<   2016年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2016年4月 大邱中心の旅 part25 大邱7 いざ、ピスル山へ@後編

f0152079_1582731.jpg

ようやくやってきた大見寺。お釈迦様の誕生日前で、提灯がビッシリ♪

f0152079_151044.jpg

4棟で構成されている。歴史の古いお寺だけど、今のお寺の建物はまだ最近

復元されたものだそうで、新しく見えた。こちらは右側にある建物。

f0152079_15284627.jpg

メインの建物。대견보긍大見寶宮。読経中だったので斜めから。

f0152079_15335525.jpg

崖の上の塔に向かう途中、振り返って全景を。

f0152079_15351755.jpg

崖の上に立つ塔。とても印象的な場所だった。

f0152079_15362940.jpg

f0152079_15371584.jpg

塔の近くからの左右の景色。

f0152079_15382313.jpg

大見寺の左側の岩場の間に登って行く階段が見えた。あそこを登るみたいだ。

f0152079_15402737.jpg

降りる前にもう一枚。高所恐怖症気味なので、周りを回るのは無理^^;

ここにもやはり福田函。賽銭箱を福田って言うのを馬耳山で初めて知ったっけ。

f0152079_15433534.jpg

登り口の前にある案内板。公営駐車場まで3.25キロなら、歩く人もいるわけだ。

f0152079_1546744.jpg

岩塊流っていうのか・・・って、漢字しか読んでないし^^;

f0152079_154812.jpg

さて、登ろうか・・・結構きつい所もあるので、お寺までしか行けない人もいる

だろうな・・・と思った。

f0152079_15494648.jpg
f0152079_15501690.jpg

で、君たち、そんな所で文字通り高みの見物かい?景色を?人間を?

f0152079_1681230.jpg

f0152079_169816.jpg

下りに差し掛かると、目の前には広大な草原アニ、チンダルレの群生地。案内の

文字では참꽃군락시チンダルレの群落地。日本語にも群落はあるけれど群生の

方が馴染みがあるかも?残念ながらほぼ終了状態で、わずかに残っているのみ

だったけど、真ん中辺りにサークルもあって、満開期にあそこに行けば夢の様

だっただろうと・・・祝祭の予定は年度毎に決められるから、お天気によって

ずれる満開期に合わせるのは難しいんだろうな・・・と。

『推奴』の撮影もこの原で行われたと案内板で説明があった。

f0152079_1613294.jpg

左側を見ると、高い位置に東屋。向かっている人も多く、結構大きな音でお経も

聞こえて来て、あの高さから???

f0152079_16152483.jpg

少し降りて行くと、階段の途中にお坊さんがいらっしゃるのがわかった。

f0152079_1617310.jpg

f0152079_16173290.jpg

寄りそう「兄弟岩」。

f0152079_16184823.jpg

f0152079_16203031.jpg
f0152079_16205813.jpg

左右の景色の中に、現代的なものがないのも、史劇に最適な景色だと思った。

f0152079_16231382.jpg
f0152079_16234117.jpg

上監母子岩って、王の親子ってことかな???

f0152079_17104762.jpg

お坊さんと、頂上近くの東屋を一緒に写して、ここから引き返すことにした。

f0152079_17121346.jpg

f0152079_17131618.jpg

真上から見下ろした大見寺の塔。少し降りると更によく見えた。

f0152079_17165339.jpg

途中から見える岩山と市街地のコラボ。

f0152079_1719624.jpg

躑躅の原の方と違い、こちら側は険しくて、降りるのも難しそう・・・

f0152079_17211721.jpg
f0152079_17213898.jpg

再度、躑躅の原へ。真ん中のサークルへ続く道。

f0152079_17232468.jpg

躑躅の原から東屋を。わずかに残るチンダルレ。

f0152079_17264575.jpg

f0152079_17272343.jpg

参禅岩@座禅の岩。なるほど・・・

f0152079_17295763.jpg

気の岩。

f0152079_17311777.jpg

真下辺りが大見寺だから?とか思って。。。そろそろ戻ろう。

f0152079_17335999.jpg

最後に東屋を。この写真の構図、何気にお気に入り^^

f0152079_17353068.jpg

降りる時に撮った一枚。岩の形が違うから。

f0152079_17424587.jpg

f0152079_17431278.jpg

降りたら左の岩に亀裂があったので、入ってみた。

f0152079_17452285.jpg

建物の裏手というか、横手にあたるこの部分の続きに・・・

f0152079_17463933.jpg

磨崖仏があった。見落とすところだったかも・・・

f0152079_17501172.jpg

建物のすぐ後ろには岩山。近くまで車で来られるから、観光客も多いけれど

昔はここまで登ってくるのは大変だっただろうなと思った。

撮影地の看板で칼바위@刀岩で撮影っていうのがあったが、案内図には刀岩の

名前はなく、どこだかわからなかったけれど、もうこれでいいかなと下山・・・

f0152079_17553778.jpg

帰りは予定通り、シャトルバスで。満員だと思ったら、2台目に乗れと・・・

一度に2台で発車した。車内は豪華なんだか?ダサいんだか?笑)電気自動車

よりは早い速度で、すぐに到着♪

f0152079_17575279.jpg

行きには時間がなくて写せなかったので、電気自動車をパチリ♪

f0152079_1759822.jpg

登りのチケット売り場。圧倒的に多い、登山着姿。

f0152079_1804041.jpg

今年のつつじ祭りの日程表。この日は4月29日。右手に売店や屋台が出て

いたのでそっちに行ってみると、観光案内のブースもあった。達城郡の地図を

頂いて、確認していたら、同じ週の初めにYuckyさんの行かれた道東書院の

場所が、ピスル山からなら割と近い。次はマビジョン壁画村とその手前にある

仁興マウルに行くつもりだったけれど、せっかくここにいるなら、道東書院へも

行きたくなった私。係の方に相談すると、バスはないから、タクシーで行くと

かなりかかるし、待ってもらわないといけないから、その分もかかるし、その後

行く所はかなり遠いから・・・一人でタクシーだとかなり高額になると。ちょっと

待っててくださいと言って、同僚の方に相談しに行かれて・・・戻って来られて、

同僚の幼馴染がタクシーの運転手をされているので、メーターではなくて、時間で

達城郡内を回ってくれるかどうかを今、問い合わせていますと。男性の職員さんも

来られて、OKだったと。時間当たり、2万WでOKだそうです。おそらく2時間半

あるいは3時間程度だと思いますが、いかがですか?って^^勿論、大歓迎!

来られるまで、ジャンボフランクとか食べてお腹を満たして・・・

f0152079_18102074.jpg

お迎えのタクシーまで見送ってくださったお二人。ピンボケになってしまい

申し訳ない。お世話になりました♪マビジョンで同じ韓服を着た職員さんが

いらっしゃるので、そちらにも寄ってくださいとの伝言、確かに実行して

来ましたよん^^ローテがあって、達城郡内をあちこち回っていらっしゃる

ってことだった。到着早々から、達城郡の皆様にはお世話になりっぱなし・・・

では、運転手さんと一緒に、達城郡の名所回りツアーに出発♪

by andegenni | 2016-06-29 06:00 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(0)

2016年4月 大邱中心の旅 part24 大邱6 いざ、ピスル山へ@前編

チェックイン時にお願いしていた朝食を7時過ぎに届けて下さった。

f0152079_2026102.jpg

ドリップしたコーヒーと、温めてあった少し甘い餡入りのパン。茹で卵もまだ

熱々で、ミニトマトまであって、朝食には十分^^日本から、パルスィートと

カロリーオフのクリープを適量合わせたものを、ジップロックに入れて持参して

いたので、適当に混ぜて飲んだ。カップ用のドリップコーヒーと、紅茶のティー

バッグは基本的に数個いつも持って行くし。珈琲も淹れて、サーモスに入れて。

冷蔵庫の中にはジュース類もあって、コンビニに寄る必要がなくて助かった。

大邱に行くにあたり、東大邱界隈と大邱界隈で迷ったけれど、駅に近いこと、

繁華街にも近いことで、こちらのホテルに決定した。Expediaで1月末に予約。

シングルで5343円。当時より、円が上がっているから、今はどうだろうか?

この日は、自力でピスル(琵瑟)山へ行く日。自分なりにルートを考えたけど、

辿り着けるか?ちと心配しながら、出発!

f0152079_2053986.jpg

f0152079_20542765.jpg

3泊お世話になったGOOD STAY NEW GRAND HOTEL。

f0152079_2057399.jpg

f0152079_20574751.jpg

ホテルのすぐそばにある煉瓦の門から地下鉄の乗り場を。振り返り、門を。

1号線に乗って、終点の大谷駅へ。週末は、ピスル山まで行くバスがあるが

平日には途中までしかないし、シティツアーも満員でダメだったので、苦肉の

策で、遠回りのルートになるけれど、幹線道路で降りて来るか来ないかわから

ないタクシーを待つより、人がいるとわかっているルートで行くことにした。

f0152079_2131890.jpg

大谷駅の1番出口の先から急行4バスに乗車。週末ならば、2番出口の先から

急行8に乗って、용금공단앞건너停留所で降りて(平日もここまでは行ける)

向かいのバス停から600番バスか달셩5バスに乗り換えて비슬산휴양림주차장

ピスル山休養林駐車場で下車。ところが、600番も達城5番も週末しか運行して

いない。週末は大谷駅から600番一本でも行けるが、かなり大回りだし、1日

10本なので、調べて行かないとかなりのロスタイムになる。平日に公団で降り

ても、幹線道路沿いでタクシーは無理だと判断して、急行4に乗って降りたのは

달성우체국건너達城郵便局向かい。ここにしたのは、平日なので郵便局には

人がいることと、歩いて行ける所に小さなバスターミナルがあって、カメラ

小僧で、タクシーがいるのを確認してあった。郵便局の対応次第で、断られ

たら、そこまで歩いて行こうと思って。大谷駅からタクシーで・・・も考えた

けど、そこは大邱市で、ピスル山は達城郡。行政地域が違う場合、帰りは

空車になるので、嫌がられることがある。そこで、同じ達城郡までは行こう!

そんな判断だった。急行4は配車15分なので、しょっちゅう来るし^^

f0152079_21175322.jpg

個人で行く人は少ないだろうけれど、一応、ピスル山休養林への行き方をHP

より。郵便局まで、結構時間がかかったけれど、バスの乗客で同じ停留所で

降りる老夫婦がいて、逆に方向を教えてあげた私^^;郵便局の先は小さな

市場になっていた。郵便局前でお別れして・・・中で、図々しくも事情を

話したら、コールタクシーを呼んで下さると。5分で来ると言われて、トイレ

までお借りして・・・出ると、もう来てますと^^;

f0152079_21233661.jpg

お世話になった職員さんのおひとり。お礼にチョコをひと箱置いて来た^^

ピスル山までは1万Wで行けたし、上の電気自動車の乗り場まで行ってくれた。

つつじ祭りの開催中で、係員も沢山いて、この人、日本人だからとチケットの

売り場まで案内してくれて、帰りに必要なら呼んで下さいと名刺も頂いた。

f0152079_21313641.jpg

電気自動車の乗り場。向こうに見えるのがチケット売り場。片道5000W。

f0152079_2133317.jpg

もう出発するので急いでと言われ、1枚しか撮れなかった電気自動車。最後列

しか空いてなくて、母子連れのお二人と共に乗車。祝祭期間中の週末は待ち

時間が長いという情報だったけど、待ち時間0で拍子抜け。。。

f0152079_23482889.jpg

タクシーの運転手さんが、もう1週早く来れば綺麗だったのに・・・と言われた

ので、期待できないなと思ったけど、まだ車内から見れたからよかったかも。

f0152079_23502250.jpg

f0152079_2351135.jpg

f0152079_23512888.jpg

f0152079_2352583.jpg

f0152079_23522564.jpg

山の上まで行かなくても、休養林でもキャンプとかできるみたいで、歩いて

登っている人も。渓谷もあるし、祝祭中だから、テントの屋台もあった。

母子連れの方が、엿@飴のパックを出して、私にも勧めて下さった。あちこち

観光地でみかける飴のパック。歯にくっつくのが難だけど、美味しかった。

f0152079_23551424.jpg

降りるとすぐにこちらの撮影地案内の看板に突進!笑)

f0152079_23563965.jpg

『推奴』の撮影地は全国津々浦々、済州島まで行って、7,8割は行った私。

こちらのピスル山と、海南にある達摩山は、1人で行くにはちと難しいかと断念

していた場所。だけど、Yuckyさんはじめ、いろんな方が来られた記事を読んで、

是非行きたいと思い始めた私。ようやく来たぞ~~~!

f0152079_00380.jpg

『大王の夢』と・・・

f0152079_0054100.jpg

『チャン・ヨンシル』蒋英実も撮影したみたいだ。

それぞれの看板には、撮影場所の説明写真もあって、親切な看板だと思った。

f0152079_071119.jpg

f0152079_074418.jpg

f0152079_082942.jpg

f0152079_085778.jpg

降車した辺りからの景色。最後の東屋は囲いがあって、風よけ、雨よけにも

なるから有り難いと思った。

f0152079_011482.jpg

f0152079_0121363.jpg

待機室と書かれた建物の横には、車いすと老人用の手押し車の貸し出しも。

これ、牧場でも見かけたけど、親切だなぁと。

f0152079_0135866.jpg

待機室の向こう側が帰りのチケット売り場。シャトルバスもあって、そちらは

片道4000W。帰りはそっちにしようかと・・・

f0152079_015361.jpg

バス乗り場。ちゃんと待機する東屋もあった。

f0152079_0155878.jpg

大見寺へ続く道。確かに、車いすと手押し車は必要な人がいるかも・・・

f0152079_0165923.jpg
f0152079_0172563.jpg

葉桜を見ながら。途中からお寺が近くなったのか「부처님 오신 날」@仏様が

いらした日@釈迦誕生日の提灯が。

f0152079_019558.jpg

途中の看板。そうよ、これを観に来たのよ・・・と願いつつ・・・

f0152079_0195949.jpg

「解憂所」と書かれたトイレ。すごいネーミングだといつも思うけれど、実に

的を得た名前。すっきりと憂さを晴らしましょ^^近くには屋台もあったり

して、祝祭時だけだと思うけれど、山上で購入できるってありがたいよね・・

f0152079_0215782.jpg
f0152079_0222650.jpg

こちらでは出演者の紹介。『推奴』のイベントが東京で開催された時には

主役3人と握手もしたので、お久しぶり~って感じで挨拶?

f0152079_0254990.jpg

f0152079_0264161.jpg

大きな岩が増えて来た。「코끼리바위」@象の岩って、これかな?

f0152079_028128.jpg
f0152079_0285115.jpg

f0152079_0292221.jpg
f0152079_0302438.jpg

f0152079_031898.jpg

いろんな大岩があるけれど、特徴のある岩には名前が付いていた。最後の岩は

小さな亀の岩。『推奴』の撮影もこの辺りで撮ったようだ。

f0152079_0324276.jpg

遠くに白い灯台のように見える展望台。後で行く道も見つけたけれど、あそこ

からの眺め、最高だろうなぁ・・・

f0152079_034955.jpg

一面のチンダルレの時期の写真と共に、あちこちにある岩の名前と位置の

一覧案内図。

f0152079_0352138.jpg
f0152079_0354663.jpg

もう大見寺はすぐそこに^^

f0152079_037132.jpg

大見寺の宗務所があって・・・

f0152079_0385969.jpg

千泉水と書かれた泉も。枚数が多くなったので、続きは次の後編で(@^^)/

by andegenni | 2016-06-28 06:00 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(0)

2016年4月 大邱中心の旅 part23 大邱5 夜の散策

1号線のアヤン橋駅から半月堂駅に移動。

f0152079_20112162.jpg

この駅、2号線との乗換駅でもあるので、地下もかなり充実。広場まであった。

f0152079_20141875.jpg

閉店後だけど、豪華な現代百貨店。2日後にも行ったけど。

f0152079_20161952.jpg

見上げると、高層のミソ(微笑?)CITYアパート。このアパートの向こうに

f0152079_20204437.jpg

近代路の旅行という看板があって・・・

f0152079_20221527.jpg

f0152079_2023157.jpg

目指した家へと続く道へ。左側にあるのは、詩人の李相和の古宅。

f0152079_20275925.jpg

右側には徐相敦の古宅。写した写真がピンボケで、この写真では奥にある。

f0152079_20302017.jpg

李相和の古宅の壁の奥にあるのは「1年後に届くポスト」。『青い鳥の家』で

遅く届くポストということで出て来た重要なロケ地。ここは、ドラマと同じ

ように夜に来るつもりだった。

f0152079_2034549.jpg

奥に歩いて行くと、ちゃんとドラマの看板もあった^^

f0152079_20344588.jpg

しかも、撮影シーンの紹介と共に、キム・ジワンとカン・ヨンジュという役名が

俳優の名前よりずっと大きく^^こちらの画像にもあるように・・・

f0152079_20384772.jpg

ジワンにこのポストのことを話し、早くからずっと待っていたヨンジュ。

だけど、ジワンはその時、会社の先輩を待っていて・・・

f0152079_20391727.jpg

用事を済ませた先輩と共に、やってくるジワン。そして、夜に再度やってきた

f0152079_20401932.jpg

ヨンジュは、決定的なシーンを目撃して、泣きながらバスでソウルへ。

ポストの先にも路地が続いていて・・・

f0152079_20455721.jpg

ピンボケだけど、子供達がいたり・・・

f0152079_20471236.jpg

f0152079_20485110.jpg

f0152079_20493055.jpg

路地も照明されていて・・・

f0152079_20565493.jpg

f0152079_20581036.jpg

大通り側からの入り口にはこちらの絵。ドラマでは、ヨンジュがポストを探し、

こちらの入口から入っていた。

f0152079_21185498.jpg

大通りに出ると、壁にタイルで肖像画があった。

f0152079_21204213.jpg

隣には太極旗。

f0152079_212255100.jpg

通りの反対側の高台には、大邱第一教会。

f0152079_21254231.jpg

こちら側には桂山主教座大聖堂。この二つは昼間に再訪予定なので、夜景だけ

観たくて。これで満足して、また散策の続きを。裏側へ回ると・・・

f0152079_21291117.jpg

f0152079_21294724.jpg

ちょっと高級そうな?前洞アンビッコウルというお店の壁画。

f0152079_21341081.jpg

f0152079_21351491.jpg

薬令市もお店は閉じた後でひっそり。

f0152079_21373629.jpg

まだ開いているお店も。

f0152079_21391683.jpg

薬令市にある大邱第一教会。こちらのは小さいけれど、名前は同じなのかと。。

f0152079_21405644.jpg

並びには薬令市韓医薬博物館に続く不老門。入ってみると・・・

f0152079_2143284.jpg

f0152079_21435131.jpg

f0152079_21454957.jpg

閉館後だけど、写真を撮るには十分な灯りが。

f0152079_2147080.jpg

カップルの邪魔にならないように、薬令門を抜けて外へ。中の左側には観光

案内所もあった。

f0152079_2149339.jpg

再度、通りに戻ると、こちらの少年と本が。題名から薬令関係の本だとわかる。

f0152079_21505739.jpg

ほとんどが閉店した通りで、まだ明るいEDIYA COFFEEの角を曲がり・・・

f0152079_2154239.jpg

昼間と反対側からチンコルモクへ。

f0152079_2213674.jpg

途中で、チンコルモク食堂というお店から出て来る人達がいたので、覚えて

いたけれど、二日後にそのお店に行くことになるとは思いもしなかった。

f0152079_2235575.jpg

f0152079_2243531.jpg

ここまでは初めての通り。で・・・

f0152079_2252852.jpg
f0152079_2254883.jpg

こちらの壁画と、小児病院とヤクジョンの入り口が見えて来たので終了♪

f0152079_2210235.jpg

大通りを渡って、ファッション通りへ。GIORDANO、また変わったんだ・・

ユ・アイン君、映画にドラマに大活躍だもんなぁ・・・

f0152079_22113696.jpg

f0152079_22122045.jpg

このPARIS BAGUETTEのある場所が、パク・クネ大統領の生家跡なんだ

そうだ。

f0152079_22143334.jpg

大通りを隔てただけでこうも違うのか?と思う程、まだ賑やか。HOF通りへ

行くために、ここを右折。MASS COFFEEってなかなか素敵なカフェだ。

f0152079_22172434.jpg

そろそろの筈・・・この77ケンタッキーチキンのお店、繁盛してそう・・・

f0152079_22185211.jpg

その隣のこちらのお店、多分ここだと思うんだけど、名前がトッキ(兎)停?

『ラブレイン』で合コンをした時のお店で、ブルガンホープという名前だった

筈?向かいのお店の店員さんが出て来たので、尋ねてみたけれど、前のお店が

なんだったか知らないと・・・Yuckyさんの記事でやはりそうだったと判明。

f0152079_22252642.jpg

最後に目指したのは大邱の有名店「珈琲名家」本店。

f0152079_22272026.jpg

f0152079_2229843.jpg

f0152079_22301223.jpg

落ち着いた店内。許可を得て撮った。4月いっぱいかも・・・と思い、この夜

行ったのだけれど、残念ながら、タルギケーキは完売。

f0152079_22324291.jpg

替わりにカボチャケーキを注文。結構ボリュームがあって、夕食替わりにも

なった。美味しかったし^^歩いて帰るにはちと遠いかなと、中央路駅へ。

スパイダーマンのいるCGVに再度寄って、上映中の映画と時間をスマホで

撮って。時間があれば映画も観ようと。

f0152079_22364093.jpg

大邱駅まで一駅乗って、3番出口から出ると、広場の隣はもうホテル。この

門をくぐって左側がホテル。広場の壁はホテルに接しているし。

f0152079_22391194.jpg

f0152079_2240614.jpg

3泊泊まったGOOD STAY NEW GRAND HOTEL。まあまあ広くて、

荷物の少ない私には十分なお部屋だった。しかも、口コミで朝食も頼めると

いうのがあったので、チェックイン時にお願いしておいた。簡単なものしか

ないけれどとアジュンマ。それでも、朝早く出るなら助かるので。

12時のKTXでソウルを発ち、なかなか充実した大邱の一日目はこれにて終了♪

by andegenni | 2016-06-26 06:00 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(2)

『삼시세끼』에 빠졌어^^;

先月、友人たちとお茶した時、ケーブルテレビでLALAが観れる友人が

前から『花より爺さん』とか『三食ご飯』が面白いと言っていて、私が加入して

いるひかりTVでは観れなくなっていた(一時はLALAもあったのにーー)ので

『三食ご飯』の農村編と漁村編を貸してくれた。Mnetではもうseason2も終了

しているみたいだけど、LALAはまだ1のみ。Mnetで視聴は可能だけど、

ひと月1200円払って見放題のPC配信に登録しないと観れない。

農村編は、実は放送時にソウルで少し観て、大先輩のシング達に緊張して走り

まくっていたテギョンの姿を覚えていた。お借りしたBDを観始めたけど数話の

時点で渡韓。帰国してからは、ほぼ毎日観ていた^^まさにタイトル通り

삼시세끼에 빠졌어>すっかり、嵌ってしまったようだ。漁村編はまだ1

しか観ていないけれど、農村編は、あと1話を残してほぼ完走!最後は、

漁村編1の最後と同じで、クァンギュ宅でのインタビュー映像かと・・・

彼は『シングル男のハッピーライフ』原題は『나 혼자 산다』にも出ていた

ので、家も度々登場。まだよく見ていないけれど最終回の家は同じ家かな?

神話のドンワンのペンの友達がいて、頼まれて全話録っているけれど、途中

までしかまだ観ていないし^^;

最初に出て来たゲストが『本当に良い時代』の家族たち、『花より爺さん』の

メンバー達、それ以降はドラマや映画、実生活での知り合い、初対面と様々。

漁村はあまりにも遠いし、行っても次の日の船まで滞在するところもないし・・

で、農村の方が気になったので調べてみた。場所は江原道南部の旌善チョンソン。

昨年秋に、もう少し南の寧越に行って、朝鮮半島に似た地形を観てきたが、旌善

にも同じように韓半島のように見えるアリヒルズという場所がある。旌善五日市、

旌善アリランでも有名で、コンドゥレ(朝鮮アザミを干したもの)ご飯も有名。

市場でみんなが食べていたメミルジョン(蕎麦チヂミ)も気になる。前から

一度は行こうと思っていた場所だったから、番組を見て更にその気持ちがUP!

玉筍峰という名前の岩山が前にある川沿いの農家だったけれど、玉筍峰って

昨秋行った清風湖に船で向かう途中にあったあれだとしたら、旌善とは離れて

いるし、おかしいなぁ・・・で、困った時のDAUM地図で検索したら、玉筍峰

民泊なるものが・・・その辺りをカメラ小僧で検索していて、見っけ!

f0152079_1495391.jpg

あれ・・・見つけたけれど、入れない?じゃ、川沿いの裏手は?

f0152079_1503096.jpg

こっちもダメそう・・・で、農家の場所をクリックしてみると、そこに行った

人の投稿が出て来て、それも今年の5月。番組が終了したのは昨年の初秋

なのに、先月訪問した人も、まだ入れなかったそうな・・・それなら、行っても

仕方ないかなと・・・畑の中で結婚式を挙げたので脚光を浴びたウォンビン、

イ・ナヨンのまさにその場所も番組で出て来て、川の向こう側の東屋の近く。

行きたいなぁ・・・でも、周りですら観れないならなぁ・・・と・・・

漁村編のサンチェ達も可愛かったけれど、農村編のミンキ母子、ジャクソン

母子もレギュラーに負けないキャラだったし、何気に鶏達も頑張っていた。

動画を探していて、youtubeは全部著作権で削除されていて、中に放送された

tvNの動画があって、見始めたらログインしていないと1分30秒で観れなく

なるとの表示。ならば、どうすればログインできるのか???

KBS,MBC,SBSの3大局はずっと昔に登録済み。リアル視聴(同時視聴)には

欠かせなかったので。でも今回のは有線局。『一泊二日』のナPDがKBSを

辞めて次々にヒット番組が誕生している局。どうすれば?と悩んだけど、

簡単に登録できた。リンクは貼りたくないので、まずはtvNのHPを探して

上のバーの中の左から2番目の회원가입会員加入をクリックすればいい。

なんと日本語での案内が出て来た。

①会員加入はEメールで登録、またはCJ ONEに登録の二択。迷わずEメールを

選択した。

②利用規定を読んで同意。右にある○をクリックすると●になる。

③名前、メール、パスワード(数字、英語、特殊文字の組み合わせ)を2度、

電話の為に国籍を選んで、電話番号(日本のスマホで大丈夫だった)をハイ

フンなしで記入。性別は非入力のままにした。

メルアドはDAUMの方がいいかと思い、hanmail.netのメルアドを記入。

(DAUMの登録はちと難しいので、日本のメールでもいいかと思う)

④最後に、コマーシャルとか送られてくるのをOKするかどうかの画面だった

ので、携帯に送られてくるのは困るから同意しなかった。全部、確認してOK。

⑤確認メールが送られてくるので、下段をクリックすると、それで完了。

すぐにログインしますか?の画面が出て来るので、試しにログインしてみた。

f0152079_238515.jpg

右端のタブでCJグループは系列会社が多いので、TVNを選んで放送予定の

こちらの画面を。『三食ご飯고창編』がもうすぐ7月1日から始まる。

高敞だろうか?内容をあちこち見てみたら、農村と漁村が一体化したような

豊穣な土地での生活だと。漁村編の3人に加えて若手22歳の俳優が参加。

高敞邑城に行った時の日記参照

リアルで観るのは難しい時間だけど、다시보기(もう一度見るの意味)で

翌日にはもう挙がるそうなので^^右から3つ目の동영상(動映像)のタブの

上は推薦動画、下は全体なので、最初は全体をクリックしてみると・・

2番目に다시보기がある。最新順になっているので、最近のものは探しやすい。

逆に古いものが難しく、右側のタブで探してみたり・・・結果的にググって

その中からtvNのタシボギを見つけたりもした。

f0152079_3512.jpg

観終わる前にさっきキャプった17話終了間近。下に関連動画が出て来るので、

既に18話はあるから探さなくていい。それと、動画の画面の右下にあるマーク

をクリックすると全画面になるが、接続が多い時間帯は音は普通に出たけど、

画像は時々カクカクしたりした。真夜中はスムーズな動画になった^^

ログイン中だから、上のバーの一番左にログアウトの文字がある。

応答せよシリーズもこの局だったんだ・・・と、ちょっと嬉しかったりも

している。

満作さんを真似て・・・「以上、どなたかのお役に立てれば・・・」

by andegenni | 2016-06-25 06:00 | 韓国四方山話 | Comments(0)

2016年4月 大邱中心の旅 part22 大邱4アヤン汽車キル

夕暮れ時にオッコルマウルから向かった先は峨洋橋。駅の一つ前で下車。

f0152079_2351276.jpg

こちらは駅に向かうアヤン橋。降りたバスが向かった方向に行くと琴湖江に。

f0152079_042043.jpg

まだ明るさが残っていて、水面に逆さに映る情景は見られなかった。

f0152079_061310.jpg

バスが渡って行ったアヤン橋もライトアップが始まっていて綺麗。

f0152079_073623.jpg

こちらが道路から直接渡れる峨洋鉄橋(アヤン汽車キル)の入り口。

Yuckyさんの記事で、夜に来たいと思っていた。もうすぐ日が暮れる^^

f0152079_0125744.jpg

渡り始める前に、標識の確認。ちとピンボケだけど・・・

f0152079_0152884.jpg

さぁ、渡るぞ^^この後、カフェで一息ついた時、後で検証するっていう

現地レポをあげたんだけど、『オーマイビーナス』のロケ地は、実はこちら

側だった^^

f0152079_017205.jpg

f0152079_0264543.jpg

実家に帰っていた大邱のビーナスことジュウンを大邱まで訪ねて来たヨンホ。

呼び出して、ここまでさぁおいでって^^お揃いの色違いのマフラーを巻いて

あげるのも、今までのジソのキャラじゃなくて、ほのぼのしてて^^

f0152079_0303760.jpg

あ、あの透明な部分が鉄道跡なのね・・・と近づくと・・・

f0152079_0315645.jpg

f0152079_032556.jpg

枕木も透明なので透けて見えて・・・ここは割と平気で渡ったんだけど・・・

f0152079_0351863.jpg

ここは数秒で怖くて退散!何しろ、風が吹いてて、揺れるし・・・それもあり

水面に綺麗に逆さアヤン橋が映っていなかったのかも?

f0152079_0365853.jpg

橋の真ん中部分にあるカフェの入口へ到着!結構、肌寒くなって来たので

嬉しい休憩♪

f0152079_039916.jpg

こちらで注文♪

f0152079_0402864.jpg

水面の見えるこちらの席へ。実は、こちらのカフェ、2つに分かれていて・・

f0152079_042635.jpg

中央のギャラリーを挟んで、向こう側のカフェでは、生演奏中だった。

それも、さすが金光石を生んだ大邱!と思えるような上手な歌で。。。しばし

聴き惚れてしまった。

f0152079_0444293.jpg

私の座った席からの眺め。10年ほど、いや、まだ5年ほど前までは、韓国の

ドラマや映画が好きな仲間が沢山いて、ブログのコメント欄も賑わっていた。

その友達の中の一人が、冬ソナのずっと前から韓国に興味があって、金光石の

アルバムを当時買ったそうで、10年以上前に、私にくれたことがあって、車の

中でよく聴いたりしていた。「二等兵の手紙」は『ブラザーフッド』原題『太極

旗を翻して』の中で歌われていたから超有名で、何度も聴いた。『愛の挨拶』と

いうデビュー作の中でぺ・ヨンジュンが歌った「사랑했지만」という曲を車内で

初めてかけたCDで聴いた時、同じ歌だと知って事故を起こしそうになった!爆)

チャン・ヒョクもやはり同じ世代で、ペンミで「30の頃」を歌っていた・・・

・・・というのは、好きという気持ちと、上手というのは別物だと・・・・

二人のことを取り上げた日記参照♪

でも、ここで歌っていた人はとても上手かったし、翌日夜、寿城池でもライブを

やってて、やはり上手くて・・・大邱はギターの弾き語り人口が多いのか?と。

f0152079_182349.jpg

頼んだのは、温かいラテとクッキー。お昼が遅かったので、まだお腹が空いて

いなくて。クッキーは後々、旅のお供に。ここで、現地レポをあげて・・・

f0152079_1112761.jpg

歌も終わったので、残り半分を渡りに・・・

f0152079_1133100.jpg

f0152079_1151377.jpg

駅側には駐車場も。少し離れて見ると、とても綺麗なアヤン鉄橋。

峨洋橋駅から再度1号線で半月堂駅へ。夜景観賞はTo be continued・・・

by andegenni | 2016-06-24 06:00 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(2)

2016年4月 大邱中心の旅 part21 大邱3オッコルマウル

1号線に乗って、降りた駅は芳村駅。アヤン橋駅、解顔駅でもいいけれど

芳村駅から先は、地下鉄の路線から外れるので。実は、始発は私が乗車した

七星市場駅で、地下鉄で先回りしたことになる。

f0152079_205257100.jpg

バス停はこちらの대구선방촌공원@大邱線芳村公園。芳村駅①番出口から出て

次の通りを右折すると。。。

f0152079_2113866.jpg

こんな桜並木があって、その傍にある停留所。

f0152079_2141512.jpg

4月末だったので、桜は既に終わり、若葉だったけれど、つつじが綺麗だった。

f0152079_2154544.jpg

バス経路だけど、全部동구3@東区3。やって来たバスの前に、更にどこそこ

行きという表示があって、これから行こうとしている所は옻골방면オッコル

方面行きというバス。乗ろうとしたバスは17時20分七星市場発のバス。

DAUM地図で経路検索して、25分位足した時間だろうと検討をつけて。

停留所には初老のアジュンマと、かなりのお歳とお見受けしたハラボジがもう

すでに待っていらした。ハラボジは韓服の上下で杖を持っていらして。どこに

行くのかを尋ねられたのでオッコルマウルだけど、まだ行きたい古宅が開いて

いるかどうかが心配だと言うと、夕方だからまだ大丈夫だろうと。同じトンネに

住んでいらっしゃる方々。なんと90歳を超えたハラボジだったが、1人で市内

までバスに乗って出かけられるんだそうで。オッコルマウルに行く人だから、

よろしくね~と顔見知りの運転手さんに伝えて下さって。苗を持った人とか

買い出しに行って来た人とかは、停留所ではなくて、家の前で降ろして貰って

いて、後に安東でもそうだったので、日本とは違ってるなぁと改めて思った。

ハラボジ達は、マウルのすぐ手前で下車。最後は私だけになって到着♪

f0152079_21264737.jpg

降りたばかりのバス。すぐに市内へ帰るバスになるようだ。옻골마을という

のは、日本語で言うなら漆谷村。漆の木が多い場所だから付いた名前みたいだ。

標識の下にあるのは慶州崔氏宗家という文字。大邱と慶州は近いけど、ここは

慶州崔氏匡靖公派の子孫たちの集姓村なのだそうで、最初に住み始めた時から

すでに400年も経ち、現在も20棟余りの古宅が集まっているそうだ。外は暗く

なるまで大丈夫だけど、目指す古宅が閉まってしまうかもと心配で早速探しに。

f0152079_21363436.jpg

f0152079_21403772.jpg

他は後で・・・と思い、ズンズンと進んだ。それにしても素敵な道^^まるで

タイムスリップしたようだった。

f0152079_21415834.jpg

f0152079_2143858.jpg

ここかな?扉の文字が違うようだけど・・・と、中を覗くと、同じような造り

ながら、扁額の文字が違っていた。

f0152079_21445191.jpg

f0152079_21454732.jpg

どこだ?どこだ?と探し・・・それでも20棟程度なら見つけられるだろうと。

f0152079_21472597.jpg

あった!ここだ^^目指したのは、『ハイドジキル私』で出て来たロビンの

実家。実在しない実家ながら、ロビンが記憶として持っている家。

f0152079_21565889.jpg

f0152079_21574455.jpg

ロビンが心配で電話をかけているハナ。まさにこの家が崔氏の宗家。(キャプの

写真は全て、大邱に行くことになって、ネットで探して拝借したもの)

f0152079_2225164.jpg

f0152079_223435.jpg

f0152079_2245167.jpg

ドラマでは門を開けて入って行ったけれど、開いていてよかったと思った私。

f0152079_2265919.jpg

f0152079_18314045.jpg

宗家の右側には報本堂という建物があり、祭祀のため1753年に建てられた建物

だけど、朝鮮戦争時には学校として使われたのだそうだ。

f0152079_2274555.jpg

f0152079_2284391.jpg

とても広いお宅で、宗家にふさわしい佇まい。お庭も綺麗に手入れされていた。

f0152079_2210302.jpg

松の木に花穂が出来ていて、とても綺麗だった。

f0152079_22164873.jpg

寝てしまうと人格が交代するのを恐れ、ずっと寝ていなかったロビンが、遂に

ここの柱にもたれて寝てしまったっけ。そして、寝る前にソジンに向けての

ビデオレターを残したロビン。切ないシーンだった。

f0152079_22191156.jpg

f0152079_222025.jpg

中から門、門から外を。

f0152079_22212244.jpg

f0152079_22242790.jpg

目的の古宅を訪問したので、後はのんびりと朝鮮時代に戻ったような路地を

散策してきた。

f0152079_2232423.jpg

こちらのマウルでは、韓服に着替えての書堂体験、餅つきをしてお菓子を作り

茶道体験、婚礼体験なども出来る。時間が遅かったので、会場を外から。

東渓亭という建物で、お茶体験や書堂体験はこちらで行われるようだ。

f0152079_22331640.jpg

躑躅の綺麗な季節で、花盛りの時期に行けてよかった。

f0152079_22375973.jpg

f0152079_2241283.jpg

ソジンがロビンからのメッセージを見たのは、こちら。最初にあげた写真の

f0152079_21363436.jpg

こちらがまさにその場所だった。先に見えている赤い塀の建物は・・・

f0152079_22432962.jpg

こちらの建物で、최흥원정려각。

f0152079_22494793.jpg

山側にも所々に何かあって、躑躅も綺麗。

f0152079_2252681.jpg

再び、バス停のある所へ戻って来て、待てよ・・・手紙を埋めた所はどこだ?

人っ子一人いない状態で、訊くにも訊けず・・・で、手前の家の門が開いていて

中で何かを燃やし始められて煙が・・・覗いて、写真を見せると、見るなり

「あ、ヒョンビンの木ですね」だって^^もうそういう名前になったようだ^^

f0152079_22566100.jpg

もうこちら側へは行かないだろうと、門の前からパチリ♪

f0152079_22572178.jpg

f0152079_2303499.jpg

f0152079_233314.jpg

立派な木のある中心部から出発。川の中まで菜の花で綺麗。橋を渡って左の

綺麗な躑躅を見ながら歩いて行くと・・・

f0152079_2341759.jpg

右側に人口の池があった。後ろの山が亀の形に見えることから、亀ならば水が

必要という見地から作られたそうだ。他の宗家でも見かけた人工池。そういう

風水的見地が一般的だった時代のようだ。

f0152079_23112937.jpg

池の周りには、池の造成後に植えられた古木(保護樹)に案内板があったり

した。外部からの邪気を防ぐ為に植えられた欅の林の一部が残っているそうだ。

私が行こうとしているのは、こちらの中の一本。

f0152079_2315084.jpg

f0152079_23153437.jpg

こちらがロビンとハナが手紙を埋めた木。地元の人が「현빈의 나부」と呼んで

いる木^^いろんな人が掘り返した形跡が残っていて笑ってしまった。

f0152079_23202644.jpg

ヒョンビンの木からの眺め。バスの時間までまだ余裕があったので、橋を渡って

みたら・・・

f0152079_23221295.jpg

八公山緑色の道って書いてあって、現在地は真ん中左下辺り。登山路っていう

標識もあったから、山歩きのコースになっているみたいだ。八公山はずっと先

だと思っていたので、ここで出て来るとはビックリした。

f0152079_2325584.jpg

f0152079_23262813.jpg

f0152079_23274677.jpg

池の反対側、東屋側は綺麗なお花が花盛りで、目を楽しませて貰った。

バス停に戻ると、夕方で小さなお店も閉まっているし。。取りあえず、トイレに

行って出て来ると・・・

f0152079_23295314.jpg

ありえない位大きなミミズが。思わず、外のゴミ箱の上にあった大きなペット

ボトルを持ってきて写してみた。高3の時、夏季講習を申し込んだ予備校が

教室が足りなくて上智大を使用したことがあって、四谷駅から校舎へ向かう

土手沿いの道に、踏まずに歩くのが難しいほどのミミズ・・・土の中が暑い

ので出て来たんだと思うけれど、アスファルトの上ではほぼ死ぬしかないのに

どこから出て来たと思う位の数で、それ以来ミミズは大ッ嫌いなんだけど。

最近、『三食ご飯』を毎日見ていて、イ・ソジンがミミズを見つけて、普通は

通りすぎるだろう彼なのに、わざわざ捕まえて鶏達にやっている姿に笑いが・・

f0152079_23355057.jpg

バス停前の小さなお店と、隣にある옻골회화나무집。漆谷の槐の木の家。

槐(エンジュ)の木は広場にある巨木のことかと。

f0152079_23423311.jpg

隣のお店がメインで、小さなお店はそこの出先みたいだった。呼び鈴を押せば

隣から人が来てくれたのかも。隣には営業中の看板が出ていたので。

f0152079_23445057.jpg

f0152079_23474017.jpg

土塀には『ハイドジキル私』略してハジナの布。自動販売機にも。この自販機で

コーヒーを買って飲んでいたら、バスがやって来た。まだ薄明るい時間だけど

次の目的地へ出発♪とても枚数が多くなってしまい、自己満足の旅日記をここ

まで読んで下さった皆様f0152079_23503091.gif

by andegenni | 2016-06-20 23:51 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(0)

また美味しいお店に行って来た^_^

中学校の同窓会の幹事の打ち上げで、再度訪問!

f0152079_22221154.jpg

秋葉原に集合してつくばエクスプレスに乗って、守谷まで。

まるで中学生に戻っての遠足気分で、再度同窓生のお店に。

3年振りの「そうざえもん」。

前回の訪問参照♪

f0152079_22284486.jpg

守谷駅に降りて、目指したのは東口の明治神宮。東京とは違い、小さくて

可愛い明治神宮だけど、紫陽花の花が綺麗だった。お店はすぐ近くに。

土曜日は予約客のみ。12時に着くと、既に数組。私達9人は奥の個室へ。

f0152079_2234193.jpg

まずはオードブル。美味しかった(^o^)

f0152079_22353929.jpg

続いてマグロのカルパッチョ。これもGood(^_^)v

f0152079_2238497.jpg

手作りの温かいパン2種とビシソワーズ。

f0152079_22394962.jpg

f0152079_2240813.jpg

各自選んだ、魚とお肉。隣の友達と少しずつ味見してみたけど、両方共、

とても美味しかった^_^

f0152079_22423962.jpg

最後はデザートプレート。これにホットコーヒー。満足満足(⌒▽⌒)

飲み物は、飲めないメンバーはジンジャエールやアップルジュース。飲める

メンバーは生をピッチャーで始まり、オーナーお勧めの赤と白のワイン。

少しだけ、味見させて貰ったが、飲めない私でも美味しいと感じた。

f0152079_22493613.jpg

女性のトイレも綺麗に飾ってあり、残念ながら逆光で、手前に生のお花と

フラワーボックスが置いてあったが、暗くて右半分だけ。オーナーが飾りつけも

したと聞いて、更にビックリ!

f0152079_22534341.jpg

休憩時間で片付けてある店内。遅くまで、お邪魔して、オーナーも交えて

話も出来て楽しかったー(^_^)v

帰りのつくばエクスプレスも中学校の遠足のノリで。楽しい1日だった。

★お店DETA

★Souzaemon(そうざえもん) 守谷市中央2-7-2

0297-48-5597

お店のHP

by andegenni | 2016-06-18 23:00 | 四方山話 | Comments(0)

2016年4月 大邱中心の旅 part20 大邱2国債報償運動記念公園他

丸山さんと別れた後は、すぐ近くのこちらへ。

f0152079_2271372.jpg

国債報償運動記念公園。こちらの入り口には2・28記念中央公園という名が

あった。2.28記念運動というのは、初代大統領李承晩が政権を維持するため

不正選挙を行ったため、それを糾弾する為の大規模な学生運動が1960年2月

28日にここ大邱で起きたので、それを記念する公園。最初は普通の公園だった

ようだけど、この運動がきっかけで民主化運動(4月革命)につながったと

いうことで、後日名前が今のように変わったのだそうだ。

f0152079_22153445.jpg

f0152079_22162465.jpg

f0152079_22175815.jpg

大邱の中心地にありながら、広々として気持ちのいい公園。

f0152079_2223292.jpg

左は김광제、右は서상돈の銅像。(日本語ではwikiにもなかったけれど、韓国語

にはあった。ただ、web翻訳にはかけられなかったので、興味のある方は調べて

みてください)

f0152079_22335653.jpg

見えてきた目標の場所。実は大邱は、最近いくつかのドラマで使われていて

ロケ地としても急上昇!この塀のある場所もロケ地で、どこだか調べても???

ついに丸山さんにヘルプを出した次第で。2か所わからなかったけれど、1つは

丸山さんの職場のすぐそばのこちら。もう一か所は、探しても見つからなかった

はずで、すでに新しくカフェに替わっていた。大鐘閣と広場がロケ地なのは

すぐにわかっていたので、結果的に公園の別の場所も使っていたようだ。

f0152079_22411967.jpg

青々とした麦が公園の中で育っていた^^その向こうに・・・

f0152079_22514462.jpg

探していた場所が。

f0152079_22461213.jpg

f0152079_22472227.jpg

『青い鳥の家』の二人。ウンスの出張先、大邱にまで追っかけてきたヒョンド。

蔦がある方だから、二つあるうちの前の方だとわかった^^

f0152079_2256386.jpg

広場では、病院関係のイベント開催中で、ジワンとウンス兄妹はその行事にも

参加するための出張。で、ヒョンドはどこにいるか確認して・・・

f0152079_232099.jpg

達句伐大鐘閣の陰に隠れていて、ウンスをびっくりさせていた。

f0152079_22574239.jpg

f0152079_22581937.jpg

訪問時(2016.4.28)には、この通りで残念だったが。

f0152079_12374122.jpg

f0152079_12394770.jpg

ちなみに、この公園の前にウンス達が行った病院は、漆谷慶大病院。3号線の

終点で、ちと遠いので、カメラ小僧で満足して、パスすることにした。提灯が

あるので、時期も同じ、お釈迦様の誕生日前(昨年は5月25日)だと思う。

ドラマと同じ時期、ほぼ1年後に訪問出来て嬉しかった。

f0152079_2341019.jpg

私が大邱へ行きたいと思った達句伐の行事が、この大鐘閣の近くでもこうして

案内されていた。もっとも、私が見たいのは風灯飛ばしなので、夜だけど。

これは流頭公園野球場一帯で、燃燈會の燃燈行列が13時から行われるという

案内。

f0152079_23102771.jpg

こちら側が正規の入り口みたいで、公園の文字があった。

f0152079_23113550.jpg

外の道沿いには、ブッチョニムオシンナルと描かれた提灯がズラリ。毎年この

時期に見かけるお釈迦様の誕生日前の風景だ。

f0152079_23142424.jpg

街路樹の緑があまりに綺麗で、確かめもせずに右手へ。

f0152079_23153731.jpg

交差点まで来て、慶北大学校病院の建物を見て、あれ?もしかして間違った?

と気づく私。ざっと地図を見たとき、そんなのなかった筈・・・また反対側へ。

f0152079_2318422.jpg

それでも、この街路樹の通りが綺麗だったので、ルンルンと歩いた私^^

f0152079_231925100.jpg

右手奥に中区庁が見えたので、こっちでいいみたいだ。KRの立体交差も過ぎて

f0152079_2322626.jpg

適当にドンドン歩いていたら、こちらの広場に出て・・・

f0152079_2323916.jpg

f0152079_232472.jpg

市場に出たので、ここが七星市場だろうと^^公園から、大邱駅まで歩くか

七星市場駅まで歩くか考えて、大邱駅は最寄り駅なので、迷わずこちらへ。

f0152079_23262347.jpg

f0152079_23293195.jpg

f0152079_2330532.jpg

Yuckyさんのブログで見たけれど、大邱は海がないのに、海産物もとても新鮮

豊富だと。この市場でもそうだったけれど、敢えて海じゃないものを^^

最初のはドジョウ?2枚目は国産自然産(養殖じゃない)田んぼのウナギ。

3枚目は国産のスッポンだけど、放生用だと。前に捕まえた魚を川に戻して

あげる習慣があって、そういう箇所が川沿いに作ってあり、魚を買ってから

放しているのが不思議な習慣だと思ったことがあった。

驪州神勒寺の旅日記参照♪

地下鉄の入り口を見つけて、1号線に乗って、目的の駅へ移動♪続きは次で。

by andegenni | 2016-06-17 06:00 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(0)

2016年4月 大邱中心の旅 part19 大邱1中央路付近

KTXの中では寝ようと思ったけれど、乗り越すのも怖くて・・・乗る前に

買ったシュワッとするサイダーの残りを、持参のTHERMOSに入れて下車。

f0152079_17362237.jpg

東大邱に降りたのは2度目。6年前の5月に、初めて慶州に一人旅した時、

セマウルとの乗り継ぎで、少しだけ外へ出てみた。まだKTXでは慶州には行けず

東大邱で行き帰りに乗り換えだった。その当時も、今も、ずっと工事中の東大邱。

KRから出た所にある案内所にて地図ゲット。ついでにピスル山方面のシティ

ツアーのキャンセルがあったかどうかを確認したが、4月中はやはり満席だと。

火金だけあるツアーだったけれど、つつじ祭りの最中だから、やはり人気なんだ

ろうと思った。一日回って、たったの5000Wだし。

f0152079_17423952.jpg

予定より30分遅れだったから、時間が気になったけれど、日曜発のバスに

乗るなら、やはり買っておいたほうがいいと思い、バスターミナルへ。地下鉄

との連絡通路も長くて、ビルが完成するまでは、東大邱は不便そうだった。

大通りへ出たら、向かいにバスターミナルが見えていたけれど、横断歩道が

先までなくて大回り。荷物を持って渡り始めたら、バッグの下からポタポタと

垂れる水。なんだろう?と思ったら、サイダーの発砲が強かったみたいで、蓋の

隙間から漏れ出した様子。開けてみたら、ポン!!!!と強い音がしてびっくり。

結果、バッグは濡れてしまい、なんとか、パスポート入れは難を免れたけれど

ウォンを入れてあった財布はビショビショ^^;;;ビニール袋に移し替えて・・

f0152079_17525955.jpg

通り沿いのターミナルではなく、裏手にあるこちら、中央高速ターミナルへ。

日曜の朝、安東行のバスチケットを購入し、地下鉄で、大邱駅へ。一旦、ホテル

まで行って、荷物を置いて出かけようと思ったら、もうチェックイン出来ると^^

ホテルについては、また後で。。。急いで、出かけたわけは、行きたい食堂が

3時半までだったので。中央路まで一駅乗って、直行!時間は3時ちょい過ぎ。

大邱市庁の丸山さんに、一人で行く場合は混雑時間は避ければOKだと伺って

いたし、ユナーさん情報でお昼は3時半までだと。だけど、着いたら看板には

3時までだと書いてあって、大焦り・・・ご主人にお話したら、今日ならまだ

大丈夫だと、食べさせて頂けることになって、ホッと一安心。写真は帰りに

撮ったけれど、まずはチンコルモクの入口から。。。

f0152079_1841181.jpg

f0152079_1845882.jpg

お店の名前は약전ヤクジョン。

f0152079_1864077.jpg

この像の謂れは?まだ謂れについては読んだことがないので・・・

f0152079_18101275.jpg

入り口の看板を見てビックリ・・・金曜、土曜は無理だし、この日に食べる

しかないと思っていて・・・

f0152079_1812748.jpg

入り口。ここから入って、ご主人にお願いしてみた。よかった・・・

f0152079_18143226.jpg

『ラブレイン』のイナが下宿していた部屋。中は・・・

f0152079_18163958.jpg

f0152079_18173627.jpg

f0152079_18182531.jpg

出来上がるまでの間、写させて頂いた。休憩中でもあり、工事もしていて・・

f0152079_18204914.jpg

私が通されたのは、イナの部屋とは中庭を挟んだこちらの部屋。

f0152079_18215227.jpg

席に座ると、正面がイナの部屋。

f0152079_18241182.jpg

本当に楽しみだったヤクジョンの定食^^石窯の蓋を開けたところ。

f0152079_18253895.jpg

この歳になるまで、生涯一度も食べたことのないホヤ。韓国語教室の先生は

モンゲはとても美味しいのにどうして?と^^;形と匂いで敬遠していた私。

f0152079_18274956.jpg

人生初のホヤ、それもビビンバで頂きま~す!匂いも気にならず、美味しく

頂けた^^よかった~♪息子さんが運んでくださったので、お礼を言って・・

f0152079_1830215.jpg

路地を出て、チンコルモクに出ると右側にこちらが。

f0152079_18335390.jpg

f0152079_1833410.jpg

すぐ右には鄭小児科医院。併合時代の建物なのか、日本建築のようだった。

この医院って、前に『一泊二日』のミッションで出てきたような?

f0152079_18434131.jpg

f0152079_1844453.jpg

f0152079_1845466.jpg

チンコルモクの入り口と案内図。ヤクジョンを出る時に、これから出ますと

丸山さんに連絡。勤務されてる場所まで徒歩で移動。途中・・・

f0152079_18482971.jpg

f0152079_18485991.jpg

映画館の前でスパイダーマンに遭遇^^この場所、丸山さんに会ったら尋ねて

みようと思っていた。Yuckyさんの丸山さんとのコラボがとても印象的だった

ので^^よく見てますね~!と後で言われてしまったけれど^^;

f0152079_1852719.jpg

中央路の駅に出て、ここで、右折。

f0152079_1854516.jpg

賑やかな通り。右へ行けば東城路。クミ大学の門の向こうにはアウトレット通り。

丸山さんのいらっしゃるビルに着いて、降りていらっしゃった丸山さんと下の

カフェでお茶。持参した小さなお土産を渡したら、大邱のお土産も頂いてしまい

恐縮した。少し、お話をして、土曜のお祭りのこともお聞きし、お礼を言って

お別れした。昨年秋以来、情報含め、とてもお世話になった丸山さん。この時は

お祭り当日は、行けるかどうか未定だったが、結果的にご一緒出来て嬉しかった。

続きはまた・・・

by andegenni | 2016-06-15 19:00 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(4)

2016年4月 大邱中心の旅 part18 SEOUL SQUARE近辺

中断していた4月26日~5月3日の旅日記を再開。枚数多いけど、一気に!

f0152079_20511639.jpg

弘済駅からバスでソウル駅乗り換えセンターに着くと、横断歩道を何か所か

渡って、SEOUL SQUAREに向かった。

f0152079_20522571.jpg

f0152079_20532244.jpg

上を走る道路の足だけの絵が可愛い^^

f0152079_20563857.jpg

モールへの入り口近くの派手なオブジェ。

f0152079_20584464.jpg

地下鉄からなら、8番出口でここに出られる。

f0152079_211791.jpg

f0152079_212720.jpg

一旦ビルを通りすぎ、傍の駐車所への坂を登って行った。ビルの後ろにある

公園に行きたかったからだ。ソウル駅近くの立体交差点と背後のビル群が

よく見えた。駐車場の階段を登ってその先から、公園側に出られるのか?と

考え込んでいたら、傍の建物(教会の建物)へ来られた方々が、公園に行く

なら、こっちへと、信者でもないのにビルの中へ連れて行って下さり、EVで

登って、後ろの道へ出られる所まで案内して下さった。

f0152079_21112176.jpg

f0152079_21115136.jpg

せっかくだから、これをご覧になって行って下さいと案内された南大門教会。

ソウルで一番古い教会なんだそうだ。確かに、時代を感じさせる教会だった。

f0152079_21251062.jpg

結論から言うと、駐車場の建物の上階からも、こちらへ出られた。行きたかった

教会の裏とスクエアの裏の間にある公園へ。

f0152079_21281953.jpg

『未生』で度々登場したこちらの公園。インターンが、課長たちが・・・

f0152079_21304757.jpg

f0152079_21322664.jpg

スクエアの向こう側がソウル駅だと言うのに、ここはなんて寛げる場所だか。。

f0152079_21335411.jpg

f0152079_21343955.jpg

業務の合間に、森林浴出来れば、パワーが充電できるかも^^

f0152079_21365396.jpg

課長代理達が昇進についての噂話をしているのを、上から聞いてしまうオ課長。

f0152079_21405617.jpg

f0152079_21414881.jpg

公園から、スクエアへはこの橋で直接行き来出来る。ドラマでも何度も出て来た

こちらの橋。正面の入り口から出入り。橋を渡る前に、まるで『未生』の中の

社員のようなカッコいい男性と会った。日本人なのですが、この橋を渡っても

いいものかどうかをお訊きしたら、入り口では社員証(首から掛けていらした)

でチェックするので、ドア前までならと。それも、流ちょうな日本語で^^

やはり、あの社員達のようだった^^

f0152079_21455860.jpg

f0152079_2148769.jpg

渡った先から、公園側と、右側を。ここもドラマで何度も登場した場所だ。

f0152079_21493825.jpg

再度、公園側に戻って。この階段はミレニアムヒルトンへ続いているのかな?

f0152079_21515079.jpg

同じ側に降りても・・・と思い、反対側へ。この階段を降りてみたら、なんと

南大門警察署脇に出た^^;今度はスクエアの正面に回り・・・

f0152079_21544739.jpg

f0152079_21553542.jpg

チャン・グレが紙を挟んだ柱がどれだか?前には「Yes!」という文字が柱に

書いてあったようだけど、もうなくなってて。この中のどれか^^;

f0152079_21584720.jpg

こちらの回転ドアから中へ。男性のコンシェルジュに『未生』の展示がある

場所を尋ねると、

f0152079_1318125.jpg

このエスカレーターで降りて、右の奥だと。

f0152079_2221641.jpg

地下はモールで、食事だけじゃなく、お花やさんとかも入っていて素敵だった。

f0152079_224591.jpg

教わった場所に到着♪営業3チームが迎えてくれた^^

f0152079_2265335.jpg

これはどうしろと?自分の顔で、グレやヨンイのIDカードを撮れと?

f0152079_229165.jpg

上にあるモニターでは、ドラマのシーンが流れていて、ケースにはドラマ

関連のものが展示してあった。こちらは台本とグレの碁石。

f0152079_22104948.jpg

チャン・グレとハン・ソンニュルの履歴書^^

f0152079_22125880.jpg

主役たちのインターン社員証と、社員証^^

f0152079_2215445.jpg

名札^^他にもあったので、興味のある方は直接見てね^^

f0152079_22174693.jpg

面白かったこのドラマ。最後はインディジョーンズ入ってたけれど!笑)

f0152079_22191859.jpg

ドラマ撮影時の各部署の見取り図まであったし^^

f0152079_22204458.jpg

ここまでに行った場所もあった^^

f0152079_2222861.jpg

f0152079_22224356.jpg

全体図。

f0152079_22234124.jpg

地上のモールの入り口と同じコンセプトみたい・・

f0152079_22281965.jpg

地上に出て、退渓路を渡り、ホテルマヌの裏の通りへ。この辺りはソウル駅の

近辺で働く人達が一杯やりに~のお店もあって・・・

f0152079_2231927.jpg

f0152079_2233552.jpg

GSの角を曲がると、迷惑この上なかったパク課長が、グレに履物を持って

来させた通り。通りを抜けると南大門(崇礼門)。カンジャンケジャンの

眞味食堂の支店だったら、嬉しいけれど、同名っていうだけみたいだ^^;

f0152079_22404167.jpg

表通りに出ると、こちらの延世大学校セブランスビル。

f0152079_22425522.jpg

交差点の向こうに、見えていたシロアムサウナ。

f0152079_22434769.jpg

オ課長の出した課題で、靴下と下着を買ってしまったグレとベッキ。最後に

思いついたのが、会社近くのサウナ。この入口で、セットで売ることに。

行けたらと思って、調べてあったけれど、ソウル駅裏だし、いつでも行ける

から、今回はパスした。

f0152079_22473182.jpg

f0152079_2248489.jpg

セブランス側から見ると、こちら側からは韓服を着た足^^

f0152079_22501597.jpg

こちらから見たスクエア近辺。

f0152079_22513553.jpg

ドラマの借景でいつも出ていた旧ソウル駅。

f0152079_22525769.jpg

ソウル駅から、スクエアと、並びのソウルシティタワーを。最上階が、ドラマ

『パリでの出来事』でインソン君のオフィスだったから、行き初めの頃に行った

ビル。ここも、ドラマの屋上シーンとかでよく借景として出て来た。

f0152079_123188.jpg

SEOUL SQUAREは、元々旧財閥の大宇のビルとして出来て、その後は

asianaのビルへ。この写真は2008年に写したアシアナだった頃。で、

その後、SEOUL SQUAREへとリニューアルされた当時は、夜になると、

ビルの全面で光のショーが行われていて、歩く人達が動く様子がとても綺麗

だったのを憶えている。

預けてあった荷物を出そうとしたら、指紋認証が、何度やっても失敗しましたで

秘密番号を入力しろと出て来て・・・そんなの設定していなくて困り果てて

インフォメーションへ。係の人を呼びますと言われて待っていたら、領収書を

見せて下さいと。そこに書いてある長い番号を打ち込んだら開いた!そんなこと

とは知らず、時間がかかってしまって、買えたKTXは・・・

f0152079_22584231.jpg

12時発の釜山行き。11時半位には乗れる筈だったのに・・・

f0152079_23149100.jpg

f0152079_2323328.jpg

お腹が空いていたけれど、大邱に着いてから食べるんだと我慢!

f0152079_2332560.jpg

それでは、今回の旅、最大の目的の大邱に向けて、出~~~発!!!

by andegenni | 2016-06-13 06:00 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(2)