娘の結婚式

昨日は娘の結婚式でした。

主人の49日と納骨を2日前に済ませて、遺影だけでしたが

主人も一緒に参加しました。

バージンロードは、主人の弟と歩いた娘。

小さい頃から主人と歩くのが夢だった娘なので、

歩きながら涙していたのが、可哀想でした。

娘の結婚式では、「美味しいもの」を供したいという

主人の意向で、賛同した若い2人と選んだ場所は

東京ミッドタウン ガーデンテラスにある

フレンチレストラン 「六本木テラス フィリップ・ミル」。

フランスの有名なシェフであるフィリップ・ミルの監修の下、

作られるフレンチで、仏国外初出店で今年の春オープンしました。

打ち合わせ後に、ナイナイのゴチで使われて放送され、

お料理決定の味見の際、その時と同じものも出して頂きました。

2人は、主人の意向、「美味しいもの」を汲み、予算よりかなり

高くなりましたが、ゴチの品で、特別なコース料理を組んで頂きました。

レストランウェディング自体が、ここで初めてのことでしたが、

親会社での他店では行っていたので、そのノウハウを生かし、

バージンロードを最初に歩いたのは、結婚の立会人2人と新郎。

次に参列者の中から、1歳8ヶ月〜5歳の子供達4人によって

指輪、誓約書、ペンなどが牧師さんまで届けられました。

最後に叔父と共に娘が歩き、新郎に声かけして、託されました。

オルガン奏者と、聖歌を歌う方もいらして、式の始まりと終わりには

みんなで聖歌を歌いました。

手づくり出来る部分は自分達でと、招待状や席次表の印刷、

参列者個々へのメッセージを書いたりもしていました。

f0152079_13263311.jpeg

ウェディングケーキ🍰
f0152079_13271648.jpeg

私達のテーブルです。運転する私には最初からノンアルコールの

シャンペンでしたが、薔薇の香りがして、めちゃくちゃ美味しかった!

左の席は遺影だけの参席となりましたが、主人の席。

食通の主人はさぞ食べたかったでしょう‥

f0152079_14111269.jpeg

f0152079_14115430.jpeg

f0152079_14123304.jpeg

f0152079_14130318.jpeg

f0152079_14134390.jpeg

f0152079_14141805.jpeg

f0152079_14144799.jpeg

ゴチで出てきた数々のお料理です。テレビを見ていた娘が

偶然この番組を見て、録画して!と連絡してきて、値段もわかるけれど、

中には単品で7000円以上のものもあり、コースの値段を訊いても

内緒!だそうです。父への供養もあって、奮発したのかも?

食後には、義弟の3人息子の演奏会。バンドを組んでボーカルを

担当している長男(社会人になっても継続)と、同居の大学生の

末息子がギターで、四国から来てくれた次男も歌で参加でした。

元々、今日が交際5年の記念日。その日に入籍する為の前日の挙式でした。

さっき、入籍を済ませて報告に来てくれ、主人にもお線香をあげて

報告していました。49日、結婚式と2つの行事を終えて、

いよいよ、自宅の売却、引越しに備えての膨大な準備に突入します。

家具類、電化製品類、照明類、カーテン類に始まり、

鍵を貰った後は、網戸取り付け、フロアコーティング、カーテンレールと

カーテン取り付け、照明取り付け、エアコン取り付けなどの工事に加え、

マンションでは必要なかったアンテナ工事、電話とネットの工事も。

家の片付けも1人なので、少しずつやらなければならないし。

まだまだ忙しい日々が続きそうです。

# by andegenni | 2017-11-20 14:42 | 四方山話 | Comments(0)

キム・ジュヒョク(T_T)

キム・ジュヒョクが交通事故で死亡という記事を読んで@@

『1泊2日』での天然ぶりが、外見とは不釣り合いで、それがまた

彼の魅力でもあったグッテン兄貴・・・

どうも、運転中に胸を押さえていたというぶつかられた車の運転手の

目撃情報もあり、その後の急発進>近くのマンションの壁に激突という

経緯から、心筋梗塞の疑いもあって、司法解剖されるとか・・・

つい最近、『トンネル』を観終わったばかりで、その中で犯罪学の

教授だったクールな彼女イ・ユヨンが17歳も歳の離れた彼女だったようで、

ようやく、グッテン兄貴も結婚か!?という話だったのに(T_T)

f0152079_22540362.jpg


ジュヒョクは45歳だったそうで、うちの夫よりずっと年下で、しかも

まだ未婚・・・そう思うと、心臓って怖いなぁと再認識した。

保険会社の所定の診断書を担当医に書いてもらったら、持病アリ

それが心房細動だったようで、5%の患者が血栓で脳梗塞を起こすと。

そんな病気だとはまるで知らず、毎日1~2万歩を歩き、ゴルフの素振りも

欠かさず、休みには打ちっぱなしに出かけ、月に1,2度はゴルフへ。

5%が脳梗塞を起こしても、それですぐに死んでしまう確率はもっと

低いわけで、主人にしろ、キム・ジュヒョクにしろ、残念な結果に。。。

戸籍の役所、地元の区役所からスタートし、法務局関連と携帯会社の

事後処理は終わったけれど、明日は年金事務所へ。家の契約もまだ

仮契約だから、本契約まで頑張らねば。。。

49日の納骨と娘の結婚式を2日違いですることになり、そちらが

終わったら、今度は銀行まわりと、マンションを売る相談も開始だから

ずっと忙しい日々が続きそうだ。予定では、今頃、金海空港経由で

大邱に着いて、明日から、紅葉で有名なお寺巡りだった。

1週間、あちこち回る予定で細かく計画ができていたけれど、

全てキャンセル。しばらくは旅など夢の夢かな・・・

まだまだ忙しいけれど、それでも夜はドラマ鑑賞が

出来るようになったから、それを楽しみに、パイティン>自分


# by andegenni | 2017-10-31 23:06 | 韓国俳優 | Comments(0)

この2週間の出来事

最近、ブログを開くことすらままならない怒涛の日々・・・

実は、2週前の月曜の朝、主人が職場で倒れて救急搬送・・・

心臓からの血栓が脳に飛び、カテーテルでの除去手術は成功したものの、

夜に脳内出血を起こして、10日後の木曜夜に、一度も意識が戻ることなく

旅だってしまいました。

土曜のお通夜、日曜の葬儀も終わり、家にある祭壇にお線香をあげた後、

ようやくブログを開いたところです。

倒れた朝は、娘の家の仮契約の日で、終わっていれば1割と諸経費分は

戻って来ない所だったけれど、それはなんとかキャンセルでき、

主人を迎え入れるのは、私だけでは物理的にも心身ともに無理だと

判断した娘と将来の婿が同居してくれることになり、たった48時間で

新築の3階建て物件を購入することに決定。現在も交渉中です。

主人は遺影のみの同居となりましたが、残された家族と、新たに

生まれる孫と共に生きていくことになりそうです。

介護が必要な家族がいるので、今までの旅行時は、主人と娘が

看てくれていましたが、それももう出来なくなりました。

落ち着いたら、最後の旅日記の続きと、日本にいながらにして

調べたロケ地などをアップしたいと思います。

取り急ぎ、ご報告だけのアップです。

PS

コメント欄だけではなく、LINEや電話で繋がっている方からも

たくさんの励ましを頂きました。ありがとうございました。

明日は、新しい家の契約日です。今の家には愛着がありますが

来年初めにはお別れで、暇を見つけて、引っ越し準備もしなければ。

本籍地のお役所とのやりとり、地元の区役所、法務局、年金事務所等と

公的な手続き、49日の用意等も山積していて、何かと忙しくしています。

朝晩、お線香をあげながら、突然だったので、キツネにつままれた感じで

過ごしています。落ち着いたらしみじみ実感する日が来るかと。。。

落ち着いたら、またアップすると思いますので、その時はよろしく

お願いいたします。途中経過のご報告です。 10月14日土曜日



# by andegenni | 2017-10-02 12:00 | 四方山話 | Comments(16)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part19 薯童謡テーマパーク4

娘の結婚だけじゃなく、オメデタまで加わり、うちのマンションの

空き部屋が出たと同時に契約・・・中古マンション市場って

すごいなぁ・・・なんと、最初の販売価格の1.5倍だった!

リフォームも自分たちでするから、銀行巡りや業者巡り、

不動産屋さんとのやりとりで、めちゃ忙しい!
f0152079_20050964.jpg
機織りの機械が並んだ場所を反対側から。
f0152079_20051568.jpg
続く場所にはこちらの案内板。制作陣との撮影シーンも。
f0152079_20060435.jpg
f0152079_20061287.jpg
f0152079_20065822.jpg
f0152079_20570169.jpg
『雲が描いた月明り』では、イ・ヨン世子の就寝場所として登場。

そして、最近のドラマなら『猟奇的な彼女』の公主の部屋としても

登場したっけ。
f0152079_20083791.jpg
部屋の前から見た景色。
f0152079_20084478.jpg
ね、同じでしょ^^CN BLUEのジョンシンチングの後ろ姿^^
f0152079_20093805.jpg
度々登場したこちらを後にして・・・
f0152079_20100606.jpg
王座のある建物へ移動。
f0152079_20102450.jpg
数々のドラマに登場した、こちらの王座。
f0152079_20104091.jpg
見上げた天井部分。
f0152079_20110135.jpg
靴を脱いで上がる形で、ここへ続いていた回廊と・・・
f0152079_20115315.jpg
f0152079_20120201.jpg
f0152079_20121050.jpg
ここから見下ろした左、真ん中、右側。
f0152079_20124006.jpg
王の所へ向かうシーンでこの辺りも度々登場。
f0152079_20130177.jpg
靴を履いて、振り返って。
f0152079_20132158.jpg
再度、こちらへ。猟奇・・・でキョヌ達が歩いて戻った所。
f0152079_20142612.jpg
王宮の左右にある塔の近くには竹が。
f0152079_20144510.jpg
下の部分も逃げるシーンなどで使われる所。
f0152079_20150536.jpg
f0152079_20151240.jpg
f0152079_20153546.jpg
さらに奥へと進んで行くと・・・
f0152079_20154943.jpg

f0152079_20160872.jpg
奥にも建物。簡易的な責め具も。
f0152079_20163112.jpg
f0152079_20165755.jpg
隣の青少年修練所のいろんな設備と建物。
f0152079_20171896.jpg
f0152079_20181781.jpg
f0152079_20182488.jpg
ここは、太子宮と書いてあった。
f0152079_20184742.jpg
f0152079_20185970.jpg
中殿がラオンの頬を殴った所。
f0152079_21100996.jpg
亀のいる池があったけれど、何か意味があるのかな?
f0152079_20195771.jpg
再度、中心部へ戻って・・・
f0152079_20202825.jpg
王宮を正面から。

f0152079_21280888.jpg
こんなシーンもあったっけね・・・
f0152079_20204639.jpg
世子も降りたこちら、王宮正面の門を出て、階段を下った。
f0152079_20210778.jpg
再び、市場へ。こういう階段や、掲示板も角度を変えたりして

セットされるんだろうね^^
f0152079_20212377.jpg
f0152079_20213950.jpg
f0152079_20215370.jpg

f0152079_20215862.jpg
入口近くにある豪族の家。
f0152079_20221502.jpg

f0152079_20223450.jpg
これで全部回れたかな?
f0152079_20231161.jpg
f0152079_20231767.jpg
再度、入口近くの建物を角度を変えて・・・
f0152079_20233556.jpg
f0152079_20235458.jpg
f0152079_20251443.jpg
5時半に荷物を取りに来てと言われていたので、階段に座って

ブログを書いたりして時間をつぶし・・・

荷物を受け取ると、入口のゲートを閉め始めた管理人さん。

座ってていいよ~と言われて、30分ほどipadで書いたりしていると

さ、行こうか!と、上の道の向こうに停めた車に案内して下さった。

道々、貯水池の説明も。かなり広くて奥が深かった。

この日はひとりで管理だったけれど、週末には2人になるとか。

扶余に近づくと、宮南池の横を通って、咲いている大きな蓮の花に

ビックリ!それでも、今年はイマイチとか・・・前々日に

薯童謡祭は終わっていたけれど、地元の好意で、蓮の花がある間は

夜もライトアップされると思うから、後で来てみてねと・・・

車でも数十分かかる距離だから、確かにコールタクシーは往復で

かなりかかるだろうに、お金はもちろん受け取って下さらなくて。。。

将軍像のあるロータリー脇の銀行へ行かれると言うので、そこで

降ろして下さった。目当ての宿へは歩いて行けるからと。

思いがけないご親切で、明るいうちに宿へ行けて嬉しかった。


# by andegenni | 2017-09-15 21:41 | 2017.7水原・扶余 | Comments(2)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part18 薯童謡テーマパーク3

民家の一画から、宮のある場所へ。
f0152079_21034521.jpg
f0152079_21060634.jpg

『ソドンヨ』の案内板があり、宮殿の入り口へ続く場所。

『雲が描いた月明り』ではチョン若様(トリョンニムだけど

面倒なので、若様表記で)が科挙に合格して宮に出廷して

妹公主に会うシーンで登場した。

f0152079_22151798.jpg

で、わかってみると・・・宮廷の踊りのシーンは、ここではなくて

扶安の映像テーマパークで撮影されたんだけど、ひとりで踊った

踊り子が気になって探し、この階段の上に世子が立っていた時、同様に

心配していたユンソンと共に、笹の茂みの中に隠れていたラオン。

2箇所での撮影がシーンとして自然に繋がっていたっけ。

ふたりに気づかず、階段を降りた世子^^

f0152079_21061271.jpg

左側には、刑場。

f0152079_21063117.jpg

『ソドンヨ』のシーンの案内板。このセット場で撮られた作品で

刑場シーンがあるなら、ほぼここかな?

f0152079_21104310.jpg

刑場の門を出て・・・

f0152079_21110590.jpg

宮の門の左側と・・・

f0152079_21112213.jpg

ラオンたちが隠れていた右手の茂みとその先の門。

f0152079_21112864.jpg

右手の門の右側には、庶民の区画に抜ける門も。

f0152079_21120307.jpg

右手の門の先へ行ってみると・・・

f0152079_21121032.jpg
f0152079_21123652.jpg

こちらの区画。

f0152079_21124333.jpg
f0152079_21131998.jpg
f0152079_21134900.jpg
f0152079_21135699.jpg

敷地内の堀もあって、角度を変えて、使われてるんだろうなと・・・

f0152079_21140296.jpg

続いて『ソドンヨ』での大学士(大提学の別称)の学習シーン。

f0152079_21144272.jpg
f0152079_21150282.jpg
f0152079_21171903.jpg

この建物を中心に撮影されたのね^^

で、この建物前の広い空間は、『雲が描いた月明り』では

新入りの内侍(宦官)が試験を受けたシーンで登場。

試験を受ける者の中に、ラオンを発見した世子は

チャン内官に服を脱ぐように強制したっけね^^

f0152079_21152781.jpg

で、外へ続く門があったので、出てみたら・・・

f0152079_21162510.jpg
f0152079_21171099.jpg

やはり湖と言いたい位に大きな貯水池。この景色なら、史劇で

使っても、違和感ないよね^^

f0152079_21174188.jpg

水辺の道から見上げた宮の外側。


f0152079_21180886.jpg

塀の上から見えたこちら。

f0152079_21185251.jpg

さらに散策・・・

f0152079_21190944.jpg

宮の中の塔が見えて来た。

f0152079_21192512.jpg

無造作に置かれていた台車?それとも牛や馬に引かせるの?

f0152079_21194485.jpg

この楼閣は幼い世子と亡き母の思い出の場所。この場所を見つめる

世子の目に、8年前の母子の姿が浮かぶんだけど、

ボゴム、いい眼差ししてたっけ^^

f0152079_21243781.jpg

渡り廊下は、どこがどこだか?位度々登場。

f0152079_21244489.jpg
f0152079_21245112.jpg

こちらの渡り廊下と高い塔側の間には段差があり

f0152079_21245801.jpg

堀越しに向こう側を見る形に。踊った後で、ラオンが逃げる

シーンで、低くなった場所が使われていた。

f0152079_21250593.jpg

で、この向こう側、渡り廊下に世子、下にラオンがいたシーン!

f0152079_22573287.jpg

まさに、手話でラオンに告白したシーンであり、

f0152079_22482739.jpg
f0152079_22483350.jpg

こちらの撮影場所でもある^^

f0152079_21254895.jpg

さらに進むと、こちらの建物。右後ろに홍살문(紅箭門)みたいな

物が見える場所。撮影時はこの前に旗や矢が立てかけられて、

世子の武術の練習シーンで使われた場所。何度か登場した所。

f0152079_21263594.jpg
f0152079_21264327.jpg
f0152079_21270853.jpg
f0152079_21271681.jpg


f0152079_21274817.jpg

近くの建物を写してから

f0152079_21275448.jpg

楼閣の脇を通ろうとしたら・・・

f0152079_21282095.jpg
セット場の塀越しに見えた台。飛び込み?バンジー?

隣が青少年修練所なので、たくさんの設備があった。
f0152079_21280137.jpg
曲がり角には、こちら。糸紡ぎの道具かな?

長くなったので、続きは次のpartにて。


# by andegenni | 2017-09-09 00:00 | 2017.7水原・扶余 | Comments(0)