今まで訪れたロケ地1 ミサ・バリ

ふらりと回った所が多いので、系統だってはいないけど、
写真の整理を兼ねて、これまで訪れた場所をアップしておこうと思う。
写真が残っている場所中心に。このブログ、容量が多くてとっても便利^^

一番、行きたかった「미안하다 사랑한다」のロケ地は、
たくさん回ったのに、最後にデジカメを失くすという不運があって
ほとんど残っていない。再訪した場所だけあげてみる。
ブログに載せること、当時は全く考えていなかったので
人物入りが多くて、人物なしの写真があまりないのが残念・・・
まるっきりの順不同で、ドラマ別に分けてみる。


「미안하다 사랑한다」
f0152079_21422055.jpg

f0152079_2143562.jpg


カルチの家の外から。可愛いワンちゃんだけがお出迎え?笑)
一度目は入れて頂き、たくさんの写真を撮ったが、この時はお留守だった。
雪の華が舞う中、二人がずっと座っていた縁側に座って写真も撮ったが、
デジカメ紛失で(T_T)外階段に座って、ムヒョクを待つウンチェを再現!笑)
太めのウンチェで미안해요~~~爆)

f0152079_2144571.jpg


ユンの家。夜になってしまって暗い。ここも2回目。前は明るくてバッチリだったが(T_T)
この家は2002年に「明朗少女成功記」でハン・ギテの家として重要な役割を・・・
他にも使われている様子。現在は会社所有のようで、中が展示会に使われていた。

他に、ムヒョクとウンチェが座り込んで飲んだ漢江公園に出られるトンネル、
カルチと母が김밥を売っていた여의도역の出口。この出口はバリでの通勤でも。
ウンチェが사랑해~と叫んだ駅の階段、ムヒョクがウンチェをすっぽりと
コートで包んだ交差点など、デジカメには貴重な写真が・・・(T_T)
心に残っているとはいえ、デジカメ失くしたのは痛い・・・

Jisubつながりで
「バリでの出来事」

f0152079_21573816.jpg


イヌクとスジョンの家。一度目は家主さんに頼んで入れて頂いたが、
2度目(昨年)からは、入場料5000ウォン。
一度目は奥に見える小さい畑で作業中だった。
勝手に人のうちに入るのは失礼だったから、敷地内に入れて頂いたということを謝り、
日本から持参のおみやげをお渡ししたら、了解してくださった。
2度目は入場料をお渡ししたら、ものすごくサービス精神いっぱいで、
ドアの前に立て・・・とか、景色をバックに立てとか、いろいろポーズをつけて
自ら、私のデジカメで写真を撮ってくださった。丁度、撮影のあったばかりの
↓で書いた「恋するハイエナ」のユン・ダフンのサイン入り写真(かなり大きい)を
パウチしたものをくださった。娘の分と2枚!え、誰?状態だったが、このドラマ、
見てみたら、面白かった!ケーブルTV開局記念ドラマで、3大局では扱えない内容!爆)

ハイエナを見る前に、「守護天使」をGyaOで観た。そこでこの彼と、キム・ミンジョンが
共演してた。でもユン・ダフンは自分の欲を追求する悪役で悪い印象しか残らなかったが、
ハイエナでは彼の演技が、それぞれの苦しい状況でともすれば暗くなりがちなドラマを
笑いで救ってくれていた。さすが、コメディやらせたら天下一品の評判通り^^

f0152079_2214636.jpg


この家から見た景色。この辺りでは一番高い場所にある。
タルトンネ>日本語なら「月の町」かな?日本なら富裕層が好む高い場所。
韓国では山の天辺まで、細い道、小さな家がたくさん密集している。
貧しい層が、エッチラオッチラ登らなくてはならない。月に近い町。
バス停からも遠い。最近、こうしたタルトンネが再開発でどんどん
立ち退きにされている。この家のすぐ下もカルチの家の近辺も
どんどん壊されていた。山の下には新しい高層マンション。。。

この家、イヌクの家としてインプットされたが、最近のドラマでは
「恋するハイエナ」でも貧しさの象徴として、「恋人」では、
カンジェ@イ・ソジンが会社員となり、地域のアジュンマ達と、キムチを漬け、
口いっぱい押し込まれているシーンでも出てきた^^;
事情がわかって撮影地としてお貸しする方々の心境を思うと複雑・・・

f0152079_237661.jpg


何度も出てきたこの家の入り口。遅いので様子を見に来た운전기사님。
彼には、奉天駅からタクシーでここへ、待っていてもらってカルチの家へ
連れて行って頂いた。両方とも、彼は場所をご存じなく、二度目の私が
説明して・・・일본말 잘하시네요~(爆)
右後ろに見える塀の後ろは階段で、その陰で、イヌクとスジョンの♡シーンを
目撃したジェミンが声を殺して泣いたところ・・・
で、とても不思議なのだが、この門扉、1回目に来た時は色が違った・・・
撮影に使われた白い門扉はその階段を下った場所に放置されてたのに。
公開することになって、白に戻した?笑)
f0152079_21433168.jpg
f0152079_2144643.jpg


イヌクが学生時代にヨンジュと訪れたお店。弘大入口駅から徒歩10分くらい。
学生街のこのお店。ここの海鮮チヂミが絶品で、娘と再訪。また行きたい^^;
最初に行った時は、Jisub関連の方々と一緒だったので、バリでの出来事の
OSTをBGMでかけてくださった。2度目に行った時は、お客さんがほとんど
いない時間帯だった(B BOYに恋するバレリーナの舞台がはねてから行った)
のか?ママさんは「ファンジニ」鑑賞中!笑)私もかかさず見てたので嬉しかった^^;
ちなみにその日のファンジニは出かけていたので、ホテルで録画して貰った^^;

f0152079_21444824.jpg


ソウル駅から撮ったジェミンパパの財閥のビルという設定のSEOUL CITY TOWER。
ビルのロゴの上がジェミンの部屋。
窓枠に足を乗せるシーンが印象的だが、下にロゴの部分が見える。
遠景だけではなく、最初に行った時は実際にロビーに入れて頂いた^^

f0152079_21453845.jpg


同じくジェミンパパ所有という設定のビル。実際は江辺駅のテクノマート。
ここの携帯電話売り場が撮影地だがそのお店の数の多さには圧倒された!
ここはホールから見上げた売り場。エスカレーターが面白い。

ヨンジュが酔っ払ったり、イヌクがジェミン兄と缶詰になっていた江南の
リッツカールトンへも行った。ここは美しき日々で、ハートの花の上で、
ミンチョルがプロポーズする場面や、天国の階段でも出てくる。
その近くにユンの家も、コートで包んだ交差点もある。
やはり、失ったデジカメと共に写真も無くなった(T_T)

他にスジョンが職探しで座ったヨイド公園のベンチがあるが、
その公園は別のドラマで・・・今日はここまで^^

# by andegenni | 2007-10-09 23:10 |  2007年以前旅あれこれ | Comments(2)

愛しの汗蒸幕が閉店(T_T)

最初の日記で書いた汗蒸幕が10月いっぱいで閉店・・・(T_T)

しばらくそこのページを覗いていなくて、今回も予約♡と思ったら、

10月いっぱいだなんて・・・日本人に初めて紹介されて、

女性専用で、日本からの有名人のサインも山のようにあったお店。

理由は、江南の再開発・・・そう言われれば、駅の反対側は

いかにもお金持ちの街らしく大きな道路で綺麗なお店もいっぱい♪

この汗蒸幕の辺りは、道も狭いし、飲み屋がゴチャゴチャあって、

旧市街と言った感じだったから。区画整理で立ち退きだって・・・

毎回、ソウル到着の夜に、東大門市場とか、ホテルで拾って貰い、

深夜ホテルまで送って貰っていた。ソウルへ帰って来た~!と

思わせてくれる、親切で手抜きのないサービス・・・

若干お高めだけど、サービスを考えたら納得のお値段だし。

車で送迎のアジョッシも垢すりマッサージのアジュンマも顔馴染みになって

「또 만나요~♪」と別れたのに・・・垢すりのアジュンマは再会して涙ぐんでたし・・・

社長さんもフロントの元気いっぱいの女性も、日本語がとてもお上手で、

いつも笑顔だし、顔を覚えて頂いて、何かとお世話になった。

夜中に娘は韓服を着せて頂いたこともある・・・・

f0152079_2134331.jpg


あ~、ソウルにある実家のように思ってたのに残念・・・

もうソウルでは営業しないそう・・・社長の息子さんがアメリカ在住で

再来年の1月にハワイで再出発(オープン)するんだそうな・・・

技術が必要なアジュンマ達だから、ソウルから離れられない人は除いて

他は全員ハワイへ行くんだって。。。そこには行きたいけど、ハワイはなぁ。。。

More
# by andegenni | 2007-10-08 18:16 | 韓国四方山話 | Comments(0)

KRパス、あまり知られてないのかな?

前の日記は転載なのでこれが初日記♪

증도に行くには木浦駅までKTXに乗るのだけれど、前にも書いたように

駅からもとても遠い・・・で、バスは1時間に1本で8時40分に木浦に

着くのに、乗れるフェリーは12時発。そこで考えた!地図で見ると・・・

湖南線(호남선)の木浦より手前の駅まで行くことはできないか?

智島バスターミナルはそっちの方が距離的に近いから・・・

候補駅は務安駅か咸平駅・・・で、韓国の鉄道の時刻表を調べていたら

韓国鉄道のHPに辿りついた・・・日本語表示にして、あれこれ見ていたら・・・

外国人鉄道旅行という項目があった!

ヨーロッパにユーレイルパスがあるように、日本にも新幹線にも乗れる

外国人専用のパスがある。ドイツ在住の義姉はよくそれで新幹線に乗っている。

ならば、韓国にも?そう言えば、前にネットチングのMさんが乗り降り自由な

チケット持ってるから、鉄道はそれでOKみたいなこと言ってたような・・・

あった!3日、5日、7日券!10日券も^^

More
# by andegenni | 2007-10-07 16:10 | 韓国旅行 | Comments(7)

急に決めた韓国旅行!プルン島に行ける♪

f0152079_1244847.jpg


上の写真は、案内してくださる予定の方が撮られた島♪



初めてこのブログに書いてみる。

下の文章は数日前に書いた日記の転載^^;

うまく載せられるかなぁ~?



初訪韓は一昨年の1月。なんと寒い時期に・・・だったけど、

ロッテの懸賞のB賞で蚕室ロッテに泊まってきた。

行き先はナミソム・春川。当時はまだ冬ソナの影響下だったから・・・



で、以後何回も訪韓を繰り返しているが、3回目から格安航空券とホテルを

予約して、自力旅行。

1回目の訪韓から一貫してることが二つ。

1.ツアーは使わない。自力で回ること。初めての韓国でいきなりムグンファに   

 乗ったのって、かなり度胸あり?爆)
 
 (片言でも韓国語使わなければならないから、現地の方と触れ合える。)

2.毎回、お気に入りの汗蒸幕へ・・・ソウルへ帰った気分になれる♪



で、最近は娘と気ままに母娘旅をしているのだけれど・・・二人分で痛いけど^^;

改めて、親子の絆というか、普段は口喧嘩もするのに、旅先では二人共

満喫and感動ですごく仲良くいられるのも大きな収穫^^

水原の民俗村で初の乗馬をしたり、1日中、テクテク歩いてヨイドを回ったり、

山の上まで登ってイヌクの家を訪ねたり。。。わがままな娘がよくなつく!爆)

「B Boyに恋するバレリーナ」では一番前の席で迫力満点だったし、娘は

ソウルだけでなく、郊外も一緒に楽しんでくれるからいい相棒だ!笑)



で、一昨日、次回の航空券とホテル代を振り込んできた。

それも、「また行きたいね~♪」の娘の言葉と、たまたま見たブログのおかげ。



今年の春、MBCで「고맙습니다」をリアル視聴した。いろいろ見てた映画では

全く嵌らなかったチャン・ヒョクなのに「明朗少女成功記」で、え、可愛い~^^で

彼を見直し、以後、「大望」も見て、除隊後初のこのドラマの放送を待った。

韓国のバラエティ番組のロケ地探訪も見て、プルン島に行きたいねぇと

娘と話したこともあったが、なにせ全羅南道のしかも不便な島・・・

夏の香りのポソンの茶畑も、釜山さえも行ったことがなく、次はイチョン辺りに

行こうかな~?と漠然と思っていたのだが・・・

たまたま久しぶりに覗いたブログに、プルン島(증도)の旅行記が載っていた。

前に、コマビゲルに日帰り強行レポが載っていたが、ハングルも片言の私では

無理だろうなぁ・・・と指を咥えて見送った。でも今回のレポは日本人。しかも

一人旅。国内線で木浦まで飛んで島に一泊の体験記だけど、KTX使えば

前に見た韓国人の女の子のように日帰り可能?俄然行く気になってきた・・・



で、まずホテル予約。格安航空券予約。11月の3連休初日ということもあって

ホテルはダブルが1室のみ、航空券はあと2席だった。両方とも最後の椅子を

ゲットした形^^;思い立ったのが、日曜で、火曜には入金済みという早業!爆)



木浦駅は全羅南道(韓国本土の最南端)で竜山からKTXで行くが、更に・・・

島は、木浦駅から→市外バスターミナルまでタクシーで移動→智島ターミナルまで

バスで移動(1時間20分)→船着場までバスで移動(10分)→ようやく

フェリー乗船(ただしたったの15分)→ようやくプルン島(증도)へ到着と・・・

行き方がわからないと無理無理・・・しかも、島にはタクシーが2台のみ。

軽く考えてたらとんでもなくて、船着場からポミの家は20キロあるそうな・・・

更に、ポミの家と小学校(廃校)は花島にあって、花道という干潮時に

ヨンシンが蛸を取ってた、車1台がようやく通れる道を行く。満潮時には

通れなくなる道・・・ヒョギが何度も時間がなくなって走って転んだというのは

この道のことだったのね・・・満潮時は通行不可だなんて。。。

で、11月末、花道の満潮は14時・・・ソウルを朝5時20分にKTXで発って、

乗り継ぎで時間取られてようやく증도に着くのが12時15分・・・

ここから20キロ離れた花道は着々海面下へ・・・・(T_T)

おそらく滞在時間中では渡れないだろうって・・・・そんな非情な!!!

今、10時半のフェリーに木浦からタクシーでかけつけて乗ろうか?

帰りのフェリー時間を遅らせようか?しかもその日のうちにソウルへ

無理やり帰ろうと計画中だけど、現地の方は1泊を勧めてくれてる。。。

夏前に行った人は花島へ渡れたのに季節で違うのね・・・(T_T)



行った方からDAUMのCAFEを教えて頂き、DAUM会員登録済みだったので

難なくそのCAFEに登録でき、オーナーさんに連絡。日本人が直接連絡して

きたことに、大いに驚かれ感激してくださって、ガイドしてくださることになった。

一晩泊まって親交を深めようと言ってくださってるので時間があればそうしたいが

何しろ、深夜到着の便で、朝帰りの便・・・それが格安の痛い所で・・・

午後発にしたら、倍以上、午前発ならもっと高額だと。。。3連休で取れただけ

ありがたいのだけれど、中二日しか時間がない。泊まれば、翌日ソウルに

帰れるのは早くて午後・・・買い物も、汗蒸幕も行きたいのに、時間が。。。

海が荒れて、帰れないことも考えて、二日のうち、早い方を勧められたので

万が一の場合は泊まるけど^^;高級リゾートもあるが高そう。。。やはり

民宿だよね^^;;;どうなるか?行き当たりバッタリの旅になりそう・・・

でも、気持ちはすでに多島海国立公園へ~~~~*^0^*

# by andegenni | 2007-10-07 12:50 |  2007.11 プルン島 | Comments(4)