<   2016年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2016.6 仁川・ソウルの旅part5 松島界隈ロケ地巡り


f0152079_22193851.jpg
海洋警察庁の前でバスを降りて、そのまま歩いていくと・・・

前方に、絶対間違いようのないビルの姿が見えた。
f0152079_22203887.jpg

バス停の反対側にはこちらの複合ビル。

f0152079_22211551.jpg

歩いていくと、右手には居心地良さそうな公園やお店。

f0152079_22221600.jpg

f0152079_22230409.jpg
公園の並びにあったこちらの2軒のお店は、

完全に日本を模しているような?

f0152079_22240907.jpg

目的のタワーに近づいてきた。建物の上部にはOakwoodの文字。

上部は、オークウッドプレミア仁川ホテル。

手前のビルはシェラトングランド仁川ホテル。

f0152079_22243128.jpg

歩いていると、何やら写真で紹介されているカフェが。。。

f0152079_22261012.jpg

近づいてみたら、『太陽の末裔』の撮影場所ですという看板が^^

f0152079_22263696.jpg

この時点では、まだ日本では放送が始まっていなくて、

先取りロケ地情報状態^^

f0152079_22264187.jpg

どのシーンで使われたかの紹介写真も^^

ソン・ジュンギとソン・ヘギョだから

ソンソンチョコだって^^5500W也♪

f0152079_22270680.jpg

中国では同時放送?同時じゃなくても、みんな観てるみたいだけれど^^;

f0152079_22272579.jpg

最後に、撮影場所ですって所を大きく写しておいた。

後でドラマに出てきた時、あ、このシーンだったんだとわかるように。

(現在は既に視聴済^^)

f0152079_22274461.jpg

次の交差点は、セントラルパークの角の交差点。NYの公園そのままの

ネーミングで、松島の中心的な公園。向こうに見えているのは、

そのセントラルパーク駅傍にあるポスコの松島社屋。

f0152079_22280328.jpg

交差点側から入るセントラルパーク入口。

広大なので、今回は入り口だけ。

f0152079_22292735.jpg

仁川大橋を渡っている時から、よく見えていたこのビル。

他のビルと違う形で、角度によって違って見える、松島の象徴的な建物。

f0152079_22300450.jpg

こちらが目的地のビルで、入口には、ホテルの名前も。それと並び

NEXT Towerの看板も。下には会社やお店も入っているようだ。

f0152079_22302387.jpg

下のこの特徴ある入口部分が、『オーマービーナス』でヨンホの家が

経営していたカホンという会社として登場。ヨンホも勤めることになり、

ここでのシーンも多々。最初は下部分だけ。ドラマ後半に少しだけ

上部が映った。だからそれ見て、松島だとわかった人もいるのでは?

f0152079_22302802.jpg

玄関前には、ポスコと大宇の文字も。

f0152079_22310251.jpg

こちらからのシーンが多かったと思う。

反対側だと、隣のロッテマートが映るから?

路面にNEXT Towerの文字もあった。

f0152079_22312641.jpg

目的地の写真を写し終え、すぐ前にあるバス停へ向かった。

向かい側のセントラルパークの右側を中心に。

f0152079_22315494.jpg

次に、左側を中心に。ポスコの松島社屋のある所が

駅だから、わかりやすい。

f0152079_22333756.jpg
シェラトン仁川ホテル前から乗ったバスを東春駅近くのバス停で降り・・

どこだか迷ってしまって、こんな変わったオブジェのある公園を

通ったり、団地の中を抜けたりして・・・

f0152079_22334267.jpg

着いたのは、こちら、Angel in us@エンジェリノス東春店。

会社から近いだろうと思って、HPで調べていて、一番近かった

セントラルパーク店が、HPの写真では全く違って見えたため、

ここだと思い込んでやってきた私。ところが、従業員の女性が違うと(T_T)

どこも、お店の前に白い柵のテラスという共通のコンセプトらしくて。。。

スーパーとかに入っているお店は除いて、路上店は似ているらしい。

で、おそらくセントラルパーク店だと思うと。。。

f0152079_22360548.png
お店の方がNaverのmapで探して下さった場所。交差点の角にあるお店。

だけど、少し前に通りかかった時になくなっていたと。おそらく、

先月いっぱいで閉店したんじゃないかと思うと仰るので、それなら

セントラルパーク前からここまで来て、ガッカリもしたけれど

行っても無駄足だったかも。。。と。その時点ではまだHPには

セントラルパーク支店は載っていたけれど、現在はなくなっている。

f0152079_22372703.jpg

帰国して、NAVERの地図と同じ場所を、カメラ小僧で。

HPは交差点の左側部分だけを載せてあったので、違うと思った私。

角の右手側が・・・

f0152079_22372033.jpg

確かに『オーマービーナス』の傘でポッポの撮影場所だった^^

冷たい飲み物を頼んで、東春店の近くから今度は、桃源駅近くへ移動。

再度、松島方面経由になってしまい、複雑。当時、1本で行けたルートが

現在はなくなっている。多分、仁川駅から新線が開通したので、バス路線も

大幅に変わったみたいだ。松島とは、これでお別れ(^^)/


by andegenni | 2016-09-29 06:00 | 2016.6 仁川・ソウル | Comments(0)

2016.6 仁川・ソウルの旅part4 舞衣島~松島へ


f0152079_22154415.jpg

f0152079_22155380.jpg

帰りの船では、セウカンをあげる人もいて、たくさんのカモメが一緒に。
f0152079_22160295.jpg

預けた荷物を受け取り、お菓子を差し上げて、待っていたこちらのバスへ。

ちょっとした親切を受けることが多いので、

小さなバラマキ菓子はいつも持参することにしている。

221番バスだったので、一つ目のフェセンターで下車。マウルバスの

2-1だったなら、舞衣島入口でよかったと思う。

f0152079_22165843.jpg

大通りに出ると、目の前を磁気浮上式鉄道@リニアモーターカーが^^

f0152079_22173948.jpg

仁川空港からは終点になる龍遊駅へ。
f0152079_22174418.jpg

緩やかなスロープが、キャスターを引く身にはありがたかった。
f0152079_22174925.jpg

出入口の様子を中から。

f0152079_22175586.jpg

現在も、無料で運営しているけれど、こうして、一応案内の方も。
f0152079_22180337.jpg

始発もゆっくりだし、日没までなので、最終時間も早い。空港まで12分。
f0152079_22183763.jpg

反対側の到着ホームに、到着した電車がいた。

f0152079_22190348.jpg

終点だからこの先、さっきの電車はどこへ?次の駅は、ウォーターパーク♪
f0152079_22192807.jpg

再度、やってきた先ほどの電車。早速乗りこんでみた。
f0152079_22200887.jpg

車内はガラガラ・・・左右の窓はブルーの窓で、
f0152079_22202169.jpg

先頭と最後尾の窓だけ透明。後ろから写してみた。この先も続いているから

向こうの方で、切り返して戻って来たみたいだ。
f0152079_22215041.jpg

龍遊駅も含めて、最後尾からの景色。
f0152079_22221140.jpg

f0152079_22235154.jpg

次の駅、ウォーターパーク付近。水上スポーツをしている姿もチラホラ。
f0152079_22242407.jpg

まだまだ広大な空き地があり、整備中のようだった。
f0152079_22244849.jpg

空港に近づくと、グランドハイアットホテルや、Eマートも。
f0152079_22245350.jpg

通りすぎて最後尾から、ホテルや、大韓航空のビルを。
f0152079_22251836.jpg

空港近くには、たくさんのバスの駐車場もあり・・・
f0152079_22254475.jpg

乗用車も何か所も駐車場があった。

f0152079_22260651.jpg

仁川空港に到着。先ほど駐車場の場所には、

長期駐車場という駅もあったようだ。
f0152079_22265893.jpg

降りて振り返ると、天井がドームみたいだった。
f0152079_22274145.jpg

こちらが、この磁気浮上式鉄道の改札口。無料なので通過だけ。
f0152079_22281112.jpg
次に行くのは、乗らないけれど、A'REXの乗り場。

ここから長いエスカレーターを降りる。

f0152079_22281565.jpg

エスカレーター脇から駅構内を。左上が磁気浮上式鉄道のホーム。
f0152079_22283891.jpg

f0152079_22284301.jpg

エスカレーターの下(磁気浮動式鉄道下)はローラースケート場に

なっていて、楽しそうに遊んでいた子供達^^

A'REXの改札横から入り、空港手荷物サービスで、スーツケースを預けた。

江北地区のホテル、それも、駐車しやすい場所にあるホテルしか

配達出来ないサービスではあるけれど、該当すればとても便利だと思う。

迎賓ホテルはOKだったので、この時点からは、

リュック一つで身軽に行動出来て、とても楽だった。

f0152079_22293634.jpg

再度、空港ビル方面へ。地下街にはこんな風にお店もあって、時間があれば

買い忘れても便利だと思った。早朝の浜辺の散歩の後、始発の2-1のバスに

乗れたら乗りたいと思って行動していたので、途中で抜かれたけれど、

船は7時半に乗れたし、ハナゲ海岸見学後、カルグクスも食べてから、

再度帰りの船に乗ったにも関わらず、この時点で時計にもあるように、

まだ10時40分♪中二日の日程なので、早朝から行動しないと勿体ない。

f0152079_22302586.jpg

4月に仁川駅の観光案内所でシティツアーが休止中で再編されると知り、

仁川大橋を渡りたかったので訊いてみたら、市内から空港へは永宗大橋を

通り、空港からだけ、仁川大橋を渡るバスがあると教えて下さった。

そのバスがこちらのバス停から乗った303番バス。

f0152079_22312321.jpg

空港から一旦、永宗大橋方面に行き、

途中からこちらのGATEを通って仁川大橋へ。

f0152079_22320053.jpg

f0152079_22322678.jpg


路線バスの中なので、仁川大橋を通過中だけど、写真はなかなか難しい。

『映画は映画だ』の撮影時に、干潟で戦うシーンの背後で

まだ未完成だったこの橋。その時見えていた中央部分が、奥に見えている。

f0152079_22324952.jpg

f0152079_22325649.jpg

中央のつり上げ部分を通過中。

f0152079_22332136.jpg

橋の途中から見えていた松島地区が、

橋を降りると聳え立つようによく見えて来た。

f0152079_22334964.jpg

f0152079_22335398.jpg

仁川大橋から松島地区に入る時に通る松島2橋。特徴のある橋だ。

f0152079_22344293.jpg


バスを降りたのは、해양경촬청@海洋警察庁。降りてすぐの写真。

目指すビルは、仁川大橋からも一際目立っていたビル。続きは(^^)/


by andegenni | 2016-09-27 06:00 | 2016.6 仁川・ソウル | Comments(0)

ツーリズムEXPOジャパンに行って来た♪

今日は、昨日からビッグサイトで開催されている

ツーリズムEXPOジャパンに行って来た。

前に一度、清州の観光課の知り合いの方が来られると言うので、

『カインとアベル』のロケ地巡りでお世話になったので、

友人と訪ねて行ったことがあったけれど、それ以来の旅博。

うちからは、週末には直行のバスが出ていて、それで行こうと、

バス停で待つも、なんと、満員通過が2回も!

同じようにフラれた若い女性二人組と一緒に最寄りの駅まで

タクシーで行くことになるという、アクシデントでスタートした。
f0152079_22160559.jpg
国際展示場駅で降りて向かったビッグサイト。

毎年、バーゲンでは2回訪れているし、何かとお馴染みの場所でもある。

最初の頃に比べて、周りの建物が次々に増えて、行く度に@@

行こうと決めたのは、昨日から友人二人が韓国に行っていて、

明日が予定なしなら一緒に行こうかな?と考えたんだけど、

明日は午前中から用事があり、断念。それならと、こちらに

行くことを決めていた。それなら前売り券を買えばよかったのに、

当日になってしまい・・・まさかまさかの当日券購入40分待ちとは!!!

駅に着いて、中に入るまでなんと50分!

大邱のブースに春にお世話になった丸ちゃんこと、丸山さんが

いらっしゃるということで、早速会いに行ったらお知り合いと食事に

行かれたと・・・仕方なく、韓国関連ブースでいろいろパンフなどを

収集し、ステージに行ってみると、なんと、風灯飛ばしの時に

一緒に行ったまみさんが、お友達と座っていらっしゃった^^

そのうち、カメラマンさんとかも来られてご挨拶。

更に、大邱の広報をされているビョンさんも来られて・・・

ご挨拶してたら、もうすぐはるな愛さんのイベントが始まると。

丸ちゃんを待つ間、愛ちゃんのステージを観ることに^^
f0152079_22163698.jpg
この前のイベントでは、オリンピック仕様の衣装だったそうで、

こちらのイベントに合わせて、韓服にお召し替えの愛ちゃん。

韓国のお勧めの場所、食事、化粧品などの紹介と共に、

パンソリまで披露して下さった。化粧品情報はスマホにメモφ(..)メモメモ

黒柳徹子さんにお土産として渡した翌日、もっとないの?と言われた

化粧品は、エスカルゴの90.9なんだそうだ。

エスカルゴも次に流行った毒蛇も、済州島の火山灰の毛穴パックも、

スポンジもありとあらゆる、その時その時の流行りを買って、

そのままほとんど使わずに放置している私。。。

最近は、クッションファンデも買ったし。。。

もういい加減にしろよと思う自分^^;

f0152079_22172701.jpg
続いて、仁川市の紹介をしているよもぎまりさん。

温活セラピストをしていらっしゃる方で、江華島のよもぎがとてもいいと

いうことは、他の方のブログで読んだことがあった。

この日は、仁川のあれこれの魅力についてのお話も。

丸山さんの姿が、愛ちゃんのイベント時に見えたので、

大邱ブースへご挨拶に。大邱でまた再会できるよう、

約束してその場を去り、残り時間であちこち見学に。
f0152079_22303749.jpg
f0152079_22305136.jpg
f0152079_22305934.jpg
f0152079_22311375.jpg
f0152079_22312645.jpg
世界各国(と言ってもアジア・アフリカ圏だけど)の踊りの公演。

鮮やか~!
f0152079_22314058.jpg
アイヌの変わった楽器の演奏をする姉妹。
f0152079_22315929.jpg
うちからも見えるスカイツリーのソラマチちゃん。面白かったのは、

後ろで見ているスタッフ達が、全員、一緒に踊ってて・・・爆)

それを言うと、7回目だから、覚えちゃって・・・だって^^

次は各地のゆるキャラのご紹介。全部は撮れなかったし、名前のない子は

よくわからないんだけど・・・まずは、富士山のキャラから。
f0152079_22322438.jpg
f0152079_22323597.jpg
f0152079_22324439.jpg
f0152079_22325461.jpg
f0152079_22330421.jpg
f0152079_22331285.jpg
f0152079_22332002.jpg
f0152079_22333039.jpg
f0152079_22333962.jpg
f0152079_22334412.jpg
f0152079_22335322.jpg
f0152079_22340057.jpg
f0152079_22342062.jpg
ipadで撮ったので、向けるとポーズしてくれるし、可愛い♡
f0152079_22341599.jpg
青森で観たことがなく、清渓川のイベントではお馴染みのこちらも。
f0152079_22342950.jpg
ゆるキャラではないんだけど、巨大なわんこ^^
f0152079_22343807.jpg
トルコだったかな?あまりに可愛いので、英語で撮らせてと言ってみたけど

理解できたのかどうか?撮った写真は彼にも見せてあげたけど。
f0152079_22344730.jpg
5時までのイベント、最後まで回って、片付け始められた会場。

ピカチュウもお疲れさま♪掃除する人が、みんなこんなのに乗ってて@@

f0152079_22350897.jpg
最後に、これを撮ってる人がいて、なんだろう?と思ったら・・・

ここの所、急激に観光客が増加している日本。オリンピック頃には

4000万人を目指すって言ってた首相。ちゃんとメッセージも^^

帰りも、乗車拒否必須だと思ったので、電車とバスの乗り継ぎで帰宅。。。

欲張って、パンフや地図類を沢山貰ったため、肩がちぎれそうだった。

来年も行くなら、課題が沢山出来た旅博だった。

楽しかったけど、超!疲れた・・・

by andegenni | 2016-09-25 23:46 | 四方山話 | Comments(2)

2016.6 仁川・ソウルの旅part3 舞衣島2

f0152079_15035331.jpg
スロープを登って、管理事務所の方に案内して頂いた『天国の階段』の家。

鍵を開けて、中へも一緒に入られた。だから、カメラで各部屋を写すのも急いで。

f0152079_20182571.jpg
子供の頃の写真。一緒に遊んだ入り江も近くにあるのかな?
f0152079_15060538.jpg

f0152079_15063881.jpg
子供時代の写真の左側の居間に<あの>白いピアノが置いてあった。

さすがに、海の中に展示って有り得ないから、当たり前か^^

家の外の写真が、中にも映り込んでいるのがわかるかな?
f0152079_15074070.jpg
居間の奥には食堂。

f0152079_15090181.jpg

f0152079_15100992.jpg
壁には、これ以外にも、いろんなシーンの写真が飾られていた。
f0152079_15102817.jpg
食堂から見た居間と寝室。
f0152079_15122436.jpg
階段を上がって2階へ。ベランダに面した部屋。
f0152079_15132391.jpg
2階にある寝室。
f0152079_15135256.jpg
2階から見下ろして。事務所の方と、家の前でお別れして・・・
f0152079_15151728.jpg
家の後ろ側に行ったら、可愛い遊具もあった。
f0152079_15155705.jpg
玄関と反対側の入り口。
f0152079_15162425.jpg
裏手のドアの向こう側にはこちらの建物。

f0152079_15180840.jpg
黒い建物の壁にあった舞衣島映像団地の垂れ幕。
f0152079_15183452.jpg
表のベランダ側からの全景。

f0152079_15191234.jpg
奥の家は『カルハンター オ・スジョン』の家。

邦題だと、『彼女がラブハンター』の方が普通かも。
f0152079_15193898.jpg
こちらの家は一番奥にあり、お庭が広くて素敵^^
f0152079_15205024.jpg

f0152079_15211113.jpg
更に家の奥にあるこちら。『天国の階段』の子供時代に遊んだ入り江だと思う。

f0152079_15215416.jpg
こちらにも、舞衣島映像団地の看板。二つのドラマ以外にも、沢山あるようだ。
f0152079_15221835.jpg
この家は、鍵がかかっていて、公開されていないと、チケット売り場の方のお話。

で、写していたら、中から人の声がして、やって来た女性が鍵を開けて中へ。

見せて頂けますか?と尋ねると、定期的に掃除しに来てるだけで、

観覧はダメですと断られてしまった。やはり、現在は公開していないようだ。
f0152079_15225041.jpg
この家から、天国の家を。位置関係がわかるよね^^
f0152079_15231965.jpg
再度、天国の家へ。居間の表側の写真。中でも映っていた写真。
f0152079_15234772.jpg
居間と、寝室の外壁にも写真がいっぱい。どのパネルにも落書き禁止の文字。
f0152079_15241822.jpg
最後に、坂を少し登った所で、玄関側からの全景写真。

f0152079_15244437.jpg
天国の家の左奥にある家も、なかなか素敵。ここは泊まれるのだろうか?

f0152079_15250663.jpg
スロープの近くにある看板。
f0152079_15255458.jpg
スロープを降りて、海岸沿いに振り返った所。まだ靄が・・・

f0152079_15260005.jpg

f0152079_15281814.jpg
かなり広い海水浴場で、これ以外にも、海岸沿いにズラッとロッジが並んでいた。

遊園地と言うだけあって、ジップワイヤーとかもあって、朝早くから

開いているから、船で朝一で着いても大丈夫♪
f0152079_15285510.jpg
入り口のGATEを目指して戻る道。
f0152079_15292669.jpg
こちらが、案内して下さった方のいらっしゃる事務所。後ろにトイレもあった。

f0152079_15300210.jpg
GATEを中から見た所。右にあるチケット売り場で、バスに乗りたいと言うと

運転手さんに連絡して下さった。まっすぐ歩いて行き、右側の
f0152079_15302678.jpg
こちらがバス乗り場。時間が書いてなくて、島民は電話で、連絡しているようだ。
f0152079_15312197.jpg
経路が書いてあるけれど、シルミドは乗車拒否もあるようで、歩いて行ける

からか、行ってくれないこともあるらしい。帰りのバスは、途中の

バス停から、アジュンマとハラボジが乗って来られただけだったので

行きと比べてかなり早く帰れた。
f0152079_15315766.jpg
再度、船着き場に戻って、待機しているバスを撮影。ハナゲはどちらも行く^^

船着き場入口に座っている方に時間を確かめると、

毎時0分と30分に船が出ると。蚕津島側も同じだと思う。
f0152079_15322662.jpg
それならと、近所を散策。バスの中から見えた映画『シルミド』の看板を。

この海岸は、バスに乗ってわりとすぐに、右側に標識があった。
f0152079_15331683.jpg
永宗島のソンナムフェ食堂で食べようと、最初は思っていたけど、

バス停から遠いので舞衣島で食べて行くことにした。

開いていた食堂^^中では、アジュンマ達が

バンチャンの野菜の下処理中だったが、食事はOKだと。
f0152079_15333111.jpg
入って右側には、ドラマや映画のポスター。こちらは、

右側にも卓がありかなり広かった。
f0152079_15353753.jpg
私は、テーブル席で。バジラカルグクスを注文。朝は、日本から持参した

最近ド嵌りのフィナンシェとコーヒーだけだったので、お腹も空いていたし。
f0152079_15354292.jpg
このアサリの量!美味しかった^^パンチャンのチョンガッキムチも美味しくて

それをアジュンマに言うと、全部、自分たちの手作りだと^^ご馳走様♪
f0152079_15460970.jpg

f0152079_15471083.jpg
これで、舞衣島とはお別れ。プチトリップだったけれど、楽しかった♪





by andegenni | 2016-09-24 06:00 | 2016.6 仁川・ソウル | Comments(0)

2016.6 仁川・ソウルの旅part2 舞衣島1

f0152079_19470744.jpg
バス停から、右手に曲がると、フェセンター。こちらは、帰りにバスを

降りた所。奥の大通りにある緑の標識で位置関係がわかる。

f0152079_19473613.jpg
フェセンターを背中に、これから進む方向。
f0152079_19480639.jpg
こちらの港にも、小舟がいっぱい。フェ(刺身)センターがある位だから

当たり前かもしれないけれど。まだ海は靄が消えていない。

f0152079_19501051.jpg

歩いている途中で、マウルバス2-1番バスがやって来たので、

合図をしたけれど乗せてはくれなかった(T_T)残念・・・

奥の右手にあるのが、松林の先にあるのでその名も、

소남희식당@松の木刺身食堂。貝焼き、刺身、海鮮カルグクスなど、

海辺ならではの食べ物が食べられるので、結構人気のお店の様だ。

バス停からはちと遠いけれど。

f0152079_19504413.jpg

ソナムフェ食堂のすぐ傍からは、蚕津島に行く、海の中の道路。

『天国の階段』でもよく出て来た道。脇の案内板は、船着き場までの道路に

車を停めて、釣りをするのを禁止するという内容。

狭い道なので、当然の処置だと思った。

f0152079_19511440.jpg

舞衣島という標識。無数にある仁川の島々。

蚕津島は、舞衣島への船着き場の役目だけを担っているようだ。

さて、歩くかなと思って写していたら・・・

トラックが停まり、乗って行けば?と誘って下さった。嬉しいお誘い^^

スーツケースを引いていたし、行き先は舞衣島なのは見え見えだから

同情して下さったようだ。彼らは、舞衣島で工事を請け負っているとかで、

車ごと乗船すると。私は、チケット売り場で往復チケットを購入。

で、ダメもとで荷物を預かって頂けないだろうか?と頼んでみた。

売り場の女性は、本当はダメなんだけどと言いつつ、

スーツケースに名前もあるし・・・で、預かって下さった。ラッキー♪

f0152079_19523983.jpg

韓国で最初に船に乗ったのは、プルン島こと曾島に行った時。

プルン島旅行日記 

その後も何度か船に乗ったけれど、島に渡る船はどこもすぐに到着する

短い船旅^^;船内で休む人は、天気が悪くないとほぼいないと思う。

f0152079_19542408.jpg

私も、船内は見るだけで素通りして、デッキへ。

行きは朝早い便に乗ったので子供や家族連れがいなくて、

カモメはセウカンが貰えなくて残念^^;

f0152079_19535471.jpg
仁川の海は、飛行機の離着陸でもよく見えるけれど、小さな島が沢山ある。

景色を写していたら、先ほどのトラックの運転手さんがわざわざ探しに

来られて・・・もしも舞衣島で困ったことがあったら、電話して下さいと、

電話番号と名前を書いたメモを渡され。なんて、親切なんだろうと感激♡

f0152079_19545742.jpg

見ていたら、トラックに戻られたようで、上から失礼して。

トラックなのに後部座席もあって、3人乗っていらした。

f0152079_19560035.jpg

動き出したので、蚕津島の船着き場を振り返って。

f0152079_20002253.jpg

これから向かう舞衣島はかなり大きな島。

f0152079_20005234.jpg

舞衣島の船着き場で、お別れのご挨拶を。

でも、実際には、マウルバスに乗ったらずっと前を走っていらして、

結果的に小舞衣島の大橋の所まで一緒だった。

その辺りでの工事だったようだ。またも嬉しい一期一会だった。

f0152079_20031370.jpg

舞衣島の船着き場。歓迎のGATE^^

f0152079_20034466.jpg
乗ってきた船は、무룡1号。武龍だろうか?
f0152079_20041567.jpg

波止場には、トイレもあるし、船に合わせて、バスが待っていたので、

すぐに乗車した。行き先を言って乗車したんだけど、山歩きのグループが、

帰りのバス停の確認をしていたり、小舞衣島へ行く人もいたり・・・で、

写真は撮れなかったけれど、小舞衣島の大橋も観ることが出来た。

最後は私だけになって、ハナゲ海岸に到着♪

f0152079_20052219.jpg

お馴染み『天国の階段』のロケ地。今更の訪問だけど、

永宗島に泊まったので、行こうと思ったこともありながら、

なかなか行けなかった舞衣島への訪問。

f0152079_20064737.jpg

ハナゲは思ってたよりも広い海水浴場みたいで、遊ぶ施設も多そうだった。

f0152079_20072406.jpg

『天国の階段』の看板の右手には、虎龍谷山、山林浴場の入り口も。

f0152079_20075481.jpg
こちらがハナゲ海岸の入り口。左にあるチケット売り場で、

2000Wの入場券を購入。セット場も見られますか?と訊かれ、

見れるんですか?と逆に問うと・・・

f0152079_21430229.jpg
3000Wを別に払うと、見学可能だと。坂の上にある事務所に

連絡して下さるシステム。

頂いたパンフレットと、観覧券と書いてあるチケット、下は入場券。

f0152079_20082565.jpg

入口右手にある、舞衣島の地図。こちらの車輪のあるものはなんぞや?

リヤカーのようでもあり・・・

f0152079_20091178.jpg
仁川広域市の地図。現在地の印は、左側上の端っこに。

f0152079_20143036.jpg
あれ?『花より団子』もここ?そう言えば、ジャンディの一家が

海辺に引っ越ししたり、海でのシーンもいろいろあったっけね^^

f0152079_20150069.jpg
GATEを入って登って行くと、ハナゲ遊園地の石碑。

真ん中の建物が事務所で、その前で職員さんが待っていた下さった。

ロケ地の別荘は施錠されていて、お金を払ってチケットを購入すると、

案内して開けて下さるシステムだった。

f0152079_20153121.jpg

途中にある案内板。

f0152079_20162382.jpg

こちらの坂を登るとドラマのセット場。ここもドラマで出て来たっけ?

あまりにも昔に観たので、もうよく覚えていなかったんだけど^^;

枚数が多くなったので、続きは次回に。


by andegenni | 2016-09-22 06:00 | 2016.6 仁川・ソウル | Comments(0)

2016.6 仁川・ソウルの旅part1 海辺のホテルへ

前回の旅の最終日、風雨の為に断念した行程。その中でも、

『未生』のチャン・グレの家が、すぐ近くまで行っていながら

見つけられなかったことが、ずっと胸の奥に引っかかっていて・・・

家族の次の月の予定が出た後、この日程なら行ってきてもいいかな?

と。。。中二日で、私にしては直前に決めて、短い滞在。

OKを貰ってすぐに飛行機の予約をしようとあちこちのサイトを

見るものの、夕方~夜発の便が全滅。仁川にも行こうと

思っていたので、仁川便中心に探したが、全滅・・・どうしてだ???

5月26日時点で、6月6日便は満席という回答で、かろうじて

とれるのはJEJU航空のみ、それも46540円もするという回答で・・・

なんでだ?????

仕方なくもう一度、JEJUで探しまくって、それより少し安くゲット!

空港は、成田の第2ターミナルから、地上に一旦出て、そこから歩くか

シャトルバスでの移動になるので、いつもより20~30分余計に

みて出発した。シャトルバスまでも、結構歩くので、ちと面倒だった

けれど、第3ターミナル到着後は小さいターミナルだったので、

入口はすぐにわかった。

f0152079_20584974.jpg

第3ターミナルで発着する航空会社。初めてのLCC体験となった。

f0152079_20591033.jpg
こちらが入口。ここからは写真は撮れないと、リュックにしまって・・

JEJU航空のチェックイン時、回りは全て韓国人で、日本人がいない・・・

なんでだ?とまだ疑問の私。もう、ここから韓国みたいだった。

ソン・ジュンギがお出迎え。

仁川到着後の、最終バスの時間が気になっていたので、夕食がとれないかも

しれないと思い、コンビニで小さなオムスビセットを購入。

へぇ・・・峠の釜めしで有名なおぎのやがこんなの出してるんだ^^

釜めしは好きで、横川でもよく買ったし、おぎのやの本店にも

行って食事をしたことがある。

f0152079_20084034.jpg

f0152079_20084886.jpg

第3ターミナルには、ラウンジもないけれど、人が少なくて、

ゆったりとしていた。搭乗ナンバーのGATEに行くと、階段の表示?

f0152079_20093429.jpg

なんと、下に降りた部分が搭乗GATEだった。ここで、ipadで旅行サイトを

あちこち見ていたら、なんと、この日は韓国の土~月の3連休の最終日だと

わかった。月曜夕方便がなぜ混んでいたか?日本は休日ではないので

不思議だったけれど、それで納得。訪日している韓国人にしたら、

少しでも遅い便がよかったわけで・・・ようやく納得した私。

f0152079_20080737.jpg

しかも、更に下に降りて、タラップを登っての搭乗。

f0152079_20100841.jpg
仁川空港に到着。久々~~~~~~~~~~~~の仁川空港^^

f0152079_21002638.jpg

6月6日~9日の旅だったので、新羅免税店のKTのルーターキャンペーンを

利用してみようと、仁川でKTのルーターを予約。

おまけで、補助バッテリーもついてきた。同じケースが二つで、

中身違い。ルーターは、前にも使ったタイプだった。

KTもイメージキャラクターがソン・ジュンギで、ポスターを頂いた。

コンビニでTマネーを充電して、飲み物も買いこんで。。。

この夜は、仁川の海沿いのホテルを予約してあった。

最初に考えていたホテルは航空券がとれなくて、あたふたしている間に

満室になり・・・次善のホテルを予約。翌日の目的地までは、バス移動に

なるので、ちと不便だったけれど、バス1本で空港から行けるのが

良かった。DAUMで調べた位置の停留所に行き、バスの運転手さんに

尋ねたら、階が違うと・・・私が行ったのは、入国フロアのバス停で

乗るバスは、なんと出国フロアのバス停なんだと。。。

慌てて、EVで移動した。途中、海沿いは暗かったりしたけれど、

着いた所は、コンビニ前で、灯りもあって

夏は賑やかなリゾート地のようだった。ビーチホテル前で下車。

f0152079_21385914.jpg
コンビニの向かい側にはこちらのGATE。仁川の永宗島では一番大きく

有名な乙旺里海水浴場のGATE。遅い時間なので、人は少なかったけれど。

GATEをくぐって、すぐの坂を右へ登って行くと、予約したビーチホテル。

f0152079_21392140.jpg

フロントも無人だし^^;呼ぶと、出て来てくれて、

予約書を見せてチェックイン完了♪

f0152079_21400661.jpg

f0152079_21401240.jpg

新しいホテルではなさそうだけど、なんとも部屋が広くて、1人では

もったいない位。補助ベッドまであって、家族で使っても十分な部屋。

f0152079_21480866.jpg

バスタブはないけれど、ビーチホテルだから、夏のお客にはこれで

十分なのかもね^^

f0152079_21403073.jpg

真夜中近くに、ようやく夜ご飯。頂いたポスターのジュンギ君が

お相伴^^;いっただきま~す(^_-)-☆

f0152079_21410299.jpg

翌朝、せっかくなので、乙旺里を散策。ビーチホテルの正面の外観。

f0152079_21411682.jpg

海水浴場のGATE脇の坂を登ると、この建物。

いかにもリゾートっぽい建物だった。

f0152079_21414788.jpg

坂道を下って・・・交差点の向こう側が空港からのバス停。

朝靄がひどかった。

f0152079_21421089.jpg
振り返ってみたビーチホテルと、その隣の大きな永宗スカイリゾート。

f0152079_21424287.jpg

坂を降りて、内側からGATEを。向こうに見えるコンビニ前がバス停。

f0152079_21430452.jpg

GATEから海へも坂道。周りにはモーテルも一杯あった。

f0152079_21434575.jpg

海岸へ。せっかくここまで来たけれど、靄がひどくてあまり見えなかった。

2008年にもここへは来たんだけど、『映画は映画だ』のロケ地だと

思って。どうも違っている気がしたので、隣の旺山海水浴場だったのか?

それとも大きな海水浴場ではなく、あちこちにある入り江と

砂浜だったのかも???

f0152079_21440881.jpg

人気がなく、お供はウミネコだけ。そろそろ帰るかな・・・

f0152079_21450138.jpg

海岸沿いにはお店がいっぱいあった。

f0152079_21452021.jpg
反対側にも。夏は賑やかだと思った。

6月7日だったから、もうそろそろだよね^^

f0152079_21452930.jpg

再び、GATE目指して・・・

f0152079_21453590.jpg

GATE脇の坂道を登り・・・右に仁川ビーチホテルの看板もあった。

f0152079_21455481.jpg

ビーチホテルという位だから、ビーチが見えるんでは?と

玄関の先のこちらへ。靄で霞んではいたけれど、

ビーチ、ちゃんと見えた^^

f0152079_21455892.jpg
部屋に戻って、窓を開けると、後ろはこんな感じで、

もうリゾートの敷地内。

チェックアウトして、コンビニの反対側のバス停からバスに乗って・・・

f0152079_21464914.jpg
空港から出ている無料の磁気浮上式鉄道の終点の龍遊駅(舞衣島入口)。

f0152079_21465442.jpg

降りたのは、舞衣島入口で、振り返ると、上の龍遊駅が見えた。

船着き場まで行くバスがあるのはあるんだけど、待つのが面倒で

スーツケースを引きながら(と言っても、短期旅行なので機内持ち込み用の

小さくて軽いスーツケースだったので)歩き始めた。次回は舞衣島日記♪




by andegenni | 2016-09-20 06:00 | 2016.6 仁川・ソウル | Comments(0)

大邱旅エピローグと5月のトピック

4月末からGWにかけての7泊8日の旅は、長いからと

格別に考えた事が二つ。

まずは、昨年の済州島の旅の時の様に、体調を崩さないこと!

その為に、万が一を考えて、薬も準備。一回ずつ使用する目薬、

胃腸薬、風邪薬、口内炎の薬等も用意。

歩きすぎなので、いつもバンドエイドは多めに。

靴はかなりこだわってきたので、靴擦れはしないけれど、

歩き過ぎて大抵指と足の裏に水膨れが出来る。昨年秋の旅で、

tちゃんの足が大丈夫な秘訣を聞いたら、トレッキングシューズを

履いていると。同じ種類の靴を買おうとしたら、既に廃番になっていて、

タウン使いにもおかしくないその靴は、買えなくて残念‥‥

仕方なく、ショッピングモールに行く度に探したりしていたが、

ある時、スマホのアプリで格安セールを見つけて、とりあえずスニーカーを

買ってみた。クチコミでは、そのブランドの1番人気というか、足にいい、

履き心地がいいと評判なのは、996だけど、

値段を見て@@ スニーカーでこんなに高いなんて‥‥

New Balanceの履き心地は評判が良かったので、まずは初心者が

入りやすいとされている574かな?と思っていた所でのセール!

すぐ購入してみた。

結果は、ウォーキングでも疲れなかったので、旅行に履いて行った。

初めて、水疱が出来ず感激した。同じ574のデザイン違いを更に購入まで。

ただ、同じでも素材が若干違うようで足首後ろ部分がちと硬い。

これも履きこなさないと‥‥

f0152079_23172848.jpg


大邱で、風灯飛ばしの夜、もう少しで3万歩だから、ホテルの部屋で

足踏みでもしようか?なんて馬鹿な事を考えたりしたけれど、

その日は知らなかった一覧の出し方がわかり、見てみてビックリ!

4月26日から5月3日の旅で、初日は移動のみ。移動中心の日は若干少なく、

最終日は風雨で、予定を切り上げて帰国したので、いくらか少ないけど、

まあ、我ながら、どれだけ歩いたんだか?!家族に見せたら驚かれた。

普段、ほとんど歩かない生活していて韓国に行ったら、こんなに

歩くんじゃ、足もボロボロになる筈だと(⌒-⌒; )

今回は、本当に、靴と足に感謝emoticon-0109-kiss.gif

いつもの日常じゃない行事が多かった5月。

ipadで撮った写真を見て振り返ってみた。

帰国後、すぐに韓流仲間とのオフ会。新大久保集合なのに、

韓国料理じゃないお店へ。

f0152079_23331876.jpg

行ったのは、こちらのお店。いつもセッティングしてくれる

yさんのお勧め。トイレには感激した。

アメニティが沢山置いてあるし、綺麗で。さすが徹夜しても

大丈夫な街だと感心した(⌒-⌒; )

f0152079_23365264.jpg

サラダや副菜、飲み物はフリーで、各自。パンも美味しかった。

f0152079_2339958.jpg
f0152079_23383545.jpg


メインプレートは各自選択して。ここ、気に入った(^O^)

f0152079_234124100.jpg

来店記念にㄱㄱ

f0152079_2343272.jpg

次は主人の実家のお祝いで、家族が集合。

国内だけでなく、義姉はドイツから。

f0152079_2346140.jpg

六本木の東京ミッドタウンのテラスのある部屋を貸しきり。

テラスから、見えた下の景色。

ここ、ライブ会場の奥にあるので、そんな場所にも@@

f0152079_23513481.jpg

夜景も綺麗だった。翌日から、義理の一家は金沢へ。

義母と義姉は長旅はきついと、北陸新幹線で。

残りのメンバーは、うちの車で、出発して、金沢駅で

義母達をピックアップ。レンタカーを借りても、

セダンでは全員乗れなくて、バンを借りるのなら

東京から、うちのVOXYで行けば、新幹線代も浮くという考えで。

f0152079_23582752.jpg

娘がラインで送って来た金沢城。

f0152079_23595469.jpg

義母がお気に入りの宝生寿司。ここ目当てで、また金沢に行きたいと。

2年前には連日行ったので、今回は再再訪門。

f0152079_0155372.jpg

他にも、ネタが乗りきらない大きさのお寿司屋さんにも。

こちらも紹介で。寿司処松の。量が多くて、全部食べきったのは

うちの主人だけだったようで^^;全く、寿司三昧の旅^^

宿は温泉宿の料理が美味しいと好評の所を金沢で長いこと銀行の

支店長をされていた方の紹介で。離れ丸ごと借りたら、めちゃ広かった

そうで、3~4家族が一緒に泊まれる程だったと。

しかし‥‥翌日の朝、乗ろうとした運転手側の後部、

見事にザアっと擦り傷で、当て逃げされていた。

帰宅が夜中で、帰るなり、当て逃げされたと言われた私は、

どうすれば?すぐ、保険会社に連絡したら、

取り敢えず、近くの警察に行って事故証明を取って下さいと。

翌日行ってみたら、当て逃げされたら、すぐ管轄の警察署に届けなきゃ

いけないと。乗って帰宅したら、どこでされたかの証明が出来ないそうで。

結果、保険料の値上げ、等級等を計算して、自腹で修理。

留守番してたのに、私の車だからって、頭に来たけど、

すでに解散後だから仕方なく。

f0152079_0191064.jpg

後半には、母の米寿の祝い。初ひ孫のお披露目も兼ねて、

私の家族の集まり。

f0152079_0214146.jpg

場所は渋谷のこちら。父のお墓が青山なので、

ここはよく使わせて頂く場所。眺めが最高だから。

f0152079_0235047.jpg

広い窓から見える景色は圧巻!新宿方面をビルの上から、

遮る物なしに見ることが出来る。

そんなこんなで、非日常の行事が多かった5月も終わり、

急に行くことにしたリベンジの韓国旅行。

直前の決断は私にしては珍しい。。。と、いう事で、

次からは6月の旅日記の始まり^^


by andegenni | 2016-09-18 06:00 | 四方山話 | Comments(0)

2016年4月 大邱中心の旅 part58 昌信洞ロケ地回り2~帰国

夜のドラマは重なるので、再放送で録っている衛星劇場のドラマ。

水曜の午後は『彼女はキレイだった』

今週分を見てみたら、何も説明せず、別れたハリとソジュンが、話を

きちんとする為に訪れた夜景の綺麗な公園、まさにここだった^^

f0152079_18391893.jpg
帰りがけに写したボケ写真だけど、ドラマで夜景が出て来た瞬間に確信♪

この写真では奥の遊具の前にある木のまえ辺りだと思う。

東大門のDOOTAが近くに見えて、ソウルタワーも見えるっていう

夜景はここならではだと思ったし^^

ここも、なんだかんだで、定番になって来たなと思った。

f0152079_18402950.jpg
『未生』でチャン・グレが降りて来た階段を写して来たけど、

上に見えている木のどちらかの前が、二人が座っていた場所。

f0152079_18405705.jpg

この階段を登って来て、足を止めて夜景を見ていたグレ。

代理が訪ねて来た時や出かける時にも、何度か登場した。

ここを登ると、公園の階段の下に出る。

f0152079_18413322.jpg


階段を下ると、こちらの門のある家。

f0152079_18444422.jpg

f0152079_18434090.jpg


門のある家からの道と、その道を振り返って。

どちらも、出勤シーンや、代理を送るシーン、

早朝の出勤シーンで登場した。

f0152079_01514651.jpg

再度、坂道を登って、三日不動産の手前まで行き・・・

f0152079_01521982.jpg

手前の分かれ道で、下の道へ。

f0152079_01524136.jpg
下に降りる階段の一つ。最初に昌信洞へ娘と来た時は、

下のバス通りから登って来た。今思えば、地図だけで、最短距離を

選ぶという暴挙だったようで、ルートを考える際には、

アップダウンが最重要だと思うようになった。

f0152079_01530132.jpg
こちらの通りを進むと・・・

f0152079_18544817.jpg

左側にこちらの階段。棋士を目指していた頃のグレと、現在のグレが

すれ違うシーンで出て来た所。ならば、

この上が家?かと思いきや、全く違うし^^;

f0152079_18570201.jpg

f0152079_18575736.jpg
その階段から降りて、左へ行く道は、グレが家との行き帰りに

通る道として度々登場。

f0152079_18585779.jpg

右手のこちらの階段から、駆け上がって来るシーンもあった。

見下ろしたけれどこの階段だとしたならば、左側にグレの家がある筈

だけど、見えないとパスしてしまった私(T_T)

f0152079_20192044.jpg
後日談になるけれど、帰国後も気にかかって気にかかって、

ついに私にしては珍しく中2日しかとれない日程で、翌月訪韓。

結果的にこの階段だったようだ。曲がりくねってる階段なので、

下まで見えなかったのが敗因。(写真は6月訪韓時のもの。)

f0152079_19032503.jpg

グレの家と同じ方向の景色なのに、カメラ小僧も入れず・・・

f0152079_19041545.jpg

ここか?それともここ?いや違う・・・と、雨の中彷徨うこと15分。

ついに諦めて・・・

f0152079_19045721.jpg

f0152079_19071480.jpg

グレが早朝、出勤時に通った道。この道は、ドラマに出て来た時に

すぐにわかった。塀の中はソウル昌信小学校。

最初にここへ来た時、娘とここから登ったので。

なので、ロケ地が昌信洞であることもすぐにわかった^^

f0152079_19080375.jpg

大通りに出た所。ここもドラマに出て来た。

f0152079_19083420.jpg
電話ボックスと反対側に、バス停。ここから鍾路03のバスに乗って、

東大門駅まで。ずぶ濡れだから、バスに乗る前に、ポンチョを脱いで、

ビニール袋に入れて乗車。東大門駅から一駅乗って、文化歴史公園に

着くと、またもそのポンチョを着てホテルへ。

もう、これ以上は、洋服も、靴も、ましてやカメラも無理だと判断。

同じ日、満作さん父子はホテルから空港へ直行だったそうで、

その方が賢明な天気だった。

ホテルで、預け荷物の部屋に行き、着替えを取り出してトイレで

全とっかえ。再度、ポンチョを着て、スーツケースにはカバーをかけて、

退渓路6街のリムジン乗り場へ。ようやく着いた!とバス停の

ベンチにどっこいしょと腰かけて、大失敗!

ずぶ濡れベンチでせっかく着替えたのに、再度、お尻がずぶ濡れ・・・

風雨はこりごりだ(T_T)

仁川行きが行ったばかりの時に着いたんだけど、可愛い女の子二人組が

やって来て、リムジンは行ったかどうかを英語で尋ねられ・・・

ちょっと前に行ったと言うと、残念だと言いながら、少しお話。

台湾からの二人組^^ところが、次に来たのも仁川行き。

金浦行きはどうなってんだ?と思った頃、ようやくやって来た。
f0152079_19424749.jpg
予定を諦めて、かなり早めに空港まで行ったので、入口でスーツケースを

預けてロッテモール内で過ごすことにした。

まずは、ロッテマートのキム先生で食事。

ひとつ食べてから、あ!写真忘れた!で、欠けてしまった写真^^;

家族のために、2パック持ち帰り用に包んで頂いた。

隣にいた女性がとても愛想よくて、日本人ですか?と英語で尋ねられた。

彼女は香港からだと^^旅の最後に、やはり旅立つ前のあちこちの

国の人に話しかけられた^^

時間が有り余っていたので、ロッテマートで、必要もないものまで

沢山買いこんでしまった。
f0152079_19440495.jpg
金浦で搭乗手続きした後、まだ時間が余って、こちらのラウンジに

行ってみた。私がいつも利用するカードラウンジだと思い。。。ところが、

同じカードでも韓国発行のカードじゃないとダメだと言われて・・・
f0152079_19452753.jpg

f0152079_19453549.jpg
仕方なく、こちらへ。

f0152079_19460421.jpg
イチゴのスムージー。
f0152079_19462611.jpg

こちらも、人がいなかったせいもあるけれど、静かでよかった^^

最終日の予定を諦めて心残りではあるものの、アシアナ最終便で帰国。

f0152079_22113726.jpg


帰国便の機内食。少しだけ食べたけど、最近は機内食はほぼ食べない。

6月はLCCだったので、機内食はなかった為、しばらくは機内食の

写真は撮れないと思うので、最後に。


今週、地元の友人と会った際、ある所には行ったことある?と

訊かれて・・・ブログ内検索の方法を教えてあげた。

右のカテゴリーで、行った旅ごとのインデックスはあるけれど、

ジャストポイントで見つけたい場合は検索が便利。

例えば、彼女が聞いた「三清閣」だったら、それを検索の窓に入れれば

三清閣の文字が出て来る日記の一覧が出て来る。その中で、

タイトルに三清閣が出て来るものが、メイン日記。

検索を使うと便利なので、お試しあれ^^

長い長い4月26日~5月3日までの旅日記は、これにて終了。

少し休んで、次は6月の旅日記を書こうと思う。よかったら

また、超個人的な、自己満足の旅日記だけど、読んで下されば

嬉しいですemoticon-0115-inlove.gif



by andegenni | 2016-09-16 06:00 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(2)

2016年4月 大邱中心の旅 part57 昌信洞ロケ地回り1

傘が壊れてしまい捨てたので、ポンチョだけで行動。そのせいで、

写す時だけカメラを取り出して・・・なので、カメラも濡れてしまい、

レンズカバーとレンズの間のくもりがひどくなってきた。

ここからの写真は、全部雨の中での撮影となるため、

焦点が合わないんじゃなくて、レンズが曇っている為のピンボケ写真(T_T)

f0152079_01200645.jpg

駱山公園まで行くバスは、鍾路03というマウルバス。ここは、

公園一つ手前のバス停。バス停名は、낙산삼거리@駱山三叉路。

普通は交差点だと、사거리@四叉路なんだけど、ここは3つ♪

f0152079_01201182.jpg

向かい側、山を下る側のバス停。ここは、映画『建築学概論』で、

大学からの帰りに、主人公の二人、スンミン@イ・ジェフン

(大人になってからはオム・テウン)とソヨン@ぺ・スジ

(同じくハン・ガイン)が降りた停留所。向きが逆なのはご愛嬌^^;

f0152079_01201599.jpg
停留所のすぐ脇の道を二人は歩き・・・

f0152079_01253790.jpg
向こうの分岐点にあるスーパー前で、親友ナプトゥク@チョ・ジョンソクに

ばったり出会う。浪人生の彼とは、この左側の塀(もう少し先)前に

出ていた屋台で呑むシーンも。

f0152079_01254243.jpg

出会ったスーパーは分岐点。

f0152079_01254700.jpg


二人が歩いた方向の右へ私も進んでみた。

f0152079_01271940.jpg

f0152079_01275747.jpg

途中には、可愛い幼稚園もあった。

f0152079_01280358.jpg

あまりにも雨がひどく、トンネのハラボジ達の溜まり場だろう、

こちらの亭子で雨宿り。椅子と、将棋セットが置いてあった。

レンズカバーのリングを回して、内側のくもりと

レンズのくもりも、タオルで丁寧に拭いて・・・

f0152079_01284701.jpg

亭子から撮った景色。レンズのくもりがなければ綺麗に撮れるのに・・・

f0152079_01290911.jpg


再び、元の道に戻って、坂を下る。

駱山の城壁から見える、あの特徴的な家並み。

f0152079_01292729.jpg

所々に公園もあって、足があれば、高台で景色もいいんだけど、

歩くにはアップダウンがあってきつい。

もうレンズが曇り始めたけれど、屋根もなく、諦めた。

f0152079_01293281.jpg

左側に大きな駐車場が見えると、その脇の道を奥まで行く。

f0152079_01300035.jpg

そこから降りる、こちらの坂が、

一番印象的なシーンの数々が撮影された場所。

f0152079_01303876.jpg

坂の右手の壁には、可愛い鍵盤と子供達。

f0152079_01310966.jpg

坂下の向かいの壁も、カラフルで可愛い。なんて撮っていて・・・

滑るからと恐る恐る、用心して降りていたにも関わらず、最後に

下の道路との境にある金属の格子の排水溝の上に足を乗せた途端、

思いっきり転んでしまった。カメラは落としちゃなんねぇ・・・と、

片手は挙げたまま転んだので、あまりの痛さになかなか起き上がれず・・・

丁度、下の道路にいたアガッシ達数人が、大丈夫ですか?と声をかけて

くれた。が、逆に恥ずかしくて、大丈夫大丈夫と、無理して立ち上がった。

しばらく、痣が残ったっけ^^;

f0152079_01315405.jpg


f0152079_01323827.jpg

下の道路から見上げた坂。映画によく出てきた場所は、右側の階段部分。

アドリブだったとインタビューで聞いて、ビックリしたナプトゥギの

キス講習。あのヘビキッスのシーンには、毎度笑わせて貰った。

彼ら二人はこの映画で知名度があがり、その後は主役をはれる

いい俳優に成長したなと思う。

f0152079_01331683.jpg
左側のピアノ教室の場所には、映画では「貞陵洞」の看板があって、

ドラマでも映画でも、実際の撮影地をごまかす為なのか?

全く方向違いの場所の設定とされることが多いな・・と思う今日この頃。

f0152079_01343664.jpg

下の道路の壁際にいた私。そこからの右側の坂道。傾斜が半端ない。

f0152079_01350303.jpg
左側の道路。この先は、左へ進んだ。

f0152079_01355782.jpg

家の設定の方向から歩いてきたので、先に見えて来たレンタルビデオ店。

映画で登場したがどう見ても、営業しているようには???

閉店して看板だけ残っているのか?

f0152079_01362288.jpg

ビデオ店前から、彼女が手を振っていた読書室前を見た所。

で、この読書室という建物は実際には鍾路総合社会福祉館。

最初に娘と訪ねた時、下から見上げて、天空の城かと思う程

高台に聳え立っているように見えた建物。

駱山頂上から降りた方が、どれだけ楽か^^

f0152079_01364885.jpg

映画では、スンミンとナプトゥギが歩いて来た坂道。

ここら辺りのあちこちを使っているので

実際に回ってみると、あれ???の方向だけど。

f0152079_01365351.jpg

この通りから下へ降りる路地も急と言うか・・・

登る方向だと今はもうあかんかも・・・

f0152079_01443552.jpg

ビックリするほど、様変わりしていたドラマ『ファッション王』の工場。

この数年後、イ・ジェフンはここでまた撮影したのね^^

f0152079_01450042.jpg

駐車場の向こうに、背景として写っていた青島水産の看板。

ここはドラマ『シークレットガーデン』でキル・ライム@ハ・ジウォンの

家を訪ねて来たキム・ジュウォン@ヒョンビンが車を停めていた駐車場。

でも、かなり変わってしまっていた。

f0152079_01461923.jpg
駐車場からキル・ライムの家を。前に来た時は、中にアジュンマだか

ハルモ二がいらしたけれど、どうも空き家になっている様子だった。

f0152079_01465027.jpg

再度、青島水産前に戻って。この坂道のこの辺りでは、

ドラマ『オ・ジャリョンが行く』で新車を買ったジャリョンが

この青島水産と三日不動産前から車に乗って坂を下るシーンがあり

見送る両親の後ろに、この2軒の文字が写っていて、どこだかわかった^^

この先の左側には最初に来た時、花に水をやっている怖い顔のアジョッシが

いらして、道を尋ねたら、わざわざ案内して下さって、

人は顔じゃわからないと感激した思い出も^^

f0152079_01471987.jpg

 坂道の右側にある公園。上の駐車場からだけ写したから、

中に入ったのは初めて。へぇ、당고개공원って言うんだ。

당고개とは、駅名でもあるけれど、堂の峠という意味。

f0152079_01475868.jpg

トイレもあって、こわごわ利用した。何しろ、ずぶ濡れで寒くて・・・

f0152079_01483219.jpg

公園から下に降りるこちらの降り口の塀では『シークレットガーデン』で

ライムが腰かけていたり・・・ドラマ『清譚洞アリス』で

セギョン@ムン・グニョンの元恋人のインチャン@ナムグン・ミンが

このトンネに住んでいる設定で、この場所でのシーンがあったっけ。

また、次のパートでも紹介する予定の、ドラマ『未生』でチャン・グレが

帰宅途中に足を止めて、夜景を眺めていた場所でもある。

f0152079_01490072.jpg

ここからの夜景はとても素敵なのはわかるけれど、この時はさんざんな

景色。精密機器なのに、一眼レフをずぶ濡れにしてしまい、

この後、度々、調子悪くなった(T_T)

だけど、ここから下るしかなく、この後も、

だましだまし撮りながら降りた。


by andegenni | 2016-09-14 06:00 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(0)

2016年4月 大邱中心の旅 part56 梨花洞~駱山ロケ地巡り


再び、城壁の内側の道を、今度は少し下った。

f0152079_22074953.jpg

目的は『匂いを見る少女』のチョリムの家。近づくと、コーヒーと

飲み物の絵と개뿔という名前。下の階段側のお店と同じ建物だから、

同じ名前なのは当然だけど。

f0152079_22094232.jpg

こちらの坂道は、前のpartの畑の前の道を登って来た所なんだけど、

下の通りへ降りられる階段の部分がアーチ状になっていて、

KNでもうすぐ最終回の『タンタラ』というドラマで、よく登って来た

坂道。グリン達の住んでいる家は、北岳山の登山道の途中にあるんだけど、

ドラマの中では、この坂の上という設定で。

チョリムの家と並んで、隣に鉄板牧場というお店があるのが見えていた。

f0152079_22102516.jpg
f0152079_18030575.jpg


チョリムの家は、城壁沿いのこちらの2階部分を使用していた。

下のカフェはTAKE OUTの専門かと勘違いしていたが、このテラスで

飲む場合も、やはり、下でオーダーしないとならなかったようだ。

f0152079_22121619.jpg


下の道と、上の道の両方から入れるようになっていて、

上の道からは階段で降りて・・・

f0152079_22124697.jpg


結局、下にあるお店で飲み物をオーダーしたら、

中は自由に見れるということが判明した。

傘が完全に壊れてしまったので、こちらで捨てて頂くことにして、中へ。

f0152079_20432977.jpg


入った所にあるテーブル席。奥に、石塀があって、

それを壁としてここでも、トイレでも利用してあった。

お店の名前「개뿔」なんだけど、よくドラマでも出て来る言葉で、

「とんでもない」とか「ありえない~!」の意味だと思っていたが、

さっき調べたら개→犬で 뿔→角だから、犬に角なんてあり得ないって

所から来たようだ^^

ここで飲むと伝えて、リュックを背負ったまま着ていたポンチョ(この

ポンチョはIKEAで買って、大きめで長めなので大活躍)を脱いで

f0152079_20500557.jpg


中を見学する事にした。靴を脱いで、家の中へ。上がり框に、

履物を脱いでお上がり下さいの文字。

f0152079_20515329.jpg

f0152079_20515953.jpg
f0152079_20522134.jpg
f0152079_20522546.jpg
f0152079_20530076.jpg
上がった所にあるお部屋に、テーブルと椅子が置いてあって、

店員さんの言っていた意味が判明した。どこで飲まれますか?って・・・

どこでもOKなんだと^^ワインのコルク抜きだとか、アンティークの

コレクションが並んだお部屋でコーヒーっていいかもね^^
f0152079_20552771.jpg
f0152079_20572490.jpg
f0152079_20572814.jpg

時計も、鍵やなんだか用途のよくわからない組み合わせの道具や、

いろんなものも並んでいた廊下部分から、階段を上がると・・・
f0152079_20573562.jpg

2階にもこんなスッキリしたお部屋が。写真は撮ったけれど、

埃だらけで汚いはめ殺しの窓が、先ほどの2階のテラス方向にあり、

城壁と昌信洞の家並みが見えた。

チョリムの家も、外観だけで、中はセットだったから、

実際の中は、ここでしたということで・・・チャンチャン♪

f0152079_20582566.jpg
温かいラテで少し温まって、ここで、LINEしたりして小休止。席から表の

注文だけのカウンターの建物を。またポンチェを着て外へ。。。

f0152079_21185017.jpg
再度、同じ道を登って、本格的に城壁内側の道を頂上まで登ることに。

f0152079_21202785.jpg
最後に振り返って。左の『弁護士は恋愛中』のジョンウの家の

看板には・・・キム・ミヨン 七宝研究所の文字。

この通り、美術関連がとても多かった。

f0152079_21242984.jpg
城壁の道は、横殴りの雨状態で、フードも飛びそう・・・

『華麗なる遺産』でウンソンが弟を連れて自殺しようとした場所も、

木が斜めに・・・
f0152079_21274729.jpg
この城壁から眺める昌信洞の家並み、大好きなんだけど、

風雨で霞んで・・・

f0152079_21291691.jpg
『最高の愛』でトッコ・ジンが椿お嬢さんの話をした夜景が綺麗な

場所も通りすぎただけで・・

f0152079_21314076.jpg
f0152079_21321064.jpg
駱山頂上の遊び広場へ。ほとんど、人がいない。

傘もさせないから当然だけど・・・

『パリの恋人』以来、たくさんのドラマで使われてきたこの広場。

f0152079_21344259.jpg
少し下がった所にある、公園下の入り口に続く階段上は、

『カインとアベル』で夜景を見に来た場所だけど、

整備されて、木が伸びて、雰囲気が変わっていた。

f0152079_21372462.jpg
使う人もいない、雨に濡れた健康器具たち。
f0152079_21374433.jpg
f0152079_21374966.jpg

『ボスを守れ』とかでも出てきた城壁の門@암문を抜けて・・・

f0152079_21432521.jpg
外階段を降りる。この先の城壁はカーブしてて、『私の心が聞こえる』で

ウリとマルが歩いていたり・・・あのカーブは、

城壁からしか撮れず、雨だから怖いしで、パス!

f0152079_21465175.jpg
降りて来た門を下から。

f0152079_21472123.jpg
駱山公園の文字のある入口方向。この辺りって、『私の残念な彼氏』で

カン・ヒチョル@ユナクがジナに別れを告げていた辺り。

f0152079_21530987.jpg
私が下の道に降りたのは、この場所の為。

『オーマイビーナス』でラブラブだった頃、寒い時期にアイスを

食べながら、この柵の前辺りで、カン・ジュウンがイム・ウシクに

弁護士になると宣言した所。階段を登って、再度、城壁の中へ戻り・・・

f0152079_21563540.jpg
ここまで来たからには…と城壁沿いの道を登った。

『グロリア』でよく出てきたっけ。

f0152079_21593271.jpg
下に、前に来た時にはなかったこんな場所が出来ていた。

そう言えば、駱山に間違いないのにこのベンチはどこにあったっけ?と

思うドラマがあって。。。ここだったんだ!

f0152079_22014607.jpg
遊び広場側から見ると、こんな感じに出来ていた。
(門に行く前に撮った写真)

f0152079_22032742.jpg
一旦下に降りて、階段を登って・・・ふむふむ・・・

『私の残念な彼氏』もここだし、『女を泣かせて』もここだったと確認。

もう、傘もないので、カメラが雨ざらしでどうやっても、曇ってしまって、

そろそろ限界かと・・・降りることにした。

f0152079_22060043.jpg
マウルバスの終点でもある、駱山公園の入り口付近。

ここから、ロケ地巡りをしながら徐々に降りる予定。

しかし。。。カメラ、壊れるかと思った。。。



by andegenni | 2016-09-12 06:00 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(0)