<   2014年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2014.6 ソウルと近郊のロケ地 part25 アチムゴヨ樹木園

京春線に乗って、次に降りた駅は清平駅。前にプチフランスへ行った時に

降りた同じ駅。以前、観光案内所の方が、シティバス乗り場は駅の反対側だと・・・

f0152079_2333155.jpg

こちら側が乗り場のある方。なぜか飛んでいる青年は気にしないでくだされ・・・で、
f0152079_23342680.jpg

シティバス乗り場はこちら。5000Wで乗り降り自由。ジェイドガーデンからずっと一緒

だった一人旅の女の子に、韓国語で確かめたら、なんと韓国人じゃなかった!

台湾からの一人旅だって・・・錆ついた英語でアチムゴヨに行くと言うと、彼女も

そうで、最後にプチフランスへという行程まで同じ。加平駅で降りたら、道なりに

ナミソム・プチフランス、この清平駅を経由して最後がアチムゴヨ。だから、どうして

先にアチムゴヨ?と思ったらプチフランスでゆっくりして、シティバスの最終便後に

あるらしい清平バスターミナルまで戻る路線バスの時間も調べてあった。ライトアップ

まで観る予定で、逆回りにしたようだ。私はプチフランスにはもう行ったので、先に

アチムゴヨを観て、時間があったらプチフランスにも寄る?とtちゃんに尋ねてみたら

行きたい!と。。。清平駅から反対方向のアチムゴヨに行って、もう一度ここに戻り、

プチフランスへの往復と、無駄な動きになってしまったが、そうか、彼女みたいに

考えてそうしてる人もいるんだと感心した。スマホ世代は動きながらも検索できるし。

シティバスは、アチムゴヨ方面、プチフランス・ナミソム方面共にここからの乗車なので

運転手さんと一緒に乗っているアジョッシ(一応英語でも説明していた)が、行き先を

確認してから乗せていた。

f0152079_2343831.jpg

シティバスの終点アチムゴヨ。帰りの時間を間違わないようにとアジョッシが注意!

乗る予定のバスは16時発。結構広いけれど、足は大丈夫か>私。。。

f0152079_1346352.jpg

加平観光地循環バス(ツアーバス)案内。英語ではシャトルバスになっている。

縦方向の画像はこのサイトの自動縮小でも大きくなりすぎるけど、参考のために。

クリックすればもう少し大きくなるし、DLすれば、虫眼鏡マークでもっと大きくできる

ので、時間とかルートとかがわかると思う。この看板は、アチムゴヨの下車位置に。

f0152079_2349494.jpg

チケット売り場の近くにあるお店。売店や食堂、トイレ等もこの一画に集まっていた。

f0152079_23504313.jpg
f0152079_23505456.jpg

ここの四季の綺麗な写真がたくさんある建物へも行ってみた。期待期待❤

f0152079_23515375.jpg
f0152079_23514313.jpg

ここで撮影された作品。最近ならやはり『美男ですね』が一番有名なのだろうか。

古い順に。。。2002>映画『純愛中毒』 2004>『火の鳥』『漢江ブルース』 2005

>『このろくでなしの愛』 2006>バラエティ『無限に挑戦』 2008>『愛してる』

2009>『結婚できない男』『美男ですね』 2010>『코오롱スポーツCF』『メリは

外泊中』 2011>『笑ってトンへ』映画『朝鮮名探偵』 もっと他にもあるけれど・・・

観たものも多いけれど、ロケ地がどこかって気にしないで観てたので、印象に残って

いるのは、やはり『美男ですね』位かなぁ・・・

f0152079_23525397.jpg

入口を入ると、お出迎えのコーナー。アチムゴヨ園芸樹木園と書いてあった。

アチムゴヨ아침고요とは、朝の静寂という意味。朝鮮時代の名前、朝鮮そのものも

朝が静かな国としてつけられたそうなので、それにちなんでつけたんだそうだ。

最初の写真スポットから素敵に作ってあるよね^^

f0152079_23545578.jpg

まずは下り。道の脇のお花が綺麗だ。

f0152079_23555628.jpg

上の方に見えている場所は何だろう?展望台かな???

f0152079_23585781.jpg

敷地内に川が流れていて橋も。

f0152079_2356276.jpg

緑が綺麗な広場。朝は清々しく静かなんだろうね^^奥の中央にある曲がっている

木はここの象徴的な木で、千年香と呼ばれている樹齢900年の松の古木。

映画『手紙』にも出て来たそうだ。

f0152079_00426.jpg

遊歩道を歩くのも、お花が綺麗で楽しい。

f0152079_23592385.jpg

野外ステージ。自然の中での演奏会とか、素敵だろうね^^

f0152079_00659.jpg

STONE GARDEN。ジェイドにもあったけれど、こちらのはミニチュアで可愛い。

f0152079_01329.jpg
f0152079_021563.jpg

その先には、ミニチュアの町が。鉄道や鉄橋も可愛いけれど、家の一軒一軒まで

精巧で可愛い❤

f0152079_042391.jpg

森の中思い出の工作所と書いてある。草木の寄せ植えを作る所みたいで、多くの

人が自作の寄せ植えの袋を持って歩いていた。日本には持って帰れない((+_+))

f0152079_055299.jpg

東屋、韓国語なら정자亭子が見えて来た。この景色なら史劇でもOKだよね^^

f0152079_071676.jpg

川を見下ろしたら、ここで行き止まり?じゃないだろうけれど水が溜まってて、ここも

史劇でもOKだよね^^

f0152079_084038.jpg

下から見上げた場所はやはり展望台みたい。向かいの山にも行けるみたいだ。

f0152079_095748.jpg

川の上流は石だらけになり・・・石積みしてお祈りした人もいたみたい。

f0152079_0114625.jpg

目指していた小さな教会がようやく見えた。一番奥なので、結構きついかも。。。

f0152079_012589.jpg

『美男ですね』では、テギョンとユ・ヘイがMVの撮影の最後にキスした所。他にも

映画『手紙』で結婚式をあげたり。冬の夜のイルミネーションはそれはそれは綺麗

みたいだ。

f0152079_016772.jpg

とても小さな教会なのに、中にもちゃんとこうして祭壇と椅子が。

f0152079_0171784.jpg

教会に至る道が全部ライトアップされる冬にもう一度行けたらいいなぁ・・・

f0152079_0184062.jpg

この広場も、週末にはカップルや家族連れでいっぱいになるのかな?ここがこの

樹木園の中心のアチム広場。

f0152079_021292.jpg

教会へと続く道は、ズバリ하늘길。天国(神)へと続く道。

f0152079_0302144.jpg

f0152079_0311321.jpg

展望台へ続く場所はアイリスでいっぱい!アイリス、アヤメ、菖蒲・・・区別つかん。。

f0152079_0331089.jpg

展望台から観た夏景庭園。人は仕方ないとして、トラックは邪魔・・・『純愛中毒』で

結婚式をあげた場所で、人気がある庭園。散策している人もたくさん^^この庭園は

朝鮮半島の形をしているそうで、南北統一の願いも込められているそうだ。

f0152079_0342396.jpg

後ろの山に登る階段脇にあるのは同じ色の紫陽花。青い絨毯みたいでとても綺麗。

結構足が疲れて来てたけど、やはり、一番奥の韓屋は観ようということで・・・

f0152079_0372499.jpg

f0152079_0393828.jpg

韓国式の庭園と池。史劇担当庭園!韓屋は伝統茶院。ゆったりお茶が飲めそう。

f0152079_042157.jpg

先ほどと反対側から、夏景庭園を。

f0152079_04456.jpg

おや、あそこに見えるのは・・・・もしかして、『美男ですよ』でミナムがミニョに変身

した場所?入ってみよう!

f0152079_0481386.jpg

f0152079_0481596.jpg

撮影の合間にここで、女の子に変身したミナム(ミニョ)。

f0152079_0492492.jpg

入口近くのお花のアーチも綺麗!

f0152079_0501773.jpg

温室を正面から。

f0152079_0511195.jpg

温室に至る道も何本かあって。。。シヌ先輩のシーンも思い出すなぁ。。。

毎時0分発だからね・・・と念を押されていたので、時間を気にして戻った私達。

バスに乗ってから、なかなか来ない台湾の女の子。結局、来なかった・・・・

清平駅へ戻ったバスは、今度は北漢江沿いに走って・・・tちゃんに、夏場の

水上スポーツが盛んみたいよと説明。ボートや水上スキーをやっていた。

そう言えば、前にここへ来た時も6月だったなぁ・・・では、
f0152079_11381718.gif

by andegenni | 2014-08-30 01:19 |  2014.6 ソウルと近郊 | Comments(2)

2014.6 ソウルと近郊のロケ地 part24 ジェイドガーデン

一日中、使える最後の日、金曜日。この日は、実は前から行きたかったので季節も

この時期を選んで、楊口シティツアーに申し込んであった。ただし、10人以上

集まらないとツアーが成立せず、6月のこの週だと20日の金曜だけに参加者がいる

状態だった。その2名時点で早速申し込み、日本人であることも備考に記入。じっと

待つ日々・・・徐々に人数が増えて来たので、tちゃんのスマホにも申し込み人数の

チェック画面をお気に入りに入れて貰い、出発前には8名に。前々日で〆切りなので、

水曜の夜まで待ったが、結果的に不成立。

講座の先生に話したら、楊口は自然がとても綺麗だけど、個人で行くにはちょっと危なく

確か事前申請が必要な所もあると。ソ・ジソブの道、頭陀淵ギャラリーも入っているので

シティツアーにしたのだが、シティツアーなら大丈夫だろうと。それなのに・・・(T_T)

全く0の日も多い中、天気もOKなのに、8名で中止とは、とっても残念・・・中止の時に

備えて、別案として、春川にあるジェイドガーデンを初めとして、その一帯にある庭園を

回ることに・・・春川は、ナミソムも春川市内もすでに行ったことがある二人なので。

f0152079_1515757.jpg

ジェイドガーデンの最寄り駅からの始発シャトルバスに合わせて、その駅到着時刻、

そこまで至る経路も全て逆算して出発時間を計算した。8時からのおかゆもOK♪

前日の残りのキムパと共に。ご夫婦で一週間韓国に滞在される方と食堂でお話。

1号線鍾路3街駅から清涼里へ。

f0152079_1594068.jpg

f0152079_15101033.jpg


前に春川へ行った時は、一旦地上に出て清涼里駅の2階部分へのエスカレーターに

乗ったが、ITXが出来た為か、新しい駅になっていて、地下鉄1号線から直接行けた。

と、言ってもITXでは停まらないので、一旦中央線で上鳳(サンボン)駅へ。ここで

京春線に乗り換えて屈峰山駅へ。駅着10時39分。シャトルバス始発は10時45分。

f0152079_1523571.jpg

ナミソムの最寄り駅、加平駅を過ぎて、電車内から北漢江を。見えている島はチャラ

島か?その向こうにナミソムがある。

f0152079_15225269.jpg

屈峰山駅。行きにも撮ったが、この後何度も行動を共にした若くて可愛い日本人の

女の子二人がバッチリ写っていたので、帰りに撮った画像を。シャトルバスを待つ所。

行きのバスはほぼ満員!会社のドラマでよく出てくるワークショップなのか?日帰り

だから単なる親睦ピクニックなのか?会社員の御一行が♪ノリのめちゃいい男性が

一人いて、一行を巧くまとめていた。ほどなくジェイドガーデンに到着!

f0152079_1534859.jpg

人が多かったので、入口の全体像も、帰りに撮ったものを。

f0152079_1534241.jpg

今はまだ左端の駐車場の周回道路の傍。全部回るとかなりの広さ。足が心配・・・

f0152079_153696.jpg

乗って来たシャトルバスはこの位置で待機。帰りにここまで乗りに行ったら、時間に

なったら入口まで移動するからそこで待ってと言われた^^;

f0152079_1538560.jpg

さて、入場券を買って中に入ろう!この日回った所は全部入場券が8000W。

韓国の施設としては結構高めに感じたけれど・・・前日のBCJ GARDENは7000W。

f0152079_15454392.jpg

入口を入って少し行った場所から、まずは振り返って・・もう『その冬風が吹く』の世界!

もう少し先からこちらの入口を撮ると、『フルハウスTAKE2』のポスター写真に。

録ったもののまだ観てないんだけど。。。観れば、こちらの施設がいっぱいだと思う。

f0152079_15525318.jpg

ドリームキャッチャーのある左の窓が、ヨンの部屋。右がオ・スの部屋。

f0152079_155463.jpg

下には、撮影場所の写真もあった。

f0152079_1559574.jpg

写真にある撮影場所はすぐ傍に・・・

f0152079_1622124.jpg

f0152079_1625185.jpg

f0152079_165748.jpg

梅雨の前、とても綺麗な季節に行けてよかった。ドラマの撮影は冬だったけど^^;

ここでも、すでに睡蓮が咲き始めていて、今年はラッキー♪ハーブも綺麗だった。

f0152079_166870.jpg

さっきの撮影地看板で、オ・スが寄りかかっていた壁。向こうに見える建物は

f0152079_1674925.jpg

何度も登場した温室。もっと遠い場所かと思ったら、建物のすぐ傍だったのね。

f0152079_1692574.jpg

すぐ傍にある階段を登ると・・・・

f0152079_16104722.jpg

めちゃ見覚えのある庭園が^^イタリアンガーデンと言うそうだ。

f0152079_16115364.jpg

一番奥まで歩いて行くと、この像。そしてここから振り返ると・・・・

f0152079_16132460.jpg

『君はペット』でグンちゃんが歌い踊ってた場所だ^^LOTTEで公開直後に観たっけ^^

オ・スがヨンが作った雪だるまを見つけたのもここ。

f0152079_16152088.jpg

その先の坂を登って振り返ると、全景が見えてとても素敵だった。ここは韓国?

f0152079_16323088.jpg

f0152079_1634031.jpg

先ほどの温室がヨンの温室なら、こちらは『ラブレイン』のハナの母ユニの温室。

高山植物を集めてあるのだとか。Alpine Greenhouseと書いてあり、韓国語では

ずばり高山温室っていうのが面白い。

f0152079_16364990.jpg

あちこちにある庭園と、点在する像。

f0152079_16375332.jpg

f0152079_16382418.jpg

あちこちに休憩場所も。上の写真の場所にはブランコがあるが、TAKE2でテイクが

座っていた、ウッドデッキガーデン。あちこちに道標があるが、どこへ行こうか・・・

f0152079_1642329.jpg

川沿いにアイリスガーデンに行ってみることに・・・

f0152079_16433950.jpg

涼しげな噴水が^^

f0152079_16442769.jpg

橋の上にも何やら像が・・・

f0152079_16452866.jpg

女の子が噴水を見ている後姿なんだけど、下着姿ならむしろ裸体の方が^^;

f0152079_16515916.jpg

f0152079_17231725.jpg

その先の庭園の向こう側に滝と橋。もしかして、ここって、ジュンの母と上下ですれ

違った所かなと思って撮って来た。(調べたら、そこは昆池岩リゾートの方だった)

そのすぐ前には・・・・

f0152079_16571425.jpg

ジュンとハナが座ったベンチが。ちゃんと案内板もあったし・・・

f0152079_1701746.jpg

庭園の前にはa little cottageと書かれたお店があった。まだ手持ちがあったので

先へ行くことにした。ハナと母ユニが暮らしていた家がある筈だと・・・

f0152079_171421.jpg

ガーデンに置く、苔で作ったベアとかはよく見るけれど、馬それも3頭とは!

f0152079_17144313.jpg

f0152079_17154024.jpg

ありゃ、どんどん山に・・・もしかして、さっきのお店がそうかも!と気付くパボな私^^;

f0152079_16554696.jpg

この橋もどこかで出て来たような・・・

f0152079_17172124.jpg

DRY GARDEN。石と、水やりがあまり必要でない木々。これも素敵よね^^

f0152079_1720233.jpg

やはりそうだった!裏から見たらすぐにわかったのに。

f0152079_1721523.jpg
f0152079_17221371.jpg

f0152079_17241265.jpg

ほんと、パボどした^^;ま、戻ってきたから良しとして>tちゃん♪

f0152079_1814074.jpg

しかも、さっき、旅行サイトの記事を読んだら、『君はペット』時にグンちゃんが植栽

したとかいうチャン・グンソクの木が家の向かいにあると。お庭の写真はこれ一枚・・・

コウヤマキってことだけど、どれだ?もしかして、左端の切れてるの?

『ラブレイン』では、この家に至る道や橋、父息子共々、しょっちゅうやって来てたが

実は・・・息子の方はともかくとして、父親役のチョン・ジニョンがこんな台詞や行動

っていうのが、なんとも違和感ありありで・・・彼のような役者が歯の浮くような台詞、

ま、監督の台詞が大体こんな感じだから仕方ないとしても、若者のような、会いたい

その気持ちだけで突っ走っちゃうのを見て、背中がこそばゆかった^^;

f0152079_17252124.jpg

下りの道は登りとは反対側の川沿いを。

f0152079_17285072.jpg

車が入る場合は、この先にある門から。

f0152079_17263016.jpg

最後に橋を渡って、ジェイドの本館へ。この橋もその冬~で何度も出て来たよね。

f0152079_1730076.jpg

橋から見た景色もとっても素敵だ。

f0152079_17335978.jpg

お腹が空いて来たので、本館1階にあるレストランへ。こちらは、ドラマでも玄関。

f0152079_17361972.jpg

壁にはここで撮影されたドラマと映画4作品の紹介が。

f0152079_17385979.jpg

紹介を見たら、やはり先に2階へと思い・・・これは紹介看板の下部分だけを拡大。

f0152079_17404619.jpg

2階は実はこんな場所。部屋はセットだったのね^^;

f0152079_17411926.jpg

ヨンのドリームキャッチャーがある窓。一つおいて、その隣がオ・スの見ていた窓。

f0152079_17431689.jpg

2階に登る階段は螺旋階段。目の見えないヨンがよく降りていたけど、確かに危ない。

f0152079_17452815.jpg

f0152079_1745429.jpg

レストランの中。温室側と、私達が座った席からお庭を。

f0152079_17463959.jpg

注文したのは、春川だから、名物の二つが合体したセット。春川と言えば・・・・

タッカルビとマッククス(蕎麦のククス)。日本の可愛い女の子達も同じのを注文して

食べていた。美味しいですよ^^と。でも、結構辛くて、量が多すぎで途中でGIVE UP!

f0152079_1865460.jpg

f0152079_1884440.jpg

f0152079_1894699.jpg

食後は、舌を労わる為に、ハーゲンダッツのアイスをカフェの売店で買って一休み。

晴海さんが、韓国は乳製品が高くて、近くにコストコがあるから助かると仰っていた

けれど、確かに高い・・・うちの近くではしょっちゅう30%オフをやってるから余計だ。

その後market placeと書いてある売店へ。何もかもが可愛くて、家族やカップルで

来るデートコースにピッタリ♪女同士や男同士、朝会った会社員の一行もいたけど。

f0152079_1812454.jpg

f0152079_18141081.jpg

売店で見かけた素敵な写真の位置を探しに・・・一旦外へ出た所だった。

f0152079_1814893.jpg

並びにあるGATE。女の子達が写真を撮ってて、「ここTAKE2でよく出て来た所です」

って教えてくれた。オ・スが初めてジンソンとやって来た時にも通っていたし。帰りの

シャトルバス(13時10分発)に乗って、次の目的地へ。実は、帰りからずっと一緒

だった一人旅の女の子もいて・・・電車に乗っても一緒。日本の二人は加平で降りた

のに、その女の子は降りず、私達と一緒に降りて、更にその先へも。どうも行程が

同じだったようだ。この続きはまた・・・
f0152079_11381718.gif

by andegenni | 2014-08-24 18:34 |  2014.6 ソウルと近郊 | Comments(4)

2014.6 ソウルと近郊のロケ地 part23 碧草池文化樹木園

プロバンスマウルからバスで向かうと、歩いたり、乗り換えたりでとても時間が

かかる碧草池文化樹木園。同じ坡州市内なのに、とても辺鄙な場所にある。

DAUMの検索では22キロで45分程度2万ウォン位だったので、迷わずタクシーで。

途中の風景はのどかでもあり・・・ゆったりと休みながら到着した。

入場料を支払い、中へ。ここを最後にしたのは、閉園時間が日没まで。のどかだ・・・

f0152079_2258380.jpg

入るとすぐに目に着く青い建物。THE BCJ PLACEと書いてある。碧草池(벽초지)

だから、その英語略なのだろう。この建物の中にはレストランやカフェやお土産屋さん

会議室や展示室もあるようだ。

f0152079_2321575.jpg
f0152079_233613.jpg
f0152079_234566.jpg

入口からすぐのこのお花がいっぱいの庭園はQueen's Garden。女王の庭園。

ここは『49日』でイスとイギョンが再会した場所だ。

f0152079_23142144.jpg

この場所の名前。碧草池文化樹木園の英語表記の略?1995年に造園されたのね^^

f0152079_23162932.jpg

逆光だけど、スケジューラー(イス)がよく出て来た場所へ。ここからは彫刻公園♪

f0152079_2318662.jpg

Castle Gateと呼ばれる門。ここを入ると彫刻公園で、『49日』ではスケジューラーと

ジヒョンが話していた場所。

f0152079_23263588.jpg

そして、この像が並ぶ所は・・・やはり、こっち向きは逆光か・・・

f0152079_2327444.jpg

ならば、少し歩いて振り返ると・・・ここは、『美男子ですね』のオープニングでもあり、

ミニョがいた修道院のお庭でもあって・・・

f0152079_23314270.jpg

とてもたくさんの像があるんだけど・・・

f0152079_23333151.jpg

ミニョが拭いていたのは、このダビデ像。

f0152079_23354132.jpg

いろんな色の百合が見事で、手入れも行き届いていて、その時も手入れ中の方が。

f0152079_23373046.jpg

f0152079_23402012.jpg

2012年の同じ6月には南の全羅道へ行ったのに、まだ開花していなかった蓮の花に

今年はあちこちで出会えた。

f0152079_23423274.jpg

f0152079_23424626.jpg

プレハブというか、ビニールハウスというか建物があったので、入ってみると、可愛い

園芸小物がいっぱい!テーブルと椅子があるから、手作り体験も出来るみたいだ。

f0152079_2345996.jpg

広い庭園を何人で管理しているのか、大変だろうなぁと・・・

f0152079_2346537.jpg

A.N.JELLのメンバーがここにいたっけね^^芝生にあるゼウスガーデン。

f0152079_23501130.jpg

あの変わった形のものは何だ?像が全部裸で芸術なんだけど、なんだか恥ずかしい。

f0152079_23504915.jpg

これ、球体がグルグル回っている面白い形の噴水。

f0152079_2352398.jpg

ほぼ庭園の最後部分なので、今度は右方向へ行ってみることに。

f0152079_23532574.jpg

ハーブガーデンの向こうに可愛い家が・・・この場所、冬の夜にはライトアップされる

みたいで、さぞ綺麗だろうなぁ~!

f0152079_235511100.jpg

こちらにも噴水が^^綺麗なラベンダーとかのハーブがいっぱいだ。

f0152079_23562514.jpg

可愛い家はレストラン。イタリア式ピザ、パスタ、コーヒー、アイスクリームと書いてある。

f0152079_23591683.jpg

お店の前からはこちらを通って。今度は森の中へ・・・

f0152079_025434.jpg

この先らしいけど・・・・

f0152079_06103.jpg

f0152079_032124.jpg

f0152079_0113292.jpg


『花より男子』でジャンディが歩いていた道とバックに映っていた目印の東屋。

だけど、ここっていう場所が特定できなかったジフ先輩がバイオリンを弾いていた

場所。もっとわかりやすい所にしてくれればいいのに・・・・灯篭の横の石の所?

f0152079_0105133.jpg

森を抜けると池へ。まず目についた橋は無心橋。時間を忘れる無想無念の意味。

f0152079_014449.jpg

f0152079_0144843.jpg

緑が濃い6月の碧草池。浪蓮亭(六角亭)と向こう側に碧草滝が見えていた。

f0152079_0174554.jpg

f0152079_0261234.jpg

実はここ、『49日』の最終話で、ジヒョンがハンガンとデートした所。そして、最後に

イギョンとハンガンが・・・・そのシーンを観た時、え、ここって公園か何かじゃ?と

思ったので印象深い。ここにたてちゃっていいもんかなぁ。。。ドラマ観ながら泣く

より、そっちかい>私^^;

f0152079_0254751.jpg

さっき、気付いたけど、棒が何本か立ってるけど、その時のじゃ・・・違うかなぁ??

滝の方から降りてくると、池の中の橋を渡って、蓮の群生している真ん中まで行ける

みたいで、絵を描いている人もいたり・・・足が痛くなくて時間がたっぷりあれば、

のんびりしたい場所だわ・・・

f0152079_0302043.jpg

池と反対側の方にはこんな素敵なコッテージも。

f0152079_0311365.jpg

池の滝側の上にはこんな素敵な長寿樹木のトンネルが。ここも、いろんなドラマに

出て来たんだろうね^^今度、出てきたらすぐにわかると思う場所。

f0152079_0325041.jpg

木のトンネルを抜けると、단풍길タンプンキル@紅葉の道が左側に。ここも『49日』で

ジヒョンとハンガンが歩いた道。

f0152079_0373421.jpg

せっかくなので、六角形の浪蓮亭へ。この時は見事な柳に囲まれていたけれど、

近くには紅葉もあるし、秋も綺麗だろう。

f0152079_0412691.jpg

f0152079_0423577.jpg

f0152079_0424482.jpg

浪蓮亭の上から、碧草池を臨んで・・・

f0152079_044155.jpg

入口に戻る途中の右側にあった所。ここはHeaven's Squareという広大な多目的

芝生広場の入口。いろんなCFに使われそうだよね^^そう言えば、クォン・サンウの

かつてやっていたFACE SHOPのCFもこのBCJで撮ったのだとか・・・

f0152079_0563192.jpg

入口入ってすぐの所にあったのに、最後に撮った全体図^^;

f0152079_0581831.jpg


f0152079_0593661.jpg

tちゃんが入口外で、いろんな撮影地の説明があると。。。すごい!クリックすれば

全画面になるから少しはわかるかな?

f0152079_10558.jpg

季節ごとのここの風景もあって、これは冬のライトアップ。でね、tちゃんが、なんと

『根の深い木』も一場面、ここで撮影されたみたいだと。もしかしてtちゃんがもう

見つけたかも?と久々ブログに行ってみたら・・・

tちゃんこと、種ちゃんのブログ

さすが、tちゃん!見つけてた!すごいなぁ。。。

帰りはタクシーなんかいないだろうからと、バスの時間を見ていた。

f0152079_1143427.jpg

これ、HPにあった時刻表。チケット売り場にも同じ時刻表があった。が、どこがバス停

だかわからず、誰もいない受付・・・私が、ドラマ一覧を撮っている間に、tちゃんが探しに

行ってくれた。ありがと!結果、入口から右方向へ歩いて、小学校前から乗ると。

突然というか、留守宅から電話までかかってくるし・・・で、時間がなくなり、焦りまくり^^;

なんとか間に合って、マウルバスへ。小さなバスで、少しだけ好奇心の目で見られた

かも?何せ、地方のマウルバスにイルボンアジュンマ二人だから^^;광탄삼거리で

降りるから教えて下さいと言ったら、ソウル駅行きの703番バスに乗るのかと・・・

そうだと言うと、停留所に着くと、あそこだとわざわざ指差して教えてくれるわ、一緒に

降りた乗客の男の人は、もう703が来た!と教えてくれるわ、皆さん、ご親切^^

ところが、乗り換えたバスが揺れるったらない。乗ってる人達、慣れているのか普通に

しているけれど、私達二人は、つかまっていても、何度も座席から転げ落ちそうに

なるし。。。ソウル駅まではかなり時間がかかるので、途中の3号線三松駅で下車。

プロバンスでお腹いっぱいに食べたのでまだお腹が空かない・・・本当は久々に

真味食堂へ行こうかと、時間調整をしていたが、そんなに食べられないし・・・で、

安国駅で降りて、仁寺洞を散歩することにした。

f0152079_133192.jpg

仁寺洞入口にある筆のモニュメントの所に人だかりが・・・何だろうと思って見ていたら

ネットを使っての大掛かりなシャボン玉^^綺麗なシャボンがたくさん出て来た^^

写してる人もたくさんいたけど、シャッターチャンスを逃してしまった^^;

f0152079_1354010.jpg

入口にあるピョルタバンミスリ。いつかアルマイトのお弁当箱をカシャカシャやってみたい。

f0152079_1371588.jpg

屋台が全部反対側の入口近くに移動になって、スッキリした街路。

f0152079_138397.jpg
f0152079_1385184.jpg

Meal Topのパッピンスがあまりに美味しかったので、また違うのも食べてみようと

こちらも有名なビジュンへ。お餅の専門店だから、可愛いお餅と、木の実が一杯で

これもなかなか美味しかった。

f0152079_1445487.jpg

楽園商街の下を通って・・・そう言えば、ウギョルで、CNBLUEのヨンファが少女時代の

ソヒョンにこの商街でギターを買ってあげたんだったよね^^

一旦、荷物を置きにホテルへ戻り、ソウル駅にあるロッテマートで買い物。最後に

ホテルの近くのお店でへムルパジョン(海鮮チヂミ)とキムパをTAKE OUT!これが

美味しかったぁ~!長い長い一日が終わった・・・お疲れ~!!読んで下さった皆様も

ありがとう♪
f0152079_11381718.gif

by andegenni | 2014-08-23 02:02 |  2014.6 ソウルと近郊 | Comments(0)

2014.6 ソウルと近郊のロケ地 part22 プロバンスマウル

タクシーではほんの少しでプロバンスマウル入口へ。

f0152079_22154740.jpg

降りた所はこちら。何かのドラマで、ちょうどこの位置に車が停まってて、先にある

パステルカラーの建物群を見て、ここはどこだろう?と調べたことがあった。その時に

プロバンスマウルという場所があるのを知ったが、そのドラマが何だったかを忘れた。

f0152079_22172657.jpg

カメラ小僧で散策している時、この建物を見たんだけど、一体これは何?状態で。

DAUM地図で便利なのは、登録してある所ならば、マウスを乗せると情報が出てくる

のだけれど、何もないし。車がたくさん停まっている所は、韓牛ガーデン。もう一度

カメラ小僧で確認してみたら、建物情報はなかったのだけど、

f0152079_2229286.jpg

坂道を少し登っただけで、プロバンスマウル越しに向こうに川。すでに烏頭山統一

展望台は過ぎているので、川は漢江ではなく臨津江。陸地は北朝鮮だ。こうして

肉眼で見える場所にあるって、なんだか不思議だ。そんな場所にあるのね・・・

f0152079_22353589.jpg

幹線道路側にも一応入口があるようで、カラフルな建物が並んでいた。

f0152079_22373270.jpg

入口の坂道の右側にあるお店。崩しハングルだけど、アンジェリカコーヒーかな?

f0152079_22405179.jpg

道路から坂を下った所に見えていた建物の横から入る駐車場。韓牛ガーデンの

駐車場の一段下になる感じ。後でタクシーを呼んだ時も、ここまで降りて来てくれた。

f0152079_22431629.jpg

そのすぐ振り返った場所にあるこちら。『クリスマスに雪が降れば』や『紳士の品格』で

出て来た、プロバンスマウルの中心的な建物、プロバンスレストラン。

f0152079_22452792.jpg

もうお腹ペコペコ状態だった私達。ここで食べるのが目的だったし・・・早速中へ!

f0152079_2246587.jpg


f0152079_22474011.jpg

温室部分から入って店内へ。ちょっとちょっと素敵なんだけど・・・

中で、注文して、テラス席へ。ここから帰る時に、コールタクシーを呼んで頂けるか

どうかを確認したらOKだった。その時、待っている間に許可を得て撮った写真で

順不同だけど、店内の写真も一緒に。

f0152079_22522182.jpg

f0152079_2253116.jpg
f0152079_2253083.jpg

店内も可愛くて^^二階には縁がなくて登らなかったけれど、見渡せて素敵かも。

f0152079_22562290.jpg


カウンターで注文して、テラス席へ座ったが、回りの風景も素敵♪座った席の後ろには

こんな池が。

f0152079_22564634.jpg

レストランとの並びにある류재은(リュジェウン) BAKERY HOUSE。プロバンスには

マヌルパン(ガーリックパン)で有名なお店が2箇所あって、今いるレストランと、隣の

こちら。私達が注文したのは、後で画像があるけれど、所謂デニッシュ生地のリングの

真ん中を切って、ガーリックを挟んだもの。パン生地は少し甘め。隣のBAKERYでは

普通によくあるフランスパン、バケットを縦に切ってガーリックを塗って焼いたものを

袋詰めにしたものだそうだ。両方とも人気で、これを買う為にわざわざ来る人も多い

とか。さて、そんなに人気のマヌルパン、是非食べてみなくちゃね^^

f0152079_2355736.jpg

注文する時、マヌルパンと、何かスパゲッティを・・・と思い、tちゃんの希望を聞いたら

カルボナーラがいいと。お皿を二つと言うと、「量を多目にしますか?」と尋ねてくれて

とても親切だった。飲み物は、ブルーベリーとマンゴージュース。両方とも、おそらく

生100%ではないかと思う。とても濃厚で美味しかったから。パスタもとても美味し

かったが、評判の通り、少し温めて食べやすく切って下さったマヌルパンの美味しさ

ったら、半端なかった!今回の旅行のBEST MEAL賞獲得!

f0152079_23105072.jpg

ちょっと、見てよ、私達の優雅な遅いランチ^^

f0152079_2312915.jpg

雨が降ったら、温室のテーブルもいいかもね^^満足してお店を出て・・・

f0152079_23153176.jpg

f0152079_23155769.jpg

まずは目の前の広場から・・・恋人たちの撮影スポット満載!

f0152079_2336155.jpg

広場に面したこちらも有名なお店。私達が入ったレストランとかここは、『紳士の品格』で

ドジンが写真を撮っていた建物。先ほどのマヌルパンを買う所にも写真があった。

こちらも同じプロバンスのBAKERY&CAFEなので同じマヌルパンが買える^^

坂までマヌルパン!TAKE OUTならこちらで・・・かな^^

f0152079_2322553.jpg

可愛いお店が並んでいるので、少し散策してみた。

f0152079_23231149.jpg

ランジェリーショップの看板、ちと強烈じゃない?笑)

f0152079_23243159.jpg

女の子がいたら(あ、孫か?)いくらでも可愛くなれそう?

f0152079_23253385.jpg
f0152079_23272024.jpg

可愛くて、値段もそこそこなので、そういうのが好きな人には楽しいかも^^夜には

電飾なのか、いろいろと仕掛けがしてあった。

f0152079_031138.jpg

一本隣の通り。先ほどの通りの裏側になるみたい。

f0152079_2328273.jpg

Herb Mini Village?

f0152079_23305764.jpg
f0152079_23302155.jpg

Herbより、満開ちょい過ぎだけど、バラが綺麗だった。

f0152079_23325457.jpg

こちらの通りもものすごい飾り・・・きっと電飾だともっと綺麗なのかも^^

f0152079_23335870.jpg
f0152079_2334268.jpg

あちこちにカラフルなベンチ。

f0152079_23472145.jpg

プロバンスマウルの案内図。今度は右方向へ行ってみよう!

f0152079_23493490.jpg

結構大きなショッピングビル?表通りからも入れそうだし、地下も駐車場もあるし。

f0152079_23521584.jpg

f0152079_23525322.jpg

目指したのは温室。『シークレットガーデン』でオスカーがスルを5年前に好きになった

場所とかで、お茶と飲んでいたり、後にMVの撮影をしたり。

f0152079_054082.jpg

f0152079_07495.jpg

温室の中にもいろいろな施設があって・・・

f0152079_0103293.jpg

f0152079_094879.jpg

f0152079_0114744.jpg

f0152079_0123917.jpg

最後のシーンがどこだかわからず、あちこち撮って来た。
f0152079_0145464.jpg

広場に戻る通りも、夜は綺麗だろうね^^シークレットのスタントの撮影もここの中で

あったようだけど、どこだったのか?

f0152079_23374047.jpg


先ほどの広場の階段の下に行くと、え、ここも『星から来たあなた』のロケ地なの?

まだこの時点では観ていなかったので、とりあえず写しておいたけど・・・

仕様が完全に中国向けで、日本ではまだDATVしか放送されていないし、それも

まだ途中だから仕方ないが、韓流は日本から中国に移ったようだと実感した・・・
f0152079_23465250.jpg

看板の中に、後ろに見えているBAKERY&CAFEの♡の電飾とかこの階段とか。

f0152079_23421586.jpg

この車はソンイの?と一瞬思ったが、赤じゃないし、形も違うし^^;;;

ここでの撮影は、実は別の場所で具合が悪くなったト・ミンジュンをなぜかここから運ぶ

。。。っていう設定みたい。現在、視聴中なので、続きが楽しみだ♪
f0152079_23444484.jpg

池の中のハートも負けてないよって・・・ここ、絶対恋人仕様だよね^^;

最後に、もう一度レストランに寄って、コールタクシーをお願いした。行き先は、碧草池

文化樹木園まで。同じパジュでも、辺鄙な場所で、バスなら何度も乗り換えになる為

時間がかかる。それなら、タクシーでと思い・・・お店の男性が来ましたよと、教えて

くれた所は、先ほどの駐車場の入口。坂下まで降りてくれて親切だった。

可愛くて美味しかったプロバンスマウル、さようなら~(^.^)/~~~

by andegenni | 2014-08-19 00:26 |  2014.6 ソウルと近郊 | Comments(0)

2014.6 ソウルと近郊のロケ地 part21 ヘイリ芸術村2

Book House FORESTAの次に目にとまった建物は、

f0152079_238552.jpg

とても変わっているこちら。地下に、現代陶磁美術館があるようだ。

f0152079_2310355.jpg

後ろ側にある、GALLERY PUZZとRumi Cakeの建物も印象的だ。

f0152079_23134519.jpg
f0152079_2313598.jpg

上の先が四角く出っ張った建物は、続きがこうなっている。下はCafe Between、

上はPizzeria。素敵なお店なので、絶対何かのロケで使われてると思ったら・・・

『ボスを守れ』でムウォンとナユンが下のカフェのベランダ部分でお茶してたのがここ^^

背の低い丸い形の鉢と、少し背の高い鉢が交互に並んでいるけれど、多分真ん中に

ある高い木の鉢の辺りかと・・・

f0152079_2333287.jpg


f0152079_23333650.jpg

次に行ったのは、こちら、WHITE BLOCK ART CENTER。何かの撮影をしている

のか、やけにスタッフさんが多いなぁと思いつつ・・・後で調べたら、このスタジオの

お庭も『ボスを守れ』でムウォン達のシーンで使われてた。人が多かったので残念!

f0152079_233946100.jpg

すぐ斜め前にある建物も変わっているよね。The Chocolateの建物。いろんなチョコが

食べれるみたい。で、待てよ・・・この建物って、ジェジュンがツイであげてたとかいう

f0152079_2342467.jpg

青い男性の像にお辞儀している写真の背景に写っていた建物では?ということは・・・

f0152079_23444068.jpg

撮影隊のバンで隠れていたけれど、ここの筈と脇を覗いてみたらいた!

f0152079_23472015.jpg

実はバンの近くでは、皆さん食事中!しかも、『一泊二日』でよく見る、あのケータ

リングの車みたいのもあって、ますます、こりゃロケだわと確信!青い男の像のずっと

向こう側の丘の上に並んでいる、まるでプチフランスのような建物群は英語村?

f0152079_2351493.jpg

隣の空き地を挟んだ向こうにはBaby Studio 꿈꾸는 하루夢見る一日。

スタッフさんに撮影ですか?と尋ねたら、そうですと。邪魔しないように先へ。。。

f0152079_01462.jpg

その先の池にある橋を。この池、『スターの恋人』で出て来たあの池。でも、橋の

形がまっすぐ一本ではなくなってて、掛け替えたみたい。残念・・・それとも、まっ

すぐな部分だけを使用したのかなぁ?いや、形そのものが違うから新しい橋の

ようだった。進んで行くと、橋の途中にカメラ。カメラさんに、何の撮影ですか?と

尋ねたら、キム・ウビンを知ってますか?と逆に尋ねられた。『紳士の品格』『学校

2013(揺れながら咲く花)』『相続者たち』と3作品観たと言うと、彼、今その建物で

休んでますよと^^;先程のWHITE BLOCK ART CENTERの中で休憩中だった

ようだ。作品は映画『技術者たち』で、『太王四神記』では青龍だったイ・ヒョヌと

共演のようだ。ウビンも映画は初主演?ヒョヌ君は、『花ざかりの君たちへ』の

後の、『赤道の男』で観た時、すっかり青年になっていて驚いた!彼もキム・

スヒョンと同じでキーイースト所属なのね。太王からの縁かな・・・ウビンは、

恐竜顔とよく言われるけれど、なかなか表情の演技もよくて、人気がアップして

いるのもよくわかる。長年ジソがやっていたGIORDANOも彼に変更・・・

f0152079_016884.jpg

橋の途中で、もう咲いている蓮の花を・・・満開になったら綺麗だろうね~♪

f0152079_0184756.jpg

橋のこちら側から位置関係を。右の茶色い建物がBaby Studio。左側の木立の

向こう側にあるのがWHITE BLOCK ART CENTERで、お庭見たかったなぁ・・・

お庭側のカフェもドラマには登場。建物は、ナユンの母がやっているギャラリーと

いう設定で、そう言えば明るいカフェで母がお茶飲んでるシーンとかあったなぁ。

f0152079_0223662.jpg

WHITE BLOCK ART CENTERの隣にある紫色の建物が、『スターの恋人』で

チョルス@ユ・ジテの行った出版社として出て来た所。こちらはお庭側だからと

f0152079_025363.jpg

横を撮ったら、WHITE BLOCK ART CENTERのお庭もこちら側から見えていた。

f0152079_0262652.jpg

f0152079_0264830.jpg

f0152079_0293346.jpg

橋にこだわって渡って来たけれど、本当は繋がっているので、普通に行ける葦広場♪

f0152079_0301718.jpg

いわゆる、施設地図っていうのがなくて、こういう看板だけ。どこがどこだか???

探していたのは、ヒョギが行った「時計と刀」の博物館。番組中で、確か시계&칼と

言っていたように記憶してて、探すもない・・・足で探すしかないのだろうか?

f0152079_0341848.jpg

小川にかかる橋を渡ると、反対側にはお店がいっぱい!

f0152079_0364850.jpg

どちらに行こうか迷って、左方向へ。まずあったのはGallery MOA。

f0152079_0394849.jpg

韓国装身具博物館。ギャラリーや博物館が多いと言う事は期待が持てる?

f0152079_0413594.jpg

TIN TOY MUSEUM。ここが子供おもちゃ博物館ということは、この先ではない。

f0152079_0442824.jpg

f0152079_0454446.jpg

戻りながらもあちこちパチリ!個性的な建物が多いよね・・・このADAMAS253の

所で、右へ行くと、先ほどのひとつ先の橋になるから、左へ行ってみようかと・・・

f0152079_0482063.jpg

あった!というか、TIME & BLADEって、思いっきり英語じゃないか!見つからない

筈だ・・・と、二人で笑ってしまった。

f0152079_0505652.jpg

ヒョギも入って行った入口から。入場料を払って、係の男性に、チャンヒョクの紹介

した旅行番組TRUNQ KOREAを観たので来ましたと告げると、あちこち案内も

して下さった。基本的に写真は撮影不可のマークが出ていたが、一応尋ねてみると

仔細に撮らず、遠くから写すだけなら大丈夫ですと許可してくださって^^

f0152079_0543370.jpg

f0152079_0554527.jpg

f0152079_0562676.jpg

ヒョギが興味を示したスイスの花嫁が花婿に送る時計(オルゴール付き)とか、

拳銃に付いている時計、初めてお父様からのお土産で頂いたスイスアーミーナイフ、

型抜きをするのに使ったような包丁とか・・・いろいろと見せて頂いた。

f0152079_0593037.jpg

最初の写真の部屋がメインで、向かい側、入口の2階部分を挟んだ反対側に特別

展示室があった。

f0152079_121058.jpg

階段の踊り場から見える場所は。。。

f0152079_13589.jpg

番組でヒョギを案内して下さった館長さんと一緒に、ヒョギが実際に刀を叩いた所。

f0152079_144085.jpg

下の階は灯りも点いていなかったのに、こちらもどうぞと見せて下さった。講義も

出来る部屋みたいだった。お礼を言って、満足して外へ。出る前に、マーシャル

アートギャラリーの大体の位置を教えて頂いた。途中でもう一度尋ねるようにと。

f0152079_182796.jpg

f0152079_182487.jpg

子供が出て来た建物と、JAWSがいる映画博物館。

f0152079_1112817.jpg

ようやく、マーシャルアートギャラリー見っけ!

f0152079_1122134.jpg

こちらの入口から写した方がわかるよね^^『シークレットガーデン』で、ライム達が

スタントの練習をしていた場所。実際にこちらはスタントマンの養成所みたいで・・・

f0152079_1135596.jpg

f0152079_1145790.jpg

こちらで関係した数々のドラマや映画のパネルも飾ってあり・・・皆さん、練習中!

ライムと一緒にいたくて、入門までしたジュウォン。二人の腹筋のシーンは可愛くて

ドキドキしたよね^^

f0152079_1181460.jpg

そして、その建物の並びにあるこちらのレストランCULDEN。何気なく入口を見たら、

やはり『シークレットガーデン』の撮影時の写真がズラッと・・・お庭のテーブルとかを

準備されていたお店の方に、お願いしたら、快く撮影許可をしてくださり・・・

f0152079_121318.jpg

ドアから入った所。

f0152079_1224557.jpg


f0152079_123273.jpg

このレストランは、スタントマン達の打ち上げのシーンで使われたのだと教えて

下さった。

f0152079_1245395.jpg
f0152079_1253516.jpg

お店の入口を正面からと、テラス部分。この後、プロバンスマウルに行きたいけど

歩いたらどれ位?マウルバスの時間が停留所(4G前)には書いていなかったことを

話すと、マウルバスは基本的に時刻表は書いていないと。歩けるけれど20分程度は

軽くかかりそうな上に登り坂と言う事もあり、私の足も限界近かったので、よかったら

コールタクシーを呼んで頂けないかと。お願いしてみたら、快くOKして下さった彼。

持っていた日本のお菓子や、出発直前に東京へ出張で来た義弟のお土産、広島の

生モミジまんじゅうとかを差し上げた。広島>東京>羽田>金浦>ソウル>パジュ。

随分旅して来たよね>モミジ饅頭!講座の先生に、電話代として小銭をあげるのは

親切に対して無礼なことだと聞いていて、むしろ、お菓子とかだと喜ばれると。彼は

とても親切で、このレストランは中をずっと通って奥になるので、難しいからと、1Gの

所まで来てもらうことにしたからと。

f0152079_1325426.jpg

1番ゲート近くにある総合案内所。4番ゲートよりもはるかに立派!パンフもあるし^^;

タクシーですぐだけど、コールタクシーだから1000ウォン余計に払ってくださいという

ことまで注意してくれた彼。本当にありがとう!ヘイリ芸術村での数々の出会いも

ありがとう(^.^)/~~~

by andegenni | 2014-08-16 01:43 |  2014.6 ソウルと近郊 | Comments(0)

2014.6 ソウルと近郊のロケ地 part20 ヘイリ芸術村1

2200番バスで、次に降りたのは、ヘイリ芸術村の4G。4番ゲート。

f0152079_21251930.jpg

お出迎えしてくれたのは、キティちゃん達^^後ろの建物は、한국근현대사박물관。

後で行ったけれど、韓国近現代史博物館。さて、回ってみよう!

f0152079_21343463.jpg

入るとすぐにチケット売り場。芸術村自体は無料だが、各施設に入るには券が必要。

f0152079_21375937.jpg
f0152079_21381258.jpg

チケット売り場にあった、撮影情報。これは、向かいの近現代史博物館かな?

f0152079_21405326.jpg

f0152079_21421949.jpg

博物館は後にして、まずは少し休憩をすることにした。左側にはcafe Europa。

f0152079_21435333.jpg

向かい側には・・・ここだ!

f0152079_2145155.jpg

f0152079_21455197.jpg

FARMER'S TABLE。『花より男子』と『紳士の品格』の撮影地として有名なお店♪

『蒼のピアニスト』も撮影された場所。まずは、あちこちの見学から。

f0152079_22101711.jpg

奥にあるレストランFARMER'S TABLE。ここは、お店へ降りる階段。お店の中に

いる紳士のメンバー達、降りてくる女性陣という設定で出て来たこちら。食事は

まだお腹が空いていなかったけれど、撮影地だから訪ねて来たことを伝えると、

写真撮影も許可して下さった。優しい・・・

f0152079_22132973.jpg

f0152079_22353453.jpg

f0152079_22355477.jpg

お店の中。階段を降りた所に、ロケ時の写真があった。こちらは、『花より男子』では

カフェテリアだった所で、『蒼のピアニスト』では、タミがジホの封筒に入っていた楽譜を

勝手に弾いてしまい、ジホが取り戻しに来たレストラン。実際にはピアノはなかった

ので、撮影時にだけ設置したみたいだった。スタッフの方が、階段の上に花男の

VIPルームがありますので、そちらも見学して行ってくださいと、ご親切に・・・

f0152079_22214166.jpg

入口から行くとレストラン手前にあるこの階段。登ると。。。

f0152079_222318.jpg

f0152079_22312012.jpg

VIPな学生たち(F4)だけが利用していた場所。先ほどのカフェテリアの上にある。

f0152079_22383969.jpg

こんな場所もあって、とても素敵だった。

f0152079_22242554.jpg

表側にあるカフェで一休み。こちらは、奥側からの入口。

f0152079_2225394.jpg

表の入口から入ると、こんな感じ^^

f0152079_222754.jpg

テラス部分から、向かいのcafe Europaを。

f0152079_22293561.jpg

入口から入ってすぐの所。トイレも素敵。右へ行くと、レストラン。喉を潤した後は

f0152079_22395088.jpg

THE STEPへ。ヘイリ芸術村へやって来た理由は、数々のロケ地のせいでもあるけど

チャンヒョクが出演した「TRUNQ KOREA」という旅番組で、ここを紹介してくれていた

ので、同じように訪ねてみたかったということも。THE STEPでは、韓紙を使った

人形作家さんの工房を訪ねて、『推奴』のテギルの人形が飾ってあるのを見つけ、彼も

自分の作品を2体作っていたのだが・・・1階、2階とくまなく探したが、見つからなかった。

tちゃんの話では、最近のヒョギの日本ペンミの時に、抽選でそのテギル人形がプレ

ゼントされたそうで、私も知っている人がGET!そのいきさつをtちゃんから聞いて、

もしかしたら、閉店するせいで、その人形をヒョギにプレゼント>それをヒョギが日本

まで持ってきて、日本のペンにプレゼントという流れになったのかも(想像だけど)と

いう結論に。仕方ないので、最初に見た所へ。

f0152079_22472753.jpg

チケットを購入して、いざ建物の中へ。

f0152079_2248364.jpg

入口からしてちと変わっている。というか、これは昭和?そんな匂いもするよね。

f0152079_2250099.jpg

お店の名前が金村商会。わりと近くにある金村駅からとったのかな?

f0152079_22514851.jpg

入口の反対側。雑多に並べられている^^;

f0152079_22525959.jpg

入口を入った所。左側が受付。建物の中は、下に矢印で順路と出口の矢印がある

ものの、迷路のようだった。アップダウンしながら、建物内にたくさんの展示物が。

f0152079_22554440.jpg

f0152079_22555917.jpg
f0152079_22563357.jpg
f0152079_2257419.jpg

味の素が味元?ロッテもあるし、赤ちゃんのミルクの缶もそっくり?

f0152079_22592341.jpg

足元にある矢印に沿って・・・

f0152079_230194.jpg

階段も上がったり、降りたり・・・展示品は、前に行った水道局の『タルトンネ博物館』と

よく似ていたので、たくさん写したけれど、少しだけご紹介。

参考にタルトンネ博物館

ヒョギが足を停めた所は

f0152079_2323931.jpg

怪盗ホンギルトンの絵の場所。

f0152079_2372568.jpg

ポンテギのアジョッシの所。

f0152079_2384958.jpg

そして、この街灯。こんな街灯の下でたくさん撮ったでしょうと^^

f0152079_23103218.jpg

教室ではなくて、教員室に思い出があると。よく怒られていたとか^^;ゲームも熱中して

よくやっていたとか言ってた。

f0152079_2313218.jpg

そしてオリンピックの思い出も・・・ヒョギの足跡辿りも終わり・・・

f0152079_23142350.jpg

韓国人の顔・・・これだけ並ぶとちと怖い^^;最後は、最初の受付の場所に出た。外へ。

f0152079_23162259.jpg

遊び心のある建物や人形達。

f0152079_2318238.jpg

向こうに見える建物はトリックアートミュージアム。それなら、この辺りに貸し自転車が

ある筈と探したが、見つからなかった。敷地が広大なので、ヒョギも自転車で回って

いたから、借りるつもりで、先に4番ゲートから出発したのだが。足がかなり痛くて

すでにスニーカーは無理、この日からはcrocsにしていた私。仕方ない、歩くか・・・

後で判明したが、ヘイリの貸し自転車はなくなったそうだ。探してもなかった筈だ。。

f0152079_2325290.jpg

f0152079_23253558.jpg

f0152079_23262562.jpg

道々の建物。4Dパークの建物の上には星の王子様^^

f0152079_23274954.jpg

cafe Foret。建物の形が面白いよね^^平日だからなのか?あちこちが工事中・・・

f0152079_2329463.jpg

敷地の中にある川へ出た。土手部分には可愛いお花。川沿いには素敵なお店が。

f0152079_23311049.jpg

CHURROBAR。こちら側にはお店がたくさんあって、お茶や食事、お酒を楽しみに

来る人々のエリアのようだった。

f0152079_23334022.jpg

こんな素敵な小路も通って・・・

f0152079_2335435.jpg
f0152079_2336044.jpg

数々の可愛いお店を見ながら・・・

f0152079_23381899.jpg

見覚えのある場所へ。

f0152079_23393292.jpg
f0152079_23401143.jpg

f0152079_2341830.jpg

Book House FORESTA。『ボスを守れ』でウンソルを巡って、ジホンとムウォンが

猫パンチ、取っ組み合いの喧嘩と派手にした所。つい先日は、『一泊二日3』の中で、

ビデオで振り返りながら、中間評価をこちらで行っていた。また、『紳士の品格』の

15話でドジン@チャン・ドンゴンがイス@キム・ハヌルを恋しがる回想シーンを撮影

したのもこのカフェ。『私の期限は49日』でジヒョンが事故に会った時に、ミノが

理事と会っていたのも、ここFORESTA。

f0152079_2347306.jpg

ジホンが二人を覗いていたのは、どこの窓かな?

f0152079_23484835.jpg

この階段、お庭もドラマに出て来てたよね^^長くなったので、ここで一旦送信!

by andegenni | 2014-08-14 23:51 |  2014.6 ソウルと近郊 | Comments(4)

2014.6 ソウルと近郊のロケ地 part19 坡州出版都市

少し中断していた韓国の旅行記の続きを。6月19日木曜の朝から・・・

f0152079_1639674.jpg

ビズに泊まって、初めて8時からのおかゆを。前夜買ったパンの残りと共に。

f0152079_16402159.jpg

地下鉄で、乗り換えして2号線の合井駅へ。2番出口を出た所にある停留所から、

2200番バスに乗車。すぐ傍にある漢江から、ずっと漢江沿いに坡州出版都市へ。

5分置きに来るバスなので便利だ。バスに乗ると、少し雨が降り出したが、降りる前に

やんでいた。降りた停留所は은석교사거리隠石橋サゴリ。

f0152079_16512610.jpg

坡州を何か所か回ろうと決めた時に、出版都市にも立ち寄るつもりだったが、偶然に

この日19日からオープンするスペースがあるのを新聞記事で知り、それならそこにも

立ち寄ってみようと。行ってみたら、この日からのイベントも開催されていた。

こちらの団地には、個性的な建物が多いということで、期待大!最初のこの建物は

안그라픽스>ahn graphics publishersという名前の出版社。蔦が綺麗^^

f0152079_16583825.jpg

傍にある案内看板。まさにこの日の10:30からのイベント。子供の本チャンチ(宴会)

野外の本の通り、入口。まだ準備中の所が多かったが見学してみよう♪

f0152079_1785482.jpg

효형출판ヒョヒョン出版社とその前の道路にあるカラフルなモニュメント。

f0152079_17151152.jpg

停車中の車のステッカー。「初歩運転」日本の若葉マークと同じ意味だけど可愛い^^

f0152079_17171893.jpg

中心になるアジア出版文化情報センター。準備に忙しいようだった。

f0152079_17203697.jpg

道を挟んだ反対側の세원ICKの建物。人型の置物?が可愛い。いろんな種類が。

f0152079_1722171.jpg

道路は交通が規制されて、テント内では準備の真っ最中!

f0152079_17235575.jpg

街灯にはこの幟が。

f0152079_17294795.jpg

f0152079_1733775.jpg

탄탄스토리하우스갤러리タンタンストーリーハウスギャラリー。

f0152079_17345095.jpg

ピノキオミュージアム。向かいにアジア出版文化情報センターの入口。入ってみた。

f0152079_17362678.jpg

この日、オープンした「知恵の森」の受けつけ。手前のスペースには・・・

f0152079_17375243.jpg


f0152079_17382057.jpg

出版都市の模型が。建物の形が一つ一つ違い、しかも独特なので模型を作るのも

大変だったかも。名前がないので、どこがどこだか?だけど。。。

f0152079_17405889.jpg

本は寄贈されたものだそうで、上の方の本はどうやって取るのとか?系統は?とか、

数ある疑問は置いといて・・・笑)日本の本を探してみた。

f0152079_17425712.jpg
f0152079_17431512.jpg
f0152079_174325100.jpg
f0152079_17434280.jpg

目が届く範囲だけでもたくさんあったが、傾向もバラバラ、シリーズ物も巻数足りず^^;

f0152079_17472037.jpg

子供が喜ぶ遊び場のような家もあったり・・・

f0152079_17485612.jpg

カフェ&ランチのとれるスペースも。

f0152079_17495222.jpg

奥に本格的なレストラン、ダイニングノウルも。ここは、『ボスを守れ』でムウォンが

ウンソルの怪我した足に絆創膏を貼った所。ピノキオミュージアムの側の外からも入口が

あり、『メリーは外出中』でも使われたレストラン^^屋外からの入口を探せば、そちらは

まさに『ボスを守れ』の世界だったのに、後で知ったので残念^^;

f0152079_17513352.jpg

f0152079_1752510.jpg

こういう体育館ほどのスペースも。

f0152079_17531548.jpg

あちこちにあるポスターや幟にはこの文字が。真ん中の「子どもと一緒に平和を」

左右は同じもので、「平和はあったかいよ」グルッと回って、ピノキオ側から入ったが

最初に見かけたテントや受付(人が大勢いた所)から入ってもいい。全部同じ建物だ。

f0152079_17563299.jpg

出てくると、なんと早業!もう変わっていた!ピノキオの本屋かな。

f0152079_17583627.jpg
f0152079_181015.jpg
f0152079_181155.jpg

幼稚園児の一行がミュージアムにやって来た^^

f0152079_1824021.jpg

チケット売り場♪実はこの建物、以前は열림원という建物で、『ボスを守れ』では

ナユンの会社「P企画」だった所。斜め向かいがノウルの入口だから近い^^;

f0152079_23362148.jpg

ナユンとムウォンが出て来た所はピノキオの横の道。ナユンがタクシーに乗って

行くのを、ピノキオの前にある木の前辺りで見送るムウォン。右前方は、この前に

行ったアジア出版文化情報センター。テントがたくさんで、情報センターの建物に

あるハングルはここら辺りから写さないと見えないのに、目に入らない状態だった。

f0152079_1835975.jpg

傍にはちゃんと、ピノキオに欠かせないメンバー達も。2階には素敵なカフェも。

f0152079_1863176.jpg

CAFE HESSEには、こちらの階段を登って、庭園を見ながら行くようだ^^

f0152079_2236696.jpg
f0152079_22362191.jpg

f0152079_22463271.jpg

DAUMで調べると문공사と出る建物。表側の建物には불루래빗ブルーラビットの

看板があった。

f0152079_22542960.jpg

ブルーラビットの向かいの、紫の印象的な建物は、은하출판사ウナ(銀河)出版社。

テントで隠れてしまっているけれど、個性的な建物だ。

f0152079_22592599.jpg

ブルーラビットの横の公園にあった、これは何の碑?

f0152079_2315381.jpg

碑の先の建物は大韓ゴルフ協会のビル。

f0152079_234964.jpg

f0152079_237157.jpg

銀河出版社の道を挟んでの隣のビルは、間の空間、奥に向かってのカーブ等、とても

斬新な建物。청림출판チョンニム出版。

f0152079_2312492.jpg

こちらは신원シヌォンエイジェンシーの建物。ガラス貼りで開放的な感じ。

f0152079_2316479.jpg

向かい側は住宅文化社。

f0152079_23192992.jpg

エイジェンシーの並びは창비チャンビという名の出版社。

f0152079_23243873.jpg

その並びの문학수첩文学手帳の建物と、

f0152079_23262949.jpg

空き地を挟んで隣の들렼출판사トゥルリョッ出版社の間に・・・

f0152079_23292945.jpg

鎮座ましましている黄金のウンチ^^これ、これを観たかったのだ^^;

なぜここにこれが?なんだけど・・・ボスの撮影時にムウォン@ジェジュンが・・・

f0152079_23474425.jpg


力んでるし・・・これ、結構有名な写真らしくて^^さて、うんこも見たし、帰ろうかな^^;

f0152079_2351877.jpg

うんこの斜め向かいの나남출판ナナム出版。蔦が見事!駐車場案内の人型も

可愛いよね^^

f0152079_2358422.jpg

ナナム出版のもっと先にも、ずっと面白い形の建物が並んでいたのだけれど。

f0152079_022783.jpg


チョンニム出版の角を曲がって、茶山橋方面へ。この先のバス停へ行こうと。でも、

すっかり準備が整ったようなテントを見ていたら、覗きたくなり・・・いくつか覗いて

f0152079_0124669.jpg

教保文庫にて、JETOYのギフトセットを買った。25000Wが10000W❤

左上からステッカー、名札(Tマネーが丁度入る大きさで、ストラップも腕にかけられる

長さだったので、早速バスに乗る前にセッティング!)、長いリボンストラップ、左下は

マウスパッド、真ん中は手帳と下にメモパッド、ボールペン、右側はフォルダー♪

これだけあって、嬉しい反面、いつ使うんだ>私!

f0152079_021861.jpg

茶山橋から見た川。川というより、湿地みたいよね^^;茶山橋前から、また2200番の

バスに乗って、次はヘイリ芸術村へ。発車すると間もなく、MEGABOXもある大きな

ショッピングモールとかもあって、ここで働く人の為の施設も充実しているようだ。

もっとも、民家は見なかったので、車かバスでないと来れないけれど。ここから先は

漢江の岸辺に鉄条網も設置してあって、川の向こう側は金浦市の北だけど、少し

先に烏頭山統一展望台も見えて来て、その先は臨津江(イムジン河)。韓国側とは

いえ、すぐ先はもう北朝鮮なんだなぁと少し感慨深かった。続きはまた・・・!!
f0152079_11381718.gif

by andegenni | 2014-08-12 00:43 |  2014.6 ソウルと近郊 | Comments(0)

高原で避暑~美食と温泉2日目@蓼科

八ヶ岳高原ラインは、まわりに時々牧場、それ以外はほとんど緑の森の中を走る。

f0152079_1237472.jpg

f0152079_1238050.jpg

時々、真っ青な空が見えて、気分も爽快♪途中、大平で右折して八ヶ岳鉢巻道路へ。

途中、原村とかも通った。清里がダメなら原村のペンションでもと前に調べた場所だ。

f0152079_12384520.jpg

f0152079_12403132.jpg

森を抜けて、途中で、うわぁ~~~っと思うほどの山々を見渡せる場所に出た。車の

フロントガラス越しだから、ピントもちゃんと合っていないけれど、雰囲気わかるかな?

f0152079_12414762.jpg

途中からエコーラインへ。この渋川橋、印象的だったが、帰りにも通った^^

f0152079_12591695.jpg

目的地は蓼科だったが、途中でこちらへ立ち寄り。横谷峡入口にある駐車場には

公共トイレもあったので、トイレ休憩と、地図を確認。

f0152079_1325527.jpg

今いる所は、メルヘン街道で、目指す乙女滝へは、先ほどの入口に看板のある道、

f0152079_136834.jpg

信玄ゆかりの地、棒道と書いてある所を入るのね。入ってすぐ右側に公共駐車場♪

f0152079_139723.jpg

車を停めて緩やかな登り坂を歩いていたら、左側にこれ。ナビに乙女滝と入れても

出て来なくて、乙女滝ガーデンならあったので、そこに設定したが、ここみたい。

f0152079_13132284.jpg

目印の木戸口神社。坂を下ると・・・

f0152079_13145489.jpg

右側の眺望が素晴らしい!

f0152079_13154033.jpg

神社脇の川も滝状でものすごい音と水量!

f0152079_1316585.jpg

乙女滝への降り口に到着。この地域の案内板。紅葉の名所なので滝廻りも(o^-')b

f0152079_13293523.jpg

かなり急な階段を下って行くと・・・

f0152079_13301786.jpg

乙女滝の下に到着。見上げる空が青くて綺麗♪

f0152079_1333543.jpg

まずは看板も入れて。マイナスイオン20000個って・・・離れていても滝のミストが!

f0152079_13354275.jpg

乙女という名なのに、すごい水の音と激流で、似つかわしくない程^^;

f0152079_13365755.jpg

もう少し渓谷に近い場所に遊歩道があり、トレッキングコースに。蓼科湖まで3.55K。

12時に蓼科グランドホテル滝の湯の日帰り温泉+ランチビュッフェのコースを予約

してあったので、メルヘン街道からビーナスラインを通って、一旦ホテルの前を素通り

して蓼科湖へ。近くにある聖光寺の駐車場で12時まで朝市開催中だと、HPで読んだ

ので行ってみようかと。

f0152079_13415982.jpg

街道沿いに蓼科高原朝市会場と看板が。8月17日まで毎日開催と書いてあったので

期待してクーラーボックスまで持参したが、ここが会場。右側に、5,6テントあるだけ。

野菜はほとんどなくて、朝摘みのものが少しだけ。知り合いのお店が倒産したとかで

デパートに卸していたという洋服を、娘と1枚ずつ購入。3~5分の1ならお得かもと。

f0152079_13452047.jpg

聖光寺入口の門を内側から。

f0152079_1346291.jpg

ちょい、変わった彫像達。

f0152079_13472839.jpg

境内は奥までとても広く、これ、全部桜なら、春は綺麗だろうなと思った。

f0152079_1348273.jpg

まだ少し時間があったので、すぐ傍の蓼科湖へ。

f0152079_1350353.jpg

f0152079_13512561.jpg

コスモスがもう咲いていて、綺麗だったけれど、ここが湖?池じゃなくて?という大きさ。

f0152079_13523822.jpg

精進湖の例があるからもしかしたらと思ったら、ホテルへ向かう途中に駐車場が。

やはり、こちら側にも広がっていた^^蓼科湖レジャーランドだったか?も併設。

f0152079_13545564.jpg

湖畔には彫刻公園。有名どころと同じコンセプトだけど、規模が小さい^^;

f0152079_1413422.jpg

蓼科グランドホテル滝の湯へ到着。日帰り組は玄関脇の駐車場ではなく、この看板

前にある駐車場を使用とのお知らせが。滝の湯の由来も書いてあった。

f0152079_1421494.jpg

滝の湯川の渓流の音を聞きながら歩いて行くと

f0152079_1435216.jpg

橋。夜には電飾も?

f0152079_1416456.jpg

正面玄関。入ってすぐのフロントで持参した予約書を見せて、ビュッフェチケットを頂く。

すぐに入れるのは庭園風呂。信玄野天風呂は3時からだし、まだお腹が空いては

いなかったので、まずは庭園風呂へ。2階だからそのままなのに、間違って

f0152079_14184660.jpg

3階へ。チェックアウト後の館内は静か~~~~!セットでは5時間滞在可♪

f0152079_14213746.jpg

お風呂棟との間の渡り廊下から、上流を。水車もあった。渓流の流れがやはり速い!

f0152079_14225295.jpg

下流側。滞在中の親子がプール遊び中。チェックイン時間後はすごい人数に^^;

お風呂は男女で時間によって入れ替わり制。この日は女風呂が下の階で、内湯だけ

だけど、ガラス越しに滝を眺めながらの入浴で、気持ちよかった^^

f0152079_14262934.jpg

帰りがけ、渡り廊下の近くに外へ出るドア。開けてみると、崖が。何百万年も前の

地殻変動の為にできたとか。そんなのどうやってわかるのか?断層で判断?

f0152079_14284778.jpg

f0152079_14293234.jpg

ロビーで少し休んで、今度はビュッフェ会場へ。

f0152079_14302314.jpg

ビュッフェレストランSeeds。

f0152079_14314873.jpg

目が欲しくてあれこれ持ってきた私のプレート。が、全部は食べきれず、娘にHELP!

f0152079_14325811.jpg

なので、デザートは控えめに。朝からたくさん食べたから、無理だった・・・

味は、そこそこ美味しかったけれど、やはり、前日のふじさんの方が美味しかった。

f0152079_14362844.jpg

私達が座っていたのは、渓流を見下ろせる窓側の席。

f0152079_14365318.jpg

仕切りの向こう側がビュッフェのコーナー。この時点で2時10分。3時からの野天風呂

開始にはまだ時間があるし・・・さっきの3階のソファで休もうかと、近くのEVで3階に。

f0152079_1439823.jpg

降りると、休憩所と書かれた大広間が!従業員の方に、使ってもいいのか確認し、

目覚ましをセットして、優雅にお昼寝!眠かったので横になれるのが、嬉しかった!

そのまま3階を歩いて向かったら、3時なのでフロントは大混雑。休憩室でよかった!

f0152079_1441114.jpg

信玄野天風呂へは、3階から一旦外へ出て、階段を登る。雨天時の傘も常備され。

f0152079_14434253.jpg

f0152079_14424338.jpg

最後に髪を洗って帰りたかったので、内湯の心配もしたが、ちゃんと両方あった。

野天の方は、滝の湯川を見下ろしながら。回りは山々と渓流だけ。時折、涼しい風が

吹き、虫も葉っぱも自然の友達です、やさしくすくいあげて下さいと小さな網も^^

ここ、本当に気持ち良かった~~!お約束の高原コーヒー牛乳も飲んで、売店で

あれこれ買い物。日帰り温泉の受付が3時から開く売店に変わっていた。9日から

値上げで2000円と書かれていたので、今日は(7日)いくらですか?と尋ねると、

1500円とのこと。ビックリ@@実は、某旅行サイトを今年は私も母との旅行で利用

したり、義母のお祝い旅行で北陸2泊もとったりで、ある程度高い宿を複数で利用

した為にポイントがかなり溜まっていて、ここはポイント利用で無料だった。実際の

値段はビュッフェ+日帰り温泉のセットで一人2500円だったから、セットの方が

大幅にお得だったみたい。別々だとかなり高くなるし。お得感満載で満足の体験^^

最後に、道の駅があれば野菜を買いたいと思い、フロントの方に尋ねたら・・・

蓼科には道の駅はないけれど、野菜だったら「自由農園」という所が3か所あって

帰り道ならば、こちらがいいでしょうと、地図に印をつけて下さった。

ビーナスラインを、また蓼科湖方面へ。思いのほかガソリンが減っていたので、

一軒だけ見つけたGSで補給。聖光寺も過ぎて、しばらく行くと、左側にあった!

f0152079_14564557.jpg

たてしな自由農園♪箱買いだと発送もしてくれる。6時の閉店まで、選ぶ選ぶ母娘。

見たこともない野菜も数あって、これなんですか?どうやって食べるのですか?と

尋ねながら。結局、10数種類の野菜と、桃、巨峰、朝摘みイチゴまで買った。一押し

だったのは、ここでもトウモロコシ!生で輪切りにしてあって、試食したら、生なのに

めちゃくちゃ甘くて美味しい。すでに買ってあるのに、更に買い足し。頑張って食べな

きゃね。普通に茹でて食べるだけじゃなく、今夜はコーンご飯にもするつもり。

フロントの方の指示通り、ビーナスラインを少し戻って、一つ目の信号を左折すると

行きに通ったエコーラインへ出た。印象的だった橋も渡り・・・

f0152079_1542583.jpg

蓼科の山々ともお別れ。諏訪南インターから中央高速へ。

f0152079_1552785.jpg

途中、薄暗くなっているのに富士山が浮かび上がってて^^

中央高速の渋滞案内で、談合坂の先とその先2か所が10数キロ渋滞だと。

f0152079_157637.jpg

それならと、あまりお腹も空いていなかったけれど、7時半だからと談合坂で食事。

おむすびも二つ買ったが、左側、なんと、中村農場(だと思う)の卵の黄身漬けの

入ったもの。右は高原牛だって。食事の後の高速道路は、大正解で、渋滞解消!

ここからは翌日仕事の娘の為に、私が運転したが、順調に流れて1時間ちょっとで

着いてしまった。ガソリンは、おそらく満タンで足りたかな?という量。高速代と

ガソリン代で2万程かかったけれど、食と温泉と景色の旅、大満足の二日間に

なったと思う。またいつか、気ままに出かけてみたい。改めて、日本って綺麗な

国だなぁと思った。長い日記、最後まで読んでくださった方、f0152079_15123135.gif

by andegenni | 2014-08-09 15:42 | 四方山話 | Comments(2)

高原で避暑~美食と温泉2日目@清里

翌朝は7時に起床。部屋の窓から外を。

f0152079_1324689.jpg


f0152079_1332110.jpg

窓をほんの少しだけ開けて寝たが、朝は更に涼しくて、開け放すと寒いくらい。外の

景色だけでも、緑に癒されるし。支度をして7時半に食堂へ。

f0152079_1342635.jpg
f0152079_1345367.jpg
f0152079_1355765.jpg
f0152079_1361642.jpg

一番乗りの私達。この朝は全室満室だから、テーブルは5つ用意されていた。

f0152079_1375043.jpg

窓の外は一面緑。前回、霧みたいに煙っていて雪が残っていた冬枯れの景色とは

まるで違う場所のようだ。車も空きがない状態に停まっているし^^

f0152079_1403273.jpg
f0152079_1404655.jpg

手作りのサラダと、やはり手作りのヨーグルト、桃ジャム。飲み物も全部100%なのか

とても濃厚で美味しい。各自大皿から取り分けて食べる。

f0152079_1424433.jpg

私が取り分けたもの。オレンジジュースと、地元の牛乳を。娘はブドウジュースを。

前にも載せたが、各自何十種類もあるメニューからトーストのトッピングを選べる。

f0152079_145439.jpg

最初に選んだのは、マヨネーズたまごとマヨネーズコーン♪ナイフで切り分けて娘と。

f0152079_1482524.jpg

奥さまがフルーツの大皿を。大量の桃と、グレープフルーツ、パイナップル、そして

種のないマスカット。この桃が、すごく甘くて美味しくて感激!産直だからと奥さま。

なんでも、桃の産地で有名な一宮の桃農家まで、直接仕入れに行かれているそう。

フロントに、奥さま手作りのシロップ漬けの桃とか、桃ジャムも販売していた。

f0152079_1513819.jpg

次は、前回美味しかったあん生ホイップとシンプルなシュガートースト。

ほぼ前回と同じ

冒険すればいいのに、同じもの頼むなんて、冒険心のない母娘^^;

続々と泊まり客が降りて来て、賑やかに。子供連れも2組。夏は避暑地は賑やか。

娘は寝起きで食べたので、支度をしに部屋へ。私は、付近を散策することにした。

f0152079_1581381.jpg


f0152079_1583728.jpg

夏仕様の玄関。玄関脇もお花がいっぱいだ。

f0152079_1592733.jpg

すっかり夏の姿のペンション。季節によって印象がガラッと変わった。

f0152079_11421322.jpg

とても静かな別荘地、清里の森。老夫婦がひと組、朝の散歩を楽しんでいらしたが

バブルの頃の分譲で、今は空き家も多く、売りに出されている別荘もあるとか。

f0152079_114339.jpg

らふ&らふのすぐ傍に散策路の入口。入ってみた。

f0152079_11442885.jpg

こういう道がずっと続いていて・・・

f0152079_11452475.jpg

横から見たらふ&らふ。2階の部屋は、前回泊まった部屋。左下は食堂。進んで

行くと、最後は舗装された通りに出た。そちら側にも、散策路入口の表示が。

f0152079_11483724.jpg

f0152079_11491146.jpg

f0152079_11491746.jpg

お花がとても綺麗なペンション遊歩道。

f0152079_11513173.jpg

f0152079_11515548.jpg

百合の匂いが強くなり、どこだ?と思ったらこの建物。後で奥さまにもう百合が満開の

建物があったと話すと、ここの建物、実は某超有名な芸能人夫婦のお姉さまご夫婦の

経営する所だとか。お忍びで来ることも多いのだろうか?入口にしっかりGATEがある

別荘地だし、どこへ行くかを告げないと開けて貰えない作りだから、一般人入場不可。

f0152079_11562824.jpg

素敵な建物で、手作りケーキとパンの店と書いてあるけれど、もう営業していないと。

f0152079_11584299.jpg

グルッとひと廻りして戻って来た。1999年からなら、さっきの遊歩道の方が古いのね。

f0152079_11591656.jpg

車がたくさん停まっているので、全景が載せられない。代わりにお庭のお花を^^

f0152079_120115.jpg

部屋に戻る途中、プレイルームを。ワンピースのパズル、前にはなかったよね^^

f0152079_12242100.jpg

今回泊まったのは廊下の一番奥の右側のお部屋。共用冷蔵庫が奥に置いてあった。

2回目の宿泊で、自動的に会員になれるそうで、チェックアウト清算時に会員証を

頂いた。また違う季節に行きたいと思う。最後にオーナーさんが玄関前で記念撮影。

通りの先、GATEに向かう角を右折するまで、ずっとずっと手を振ってお見送りして

くださるのも、前回と同じ。娘がバックミラーを覗きながら、まだ振ってくれてると^^

f0152079_1274348.jpg

清里の森の交差点で信号待ちの間に、振り返ってGATE方向を。清里には泊まる

だけだと、ちと寂しいねということで、メインの観光地も一箇所行ってみることに。

f0152079_12101516.jpg

ポール・ラッシュ博士像と清泉寮の超有名ショットを^^

f0152079_1211834.jpg

清泉寮も夏模様。ハーブがいっぱい♪

f0152079_1212456.jpg

牧場も緑が綺麗。遠くには牛も放牧されていた。

f0152079_1213014.jpg

ジャージーハットへの道にもお花がいっぱい!9時開店なので、合わせて来た。

f0152079_12154719.jpg

お店の入口。ソフトクリーム食べる?と娘に。週末なら行列必至のこちら。

f0152079_12161552.jpg

お腹いっぱいだからなぁ・・・と言いつつ、やはり食べることに^^;9時ちょっと過ぎだと

いうのに、平日のこの時間から人がいっぱい!南の山々はうっすら見えていたが

f0152079_12193437.jpg

今回も八ヶ岳にはみはなされたかなぁ・・・残念。売店でいくつかお土産を買い、出発!

f0152079_12201515.jpg

八ヶ岳高原ラインに戻り、目的地の東沢大橋へ。大きな展望駐車場があった^^

八ヶ岳、ここからだと結構見えて嬉しい。サイクリングの父息子を案内している方が

説明されているのが聞こえて来たが・・・赤岳の山小屋はこのシーズン、一人1万と

して200人程度泊まるから、1日200万の収入だとか。オンシーズンに稼がないと。

f0152079_12243757.jpg

一段低くなった場所に、展望台が。真正面に見えるのが八ヶ岳の主峰赤岳。

f0152079_1234714.jpg

案内板で確認♪車で赤い橋を渡り、次の目的地へ。

by andegenni | 2014-08-09 15:37 | 四方山話 | Comments(4)

高原で避暑~美食と温泉1日目

韓国の旅日記の途中だけど、避暑地に行って来たので、美味しく涼しい話題を。

娘と二人で、二日程、ドライブがてらあちこち回って、美味しいものを満喫してきた。

タイムリーな話題なので、東京が暑いうちにと・・・

6日の朝、ゆっくり目に出発。10時半頃、首都高に乗ったら大渋滞・・・あちゃ、動かない。

首都高で事故ってのが、一番困るよね。。。目的地に何が何でも2時半までに

着かないと、目当ての食事にありつけない。ルート検索では2時間半位だったのに。

渋滞で1時間程予定が狂ったが、中央高速に乗る頃には順調に流れて・・・

河口湖で降りて、後は一般道。初めて、「富士山」というナンバープレートを見た!

しかも前を走っていたパトカー^^;へぇ~と思って、気にしていたら、結構いろんな車が

使っていた。山梨と静岡の両県、富士山周辺の市町村で申請すれば付けられるらしい。

しかし、鳴沢村を通る時、娘がここって・・・・次に上九一色村を通る時も、ここって・・・

続いて青木が原の樹海横を通って、またここって・・・と、怖い話題が連続してて、夜に

この道は絶対一人では通れないよねと娘と。そうこうするうちに目的の場所へ到着♪

旅番組で見た朝霧高原の道の駅に隣接するフードパークにあるビュッフェが目的!

f0152079_1823831.jpg

ようやく到着したビュッフェレストランふじさん!渋滞のせいで2時ちょい過ぎの到着。

f0152079_1825163.jpg

店内から見える富士山^^しかし、初めに撮って正解。この後はこんなにクッキリとは

見えなくなってしまったので。料金は2000円で70分の制限。2時半に入店終了で

閉店は4時。実際にはもっと早く人がいなくなったけど。後で聞いたら、夜は人気の

ない場所だし、何も見えなくて真っ暗なので、ランチビュッフェだけの営業だそうだ。

f0152079_18282457.jpg

まずは、9分割のプレートに好きなものを少しづつとって。左側は私、右側は娘。

とことん地元産にこだわり、ヘルシーでめちゃ美味しいメニューだった。大満足!

f0152079_1844476.jpg


私の方で少し説明すると左下は、朝霧牛のステーキ(娘と二人分の量)、豚もここで

とれたもので、真ん中にあるのがすき焼き風の豚、サラダはもちろん高原野菜。

下段真ん中のキノコ類もナスもめちゃウマ!コーンは、甘いのなんの・・・で帰りに

どこで買えるか尋ねたら、隣接する道の駅のものだと。しっかり帰りに買った。

天ぷらは揚げたて、かぼちゃいんげんは普通だけど雪の下という葉野菜は、朝、

おばさんが摘んで来られた野草なんで、購入不可だと。住所は富士宮市だから

一応名物の焼きそばもあり、ちらしずしもあり、シイタケの炊き込みご飯もあり、

なんと言っても、こちらで手作りの浅漬けのお漬物が美味しく。バイキングでは

目が欲しくてとってきたものの、食べきれなくて娘に助けて貰い、怒られるのに

その私がぺろりと完食!めちゃくちゃ美味しかった^^娘は第2弾もあり。

f0152079_18463048.jpg

デザートもぺロリ!コーヒーは朝霧コーヒーと言って、こちらの高原牛乳入りのもの。

ケーキはシフォンだけだけど、プリンはめちゃ美味しかったし、上の方にある和菓子は

フードパーク内にあるお店の大福のミニチュア版。ソフトクリームも、機械から各自

自由に盛り付けることが出来たし。あまりに美味しくて、今までのビュッフェの中でも

一押しかもと言うと、係の方が、有名なホテルのビュッフェより美味しいと言ってくださる

お客様が多くて、嬉しいですと。歳もありビュッフェは苦手になって来た私もここはOK◎

f0152079_18514664.jpg

私達が最後に出たので、誰もいないので、外からビュッフェの場所を。

f0152079_18555637.jpg

前の通りから、向こうの山を。朝霧高原に向かっている時、近づくにつれて、雨?と

思うほどの濃い霧になってきたが、その名の通り、霧が名所なのかも。

f0152079_18582048.jpg

フードパーク内には乳製品の工場や、お茶、和菓子、芋専門店、お酒のお店などが

並んでいて、お茶やさんでは、レストランで飲んだのと同じ、抹茶入りの冷茶パックを

購入。大福も買い、お芋のお店では、なぜかラスクを買い、あちこち覗いてみた。

f0152079_1902276.jpg

お茶やさんの後ろには高原牧場。富士山が綺麗に見えなくて、なんとか撮れた中で

一番姿がわかるのがこれ。雲がなければ綺麗だろうなぁ・・・

f0152079_1925069.jpg

続いて、並びにある朝霧高原道の駅へ。目的のトウモロコシは5本で650円也!

野菜類も欲しかったが、翌日夜まで車の中ではちと不安で、それだけにした。

f0152079_1954282.jpg

実際の朝霧高原はもっと富士山寄りに書いてあるけれど、近くは観光名所だらけね。

また来た道を戻って、次の目的地へ。渋滞+クーラー+上りの勾配でアクセルの

3重苦のせいか、ガソリンの減りが早い。先月末、満タンで下田往復でもOKだった

のに、帰りに給油かなと。また樹海とか通って・・・・

f0152079_19102287.jpg

こちらは精進湖。富士五湖の中では知名度がイマイチ。狭いねと娘と言ってたら

f0152079_19123577.jpg

岬を回った所に展望台があり、なんだ、奥は広いんだ!水上スポーツをしている人も。

その先はずっと精進ブルーラインという険しい山の中の道を。目的地は・・・

f0152079_19165825.jpg

みはらしの丘みたまの湯。山梨ではいつも「ほったらかし温泉」だから、他にも夜景の

綺麗な場所はないかな。。。と検索していて見つけた所。ほったらかしとは逆向きに

甲府盆地を見下ろす感じになる。入湯料は一人770円。温泉に入る前に、一枚だけ。

f0152079_20402819.jpg

f0152079_2041107.jpg

こちらは、一番手前の休憩室から。これって、夜景になるともっと素敵だろうなぁ。

温泉も露天の部分が、景色を見下ろしながらで、涼しい風を浴びながら、トンボも

飛んでいて、素敵だった。後であちこち見たら、食堂もいくつか、マッサージ室や

休憩室も大中小とあり、売店も充実していた。ほったらかしとはえらい違いだった。

受付にトリップアドバイザーの日帰り温泉関東地区で一位とか書いてあったので、

知る人は知る名所だったみたい。食事とのセットを4人以上で頼むと、送迎もして

くれるようだから、足がない人も気軽に来れるみたいだし。

f0152079_20483243.jpg

大きな休憩室にあった山の名前の図を写してみたが、巧く写せなかった。

f0152079_2050577.jpg

f0152079_20541798.jpg

f0152079_20532242.jpg

3枚目の真ん中辺りの雲の下に、雲がなければ八ヶ岳。残念・・・翌日がこの地区の

花火大会のようで、翌日だったらメチャ混みだっただろうなと・・・

最後に売店で、あれこれ試食して、主人の酒の肴にと、焼生姜を購入。美味しい^^

次は、清里へ向かう途中にある中村農場。ペンションのオーナーさんに教えて頂いた

お店だが、また食べたくて、こちら方面の旅行を計画した次第。中央高速に乗り直し

長坂で降りて暗い道を向かった。お店に向かう道はいつも真っ暗。高度も段々と高く。

実は、お店の先に八ヶ岳高原大橋という黄色くて長い橋があるのだが、通る時は常に

夜で、左右にあるずっと続く灯りだけを見ている状態だ。

f0152079_21243618.jpg

f0152079_21244870.jpg

頼んだものは、食べたかった親子丼と、部位別に頼んで塩で食べる焼き鳥。ここの

親子丼は卵と鶏肉を味わって欲しいと、敢えて野菜を入れずに作ってあるとのこと。

いやぁ、やはり美味しかった!前に来た時は、手前の小さな部屋に数テーブルだけ

しかなかった記憶があるけれど、奥に大きめの部屋とたくさんのテーブル席、更に

カウンター席まであった。拡張したのだろうか?それとも、前には閉めていたのか?

隣の売店で、今回も卵を購入。「甲斐路軍鶏の卵」1296円也。一個が130円近い

卵だけれど、これで食べる卵かけご飯は最高!食堂で使用している卵は一ランク

下の「八ヶ岳卵」1080円。それでも一個108円だから高いけれど、その価値はある。

鶏肉もこの農場で飼っているものだから、スーパーよりはずっと高いけれど、通販も

していて、売れてるんだろうなぁ・・・この卵を買う為に、家からわざわざ海で使う時の

大きめのクーラーボックスに保冷剤をたくさん入れて飲み物を持参。空いた所に

卵を入れて、他にも野菜用のクーラーボックスも持参。まるで買い出し旅行みたいだ。

今回は8時過ぎには「清里の森 ペンション らふ&らふ」に到着。中村農場とここは

セットで考えていたので、前に予約したサイトで一番高い家族部屋しか残っていなくて

どうしようと、直接電話してみた。9月から改装予定で、貸すつもりがなかった、一番

小さな部屋なら空いているけれど、そちらでよければ・・・と承諾して下さり、よかった!!

夏が一番のオンシーズンの清里だから、到着してみると家族連れが前で花火をして

いたり。。。雪の残っていた前回とはまるで違う雰囲気だった。

f0152079_23113526.jpg

泊まった一番小さな奥の部屋。もうすぐ改装して、多目的ルームになる予定なので、

もしかしたら、私達が最後になるかも?二方向に窓があって、寒いくらいに涼しかった。

ペンションのお風呂にも入って、なんと11時前ににはベッドで寝てしまった。(-_-)zzz

by andegenni | 2014-08-08 21:37 | 四方山話 | Comments(2)