今、成田空港^_^



久々に韓国へ。
f0152079_17441882.jpg
昨年も利用したチェジュ航空。成田第3ターミナル。
f0152079_17444850.jpg
ギリシャに行く前に予約してあったけど、まさかの満席!

混んでいるというので、早目に中へ。秋葉原のお土産店が可愛い❤️
f0152079_17450557.jpg
搭乗ゲート近くはひっそり。充電している人も。

ここにはラウンジがないので、
f0152079_17424599.jpg
真っ直ぐに搭乗ゲートへ。自宅宛に送って貰ったルーターが

まさかの故障で、赤の点滅続き。電話して、メールを送って貰い

初期化を試みたけど、変わらず、仕方なく返却した。

仁川に着いたら借りなくちゃ。有ればいいけど。

先日、1年に2度だけというエア釜山の格安チケットをゲット!

情勢が変わらなければ、秋に行く予定。片道4000円って

本当に@@価格だった!

そろそろ搭乗時間に。。では、行って来ます!





# by andegenni | 2017-07-16 18:04 | 韓国旅行 | Comments(2)

2017.5ギリシャ・ドバイの旅 part29 ドバイ4

今回の旅では、ゆっくりと沈む夕陽を観るのも4回目。

アテネ、サントリーニのイア、フィラに続いて
f0152079_23263443.jpg
f0152079_23271876.jpg

今度は、ドバイでペルシャ湾に沈む夕陽を鑑賞。

f0152079_23280137.jpg

125階では、子供たちまで、みんな夕陽を観ていた^^

f0152079_23284708.jpg

まだ明るい真下の景色。

f0152079_23301917.jpg
f0152079_23304907.jpg

世界各国から集まった観光客と共に、世界1高いタワーから

観た夕陽。上の部分も茜色で綺麗だった。

f0152079_23311559.jpg

125階にはお土産コーナーも。

f0152079_23313874.jpg
f0152079_23315133.jpg
f0152079_23323039.jpg
f0152079_23324031.jpg

まだ明るいうちに、下の景色を写して、階段で124階の

展望台へ移動した。

f0152079_23325223.jpg
f0152079_23334001.jpg

ブルジュ・ハリファ、AT THE TOPのすごい所は、124階なのに

外に展望台があること。148階のAT THE TO SKYも見えた^^



まだ明るい19:00スタートの噴水ショー。

世界一のタワーから見下ろした、世界一の噴水ショー♪

この高さからよく見えるということは、実際はかなりの水の

高さかも。。。外なので、音楽もよく聞こえた^^

19:00から30分毎にあるけれど、マイケル・ジャクソンの音楽に

合わせたショーが観たかったなぁ^^
f0152079_23335939.jpg
f0152079_23342789.jpg
f0152079_23345351.jpg
f0152079_23350950.jpg

ショーが終わると、暗くなって来たので、夜景も写して・・・

直通のEVのある125階に戻ると、みんなが窓際に・・・


f0152079_23362678.jpg

次の噴水ショーが始まった!室内なので、音楽はあまり

聞こえなかったけれど、暗いから綺麗だった^^




動画を撮ったのは娘。母娘を撮ってあげると何度も言われて、

近くの方に夜景バックで撮って頂いたりも。

125階からは直行EVで下へ。

f0152079_23384996.jpg

帰路ではブルジュ・ハリファを造った方々の紹介。

出口までの間に歓声が聞こえ、3回目のショーが始まった。

f0152079_23390703.jpg

花火の写真が綺麗!エッフェル塔の花火も、

塔から花火が出ているような演出らしいけれど、

実際に自分の目で観たら感激だろうなぁ・・・

f0152079_23392527.jpg

出口には、各国の言葉でお別れの挨拶。

「バイバイ、またね。」はカジュアルでいいね^^

そうそう、ポーズを取って、ブルジュ・ハリファと合成した

写真は、出口近くで自分たちのを探したんだけど、あまり・・・

だったので、高価なのもあって、買わなかった^^;

f0152079_23394080.jpg

出口にあるショップの品はAT THE TOPの名前入りだから、

Al Nassmaのラクダミルクチョコの駱駝型と、箱入りをこちらで

購入した。帰りがけ、タワーに登る前に行った同じブランドの

ショップに行ったら、値段が違う・・・AT THE TOPと入るだけで

高くなってて・・・娘は、そっちで沢山購入。。。

ガッカリの私^^;

f0152079_23394723.jpg

下に降りて、再度、4回目?の噴水ショーを。かなりの高さだった。

2階にある日本の紀伊国屋書店のカフェコーナーから、よく見えると

いうことだったので、そこにも行きたかったんだけど。。。

娘が疲れたと言うので、この傍で座って待ってて貰って・・

f0152079_23400927.jpg

湖の中にあるこちらの橋を渡って。。。

『花よりおじいさん』で、食べながら噴水ショーが

観れるレストランを駆けまわって探したソジニ。

そのレストランの名前は調べてあったけど

場所がわからず、私もワッタガッタ・・・

f0152079_01070565.jpg
f0152079_01073198.jpg

湖の周りをあちこち回り・・・・

f0152079_23401757.jpg

ここだ!何人にも尋ねて、ようやく見っけ!水辺だと思って

いたら、なんと2階だった・・・

f0152079_23410752.jpg
f0152079_23412716.jpg
f0152079_23415522.jpg

レストランの名前は、「Thiptara」というタイレストラン。

食事中のテーブルの中に入るのは、さすがの私も遠慮したので、

少し位置はずれているけれど。ここは、予約も出来るらしい。

f0152079_23422489.jpg

娘をピックアップしに向かうと、あちこち煌びやか♪

f0152079_23424358.jpg

6回目?7回目だろうか?の噴水ショー。高さが半端ない!

f0152079_23435431.jpg

出口方面に向かう途中、こちらの「I ♡DUBAI」♪

このすぐ傍にタクシーがいて、タクシー?と呼び止められた。

助かった・・・近くで乗れると思ったけれど、他のタクシーが

見当たらず、タクシー乗り場じゃなさそうだし。。。と不安に。

しかも、バンタイプで、タクシーの表示もない。。。

こりゃ、ソウル同様の白タクでは?と思い、お金を少ししか

持っていないと断ると、200AED@6000円以上!でいいと。

そんな馬鹿な・・・と思い、タクシーじゃないみたいですね・・・と

お断りした。乗っていたら、危なかった・・・

そのまま、大通り方向へ歩いて行くと、お客を降ろしている車が。

すぐに乗って、24時間営業の、ヨーロッパ系のスーパー、

スピニーズに行って貰うことに。お昼が遅かったから、夕食は軽く、

スーパーで買い物がてらTAKE OUTしようかと。

f0152079_23444296.jpg

周りの景色もとても煌びやかだったなぁ・・・

もう、地下鉄に乗る元気もなかったから、直接タクシーに

乗ったけど、途中で、「日本のタクシーはどうですか?」と

尋ねられ・・・「親切ですよ♪」と言うと、

「それは知っています。でもとても高いでしょう?

ドバイのタクシーはどうですか?」と。

さっきの白タクは除き、何回か乗ったタクシーはとても

親切だったし、値段も割と安かったので、

ドバイのタクシーもGOOD!だと言うと、

突然、大音量で流し始めた音楽!そして、

「これが、スピニーズのテーマソングですよ♪」って^^

スピニーズでは、バラマキ用の小さなお土産を買ったり、

容器に自分でよそって、グラムで計る日本と同じようなシステムの

フルーツやサラダを買って、ベーカリーで甘いパンも買って・・・

スピニーズ前から、丁度お客を降ろしていたタクシーでホテルへ。

ホテルの廊下の自動販売機にあるマンゴージュースが安くて、

日本もマンゴーが安ければいいのに・・・と思った。

疲れていて、スピニーズからホテルの夜食まで写真なし!

翌日は、5時半にはタクシーに乗らなきゃならず、水物のパッキングも

しっかりする必要があったり・・・で、2人で黙々と作業・・・

翌朝、ホテル前に待機していたタクシー!ポーターさんが

車まで荷物を運んで下さったし・・・

たった32時間半の滞在だったけど

ドバイのあちこちに行けて楽しかった♪

f0152079_23451092.jpg

24時間眠らないエミレーツ専用空港。

f0152079_23451804.jpg

CAさん達、搭乗時と降りる時にはいつもこの帽子♪

f0152079_23454153.jpg

それにしても、どれだけ大きなハブ空港なんだか・・・

ドバイから発着するエミレーツだけで、この数!

f0152079_23460532.jpg

最後に残ったAEDで更にPatchとかも買って、さて、帰国だ・・・

f0152079_23463008.jpg

朝食は時間的に無理だったから、この時は、2人とも、和食を選択♪

f0152079_23463724.jpg

朝8時発で、夜に羽田だから、日本に帰ったら寝れる・・・

なので、なるべく起きていようと。。。

韓国映画『형』を観た。彼の作品は笑ったり、泣いたり・・・で

危ないシーンでは思わず声が出てしまい、娘に怒られた。

娘は、私がギリシャ>ドバイ間で観た『君の名を』を。

f0152079_23465123.jpg
f0152079_23465889.jpg

夜のご飯は、再び2種類を選択。ほぼ定刻に羽田着。

エミレーツは個数制限なしの30キロ受託だけど、機内持ち込みは

ひとつだけの7キロ未満。なので、スーツケース他の個数が増えて

しまい、4つの荷物を持って電車はきついな・・・タクシーは高いし。

f0152079_23470894.jpg

で、選んだのが丁度電光板に案内の出ていた

東京シティエアターミナル行きのリムジンバス。

他はすでに終わった時間なのに、ここだけ

最終バスが残っていた!二人だけの貸し切りバス^^

ターミナルでは降りてすぐにタクシーに乗り換え、

家までこんなに楽に帰れたのは初めてかも^^

8泊(機内1泊)8日のギリシャ・ドバイツアー、これにて終了♪


# by andegenni | 2017-07-14 00:00 | 2017ギリシャ・ドバイ | Comments(0)

2017.5ギリシャ・ドバイの旅 part28 ドバイ3

目的地のドバイモール/ブルジュ・ハリファ駅に到着♪
f0152079_23165179.jpg
駅のカラーは、茶色で、地球のイメージ。
f0152079_23170605.jpg
花じい達も駅からモールの距離に@@だったけれど、それはそれは

長い通路で、動く歩道があるとは言え、「最寄りの駅」と言うには

遠すぎる距離。途中で下に見えたアラブの男女の像。

歩くのがしんどい人は、タクシーで直接乗りつけた方がいいかも・・・
f0152079_23172948.jpg
ようやく、ドバイモールらしく。あ、途中に両替所もあって、

現金が足りなくなって来たので、100ドルだけAEDに両替。
f0152079_23180682.jpg
ドバイモールに到着♪
f0152079_23183727.jpg
上の方にも階があって、パンフをゲットしたけれど、ここは1日中

いても回り切れないかも。。。めちゃ広い!
f0152079_23190175.jpg
f0152079_23191725.jpg
まずは、予約したブルジュ・ハリファの予約書をチケットに交換

しなくては・・・と、下の階に。このサークル部分、めちゃすごかった!
f0152079_23220210.jpg
f0152079_23230066.jpg
いよいよ、現時点では世界最高(現在建設中のタワーあり)の

ブルジュ・ハリファの入り口へ。カウンターでチケットに交換して

貰ったんだけど、日没が18:56の予定だったから18:30を予約。

入場時間は18:00だった。30分毎に、入場するんだけど、当日の

日没前~サンセット後までは、すでにSOLD OUTだった。

日曜だし、日没時間はすぐに売り切れになるし。当日券はあったとしても

3倍くらいするから、ここは絶対に予約必至。日本は日付変更線から

近い国なので、1か月前の同じ日付の0時に予約すれば、間違いなく買える。
f0152079_23264352.jpg
そう言えば、お昼もまだだ!と言うことで、近くにあったフードコートへ。

花じい達も、おそらくここで食べたんだと思う。

観直してないけれど、確かハンバーガー?SUBWAYがあったので。

そこで、ドバイの王子(実は観光課職員)に会って、ブルジュ・ハリファに

登りたいとおねだりしてたよね^^当日券だったら、大変な額だけど

快くOKして下さって、彼らも登ることになった次第。
f0152079_23273222.jpg
ドバイ料理って、何があるのか?だけど、純粋なアラブ人は少なく、

近隣諸国の外国人労働者が多いので、料理も多国籍みたいだった。
f0152079_23274178.jpg
注文したのは、中華。と言っても作ってるのは、中国人じゃないけど。

で、これで約5000円。ドバイ価格?!と娘と・・・

周りのテーブルでは、家から持参らしいお弁当を食べている人が大勢いて、

働いている人だろうか?この価格じゃ、頼めないよなぁ・・・と納得。

18時まで時間があるので、モール内を散策。外との温度差がきっと

20度近くあったんじゃないかなぁ・・・
f0152079_23314479.jpg
ドバイと言えばこちら!と言う位、有名なAL Nassma。

駱駝のお乳から作られたラクダミルクチョコ。かなり濃厚で、

しかも高い!結果的に娘は1万以上、私も5000円以上、後で購入した。

他にも、Bateelという王室ご用達のデーツにチョコがけのお店や

Patchというこちらも有名なチョコのお店も覗いて。Patchも後で購入。
f0152079_23284468.jpg
f0152079_23290511.jpg
f0152079_23371116.jpg
3枚目の写真は、戻る時撮ったんだけど、ギャラリーみたい!と

思ってたら、やはりギャラリーだった^^;
f0152079_23294839.jpg
ギリシャに続き、ドバイでもSAMSUNGは強いなぁ・・・
f0152079_23295684.jpg
f0152079_23302616.jpg
f0152079_23303606.jpg
f0152079_23305353.jpg
f0152079_23320219.jpg
娘が、ここバカラみたいって言ってたけど?そうだったかも?

クリスタルのブルジュ・ハリファもすごいけど、写真の加工も@@
f0152079_23322238.jpg
f0152079_23323110.jpg
広すぎて、足も疲れて来た・・・水族館、探さなきゃ・・・
f0152079_23324101.jpg
f0152079_23325102.jpg
水族館?と思いきや、前面も上も全部熱帯魚(本物)のお店@@
f0152079_23334918.jpg
本物の、水族館はこちら。2階からもよく見えたけど・・・
f0152079_23341277.jpg
入口のある一階に降りてみた。
f0152079_23344499.jpg
こちらが入口部分。
f0152079_23351994.jpg
チケットを買った人だけ、こちらから入れる。外からでも十分^^
f0152079_23353928.jpg
ギョギョッとするほど大きなジーンズ。そういえば、GUだったか?

日本のブランドも入っていて、娘が日本にないものがあるかも?と

試着したりしていた。
f0152079_23354938.jpg
トイレには、素敵なお花。
f0152079_23362687.jpg
f0152079_23363501.jpg
いい加減疲れて来た頃、ようやく時間になって、タワー入口へ。
f0152079_23372944.jpg
18時のチケットを持っている人だけ入場。このタワーの模型は、

時間で色が白くなったり、青くなったり・・・で綺麗だった。
f0152079_23381431.jpg
タワーの説明板。
f0152079_23383871.jpg
まだまだ先は長そう・・・
f0152079_23390950.jpg
更に更に続く通路・・・
f0152079_23393252.jpg
ようやく、タワーへのEV乗り場。右が私達の行く

125階AT THE TOP。左は高さも値段も更に高い、148階のSKY。
f0152079_23395933.jpg
アッと言う間?ではないけれど、かなりの高速で、125階に到着♪

30分前に入場したわけは、予約時間に到着するのに、それ位かかるから。
f0152079_23402884.jpg
f0152079_23403376.jpg
f0152079_23403930.jpg
途中、私達もポーズを取らされた。

合成されると、この通り♪

f0152079_00344280.jpg
映画『Mission Impossible』でのこの写真もそうみたいだ^^
f0152079_23432403.jpg
125階からガラス越しの景色。
f0152079_23441084.jpg

AT THE TOPの特徴は、124階に降りて、外の展望台に行けること。

そんな高さの場所で、直に景色が観れるなんて@@

もうすぐサンセットの時間。この旅では、アテネ、サントリーニの

イア、フィラに続き、時間を合わせてのサンセット鑑賞も4回目。

続きは次のpartで。


# by andegenni | 2017-07-12 00:00 | 2017ギリシャ・ドバイ | Comments(0)

2017.5ギリシャ・ドバイの旅 part27 ドバイ2

オールドスークと呼ばれるのは、ドバイの昔からの地域。

スパイススーク&ゴールドスークと共に、見に行こうと思っていたが、

間にはドバイクリーク(運河)があって、今もなお、アブラという

渡し船で渡るのが一般的。往復渡るのも・・・と思って、

運河の手前側は後回しにして、一気にスパイススークまで

タクシーで行って貰った。途中、造船所だろうか?大きな船が

沢山いる港の傍とかも通って。
f0152079_20081997.jpg

タクシーを降りたのは、スパイススークの入口。

すぐ傍には、ドバイクリーク@ドバイ運河がある。

f0152079_20340104.jpg

ジュメイラ・モスクのイスラム体験ツアーを終えた後、あまりに

暑いのでスマホでチェックしたら、すでに38度!夏になったら

きっと外歩きは覚悟しないと自殺行為になりかねない。。。

f0152079_20083987.jpg

こちらがスパイススーク(スパイス市場)の入口。

f0152079_20090962.jpg

さっそく、各種のスパイスの匂い・・・それにしてもすごい眺めだ!

f0152079_20092219.jpg

ランプだろうか?灯篭のような形。

f0152079_20093754.jpg

きらびやかな小物がたくさん!

f0152079_20101164.jpg

ドレスもたくさんあって、スパイススークは、スパイスだけじゃなく

ごった煮市場だった。どうしてか?日本人だとわかるらしく、

日本語で勧誘されたし、娘がモスクで説明して下った女性が

アバヤ(イスラムの衣装)の下に履いていらして涼しげなパンツが

欲しいと言うので、一軒のお店であれこれ見せて貰うことに。

英語で安いよ~としか言われなくて、値段がいっさい書いてない・・・

2本買えばさらに安いともちかけられ、それなら私の分も・・・と

思ったら、キャメルの毛のストールも一緒にどうか?と。。。

ようやく3点で値段1200AED@37000円と言われたけれど、

どう考えても高すぎ!と思い、買わないと言うと、いくらなら買う?と

どんどん下がって、250ならいいかと・・・それでもいらないと言うと

最後は150だって・・・4600円なら、勉強したと思ってもいいかと

結果購入。このシステム、騙される人が多いのでは?

最後まで突っぱねても良かったけれど、最初から他で再交渉も疲れるし。

f0152079_20103175.jpg

スパイスと衣類やお土産が雑多に並んでいるけど、

スパイスの匂いは大丈夫なのかなぁ?

f0152079_20111049.jpg

スパイススークを後にして、あちこちの小さな市場を通り抜け・・・

f0152079_20112487.jpg

辿り着いたゴールドスーク。

f0152079_20120555.jpg

途中の通りからも、あちこちに見えるモスク。

f0152079_20124438.jpg
f0152079_20131882.jpg

こちらの市場は、世界中で一番、金が安いそうだ。

ハラボジ達もやって来て、覗いていたっけ。だけど、あまりに沢山

並んでいると、じっくり見る気が失せてしまって・・・私だけ?

f0152079_20135057.jpg

スパイススークと違い、通りに屋根があるし、各店舗はエアコンが

効いていて、入口前を通ると涼しかった。

f0152079_20135896.jpg

小物だったら手が出た?興味湧かなかったけど^^;

f0152079_20140494.jpg

サントリーニ同様、こちらでは駱駝の縫いぐるみ。サントリーニのロバは

可愛かったなぁ・・・これは娘に却下されるまでもなく^^;

f0152079_20142174.jpg
f0152079_20160819.jpg

どのお店も金金金!だったけれど、この写真のお店ではみんなが

写真を撮っていた。クレオパトラみたいだし^^なかなか順番が来なくて、

しかもこの女性の自撮りが果てしなく続くので、諦めた。

f0152079_20165288.jpg

端まで歩いて、見上げるとモスクの塔。

f0152079_20170168.jpg

スパイススークの入り口前に、アブラの乗り場があったなと

市場を抜けずに、普通の通りを戻っている所。前を歩いている黒い服の

男性に@@ すぐ近くを歩いているのを見かけたら、アフリカの像で

背が高く、手足が長いガリガリスリムな像を見かけたことがあったけれど、

こんな人間いないよな・・・と思っていたのは認識不足だったようだ。

像は誇張はされているものの、彼は小さな頭にハンサムな顔、

手足がめちゃ長くてスリムな黒人男性で、世界は広いと思った・・・

そうそう、市場と平行な通りでは、韓国製品をたくさん見かけた。

まるで、リトル東大門、南大門みたいなビルもあったりして。

f0152079_20181209.jpg

アブラ乗り場に到着♪

f0152079_20194782.jpg
歩いて来た通りを振り返って。
f0152079_20183428.jpg

アブラ乗り場の標識。

f0152079_20190936.jpg

小さなアブラばかりじゃなく、観光船みたいな船も。

f0152079_20195084.jpg

人が集まると出航するアブラ。私達を乗せるとすぐに出航♪

f0152079_20211885.jpg

ハラボジ達も乗っていたアブラ。庶民の足だから、たったの2AED。

それでも、最近1→2AED(62円)に値上がりしたようだ。

f0152079_20214487.jpg
f0152079_20223662.jpg

船着き場はたくさんあって、私達はオールドスークへ。

f0152079_20233517.jpg

船をこちらへ戻しているようだった。

f0152079_20243581.jpg

対岸にはいくつもの船着き場。

f0152079_20250712.jpg

旧市街地に青い陶器のようなモスクの屋根が見えた。

Ali Ibn Abi Talib Mosqueだろうか?

f0152079_20260003.jpg

オールドスークの船着き場へ到着。隣に座っていたアラブの男性は、

私達が日本人だと知ると、一緒に乗れて嬉しかったそうで、

降りてから一緒に写真を撮ってくれと・・・日本人って、

市場ではカモ?とか思ったけれど、どこへ行っても、愛想よく

してくれて、ギリシャでもドバイでも、笑顔で話しかけられた。

f0152079_20262187.jpg

降りた所の広場にあった地図。係の女性がいたので、

地図を頂けますか?と言ってみたら、デスクの鍵を開けて、

Royal Blue Tourと書かれた同じ地図を下さった。

f0152079_20270255.jpg

近くにいたのは、赤い2階建てのバス。暑いドバイでは、バスで

観光名所を回るのが効率的かも・・・

f0152079_20271971.jpg

広場の様子。運河に面していて、暑くさえなければ素敵。

左隣の建物は、運河沿いにずっと続いていたショッピングモールの

ような場所だった。

f0152079_20272821.jpg

クリークのこちら側は旧市街地で、博物館や大きなモスクもあって

街歩きしたかったけれど、38度では無理!倒れそうだ・・・と娘。

仕方なく、生ジュースで休憩だけして、地下鉄の駅へ向かった。

f0152079_20275295.jpg
まだまだ工事中の駅近くの広場。
f0152079_23055448.jpg

これから乗るのは、グリーンラインの24番の駅。

向かう先は、朝降りたレッドの22番を過ぎた先の

25番。ブルジュハリファ/ドバイモール駅。

途中、2つ目のBurjumanでグリーンからレッドへの乗り換え。

f0152079_20284126.jpg

Al Ghubaliba駅は茶色が基調だから、地球のイメージ。

f0152079_20285484.jpg

f0152079_20291494.jpg
f0152079_20292130.jpg

アラブらしい写真満載の綺麗な駅だった。

で、地下鉄に乗ってビックリ!なんと、女性が1人もいなくて・・・

近くの男性たちが一斉に立つし・・・思わず、男性専用ですか?と

訊いてしまった私。1人の男性が、女性はどこでも乗れますと

英語で答えて下さった。女性専用車両があるのは知っていたが

全員男性で戸惑ってしまった・・・で、席を譲ろうとする人だらけで

2つ目で降りるからいいと言っても、ダメだと座らされた私達。

これって、イスラムのせい?まさか、老人扱い?娘もいたのに?

よくわからないけれど、メトロは日本企業が作った所為もあってか、

親切だったのだろうか?基本的にメトロは、外国人の労働者と観光客が

多いとは知っていたけれど、ビックリ体験だった。

f0152079_20294013.jpg

乗り換え駅はブルー。番号で乗り換えがどちらかわかるように^^

f0152079_20295885.jpg

乗り場はこんな感じ。

f0152079_20305367.jpg
f0152079_18584017.jpg

昔の、漁村だった時代のドバイクリークや海辺の写真。

次は、ドバイ最大の目的地である、ドバイモールとブルジュ・ハリファへ。


# by andegenni | 2017-07-10 00:00 | 2017ギリシャ・ドバイ

2017.5ギリシャ・ドバイの旅 part26 ドバイ1

ドバイでの朝。10時からのジュメイラ・モスクのツアーに参加する

つもりだったので、8時には朝食を食べるつもりで起床。
f0152079_21222658.jpg

ホテルの部屋からの眺め。砂漠の中の街だけど、そういう印象はなかった。

f0152079_21223625.jpg

Ibisはさすが世界的チェーンのホテルで、たくさんの種類が。

booking comで予約した際には、朝食なしの値段だったので、

初日のみ、つけてもらった(現地払いなので)が、結構な値段@@

f0152079_21232106.jpg

ホテルの前で。すぐ傍には、マートやショッピングセンターもある。

f0152079_21233096.jpg

大きすぎて、入りきらない上部。かなり大きなホテルだった。

f0152079_21240003.jpg
f0152079_21241013.jpg

ホテルの前の大通りの様子。

チェックイン時に、2日目の朝が早いので、タクシーがいるかどうかを

尋ねたら、大抵は前にいると。確かにそうで、早朝も待機していた。

f0152079_21252841.jpg
f0152079_21254308.jpg

こちらは、駅へ向かう途中にある「RAMEE GUEST HOUSE」。

『花よりおじいさん』では、最初がドバイで、みんなに内緒で

参加することになっていたジウちゃんが、最初のホテルである

ここだけは韓国にいる時に予約。かなり熱心に調べて予約していた。

私達は、食事を作ったりはしないので、通りがけに見ることができる

近場のホテルを取った次第だ。

f0152079_21260842.jpg

IbisもRAMEEも最寄り駅はこちらのAL Rigga駅。

駅には番号があり、レッドの17番駅。エミレーツ専用空港である

第3ターミナルからは4つ目で近い。花じいの一行は地下鉄で移動して

いたけれど、ギリシャからは深夜着、帰国便は早朝で始発前なので

空港の往復はタクシー利用だったけれど、近い場所を選んで正解だった。

f0152079_21443973.jpg

ドバイの地下鉄路線図。ドバイの地下鉄は、日本企業4社と

トルコの企業1社が共同でが作ったらしい。

レッドとグリーンの2線で構成され、ゾーン別に色が違い、

ゾーンを越えると区間料金が増す仕組み。

面倒なので、1日乗車券を窓口で買った。

f0152079_21263202.jpg
f0152079_21271517.jpg

お金持ちの国らしく、地下鉄駅は、各駅ごとに色とテーマがあって

独創的。色は6色に分かれている。色にはそれぞれ意味があり、

こげ茶@地球、緑@空気、青と白@水、赤とオレンジ@火がテーマ。

地下鉄に乗る際には、たくさんの決まりがあるけれど、是非守るべきは

★飲食と居眠り禁止 ★つばを吐く、散らかす等、施設を汚す行為

★座席の上に足を置く事 ★飲酒、お酒の持ち込み禁止。

メトロも駅も、めちゃ綺麗だった。

f0152079_21273060.jpg

目指したのは、ワールドトレードセンター駅。ブルーが綺麗だった。

方向を考えて、長い連絡通路を通って、大通りの反対側出口へ。

f0152079_21281400.jpg

駅を出たら、こちらの景色。雲一つないのに、遠くは霞んで見えるのは

砂漠の特徴なのだろうか?

f0152079_21283753.jpg

駅番号はレッドの22番。番号で、5つ目の駅だとわかる。

f0152079_21453269.jpg

必要な部分だけ、地図を切り取って持参した。駅からタクシーに乗ると、

明らかにジュメイラ・モスクが見えているのに、かなり遠くまで行ってから

戻って来た。前に停める為に、遠回りしたのか?よくわからないけれど、

時間以内に到着できないんじゃないかと、途中で時間を告げたりも。

ソウル駅からも、方向によっては、Uターンするのにかなり

行ってから。。。というケースもあるので、

今もってよくわからないけれど^^;

f0152079_21290972.jpg

そろそろ時間(9:45集合)だったので、これだけ撮って。

f0152079_21293850.jpg

モスクの前にあった看板。右手にある建物でツアーに申し込んだ。

f0152079_21295393.jpg

帰りに撮ったので、人が少ないけれど、ツアー申込の後は、

こちらで、伝統的なお菓子や飲み物を頂いた。甘かった^^

隣に座られたアメリカ人のご夫婦が、お互いに撮りましょうと、

カメラで撮って下さったり。親日家のご夫婦で、春には東京から

長野の野沢のスキー場に行かれて、春スキーを楽しまれたんだとか^^

f0152079_21312555.jpg

ツアーの最初は、こちらの水場で、お清めの儀式から。

f0152079_21313795.jpg

有志の数人が、アラブ式のお清めを実体験。手足を洗い、鼻と口の間も

水を通すとかで、私には無理かも。他のメンバーは手だけは洗って・・・

先ほど、看板のあった所がモスクの入口で、頭に被る布や、衣装が置いて

あった。女性は、必ずショールを被らないとモスクには入れない。

ここ、ジウちゃん達も来ていて、ジウちゃんもショール着用。

f0152079_21320418.jpg
f0152079_21322974.jpg
f0152079_21330883.jpg
f0152079_21334124.jpg
モスクの中は、とってもきらびやかなんだけど、

淡い青が基調でとても素敵だった。

壁にある赤文字のデジタル時計は、世界各国の

アラーの神への礼拝の時間。
f0152079_21341054.jpg

天上がドーム状になっている所では、マイクなしでも声が響くので

説明して下さった方はその下で。舞浜のエクスピアリに映画を観に

よく行っていた時期があったけれど、そこにも同じような天井があり

下で手を打ったり、声を出したりしたっけ^^

説明は、全部英語なので、部分的に聞き取れたり、聞き流したり・・・

日本人のカップルと出会って、一緒に聴いていたんだけど、後で

「ねぇ、行きの飛行機で、前の席だった新婚カップルだったかも」と娘。

そう言えば、モルジブに行くってCAさんに言ってたと。エミレーツは

サービスがすごくて、記念のポラロイドと、ホールケーキをプレゼントして

くれていたようだ。翌日の便でも遠くにいたと娘。結局、羽田から行き帰り

同じ便だったようで、しかも居住地も近いので、いつかバッタリ会うかも?

まさか撮影はダメだろうと思っていたら、みんな写してるし・・・で、

f0152079_21343254.jpg
f0152079_21344130.jpg

男性のお辞儀編を。ハラボジ達は、椅子に座っていたけれど、

途中で飽きてしまったようで、途中退席してたね^^;

何人か、また有志が参加もあった。

f0152079_21350552.jpg

こちらが、モスクのかつての姿?だったような?

f0152079_21351438.jpg

男性の頭の上に乗せて止める小さな帽子や布などの説明。

f0152079_21353021.jpg

女性が顔を隠す布。出ている部分が少ないからこそ?なのか

指輪に凝る人が多そうだ。顔立ちは、とても綺麗な方が多かった。

f0152079_21355352.jpg

最後に記念撮影会!東京のカップルとも一緒に撮ったりも^^

娘は、せっかくだからと、フル衣装を着て。

f0152079_21371302.jpg

開始前にいた建物へ。アイスがあるとか言われて。これか!

15 ONLYって書いてあるけれど、駱駝のお乳で作られたアイスが

15AEDで、約500円位。東京のカップルとはここでお別れ。

f0152079_21372472.jpg

無難にバニラ味を選択。かなり濃厚で美味しかった。

f0152079_21374504.jpg

お土産も売っているコーナーにあった寛ぎ場所兼フォトスポット。

開始前に一緒だったアメリカ人ご夫婦と、ここでも写真の撮り合いっこ^^

f0152079_21381385.jpg

最後にトイレに行ったら、こんなオブジェ。これ、なんだろうか?

f0152079_21383743.jpg
f0152079_21510211.jpg

最初に行った建物の真ん中~アイスを買った奥のコーナー。

f0152079_21391016.jpg

イスラム教についての、世界各国の言葉で綴られたパンフ。

f0152079_21400890.jpg

暑い外へ出て。

f0152079_21403451.jpg

さやいんげんのような、青い豆が付いた植物。なんだろうか?

f0152079_21404260.jpg
f0152079_21410639.jpg
f0152079_21411870.jpg
f0152079_21413676.jpg

立ち去る前に、ジュメイラ・モスクのあれこれを。

f0152079_21415716.jpg

隣の建物。遠く霞んでいるけれど、後で行く予定の現時点では

世界一高いBURJ KHARIFA@ブルジュ・ハリファの姿も。

f0152079_21422370.jpg

交差点を渡って、向かいのお店が並んでいる所へ。

日曜のせいか、開いている所が少なく、建物の向こうには

海がある筈なので、行きたくて開いていたお店で尋ねたら、

建物には切れ目がなくて、パブリックビーチに行くには

通りを40分程歩かないと行けないと。。。そうか、

開放されているビーチは少ない・・・そういうことみたいだ。

f0152079_21111300.jpg

7つ星だと言われるバージュ・アル・アラブは入るのさえ無理だし、

パームビーチも行く時間がなさそうだし・・・と思ったからだけど、

即座に諦めて、根性なしの二人は、タクシーを拾ってスパイススークへ。

続きは次のpartで。



# by andegenni | 2017-07-08 00:00 | 2017ギリシャ・ドバイ | Comments(0)