<   2015年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2015.11 忠北・京畿道の旅 part4 温達観光地オープンセット場2

f0152079_20221850.jpg

高句麗の旗があった中門のこの部屋の前。

f0152079_2023287.jpg

同じ高さで入ってきた外の門を見ると、上に大太鼓があるのがわかった。

f0152079_20242817.jpg
f0152079_2024502.jpg

右側の建物は、こちらからは入れないように柵がしてあった。中には衣装が

あり、記念撮影ができるようになっていた。

f0152079_20261127.jpg

右側の建物から表側に降りる階段。こんな通路がドラマに出るかもと・・・

f0152079_2028597.jpg

建物の外の廊下に沢山の写真があった。ドラマの撮影中の俳優さんがその衣装の

ままで、記念撮影されてる写真が沢山あって、何人も知ってる方を見つけた^^

f0152079_20273957.jpg

観覧順路は階段を降りて中門の奥のお庭へ。

f0152079_205540100.jpg

降りて来た階段の向こうには立派な渡り廊下。右手の建物は大きそうだ。

f0152079_20305563.jpg

下に降りて、中門の建物を裏から。外の門まで見える。それと反対に・・・

f0152079_20342490.jpg

外の門からも、見えていたこちら。『神医』でよく登場していたらしいけれど

持っていながらまだ未見の私・・・見てみなきゃね^^;

f0152079_20514615.jpg


f0152079_2052310.jpg

この後ろに奥のお庭に続く赤い橋があって、そこを見るなり、tちゃん曰く

商売物のドラマだから商談とかで使われたかも、といきなり『客主』モード!

f0152079_20571535.jpg

f0152079_20583396.jpg

f0152079_20592959.jpg
f0152079_2101283.jpg

まだ見てもいない現在韓国で放送中のドラマのロケ地予習モードの二人^^;

日本で字幕付きで放送されたら、どの場所が出て来るか、今から楽しみだ。

f0152079_2121453.jpg

庭園をつなぐ中庭の紅葉。盛りを過ぎてはいたけれど、それでも綺麗だった。

f0152079_2131443.jpg

続く次の庭園。真ん中にある松の木が特徴的だから出て来たらわかるかも?

f0152079_2135665.jpg

f0152079_2151774.jpg
f0152079_2154494.jpg

廊下の前の部屋にはドラマで使われた調度品も展示してあった。

f0152079_2165374.jpg

f0152079_2173679.jpg

奥にある部屋は細長い部屋で、天井から白い紐も。テサギでも出て来たかも。

f0152079_21101728.jpg
f0152079_2111067.jpg

赤い格子越しに外を撮ってみた。外までしっかり作ってあるのがわかる。

f0152079_2113336.jpg

続く建物は、先ほど裏側から見た右側の建物。

f0152079_21141075.jpg

広くなっていて、刑場も兼ねているみたいだ。

f0152079_2115549.jpg

右側にあった建物は、まさに「皇宮」だった^^テサギで最後に炎の中を登って

行くシーンはここで撮ったんだよね?

f0152079_21181349.jpg

f0152079_21185184.jpg

f0152079_21202251.jpg

入って左側は『千秋太后』の展示室。

f0152079_21213380.jpg

正面には玉座。

f0152079_21243031.jpg

右側には衣装も置いてあって記念撮影ができるスペースも。

f0152079_21265066.jpg

f0152079_21273074.jpg

奥には戦いの装束の展示。左右のショーケースには武器や鎧兜の展示もあった。

f0152079_21292739.jpg

皇宮の上から。次はあの門の向こうかな?

f0152079_21304993.jpg

f0152079_21312964.jpg

ここ見覚えがあった^^テサギで出て来た所だ~♪

f0152079_21325149.jpg

f0152079_21342514.jpg

城門の脇を見ると、堀が作ってあっていろいろ細かいシーンで使われてるかも。

f0152079_213529100.jpg

f0152079_2137341.jpg

f0152079_21385284.jpg

右側の門を入ってみると・・・ここも商談で使われるかも^^それよりも

『輝くか狂うか』の中で中国のシーンって、こんな感じじゃなかった?色が

同じような色だからか?

f0152079_21403991.jpg


f0152079_21413682.jpg

左側の建物も見覚えあるなぁ・・・奥に至るまで丁寧に作ってあるし・・・

f0152079_21424818.jpg

門も立派。三足烏?それとも龍?

f0152079_21451889.jpg

雨がひどくて、拭いても拭いてもレンズが曇る。せっかく紅葉が綺麗なのに。

f0152079_21474336.jpg

何かに使われたものだろうか?

f0152079_21491951.jpg

その先左側にはこちらの門。

f0152079_21504992.jpg

f0152079_21514819.jpg

紫の布の上にはオンダル洞窟はこちらの矢印。それに続く通り。

f0152079_21542491.jpg

f0152079_21545816.jpg
f0152079_21552281.jpg
f0152079_21561236.jpg

丸くくり抜かれた門の中。

f0152079_2157933.jpg
f0152079_2158577.jpg
f0152079_21584582.jpg
f0152079_21591663.jpg

最後にササッと回った所。雨がひどく、寒く、トイレが中にはないので我慢し

ここまでようやく回ってきた。思った通り、洞窟に至る道に綺麗なトイレ発見♪

長くなったので、洞窟からは次のpartで。たくさんあったので、アップするのが

大変だったけれど、ここまで読んで下さった方も大変だったかと・・・

ありがとうございます( ^^) _旦~~

by andegenni | 2015-11-30 00:05 |  2015.11 忠北京畿道 | Comments(0)

2015.11 忠北・京畿道の旅 part3 温達観光地オープンセット場1

タクシーは南漢江に沿って、丹陽方向へ。途中、民家が増えて少し賑やかな

場所があった。永春面と言う場所で、これから向かうオンダル観光地へ行く

には、東ソウルからここか、救仁寺行きのバスに乗って、後は地域バスか

タクシーになるようだ。バスも調べたが、救仁寺からの方が近いようだ。

近づくにつれセット場の建物(全体に黒っぽい)が見えて来て、ゲートに向かう

道には両手で球体を支え、その上に干支なのか動物のいるオブジェが並んでいた。

f0152079_13333336.jpg

土砂降りの中、駐車場でタクシーを降りて、一旦通り過ぎたゲートを写しに。

地域バスのバス停はゲートのすぐ脇に。寧越からバスだと、救仁寺行きに乗り

少し先にある하2리と言うバス停で降りて戻る形になる。しかも11時20分発に

乗れないと、次は14時50分と言う本数の少なさなので、注意が必要だった。

f0152079_13211575.jpg

反対側に回ると、向こう側の山がゲートにすっぽり収まっていい感じ^^

案内図も撮ったが、水滴がついていたようで、ボケているので却下。

f0152079_13413854.jpg


f0152079_1343239.jpg

あれは誰?なんてお馬鹿な考えで近づく私達・・・洞窟の上にいて矢を射る

男性なら、オンダル将軍に決まっているのにね^^;パボ温達ととても賢い

平岡公子(ピョンガン姫)の物語は韓国ではとても有名で、私もドラマで

観て内容は知っていた。『天下無敵イ・ピョンガン』だけど、高句麗時代と

現代を行ったり来たりのストーリーだったっけ^^

f0152079_135179.jpg

銅像のある広場にはお店が軒を連ね、中には・・・

f0152079_1353220.jpg

オンダル洞窟食堂なんていうそのままズバリの店名も^^

f0152079_13502274.jpg

城壁の前には『千秋太后』の面々が。この作品は2009年だから結構古いのに。

f0152079_141956.jpg

進んでいくと・・・

f0152079_1432290.jpg

城壁にかかっているものは、まだ最近2014年の『鄭道伝(チョンドジョン)』

前はここに『太王四神記』がかかっていたけれど、変わったみたいだ。

f0152079_1491620.jpg

神話と言えばこの三足烏のマーク。太陽に住むと言われ高句麗では火鳥とも。

f0152079_14123716.jpg

銅像のある所だけじゃなく、食堂のある場所はまだ続いていて…

f0152079_14144889.jpg

その中の一軒、こちらの食堂に入った。軽く麺類を食べたかったので。

f0152079_14163088.jpg

f0152079_14171467.jpg

手前の私はチャンチククス。下の写真はtちゃんの頼んだカルグクス。

要するに、チャンチは茹でた素麺。カルグクスは茹でたてのうどん。チャンチ

グクスは茹でておいた麺を使うので、あまり熱くなかった。両方とも6000W。

それなのに、これも飲みますか?とサービスでマッコリまで持ってきてくれて

飲めないから断ったけれど親切でビックリした。パンチャンの中、一番左側は

揚げた青唐辛子。サクッとしていて、最後にピリッとするもので、スナックに

いいと。右側にあるのは、ジャガイモのジョン。すって作るので手間がかかる。

親切は続き、濡れたレインコート、折りたたみの傘、リュックは置いて行きな

さいと。代わりにお店で長い傘を貸して下さった。洞窟の鍾乳洞の写真がテー

ブルの近くに飾ってあって、丹陽にある古藪洞窟とどちらにしようかと思って

いる、コスは歩いて40分もかかるから長いなぁと思っていると言うと、現在

コスは工事中だから入れないと。それなら、悩む事なかった。

また、昔は『太王四神記』の撮影時には日本のファンが沢山来ていたけれど、

最近はポツリポツリだと・・・だから余計に歓迎して下さったようで、嬉し

かった。しかも、耳よりな情報も。現在放送しているチャン・ヒョク主演の

ドラマ『商売の神ー客主』のロケで、ヒョギ達も2回(その時点で)こちらで

撮影したそうだ。俄然、オープンセット場に興味が湧く私達^^;

f0152079_1450788.jpg
f0152079_14503182.jpg

店内にはこれまでに訪れたロケ時の俳優たちのサインがズラリと・・・

f0152079_14523499.jpg

こちらの地域は併合されて現在は丹陽郡の一部に。丹陽の見どころ、何か所

行けるかな~?傘をお借りして、身軽になって雨の中、出発~♪

f0152079_14553725.jpg

オンダル観光地案内図。今、いる所は9番のチケット売り場。1人5000w也。

f0152079_1505888.jpg

まずは左側のセット場へ行くことにした。離れないと全景が撮れない門の中へ。

これは帰りがけに撮ったもの。

f0152079_152173.jpg

門を入った所。

f0152079_20113476.jpg

左側の建物へ登る階段が観覧順路。

f0152079_20123120.jpg

入ってきた外の門を中から。階段を登ってみると・・・

f0152079_20132175.jpg


f0152079_20134751.jpg

中の門の建物の左右に建物が直角にあり、こちらは左側の建物。

f0152079_20143554.jpg
f0152079_20145162.jpg

左の建物の中は展示室。

f0152079_20154315.jpg

中の門の上の部屋は写真もある展示室。

f0152079_20162759.jpg

『鄭道伝(チョンドジョン)』もあったが、ほとんどが『太王四神記』の世界。

f0152079_20173538.jpg
f0152079_2018042.jpg
f0152079_20181976.jpg
f0152079_20184324.jpg
f0152079_2019438.jpg
f0152079_20192841.jpg
f0152079_20195098.jpg
f0152079_2020769.jpg
f0152079_2020331.jpg
f0152079_20205163.jpg
f0152079_20211447.jpg

せっかくだから、飾ってあった写真を撮って並べてみた。ドラマの衣装も展示。

長くなったので、ここまでで一旦終わり。続きは次のパートで。
by andegenni | 2015-11-29 22:09 |  2015.11 忠北京畿道 | Comments(0)

2015.11 忠北・京畿道の旅 part2 寧越 韓半島地形

翌、早朝、金浦空港で買ったパンだけ軽く食べて、ホテルに荷物を預けて、

一旦チェックアウト。迎賓ホテルは奥に荷物預かりの部屋が別個にあって、

安心できた。東ソウルで7時発のバスに乗るために、ホテルを6時過ぎに

出発。2号線なので12番出口まで行ってみたが、早朝はエスカレーターが

動いていなかった。無事、6時35分頃に江辺駅に到着。

まずは、寧越(영월ヨンウォル)行きのバスチケットを購入。

f0152079_2140989.jpg

tちゃんが、後で行った場所がわかるようにと、チケットを写していたので

私も真似して・・・旅のタイトルが忠清北道になっているけれど、実は寧越は

江原道。すぐ近くが道の境目なんだけどね。

f0152079_2143814.jpg

乗り場は19番20番。終点だとよかったけれど、太白まで行くようで、途中

寄るようだったので、スマホで、予定時間の10分前に目覚まし設定。

韓国の天気予報はよく外れるけれど、この日は午後から雨の予報だった。それで

リュックが濡れないように、ポンチョタイプのレインコート、折りたたみ傘も

各自準備して行ったが、ふと目覚めると、9時時点で既にかなり降っていた。。

f0152079_23202778.jpg

寧越の街に入ると、河原にこんな可愛い公園が。バスの中からなので写せな

かったが、後にタクシーでも通った橋の上から、カメラ小僧の画像で。

すごい田舎なのかと思いきや、美術館とか素敵な建物もある所だった。

f0152079_21482179.jpg

あまり行く人もいないだろうけれど、一応、寧越バスターミナルの時刻表を。

ターミナルの前のバス停から、次に行く場所のバスが出るのはわかっていたが

ここまで戻って、更にバスよりは、1~2万W違いなら、直接タクシーの方が

いいかもと迷っていた私。地図を貰おうとしたら、ターミナル内にあった

案内所の女性が、説明して下さるようで、日本語の地図で、寧越の見どころを

丸で囲ってくださった。そう言えば、聞き覚えのあるここ寧越。『姫の男』で

首陽大君によって、6代の若い王、端宗がここに流されたんだったよね・・・

係の方の説明でも、その時に幽閉されたお屋敷などが数々残っているみたい

だった。寧越駅が可愛い韓屋造りなのを知っていたので、出来れば行きたか

ったけれど経路とは逆方向なので諦めた。見どころはタクシーの中から見る

かなと・・・

f0152079_220412.jpg

まずはターミナルの外へ。ここへは戻って来ない可能性が高かったので

すぐ前にある市場を覗いて行くことにした。

f0152079_2215692.jpg

市場の名前は寧越西部市場。アーケードになっているみたいで、よかった^^

f0152079_2271367.jpg

f0152079_2273180.jpg

市場自体は、地方都市の普通の市場なんだけど、この市場は天井の布絵が

すごかった。曲がり角に来ると、その先も同じような天井だったし。寧越は

韓牛が名産だとか・・・食べる機会はなかったけれど^^;

案内所の方が、お知り合いのタクシー運転手さんの電話番号を教えて下さり

つかまらなかったらそこに電話するように仰ったが、行きはターミナル前に

沢山並んだタクシーに乗った。話をするうちに、日本人だとわかると、どこ

かに電話する運転手さん。なんと、日本で仕事をしたことがある息子さん!

お父さんも息子さんが日本にいらした時は何度か訪日されたようだけど、

日本語ペラペラの息子さんと少しお話を・・・今は韓国で暮らしている方で

仕事柄、あちこち転勤されてる様子。その時は安東だった。向かった先で

一旦タクシーを返すと、また来てもらうのに時間がかかるため、待っていて

頂くようにお願いしたら、メーターを止めて、待っていて下さると・・・

ありがたいお話で・・・次に行く場所も、運転手さんに伝えたが、息子さん

からも再チェックして下さるし・・・で、とても嬉しかった。

道々、畑に、まるでキノコのような、こけしのようなものが沢山あって・・・

あれは何だ?と思っていたら、帰りに判明。大根畑のゴミ(要するに葉や

茎のいらない部分)を使って、そういう風に作ってあるのだそうだ@@

もうひとつ、去年全州に行く際に、やはり畑に白いスツールを大きくした

ような白い円筒状のものがたくさんあったので、あれは?と尋ねると・・・

それはtちゃんも知っていて、牛の餌だと。牧草を刈りながら筒状にまとめ

最後に白いビニール状のもので巻くのだそうだ。中で発酵させるのかな?

結構大きな駐車場に着くと、往復で40分位かかるから、こうして・・と

メーターを止めて、待機していると仰って下さった運転手さん。ポンチョを

来て、私達も階段を登って山道へ。途中、一回、前のめりに滑って転んだ

けれど、膝をついたくらいで済んでよかった。

f0152079_22271521.jpg

f0152079_22264339.jpg

f0152079_22274661.jpg

途中、親子で覗き込んでいる家族がいたので、私も一応撮ってみた。

f0152079_2229146.jpg

韓半島地形展望台という矢印♪

f0152079_2231092.jpg

途中の看板。先ほどのサークルの説明のような綺麗な看板もあちこちにあった。

f0152079_2233495.jpg

木が邪魔だけど、見えて来た韓半島地形。本当に、自然が作った韓半島だ♪

川の名前は西江。寧越の街の南側で、東から流れて来た東江と、西から流れて

来た西江が一緒になって再び南漢江となって丹陽を経て忠州湖へと続く。

f0152079_22353714.jpg

半島部分も実際に見て嬉しかったけれど、奥に連なる山も綺麗だった。

f0152079_22384027.jpg

展望台から撮った韓半島。奥には工場も見えていたが、靄のせいで幻想的。

f0152079_22403360.jpg

川の左側は靄で霞んでいて、こちらも幻想的。午後に会った方に韓半島地形に

行って来たと話したら、雨だから안개(霧・霞)が出ていて綺麗だったのでは

ないですか?と仰った。なるほど、雨でがっかりしたのに、ここの景色は雨の

時もそういう風に言われるんだなと・・・

f0152079_22454884.jpg

せっかくの景色なのに、川の一部に緑の藻が発生しているのが見えてこれ以上

広がらなきゃいいなぁと思った。

f0152079_22474847.jpg

f0152079_22504117.jpg

展望台の説明板と共に。一番高い場所の展望台から、少し先に下ると、写真の

スポットがあって、デッキより一段下に立って、韓半島地形をバックにして

写せる場所が作ってあった。行き帰り、結構、中国人の一行とすれ違ったが

今回の旅で唯一、中国人観光客と会った場所となった。

f0152079_2252998.jpg

戻りかけに撮った写真。tちゃん曰く、展望台からよりも、ここからの方が

地形がよくわかると・・・なるほど・・・

f0152079_2253471.jpg

帰りがけにもこんな説明看板があちこちに。

f0152079_22552288.jpg

観光バスがたくさんやってきたみたいで、私達を待っているタクシーがいて

くれて心強かった。

f0152079_23354081.jpg

階段途中の木越しだけど、結構広い駐車場で、お店もあった。

f0152079_23365717.jpg

駐車場から登って行く階段。普通の人で展望台まで往復40分程度。

f0152079_23383393.jpg

寧越10景だって・・・これで韓半島地形とはお別れ。ターミナルには戻らず、

次はオンダル観光地まで行ってもらった。DAUMで調べたら、ターミナルから

韓半島までは14000~5000W。ここからオンダルまでは25000W程度だと

出たので、ターミナル経由してもあまりメリットなしだと思った。しかし、

結果的に、かかった値段は58000W。かなりの距離だから日本に比べたら

とてつもなく安いんだけど、事前に調べた値段よりもどこもかなり高かった

という結果になったので、あくまで目安程度にした方がいいかもしれない。

東ソウルから寧越だと2人でも30600Wだから、タクシーは便利だけど結構

割高だ。だけど、それでも、ツアーよりは個人旅行の方が安いかも・・・

続きはまた・・・(^^)/

by andegenni | 2015-11-27 23:46 |  2015.11 忠北京畿道 | Comments(0)

2015.11 忠北・京畿道の旅 part1 始まりの羽田で真っ青になった

今回の出発は、1年ぶりのお馴染み羽田空港。地下鉄の乗換駅が階段しか

なくて、持ち上げて階段を降り、登りしたんだけど、荷物預けの際に取っ手が

グラグラしていると・・・他の人が持たないようにテープを張って貰った。

もうそろそろ新しいスーツケースを買うかなと思いつつ(帰国したらビスが抜けて

いたので、はめなおしたら、大丈夫そうだった^^)・・・窓側の席を選択♪

f0152079_17415630.jpg

出発口の上が綺麗だったので、時間もあるし…で登ってみた。

f0152079_17431878.jpg

下から見えていたのは、この左側部分かな?肉眼で見る方が綺麗だと思う。

f0152079_17442765.jpg

毎度おなじみの江戸小路の風景。今回は、更に上に登ってみた。

f0152079_17453121.jpg

f0152079_1746430.jpg

屋上から見た羽田空港国際線。ANAとJALが出発準備中?遠くに東京タワーと

スカイツリーも見えて綺麗だった。

f0152079_17482895.jpg

こちらはHOT ZONE。

f0152079_174951100.jpg

こちらはCOOL ZONE。11月12日だったけれど、もうX'masツリーも。

行く度と言っていいほど、場所が変更になり、回りまわって元の位置でリニュー

アルされたラウンジで、「今羽田です」の記事をiphoneであげた後の出来事・・

お土産に、ROYCEのチョコ(X'mas限定バージョン)を買い、搭乗口へ。

韓国は寒いかと、少し厚手のコートを着ていた為、汗をかいてしまい、椅子に

座ると、コートを脱ぐために、一眼レフ、バッグの順に傍の椅子に置いて・・・

搭乗開始の際、全部持ったつもりで、普通に搭乗。窓側の席だったので、通路側

男性に席を立って頂き、さて外でも写すかなと思ったらカメラがない!ない!

慌てて席を立ち、入り口の係員の女性にカメラを置き忘れた由を告げて、搭乗口

まで走る走る!!!GATEで、さっき座ってた席を見て来ていいかと尋ね・・・

チケットの半券をお預けし・・・でももうほとんど人もいなくて、何もなくて・・

さぁ~っと青ざめた私・・・6泊7日の旅の間、カメラなし?しかも、今までの分も

容量に余裕があるので、まだ入ったまま・・・どうしよう・・・・

私に付き添って来て下さった女性が忘れ物の所にレシーバーで連絡してくださり・・

カメラの形状を説明して下さった。と、そこへ・・・私のカメラを持った別の方が

歩いていらして・・・それです!それです!と思わず言った私^^;どうも、私が

席を立った後、近くにいらした同じ便の方が、忘れ物だとすぐ届けて下さった様子。

便の中でアナウンスされるのか、持参して下さったようだ。昨日だか、世界で一番

誠実で正直な国民アンケートの結果が日本だとかいう記事をまとめサイトの外国人

情報で読んだばかりだけど、本当に、日本人でよかったと思った瞬間。多分、近くに

座っていた日本の若い女性たちが拾って下さったと思うので。どなたかはわからない

けれど、この場を借りて、旅のしょっぱなから暗くなることを救って頂いたことに

深く深くお礼を言いたい。隣の男性は韓国人。再び、席を立って頂き、奥の窓際に

座る際、カメラを置き忘れたことを説明。見つかったんですか?との言葉に、ハイ、

見つかりましたと韓国語で。よかったですねぇ~^^ハイ、本当によかったです^^

f0152079_18123824.jpg

見つかったカメラで写した一枚目。ピンボケだけど、久しぶりに食べた機内食。

金浦にはほぼ定刻に到着。前は、韓国人の列が少なくなると、外国人がそちらに

回るように指示されていたけれど、日本路線は韓国人が多くて、この時は、ずっと

みんなで並んで待つ状態だった。先に着いたtちゃんは、福岡からJEJU航空だった

けれど、なんと、福岡から出国の日本人がtちゃんだけだったそうで、それも

ビックリ@@空いているかと思いきや、アシアナ最終便はほぼ満席だった。

A'REXに乗り、孔徳で5号線に乗り換えて、無事、東大門歴史文化公園駅へ。

しかし、最寄りの出口は構内でも階段の上り下りがあり、最後の階段で@@

以降、どの出口が少しでも楽か?と検証することになったほど^^;

今回のホテルは、安いながら抜群に人気のあるリニューアルした迎賓ホテル。

乗ってきた5号線と、明洞へも1本で行ける4号線、翌朝乗る予定の2号線に加え、

3号線の東大入口駅からも歩けるし、1号線の東大門駅からも歩ける距離。

バスターミナルへ行くことを考えて、どこへ行くのも乗り換えなしのこの駅が

便利だと思い、選択したホテル。なのに、後で気づくと、ホテルの写真が外観、

中共に、全くない・・・有名なホテルだから、旅行サイトででも確認して頂き

たく・・・無事にtちゃんと合流。翌朝早いので、スーツケースの中にすぐに

持って出れるように、各自リュックサックの準備済。おやすみ014.gif

by andegenni | 2015-11-25 18:28 |  2015.11 忠北京畿道 | Comments(2)

2015.5 慶尚・済州の旅 済州島ロケ地INDEX

11月の旅日記を始める前に、済州島で回ったロケ地のまとめを。

ヘビチやシャインビルは『悪い男』『アイリス』『悪い愛』など、単独が多いので、

このINDEXでは多岐にわたっているドラマ『推奴』と『メンドロントット』映画

『結婚前夜』だけにしておく。

『推奴』編
済州民俗村

セソッカク

갯깍柱状節理

安徳渓谷

山房山・龍頭海岸1

山房山・龍頭海岸2

『メンドロントット』
西帰浦中心部

港繋がり2か所

風車海岸とCAFE MAGGIE

カフェとその他のロケ地

『結婚前夜』
갯깍柱状節理

松岳山

風車海岸

龍淵公園他

ちなみに、右にあるカテゴリの旅一覧を個別にクリックすると、個別に旅日記が

出て来るので、ご参考までに。

以上で、2015.5の旅日記終了♪끝!

by andegenni | 2015-11-22 15:47 |  2015.5 慶尚道済州島 | Comments(0)

昨夜帰国しました

最後の日には、午前中にデジタルメディアシティにあるMBCに。


結局、2日目と、5日目の午後、最終日はずっと雨でした。


f0152079_13162436.jpeg


『キルミーヒールミー』のキスシーンの場所。
f0152079_22345656.jpeg

スターパークという名前の場所が、出来て
いて、ヒョギの手形も見つけました(^-^)

午後からは高陽市に行って来ましたが、ずつと雨で大変でした。それでも、今、観ているドラマのロケ地の何箇所かは回って来ました。

f0152079_23030080.jpeg

一番最後に、行った場所。ドラマの中で出て来た時に


ここじゃないかとあたりをつけて、カメラ小僧で確認した場所へ行きました。。


『君を愛した時間』の2人の家です。地下鉄でホームを間違えてしまい、時間との戦いになり、金浦空港まで、またタクシーになりましたが。

羽田に着いても土砂降り。

行動初日と最終日も雨でしたが、ほぼ予定通り回れて大きな体調崩れもなく、楽しい旅でした。

旅日記は、またパンマルで少しずつあげます。

一応、帰国報告でした^_^

by andegenni | 2015-11-19 13:07 | 韓国四方山話 | Comments(2)

今、羽田です。

今夜から、また韓国です。前は一滴も雨が
降らなかったけど。明日、明後日は雨の予想
です。
韓国の為には雨が降った方がいいかなと
諦めつつ、地方回りをする予定です。

f0152079_18472978.jpeg

f0152079_18475734.jpeg

f0152079_18482433.jpeg

f0152079_18490731.jpeg

電飾も、綺麗だし、一部には、もう
ツリーもありました。デッキからの
夜景は、相変わらず下手っぴです。
ラウンジで、書いていますが、この
ラウンジ、羽田の利用する度と言っても
いいくらい、しょっちゅう場所が変わり
探すのが面倒ですが、成田と違い、出国
手続きした後にあるのは重宝します。
では、行って来ます^_^

by andegenni | 2015-11-12 18:44 | 韓国四方山話 | Comments(0)

2015.5 慶尚・済州の旅 part68 済州島27 海沿い散策~帰国

東門路を渡り、7年前にも訪れた七星路へ。

f0152079_22222051.jpg

記憶にも残っている七星路入り口の門。

f0152079_22234686.jpg

中は工事中で、人も少なかった。

f0152079_22245776.jpg

アーケードの通りに行ってみても、それは同じ。もう、ジソがCFをしていた

SIEG FAHRENHEITのお店もなくなっていて寂しい・・・

海は大体こっち方向だと思うけど・・・?と歩いていたら・・

f0152079_22274089.jpg

f0152079_22275534.jpg
f0152079_22281417.jpg

なんと、ジソ発見!最近、どんなCFに出ているかチェックしていなかったから

まさに発見って感じで嬉しかった^^

f0152079_223416100.jpg

観光案内所のある交差点に出た。ならば、この先が塔洞海辺公演場だから、この

通りを行けば良さそうだ・・・海岸と平行に走るこの通りは済州のホテル通り。

f0152079_22435312.jpg

観光案内所の向かいの角にある青いガラスの建物は天馬ビジネスホテル。

f0152079_2246430.jpg

その並びに済州ソウル観光ホテルと済州パレスホテル。実は、1人旅じゃない

場合にはこの通りに泊まろうと、あちこち検索していたので、実はこの2つも

候補だった。

f0152079_22492767.jpg


f0152079_22502169.jpg
f0152079_22505487.jpg
f0152079_22514488.jpg

韓国のお釈迦様の誕生日の連休は前の日で終わっていたから、人が少ないけれど

通りには沢山のお店が並んでいて、ホテルを出ても食事には困らなそうだ。

f0152079_22545770.jpg

済州オリエンタルホテル。ここも一応調べたホテル。レンズが曇ってる?

f0152079_2257193.jpg

その先の右側に、前夜も前を通ったラマダプラザ済州ホテル。もうすぐだ。

f0152079_22592285.jpg

ラマダの前にあるユビンチョンボッ食堂。前夜9時過ぎで終わっていたので

再チャレンジ♪

f0152079_2311799.jpg
f0152079_2315641.jpg

レンズのくもりにまだ気づかない私…通りからも店内からも見えるアワビ^^

店内からだと、ガラスのケースに張り付いてるのしかわからないけれど^^;

f0152079_2353971.jpg
f0152079_2355961.jpg

済州島ならでは・・・というか、病気になったり、力をつける時には定番の

アワビがゆを、いただきま~す♡美味しかった。ようやく済州島らしい食事を

最後に食べられた。最初と最後だけっていうのが心残りだったけれど・・・

f0152079_2317816.jpg

f0152079_23173946.jpg

プラザホテルの脇の道を進んで、海岸沿いの堤防へ。レンズ、元に戻った?

f0152079_2319319.jpg

青い空と海に、済州港旅客ターミナルには白い大型船。

f0152079_23255024.jpg
f0152079_23263713.jpg

白い防波堤には巻貝や甲殻類がはめ込まれて、遊歩道も広くて気持ちがいい。

f0152079_23292778.jpg

青と白のコントラストが綺麗で、誰が撮っても綺麗に写せるだろう構図。

f0152079_23311264.jpg

道路沿いに停まっていたミルク車。ラッピングがとても可愛い。K・MILKって

韓国ミルク?「新鮮で安全な国産牛乳 確認」だって^^

f0152079_23351136.jpg

海女の像が単色なのに、とても素敵。

f0152079_23362154.jpg

最後の買い物に、ホテル通りにある、7年前にも訪れたEマートへ。

f0152079_23372563.jpg

トイレを拝借。子供用シートが可愛い♡使用後はここに吊るして下さいって^^

よく食べているコッコ麺が、なんと一袋2500Wでセール中。思わず2セット

買ってしまった。10個あれば、しばらく楽しめると思いきや、飲み会の後に

作っといてと帰る前コールしてくるおっとっとの所為で、割とすぐ終わった。

Eマート前からタクシーで宿まで。買い物でずっしりと重くなった肩・・・

f0152079_23433481.jpg

マンホールの蓋フェチ気味なので、済州の汚水編。原産地韓国に笑ってしまい。

f0152079_23451424.jpg

預けてあったスーツケースに、重いものを詰めて、入らないものは、大韓航空

だから預けられないから持つしかないなぁ・・・と。(預け荷物1つだけOK)

お世話になった宿を最後に写し、2日前の朝に降りたバス停の反対側に渡り、

空港行きだと思うバスに乗ろうとしたら、行かないと。。。なんで???

仕方なく、流しのタクシーを停めたら、トランクに自分で荷物を入れろと。。

か弱くはないけれど、重くなったスーツケースを持ちあげるのは大変だった。

そんなこんなで、なんとか空港に到着。

f0152079_23495265.jpg

で、なんでこんなに混んでるの?状態。こんなもんじゃなくて、ホール一杯の

荷物をいくつも持った中国人が沢山。連休明けだから韓国人も多く済州空港は

国内線も国際線もほとんど同じ場所だから、大混雑だった。

f0152079_2352684.jpg

そう言えば、大好きなバナナウユをあまり飲まなかったなぁと最後に。

f0152079_2354829.jpg

大韓航空 済州成田便の機内食。もうこの路線はないんだなと思うとちと

寂しい。ほぼ定刻に成田に着き、最寄り駅まで娘に迎えに来て貰い車で帰宅。

7泊8日の勝手気ままな旅日記、これで終了。お付き合い頂いた方がいらし

たら、長い旅日記を読んで頂きありがとうございました(^_-)-☆

後日談で、帰宅後、熱を出し、更に中耳炎に罹り・・・で、全治までひと月半

ほどかかってしまい、最初はMERSかもと心配したり・・・で、旅に無理は

禁物だと言い聞かせながら、貧乏性だから、きっとまたハードな計画を立てる

んだろうなんて思ったりしている。

by andegenni | 2015-11-11 12:34 |  2015.5 慶尚道済州島 | Comments(0)

2015.5 慶尚・済州の旅 part67 済州島26 東門公設市場

済州東小学校前の道は東門路。左に向かうと坂道に。

f0152079_18211293.jpg

f0152079_18222570.jpg

だんだんと下って行く坂道の途中には写真や地図があった。漢拏山の噴火口、

白鹿譚の写真。雲がかかって、まるで今も噴火している煙のようにも見えた。

f0152079_18301666.jpg

この地域の地図。現在地には赤い●。(クリックすれば全画面になる)

七星路を通って、海まで歩いても、散歩程度の距離だとわかった。

f0152079_18335616.jpg

写真のある坂道を下から。手前の写真はすでに行った山房山と菜の花。

済州島といえば、菜の花を思い浮かべる位、あちこちにあるけれど、韓国名が

유채꽃と言うのは、初めて知った。유채って漢字で油菜。アブラナだから、日本

でもそう呼ぶ時もあるから、油菜の花って綴りなのは、当然と言えばその通り

なんだけど、菜の花って言う方が可愛いよね♡

f0152079_18375916.jpg

東門公設市場の入り口に到着♪早速中に入ってみよう♪

f0152079_1993651.jpg
f0152079_1910176.jpg
f0152079_191171.jpg

この市場は天井部分に万国旗。ちゃんと日本もあるのが嬉しかったりもする。

ドラマで出て来るように、頭に乗せて運ぶアジュンマもいたり・・・

f0152079_1913814.jpg

特産の入ったチョコレートは、ほぼ統一された価格。後でマートでも見たが

市場の方がずっと安かった^^私も、大箱、小箱合せて沢山お買い上げ~♪

f0152079_1918746.jpg

撮った時は気づかなかったけれど、통닭@鶏の丸焼きの上に코끼리@象って

お店の名前だとしても@@

f0152079_19214397.jpg

済州島でソウルトッポッキ^^粉食は小腹が空いた時の強い味方だよね^^

f0152079_1923757.jpg

済州島での初めての食事だった甘鯛がとても美味しかったので、覗いてみた

けれど、옥돔@赤甘鯛の真空パックはかなり高かった・・・(´・ω・`)

f0152079_19262080.jpg

豚足も沢山並んでいると壮観。スンデとトンソクだけは、私にとっては当たり

外れがあるので、手が出せない^^;美味しいお店もあるんだけどね^^

写真はないけれど、ごま油を絞っているお店で、ごま油を購入した。

国産は中国産の何倍もしたんだけど、勧められて、国産を2本買った。

f0152079_19285278.jpg
f0152079_19292268.jpg

衣類の通りに来たようだ。市場が広くて迷いそう・・・

f0152079_19301751.jpg

ハルラポンを絞ったジュースは間違いなく美味しいはず。トルハルバンの形の

カステラを見て、先月行ったコキアの公園のクマを思い出した。ご当地版♪

f0152079_19324420.jpg

この旅は一人だったから食べられなかった済州島名産の黒豚。食べたかった・・

f0152079_19342155.jpg
f0152079_19344846.jpg
f0152079_19351997.jpg

f0152079_19401970.jpg

食べ物の通りは活気がある。甘鯛もお土産用の真空パックではなく、こうして

ざるに並べられていたので、値段を聞くと、10枚位で3万ウォン。さっきの

お土産用は確か2枚でその値段。持ち帰れるかどうかを訊くと、一枚ずつ包み

保冷剤を入れて冷蔵パックに入れれば大丈夫だと。それを買って帰ったけれど

最初の食堂で食べた味には劣っていた。1枚330円なら、めちゃ安いわけでも

ないので、ちょっと失敗したかも・・・

f0152079_1941929.jpg

名産の太刀魚の売り方も豪快だ。最近は捕れなくなって、日本からも輸入して

いるとか聞いたけれど。

f0152079_20154165.jpg

f0152079_2016687.jpg

野菜の並んでいる所も・・・

f0152079_2019436.jpg

買い物も結構したし、もういいかなと市場の外へ。明洞にあった明洞衣料は

訪韓し始めた頃、結構お世話になり、なくなった時にはかっがりしたけれど

まさか、済州島で明洞衣料に会えるとは・・・爆)続きはまた・・・

by andegenni | 2015-11-10 20:26 |  2015.5 慶尚道済州島 | Comments(0)

2015.5 慶尚・済州の旅 part66 済州島25 トゥメンイ壁画通り

済州島民俗自然史博物館を出て、再び大通りを右へ。

f0152079_1702164.jpg

白馬高地の英雄康承宇少尉像。あちこちに朝鮮戦争時の記念碑があるよね。

f0152079_1763241.jpg

朝鮮戦争時の戦車と飛行機?レプリカだと思うけど。これらがある場所は

耽羅自由会館の敷地内。この奥側に博物館の建物がある。

f0152079_17142842.jpg

向かい側には、ククスのお店が並んでいて・・・

f0152079_17252637.jpg

歩道にも、ククス文化通りの看板が。

f0152079_17301894.jpg

中でもこのお店の前だけすごい行列^^;3代ククスと言うお店が有名なのは

知っていたが、ここは자메국수。ここ姉妹ククスっていう名で、とても有名な

ブロガーのワッタガッタさんの旦那様、オルネリョさんが調べて行かれた所。

さすがに、맛집を調べて行く人はよくわかっている^^済州島のコギグクスの

双璧の一つみたいだ。お腹空いていれば入りたかった。

f0152079_17583775.jpg

f0152079_1759777.jpg

私が歩いていた側は新山公園。足は、バスを降りた時、最高に痛んでいたが

痛みって慣れるみたいで、我慢して歩ける程度に(帰国して、水泡部分が

全部綺麗な新皮膚に入れ替わるまでかなりかかったけれど)なってよかった。

これから目指した所は、두맹이골목@トゥメンイ(壁画)通りだ。スマホに

入れた地図を見ながら・・・

f0152079_2051210.jpg

f0152079_204016.jpg

右側にセブンイレブンがある四つ角でそろそろだと思い、海側に向かって

下っている坂を降りて行った。

f0152079_208827.jpg

地図を見て、目指した洗濯屋さん。だけど、実はこの前から始まる通りを

往復してしまった^^;坂道の途中の路地を行った方が良かったかも。

f0152079_20111489.jpg
f0152079_2012882.jpg

洗濯やさんの前の入り口から北へ向かう路地。地図には「記憶の庭園 トゥ

メンイ通り」と書いてある。

f0152079_20152679.jpg

蝶は並びのこちらの建物にも^^

f0152079_20172456.jpg

更にその先の建物にも蝶。そして、本物の電信柱の間には、ボールを抱えた

男の子。随分、写実的な絵だなぁとこの時、思ったんだけど、人物画はほぼ

絵画のようで、とても写実的な壁画通りだった。

f0152079_20213536.jpg

近くにいるこの男の子も、現実にいそうな男の子だよね^^

f0152079_20261966.jpg
f0152079_2027347.jpg

蝶はこの通りのシンボルみたいだよね^^

f0152079_20283131.jpg

大通りから坂道を下って洗濯やさんだったので、逆に登っている路地。

f0152079_2030128.jpg

集団で馬跳びしている少年たち^^

f0152079_20411644.jpg

メンコしてたり、飛び跳ねてたり・・・飛び跳ねてる子は馬跳びの絵の後ろ。

f0152079_20435972.jpg

坂を登ったこの角までが壁画通り。ここの先が最初に降りて来た坂道。

f0152079_20463478.jpg

通りのてっぺんから見下ろして、再び、同じ道を入口まで下った。

f0152079_20483927.jpg

入口近くにあるトゥメンイカルビ店。

f0152079_20513271.jpg

車の通る通りを挟んで、更に続いている壁画通り。読んでいる本を覗いている

子供たち。上にアニメのキャラがあるので、コミックだろう。

f0152079_20532745.jpg

f0152079_20535889.jpg

f0152079_20545757.jpg

さらに続く蝶の飛んでいる壁。最後の壁画はちょっとリアルで・・・

f0152079_20555145.jpg

葉脈が盛り上がっていた。

f0152079_20571899.jpg

また馬跳びの絵。右の文字は作者の名前?と思ったけど、電信柱に書いてある

文字なので、車は徐行という標識だろう^^;

f0152079_20584951.jpg

輪郭だけでもよくわかる、縄跳びしている女の子たち。

f0152079_2101353.jpg

「アンニョ~ン^^」って思わず挨拶したくなるたくさんの子供たち。

f0152079_2113714.jpg

蝶が繋ぐ壁画のお花と本物の薔薇のお花のコラボ?

f0152079_213828.jpg

f0152079_2132855.jpg

タンポポとタンポポの綿毛に沿って、坂道を下ると・・・

f0152079_2152727.jpg

壁の窓からこんにちは♡この辺りは、あちこち分かれた路地を探検気分^^

f0152079_2161888.jpg
f0152079_217012.jpg

この路地も先に沢山の絵がありそう!小さな公園になっていたが、そこには

f0152079_2184640.jpg
f0152079_2194284.jpg
f0152079_21101129.jpg

1枚では撮りきれなくて3分割で撮ったアニメの壁画。すごい!更に・・・

f0152079_21124112.jpg

角を曲がった所の階段にはこちら。これが通りから見えていた絵。これは

韓国の有名なテコンVかな?そうだよね^^

f0152079_21181085.jpg

再び、花や蔦のある壁画通りを通って・・・

f0152079_21194621.jpg

鮮やかな黄色のひまわりと蝶^^

f0152079_21214290.jpg

お花の向かい側、蔦側の最後にはトゥメンイの飾り文字。

f0152079_21241847.jpg

通りに出る角にはカフェ。名前、トゥメンイアジト?アジトって韓国でも

同じ意味で使われてるんだね・・・へぇ~^^この時はお休みだったけれど。

f0152079_2127415.jpg

カフェの壁にあった地図を拡大。こちら側の入り口から入ると、ずっと登り。

スタート時点がどちらかで違うけれど、下りの方が若干楽かも。最後にお茶♪

f0152079_21295288.jpg

カフェ前から、最後に壁画通りを。ここ、旧済州では一番来たかったかも^^

f0152079_2133655.jpg

通りに出て、さて、次の目的地はどっちだ?丁度、歩いてきた家族連れに

尋ねると、そっち方面に行くからと。後をついて行くことに。可愛い男の子♪

f0152079_21363213.jpg

大通りにぶつかると、向かい側には済州東小学校。市場方面から来たら、この

小学校が左に見えたら、その角を曲がると壁画通りが見つかると思う。

続きはまた~♪

by andegenni | 2015-11-08 21:48 |  2015.5 慶尚道済州島 | Comments(0)