<< 2015.11 忠北・京畿道の... 2015.11 忠北・京畿道の... >>

2015.11 忠北・京畿道の旅 part3 温達観光地オープンセット場1

タクシーは南漢江に沿って、丹陽方向へ。途中、民家が増えて少し賑やかな

場所があった。永春面と言う場所で、これから向かうオンダル観光地へ行く

には、東ソウルからここか、救仁寺行きのバスに乗って、後は地域バスか

タクシーになるようだ。バスも調べたが、救仁寺からの方が近いようだ。

近づくにつれセット場の建物(全体に黒っぽい)が見えて来て、ゲートに向かう

道には両手で球体を支え、その上に干支なのか動物のいるオブジェが並んでいた。

f0152079_13333336.jpg

土砂降りの中、駐車場でタクシーを降りて、一旦通り過ぎたゲートを写しに。

地域バスのバス停はゲートのすぐ脇に。寧越からバスだと、救仁寺行きに乗り

少し先にある하2리と言うバス停で降りて戻る形になる。しかも11時20分発に

乗れないと、次は14時50分と言う本数の少なさなので、注意が必要だった。

f0152079_13211575.jpg

反対側に回ると、向こう側の山がゲートにすっぽり収まっていい感じ^^

案内図も撮ったが、水滴がついていたようで、ボケているので却下。

f0152079_13413854.jpg


f0152079_1343239.jpg

あれは誰?なんてお馬鹿な考えで近づく私達・・・洞窟の上にいて矢を射る

男性なら、オンダル将軍に決まっているのにね^^;パボ温達ととても賢い

平岡公子(ピョンガン姫)の物語は韓国ではとても有名で、私もドラマで

観て内容は知っていた。『天下無敵イ・ピョンガン』だけど、高句麗時代と

現代を行ったり来たりのストーリーだったっけ^^

f0152079_135179.jpg

銅像のある広場にはお店が軒を連ね、中には・・・

f0152079_1353220.jpg

オンダル洞窟食堂なんていうそのままズバリの店名も^^

f0152079_13502274.jpg

城壁の前には『千秋太后』の面々が。この作品は2009年だから結構古いのに。

f0152079_141956.jpg

進んでいくと・・・

f0152079_1432290.jpg

城壁にかかっているものは、まだ最近2014年の『鄭道伝(チョンドジョン)』

前はここに『太王四神記』がかかっていたけれど、変わったみたいだ。

f0152079_1491620.jpg

神話と言えばこの三足烏のマーク。太陽に住むと言われ高句麗では火鳥とも。

f0152079_14123716.jpg

銅像のある所だけじゃなく、食堂のある場所はまだ続いていて…

f0152079_14144889.jpg

その中の一軒、こちらの食堂に入った。軽く麺類を食べたかったので。

f0152079_14163088.jpg

f0152079_14171467.jpg

手前の私はチャンチククス。下の写真はtちゃんの頼んだカルグクス。

要するに、チャンチは茹でた素麺。カルグクスは茹でたてのうどん。チャンチ

グクスは茹でておいた麺を使うので、あまり熱くなかった。両方とも6000W。

それなのに、これも飲みますか?とサービスでマッコリまで持ってきてくれて

飲めないから断ったけれど親切でビックリした。パンチャンの中、一番左側は

揚げた青唐辛子。サクッとしていて、最後にピリッとするもので、スナックに

いいと。右側にあるのは、ジャガイモのジョン。すって作るので手間がかかる。

親切は続き、濡れたレインコート、折りたたみの傘、リュックは置いて行きな

さいと。代わりにお店で長い傘を貸して下さった。洞窟の鍾乳洞の写真がテー

ブルの近くに飾ってあって、丹陽にある古藪洞窟とどちらにしようかと思って

いる、コスは歩いて40分もかかるから長いなぁと思っていると言うと、現在

コスは工事中だから入れないと。それなら、悩む事なかった。

また、昔は『太王四神記』の撮影時には日本のファンが沢山来ていたけれど、

最近はポツリポツリだと・・・だから余計に歓迎して下さったようで、嬉し

かった。しかも、耳よりな情報も。現在放送しているチャン・ヒョク主演の

ドラマ『商売の神ー客主』のロケで、ヒョギ達も2回(その時点で)こちらで

撮影したそうだ。俄然、オープンセット場に興味が湧く私達^^;

f0152079_1450788.jpg
f0152079_14503182.jpg

店内にはこれまでに訪れたロケ時の俳優たちのサインがズラリと・・・

f0152079_14523499.jpg

こちらの地域は併合されて現在は丹陽郡の一部に。丹陽の見どころ、何か所

行けるかな~?傘をお借りして、身軽になって雨の中、出発~♪

f0152079_14553725.jpg

オンダル観光地案内図。今、いる所は9番のチケット売り場。1人5000w也。

f0152079_1505888.jpg

まずは左側のセット場へ行くことにした。離れないと全景が撮れない門の中へ。

これは帰りがけに撮ったもの。

f0152079_152173.jpg

門を入った所。

f0152079_20113476.jpg

左側の建物へ登る階段が観覧順路。

f0152079_20123120.jpg

入ってきた外の門を中から。階段を登ってみると・・・

f0152079_20132175.jpg


f0152079_20134751.jpg

中の門の建物の左右に建物が直角にあり、こちらは左側の建物。

f0152079_20143554.jpg
f0152079_20145162.jpg

左の建物の中は展示室。

f0152079_20154315.jpg

中の門の上の部屋は写真もある展示室。

f0152079_20162759.jpg

『鄭道伝(チョンドジョン)』もあったが、ほとんどが『太王四神記』の世界。

f0152079_20173538.jpg
f0152079_2018042.jpg
f0152079_20181976.jpg
f0152079_20184324.jpg
f0152079_2019438.jpg
f0152079_20192841.jpg
f0152079_20195098.jpg
f0152079_2020769.jpg
f0152079_2020331.jpg
f0152079_20205163.jpg
f0152079_20211447.jpg

せっかくだから、飾ってあった写真を撮って並べてみた。ドラマの衣装も展示。

長くなったので、ここまでで一旦終わり。続きは次のパートで。
by andegenni | 2015-11-29 22:09 |  2015.11 忠北京畿道 | Comments(0)
<< 2015.11 忠北・京畿道の... 2015.11 忠北・京畿道の... >>