2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part4 ソウル街歩き2 弘大界隈

273番バスに乗って、降りた所は산울림소극장@サヌリム小劇場。

すぐ先の交差点は『冬のソナタ』の壊れた信号、あるいは

『ラブレイン』で親世代が再会した交差点で、交差点を下ると

左側には『コーヒープリンス1号店』のカフェ。
f0152079_19480748.jpg
だけど、そっち方面ではなく、戻る形で橋の上から、

京義線のブックストリートを。
f0152079_20031986.jpg
目指したのは、日本人経営の「雨乃日珈琲店」。

だけど、またもやお休み(-_-メ)

経営していらっしゃる男性は「スッカラ」という雑誌にも連載を載せて

いらした方で、昔、彼のブログに嵌って、最初の頃の中央アジア旅行から

全部読破した思い出がある。今はすっかりご無沙汰だけど・・・

前に訪ねた時は、橋の下は大々的に掘り起こされていて@@した思い出が。
f0152079_20035516.jpg
仕方なく、もう一度橋を渡って、こちら側から降りようとしたら、

なんだ!あっちからも降りられたんだ・・・@@
f0152079_20040133.jpg
階段を降りた所には、少女が本棚から本を取ろうとしているオブジェ。
f0152079_20063275.jpg
橋の下には、京義・中央線の跡地と言うことで線路と共に、駅名も。

책거리@本の道という駅名。右は西江、左は세교리???
f0152079_20071641.jpg
さっき人がたくさん集まっていた橋の下のコーナー。
f0152079_20095007.jpg
駅らしく、プラットフォーム風になっていた。
f0152079_20100962.jpg
オブジェがいっぱい!
f0152079_20104193.jpg
半分に割ったリンゴの向こうに、さっきの少女♪
f0152079_20111463.jpg
金属で作られた角のある牛?小さな建物がたくさんあって、

中にはいろんな本が展示してあるのが見えたけど、

どれも鍵がかかっていて入れなかった。
f0152079_20112877.jpg
よくわからない2人・・・星を取ってあげるよ???
f0152079_20114741.jpg
もっとよくわからないコンセプト・・・
f0152079_20120314.jpg
胸に穴が開いてるし・・・
f0152079_20121729.jpg
退屈そうだねぇ・・・
f0152079_20124277.jpg
ブックストリートの展示館か何かかな?
f0152079_20130982.jpg
そろそろ終わりか・・・
f0152079_20132721.jpg
やはりそうだった。弘大入口駅からの入口。

で、この先は工事中の大きなビルで、通りの先のスッキルには

どう行けばいいんだろうと・・・左に回ってみた。
f0152079_20135678.jpg
4番出口を目指し、ウィッチャンダリ児童公園へ。で、これが間違いで、

本当は右に曲がって大通りに出て、東橋洞交差点の横断歩道を渡るしか

向こう側へは行けなかったから、結局遠回りになった。
f0152079_20140818.jpg
麻浦区のマークは、何?鳥?
f0152079_20142972.jpg
ようやく大通りの向こう側の京義線スッキル(延南洞区間)へ。
f0152079_20150150.jpg
入口にある標識。
f0152079_20152133.jpg
緑が鮮やかで気持ちのいい公園♪話題の場所だから、周りには

こじゃれたお店がたくさんできていた。
f0152079_20152772.jpg
うるさく鳴いていたセミ達。すぐ傍の君を写したけど、

動じもせず泣き続け・・・
f0152079_20154754.jpg
途中にはこんな浅い池も。
f0152079_20164326.jpg
時々、ドラマで見かける木立がずっと続いていた。

で、私はここから右手にある路地探し。
f0152079_20172687.jpg
あった!ここだ!
f0152079_20180408.jpg
通りを入ると、だんだんと見慣れた景色へ・・・
f0152079_20182629.jpg
右手にあるこちらの建物の・・・
f0152079_20185285.jpg
後ろ側にある建物もロケ地だ!
f0152079_20192758.jpg
f0152079_20200482.jpg
身長計のような目盛りのある壁もバックに見えてたなぁ・・・
f0152079_20203627.jpg
と言うことで、『嫉妬の化身』のメインロケ地へ。
f0152079_20205915.jpg
パスタ楽のお店部分も。車が駐車中だったので、避けながら撮った。
f0152079_20231684.jpg
入口前も、隣の建物付近も度々登場♪
f0152079_20253192.jpg
でもなんといっても、こちらの建物のオクタッパンと、隣の建物の

オクタッパンに住むファシンとの会話がよく出て来たよね^^

f0152079_01150322.jpg
すでに電飾はなくなっていたけれど、カメラ小僧に行かせてみたら

昨年夏の画像にはバッチリ♪ここ、タイムという名のゲストハウス♪
f0152079_20233930.jpg
玄関前の歩いて来た側の通り。
f0152079_20234592.jpg
ドリームキャッチャーがとっても可愛い♡

今度は、逆の方向へ、ずっと歩いて行くと・・・
f0152079_20265594.jpg
通りの向こう側に見えて来た派手なこのお店、燕京。

看板が並んでいたのでわざわざ行ってみた。
f0152079_20284127.jpg
f0152079_20284649.jpg
いろんなテレビ番組で使われたお店だったようだ。

『嫉妬の化身』の家を訪ねたなら、もう一箇所も行かなくちゃね・・・

と言うことで、時間短縮の為、このお店の前からタクシーに乗って移動♪


# by andegenni | 2017-07-30 00:00 | 2017.7水原・扶余 | Comments(0)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part3 ソウル街歩き1光化門~鍾路



さて、光化門を出たら、やはりこちらのティーザー映像の場所を♪

f0152079_15130349.jpg

f0152079_15132823.jpg

f0152079_15135100.jpg


光化門の前から撮った、右側、広場、左側。映像にも周りの景色が

出て来たので。なるほど、この広場の光化門寄りの真ん前で

踊ったんだなぁ・・・と^^衛兵交代の後は・・・

f0152079_15160561.jpg

f0152079_15165172.jpg


左側の交差点を渡り、ツインビルの前を通り・・・

そうそう、韓服のレンタルのお店は、景福宮駅の周辺にも

あったけれど、私が歩いたこちら側でも見かけた。

f0152079_15171190.jpg


仁寺洞の北側の入り口前の大筆のモニュメントを向かいに見て右折。

実はこの南北の通りは、우정국로という名前で

f0152079_15225964.jpg


その名前@郵征総局の縁の建物がこちら。敷地が公園のようだった。

f0152079_15281543.jpg


目的地は、その並びの曹渓寺。夏の風物詩として、大きな蓮の花の鉢が

並ぶと知り、もう並んでいるかな?と行ってみた。

競うように咲く大きな蓮の花。寄贈した人の名前が鉢に。

f0152079_15301007.jpg

中へ入ると、境内を埋め尽くす蓮の鉢。

f0152079_15313184.jpg

開いている花はもちろん、つぼみもめちゃ大きかった!

f0152079_15320705.jpg

真ん中には、こんなコーナーも。睡蓮の鉢を囲んで。

f0152079_15323779.jpg

通路から入口を振り返って。

f0152079_15330912.jpg

f0152079_15334679.jpg

大雄殿前には、こんな日除けも。

f0152079_15340905.jpg

いつ来ても、3体一緒に写すのが難しい、大きな仏様♪

f0152079_15342776.jpg

こちらの睡蓮の池はハート型!

f0152079_15353876.jpg

奥の塔の周りにもいっぱい!

f0152079_15355917.jpg

f0152079_15360534.jpg

塔の周りの景色を。裏手から出て、表通りに戻ると・・・

f0152079_15363621.jpg

西洋人の女の子達が、立ち止まっていたこちら。

「蓮の葉茶」の販売だけど、ペットボトル入りは1000Wで

奥にあるケースにお金を入れて持ち去るという無人のコーナーだった。

f0152079_15385962.jpg

鍾閣駅近くに来ると、鍾路タワーの手前に高いビルを建築中。

明洞側からも、仁寺洞側からもランドマークになっていた鍾路タワーだけど

こちらからは、姿がかなり隠れてしまうようだ。これも時代の流れ?

f0152079_15390461.jpg

鍾路タワー前から、大晦日に賑わう普信閣を見て、涼しいタワーの

中に入って、トイレをお借りした。ずっと外だったので、しばしの憩い。

鍾路2街のバス停から、しばしば利用する273番バスに乗車。

f0152079_15391169.jpg

ソウル歴史博物館の手前、アシアナビルと興国生命ビルの間には

いつもの巨大なハンマーマンがゆっくりハンマーを動かしていた。

続きは次のpartで。



# by andegenni | 2017-07-28 00:00 | 2017.7水原・扶余 | Comments(0)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part2景福宮

鍾路3街で1号線から3号線に乗り換えて・・・
f0152079_21461900.jpg
景福宮駅に到着♪駅からもう古宮の雰囲気だ。
f0152079_21462701.jpg
大邱の薬令市にあるような、不老門も。
f0152079_21463531.jpg
格調高い通路。しかし、遠いなぁ・・・
f0152079_21465966.jpg
出て来た所は、国立古宮博物館。
f0152079_21470533.jpg
北岳山を見て・・・
f0152079_21473489.jpg
光化門を中から見て・・・
f0152079_21474101.jpg
唯一の出入口になったと言う興礼門を見て・・・
f0152079_21480072.jpg
チケット売り場へ。人、少ないなぁ・・・太鼓の音がする方へ行くと・・・
f0152079_21485491.jpg
門の外のこちらで、衛兵の交代式が始まっていた。
f0152079_21492842.jpg
f0152079_21503016.jpg
2人向かい合って。係の人が衣装の点検をしていた。時間がない!
f0152079_21504378.jpg
急いで興礼門を抜けて中へ。永済橋の上からは・・・
f0152079_21505914.jpg
f0152079_21510650.jpg
お馴染みの彼らの姿も。
f0152079_21512020.jpg
勤政門を抜けて、勤政殿を見ながら・・・
f0152079_21521789.jpg
左脇の門から出て、脇の通路へ。通路の小さな門から見ると、

門から門へと迷路のように繋がっているのがわかる。
f0152079_21524246.jpg
集合場所はこちらの舎弘門。
f0152079_22204851.jpg
期間限定で、10時からの回の予約者のみの慶会楼見学ツアー。

韓国語が読めるなら、HPから、こんな風に予約も可能だった。

日本人のグループもいらして、子供たちもいたり、

総勢20余名の一行だった。
f0152079_21525927.jpg
舎弘門から入って、橋を渡る所。まずは、下から一周。
f0152079_21533090.jpg
池にある立派な松の木の浮島。後で、ガイドさんが

燕山君のお妾さんの女性がチョンという名前で、その悪女にちなんで

どうたら・・・と言う説明をしていらしたが、よくわからず^^;
f0152079_21533725.jpg
船の奥に見える亭子は、朝鮮時代のものではなく、

初代大統領の李承晩が釣りをする時に使う為、建てたんだとか。
f0152079_21543377.jpg
この池の蓮の花も、少しずつ咲き始めていた。緑が映って綺麗^^
f0152079_21545121.jpg
勤政殿から抜けて来た門の方を。
f0152079_21551051.jpg
間の通路には、3つの門と3つの橋があるけれど、こちらの

一番右(一番勤政殿に近い橋)は、王だけが渡る橋だったそうだ。

靴を脱いで、スリッパに履き替えて、2階へ。
f0152079_21552500.jpg
王宮のことを説明しているガイドさん。(韓国語のみ)

周りの部分には、鳥除けの為に、今は全部金網が張り巡らされている。
f0152079_21554963.jpg
廊下は広く、風通しが良くて、
f0152079_21560752.jpg
真ん中の部屋の部分は、3つに分かれていて、真ん中が王のいる場所。

周りは臣下が控えている場所だったとのことだった。
f0152079_22004751.jpg
みんなで王のいた場所へ。座るように言われ・・・

韓服を着ている2人は、韓国人の女の子と、スウェーデンの留学生。
f0152079_22023641.jpg
前に『一泊二日』で慶会楼に特別登らせて貰った回があって、

その時に、「ここには素晴らしい絵があるけれど、どの絵でしょうか?」と

いう質問があった。答えは、楼閣の開いている部分が額縁の役目を果たし、

そこから眺める景色が素晴らしい絵になっているとのことだった。

こちらは、額縁越しの北岳山。
f0152079_22024367.jpg
こちらは、仁王山。最後に10~15分の自由観覧時間があった。

f0152079_23161987.jpg
みんな自由に撮影中。この楼閣、風が吹き抜けて涼しかった^^
f0152079_22032296.jpg
下に降りて、楼閣の下部分を。向こうの階段は使用禁止。
f0152079_22034009.jpg
ツアーが終わった後、奥の香遠亭の蓮池を見に行こうと・・・
f0152079_22034842.jpg
右手に国立民俗博物館の塔。
f0152079_22050406.jpg
実は、行く前にわかっていたけれど、香遠亭は現在工事中。

誰も訪れない蓮池だけど、ひっそりと咲いていた蓮の花。

f0152079_22052865.jpg
最初の1枚はipadのカメラを押し付け、こちらは一眼レフのレンズを

押し付けて撮ってみた。工事中の高い柵の一部が透明な板になっていて

そこから見れるような仕組みに。

『根の深い木』では、香遠亭で昼寝をしていた世宗大王の元へ、

橋を駆けて向かったムヒュルのシーンが思い出される。

数少ない、実際の景福宮での撮影シーンだったなぁと。
f0152079_22054842.jpg
この奥側がとっても広くて、散策にいいなぁ・・・
f0152079_22061040.jpg
再度、慶会楼へ向かう通路へ。
f0152079_22063259.jpg
門の外から見えた王の衣装の男の子!
f0152079_22065643.jpg
慶会楼の右側の3本の橋。一番手前が王だけの橋。
f0152079_22073454.jpg
真正面。
f0152079_22074882.jpg
左側。
f0152079_22080431.jpg
遠くにさっきの王様が散策中。
f0152079_22083165.jpg
夜間観覧時に公演の行われる修政殿。
f0152079_22084746.jpg
勤政殿脇の回廊。
f0152079_22091099.jpg
f0152079_22091801.jpg
王様に@@した私だったけれど、なんとまぁ!いろんな韓服が!

夜間観覧に韓服着用の人設定もあるけれど、まさか朝から?と

思った私。それは間違いで、彼らは昼間に着て回る人達だったようだ。
f0152079_22094355.jpg
全州の韓屋マウルで韓服のカップルを大勢見かけて@@だったけれど

正に王道の景福宮、そりゃブームなんだなぁと・・・
f0152079_22100785.jpg
勤政門から勤政殿を。
f0152079_22102933.jpg
興礼門を出て、光化門へ向かうと、衛兵交代が始まっていた。
f0152079_22110152.jpg
中からまずは撮って・・・
f0152079_22115250.jpg
見物客が多いので、端の方から。光化門の扁額、いつ直したんだろうか?
f0152079_22122188.jpg
門の中に入って行く一行。これで解散♪

長くなったので、続きは次のpartで(@^^)/~~~




# by andegenni | 2017-07-26 00:00 | 2017.7水原・扶余 | Comments(0)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part1

2017年7月、今回の旅のテーマは、ロケ地を織り交ぜながら、

「蓮の花」を観に行くこと♪蓮池が古宮に多いことと、夏なので

夜間観覧も行われている為、普段入れない所への観覧にも参加してみた。

家族の「不忍池」に行けよ!との揶揄を背中にしながら^^;
f0152079_18504179.jpg

成田第3ターミナルから、3度目の済州航空で離陸♪

隣2席は、ソウル近郊に住んでいらっしゃるご夫婦と、通路を挟んで

お子さん2人のご家族。日本旅行は初めてだったそうだけれど、とっても

楽しかったようで、横浜で食べたお寿司と、トンカツが美味しかったと。

ただ、地下鉄駅前にバス停がすぐにあるソウルと違い、東京では

バス利用が難しくて大変だったこと、食事時にキムチが出ないから

口寂しかったと旦那様が^^就職率がほぼ100%で「どこにでも」入れる

らしいですね~と仰るので、それは違いますと訂正しておいた。

「어디든지 」@「どこでも」入れる・・・筈はなく、人気のある就職先は

やはり入るのは難しいこと、ただし、「어딘가」@「どこか」には・・・

だったら、第一志望だけに拘らなければ、どこかには入れますと。

日本は中小企業でもしっかりした所が多いからと。

韓国人の感性だと、大企業に入ること、公務員試験に受かることが

目的の人は、何年でも就職浪人すると。日本人は、わりと

妥協するのも早いから、就職浪人はほぼいないのが、国民性の違いかも。

日本人は、機能的なこと、燃費や税金のことを考えると、

軽自動車を選択する人も多いけど(お金がないからだけじゃなく)、

韓国人は軽なんて恥ずかしくて乗れないと・・・

そういう所も違うよなぁ。。。としみじみ思った。

いかんせん、日本が気に入られたようなので(暑さには参ったと)、

南北に長い日本なので、北海道や沖縄、関西も九州も、行く先々で

また違う発見があると思うから、是非またお越しくださいと言っておいた。

f0152079_18510496.jpg

入管で韓国人家族とお別れして、預け荷物のない私は外へ。

圧倒的に韓国人の入管が混んでいて、外国人の方は、日本人は少なく、

他の便が着いて、東南アジア系、欧米系の人も後ろに並んでいた。

平昌オリンピックのマスコットキャラクター♪

f0152079_18512615.jpg

G-208って、今日はもう200。間に合うんだろうか???

LGUのルーターを借りたら、予備のバッテリーも付いて来た。

急いで印刷したクーポンが適用になり、1日@5500W。

A'REXでソウル駅まで行き(僅差で直行終了)、連絡通路を通って、

4号線に乗り換えて・・・

f0152079_18514064.jpg

東大門文化歴史公園駅のエスカレーターのある12番出口へ。

f0152079_18523281.jpg

出て来た所は、FITINの前。お馴染みのこちら。

夕ご飯もまだで、すでに11時は軽く過ぎていたから、

何か食べなきゃと・・・

斜め向かいのLotteriaで、クリスピーチキンバーガーセットを購入。

いつもの迎賓ホテルへ。顔なじみの夜のアジョッシお二人に再会の挨拶。

前回、大邱にスーツケースを送る時にお世話になったので、

無事に到着していたことをご報告♪

f0152079_18530074.jpg
f0152079_18530728.jpg

今回の部屋もいつもの7階。

f0152079_18533722.jpg

朝は、少し早起きして。7階のルーフバルコニーからの景色。DDP側。

f0152079_18540045.jpg

ソウルタワー方面。

f0152079_18540702.jpg

新羅ホテル方面。地下のサウナで、まずはアカスリ。

6時半が最初だったので、6時過ぎには行って、最初のお客に^^

f0152079_18542445.jpg
サウナ帰りに、一階の食堂で朝食。毎日同じだけど、時間のない朝は

とても助かる朝食付き♪支度して、

2号線で旺十里乗り換えの京義・中央線で回基駅へ。
f0152079_19293009.jpg
北口は、階段を降りるとすぐに慶熙大学のスクールバス乗り場で、

そこを抜けて、塀沿いに進むと・・・
f0152079_19300643.jpg
f0152079_19301337.jpg
こちらの踏切へ。1号線だから頻繁に通っていた。

踏切が閉まると傍にある椅子に座って待つハラボジ^^
f0152079_19592828.jpg
ハラボジと共に、反対側へ。
f0152079_19591179.jpg
こちらの踏切は、『覆面検事』邦題は『恋のドロップキック』で

高校時代のデチョル@チュ・サンウク子役がミニ@キム・ソナ子役に

ひとめぼれした踏切。大人になって、最後にまた二人がこちらで撮影。

その踏切を探していて見つけた撮影時の記事が↑。

で、その踏切はどこだろうか?と、韓国語で건널목@踏切と入れて

検索した画像の中に、こちらの踏切がヒットした!
f0152079_20000817.jpg
キム・ソナ側から、チュ・サンウク側を。
f0152079_20011162.jpg
再度、踏切を渡って、駅へ戻った。同じ位置から
f0152079_20003740.jpg
駅を見た所。
f0152079_20015968.jpg
歩いて行くと、回基駅という青い看板が見えて来た。

今度は、1号線に乗って、鍾路3街乗り換え、3号線で景福宮へ。


# by andegenni | 2017-07-24 00:00 | 2017.7水原・扶余 | Comments(0)

夕方成田へ♩


朝食後、チエックアウトして、ソウル駅で搭乗、出国手続きをし、
f0152079_13085495.jpg
昌徳宮へ。ネットで、秘苑の予約をしてあり、1時のA'REXに乗る為に、

10時からの韓国語ツアーに。総勢で30名弱だった。
f0152079_13043159.jpg
f0152079_13055164.jpg
最初のポイントは、1番秘苑らしいこちら。

芙蓉池の傍の亭子は芙蓉亭。写していたのは、一行が

休んでいた建物からで、メチャ暑い中、涼しい風が抜けていた。
f0152079_13070879.jpg
次は愛蓮池。ちょっとだけ、咲いていた。
f0152079_13081602.jpg
4つの亭子が並ぶ池と川のほとり。ここも涼しかった。

この先、もうひとつ韓屋(両班の家の造り)を見学した。

山道のような登りもあり、結構足に来るツアーだけど、2時間ほど

かかるのかと思いきや、1時間強で終了し、昌徳宮と合わせて

2時間?と、予定ぎりぎりだと思っていたから@@
f0152079_13100539.jpg
ソウル駅から。話題の道路上の公園を見るも、暑すぎて無理!

と言うことで、ロッテマートへ。ここで、重大な失敗に気づく私。

行きは機内持ち込み荷物だけで、帰りは液体が増えるからと、

預け荷物15キロの予約をしたにも関わらず、ソウル駅でチェックイン時に

8キロしかなく・・・意外と少ないなと思った。実はなんと!肝心の

呂の紫のシャンプーセットを買い忘れてた!もう預けたから買えないし・・・

仕方なく、買うつもりがなかった嵩張る海苔やお菓子を買ってしまった。

思えば、いつも夜着だと終わってしまって乗れなかった直通のA'REX。

初めて乗ったけど、お昼ご飯を食べる時間がなく、コンビニで買ったおにぎりとかを

軽く中で食べることも出来て、快適だった。で、ルーターを返して

出国ゲートに行ったら、激込みで入場制限までしていた。

既に出国手続きまで終わっているから、それを横目で見て、脇から

入れて、ソウル駅で手続きしてよかったなぁと実感♪
f0152079_18375231.jpg
希望者と記念撮影してくれるご一行♪私は写真だけお願いした。
f0152079_18400289.jpg
出発して間もなくの上空。まだ下にはうっすらと韓国の地形が

見えていた。バイバイ韓国♪(@^^)/~~~

# by andegenni | 2017-07-21 00:00 | 韓国旅行 | Comments(0)