童顔だし、スタイルいいしで

とても可愛いと思った。で、こちらのポスター画像を見て、彼女の

住んでいる場所はどこだろう?と思い、高台だし、もしかして駱山?
f0152079_20342872.jpg

見覚えがあった筈で、やはり梨花洞の壁画通りの一画だった。
f0152079_20345955.jpg

この通りの先も見覚えがあった筈だ^^;
f0152079_21222092.jpg
前に花階段のあった所(再訪したら

塗りつぶされていたけれど)の階段下を右へ。
f0152079_21223729.jpg
ロケ地にもなっているのか、こんな場所もあって・・・
f0152079_21231549.jpg
その先のここから登った私。で、ここを登らなければ、

そのまま柵のある道だった。家はその道から少し上。

そして、この坂道の下がポスターの位置だった。
f0152079_20354815.jpg
夜景がめちゃ素敵だったけど、ここは・・・
f0152079_20355644.jpg
撮り方でこうなるんだなぁ・・・と思った私。
f0152079_21195202.jpg
夜行ったにも関わらず、見上げなくて残念だった。

こちらのループ道路の、橋から見上げたら見えたはず。

f0152079_14411578.jpg


次は、録りためてあった『愛の温度』を一気見。

お店は、難なくわかった。
f0152079_20391968.jpg
この茶色の建物が決め手。
f0152079_20455688.jpg
その手前にこんなお店があったのね^^

f0152079_23163046.jpg
お店の名前は変えてあるけれど。で、この向かいには・・・
f0152079_22273746.jpg
「Tea Therapy 行廊店」があって・・・

『私の残念な彼氏』の 「さつまいもの花が咲きました」という

お店として登場したので、訪ねて行ったことがあって。
f0152079_20402493.jpg
石塀の間に咲く花のシーンは、多分ここだろうとやはり思って。
f0152079_21312113.jpg
ここ、『彼女はラブハンター』で出てきたロケ地。

その手前の角が先ほどの石塀。で、この先には・・・
f0152079_21510011.jpg
昔は『冬のソナタ』のユジンの家があって、坂下には

チュンサンがいた電信柱も。再訪したら、すでに無くなっていた家。
f0152079_21470321.jpg
『冬のソナタ』で出てきた中央高校の坂下にあるこちらが・・・

f0152079_23164931.jpg
ランニング同好会?の催し物の途中で雨宿りした所。
f0152079_21443015.jpg
中央高校が突き当りで、左にある所だけど、写真が古いので

少し変わったようだった。
f0152079_20404956.jpg
先ほどの、石塀の所から南下したこちらの通りも、ジョギングなどで

しばしば登場した。北村の桂洞側がたくさん出てきた。

もっとも、光化門から出発して、三清洞とかも通っていて、

見慣れた景色が満載だったのだけれど。


f0152079_20412088.jpg
レストランは北村にあるのに、屋上からの景色が違っていて・・・

左にある3つの屋根の建物が借景でよく出てきた。
f0152079_21543716.jpg
この場所は、北村一景から撮ったもので、屋上シーンは

こちらの手前、右側にあるアジアンレストランの屋上だったようだ。
f0152079_22050963.jpg
ヒロインの家は、いろんなドラマでも出てくる、こちらの

赤い格子が特徴的なアパート。で、同じ区域のようにドラマでは

言われてたけれど、実は全く違う場所。

f0152079_20415566.jpg
建物の前の公園も何度も登場したっけ。こちらも定番の公園。
f0152079_22080207.jpg
どこかと言うと。。。この建物は『嫉妬の化身』のロケ地で・・・
f0152079_22203085.jpg
京義線の跡地のスッキルから少し入った辺り。

さすが、弘大というか、延南洞地域は凝った建物が多い。

続いては、視聴中のドラマから。

まずは、『最高の一発』から。
f0152079_20494877.jpg
f0152079_20432055.jpg
チャ・テヒョンがやっているワールド企画が左側。

右は、ユン・ソナがメインでやっているパリバケット。

f0152079_13593584.jpg

大通り側(表側)はこっち。
f0152079_20501916.jpg
場所は、こちら。でも、屋上からの景色が違うので、こっちも

やはり別撮りのようだ。

最後は、『一緒に暮らしましょうか?

f0152079_20423689.jpg
f0152079_23564855.jpg
廃れた商店街として出てきたのは、なんと南営駅近くの中心地。

ここは、わからなくて、韓国サイトで検索した場所。

ちゃんと父親の靴店もあって嬉しかった^^
f0152079_20523107.jpg
ところが・・・
f0152079_21175464.jpg

f0152079_21180126.jpg
父親との思い出が残る亭子として出てきたのは、

付岩洞の洗剣亭。全く別の場所だし^^;

ここは実際に行ったので、すぐにわかった。
f0152079_21185338.jpg
洗剣亭から続くこちらの川沿いの遊歩道も、毎回のように登場。



同じ場所かと思いきや、全く違うどこでもドアなのが韓国ドラマ。

まだまだ、あ!ここ、あそこだ!とわかる楽しみがあるし、

気になるロケ地は調べられるので、ロケ地目線も面白い^^



# by andegenni | 2018-08-09 23:47 | 韓国ドラマ | Comments(0)

いきなり涼しく・・・

うだるような、体温よりも高い日中の気温から、一気に涼しく

なった今日。昨夜、ゴミ出し時に外へ出たら、外の方が涼しくて

慌ててエアコンを切った。台風でひどい雨になったらダメだけど、

しばらくは網戸から入ってくる涼しい風に癒されたい・・・
f0152079_17302156.jpg
先週、近くの商店街は恒例の七夕祭り開催中。

花火大会に続き、浴衣の子供たちや若い女性もちらほら・・・

日曜には、新橋の第一ホテルでランチオフ会。

うちに遊びに来てくれたメンバーも多く、久々の再会。

コース料理は飲み物とスープ、お料理を2種類選べる設定だった。
f0152079_17310660.jpg
どれだったか?写真撮り忘れ。

パンは2種類でお替りもできた。

お肉の包み焼きと・・・
f0152079_17313785.jpg
私は、シャンパンはパスして、オレンジジュース。

スープは左の温かい方を。右は冷たいビーツのスープ。
f0152079_17320819.jpg
メインは魚にして、海老とホタテ。
f0152079_17323876.jpg
飲み物はコーヒーにした。デザートは各自チョイス。

なんと、時間内だとお替りもできてお得!

事前予約だったので、割引もあり、都心ではお得なランチだった。

時間がまだ早かったので、カフェを探して、結局銀座まで・・・

数件覗いては、入れなくて、結果的に見つけたのは

穴場だね~!と思える重厚なソファのある落ち着ける空間の

銀座珈琲。こんなカフェがあったとは!
f0152079_17330788.jpg

もう食べられない!と飲み物だけの仲間たち。

コーヒーが750円+税ならば、こちらのかき氷が

880円(税込み)ならお得かも。。。と私^^

この日は猛暑だったけれど、解散する頃には、少し気温も

下がって来た。真夏のおでかけは疲れたけれど。

月曜は、女子医大へ。車だったからよかったものの、やはり猛暑。

帰りに、久々に新大久保へ寄って、韓国広場で買い物。

しばらく、コッコ麺や梨ジュースには不自由しない^^


# by andegenni | 2018-08-07 17:55 | 四方山話 | Comments(0)

地元の花火大会へ行ってきた!

ほぼ四半世紀ぶりに地元の花火大会へ行ってきた。

36回ということだから、住民となった辺りから始まった大会。
f0152079_22121326.jpg

新居からは自転車で10分程度で到着。隅田川の花火と

比べると、3分の1程度だとのことだけど、続々と荒川の堤防へ

向かう人たち。自転車で向かうのが一番!
f0152079_22122558.jpg

f0152079_22123269.jpg

年々有名になり、こんなに屋台も出るようになっていて@@

昔は、家から自転車で向かい、河川敷の斜面に敷物を敷いて

子供と一緒に寝そべって花火をほぼ真上に見てたっけ。。。

たまに火の粉が飛んできたりもして、のどかな花火だったけれど

今は4000発だそうで、墨田川、江戸川に次ぐ大きな大会に。
f0152079_22124963.jpg

f0152079_22131282.jpg

花火の打ち上げ船は前に見える葛西橋と、東西線の間の

江東区寄り。たくさんの屋形船が見学のために浮かんでいた。

真ん中に見える白いものは、葛西臨海公園の大観覧車。

人出が多くなったとはいえ、開始30分前に着くと、まだまだ

余裕で座れる状態だった。もっと離れた川沿いの高台の公園には

プリンの散歩がてら見に行ったことがあるから、厳密に言えば

15年ぶり。河川敷は四半世紀ぶり。
f0152079_22134184.jpg
f0152079_22134785.jpg
f0152079_22141234.jpg
f0152079_22143507.jpg


この花火大会のいいところは、打ち上げ船から上がるところまで

しっかり見れるところ。連続で出てくるのもわかった。

花火の形が、キティちゃんやあひる、にこちゃん(ピース)など

たくさんの形になり、周りの子供たちが、口々に叫んでいた。



たくさん動画も撮ったけれど、フィナーレを貼ってみる。

7時40分から打ち上げ開始で、8時半ごろのフィナーレ。

十分に堪能出来て、帰りにミニストップでアップルマンゴー

パフェも買って・・・夏の夜の地元散歩もいいものだ^^


# by andegenni | 2018-08-01 22:30 | 四方山話 | Comments(0)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part25 扶余 百済文化団地1

国立扶余博物館から向かった先は、百済文化団地。

まだ、2010年にオープンしたばかりの所で、百済時代を

体験できる大きなスペースになっている。
f0152079_14093517.jpg
入り口にある俯瞰図。全部回るとめちゃ広そう・・・
f0152079_14094081.jpg
世界遺産と同じような石碑も。
f0152079_14102262.jpg
入り口前も広くて、奥に見える正陽門と書かれた門が入口。
f0152079_14102669.jpg
f0152079_14103049.jpg
外もこんなに広い。
f0152079_14103326.jpg
こちらにも説明板と俯瞰図。
f0152079_14105306.jpg
正陽門前から道路側を振り返って。
f0152079_14105856.jpg
正陽門を入ったら・・・正面に泗沘宮(サビグン)。広い!
f0152079_14110277.jpg
最初に行こうと思っていた陵寺がその右隣に見えた。
f0152079_14110663.jpg
現在地が真下。水色部分に6つに分かれたエリアが書いてあった。

正面が百済の王宮の泗沘宮(サビグン)、

その右隣が五重の塔がある「陵寺(ヌンサ)」

その後ろにある古墳公園。並びの泗沘宮の後ろに、

展望台「済香楼(チェヒャンヌ)」。その左隣にあるのが

百済時代を体験できる「生活文化村」。最後に、その後ろにある

「慰礼城(ウィレソン)」の計6エリア。
f0152079_14112059.jpg
こちらは左方向。
f0152079_14112453.jpg
右回りに陵寺に行くことにした。お花の飾ってある大鉢も綺麗。

7月のギラギラ照り付ける太陽の元、日向は結構きつかった。
f0152079_14112750.jpg
陵寺の手前には蓮池。ここでも蓮の花巡りとなった^^
f0152079_14114590.jpg

実は、この文化団地で一番見たかったのがこの陵寺。

この韓国内1泊2日旅の最初に行った

(1年前の旅ではるか前だけど^^;)

水原の孝園公園(茶美院)に続き、実はここも

『麗~華萌ゆる8人の皇子たち』のロケ地。

f0152079_14114947.jpg
f0152079_14115257.jpg

f0152079_14115926.jpg

ぐるっと回って陵寺の入口へ。五重の塔の一番上にある部屋が

麗のワンソが選んだ自室として度々登場した所。

f0152079_14121495.jpg
f0152079_14124195.jpg

門前にある蓮池。

f0152079_14124404.jpg
f0152079_14124803.jpg

陵寺の説明と五重の塔の説明板。

f0152079_14125136.jpg
f0152079_14131470.jpg
f0152079_14131836.jpg

天に登ろうとする龍なのか

f0152079_14133658.jpg

五重の塔の後ろにある大雄殿。

f0152079_14134408.jpg

中にいらっしゃる仏様。

f0152079_14140307.jpg
f0152079_14140618.jpg

五重の塔と大雄殿を囲む敷地内。

f0152079_14141119.jpg

仏像を作っている職人。

f0152079_14141686.jpg

建物ごとに名前が付いていた。

f0152079_14142907.jpg

竈で働く人。

f0152079_14143396.jpg

百済ならではの「百済金銅大香炉」と共に。

f0152079_14144224.jpg

陵寺の後ろ。ゴルフ場かと思うような綺麗な緑の古墳公園。

f0152079_14145641.jpg
f0152079_14145957.jpg

陵寺の中から、外にある景色も見えた。

f0152079_14151180.jpg
f0152079_14151513.jpg
f0152079_14153387.jpg

陵寺を後にする前に、いろんな角度で・・・

f0152079_14153767.jpg
f0152079_14154072.jpg

扶余のお祭りだろうか?あれこれの写真も展示されていた。

f0152079_14161213.jpg

そろそろ行くね♪五重の塔!

f0152079_14161677.jpg

建物同士のつなぎの空間にもこういう綺麗な花壇。

f0152079_14162149.jpg

泗沘宮の後ろにある階段式の部分は、昌徳宮などの古宮と

同じようなものだよね^^

では、泗沘宮に裏から入ることにしよう。


# by andegenni | 2018-07-29 15:14 | 2017.7水原・扶余 | Comments(0)