2016.11 江原道・慶尚道の旅part15 旌善2旌善五日市

旌善(チョンソン)バスターミナルへ10時過ぎに着き、

本来なら11:10のシャトルバスしか乗れない筈だったのに、

早めに乗れた上、五日市前の観光案内所まで

送って頂けるという幸運で、着いた時点でまだ11:20。

午後1時半からの伝統公演しか観れないだろうと思っていたのに、

11時半に間に合うとは!旌善ではシャトルバスも無料だから

まだアリヒルズの2000Wしか使っていなかったし。
f0152079_21450621.jpg

外側が工事中だった観光案内所。心配したけれど、中はやっていた。

まずは、地図を頂き、地域バスの時間の確認と、宿の相談。

職員さんの家が、向かいの農協の隣でモーテルをされているという

情報を得ていたので、値段の交渉。カードなら3万5千W、

現金なら3万Wと言われ、即座に現金で!と。必要最低限の物だけを

リュックに残し、残りはサブバッグに入れて預けた。

まだ掃除が終わっていないからチェックインは出来ないとのことで、

彼女の5時の退勤時までに戻って来れなかったら、

職員さんが宿の方に運んで下さることに。
f0152079_21443293.jpg

お世話になった職員さん♡

帰りがけ、お知り合いの初老のご夫婦が久しぶりにいらしたようで

ハグして歓迎されていた。長髪で芸術家っぽい素敵な旦那様^^

五日市だから来たと仰っていて、後にその理由が明らかに^^
f0152079_21455433.jpg

案内所のすぐ裏から、五日市の公演会場へ。

f0152079_21455974.jpg

伝統工芸だけど、手さばきが早く、技だよね~♪

f0152079_21475284.jpg

可愛い司会の女性の挨拶から始まり。一番前でスタンバル私^^;

f0152079_21485296.jpg

観客はちと年齢が高め。五日市とは言えど、平日だからね・・・

f0152079_21493910.jpg

周りのお店で飲食しながら見学の人も。右端が案内所で会った方。

f0152079_21500360.jpg

最初に歌いながら出て来た女性。1人ずつ歌いながら4人の女性が登場。

f0152079_21502538.jpg

赤ちゃんをオンブしている方は、ずっと歩きながらあやして・・・

前の席だから人形だとわかり、私が笑うと、微笑まれた^^

f0152079_21504865.jpg

f0152079_21513533.jpg

最初の女性は、生地を伸ばし、麺を切る動作を。

f0152079_21512909.jpg

残りの二人は、食事の下ごしらえを。

f0152079_21523533.jpg

男性もひとりひとり歌いながら登場♪
f0152079_21541489.jpg

全員が揃ったところで、ipadで動画を撮ることにした。



ところが、途中で踊りながら出て来られたハラボジ。

演者も観客も全く動じず、よくあることなのか?

画面に被るので、途中で録画をやめて、確認していたら・・・

「우리 형님입니다.」うちの兄です。って後ろの席の男性が。

お年が78歳で踊りが大好きでいらっしゃるそうで^^

f0152079_21551533.jpg

最後は全員で立ち上がり・・・
f0152079_21554748.jpg

観客も交えての踊り。弟さんも参加^^

これで終わりかと思いきや、司会の女性が、今日はこの後に

特別な公演がありますと。平昌が近い地域なので、オリンピックの

成功祈願の踊りだそうだ。
f0152079_21565916.jpg

f0152079_21572657.jpg

先ほどのご夫婦の奥様が踊っていらっしゃった^^なるほど・・・

平昌の横断幕も後ろに張られ、最後部の男性が面白かった。
f0152079_21575106.jpg

上着を脱いで、別のダンスも披露。
f0152079_21581225.jpg
f0152079_21581718.jpg
五日市をブラブラ見て歩き・・・
f0152079_21584787.jpg
次いで、常設市場も見学。
f0152079_21590163.jpg
早速見つけた야관문@夜關門。「삼시세끼」@「三食ご飯」で

この市場によく買い物に来ていた出演者たち。中で、

キム・グァンギュがこれを見つけて、男性に効くという効能に

みんな興味を持ち・・・最初の効能が「天然の○○○グラ」なもんで。

買って帰り、毎回のように煎じて飲んでいた。女性ゲストも一緒に。

味は特にしなくて、飲みやすいようだ。後に夜關門がペットボトルに

なり、夜王という名前で発売され、ティーバッグも発売されたのを知り、

絶対「삼시세끼」効果では?と思ったけれど・・・

f0152079_01290108.jpg

まさか、彼がCFまでやることになったとは!爆)

f0152079_01322744.jpg

番組の準レギュラーとなった地元の金物店の青年ドンシク君が

なんとCFを撮ることになったと打ち明けているシーンで、

「ドンシクよりも認知度が低いグァンギュ」なんてテロップを

付けられて可哀想だったけれど、まさかのCF出演でよかったね^^
f0152079_21592119.jpg

たくさんの種類があるお餅たち。
f0152079_21595918.jpg

f0152079_22000531.jpg

けれど、旌善と言えば、こちらが有名。

名前は「수리취 떡」。수리취と言うのは、ヤマボクチという

植物で、その葉を混ぜて作った蒸し餅なのだそうだ。
f0152079_22005798.jpg

市場の中央だろうか?公衆トイレもこのすぐ近くに。

出て来ると、やはり出て来られた、飲食店の身なりの男性。

地元の方の意見が大事だと思い、思い切って「곤드레 밥」の

美味しいお店はどこかご存知ですか?と尋ねてみた。

곤드레@コンドゥレというのは、江原道の特産で高麗アザミ。
f0152079_22035097.jpg

クネクネと路地を入って、案内して下さったのはこちらのお店。

名前はアウラジ(旌善の中の地名)食堂。

コンドゥレあるよね?頼むね~♪と立ち去られた。감사합니다!
f0152079_22050731.jpg

f0152079_22052879.jpg

1人なのに、パンチャンも結構あり、次いで汁物とコンドゥレパッが登場♪

苦味があるのか?と思いきや、優しい味で、美味しかった。6000W也。
f0152079_22055637.jpg

上に、コンドゥレナムルパッ専門店って書いてあった^^
f0152079_22075809.jpg

表のドアにもメニューが。
f0152079_22083455.jpg

市場の通路でも売っていた夜關門。写していいか尋ねて、

「삼시세끼」で出てきましたよね^^と言うと、指さされたのが・・・
f0152079_22085248.jpg

すぐ後ろのスーパー。このスーパー、何度も買い物に来たんだって^^

お肉屋さんもよく出て来たなぁ・・・まるで準レギュラーみたいに・・と

思い、中央部分で尋ねると、お店を教えて下さった。
f0152079_22095721.jpg

こちらが何度も登場したお肉やさん♪後ろの壁に

「三食ご飯、ソジニがやって来た幸福な中央食肉店」

って書いてあって!爆)
f0152079_22104073.jpg

鶏もよく買っていたような?
f0152079_22104551.jpg

ご主人、番組でさんざん顔出ししてるのに、恥ずかしがって後ろ向き^^
f0152079_22112662.jpg

再度、中央に戻ると、観光案内の方がいらした。私を見て、

「日本の方ですか?」って日本語で。パンフの日本語が生憎なくて・・・と

仰るので、韓国版を頂きましたと私。何か困ったら、また来て下さいと。
f0152079_22123916.jpg

市場を出て、農協側へ。
f0152079_22131395.jpg

農協前のバス停。旌善郡のHPを見たけれど、地域バスもとても

少ない。案内所で、次の目的地に行くバスは14:10だと確認。

すでに沢山の人が待っていた。
f0152079_22183658.jpg

バス停のすぐ隣、見上げると、この日の宿のアルムジャンモーテル^^
f0152079_22150370.jpg

農協の前にも夜關門。袋入りじゃないから形状がよくわかる。

効能も、男性に効く以外に、「気管支・咳・血液循環…」など

前の場所には「高血圧・糖尿」なんてのもあったな・・・

女性が飲んでも効能がありそうだ^^
f0152079_22153049.jpg

やって来たバス。警備の方にどこに行くか訊かれ、「삼시세끼」の

撮影地だと言うと、運転手さんに、この人、「삼시세끼」に

行くってよ・・・と説明。旌善の人って、

みんなとっても親切でビックリだ!

# by andegenni | 2016-12-11 06:00 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(0)

2016.11 江原道・慶尚道の旅part14 旌善1アリヒルズ

迎賓ホテルでの最後の夜は、浴槽にお湯を入れて、のんびり浸かり

髪も洗って・・・ふくらはぎの張りがなんだか半端ない・・・

翌朝なんと、座るとふくらはぎの張りが押されて痛い・・・オットケ~!

当初の予定は、清涼里から旌善まで行く観光列車A TRAIN@アリラン列車に

乗って行こうと思っていたのだけれど、9月末からのストで

観光列車は全部運休・・・セマウル・ムグンファも一部運休で・・・

仕方なく、東ソウルからバスで移動することに。

始発が7:00で、その後は9:26までない為、前夜まで座席数をチェック。

当日でも大丈夫だろうと、6時半には着くように宿をチェックアウトした。

旌善へは、前から行きたいとは思っていたものの、まずは

『キルミーヒールミー』で主人公二人の旅行で、アリラン列車が

出て来たことから、いつか行こう!と決意。次に、地元の友達から

借りた『三食ご飯』で是非行こう!に変わり、『太陽の末裔』で

どうせなら、太白にも行こう!と変わり、ついに決行!
f0152079_00502933.jpg

アリラン列車の中のシーンも可愛かったし・・・
f0152079_00503580.jpg

旌善の先の駅で、レールバイクに乗るシーンも可愛くて・・・

でも、最後の東海で、双子の兄弟を呼んであり(T_T)

この前のpartまで、その双子が今度は恋人役の『彼女はキレイだった』の

ロケ地回りをしてたんだけどね^^;レールバイクはパスして

駅前からシティツアーも考えたりしてたのに、ストで全部アウト!
f0152079_21293709.jpg

f0152079_21294390.jpg

何度目?の東ソウルバスターミナル。ここ来るときはいつも早朝だ^^;

無事に7時発のチケットを購入して・・・

f0152079_21300131.jpg

乗り場を確かめ、バスの前の表示も確かめて・・・OK♪

幸いなことに、最後まで隣はいなかったので、楽に行けた♪

f0152079_21302281.jpg

10時過ぎ、予定より早めに、無事旌善バスターミナルに到着。

アリラン列車だと12時過ぎに旌善駅着なので、バスに変更した

ことが、結果的に予定より早めに現地で行動出来ることに

つながり、それはそれで結果オーライだったかも・・・

f0152079_21303275.jpg

向かいの山の紅葉がまだ残っていて綺麗♪バスターミナルを正面にして

左脇の道を歩いて行くと・・・

f0152079_21304093.jpg

こちらのシャトルバス乗り場に行きつく。歩くと、登り坂で

2キロはちとつらいし・・・地元のオルシン達が、奉仕活動で

ゴミ拾いをされていらして、休憩中。シャトルバスがいない場合は

亭子にある番号に電話をかけるよう、ターミナルで教えて貰ったので、

どなたか電話をお持ちなら、かけて頂けないかとお願いしてみた。

中のお1人が、ガラケーをお持ちでかけて下さり、相手が

出るや否や、無言で私に渡されて・・・^^;シャトルバス乗り場に

いること、1人だと言うと、時刻表通りに行くから待ってくださいと。

f0152079_21304960.jpg

なるほど、一応は時刻表があるみたいだ。ハルモ二達に

持参の日本のお菓子をお礼に差し上げて・・・待っていたら

一旦は来られたものの、用事が出来たからあと少し待ってて下さいと。


f0152079_21311900.jpg

ハルモ二も立ち去られ、しばらく向かいの山を眺めて・・・

やって来た車(バン)は、さっきは助手席にいた人が運転してて・・・

シャトルバスの運転手さんは急用ができたので、僕が・・・と。

実はこの方、カメラマンさんのようで、趣味なのか?仕事なのか?

立派なカメラをお持ちだった。

f0152079_21340495.jpg

まずはチケットを買う。前は高かったみたいだけど、

今はたったの2000W♪

リュックを預けようと思ったら、すぐだからそのままでと。

靴の上からカバーを被せて、左の入口のドアを押すと、もうそこが

スカイウォークだった^^;

f0152079_21314317.jpg


『一泊二日』で見た時から、行きたいな~と思っていたこちら。

昨年秋に、寧越の韓半島地形に行き、本来なら土曜の楊口シティツアーで

春川の韓半島を見る予定だった。そして、ここを見れば、

江原道の韓半島全制覇?の筈が、シティツアーではコースから

除外されたばかりのようで、残念・・・

f0152079_21391674.jpg

この川沿いの道は、『トライアングル』の中でバイクで走っていた道。

このドラマも旌善、それも舎北が舞台のドラマだから、旌善郡の

景色がたくさん登場する。
f0152079_21321218.jpg

カメラマンさんの彼が、スカイウォークの上に更に脚立を置いて、

その上に立って、写していらしたんだけど、私の一眼レフをこっちへ

下さいと・・・それで、写して下さった貴重な写真。高い位置からで

ないと、この構図では撮れないから。恥ずかしいけれど^^;

手に持っているのは、前夜買った考子ベーカリーのパン等。

f0152079_21323683.jpg

f0152079_21325738.jpg

スカイウォークから見て、右側の断崖絶壁。この向こう側には

ジップワイヤーがあるそうで、試してみますか?と言われたけれど

心臓麻痺起こしそうだと言って、お断りした。爆)

f0152079_21333588.jpg

出口付近から、スカイウォーク部分を。極端な高所恐怖症の方は

ちと怖いかも?私は、なんとか大丈夫だった。

f0152079_21335862.jpg

カメラマンさんが、この階段を登って行くと、ジップワイヤーを

やっている人を見学できる展望台がありますと。

前に、南怡島へ渡る船の上で、真上をワイヤーで渡っている人を

見たと話した私。観るのも怖そうだからパス!


f0152079_21343490.jpg

小規模ながら、カフェも。

f0152079_21343923.jpg

f0152079_21344791.jpg

タクシーとシャトルバス乗り場。帰りのシャトルバスの時間を

教えて下さった。(画面クリックで全画面に)

f0152079_21345333.jpg

f0152079_21352459.jpg

f0152079_21353189.jpg

小規模ながら、コンビニやロッテリアも。この日は7日なので、

アリラン市場の立つ日。(2と7が市場)なので、月曜なのに

わりと人が多かったのは、そのせいだろうか?

やって来られたのは、本来の運転手さんで、乗って来られたのは

シャトルバス。行きに待たせたからと、バンに乗り換えて、すぐに

送ってくださると。しかも、最初に宿を探したいから観光案内所へ

行くと言うと、そこまで送ってあげるからと・・・

旌善って、最初から親切な人ばっかりで、嬉しくなった♪


# by andegenni | 2016-12-09 00:05 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(0)

2016.11 江原道・慶尚道の旅part13 一日中ロケ地回り8 梨花洞・東大門

通仁市場から1020番バスに乗って景福宮で下車。
f0152079_19464555.jpg

バス停から、ボケボケの光化門と背後の仁王山。で、この日は6日の日曜で

前日5日は最初の光化門広場のデモが行われたので、バスの中から

広場を観たんだけど、何事もなく、ひっそり・・・

デモ時以外は平常みたい。

ここで、乗り換える人が多数いるみたいで、通仁市場から一緒に乗った人も

そうだった。次は7025番に乗り換えて、梨花洞へ。

ソウルのロケ地回りはこのpartで終了なので、調べておいたけれど

行けなかったロケ地も一緒に書き残しておくことにする。
f0152079_19384722.jpg

前のpartで、『彼女はキレイだった』でミン・ハリの家を訪ねたけれど、

父と義母が住んでいる実家はこの家。出て来た時、あれ?この家

見たことある・・と思った。それもそのはずで、『最高の愛』で訪ねた

カフェMONETから、トッコ・ジンの家として使われた

キム・ジョンヨン美術館に向かう途中の左側。で、この家、

『運勢カップル』のカフェのオーナー、スホの友達のリャンハの家でも

ある。ファン・ジョンウムのドラマ二つのロケ地で、

彼女の住んでいる家を訪ねたなら、恋人の家も行くべき?
f0152079_22303521.jpg

『彼女はキレイだった』のソンジュンの家は、特徴的なこのポールが

出て来てすぐにわかったこちらのTRAPALACE。

『星から来たあなた』のト・ミンジュンが住んでいた所。
f0152079_22302663.jpg

ハリの実家と同じだけど、少し離れた所にある『運勢ロマンス』の

スハが住んでいる家。平倉洞動物病院からマウルバスに乗って

一つ目の어거리@五叉路というバス停から登った所。

一つだから歩いてもすぐだけど、登りだから結構きついかも?

f0152079_19352742.jpg

前にもあげた『彼女はキレイだった』でキム記者@チェ・シウォンの

取材に同行したへジンが、騙されて片足ケンケンで降りた階段。

場所は、北村の三清通りを見下ろす高台の煙突のすぐ下。


f0152079_19354391.jpg

ここは、本当は行く予定だったけれど、夜になったので諦めた。

『子供が5人』で家のある場所としていつも出て来た風景。

右の階段を降りて来てバスに乗るシーンが度々登場した。

北村路(前は嘉会路だったような)のサウジアラビア大使館の

向かい側。独特の風景だから探したらすぐに見つけられた。

f0152079_19372928.jpg

こちらも同じ北村。中央高校から下った桂洞通りにある美容室。

『彼女はキレイだった』で、天然パーマのへジンが、子供の頃、

縮毛矯正をして貰っていた美容室。

f0152079_20085495.jpg

f0152079_20061916.jpg


二つのドラマ共に、MBCなので、DMCがふんだんに出て来た。

特に多かったのがこちらの通り。上の写真は昨秋、雨の中写した

入口部分。で、下のカメラ小僧は反対側から。右にあるコンビニは

『運勢ロマンス』でボニがバイトしている場所。ネコ(=^・^=)と

会話したりしてたっけ。同じコンビニは、キム記者とハリがよく出会った

コンビニ。通りに屋台を作って、キム記者とへジンが飲んだり、歩いたり

それをソンジュンが車から見たり・・・

f0152079_21391406.jpg
f0152079_21394887.jpg

ボニの妹が交通事故の後、ずっと入院していた病院は、実は

『華麗なる誘惑』で階段から落ちたミレが入院していた病院。

どちらも長期間の昏睡状態って・・・^^;6月に行ったばかりで。

梨花洞で降りて、『子供が5人』の家の設定として出て来た場所へ

向かったんだけど、バス停としては北村が出て来て、ドラマの中の

設定としてはずっと「延禧洞」@ヨンヒドンという地名で出てきた。

f0152079_19382229.jpg

実際に延禧洞にあるロケ地として、『彼女はキレイだった』で

よく出て来た公園。へジンとハリ、へジンとソンジュンのシーンで。
f0152079_20100974.jpg

さて、梨花洞で降りて、ipadの地図を頼りに梨花洞住民センターを

目指し、その先から坂道を。そうだ、この通りだと^^

f0152079_20103155.jpg


正面に見える韓屋は梨花荘。目指したのは、その手前の・・・

f0152079_20175978.jpg

この階段。『子供が5人』で毎回のように登場したこの辺り。

f0152079_20184334.jpg
f0152079_20184969.jpg

階段もだし、階段下も車を停めてのシーンで度々登場。

キム・サンミン@ソンフンが『オーマイビーナス』の役とは

真逆で、毎回楽しく観た。相手役のヨンドゥ@シン・へソンも

『彼女はキレイだった』のちゃっかりした役とは真逆で^^;

しかも親友のジンジュ@イム・スヒャンが『新妓生伝』で

ソンフンと恋人役だったのを思い出し、二人の違いにも爆笑!

f0152079_20190791.jpg

階段に「梨花洞壁画マウル』の文字を発見。(していたのに、

私はなぜ・・・(T_T))

f0152079_20192052.jpg

車は両方向から登場していたけれど、一番出て来たのはこの辺りかな?

f0152079_20194145.jpg

さぁ、登ってみよう♪

f0152079_20195870.jpg

階段脇に壁画♪

f0152079_20202668.jpg

長男サンテ@アン・ジェウクが父と座って、実家に帰るのが嫌いだと

いうシーンで。亡き妻が、ここで帰りを待っていたからだと・・・

f0152079_20211780.jpg
f0152079_20215294.jpg


次男ホテ@シム・ヒョンタクが酔っぱらって女優と帰って来た

シーンで出て来た場所。サンミンの風船を次々に通行人から

ヨンテに渡してもらうシーンでも登場した道。

f0152079_20223014.jpg

この上に行けば壁画マウルなのかな?と思いつつ、階段を下ってしまう私。

地図を見ながら、こっちかな?と進んで行くと、鍾路区老人福祉館があり

大きめな通りへ。右を見るとバス通り。あちゃ、間違ったか?と

坂を登って行くと・・・ループの場所が見えた!

f0152079_20270678.jpg
橋の下にはこちらの壁画。
f0152079_20272724.jpg

脇の階段を登って上に出て、何気なく左を見ると・・・

え、あの赤い日よけは美容室。。。ということは、元の花階段!

f0152079_20334725.jpg

それなら、さっきの階段をそのまま登ったらどこに?と

帰国後調べたら、なんと元の鯉の階段下に出た。

なんとまぁ、遠回りして、しまったことか!?

f0152079_21130150.jpg

橋の上から見下ろして。

f0152079_21130651.jpg

橋の上にも壁画♪


f0152079_21133446.jpg

登って来た階段にも壁画♪

f0152079_21134049.jpg

『彼女はキレイだった』で子供時代のソンジュンが雨が怖くて

バスを降りてしまった場所。

f0152079_01245899.jpg

カメラ小僧で予習した画像の方がわかりやすいかも?

f0152079_21134560.jpg

ループだからカーブミラーは必要だよね^^

f0152079_21140548.jpg

さて、下るかな・・・

f0152079_20384782.jpg

福祉会館はこのずっと坂下。弘大入口に続き、この日二度目の徒労・・・

f0152079_20391708.jpg

振り返って、ループを。ここ、東崇橋っていう名前らしい。

バスで東大門まで戻るのは簡単だけど、付岩洞で付氷にフラれてから

ずっとピンスが食べたくて、第2候補だった北海氷水へは、バス停から

かなり歩く。疲れ気味だったので、やって来たタクシーを捕まえて

直接お店の前まで行って貰った。タクシー代3500W♪

f0152079_20400238.jpg

ちょっとわかり辛いというか、路地をクネクネ進んだタクシー。

f0152079_20402654.jpg

初めてだから、やはり最初はここのオリジナルピンスを注文♪

普通のカフェだとピンスの量が多くて、私には無理だけど、

ここのは食べきりサイズでとっても嬉しかった♪しかも美味しい~~~♪

まずはミルク味のピンスだけで食べて、好みで小豆を加えて。

f0152079_20404007.jpg
f0152079_20404752.jpg

お店の中。週末の一日以外は、閉めている時間が数時間なんだって。

働きもののお店というか、ローテーション大変そうだけど。

f0152079_20411885.jpg

タクシーで前を通ったから帰りに行ってみた、話題の安売り化粧品の

お店「THE MASK SHOP」。ただ、スーツケースを送ったから

買い物はソウルではしないと固く決意♪

f0152079_20413282.jpg
f0152079_20413858.jpg

昨年秋、延長になって間に合ってよかった!とtちゃんと

撮影大会をしたのに、まだやっていたこちら^^;

f0152079_20415565.jpg

3晩目の東大門のメイン通り。

f0152079_20420949.jpg
f0152079_20422265.jpg

だんだん、ホテルに近づく・・・

f0152079_20422988.jpg
GOOD MORNING CITY側に渡ると。。。東大門の観光案内所は

さすがというか、夜が一番忙しいのかもね^^

宿に戻って、リュックを降ろして、買ってきたもので、

簡単に夜ご飯。って、もう12時近いんだけど。

f0152079_20441141.png
さすがに疲れたなと思って、iphoneで歩数をチェックして、

目が@@ 1日でこんなに歩いたの、生涯初めてかも・・・

帰国後、家族に「バカか・・・」と呆れられた^^;


# by andegenni | 2016-12-07 01:57 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(0)

2016.11 江原道・慶尚道の旅part12 一日中ロケ地回り7 明洞・付岩洞・通仁洞

南山図書館からめちゃ混みの循環05バスに乗って、南大門市場で下車。

降りる時、一緒にバスを待った若夫婦が会釈してくれた^^
f0152079_18430143.jpg

市場はスルーして、一旦、新世界方向へ。

真正面に、ソウル中央郵便局、別名バルタン星人♪

f0152079_18433938.jpg

毎年、クリスマスには綺麗にライトアップされる新世界百貨店♪

f0152079_18434973.jpg

その背後に新しく出来た新世界免税店。時間があれば覗いて、

来店記念のシートパックを貰おうかと思っていたけれど、

10月いっぱいで記念セットプレゼントは終わっているし、

日曜の夕方だからめちゃ混みだろうと、パスすることにした。

f0152079_18441872.jpg

地下道で明洞側に渡って・・・ライトアップの全景を。
f0152079_18442499.jpg

中国大使館の銀杏も色づいて見事♪
f0152079_18561763.jpg

目指したのは、もちろん、大使館前。2日前11/4には、仁川空港では

1030だったし、前夜の東大門では見つけた最高額が1085。

この写真は19:42時点。すぐ移動したかった為、後に行動を共にする

予定の方にすぐ連絡。持っていた日本円を全部両替した。

思えば、この日は日曜で、アメリカの大統領選の直前だったわけで、

その後は下がったから、もしかして最近の最高額かも^^
f0152079_18443005.jpg

明洞キルも日曜夜で賑やか。
f0152079_18443514.jpg

向かいのヤングプラザもすでにクリスマスモード^^
f0152079_18444107.jpg

並びのこちらも綺麗♪11月初めだからまだ早いかと思っていたが

今年も観れたクリスマスバージョン♪
f0152079_18444899.jpg

ヤングプラザ前のバス停から、乗り換えなしで行ける7022番バスに

乗車。奥に鍾路タワーも見えているけれど、まさにその通りを通って移動。

途中の清渓川と曹渓寺で、ライトアップが行われているというのは

知っていたが、清渓川のはしょっちゅう観てるからいいかと・・・で、

曹渓寺の方は、初めてバスの中から観たけれど、とても綺麗だった!

機会があれば、次は行ってみたい。着いた所は付岩洞住民センター。
f0152079_18461988.jpg

目指したのは、부빙@付氷。3号線で一山に行った帰りに

こちらに寄ることも考えたけど、結果的にグルッと回って、

再度北上してわざわざ訪問することに。

ところが、灯りがなく真っ暗・・・こちらのお知らせでガックリ(-_-メ)

再充電してきますね~♪なんて書かれてたら、仕方なく諦めた。
f0152079_18484409.jpg

他では味わえないカボチャのピンス、食べたかったなぁ・・・

秋限定の栗も捨てがたい・・・が、この日はソウル最終日((+_+))
f0152079_18463224.jpg

再訪を決意して、立ち去ることに。せっかく、付岩洞まで来たから

一箇所くらい、ロケ地に行くかな?と・・・
f0152079_18465310.jpg

住民センターの近くのこちらのお寿司屋さんの右の道を・・・
f0152079_18470079.jpg

ここ、入口までしかカメラ小僧が入れず・・・登って行くと・・・
f0152079_18493382.jpg

ドラマで出て来た塀沿いの道^^
f0152079_18494640.jpg

f0152079_18495290.jpg

着いたのはこちらの家。『美女の誕生』で出て来た

テヒ@チュ・サンウクがサラ@ハン・イェスルと住んでいた家。

サンウク君は、まだ売れていない時期から友達が応援していて、

現在も日本で彼の応援サイトをやっている関係で、ドラマではなく

実際に会った時の話も多々聞いているせいか、どこか知り合いのような

気分^^;この日は、一山の韓屋マウルに始まり、厚岩洞のオクタッパン、

最後はこちらで、サンウク巡りは終了♪

f0152079_18500914.jpg

家の前から臨んだ付岩洞の夜景。

f0152079_18501613.jpg

キム・サムスン他で有名な付岩洞住民センター前のバス停から・・・

f0152079_18503203.jpg

次は通仁市場に移動。この右側のお店のフルーツ、食べたいなと

思いつつ、帰りに寄ることにした。市場を抜けて・・・

f0152079_18503870.jpg
f0152079_18504452.jpg

目指したのは『彼女はキレイだった』で

キム・へジン@ファン・ジョンウムが

同居している、親友ミン・ヘリ@コ・ジュ二の家。

ドラマ通りの可愛い家だった。開いていたらお茶したいな・・・

ドラマではへジンがお茶してたけど・・・と思ったけど、

実際はカフェではなくオルゴール店^^;

同時期に、『運勢ロマンス』@2016とこちら@2015を観ていて、

キャラクターが違うから、両方とも楽しく視聴した。

彼女、結婚(今年の春)の前後にたくさん仕事してるなぁと^^

先に撮影したこのドラマで、東海でコンセプトを見つける

旅に行くシーンがあって、浜辺をゴールデンレトリバーと

走っていた彼女。去年だから、キルミー時の女の子との間にできた

子供は産まれたか、赤ちゃんかだと思うので、もしかしたら、

彼女が飼っている男の子の方だったのかも?

なんて思ったりして。


f0152079_18505220.jpg


2階に住んでいる設定だった二人。入口は確か、こちらの路地。

f0152079_18505978.jpg
ソンジュン@パク・ソジュンがお店の前に車を停めて、

2人で中で一夜を明かしたり・・・

会いたくて、わざわざ夜中にやってきたり・・・と、

『キルミーヒールミー』では双子の役だった二人が、

このドラマでは恋人役^^
f0152079_18512828.jpg

通りを出た所で振り返ると、位置的にこの先は玉仁洞だし、

灯りが見えているのは仁王山スカイウェイだろうか?

f0152079_18514933.jpg

行きは素通りした考子ベーカリーに寄って、おやつのパンを購入。

f0152079_18515667.jpg

こちらも行きは横目で見たお店。帰りに寄って

キムパッを購入。しかも、「麻薬キムパッ」だって^^

ご主人は働き者で、夜遅くまで開いているのに、朝も早くから

開けるそうで、閉める時間は6~7時間だったか?いつ寝るんですか?と

思わず訊いてしまったほど。若い頃からだから、慣れているそうだけど。

最後に、市場の入口近くで目にとまったフルーツを。

表にはなかったので、全部売れたのか?と心配したら、奥の冷蔵庫に

ちゃんとあった^^パック入りで1000ウォン。いろんな種類があって

このフルーツ、うちの近くでもこの値段であればいいのになぁ・・・

f0152079_21085367.jpg

ちっちゃなミカンは前夜、東大門にて10個1000ウォンで購入。

少し持ち歩いて食べたので、残りは5個♪麻薬キムパッには

元祖の広蔵市場と同じように、カラシのタレも^^

フルーツのカップは、すぐ食べるつもりのスイカと、左のは

プチトマトの下に数種のブドウ、下にはパイナップルというミックス。

考子ベーカリーでは翌日用にそぼろパンとアンパン。(ホテルで撮影)

全部持って、バスにて移動。まだまだ終わらない夜・・・


# by andegenni | 2016-12-05 00:02 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(2)

2016.11 江原道・慶尚道の旅part11 一日中ロケ地回り6 厚岩洞

f0152079_21301848.jpg

先月10日に行って来たばかりの、大邱の西門市場。

この写真は、スジェビを食べようと向かっている所。

この写真の左側が4地区で、ここがほとんど燃えてしまったとか・・・

お知らせを読んで、私でさえショックを受けたから、大邱在住の方々、

大邱大好きなリピーターの方々もかなりショックだろうなと(T_T)

スジェビのお店は通路を挟んだ真ん前なので、あのお店も大丈夫だろうか?

しばらく公務から遠ざかっていた朴大統領が、生まれ故郷の大邱の

災難に際し、久々の公務でこちらの市場を訪問。その後間もなく、

今度は父親の生家が放火されるという事態に・・・

なんだか、大邱に住んでいる方々が動揺されてるかもと

思い、それも心配だ(T_T)



それでも、旅日記の続きは書かなきゃね・・・


忠正路駅では、マウルバス02を5号線停留所で下車。

大通りを渡って、見つけたバス停でソウル駅乗り換えセンターまで

2つ目の751番バスを探しても、ない???

(後でよく見たら、中央にある停留所だったようだ。)

どこに行きたいの?と番号を探している私に尋ねるハルモ二。

ソウル駅の乗り換えセンターだと答えると、西大門06のバスでも

ソウル駅の後ろ側に行けるよ、一緒に乗りましょうと^^

お言葉に従い、乗車。途中で降りられたハルモ二は、この人は

ソウル駅で降ろしてあげてね~と運転手さんに伝えて下さり、

バイバイ(@^^)/~~~して降りられた^^

着いたのは、空港鉄道駅の反対側。結局、ソウル駅構内を

突っ切って、表側の乗り換えセンターへ。
f0152079_19582592.jpg

最近は慣れた案内板。バス番号で探して、乗り場を確認♪

402番バスで4つ目の厚岩洞薬水址にて下車。

3度目の厚岩洞へやって来たのは、その当時観ていた『華麗なる誘惑』と

観終わったばかりだった『気分の良い日』のロケ地の為。
f0152079_19591238.jpg

薬水址停留所から下に降りるのに、新しい階段が出来ていた。

ここを降りて先にある踊り場へ。
f0152079_19594736.jpg

灯りがなくて暗いけれど、ここにヒョンウ@チュ・サンウクが

ウンス@チェ・ガンヒにあてたものを置いて行ったっけ。。。
f0152079_20010250.jpg
この階段から見える、真ん前のオクタッパンがウンスの家族の住む家。

娘のミレ@カル・ソウォンは3年前に『私の10年の秘密』でも

この家に住んだことがあるから、2度目だったね^^

で、ウンスがクォン会長@キム・チャンワンと話したのはここかな?

それとも、更に上のバス通りかな?

このトンネに昔住んでいたとか言っていた会長。

このオクタッパンはまた、『気分の良い日』で自分の背丈に合った

引っ越し先として母@キム・ミスクが選んだ場所。

最初に訪問したのは、『いとしのソヨン』のロケ地として。

その後も『私の10年の秘密』『ヨンパリ』『私の残念な彼氏』など、

思い浮かぶだけでも多数のドラマで使われた。
f0152079_20014445.jpg
この階段ができる前は、おそらく上の南山外周道路(バス道路)から

撮っていたと思うけれど、ここからだと、なんとも近い!

f0152079_20522851.jpg
前にはなかった階段。こんな状態だったこちら。
f0152079_20531189.jpg
現在の様子。(どちらもカメラ小僧で)
f0152079_20022296.jpg
並びの蔦の絡まる大きな建物下の壁画は健在だった^^

2度目の訪問日記を参照に。オクタッパンの家のお嬢さんとお話も^^
f0152079_20052956.jpg
階段を降りて、右方向へ歩いて行くと、檀家?を送り出していたお坊さん。

こんな場所にあるお寺。奥にある仏像と、屋根の上にはソウルタワー^^
f0152079_20063158.jpg
次は『気分の良い日』の最初に住んでいた家。玄関回りが変わっていた。

f0152079_20070947.jpg
母が登ってきたり・・で出て来た坂道。
f0152079_20071475.jpg
父をストーカーと勘違いして追いかけた道。
f0152079_20100310.jpg
家の脇の坂を降りて、右へ行くと、こちらの橋へ出た。

ドラマの中でも、この柵越しの映像で出て来たこちらのロケ地。
f0152079_20102612.jpg
夜なので、ソウルタワーがバックに見えて綺麗だった^^
f0152079_20112345.jpg
f0152079_20120239.jpg
降りて路地の奥へ。
f0152079_20124079.jpg
出版社の社長宅として出て来た家。

f0152079_20135473.jpg
橋の下に行くためには、左右の階段を降りて・・・

橋の下にはバイクが何台も置いてあって、ちと怖かった^^;

f0152079_20240089.jpg
厚岩洞がロケ地だとわかったのは、母がバスを降りた場所が

このロータリーの右側だったから。
f0152079_20240779.jpg
そこから雨の中、目指した108階段。(2013年6月撮影)

f0152079_20242268.jpg
母が行こうとしていた不動産やが階段下の左側のお店で、ここで次女の

ダジョン@パク・セヨンとバッタリ出会って、この階段を登るシーンも。

ついでと言ってはなんだけど、『気分の良い日』のロケ地は

厚岩洞だけで끝♪

ドラマ自体は、最近観た中では、面白かったと思うドラマだった。
f0152079_20155525.jpg
f0152079_20160071.jpg
f0152079_20163721.jpg
f0152079_20164125.jpg
橋の先を更に登って行くと・・・この巨大な漢江のタイル壁画♪

壁画の内側は厚岩小学校。
f0152079_20171166.jpg
壁画前から降りている階段。左右2つの階段で構成され
f0152079_20204526.jpg
所々の踊り場で左右が行き来できる。階段上の部分も、この

踊り場の部分も『華麗なる誘惑』で登場した。

f0152079_21513206.jpg
右側にあるこちらの家、ピンボケだから・・・と載せなかったんだけど、

後から『運勢ロマンス』の占い師の家だとわかった^^

f0152079_20205027.jpg

右側部分。最終話でも登場した場所。
f0152079_21043215.jpg
左側部分は、主にイルラン@チャン・ヨンナムと

オグァン@チャン・ウォニョンのシーンで登場。
f0152079_20211777.jpg
途中からでも、とても綺麗な夜景^^
f0152079_20212258.jpg
見上げると、壁画。上の降り口でのシーンでは、壁画が

バッチリ映っていて、どこだかわかった私^^

f0152079_20225748.jpg
階段下はちょっとしたロータリーになっている。
f0152079_20230553.jpg
ちょっと思い出せないけれど、この階段もロケ地としてよく登場する場所。
f0152079_20231152.jpg
階段脇では、ウンスを見守るカン総理@チョン・ジニョンが車を停めて

いたり、逆に利用しようとするクォン会長が待っていたり・・・

で、あのアジョッシ、ずっとこの座り方だったんだけど、どして?

背後に見えている、あの塔は何?と疑問を持つ私^^;
f0152079_20235037.jpg
再度、階段を登って、左方向へ行くと・・・

『相続者たち』でウンサン@パク・シネが住んでいた家。

こちらは、ドラマ視聴中に周りの景色から見つけていた私^^
f0152079_20255205.jpg
ウンサンの家の向かいには、南山図書館へ登るEVが出来ていた!

あの、わからなかった塔はこれだったんだ!早速乗りこんで・・・
f0152079_20442728.jpg
塔の上の展望台は防風壁があったので、なんとか写した夜景。
f0152079_20451293.jpg
バス通りまではこちらの通路を通って。振り返って、エレベーター上の

塔部分を写した。

f0152079_20461348.jpg
肉眼では綺麗に見えていたソウルタワーだけど、

どうも綺麗に写せない(´・ω・`)
f0152079_20463704.jpg
バス通りに出て、バス停で待機。赤ちゃん連れのペアルックを着た

めちゃカッコいい若夫婦と共に^^これにて、厚岩洞とはお別れ(^o^)/


# by andegenni | 2016-12-03 00:02 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(2)