今まで訪れたロケ地10 ウォーカーヒル

数日ぶりの更新。だんだん写真がなくなってきた!笑)

この日は実は31(サム イル)節。宿は江北で鐘路にも近かったので、
朝から江南方面へ・・・何も起こらないだろうけど、一応・・・

いろいろ江南を回った後、チングが千戸駅に降り立ってみたいと・・・
私にとっては単なる駅なのだが、某俳優ペンには大事らしい^^;
で、千戸経由で、せっかくこんな遠くまで来たからには行かなくちゃと・・・


「ホテリア 他」

千戸駅から漢江を越したクァンナル(광나루)駅からもシャトルバスが出ていると
調べてあったので。徒歩だとここから、25分もかかる。最寄り駅からも遠い!

「シェラトン・グランデ・ウォーカーヒル・ソウル」ホテリアの舞台として有名だが
カジノもあり、某サイトの紹介>豊かな緑と雄大な漢江に囲まれた都心のリゾートホテル

ともかくソウルにありながら、足も遠いが、近くに大都市があるとは思えないほど
優雅なリゾート感覚のホテルだ。

f0152079_12514873.jpg
f0152079_1252074.jpg
f0152079_12521321.jpg


正面玄関。青いガラス張りで素敵な車回しだ^^
2枚目の左奥に見える建物の屋上が、「ホテリア」でも始終出てきた屋上のある所か?
下の写真はここへ上がってくる道。漢江沿いの道を随分走って登ってくる。
コッテージ(サファイアヴィラ)やダイアモンドヴィラは疲れ気味だったのでパスした^^;

f0152079_12524054.jpg
f0152079_12525314.jpg


バーシロッコは6時開店。。。時間がまだだったので、案内板だけ^^;
下の階段もしょっちゅう出てきた所だ。

休日でお金が少なくなってきたので、フロントで両替。ジニョンがいた場所か?
宿泊のホテルより、率がよくて感謝!
隣の
「Wソウルウォーカーヒルホテル」は、今話題のニュータイプのホテル。
すぐ隣に並んでいるので、行ってみた。

f0152079_12531646.jpg


ここはすごい!芸能人がお忍びでもよく訪れるとか?ともかくデザイン、空間とも斬新!
ロビーにはビックリした!階段状になっていて、めちゃめちゃフカフカのソファーが
並べてあって、二箇所あるバーからお酒を運んできて、ここで飲める。。。
ここはロビー?それともバー?ビックリ!
一流デザイナーが目的別に設計したんだそうな・・

竹之内豊とチェ・ジウの「ロンド」でも使われたし、「ルル姫」でも出てきた!

f0152079_12534233.jpg
f0152079_12535440.jpg


上のトイレには本当にビックリ!一階のトイレは丸い真っ赤なドア。
中もまぁまぁ広いんだけどドアも丸くて中の空間も丸い。
便座に座ると、目の前に液晶TVが!それがずら~~~っと並んでいる。ビックリ!
あちこちに置いてあるオブジェも変わってるし。。。右端は木の寄せ集めでボールに
見える。一つではなくたくさん、少しずつデザイン違いで並んでいた^^
ここのボールの先の広い窓から、外の景色を撮ってみた。漢江が一望できる。
ウォーカーヒルより手前にあるので、位置は若干低く、漢江が真下に見える。
某サイトの紹介>五感を満足させるスタイリッシュな超高級ホテル!
なるほど・・・一度は泊まってみたい・・・値段は推して知るべし・・・超お高い!爆)
帰りは江辺駅(강변)までシャトルバスで戻った。この駅にはテクノマートも
ロッテマートもあって、クァンナルよりずっと開けている。

もう一箇所「ホテリア」

f0152079_12542299.jpg


別の日だが、「宗廟」(종묘 チョンミョ) また、お目汚しで미안해요^^;
ここはドンヒョクがジニョンとデートした場所。韓国初の世界文化遺産。
他の宮に比べると地味(なにしろ歴代のお墓だから。。。)だけど、ゆったり回れる。
この建物(正殿チョンジョン)は、作りが変わっていて、風通しも考慮して作ってある。
国宝第227号。横に長いのはどんどん増築されたからとか・・・

朝、タクシーでここまで乗りつけた。正門前の公園(宗廟市民公園)はソウル一、
お年寄りの集まる公園らしく、朝から大勢のお年寄りがくつろいでいらした。
9時半から日本語のツアーがあるというので行ったのに、「本日はお休み」の
無情な貼り紙!しかし、日本語のパンフがあったので、勝手に観て回る・・・
途中、ツアーの人達がいて、ガイドさんが説明してたので、ちゃっかり混じったり^^;
奥まで行くと、先日「スキャンダル」で話題にした隣の「昌慶宮」と道路の上を
つなぐ橋があるので、そちらへ渡れる。

今日はここまで~♪
>
f0152079_11381718.gif

# by andegenni | 2007-10-23 17:22 |  2007年以前旅あれこれ | Comments(10)

今まで訪れたロケ地9 水原華城

今日はチャングム、水原つながりで世界文化遺産の

「水原華城」

昨年春、小雪のちらつく中、水原華城へ行った。
仁川に着いてすぐに、水原の観光案内所に電話。
日本語が出来る方に替わって頂き、シティバスツアーの申し込み。
わずか8000ウォンで効率よく回ってくださる。日本人が申し込むと
日本語の出来るガイドさんが付いてくださる。午前の分を申し込んだ。
普通のツアーと違ってこのツアーは水原市がサービスで運行している。
個人で華城を一周するには大体2時間半かかる。午後からの予定も
あったので、このバスツアーを利用させて頂くことにした。

朝、ソウル駅からムグンファに乗る。たった30分程の列車の旅だけど
地下鉄で味気なく行くより、こっちが好き。実際は、乗換えとか考えると、
ホテルから地下鉄で一気に行くのと時間的には変わらないけど・・・
車内販売で飲み物を買って少しだけの旅気分♪

f0152079_1210366.jpg

綺麗な水原駅。上階には、大きなフードコートや、銀行などもあり、
用事をほとんどここで済ませることができる。観光案内所はエスカレーターを
降りて、左側に歩くとある。伝統韓屋作りの建物なのですぐわかる。そこで、
予約していたチケット購入。日本語の出来る綺麗な長い黒髪のお姉さんから。

水原はWカップ競技場もあるし、民俗村やエバーランドへも最寄り駅。
エバーランドは子供が小さければ行ってみたいけど・・・確か、「マイラブパッチ」の
ロケ現場。キム@レウォン&ジェウォンとチャン・ナラが可愛かった♡
韓国のサッカー選手と結婚された安部さんも当時この街に住んでいらっしゃったし、
「復活」のアン秘書は弟さんとこの街で居酒屋さんを経営されているとTVで見た^^

f0152079_1211298.jpg


バスは定刻の10時出発。日本語のパンフと京義道の結構厚いパンフもゲット!
先ほどの綺麗なお姉さんがガイドさんだった。電話もこの方だったのかも^^
小雪がちらつき始める中、バスはスタートしたが、もっと降ると中止になるとか。

ガイドさんは最初に私達日本人5人(他に親娘連れの3人)に説明してから、
韓国の人達に説明してくれた。総勢20数人。子供も5,6人いて、恥ずかしそうに、
「こんにちは!」と日本語で挨拶してくれた^^とっても人なつっこくて可愛かった♡
まずは八達門(パルダルムン・南門ナンムン 国宝)に降りてから
坂(ここが一番きつかった)を登り、華城で一番高い見晴台を目指した。
またまた特別出演。。。お目汚しで미안해요~^^;
「世界文化遺産水原華城」韓国語、漢字、英語で書いてある!笑)

f0152079_121130100.jpg
f0152079_12114473.jpg


八達山の頂上、西将台(ソチャンデ・華城将台ファソンチャンデ)。
華城で一番高い位置にある。この建物の左にさらに高い見張り台(下の写真)があり、
登ったけど、降りる階段が怖かった。とっても眺めがよかったが・・・
この方、寒くてもこの格好で毎日ここに立っていらっしゃるのか?
後で一緒に下の事務所まで降りたけど。。。寒いだろうなぁ・・・
雪が舞っているの見えるかな?

f0152079_1212870.jpg
f0152079_12122021.jpg


孝園鐘閣(ヒョウォンチョンガッ)横の売店で打鐘券を1000ウォンで購入すると
誰でもチケット一枚で3回撞ける。同行の友人から貰った写真(スキャナで取り込んだ
ので画像の悪いのが一部ある。미안해요^^;)に綺麗なガイドさんが・・・笑)

f0152079_12124778.jpg


他の門はバスから見学し、次に降りたのは、華虹門(ファホンムン・北水門プッスムン)
華城唯一の水門で、近くに訪花隋柳亭(パンファスリュジョン・東北角楼トンプッカッル)
小高い丘の上にあるので登ってみて、靴を脱いで中にあがったが、
すごく見晴らしがよくて下に見える龍池がとても綺麗だった。
ここは桜の名所で、夏は柳、酒宴を催したりもした所。「宮S」でも出てきたような?
見直していないが、確か、ヤンスニが地方に移動させられた際、水門のような場所が・・
写真が残っていないのが残念。途中、迷路のような隠し門もあった^^

f0152079_1213815.jpg


先ほどの八達山から見下ろしたら、韓屋の集中している場所が見えた。次に行った
のは、その場所。「チャングム」の主要な場面や医院の全てを撮影した場所らしい。
部屋が当時の再現風になっていたり、「茶母」で見たような、雇われ人の部屋
(小さいの~!ビックリ!)もあった。

f0152079_12133964.jpg
f0152079_12135255.jpg


この二つの部屋は続き部屋。上で左に見える方に下の写真の二人が挨拶している。
あちこちで、これはどの場面とかの説明も受けながら回った。

f0152079_12141582.jpg


次に弓の実射が出来る場所に行った。錬武台(国弓の弓矢体験観光)。
別料金で確か1000ウォンで5本?腰にベルトのようなものを巻き、
係りの方とガイドさんに、説明を受ける。ちびっ子達も参加。
私達のツアー以外にも参加している人がいて結構混んでいた。
やってみたが、引き絞るのがきつく、放すタイミングが難しい。
何度かでコツが掴めて?結構遠くまで飛んだ。最後に、自分で放った矢は取って
くるよう言われて、う~~んと遠くまで律儀に取りに行った私。振り返ったら
誰もいなかった!爆)適当に手近で本数を拾えばよかったのね・・・爆)

最後にKBS水原スタジオ見学。古い町並みが作ってあって、漢字の看板が多かった。。。
当時は「ソウル1945」の撮影中ということで納得♪チングはナミソムに行きたがってて、
行っていればきっともっと雪景色だったかなぁと思うけど、水原もよかった!
私はナミソムでもいいけど?と言ったのだが、2度同じ場所では。。。とこちらに・・・

KBS玄関前で、バスを降ろしてもらい、タクシーで名物水原カルビのお店に行った。
一緒に二家族降りたけど、みんな行き先は同じカボジョンカルビ(笑)!(前にも書いた)
ランチ、16000ウォンで、味付けカルビ(牛)と、10種類を超える豪華な副菜は驚き!

なんだか、ロケ地というより、水原シティバスツアーガイドになってしまった・・・笑)
多々、お目汚し、미안합니다。まさか、写真公開するとは思っていなかったので。
今日はここまで~♪
>
f0152079_11381718.gif

# by andegenni | 2007-10-20 15:01 |  2007年以前旅あれこれ | Comments(4)

今まで訪れたロケ地8 民俗村続き

サムルノリの音に誘われて向かった公演場所では・・・

f0152079_11423224.jpg
f0152079_11424723.jpg


農楽からスタート。頭を振って長い布を地面に着かない様に回すのって、
頭痛持ちの私にはとっても無理だぁ・・・と変な部分に感心・・・^^;

f0152079_11431448.jpg


次は板飛び。だんだんに高くなっていってアクロバットのよう!すごい^^
観光客用に近くに小さい板飛び用の板があって公演の合間にチャレンジしてみた。
ちっとも高く飛べない。というか板からなかなか飛び上がれないーーーーー
Aちゃんに見せてあげたい(写真は失礼だから撮らなかった)ほど「初恋」の
ヒョギョンアボジにそっくりの男の方(中年のカップルでアウトドア派みたい^^)が
一生懸命教えてくださった(反対側に乗って)が、私はタイミングがつかめず、
敢え無く退散^^;;;娘は少し出来たが、なかなか難しい・・・・

f0152079_11433940.jpg
f0152079_114352100.jpg


次は綱渡り。おじいさんなんだけど、王の男みたいに口上を述べて、渡る^^
ただ渡るのは朝飯前で、横座り連続や、膝で渡ったり、バックしたり、すごかった!!!
「王の男」でクァンテ@カム・ウソンと少しだけコンギル@イ・ジュンギもやってたけど、
それよりはるかに淡々と・・・でも技はすごい!クァンテ役にはチャンヒョクが決定してた
けど、事情があって(>_<)降板。彼は器械体操出身だったから、この演技する所を
見たかったなぁ・・・ただ、コンギルと並べると、二人とも綺麗で、ペンが二分しただろう。
ソウル劇場で、昨年春に見たが、前年の12月からまだやっていて、平日の朝1番、
ハルモ二、ハラボジ達に混じって鑑賞。韓国では珍しいロングランでお年寄りまで
劇場に足を運ばせたなんてすごい作品だったと思う・・・でも、ヒョクで보고 싶었어요・・・

f0152079_11441464.jpg


次は馬上演技。ここまでの公演会場は全て横並びなので安心。
後ろ向きに座ったり、立ったり、馬と一緒に走ったり、足をかけて上体を
下にしたり。この後、上の人、バランス崩して落馬。
高いのに、大丈夫だったみたいで、再度・・
後ですれ違った時、思わず、「괜찮아요?」と聞いてしまった^^;

f0152079_11443987.jpg
f0152079_11445164.jpg


最後は両班の屋敷での伝統結婚式。ここだけ少し離れているがみんなが移動。
最近観た「ハローお嬢さん」でも宗家の宗孫という設定で、ファアンダンという自分の
家で結婚式をやっていたなぁ・・・イ・ダヘとイ・ジフンが弾けてて可愛かった^^
終わると、外で待ってる輿に乗って行列。
スキャンダルみたいだぁ!・・・いえいえ、結婚式・・・でした^^;;;

この家、両班の屋敷ということだが、後で、「ファンジニ」で亡骸を運ぶ大八車が
動かなくなったのはこの前では・・・と思った。この民俗村で撮影されたのは
間違いないが余りにたくさんお屋敷があって・・・でも多分ここでは?
思わず、泣いてしまった悲しいシーンだったから、はっきりと覚えてはいないが。

f0152079_11451193.jpg


伝統結婚式の屋敷へ向かう前、女の子達が「オンマー!オンマー!」と馬上で
叫んでいた!爆)怖い時に「オンマー」と叫ぶのをしっかり聞いてしまった^^
誰でも乗れそうだと売店で聞いてみたら、入場料とは別に5000ウォンで乗れる。
結婚式後、終了時間間際で慌てて戻る。最初は綱を引いてくれるが、途中から
放されて、トロット(早足)に・・・娘も「オンマーーー!!!」と叫んでいた!爆)
普段から娘はオンマと呼んではいるのだが・・・^^;私は、昔、若い頃、八ヶ岳の
麓の牧場に3日間合宿に行って、乗馬を教わった。が、しかし、その後乗る機会は
一度もなかった^^;丁度、娘の歳の頃だ^^
怖かったようだがとっても面白かったそうだ♡

f0152079_11453280.jpg


お役所。ここは本当によく出てくる。史劇では欠かせない場所だから^^;
捕盗庁(ポドチョン当時の警察)として登場するのを何回もいろんなドラマで見た。

f0152079_11455494.jpg
f0152079_1146835.jpg


門に虎や龍の文字。これもいろんなドラマで見る。北部屋敷、南部屋敷、一般庶民・・・と
あらゆる形の家が、ここにはある。下の貴族の家の庭もどこぞのドラマで見たぞ!笑)

f0152079_11545160.jpg


南部屋敷。イ・ヨンエの立て看板と。娘、163cm。等身大だとしたらやはり大きい^^

ここには、いろいろな工房がある。あちこち覗いてみるのも楽しかった。
才能のある作家達の作品も、入り口近くのカボチャの置いてあるお店で売っている。
韓服を着ての記念撮影も出来る。留守番の父息子の革細工の干支のストラップ
(作家の作品でここでしか売っていないと言われて)を買った。とっても可愛い♡
韓国でよく売られているアメジストの携帯ストラップも可愛い形のものが
たくさんあったので、娘といくつかお土産に買った^^

f0152079_11551151.jpg


門を出る前に最後の一枚。紅葉も楽しめたし、何と言っても娘が楽しそうだったのが
よかったと思う。11月は帰りのシャトルバスの最終が早い。閉園間近までいたので
すでになく、一般のバスで水原駅まで帰ることに・・・
遊び疲れてバスで爆睡・・・・が、二度ほど、身体が席からずり落ちて目が覚める。
急ブレーキだか急発進だかわからないが、ソウルに限らず、やはり、車の運転は
荒い国だなあ・・・と実感!爆)

今日はここまで・・・・
>
f0152079_11381718.gif

# by andegenni | 2007-10-19 13:54 |  2007年以前旅あれこれ | Comments(6)

今まで訪れたロケ地8 韓国民俗村

前の記事からいつものことだけど、どんどん話が脱線している(爆)
改めて軌道修正・・・
昨年秋、紅葉を観に「スキャンダル」のロケ地でもある韓国民俗村を訪ねた。


「韓国民俗村」

ソウル駅から水原まで地下鉄でも1時間くらいで、
ソウル郊外だから通勤圏なのだが、せっかくだからムグンファに乗って
娘に旅気分を味あわせようと^^;ムグンファなら30分くらい。
あっと言う間に到着!爆)駅前の観光案内所で「韓国民俗村」の入場券を
買うと、無料のシャトルバスに乗れる。ついでに日本語の観光資料もゲット^^

f0152079_11315191.jpg


やってきました!民俗村!シャトルバスは何本か出ているが、午後にして、
まずはタクシーで前にも行った가보정 갈비 (カボジョンカルビ)でお昼ごはん。
水原に行ったら、欠かせないお店。(開店直後頃に到着)副菜の数の多さには
毎回感激!副菜で、辛いケジャンまで出てきて、さすがに激辛で娘は降参してたけど・・・
ランチだと安いので、めっちゃお勧め^^日本語は通じないが、「ランチ」で通じる^^

水原駅から民俗村は約30分くらいで到着♪さて紅葉はいかに?

f0152079_11321878.jpg


入るや否や、でっかいかぼちゃのお出迎え・・・>出迎えてたわけではないが^^;
適当に回った経路であげてみる。各国の館とかもあったが、ここらしい物だけ。

f0152079_11324642.jpg
f0152079_11325830.jpg


多分、上の写真は裏手になる。この映像館に娘は入りたがったが、
公演の時間まであまりないので、パスした。面白かったが、先ほどの世界中の館は
パスしてここに入ればよかった(T_T)
「史劇」と言えばここというくらいいろんな作品が撮影されている。

f0152079_11332676.jpg


映像館近くの鳥小屋。紅葉があんまり綺麗で・・・

f0152079_1134058.jpg


春香になったつもりで大ブランコ。乗るところが高くて、斜めで、怖かったらしい^^;

f0152079_11342666.jpg
f0152079_11343842.jpg


後ろの池が「スキャンダル」で使われた池。船に乗っているのは、もちろん人形!笑)

f0152079_11351092.jpg


池と池の間が、飛び石で向こう岸へ渡れるようになっている。
どこやらのドラマで見たような・・・

f0152079_11354664.jpg
f0152079_11355974.jpg
f0152079_11361139.jpg


あちこちに屋敷がある。ここの壷はすごい・・・チャングムでもたくさん出てきたが、
昔はこうしていろんな発酵食品を壷に入れて庭で保存したんだろうなぁ・・・

f0152079_11364178.jpg
f0152079_11365944.jpg


ここも紅葉が綺麗♪左後ろに見える看板は、「王の男撮影場所」
村の広場で、飛び入りしたシーンかな?あちこちにロケ地の看板が立っている。

f0152079_11372397.jpg


正面入り口から見て、池の右側部分をざっと・・・で、一番奥の辺りに、市場が。
食事や買物ができる場所で、伝統的なお面屋さんみっけ♪「王の男」だ~♪
お腹がいっぱいだったので何も食べなかったが、空いていたら食べたかった!

f0152079_11374656.jpg


チャングム幼少時の撮影場所。池の左側に来た。そろそろ公演開始。
公演場はもうすぐだが、サムルノリの音で、場所はすぐわかる。

長くなったので、続きは次回に・・・
>
f0152079_11381718.gif

# by andegenni | 2007-10-18 16:29 |  2007年以前旅あれこれ | Comments(4)

今まで訪れたロケ地7 南山コル韓屋マウル他

「南山コル韓屋マウル」
「スキャンダル」


ヨイドの桜の前日に実はここでも桜を見た。
その日の目的は忠武路の大韓劇場で、映画を観ることと、近くの
有名なお店でデジカルビを食べることだったのだが、特に観たい映画が
決まらず、宿で、その時点で人気の映画を聞いてチケット購入。
が、上映時間まで、1時間ほど待ち時間があった。それで、近くの
「南山コル韓屋村」へ行ってみることにした。

f0152079_1174638.jpg
f0152079_118433.jpg
f0152079_1182046.jpg


道はこっちだろうな・・・と適当に歩いて、途中、高校生に尋ねたら、
すぐそこが入り口へ通じる曲がり角だった。入り口の手前左側には
伝統芸能や韓食で有名な「コリアハウス」の入り口があった^^
入り口を入ると、それは見事な「チンダルレ(진달래꽃)」
ツツジの一種だが、韓国では、この儚い感じのツツジが最も多く見られる。

f0152079_119227.jpg
f0152079_1191762.jpg
f0152079_1193382.jpg


あちこち、「スキャンダル」のあのシーンの場所はどこだろう?と探してみたが、
見つけられない。仕方なくて、事務所?のアジョッシに尋ねたら、そこまで
連れていってくださった。そのホンの少し手前の伝統結婚式?らしき場所までは
行ったのだが、更にその奥の奥。後で、探してるらしき日本人の方にお会いして
場所を教えて差し上げた^^;チョン・ドヨンが赤いスカーフを落としてくずおれた
門の横には コブシの花が満開だった。

f0152079_21205094.jpg

伝統的な遊びの数々も・・・壷に投げ入れるだけだが、これがなかなか・・・・
f0152079_11133710.jpg
f0152079_11135834.jpg
f0152079_11141186.jpg


韓屋の中庭と東屋。この池は南山の方から川として流れてきてここに辿り着く。
忠武路の駅からも近いし、南山へ行くには、ケーブルカーだけでなく、忠武路駅
から、南山巡回バスに乗っても行けるから、ちょっと立ち寄って見るといい場所だ^^

f0152079_1114534.jpg
f0152079_1115617.jpg


ここで一番早く咲いていた桜。下は多分、15番の東屋。ソウルタワーが霞んでいる。
これは後で(後で~~?爆)わかったのだが、曇っているのではなく、黄砂のせい。
この日は、注意報が出るほどの黄砂だったらしい・・・マスクもせず、気にも
しなかった私達母娘って・・・爆)

More
# by andegenni | 2007-10-17 22:58 |  2007年以前旅あれこれ | Comments(11)