<   2016年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2016年4月 大邱中心の旅 part12 仁川散策3旧日本人街2

第一教会へ続く坂道の途中で、右手を見ると・・・
f0152079_1442069.jpg

こちらの通り。ふれあい街歩きで出て来た通りだとわかったので行ってみた。

f0152079_1447147.jpg

番組では駐車場入り口からだったけれど、私は下の通りから、階段を登って

駐車場へ。番組でも出て来た左にある第一サウナ。煙突には第一湯旅館の文字。

ここは、併合時代にできた銭湯、多分1930~40年代にできたものだと、

地元の方が説明していたっけ。右手にある教会の名前も第一教会だし^^

で、今、写真を見てみると、この辺りにも沢山日本家屋があるのがわかった。

駐車場へ案内されたわけは、ここから見える先ほどの通り。

f0152079_14545876.jpg

こちらの建物が、4軒つながった日本家屋の長屋だそうだ。屋根瓦が日本の

瓦だとわかる。

f0152079_14575682.jpg

番組では、こちらの入り口から入っていた。案内して下さった男性がいらした

場所へ、逆回りで移動。

f0152079_1522156.jpg

綺麗に改装されたお店。実はこの場所、廃屋めいた場所だったんだけど、中から

昭和11年の新聞が出て来たそうで、1930年代の建物だと判明したそうだ。

取材時は改装中で、この写真はリニューアルされた姿。

f0152079_1512689.jpg

カメラ小僧の同じ建物は、まだ改装前(2015.9)。住所が홍예문로。

f0152079_15135425.jpg

名前通り、建物の前から虹霓門홍예문が見えていた^^『その冬風が吹く』の

中で、ス@チョ・インソンが見つめていた、本物のスが子供時代に綿菓子を

買ったお店も左奥に見えていた。こうして見ると、前回歩いた上側、今回歩いた

下側共に、全部歩いても、散策可能範囲だと思った。

f0152079_1524090.jpg

今回は登らず、坂を下って・・・振り返って、改装後の建物と虹霓門の通りを。

f0152079_15304345.jpg

再び、歴史文化通りの先へ。右は歴史文化通り、左は市場のある繁華街へ。

f0152079_15361495.jpg

この交差点の角にあるボヤというお店。ビーズで作った家みたいで可愛い^^

更に下りつつ、港近くに。時々通りを写したけれど、路駐が多くて、ナンバー

プレートの修正が面倒でアップはパスした。

f0152079_15413082.jpg

次の目的地、Four 24 Seasonsというコンビニに到着。このコンビニ前にある

この時もアジョッシが座っていらっしゃる場所は、『傲慢と偏見』でチャンギが

ビールを飲んでいた所。で、通りを挟んだ場所にあるのが・・・

f0152079_1634020.jpg

街歩きで、出て来た路地。番組では、ここで卓球をしていた若者がいたっけ。

f0152079_1654325.jpg

通り側には、BINGOという名前の看板とメニュー。番組でも紹介されていたが

この左側の奥の煉瓦造りの建物は氷庫だった場所。韓国読みだと氷庫は빙고。

それを英語表記にしたようだ。翌日、ここで卓球大会を開催すると答えていた

彼が氷庫のオーナーさん。氷庫をリニューアルして、奥様の為にカフェに。

f0152079_1612925.jpg

こちらが氷庫だった場所で、現在はカフェ。彼の話だと1920年代の建物。

f0152079_16133740.jpg

入口からでも、内装が素敵そうなのがわかった。

f0152079_16365920.jpg

倉庫だっただけあり、高い天井。

f0152079_16381779.jpg

大きな一枚板のテーブルと、木のまな板がディスプレイされていて、煉瓦の壁と

木の温もりが感じられ、見事なリフォームだと思った。番組では、近所の方々が

お客さんとしていらしていて、中のお1人がこの氷庫で働いていらしたとか。

魚を冷やすための氷庫だったそうで、30cm×1mの氷を正方形にカットし

車に積んではワラを敷き、また積んではワラを敷く作業をしていらしたそうだ。

オーナーさんが上手に再利用したこと、日本人が誠意をこめて造ったもので

韓国人には出来ない倉庫だと仰っていた。

f0152079_1649353.jpg

カウンターの上には2階部分もあった。

f0152079_165048100.jpg

奥様、手作りのケーキ。この日はニンジンケーキとパウンドケーキだった。

f0152079_16544741.jpg

飲み物のメニューはこちら。まだ、お腹が空いていなかったので、カフェラテと

パウンドケーキを注文した。

f0152079_16561470.jpg

氷庫のリメイク図かな?奥様は日本語がお出来になり、褒めると、ご主人は更に

お上手だとか。日本に奥様は5年、ご主人は8年住んでいらしたそうで、日本で

結婚され、倉敷に長く暮らしていらしたそうだ。奥様はその時期の腕を生かして

ケーキ作り、カフェ経営。ご主人は古い家をリメイクのお仕事をされている、

素敵なご夫婦だった。ご主人は不在だったけれど、街歩きを見て来たと言うと、

卓球の時のお話をされていた方が主人ですと教えて下さり^^

f0152079_1723969.jpg

f0152079_1713973.jpg

2階からも撮ってみたくて、2階へ。上から見下ろすと、テーブルがよくわかる。

左端に置いてあるのは、私が注文したもの。2階まで運んで下さった。

f0152079_1744621.jpg

椅子をひいて、壁際のこちらに座ろうとしたら、先客の3人連れのお客さんが

ひとり旅の私(日本人だとわかり)に興味を示され、よかったらこちらへと。

ご一緒することになり、オーダーしたものを写すのをすっかり忘れてしまった。

3人の方々は同じ職場で、年も性別も違う方々。どういう繋がり?と思ったら

モイム@会が一緒だと。この日は午後が休みで、コーヒーの焙煎を習いに仁川

までいらしたそうだ。日本語も少し習われたそうだが、長続きせず、挨拶程度

しか覚えていないと^^年齢を訊かれ、中のおひとりと同じ年だとわかり、その

方は、日本で私と同じようにひとり旅がしたかったそうで、それを韓国で実践

している私が羨ましいと^^;すぐにカカ友になって欲しいと言われ、一番若い

と思われる男性が私のID検索して、グループ登録をして下さった。

韓国語で挨拶すると、日本語で返って来て、旅の途中でも景色をアップしたり

帰国後、カメラで皆さんを撮った写真を送ったり・・・偶然の出会いで今も

時々お付き合いが続いている。お店では、話が弾んでいる様子だったからか、

奥様がポットで伝統茶を淹れてきて下さり、サービスで出して下さった^^

f0152079_17231459.jpg

カウンター前のオレンジ色のスクーターは、オブジェのようだけど、実は

奥様の通勤に使われているスクーター^^可愛い奥様で、みんなで撮る時に

一緒に入って頂いたけれど、この写真は目を閉じていらして申し訳ない。

f0152079_17243458.jpg

皆さんとお別れして、今度は若者の多い通りへ。

f0152079_17274658.jpg

奥が坂道ということは、右手に行けば市場かなと適当に歩くと・・・

f0152079_17293196.jpg

だんだん近づいている予感・・・もう一度同じ道を歩けと言われたら無理!

f0152079_17321582.jpg

何とか、新浦国際市場入口を見つけた。大通り側からならすぐわかるけど、

反対側からは初めてなので。市場の四つ角で作業中のお店の人に、街歩きで

出て来た銅像の場所を聞いたけど、知らないと言われ(T_T)それなら、餅屋

さんはどこにありますか?と聞くと教えて下さった。

f0152079_17351940.jpg

こちらが番組で出て来た像。市場のアーケードは2本あって、私が入った側と

表通りから入った側の間に小さな広場があって、そこにあった。写そうと思い

カメラを構えたら、先ほど道を尋ねた人が角から顔を出し、誰かに聞いたのか

無事に着いたか心配で様子を見にきてくれたんだそうだ。地元の人もあまり

気にしてないって可哀想な君たち^^;中国人が、日本人の女性と朝鮮人の

親子に野菜を売っている銅像って言ったんだけどね^^;当時の仁川の様子が

よくわかる銅像。中国人も日本人も朝鮮人(当時は韓国はまだなかった)も

みんな一緒に暮らしていた街。こちらを紹介していた男性は・・・

f0152079_1741524.jpg

すぐ角を曲がった所のお餅やさん。歴史のあるお店で、私もおやつにひとつ

買った。残念ながら、ご主人はお留守だったけれど。

f0152079_17445537.jpg

お餅やさんの先は、前にも行ったアーケードの通りだった。出口が近づくと

相変わらず、美味しそうなタッカンジョンのお店が連なり・・・人数がいたら

一度は食べてみた~いと今回も思った。お馴染みの通り側の入口から出て・・・

今度は反対側へ。世界街歩きインチョン編では、通りの反対坂上の沓洞聖堂も

まだ登場したけど、これでほぼ終わり。

参照「世界ふれあい街歩き仁川編を見て」

by andegenni | 2016-05-31 18:08 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(0)

2016年4月 大邱中心の旅 part11 仁川散策2旧日本人街1

f0152079_0504415.jpg

租界地境界階段の右側、旧日本人街へ。歴史文化通りと呼ばれる通り。

f0152079_0521289.jpg

階段下のここには、全方向への案内板があった。

f0152079_0534595.jpg

NHKの仁川街歩きでお話を聞いた洗濯屋さんの前。

f0152079_0585220.jpg

左側を見上げると、土村の文字。前に自由公園から降りて来た時に通った、

あの大きなお店だ。位置関係が上下でよくわかった。

f0152079_113179.jpg

写真スポットですよ~と言われてる気がして思わず撮ったショット^^

f0152079_13184.jpg

乗りたいけれど乗れない人力車も^^

f0152079_142373.jpg

角の大きな日本家屋。

f0152079_154442.jpg

階段下からここまでの通りを振り返って。番組に出てきた様に、オルシン達が

寛いでいらっしゃる風景も。

f0152079_184396.jpg

f0152079_193611.jpg

f0152079_1102989.jpg

左側には中区庁。憩いの場所もあって、疲れた時にはいい場所。ここはまた

『傲慢と偏見』でヨルムの父が、いなくなった弟ピョルを探すためのビラを

配っていた場所。スを迎えに祖母が来たのもこの場所。その時は警察署の

設定だったけれど。街歩きの番組を辿りつつ、ロケ地も一緒に検証。

f0152079_1173593.jpg

f0152079_1185360.jpg

その先の壁はこうなっていて、壁画もとても雰囲気のある素敵な絵だった。

当時の通りを再現したものと思われる。

f0152079_124309.jpg

次の角を右折して坂を下り、『傲慢と偏見』のメインロケ地へ。まずはこちら。

チャンギの住んでいたのはこちらの2階。派手に2階から落ちるシーンもあった

ので心配だったけれど、今も健在だった^^そして、その手前の角に・・・

f0152079_1301435.jpg

ドンチ、スが住んでいたハルモ二の下宿。後にヨルムも住むことに。

f0152079_2113262.jpg

坂の上を見ると、見慣れた教会、仁川第一教会が。これで位置関係が判明^^

『ピアノ』でオックァン達が通っていた教会^^

f0152079_1352612.jpg

路駐が多くて、ちゃんとと撮れなかったが、ここにも撮影時の看板が。

f0152079_1385158.jpg

f0152079_1392198.jpg

f0152079_140022.jpg

ロケの写真には、スやヨルムの母、ハルモ二もいて懐かしかった。

f0152079_1423123.jpg

よく出て来た玄関部分。上の左側がヨルムの部屋だったっけ。

f0152079_1464847.jpg

f0152079_1471859.jpg

男性陣はこっちかな?階段のある上がスだったような?

f0152079_153434.jpg

下宿の玄関先には「밥있음 삼시세끼」の文字が。韓国のバラエティ番組で

同じ名前の番組があって、その和訳は「三食ごはん」だけれど、ここでは

「賄い付(下宿)」って感じかな?

f0152079_150593.jpg

左がヨルムの座っていた場所。右のガレージは閉じていたけれど。

f0152079_231114.jpg

再び、坂を登って行くと、第一教会が近づき・・・傍の階段もドラマでよく

出て来る階段。前は上から見下ろした場所。長くなりそうなのでここまでで。
by andegenni | 2016-05-30 06:00 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(2)

2016年4月 大邱中心の旅 part10 仁川散策1アートプラットフォーム

f0152079_23374424.jpg

坂道の右側を左側から臨んで。右側手前が華僑歴史館。2番目が韓中文化館。

f0152079_2343546.jpg

坂道下に戻って、反対側を。時計塔のある建物は、旧日本郵船の建物。

f0152079_23463639.jpg

坂道の上を臨むと、清・日租界地境界階段。なので、この通りの左右で建物が

全く違う様相。前に階段の上から写したけれど、下に来たのは初めてだった。

f0152079_0475250.jpg

階段の上には孔子の像があって、階段上左側は三国志壁画通りになっていた。

f0152079_2354405.jpg

こちら側は日本人の租界側。今は、仁川アートプラットフォームと呼ばれる所。

建物にはABC...とアルファベットの文字があり・・・ここもNHKの仁川街

歩きの番組で出て来た場所だ。

f0152079_23584313.jpg

右側Cの倉庫の前には公演場THEATERの文字が。

f0152079_002163.jpg

左側の建物はE。

f0152079_013314.jpg

アートプラットフォームと言うだけあって、あちこちに素敵なアートが^^

f0152079_042445.jpg

ここで撮った写真の中でも、この場所の写真が一番多いかも?

f0152079_0123559.jpg

E棟の先も、何気にアート^^後ろにF棟。

f0152079_08270.jpg

左右どちらにもアート^^

f0152079_091281.jpg

左側G棟と、左右を繋ぐ渡り廊下。年配のご夫婦が休んでいらっしゃるのも

まるで景色の一部のようで、微笑ましかった。

f0152079_0135692.jpg

何気なく置いてあるBOXもアート^^歩いてきた所を振り返って。

f0152079_0151475.jpg

B棟と中庭を挟んで、向こう側はA棟。

f0152079_0182871.jpg

渡り廊下には、垂れ幕。6月に生活文化センターが開館するというお知らせ。

f0152079_0201425.jpg

先ほど、老夫婦が座っていらした椅子のあるG棟。写真のパネルがあった。

f0152079_0215550.jpg

このアートプラットフォームが『ドリームハイ』のロケ地なのは知っていたが

ここで撮影された作品達って書いてあって、他にもあった???

f0152079_0384117.jpg

f0152079_0282597.jpg

右側A棟、左側H棟で、その先に道路があり、プラットフォームはそこまで。

A棟の手前の建物には東方運輸株式会社の文字。

H棟の最後にカフェがあり、その前にいるのもアートな人形だし^^

f0152079_032216.jpg

その手前の窓の格子前にも顔、下の岩みたいなのも人の顔だった^^

f0152079_0394897.jpg

こちらの絵の奥にある文字は、ロケ地のパネルにもあったね^^

f0152079_043182.jpg

旧日本郵船の建物脇。日本郵船って、小樽でも思ったけれど、ほんとに当時は

すごい会社だったみたいだ。再び、坂道に戻って・・・

f0152079_046363.jpg

旧日本郵船の玄関は通りに面して。

f0152079_0473078.jpg

プラットフォームの後ろ側、すごい路駐で・・・私、こんな所、無理!

f0152079_0503719.jpg

f0152079_0522299.jpg

清、日本租界境界階段。左が清、右が日本。電燈から灯篭まで形が違う。

それでは、右側、旧日本人街へ・・・続きは次のpartで(@^^)/~~~

by andegenni | 2016-05-28 06:00 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(2)

2016年4月 大邱中心の旅 part9 仁川中華街散策

童話マウルを出て、お昼も過ぎていたので、向かった先は・・・

f0152079_15154761.jpg

f0152079_15163463.jpg

GATEのすぐそばにあるから、名前もズバリ、チャイナゲイトというお店。

『傲慢と偏見』でカン・スとチャンがヨルムの母とチャジャン麺を食べに

行った所。

f0152079_1528313.jpg

GATEの傍には、観光バスが沢山。小学生が乗ってきたんだろうと・・・

f0152079_15293346.jpg

お店の角、通りからの表には、チャイナタウンらしく관우(関羽)将軍の像。

f0152079_15463727.jpg

関羽像から下っている大通り沿いの道。左側のビルがチャイナGATE。

さて、入るかなと・・・入口を入ると、奥の広い部屋も2階も子供だらけ。

入口部分の席だけ、使われていなかったので、そちらに座って下さいと^^;

席に着く前に、ポスターを見っけ♪

f0152079_15503852.jpg

『家和萬事成』の一家の集合写真にはいなかった顔も。なるほど、ラブラインは

この3人なのか・・・最近、めちゃ見かけるイ・サンウと、久々に見るイ・ピルモ、

それと、キム・ソヨンがキム・ヨンチョルの娘みたいだ。ここでも撮影があった

みたいだ。

f0152079_15555285.jpg

一家の写真と、寄せ書きサインのあるTシャツ。

f0152079_15574929.jpg

f0152079_1611969.jpg

入口付近。2階からも子供が降りてきたり・・・

f0152079_1615464.jpg

大通り側の大きな部屋は子供に占領されてしまい・・・入り口付近から1枚。

ロケはこちらの中で行われたけれど、仕方ない・・・係の人に尋ねると、この

時に放送中だった『家和萬事成』のポスターしかなかったけれど、確かに以前

『傲慢と偏見』もここで撮影されたと、仰っていた。

f0152079_1635670.jpg

メニューはこちら。前に共和春で頼んだのと同じ、海鮮チャジャン麺を。

f0152079_1655555.jpg

f0152079_1663356.jpg

出された状態と、食べ始めの状態。威勢よく混ぜて・・・いただきますemoticon-0102-bigsmile.gif

f0152079_1684431.jpg

食べている最中に子供達がドッと出て行ったからか、出ると観光バスがかなり

減っていた。GATEの名前、韓中門なんだ^^今度は、中華街の中を通らず・・

f0152079_16105657.jpg

大通り沿いを駅方面に。大通りから見上げた童話マウルの入り口。

f0152079_16122173.jpg

f0152079_16125230.jpg

壁画制作中。こんな風にイメージ画を拡大して下絵を描いて塗っていくんだね^^

f0152079_16223313.jpg

新しいお店も建築中。船が宙に浮いてて、斬新なデザイン。

仁川駅に近づくと、あちこち工事中。特に、水仁線が開通したので、その出口を

新たに作り、周りの工事をしていて、歩道がまだ完成していなくて・・・

再び、第一牌楼をくぐり、北城洞役場の手前の道に入って行くと・・・

f0152079_1627577.jpg

共和春の初代の位置にある「チャジャン麺博物館」が見えて来た。

f0152079_16294439.jpg

f0152079_16324456.jpg

仁川街歩きのNHKの番組でも出て来たこちら。さて入ってみよう。ラッキーな

ことに無料だった^^ここが初代の建物だったのね^^

f0152079_16342958.jpg

まずは2階へどうぞと、係の方が。

f0152079_16353697.jpg

共和春の年表(歴史)。

f0152079_16371842.jpg

創業当時の街の様子だろうか・・・

f0152079_16382557.jpg

現在は、家庭でも作れるインスタントチャジャン麺がこんなに沢山♪

f0152079_16402031.jpg

店内の様子。これは作りものだとすぐにわかるけど・・・

f0152079_16412377.jpg

こちらは、一瞬ビックリした。奥にいる人達は観覧者だし^^;

f0152079_16423411.jpg

一家で外食楽しいな~^^なのかな?

f0152079_16433721.jpg

f0152079_16442232.jpg

おかもちの展示もあり、配達に使われたバイクや自転車も。

f0152079_16461861.jpg

1970年代から始まり、現代までのインスタントチャジャン麺の歴史。

f0152079_16523818.jpg

f0152079_1653751.jpg

一階に降り、階段脇に見えていた麺をこねている職人、作っている職人像。

f0152079_16543316.jpg

最後に、初代店の扁額。時代を感じる扁額だった。

f0152079_16584275.jpg

近くのお店でも、麺作りの職人さん^^

f0152079_16594837.jpg

京劇のお面の数々。街角にこうして展示してあるのがすごい^^

f0152079_1935760.jpg

坂道だらけのチャイナタウン。

f0152079_1953083.jpg

中華だけじゃなく、こんな素敵なカフェも。中華街らしくCONTIGOという名が

珈琲肯迪客と漢字で書いてあって、それに@@

f0152079_19123969.jpg

こちらのお店も、TVで紹介された様子。そして、ここのあったんだと・・・

f0152079_19164269.jpg

f0152079_19173719.jpg

仁川街歩きで出て来た公園。近くの中華のお店の方々が休んでいらした場所。

f0152079_191974.jpg

公園の隣の萬金城にもTV出演の垂れ幕が。

f0152079_1922667.jpg

公園の向かいにある立派な龍のある場所はお店じゃないみたい・・・

「中国語マウル文化体験館」だって^^

f0152079_19411483.jpg
 
f0152079_19422443.jpg

萬金城の隣には周りとは違う建物、ビューティギャラリー「ヒューティック」。

huetique(휴띠끄)は仁川の地場企業らが製造するコスメ商品の販売経路を

確保するために、市のバックアップでできた美容と憩いの空間なんだそうだ。

仁川の広報大使のユ・スンホ君が^^道路の車止めのパンダが可愛い^^

f0152079_2062397.jpg

f0152079_2065193.jpg

そろそろGATEに近づき、出口ももうすぐ。

f0152079_2091499.jpg

GATEを出て振り返って。

f0152079_20105352.jpg

GATEを出ての坂道。左側は工事中の車両だらけだった。

f0152079_20124390.jpg

f0152079_20131673.jpg

駐車車両を避けながら撮った壁画。後ろの建物は華僑歴史館。

f0152079_20144871.jpg

壁画の先はこちら。『匂いを見る少女』でも仁川街歩きでも出て来たね^^

f0152079_20183483.jpg

チャジャン麺の器の後ろへ。右手にある建物は韓中文化館。

f0152079_20311463.jpg

その前にある広場。

f0152079_2032733.jpg

仁川街歩きにも出て来た仁華門。観光バスの絵が可愛い^^

f0152079_20351531.jpg

チャジャン麺の器と背中合わせにあったこちらの書聖王義之。坂の右側は

これで終わり。左側は像の後ろに少し見えているアートプラットホーム。

中華街の広範囲の散策もこれにて終了♪歩くより、アップする方が枚数が多くて

大変だった。最後まで読んで下さった方、f0152079_20422143.gif

by andegenni | 2016-05-23 20:42 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(0)

2016年4月 大邱中心の旅 part8 仁川松月洞童話マウル2

f0152079_1823875.jpg

f0152079_1826192.jpg

坂の上の通りは、下の洋風の通りとは全く違っていた。韓屋や、長栍があった。

f0152079_18282747.jpg

昔話だと思うけれど、韓国では、鬼と幽霊は鬼神(キシン)かトッケビと呼ぶ。

f0152079_1832278.jpg

天女が夜に沐浴?

f0152079_18373670.jpg

こちらは何だろう?竜宮城のお爺さんバージョンみたいだし?

f0152079_18424335.jpg

ようやく、私にもわかる昔話が。胸にノルブと書いてあるのでわかりやすいし^^

この昔話、日本で言えば、『鶴の恩返し』と『舌切り雀』が合体したみたいな

お話。意地悪な兄ノルブと性格のいい弟フンブのお話。いつも悪いことばかり

しているノルブは、両親が亡くなると、財産を独り占めして弟一家を追い出し、

貧乏な弟は苦労しながらも怪我をしたツバメを助けてあげる。翌年、種を咥えて

フンブの家にやって来たツバメ。植えてみると、どんどん育ち、立派な瓢箪が

出来て、中からお米やら、お金やらがザクザク。そんな弟が羨ましいノルブは

自分も助けて恩返しして貰いたいと、機会を探すも見つからず、自ら捕まえて

足を折って・・・同じように戻って来たツバメがくれた種を植えると、すぐに

大きく育ち、見事な瓢箪が。ところが中から出て来たのは、トッケビやら、汚物

やら・・・というオチ^^『金の斧銀の斧』も同じようなお話だったよね^^

私がこの昔話を知ったのは、原題『흥부네 박터졌네 』フンブの家運が開けたね、

邦題は『マイスウィートファミリー』を観た時、『フンブとノルブ』の話を調べて

みたから。ドラマでも、強欲な兄、お人よしの弟という設定だった^^

박 터지다は 박@瓢箪が割れるだけど、大きな박だったから대박が割れるになり・・

現在使われている대박(テバク)という言葉もこの昔話から来ているのかも?

大きな박@대박 터지다=大当たりするになるから。瓢箪から良いものがザクザク

出て来た=大当たりするという意味になったようだから、そうなのかも^^

f0152079_18551896.jpg

道の反対側には、スウェーデンの童話『ニルスの不思議な旅』。

f0152079_18574683.jpg

f0152079_18593019.jpg

家全体がブルーに塗られていて、綺麗^^「海旅行」と書かれたプレートの

下が、フォトゾーンになっていた。

f0152079_1913075.jpg

童話村では、歩いている時にはあまり気づかなかったけれど、上にある街燈まで

いろんな形があって、芸が細かいな・・・と思う。

f0152079_194676.jpg

f0152079_1943392.jpg

路地を挟んで更に海旅行が続いていた。

f0152079_196328.jpg

向かい側はクリギ(お絵かき?)体験カフェ。

f0152079_19163065.jpg

f0152079_19125611.jpg

カフェの前も、横の坂道の階段上にも、作品がたくさん飾られていた。

f0152079_1914287.jpg

横の通りにあるこちらもフォトゾーンかな^^

f0152079_19175056.jpg

カフェの前で出会った子犬。韓国では放し飼いの犬をよく見かける。

f0152079_1937439.jpg

f0152079_19405516.jpg

十字架が見え、お坊さんらしき人、鬼もいろいろ・・・コンセプトが???

f0152079_19422185.jpg

f0152079_19431139.jpg

『ジャックと豆の木』?なぜ2本?とか考えちゃいけないんだろうね^^;

f0152079_19452250.jpg

f0152079_19462178.jpg

ヴィラであろうと、角の絶好のロケーションだとこのとおり^^

f0152079_2042426.jpg

ヴィラの通り側の塀もこのとおり^^

f0152079_2054268.jpg

坂下の通りは、童話マウルの入り口に近いからか、再びお店が沢山の通りに。

f0152079_207671.jpg

お店の裏手にこれが。ここにできるのか?製作途中なのか?

f0152079_2082348.jpg

この通りはここまでかな?

f0152079_2093824.jpg

f0152079_20102921.jpg

再度、トッケビの多かった坂下の通りへ。

f0152079_20114919.jpg

何もペイントされてるわけじゃないのに、駐車場の色、家の色、洗濯物の色が

まるでオブジェのような景色^^

f0152079_20153852.jpg

f0152079_2017455.jpg

風車を見ながら坂を下って来ると、カップルゾーン?

f0152079_20352713.jpg

御姫様の手をとったポーズで、カップルの男性が撮って貰っていた^^

f0152079_20161151.jpg

f0152079_20374949.jpg

『赤ずきん』『ブレーメンの音楽隊』^^

f0152079_20392538.jpg

f0152079_20404245.jpg

f0152079_20414450.jpg

普通の家も、通りに面していると、この通り、へんし~ん!

f0152079_20431620.jpg

大通りに抜ける路地にもズラリと。

f0152079_20452228.jpg

階段脇の家は下から見ると、『ラプンツェル』だった^^

f0152079_20475489.jpg

このフォトゾーンは、大人ではきついかも^^;

f0152079_20491529.jpg

『オズの魔法使い』の案山子。他のメンバーは・・・

f0152079_20502084.jpg

その先の家々に続いていた。

f0152079_2052985.jpg

このお城は・・・

f0152079_20531331.jpg

f0152079_20542836.jpg

この先がメインの通りだから、右側にあるのが、子供達が座っていたベンチ。

f0152079_2115777.jpg

出て来たこの路地は、ここから見て左側が世界名作童話だったようだ。

最初に入った童話マウルの入口に戻って来た。回る際に、一応地図を作って

あったけど、ほとんど見ないでただ歩き回っただけ。見落としもあると思う。

それでも、結構時間かけて回ったので、これで十分かと・・・これにて終了♪

by andegenni | 2016-05-22 21:03 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(0)

2016年4月 大邱中心の旅 part7 仁川松月洞童話マウル1

f0152079_212114.jpg

f0152079_021527.jpg

童話マウルっていう位なので、子供が多いのは当たり前。さて、回るかな^^

f0152079_04225.jpg

入口右側。トルコのアイス^^異国情緒あるね^^って、うちの近くにある

商店街にもトルコ人のお店、あるけどね~^^;

f0152079_071274.jpg

左側のベンチは、子供達に占領されていた^^

f0152079_09680.jpg

ベンチの前のお店。入口近くはお店がいっぱい。で、このディズニーの物語

『美女と野獣』を見て、友達の長女の結婚式を思い出した。20歳で結婚した

彼女、TDLにある最初のオフィシャルホテルで式を挙げたんだけど・・・

そのホテル、物語の衣装で結婚式を挙げられて・・・選んだのが美女と野獣。

新郎は自由な服装でいい会社に勤めていたので、長髪だったから、髪を緑の

リボンで結んで・・・野獣には程遠い新郎だったけれど^^

f0152079_158285.jpg

f0152079_1393128.jpg

向かい側は、『白雪姫』と『ピーターパン』。アジョッシが場違い・・・

f0152079_143756.jpg

子供達が群がっていたBlack Rabbit Cafe。黒兎珈琲店と漢字でも。

f0152079_245930.jpg

f0152079_1465528.jpg

童話でウサギなら、向かいのこちら、『不思議の国のアリス』のウサギ^^

f0152079_1494844.jpg

坂道には、屋台も。平日のお昼前でもこれだから、週末は大賑わいだろうね。

f0152079_1513263.jpg

『傲慢と偏見』のロケ地の看板。この松月洞の童話マウルを知ったきっかけは

このドラマだった。

f0152079_1535426.jpg

f0152079_1542927.jpg

看板の左側に、撮影した場所、撮影風景があったので、大きく撮ってみた。

これまでにアップした写真の中にも沢山あるし、これからあげる中にも^^

f0152079_2585289.jpg

f0152079_2594295.jpg

f0152079_314056.jpg

f0152079_33836.jpg

子供達が知っている童話の主人公があちこちに^^

f0152079_351419.jpg

中には、渋い壁画も^^

f0152079_363946.jpg

並びに『親指姫』があったりするけど^^;

f0152079_39162.jpg

f0152079_3182141.jpg

坂道にある福祉センターや、普通のアパートまで・・・

f0152079_3113933.jpg

右側に、一本手前の通りから見えていたピンクの塔が奥にあった。

f0152079_313565.jpg

こちらの建物は、トリックアートストーリーという名前。

f0152079_3152771.jpg

トランプの兵隊が入口にいた。

f0152079_320598.jpg

先ほどのアパートと、この風車の間には・・・

f0152079_3212565.jpg

こんな可愛い坂道や階段。

f0152079_3232685.jpg

f0152079_3235584.jpg

トリックアートの先。

f0152079_326353.jpg

左側には、可愛い坂道がまだ沢山^^

f0152079_3291126.jpg

この先にも・・・

f0152079_333922.jpg

下からしか絵が見えない階段^^

f0152079_3342741.jpg

右側にあるこちら。撮った時は気づかなかったこちら、後ろに教会があるし

もしかして『ノアの方舟』だったのだろうか?

f0152079_3361342.jpg

お店の看板じゃなく、壁画の『美女と野獣』

f0152079_3373191.jpg

そろそろ坂道の天辺。自由公園がすぐそこ。最後の左側には・・・

f0152079_3391717.jpg

こちらの建物、松月教会。

f0152079_343247.jpg

坂の上から、歩いてきた通りを見下ろして。

f0152079_3444960.jpg

左手にある坂を登って、上の通りへ。続きは(^^)/

by andegenni | 2016-05-21 06:00 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(2)

2016年4月 大邱中心の旅 part6 仁川駅~松月洞童話マウル

f0152079_1522132.jpg

f0152079_1293072.jpg

仁川駅には、11時のツアーの20分前頃に到着。下は、2013年11月の仁川駅。

駅の外観は、駅名の位置位であまり変わりがなかったけれど、内部は激変中。

駅名の下の横断幕は、すでに開通していた鳥耳島~松島の延長である、松島と

仁川駅間が2月27日に開通したというお知らせ。仁川から松島が11分、鳥耳島

までは31分で行ける。この線は水仁線(水原仁川線)という線で、一度廃止

されたけれど、最後の水原<>漢大前駅間が来年末に再開業されて、全線が

復活するようだ。他にも、この前に行った万寿駅もある仁川都市鉄道2号線が

もうすぐ7月に開通予定。仁川、めちゃ便利になりそうだ。空港のある永宗島

にも、現在無料のモノレールが出来て、emartや、舞衣島に行くのにも使え

便利になって来てるし。春海さんが永宗島に移住されたのも、頷ける展開だ。

f0152079_162712.jpg

駅前にはお花がいっぱい!「歴史文化の中心都市 観光の中区」だって^^

早速、駅前にある観光案内所へ。ナビでも、観光公社でも紹介されていた仁川

シティツアーだったけれど、その中でも11時のコースが一番乗りたいと思って。

ところが・・・・(T_T)駅前から出るはずの観光バスが見えないなぁと感じては

いたけれど、まさかの廃止。しかも3月末までだった。この日は4月27日・・・

まだナビも公社も記事そのままだし・・・聞けば、ツアーは再構成中だとの事。

ただ、仁川大橋を通るコースが今後もあるかどうかは・・多分なくなるのでは?

なんていうお話で、5月の末頃から新コースで登場すると( ノД`)シクシク…

何の為に、寝不足で早起きして、途中急がなきゃと、バス経路も全部調べてあった

にもかかわらず、全部タクシーにしたのか・・・全て、11時コースに乗りたい為。

思いっきり、力が抜けてしまった。大橋を渡るのも楽しみだったけれど、浜辺での

海鮮ククスとか食べたかったなぁ・・・仕方なく、ツアー後に回る予定だった所を

ゆっくり回ることにした。

f0152079_161639.jpg

まずは、駅裏へ。この場所は『傲慢と偏見』でヒマンを乗せていたチャンギがひき

逃げ事故を起こした場所。

f0152079_16233875.jpg

ヒマンが電話をかけた所。

f0152079_16261954.jpg

ヒマンを乗せずに、チャンギが走り去った方向。

f0152079_16281215.jpg

途中にあった中区の観光地図。中区ってこんなに広いんだ!

f0152079_16304661.jpg

再び、駅前に戻って、中華街入口の第一牌楼門を。並びにある交番。

f0152079_16335340.jpg

可愛いお巡りさん^^婦警さん「こんにちは、ここは下仁川地区隊です」かな?

男性の方は「チャイナタウンへいらっしゃったことを歓迎いたします」だって♪

f0152079_16381614.jpg

傍にあったこちらの案内図を写そうと思ったのに、なかなか空かなくて・・・

それと言うのも、小学生が大勢、課題らしい紙と地図を照らし合わせてて^^

宿題?課題?と聞くと、そうだと。これは、また子供達まみれになるかも・・

f0152079_1648450.jpg

お店の前の招き猫。元祖を主張するつもりは全くないけれど、日本古来のもの

だと思っていたのに、中華圏でも使うんだなと思った。wikiを読んで納得^^

f0152079_1657783.jpg

北城洞役場の前にあった管内図。でも名前が北城洞に変わっただけで、交番

横にあった観光案内図とほぼ同じだった^^;

f0152079_17435055.jpg

チャジャン麺の発祥の場所とされてる共和春。前に娘と食べたっけ。

f0152079_17444140.jpg

共和春前から登って来た道を振り返り。下にあるのが仁川駅。

f0152079_17463086.jpg

どこを見ても、子供達^^

f0152079_1748350.jpg

f0152079_17552248.jpg

『傲慢と偏見』でヨルムの歓迎会が行われた燕京大飯店。階段側では、お店から

出てドンチとヨルムが話をするシーンもあり、傍に目立たないけれど、一応

ロケ地案内の看板もあった。この階段も、前に来た時、昇り降りしたので、

ドラマで出て来た時、すぐにわかった^^階段上にあるのは第三牌楼。

f0152079_1759859.jpg

すぐ並びにあるこちらの階段も、色彩はないけれど、とても素敵だった。

f0152079_1834062.jpg

全部中華のお店というわけではなく、こんな可愛いカフェも^^

f0152079_1844995.jpg

百年チャジャン?いかめしい像がお出迎えの萬多福。

f0152079_1864390.jpg

陶器店の前の屋台。好きな人は足を止めて・・・

f0152079_18111012.jpg

「八仙渡海」の絵。調べたら、日本の七福神と同じような八仙人の伝説があり、

日本の七福神のうち、福禄寿、寿老人、福袋は中国から来たのだそうだ。

仙人と言っても、いずれも民間人から仙人になったもので、中国では知らない

人がいない程の有名な伝説の八仙人みたいだ。老、若、男、女、富み、権力、

貧乏、低い身分を代表する仙人だとか。へぇ・・・ひとつ、お利口になった^^

f0152079_18193515.jpg

可愛い売り場。誰もいなかったけれど、どうやって売るのかなぁ?

f0152079_18211347.jpg

立派な龍がいる来利城。名前が・・・利益が来る城?

f0152079_18231724.jpg

エッグタルト食べたいな・・・と思ったけれど、子供達、すごい^^;先程の

子供より小さいみたい。何組来てるんだ?しかし、お店の名前が「譚先生」?

まさか、キムパッの有名店「金先生」に対抗した?

f0152079_18264719.jpg

一際立派なお店、美味珍。あれ?何だか、写真がたくさん・・・

f0152079_18275577.jpg

f0152079_18282760.jpg

『가화만사성』って書いてあるけど、写真の人物はどう見てもキム・ヨンチョル。

で、店先にいたアジョッシに、彼のお店ですか?なんて訊いてしまったお馬鹿な

私。ドラマの撮影したんだよって^^;;;韓国語ではなんのこっちゃ?だった

けれど、漢字で書くと、『家和萬事成』。漢字で書いても難しいって・・・

「家が和睦すればすべての事がよくできるという話」らしい。

この家族写真には入っていないキャストを別の場所で観て、なるほど・・・いつか

見なきゃと思った^^2016年2月27日からMBCの週末ドラマ。まだやってる?

いつか、どこかの局でやると思うので、要チェック^^

f0152079_18301837.jpg

f0152079_18424690.jpg

XINでシンだって。このレストランも、いろいろ撮影したみたいだった。

f0152079_18481465.jpg

そろそろ中華街も終わりかな?奥に見える大きな門が大通りへ出る所。

f0152079_18502632.jpg

手前のカラフルなチャイナタウンの門の手前にある大きなMoon China。

f0152079_18544832.jpg

門を抜けると、小さなお店が続いていた。スーパーあり、おもちゃ屋あり。

f0152079_1857327.jpg

右手を見ると、自由公園に登る坂。左にピンクの塔が見えるけれど、ここは

まだ違うみたいだと、通りすぎ・・・

f0152079_1859459.jpg

ようやく、松月洞童話マウルに到着♪わ、わ・・・子供がいっぱいいそう・・

続きはまた(^^)/

by andegenni | 2016-05-18 19:11 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(4)

2016年4月 大邱中心の旅 part5 仁川『女を泣かせて』ロケ地2

f0152079_16114339.jpg

高校を出て、いよいよ、ドギンのお店へ。入口横にメニュー。クリックすれば

大きくなるので、食べたい方は参照に。鍋を置いていた外の台もそのまま。

f0152079_16131273.jpg

ドラマで毎回出て来た店内。許可をとって写して来た。壁にあるのはドラマの

出演者のサインみたいだった。黒板には「今日のメニューはトンカツ」だって♪

f0152079_16141270.jpg

実際の店主さん。よく出て来たカウンターや調理台。キムパッを熱心に作って

いらっしゃった。日本のペンは来ましたか?と質問すると、多くはないけれど

何人かいらっしゃったとのお返事。邪魔になると思い、早々に出ることにした。

f0152079_1619319.jpg

外のガラスドアにかかっていたドラマのポスター。

f0152079_16273092.jpg


ドギンのお店に別れを告げウンスの言葉に疑問を感じたドギンが歩いたとおりに

歩いてみることした。

f0152079_1624596.jpg

ジヌの車がいつも去った方向へ歩いて行くと、学校の塀からこぼれんばかりに

咲いている藤の花が綺麗だった。

f0152079_16293562.jpg

通りの先は、コンテンツ高校の並びにある文一女子高校。もしかしたら、敷地が

繋がっているかも。なので、お庭のシーンや、校舎裏のシーンもそちらの可能性

あり。地図で見ても、境がないので。

f0152079_16392015.jpg

女子高の前の通りの向こう側。タクシーを降りた側の商店。

f0152079_1641536.jpg

f0152079_1644030.jpg

女子高の角を曲がると、学校の塀にずっと壁画が続いていた。ドギンが歩いた

ように、塀に沿って次の角を曲がると・・・

f0152079_16461278.jpg

f0152079_1647762.jpg

f0152079_16474250.jpg

f0152079_16492474.jpg

f0152079_16503483.jpg

f0152079_16514152.jpg

f0152079_16521092.jpg

f0152079_16534530.jpg

まさに、ドギンが歩いた道。左に渡って行くといいと思い、渡って並びを写し

f0152079_1657283.jpg

角にあった最後の壁画。やはり、あの島?

f0152079_16582037.jpg

渡った側の商店街を抜けると・・・

f0152079_1701441.jpg

お花が綺麗に咲いているロータリーへ出た。

f0152079_1714440.jpg

f0152079_1721936.jpg

こちら側にあった青いポールのある交差点を写すため、ロータリー側に渡って。

f0152079_1754429.jpg

ウンスと別れた後、ポールの前で立ち止まったドギン。BDはキャプ出来ない

ので、写したものだけど、この時、ウンスが事故現場に触れたことで、同じ

ようなポールのある事故現場へ行ってみようと思ったのだろうか?

実際の事故現場の設定では、ポールの形、交差点の色も違っていたけれど、

同じ交差点ではなく、似たような交差点で触発されたと考えるべきかな?

f0152079_17111278.jpg

青いポールの先の交差点の向かい側がこの釣り割引マート。ドラマでは、この

お店の前で、同じように事故に疑問を持ったウンスとバッタリ出会うシーンが

あった。時間がなくなってきたので、そちらには渡らず、こちら側から乗ると

いいので、タクシーを拾って駅へ。カメラで撮っていたのを見ていた運転手さん

だったので、次はどこへ行くのですか?と。仁川駅前から出発するシティバス

ツアーに参加したいと言うと、それなら、仁川駅まで行きましょうと。いえ、

一番近くの地下鉄駅、間石駅?そこへ行ってくださいと言うと、お金がかかるし

地下鉄なら十分に間に合うからねぇ・・・だって^^;

f0152079_17234028.jpg

途中、仁川広域市庁の傍を通った。これはカメラ小僧の画像だけど、ここは

『シティホール』でミレが勤めていた市庁。後に、市長になったミレ^^

タクシーを間石駅で降りて、仁川駅まで1号線で移動。仁川駅は新線と繋がり

外観はそのままだったけれど、中はかなり新しくなっていた。続きはまた(^^)/

PS 
『女を泣かせて』はお花や緑が綺麗な場所を、ふんだんに見せてくれる

ドラマだと思う。まだ、4回残っているけれど、出て来てわかったロケ地だけ

検証してみた。是非、行きたいと思っているCOFFEE MAMA。提供している

みたいで、1店舗ではなく、たくさん出て来た。별내점 、에어스포렉스점など。

一番多く登場した、傍に築山みたいなのが見える店舗と、ドギンの嫁ぎ先の家は

次回の訪韓(まだ決まってもいないけれど)で、必ず行こうと思っている。

f0152079_21213781.jpg

★ジヌの実家は平倉洞のこの家。旅日記の記事はこちら

f0152079_18303538.jpg

f0152079_1756258.jpg

★ジヌとドギンがボランティアの買い出し袋を持ったまま行った所は駱山山頂の

遊び公園に新しくできた場所。最終日、暴風雨の中行って来たのでピンボケ。

他のドラマ『私の残念な彼氏』で出て来た場所で調べたんだけど、前に来た時

ここはまだなかった場所。いつ出来たんだろう?

f0152079_1805716.jpg

f0152079_1863898.jpg

★兄妹だとわかった後に行った場所も、同じ駱山公園。『華麗なる遺産』の

木の辺りで、最終日、暴風雨の中で撮ったので、少し位置はずれているけど。

f0152079_1894162.jpg

f0152079_194256100.jpg

★兄とウンスが行った場所。両水里。旅日記の記事はこちら
 
ドギンが息子の為に花を手向けた場所も、同じ両水里だと思う。

f0152079_1816610.jpg

f0152079_1553991.jpg

★ドギンの母との顔合わせの場所は、三清閣の一和堂。旅日記の記事はこちら

f0152079_18311994.jpg

f0152079_0295649.jpg

★まだ出て来てない気がするけど?拾った画像の場所。漢江鉄橋は、半分ずつ

形が違う。下の写真は黒石洞へ向かう高台から撮ったもの。なので、ドラマの

シーンは、反対側、69ビルの下辺りの漢江沿いで撮ったものだと思う。

旅日記の記事はこちら 

まだあるけれど、画像探しも面倒だし、ない場合はTV画面を撮ったりしたので

それも更に面倒だし・・・で、ここで終了。と思ったけれど、翌日37話で

f0152079_233824.jpg


★ドギンとジヌが会長の話をする為に座っていた場所。MBC上岩センター。旅日記の記事はこちら

by andegenni | 2016-05-15 18:51 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(0)

2016年4月 大邱中心の旅 part4 仁川『女を泣かせて』ロケ地1

タクシーに乗って向かった先は、韓国文化コンテンツ高校。

新住所と電話番号を見せたのに、どこだかわからない運転手さん。道路標示は

まだまだ慣れないようだけど、近くにある仁寿小学校ならわかると仰るので、

そのバス停まででいいとお願いした。途中、地図で調べたGSとか出て来て、

もうすぐだなぁと思いきや、何を勘違いされたのか、突然左折して坂を登って

行くタクシー。大通りのバス停でいいと言ったのに、小学校ならこっちだと

余計なお世話で、裏手の万寿中学校の裏まで回ってしまい、元の道に戻って

下さいと言うと、大通りに出て、しかも離れて行く様子。慌てて停めて頂き

降ろして下さいと。ここはどこだ???でも、そんなに遠くはないはず・・・

向かいの門に建設技術教育院という文字。そっちじゃないからと手前の路地へ。

f0152079_2035187.jpg

f0152079_20354635.jpg

通りの様子。途中で見つけたスーパーで、文化コンテンツ高校はどこですか?と

尋ねると・・・もしかして、名前が変わった高校かもと。通りを渡った先だと。

f0152079_2039245.jpg

大通りを渡り、右に少し行って、元いた側を写した。『女を泣かせて』で、

ドギンのお店「学校前飯店」の左側にある道で、夜景でいつもピカピカ光って

いた建物。夜になるとネオンが灯りそうなお店だった。

f0152079_20441894.jpg

お店というか、学校に至る道はこちら。

f0152079_20454488.jpg

途中で、綺麗なお花を見っけ♪

f0152079_20464195.jpg

突き当りには、文化コンテンツ高校の正門。ドラマで毎回登場するメインロケ地。

f0152079_20573439.jpg

ドギンのお店「학교 앞 밥집」。実際の名前もそのままで営業中だった^^

f0152079_20583949.jpg

学校の塀に沿った通り。ジヌの車が遠ざかるシーンが印象的だった。

f0152079_2113468.jpg

お店から見て、右手に行く道。この通りをやって来るシーンもあった。バスの

通りへ出られる。突き当りにタクシーの中から見たGSがあって、もうすぐ

万寿駅ができるようだ。駅が開通したら、便利な場所になるね^^

f0152079_21102520.jpg

お店の脇、私が通って来た道。周りのお店も、ドラマの中で借景として度々

登場した見覚えのあるお店ばかり。

f0152079_21113931.jpg

学校の門の脇の道。ジヌがやって来るシーンが多く、夜景だと、木々の感じが

まるで『ガラスの靴』のオープニングのようだった。

f0152079_21143724.jpg

路地の入り口。トステリアというこちらのお店もよく映っていたが、その壁に

あるパイプやメーター機器の前辺りにいて、ドギンを見守るシーンがよく登場。

撮っていたら、車が来て、荷物の上げ下ろしが始まり、しばらく続くようだった

ので、仕方なく、車ごと^^;

f0152079_2122560.jpg

ドラマの撮影時と季節が同じで、学校の中のお花もとても綺麗。よく出て来た

スロープをこっそり写させて頂いていたら、横手の小屋から警備員さんが。

怒られるのか・・・と思いきや、お庭が綺麗だから、中に入って写して来なさい

だって!生徒のいる校舎はダメだけど、お庭は一番綺麗な時期だから観ておいで

だって^^遠慮なく、では・・・

f0152079_21242487.jpg

f0152079_21251549.jpg

f0152079_2127694.jpg

f0152079_2128315.jpg

f0152079_21295710.jpg

f0152079_22154616.jpg

ドギンが怒ってユンソを殴ろうとしたのに、かばったジヌが殴られた3人の

シーンは、どこだろうか?ちゃんと調べて行けばよかった。入れると思って

いなかったので。手前辺りを写して、坂を下ろうとしたら、奥がもっと綺麗

だから行ってみてと。もう一度、奥へ。
f0152079_2131498.jpg

f0152079_21315329.jpg

f0152079_21362160.jpg

f0152079_2137290.jpg

f0152079_2325359.jpg

この先に、ドラマでもよく出て来た校庭があった。

f0152079_2140387.jpg

f0152079_21411066.jpg

f0152079_22115548.jpg

バスケットコートや、階段も。1話で出て来たあれこれのシーンを思い出した。

f0152079_21433880.jpg

池の奥にあった建物前の見事な躑躅。

f0152079_21444612.jpg

池の傍のこの木は桜の一種?

f0152079_21492655.jpg

f0152079_21495782.jpg

再度、坂を降りて校門へ。校門から見たお店。正に、学校前のご飯店だ^^

警備員さんは、もういいの?って・・・警戒しなさすぎでしょ^^;日本人

だとわかり、知り合いが日本にいらっしゃるようで、あれこれ話しかけられて

それもあり~、手入れの行き届いた一番綺麗な時期の庭園を自慢もしたい~も

あり・・・で、とても親切だった。思いがけず、校内の写真が多くなったので

お店のレポは次に・・・

by andegenni | 2016-05-14 22:34 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(0)

2016年4月 大邱中心の旅 part3 仁川十井洞壁画マウル2

f0152079_0363296.jpg

休憩場所には、寛いでいるトンネアジョッシも。ちょっと一息に座れる椅子。

その先に見える坂道は、まさに『隠密に偉大に』邦題では『シークレットミッ

ション』の世界だった。

f0152079_0385495.jpg

右手、一筋目は行き止まりの通り。その入口にある建物には・・・

f0152079_0433562.jpg

まさに映画の中の彼等^^上の絵は、このマウルの絵^^

f0152079_0545621.jpg

下のアジョッシは?PAINTING by 루って書いてあるから、ルーさん?

f0152079_13696.jpg

左に見えている駐車場。この辺りが映画ではスーパーだった筈。

帰国して、映画のシーンをキャプってみた。

f0152079_14252.jpg

駐車場の右奥にある家はそのまま使ったようだ。

f0152079_194027.jpg


駐車場の上方のこの家も、そのまま映画でも使われている。その間に、

ドング@キム・スヒョンが働いていて、2階に下宿していたスーパーが

あったわけで、回りの路地も含めて、セットだったとは。綺麗に更地だし。

ドングが新選組?蒲田行進曲よろしく、階段落ちしていた階段。向こうから

ちょい気になるOLのユランがやって来るのが楽しみ。だけど、高校生の弟@

『屋根部屋の皇太子』のト内侍がいつもけん制してたっけ。で、二人が・・

f0152079_123325.jpg

出勤、登校して行ったのが、向かいにあるこちらの通り。この通りの先に

最初に見に行った理髪店がある。いたずらっ子とあのアジョッシも懐かしい。

この映画が公開された時、たまたまソウルにいて、どこへ行ってもこの映画

ばかり上映してて、1人勝ち状態だった。勿論私も観て、結末に泣いた(T_T)

f0152079_1292244.jpg

スーパーの上方にあったこちらの建物には、その後壁画が。ここだよ~と

思いっきり強調しているような、インパクトのある壁画だ^^

f0152079_1341321.jpg

その向かい側には可愛いお店。右の建物の、角には・・

f0152079_1353462.jpg

こちらが。「温かい路地 タイル壁画の話」だって^^

f0152079_1374964.jpg

f0152079_1384917.jpg

f0152079_140242.jpg

「希望粉食」という名のこのお店、単に可愛いからと撮って来たんだけど、

リンゴさんの情報で『仮面』と『太陽の末裔』のロケ地だって@@写して来て

よかった!『仮面』は現在、衛星劇場で16話まで終了。訪韓前から観ていた

ドラマも1週間留守すると溜まってしまって、まだ消化しきれていない為、

『仮面』はまとめて観ようと思っていた。スエの実家の設定らしい^^

『太陽の末裔』も来月から始まる。知らずに行ったのに、これから観る作品が

2本もここで撮影されていたとは・・・沢山、写真を撮って来てよかった^^

PS 後日、『太陽の末裔』のMVを観たら、中心になる坂と、その脇のお店の横の

坂下の塀とか出て来て、ドラマを観るのが楽しみになった^^

f0152079_1492699.jpg

強烈な顔の隣の家。坂道を登ると見えて来た。

f0152079_1511227.jpg

f0152079_1515026.jpg

映画では坂下の左にあったスーパー。坂も何度も出てきたけれど、右側には

更に路地、階段もあって、あの映画、路地での撮影が多くて、どの路地かまで

見つけるのは、じっくり探さないと無理そうだ。

f0152079_1542640.jpg

左側の登り切った所に、映画の最後に出てきたドングの絵が残っていた。

f0152079_1563981.jpg

ドングの絵の下は、スーパーに続く路地。で、エンディングの写真のかかって

いた壁、「엄마 아프지마요」と描かれた、オンマとの最初の出会いの場所を

あちこち探していたので、ここも探したけれど、違っていた。。。

f0152079_2182564.jpg

f0152079_219424.jpg

坂の上からの右方向と左方向。まだ諦めきれなくて・・・

f0152079_221173.jpg

f0152079_223660.jpg

f0152079_2241780.jpg

スーパー方向へ下る路地を探してみたり・・・でも見つからなくて・・・

f0152079_2253497.jpg

もう諦めるかな・・と、最初に回った壁画の坂へ続く通りを眺めて・・・

f0152079_2321393.jpg

f0152079_2452514.jpg

最後に坂の上からの景色を。現代的な高層アパートとタルトンネが共存する所。

トンネのハルモ二が二人いらっしゃったので、キャプを見せて尋ねてみたが

私が探していた、あの出会いの場所と、へラン@パク・ギウンが下宿していた

緑の門扉の家はわからないと・・・ずっと向こう側を指さして、こっちには

ないからあっちじゃ。。。と。更に、下にあるスーパーのアジュンマが詳しい

から訊いてみたらと。またアップダウンするのは、体力的にも時間的にも限界

だったので、諦めることにした。高台にあった映画で出てきた公園は、現在は

立ち入り出来ないようになっているとかで、最初からパスした。

f0152079_2494168.jpg

スーパーの屋上で、ミョルチの処理をしている彼ら。もし、生まれ変わったら

どう生まれたいって・・・ささやかな幸せのシーンだったなぁ・・・

f0152079_2485882.jpg


坂の上の建物に、蝶の絵と、説明版があった。

f0152079_2523367.jpg

そちら側に下る坂。ここじゃないなぁ・・・と、脇道に入るも、そこでもなく

通りかかった若い女性に、カメラ小僧の写真を見せて、幼稚園の場所を尋ねた。

坂の上の四つ角に戻って、右方向へ行き、1つ目か2つ目の路地を登って行くと

ありますって・・・

f0152079_256252.jpg

写真は、この前に撮ったもの。これ、1本目か2本目かわからないけど・・・

f0152079_2575746.jpg

f0152079_2593220.jpg

目指した坂の上に出た^^ゆっくり降りて・・・

f0152079_31982.jpg

目指した電信柱を見っけ^^ドングが自分に課した馬鹿なフリミッションを

実行した所。悪ガキ二人とそのオンマ対象の予定が、アガッシに見られて・・

f0152079_33293.jpg

3人が下の通りから登って来ると・・・のシーン^^写していたら、傍の

椅子に座っていらしたハルモ二がナニ写してるの?って。電信柱を熱心に

写してる私って、私が馬鹿みたいに見えたのだろう^^;

ドングとスーパーの息子の2人が、重い袋(多分、お米)を担いで登って

来たのもこの坂。行き先は緑の門の下宿だから、この上辺りだと思った

けれど、こっちにはないと仰った先程のハルモニを信じて諦めた。

f0152079_362615.jpg

坂を降りると、少しお店もある通り。

f0152079_372550.jpg

真下の左側にある幼稚園。坂をあちこちカメラ小僧で調べていて、ここが

ヒットした。右手に行くと、大通りへ。残念ながら、見つけたかった2か所

見つけられなかったけれど、仕方なく離れた。大通りに出て、通りを渡り、

タクシーを拾った。時間オーバーの為。ところが、初老の運転手さんで、

住所と高校名を見せても???状態で・・・新しい通り名はどこだかわか

らないと。不安ながらも次の目的地に向かって出発した。

by andegenni | 2016-05-13 06:00 |  2016.4 大邱安東栄州 | Comments(2)