<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2013.6 歩き倒した5泊6日 part17 MBCドラミア1

4月に続き、2度目のツアーイン晴海。1泊めの朝食は・・・

f0152079_2131531.jpg

晴海さん手作りの美味しい朝食^^お茶はオクスス茶の袋入りを茶器で。この朝は、

豆腐チゲメインで、干しタコが美味しかった^^我が家の定番の干しタコとスルメの

味付けしたオカズは、いつも中部市場で買っているけれど、これもマシッタ~!

f0152079_2141317.jpg

朝食を終えると、行ってきま~す!の玄関を・・・すっかりソウルでの我が家みたいだ。

向かった先は、南部バスターミナル。前夜と同じルートで高速バスターミナルまで行き、

乗り換えて。「娘3人連れて」の旅の時に扶余に行くのに、そこから乗って以来だった。

f0152079_21441664.jpg
f0152079_21443517.jpg

その時はすぐのバスが満席で、31とかで時間を潰したっけ^^;今回は白岩まで^^

そう言えば、前夜行ったホールもぺガムホール・・・字は同じなのだろうか???

f0152079_2145455.jpg

18番乗り場。竹山も同じ乗り場なのね^^さて乗り込むと・・・1時間程度で到着・・・

が、到着まで祈るような気持ちで携帯の時間を見ていたが、シャトルバスの時間の

5分後に到着。次のバスまで2時間もある・・・一人だからもったいないけれど、仕方

なく、傍に停車していたタクシーに乗り込んだ。ドラミアまでとお願いしてバスが・・・と

言うと、運転手さん、タイミングよく「가버렸어요?」と。はい、行ってしまいましたーー;

きっと、出発するのを見てたんだろうな。ソウルからのバスと連携してくれるといい

のにねぇ・・・ドラミアは実は思い入れがあって、まだ特定の旅行社のみの見学しか

出来なかった頃、tさんが一緒に行こうと誘ってくれた。コネであちこち連絡してくれ、

それでも無理だったらしく・・・最初は外国人のみに開放されて、韓国人はそれより

遅れての開放だったため、タイミングがずれてしまい・・・結果、ご家族ですでに

行かれたのが判明。それなら、私も待たずに行こうと思い始めて早数年。ようやく

実現することになった。いつでも行けるのに、律義に待ってた私が馬鹿よね~^^;

運転手さんの話では、前夜も『九家の書』の撮影をしていたらしいが、基本的に

月曜は撮影休みが多いということで諦めていたら、狭い川沿いの道、前を行く

バスは、ロケ車ではないか・・・ちと期待^^車を降りて、チケットを買って中へ。

f0152079_2265429.jpg

さっそく、장승長栍(将軍標장군표とも呼ばれる)がお出迎え^^

f0152079_2281685.jpg

キャッ、チャングムの3人だ^^楽安邑城以来のチャングムだ^^

f0152079_22103092.jpg

これって、ファンが訪問?マスコミっていうより、ファン御一行に見えた。

f0152079_22121743.jpg

こちらは『イサン』だよね^^イ・ビョンフン監督、チャングムに続き大活躍だよね^^

ドラマのシーンや、撮影中のシーンが次々に展示されていた。

f0152079_22152830.jpg

慶州のミレニアムパークではお目にかかれなかった『善徳女王』のビダム^^

f0152079_22184530.jpg

『トンイ』の撮影中、ペンサービスもしてたのね^^

f0152079_22194328.jpg

まだ個人観覧が出来なかった頃は、遠くからこの看板だけ写して帰る人が多かったね。

f0152079_22211752.jpg

道の両側にはお花も咲いてて、人が少なくて貸切みたいだ^^

f0152079_22235966.jpg

道の右側にはこれが・・・自然を生かして、こういう所も撮影に使われるんだろうね^^

f0152079_2224302.jpg

先ほどの上り坂のつきあたりにはこれ。左から『善徳女王』『トンイ』『イサン』『朱蒙』

最近のドラマはまだ看板になっていないみたい。それは聞慶のKBS撮影所同様ね。

f0152079_22271556.jpg

ドラミアの地図。ただね、これも最新じゃないものだから、迷った・・・

f0152079_22403354.jpg
f0152079_22404263.jpg

ここで、撮影したいろんなドラマの看板をまとめてみた。余ったスペースで『Dr.JIN』

『馬医』を拡大してみた。

f0152079_22463867.jpg

関係者はここまで入れるのか・・・後で寄る建物はここかな?とか考えていたら

ガイドさんと一緒に来られた年配のご夫婦が。ガイドさんとご夫婦に挨拶したら、一緒に

回ってもいいということになり・・・やった^^ラッキー♪

f0152079_2248656.jpg

撮影のことは、一人ではわからないことも多いので。さっそく、ありがたいことに・・・

この方達は『九家の書』の悪役のトップのお二人だとか。昨夜、KNで2話だけ先行

放送があったので、後で確かめてみよう^^ガイドさんのお願いで、このお二人と記念

撮影をしてもらったご夫婦。私はご遠慮した^^;撮影前の休憩時間に感謝^^

f0152079_22513320.jpg

ということで、月曜だし、撮影は休みかなと思っていたのに、さっきのロケ車は

『九家の書』のロケ車だったわけで^^3人の後をついて行きつつ、あちこち撮影した。

f0152079_22533613.jpg

まず向かったのは、『善徳女王』の競技場みたいな場所。

f0152079_225436100.jpg

こちらから入った。

f0152079_22553897.jpg

現在の中の様子はこんな感じ。ご夫婦はここでも記念撮影。

f0152079_22574898.jpg

つきあたりの建物には決勝堂の文字。

f0152079_2305631.jpg

トンマンが現れた楼閣。

f0152079_2341075.jpg

もう次へ行こうとされるので、慌てて裏手へ回って写した。何度も馬で駆け抜けた場所。

f0152079_235090.jpg

最後に振り返って・・・

f0152079_235416.jpg
f0152079_2361089.jpg

『チャクぺ』で撮影された場所との説明。全話録画しているのに、まだ未見の私^^;

f0152079_238826.jpg

儀鳳門。どんどん置いていかれる私^^;説明もちゃんと聞けないし・・・^^;

f0152079_231015100.jpg

勤政殿。前日に景福宮に行ってるから、なんだか面白かった。『トンイ』の主人公達も^^

f0152079_23142864.jpg

f0152079_23145910.jpg

階段の模様、四神など、景福宮と比べると、レプリカながらよくできていると思った。

f0152079_2317627.jpg

祭礼仕様になっていた内部。

f0152079_2318292.jpg

天井はどのくらい似てるかな?ちゃんと龍の絵もあった!すごいなぁ・・・

次は勤政殿に向かって右側、チャン・ヒビンとソ・ヨンギ側から出た。

f0152079_23232638.jpg

こういう建物と建物の間の場所も撮影に使われてるんだろうね^^

f0152079_23245569.jpg

どこかの建物の天井。芸が細かい。パンフも見ず、ついて行くのがやっとで???

f0152079_23261566.jpg

少し広くなっている場所。休憩場所にもなっているようで、自動販売機もあった。

ここから先は、町の風景。商店や、露天が並んでいた。

f0152079_23284094.jpg

どんどん先へ進む3人。写真を撮っている私は遅れるばかり・・・

f0152079_23305267.jpg

上に大太鼓のある門の下を通り、市場の通りを振り返り・・・

f0152079_233225.jpg

後で使うのだろうか、通り道にポツンと置いてある籠。

f0152079_2334102.jpg

民家のブロックを通り過ぎ、小さな川の橋を渡ると・・・

f0152079_23343668.jpg

高台の楼閣に登る階段。手すりもないから結構怖い。

f0152079_2335343.jpg

f0152079_23374551.jpg
f0152079_2338478.jpg

登った先にあるこの場所は、『九家の書』でイ・スンギが滞在している場所だとの説明。

f0152079_2344713.jpg

f0152079_2340289.jpg

そして、この高台の楼閣はミシルが、善徳女王が何度も座っていた場所だ。

f0152079_23425510.jpg

『善徳女王』と『トンイ』のどのシーンで使われたかの説明があった。

f0152079_23454636.jpg
f0152079_23462139.jpg
f0152079_23464873.jpg

楼閣から見下ろした景色。降りる階段はもっと怖かった。ここを衣装を着て登り降り

した俳優達は、結構怖かったのでは。。。と思った。民家の写真、市場の写真を

もっと撮りたいなぁと思いつつ、どんどん歩いて行く3人に付いて行くのが大変!

f0152079_2350838.jpg

f0152079_23505284.jpg
f0152079_23513634.jpg

市場の通りと酒場。

f0152079_23523815.jpg

ところどころ、脇道に入りながら、スタスタ歩いて行く3人・・・

f0152079_23542925.jpg

商人の荷物。今にも運び手が来る状態みたいだった。

f0152079_11221172.jpg

f0152079_2355760.jpg

春花館。ガイドさんがなぜここへ案内されたのか、その時は?だったけれど『九家の

書』の中で、妓生の家として度々登場する家だった。

f0152079_0303749.jpg
f0152079_0313853.jpg
f0152079_0322131.jpg
f0152079_0324920.jpg

この一画は、朝鮮ではなく、当時の中国>清かな?の撮影に使われたらしい。

f0152079_035413.jpg

次は、『大長今』と書かれた建物。チャングムは、議政府にテーマパークがあったが

2011年末に閉鎖したので、一部をこちらに移して展示されているようだ。

f0152079_0404860.jpg

スラッカンで使われたのか、数々の道具類。

f0152079_0414549.jpg
f0152079_042143.jpg

あちこちにチャングム。

f0152079_0433686.jpg

王様の食事。

f0152079_0443467.jpg

テーマパークにあった手形のようだけど、現在は何か所か欠けていた。

f0152079_046379.jpg

最後にミン・ジョンホ様も^^楽安邑城を思い出した。

もう一度、清のセットの中を通って、入口へ戻ると仰るガイドさん。え?『トンイ』は?

『太陽を抱く月』は?『馬医』は???ここまでで約1時間半なので、きっと短い

コースだったのだと思う。仕方ないので、残りは自力で、写せなかった所も再訪

しながら回ろうと思い、お礼を言って3人とお別れした。続きはまた・・・(@^^)/~~~


by andegenni | 2013-08-31 01:03 |  2013.6 江原道京畿道 | Comments(2)

2013.6 歩き倒した5泊6日 part16 ミュージカルと噴水

夜、遅くなることを想定して、午後にホテルを移動しておき、劇場のある

三成駅へ向かった。経路は考えたけれど、4号線の淑大入口駅から、舎堂駅で2号線に

乗換することにした。駅へ向かう途中、お店の前に・・・

f0152079_2325440.jpg

この子たちが^^3匹も乗っているのに、おとなしいこと^^左はプリンと同じポメだよね♪

f0152079_2352989.jpg

向かった先は、三成駅の近くにあるぺガムアートホール。昼間の公演が終わったのか、

人がたくさん出てきてたので、上部のみ^^;ここで上演される『ヘドウィグ』を観に^^

この日、6月16日は昼の部がチョ・スンウ、夜の部がソン・チャンウィだった。スンウの

方は、売り出すや否や完売だったので、チャンウィの回を日本で予約した。値段は様々

だったけれど、予約時期を待っていたら、一番高い席が2人連続では取れなくなり、仕方

なく2番目の席を予約。しかも旅行前日に友人の分はキャンセル。8割は戻ってきた。

日本からでも日本語でチケット予約できるのが嬉しい。方法は、Visit Seoulの公演

から行きたい公演を選び、日付と時間を選び・・・予約するを押すと、残った座席とかも

選べるし、日本語入力でカード決済だから楽だ。結局の所は、ここからインターパーク

経由で予約なので、直接そちらでも同じように買えるけれど^^;これは便利だ^^

席が選べたので、端だけど、割と前の方の席で肉眼でも観れそうだった。予備知識と

しては、韓国でも最も美しいヘドウィグを演じることが出来るとかで、ヘドウィグを彼の

名前とかけて、チャンドウィグを呼ばれているみたいだ(最近、衛星劇場で彼のスター

JackSが放送されて、一部ヘドウィグが観れるので保存版としても嬉しい^^)。

f0152079_231445.jpg

今年のヘドウィグはこの3人。チョ・スンウとソン・チャンウィは何度めかの出演なので

慣れているだろうと期待した。

f0152079_23161877.jpg

私が観る夜の回のキャスト。

f0152079_23175191.jpg

チョ・スンウはチョドウィグと呼ばれているのね^^

f0152079_23202279.jpg

チャンウィはこれだけかと思いきや・・・

f0152079_2321154.jpg

1・5トンって、どれだけ多いねん^^;彼が一番たくさん貰っていた。

f0152079_2323648.jpg

ロビーにあったヘドウィグのポスターを激写!この絵がこのミュージカルの定番だ。

GOODS売り場には、傘とかTシャツとかもあったけれど、記念にメモ帳とCD購入。

観れなかったチョ・スンウの歌声もこれで聴ける。あ、そう言えば、日本でやった

『ジキルとハイド』のCDも買ったっけ^^スンウの声って、響きがあるんだよね^^

公演は、思ったよりももっと面白かった。チャンウィは慣れているせいか、余裕も

あるし、劇中で性転換して女性になった姿は、なんだか妖艶で魅力がいっぱい^^

会場の観客に近づき、観客の傍で演じたり@@、最後の最後のパフォーマンス

まで目が離せなかった。最後に男性のチャンウィに戻るんだけど、スターJackで

見る限り、彼はかなり男性的な趣味もあり~で、『人生は美しい』でもゲイの医者の

役だったから、女性的かと思いきや、実像は違った^^;最初に注目したのはほんの

チョコッとだけジソに似てるかも?と思ったからだけど、知れば知るほど違ってた。

ミュージカルで共演した歌手のLisaと熱愛中だったのに、つい最近、別れたようだ。

f0152079_23402449.jpg
f0152079_2341715.jpg


ホールを出て、三成駅の手前の大通りを右折。COEX側と、こちら側のビルを・・・

もう8時だというのに、まだ空が暗くはない。。。って、韓国って日暮れが遅いよね^^;

4月に変わった建物だからと写した現代のI'PARKタワーも見えた。ピンボケで

미안해^^;途中でCOEX側に渡ると・・・

f0152079_23481972.jpg

COEXの前の通りにこれが。。。オム・ギジュンのモンテクリストも時間があれば

観たかったなぁ・・・日程的には可能だけれど、スケジュールが合わなくて残念・・・

COEXの間を突き抜け、カジノの前も通り過ぎて、COEX免税店へ。遠いってば。。

実は、金浦で両替した時に、免税店で使える1万Wのカードの引換券が入っていた

ことと、ここでしか貰えないらしいグンちゃんのT MONEYを貰う為に。。。

f0152079_23531746.jpg

あちこちの免税店に行ったけれど、ここは遠いので初めて^^;少し店内を・・・

f0152079_2355633.jpg

エスカレーターにも、傍の壁にもCF俳優や歌手がいっぱい^^

f0152079_23555618.jpg

集合コーナー。

f0152079_23563235.jpg
f0152079_2356464.jpg
f0152079_2357055.jpg

なあんて、彼らを適当に写してたら、時間が。。。いけない、時間切れかも!

f0152079_23581577.jpg

外へ出て、通りを渡り、振り返って免税店部分を。夜景はピンボケばかり・・・^^;

三成駅まで戻るのも時間がもったいないので、なかなか来なかったけれどタクシー!

9号線延長でCOEX駅と奉恩駅がもうすぐ出来るみたいだけれど、そうなれば

行きやすくなるけれど、今はまだ三成からも遠いし、不便だった・・・

タクシーは、一旦北上して、漢江沿いのオリンピック道路へ。盤浦大橋の噴水は

日曜の最終は9時半。それなら間に合うかな?と思ったが、なぜか道路が渋滞。

後で、故障車だか事故車だかがいる場所があって、それで渋滞してたようだった。

f0152079_0255061.jpg

走るタクシーの中からソウルタワーを。この鉄橋は東湖大橋かな?

f0152079_0301264.jpg

f0152079_0333579.jpg


なんとか無事に漢江公園に到着。駐車場でタクシーを降りて、盤浦大橋方面に

向かった。タクシーの中から、おそらく9時の噴水のライトアップが見えていた。

思ったより長く出ているようで、この時点でもまだ終わっていない。ソウル市民は

敷物や飲み物持参で公園内でくつろいでいた。しかし、かなりの人出だ!

f0152079_035523.jpg

月光レインボー噴水の止まった盤浦大橋。漢江の遊覧船が橋の近くに。船から見学も

できるようだ。盤浦大橋は下に潜水橋があって、水嵩が増すと、水面下に沈む。

f0152079_03857100.jpg

橋から少し離れた水際に柵があって、そこに陣取った。レインボーショーの始まり^^

f0152079_0401560.jpg
f0152079_0403839.jpg
f0152079_041772.jpg
f0152079_041346.jpg

とても綺麗だったが、写真に撮るのは難しい。。。結構長い時間やっていたので、

残りは肉眼で観た。柵にもたれかかって、ビールを飲む青年二人。

私が日本人だとわかったみたいで、日本語で話しかけて来た。先輩の方は留学

して日本の大学院を卒業して、現在日系企業で働いていると。後輩の方は、大学

時代に日本語を専攻し、日本へも留学したらしい。先輩が電話をかけてくると

離れた(彼女に)ので、後輩と話をしながら待っていた。なかなか帰ってこないので

だんだん、突っ込んだ話になり・・・彼らは日本が大好きで、旅行ではなくて、もう

一度住みたいと。友達もたくさんできたと言ってた。最近の日韓のことについては

先輩は友達と絶対話さないと。解決する問題じゃないから、それよりも自分達の

ことについて話そうよ♪と議論は必ず逃げると言っていた。後輩の方は、歴史に

ついては、日本人が話をふってくると、自分は日韓両方の教科書を読めるけれど

君は韓国の教科書は読めないだろう?読んだ上で日本は間違っていると僕は

主張してるんだと。そうすると、相手(日本人)は何も言えないです・・・^^;

一つだけ・・・と私。挺身隊=慰安婦という方式を信じている人が多いから、20万人

なんていう数字が出てくると思うけど、うちの母も女学校時代に挺身隊で学校の

代わりに工場へ行かされたりもしたので、その方式は間違ってる、うちの母は

慰安婦じゃないし、日本国内でなら、違うとみんなわかるからと言うと・・・

そういう風に言えと教わったんですね・・・と言われ。。。(それならうちの母は?怒)

日本が好きでも歴史問題では譲れないという知日派の彼。韓国の国是の反日は

仕方ないとして、これからは、日本がどうとかじゃなくて、世界が韓国をどう見て

いるかを考えた方がいいのでは?と言うと、韓国が世界の他の国から悪口を

言われるのなら、それは日本が韓国の悪口のロビー活動をしているからですと・・

え、え、え~!と思ったけれど、彼は、韓国よりずっと大きい日本がしてない筈は

ないですと自信たっぷり。。。だめだ、こりゃ・・・最後の彼の言葉は・・・

「だから日本と韓国は近くて遠い国と言われているんです。隣にあるんだから

それでも付き合っていかなきゃならない運命ですね・・」と結んだ。呆気にとられた

私・・・昨日のニュースでは、首脳会談も上層部会談も韓国側から断っているそう

だけど、付き合うつもりが本当にないのか?あるいはジラシのポーズなのか?

昔は、駄々をこねれば、仕方ないなぁと譲歩、協力してきた日本だけど、もう通じ

ないかも?とは全く思わないのだろうか・・トップがこれでは両国の関係はいかに!

そうそう、1965年の日韓条約の話もしたけれど、それで全て清算済みと考えるのは

加害者の考え方で、被害者はそれでは納得いかないと彼・・・要するに、韓国では

情緒法>国内法>国際法という順番なのね。そりゃ、法治国家として考えては無理

だということじゃ?条約とか、国際法って、どの国も最大限守るべきものじゃ?

かなり落ち込んだ頃、先輩がようやく登場。漢江市民公園を見下ろすアパートに

住んでいるそうで、彼女が旅行中なので、ビールを買い、後輩を誘って来たそうだ。

f0152079_0574745.jpg

月光レインボーショーが終わり、三々五々家路をたどる人達。先輩が高速バス

ターミナル駅までは歩けますよと教えてくださり・・・

f0152079_0592822.jpg

オリンピック道路下にあるトンネル部分から行けばいいと。人について行くと・・・

f0152079_142729.jpg


バスターミナルの間の交差点へ出た。地下鉄9号線で銅雀まで行き、4号線に乗換。

f0152079_15436.jpg

考えてみたら・・・お昼にハニーブレッドとパッピンスを食べただけ・・・もう遅いので

食べ物屋さんは酔客ばかり・・・居酒屋さんのメニューにこれがあったので、注文♪

食べ物だけでもいいかと最初に訊いたのは当然だけどね^^

一人飯はどうしても麺類が多くなるなぁ・・・ククスを頼んでも付いてくるバンチャン♪

f0152079_182433.jpg

4号線淑大入口駅に近いけれど、1号線の南営駅にも近いからか、店名が南営

ポチャ(ポジャンマチャの略)。トンネル部分を抜けて、道路を横断して

f0152079_1101414.jpg

宿は左折なんだけど、この夜は右折。西部駅(ソウル駅西側の呼び名)方面へ少し

行くと、このお店が。二人なら、一度入ってみようと思っていたお店青坡サンデポ

ソグムクィ。左側を拡大してみると・・・

f0152079_1144339.jpg

f0152079_115985.jpg

なんとまぁ、たくさんのロケをしていることか!『ごめん愛してる』も『シークレット

ガーデン』も。。。etc...ライム達が食べているコプテギ(豚の皮)を嫌そうに見てた

ジュウォンを思い出した。画像はクリックすると、全画面になるので参考に^^

f0152079_1184950.jpg

戸口が開いていたので、失礼して戸口から中をパチリ^^;どの席に座ったとかの

情報は、入れば教えてもらえるみたいだけど、私、コプテギは大丈夫か>心配^^;

f0152079_1204817.jpg

帰り際、広い方のトンネルの上にソウルタワー。このトンネル『オールイン』のロケ地♪

f0152079_1214521.jpg

お帰り~と寝ながら迎えてくれたルミちゃん。今日も1日、よく歩いたなぁ・・・

ゆっくりお風呂に入って、おやすみなさ~い♪

by andegenni | 2013-08-23 10:00 |  2013.6 江原道京畿道 | Comments(6)

最近観ているドラマのロケ地発見♪

旅日記の途中だけど、現在視聴中のドラマのロケ地を発見したので

次に行けるかどうかわからないから、載せておこうと・・・

まずは『オ・ジャリョンが行く!』で、またあの平倉洞の『ジャイアント』の公園が登場♪

f0152079_1552655.jpg

ジャリョンが眠れないまま、朝、走りに行って立ち寄った公園。ゴンジュの家も道路の

様子が平倉洞仕様なので、しつこく探せばわかると思うけど。

同じ平倉洞つながりで、もう一つ。

f0152079_15574996.jpg

『最高だ、イ・スンシン』の9話で登山に行くのに待ち合わせた橋。この川沿いの道は

これまでも度々出ていたので、川と橋を調べてみたら、ドンピシャだったのがここ。

背後に見えていた老人福祉センターの看板が決め手^^川沿いにある特徴のある

マンションとか見て探せば、スンシンの家も探せるはずだ^^

f0152079_17132274.jpg

川沿いの道をカメラ小僧を使って南下すると、人だかりの多い家が・・・今年の5月の

画像だから、すでに地元では有名なようで^^;一応、確認の為にキャプってみたけど

f0152079_17153926.jpg

合ってたみたい^^これより前後、川沿いの道とか高台の道とか、カメラ小僧で見ると

あちこちにロケ地があるのがわかる^^

f0152079_17565195.jpg

こちらは、女優ソン・ミリョンの家として再び登場したOVOCO美術館。

『ボスを守れ』で使われた美術館だけど、城北洞にある。スンシンの家と同じトンネ

だという設定だけれど、またもどこでもドアだよね^^;

先月、読んだ記事に出てた冷蔵庫・・・

f0152079_22302841.jpg

この記事♪

シン・ジュノの社長室にあるよね^^どっちが先か?流行ったのはドラマのせいか?

また別のどこでもドアは、『オ・ジャリョンが行く』のロケ地・・・

本来はジャリョンの家もゴンジュの家と近い筈だが、102話で家を出るシーンは

f0152079_17211993.jpg

『シークレットガーデン』で行ったキル・ライムの家の近く。ライムの家の上にある

駐車場の後ろに見えてた삼일부동산の文字が決め手。観た時、あれ?ここは・・・と

画面を止めて、見比べてみたら正解^^青島水産と三日不動産、この2軒の前の坂を

下って行く設定で、両親の後ろに不動産の文字が。

続く104話では、そのまん前の駐車場にジャリョンの新車が停めてある設定で。

シークレットに続き、『ファッション王』もこの坂を上って、二又を左方向へ行くとあるし

今度は『オ・ジャリョン』・・・撮影地としてメッカになりそうだね^^;

f0152079_208382.jpg

肝心なジャリョンの家は、家のシーンの始まりにいつもここ、駱山の恵化門側の

城壁が使われている。家の近所が平倉洞だったり、駐車場が駱山の谷を挟んだ

反対側だったり、相変わらずのどこでもドアだ^^

で、もうひとつ、気になって調べた場所。最初はソウルだと思い、心当たりを探した

けれど見つからず。。。もしかして路上美術館の近く?とあちこちカメラ小僧を出張

させてみたけれど、柵の形、景色が違い・・・ついにハングルで検索してみた。

f0152079_17275790.jpg

ここだよね^^『男が愛する時』で出て来た本屋とその隣の坂道。韓国の方が行った

道筋の説明が簡略すぎて、少し迷ったけれど、公園脇の道を進むとあるという点と、

脇の坂道が何度も登場していたので、わかった。お米を持って歩いた柵のある道は

公園に沿った道にある。でも、お米を貰う際に出て来たのが、紛らわしい城壁・・・

この近くには城壁はないから、そのシーンは別撮りだったようだ。書店として使用

されたここは、本来は倉庫らしく、撮影の為に急遽、書店仕様へ。場所は仁川の

「タルトンネ博物館」のある公園の外側のずっと奥の右側。博物館は公園入って

すぐの手前にあるみたい。いつか、仁川に行ったら、近くの壁画通りも兼ねて、

博物館共々、行ってみたいと思う。それと、このドラマを見始めて気付いたけど、

4月に一山のMBCテレビの1階のカフェで会ったイ・チャンフン氏、まさにこの

ドラマ仕様だった。独特な髪の色で、舞台かな?と思ったんだけど、このドラマの

ためだったのだろうか?珍しく悪役みたいだから、形も変えたのかも?

とりとめもなく書いたけれど、こんな感じで、疑問に思った時点で、地図とカメラ

小僧のキャプを少しずつ集めておく私^^;行くのが決まってからでは間に合わない

ので・・・次にいつ行けるかも確定してもいないし、一人じゃなければ、行けない

可能性も高いのにご苦労さんなこった!爆)

PS
りんごさんの指摘で、あ、そうだった!と画像追加。『いとしのソヨン』で度々出て

来たスーパー。アボジが名前を借りたりもしてたよね^^

f0152079_22192122.jpg

まさに、イ・スンシンの家の少し先で、並びにあるのに、別々の時にキャプしてて、

そうだ、そうだったと^^;りんごさん、고맙습니다^^

f0152079_22222262.jpg

川沿いに歩いて行くと、このあずまや、세검정터(洗剣亭遺址)がある。平倉洞へ行く

バスの中からよく見えるので、覚えていたけれど、この川沿いにいろいろとあるのは

嬉しいね^^後々、ソヨンで出て来た紫霞スーパーも、この洗剣亭もスンシンで出て

くるみたいよ^^で、ふと思い出したんだけど、『イルジメ』の悪い王様、ここで、剣に

ついた血を洗ってなかった?名前も洗剣だし、こんな感じの川だったような???

by andegenni | 2013-08-18 17:36 | 韓国ドラマ | Comments(4)

2013.6 歩き倒した5泊6日 part15 西村界隈

景福宮を出ると、目の前に・・・

f0152079_2314971.jpg

北岳山をバックに、本当に青い屋根の青瓦台。

f0152079_23153688.jpg

出てきたばかりの景福宮の北側にある神武門。

f0152079_23164569.jpg

景福宮の北側の塀沿い、青瓦台の入り口に続く道は、木が多く、歩道も車道も綺麗だ。

f0152079_23195540.jpg

孝子洞の交差点には彫刻と噴水。後ろは仁王山。随分前になるけれど、韓国映画で

『大統領の理髪師』原題@孝子洞の理髪師というのがあった。この辺りは、景福宮の

西側。北村に対し、こちらは西村と呼ばれる地域だけれど、どこからどこまでが西村と

呼ばれるのか、その辺はよくわからない。彫刻をバックに記念撮影する人々も^^

f0152079_23251779.jpg

青瓦台サランチェ。元々は、孝子洞サランバンという青瓦台の広報館があったらしい

けれど、青瓦台サランチェとしてリニューアル。韓国の政治と文化に触れられる所で

無料で入れるし、興味のある方には綺麗でいいかも^^サランバンは舎廊房という

漢字で、主人の離れにある書斎みたいな意味で、サランチェは舎廊という建物の

中の男性が使う所で、母屋から離れた離れみたいな建物。意味としてはほぼ同じ?

f0152079_23305216.jpg

景福宮の西側の塀沿いの道。お花も綺麗に飾ってあって、やはりとても綺麗だった。

サランチェの先を右折。目指したのは、通仁市場だったけれど、散策も楽しかった。

f0152079_2334671.jpg

紫霞門路に出ると、目の前の角にこの薬局。2年前にバスの中から写したが、ここは

『個人の趣向』でケインの作った料理にあたって、ジノが駆け込んだ薬局^^;

真向かいにあるパリバケットで菓子パンを少しと飲み物を買った。適当に歩いて

いたら、どうもおかしい・・・で、ハルモ二に市場の場所を尋ねると、紫霞門路だと。

f0152079_2341494.jpg

また戻って、通りの向かい側から通仁市場を。ピンボケの上、ここでトシラクカフェに

入ろうと思っていたのに、この日は第3日曜だったけど、市場がお休みだと。。。

5000ウォン出して、500ウォンのコイン10枚を買い、参加しているお店でお弁当の

トレイに好きなおかずをのせてもらうシステム。ご飯とスープは食べる場所にて交換。

一度、食べてみようと前から思ってて、せっかく行ったのにお休みの日で残念だった。

そのまま、南に向かって歩いていくと・・・

f0152079_2347045.jpg

地元感いっぱいの写真館があり、そこに飾られてる家族写真は、なんと『チュノ』の

あのナウリじゃないか!あ、本名はイ・ハンウィさん^^挙げたらキリがないほど多くの

ドラマの脇役で活躍されている俳優さん^^で、ふと、横を見ると・・・

f0152079_23501257.jpg

なんとなんと、こっちは『ピアノ』のオックアン他、多数の有名俳優チョ・ジェヒョン氏!

息子さんはイケメンとして有名で、ショートトラックの選手。国内で金メダル受賞もあり。

表だけなので、中にはもっとある?そのまま歩いていくと、通義洞カフェ通りの入口へ。

f0152079_23572997.jpg

入り口角にあるCOCOIN。歩き疲れてもいたので、入ってみることにした。

f0152079_2359101.jpg

わお!おいしそうなパッピンス^^さっそく入ってみよう^^

f0152079_002310.jpg

入り口は、カフェ通り側から。カフェの正式な名前はCafe de Atelier COCOIN。

f0152079_023346.jpg

奥の方の席に行ってみて、名前の由来がわかった!置いてある彫像も掛けてある

絵も、奥の更に奥にあるテラスの絵も、アートしてるから^^お店の方に了解をとり

撮影したが、一人のハルモニが自分を撮ってると勘違いされて。。。お店の方が

間に入って下さり、説明してくださった。ちとビックリ^^;

f0152079_045924.jpg

天井の一部がガラスになってて自然光が入るものの、少し暗めで落ち着く空間。

f0152079_06686.jpg

通りに面した側の明るい店内とは対照的だった。パッピンスを食べたかったが、量が

多そうで、食事になるようなものはありますか?と尋ねたら、勧められたのがこれ♪

f0152079_1422324.jpg

ハニーブレッドとアイスコーヒー。とっても美味しかった^^お店の女性もとっても

素敵な方だったので、某旅行サイトで紹介させて頂きたいと申し出ると、快く承諾

してくださり、住所とか電話の書いてある名刺に営業時間も追加してくださった。

f0152079_1425468.jpg

カウンター部分。クリックすれば大きくなるので、価格もわかると思う。

f0152079_1427180.jpg

明るい表側からカウンター部分を。左側が出入り口。カウンター右奥がギャラリー。

帰ろうとすると、ちょっと待っててくださいと・・・今、パッピンスを作っているのでと。

f0152079_142902.jpg

100%牛乳を凍らせた氷で作ったパッピンスで、氷部分がフワフワでまろやか・・・

量が多いからとやめたのに、サービスで!?お店の方曰く、先ほどの先客の方の

態度が失礼だったのでお詫びにと・・・元々、私が写真撮影を頼んだせいなのに、

申し訳ないのはこちら・・・ほんと、申し訳なく、さらに食事後だったので、残すのも

申し訳なく・・・入ったカフェは今回少なかったのに、どこでも感謝の出会いだった。

f0152079_14362635.jpg

2年前にも載せたが、置物の大きなシェフがいなくなったOliva Garden。

『オンリーユー』のメインロケ地だ。なんだか、小ぎれいになった感じ^^

f0152079_14373442.jpg

景福宮の駅まで来ると、紫霞門路を渡り、右方向へ。道なりに歩いて行くと、ここ、

社稷壇の正面に出た。一旦、ここも通り過ぎて角を右折すると・・・

f0152079_14434377.jpg

そうだ、この坂だ!社稷壇公園の塀に沿った登り坂。少し登ると・・・

f0152079_1445350.jpg

左側にドラマでお馴染みの建物が^^古くは『ジャイアント』のペッパ様のお屋敷。

比較的最近なら『欲望の炎』の本家、『新妓生伝ー芙蓉閣の女たち』の芙蓉閣。

ドラマでは、建物と共に、前の坂も度々登場した^^

f0152079_14491316.jpg

駐車している車を避けて、大写しに^^前から一度来たかったけれど、ようやく^^

あ、『食客』でも出て来たよね^^昔は国会議員の私邸だったらしいけど、今は

ウンギョン財団が管理している建物らしい。

PS 後日。『私はチャン・ボリ』で師匠の家ピスルチェとして登場♪

f0152079_14525775.jpg

坂を下り、元の道に戻って、社稷壇公園に入ってみた。人が少なく、木陰で休むには

ピッタリの穴場的公園。都心にありながら、地元民中心の癒しの公園みたいだ。

f0152079_14551349.jpg

脇から撮った社稷壇。朝鮮時代、土地の神「社(サ)」と穀物の神「稷(ジッ)」を祀り、

国家を上げて祭祀を行っていた場所<コネストより。

f0152079_14565520.jpg

表側から撮った社稷壇。秋の社稷大祭以外は鍵がかかっているようで、隙間から。

もっと奥まで行くと、江稜の烏竹軒でお目にかかった息子の栗谷李珥(ユルゴッイイ)と

母の申師任堂(シンサイムダン)の銅像があったり、さらに奥には檀君聖殿があって

『太王四神記』でお馴染みの壇君が祀られている。さらに奥には黄鶴亭(ファンハッ

ジョン)という射亭(弓術練習場)があり、ここには仁王山への登山口もあるようだ。

f0152079_1551653.jpg

オリニ公園も併設されていて、日曜日だったので、親子連れの姿も^^

f0152079_157830.jpg

ガラスケース入りの案内図はハレーションを起こしたので、看板の方の案内図を。

f0152079_1582795.jpg

案内板の横が入口。ソウル社稷壇の文字のある石碑。

f0152079_1595634.jpg

ふと通りの向こう側を見ると、SPACE本の建物。サウナやハナロマートもある建物で

いつか行ってみようと思ってた所だった。時間の都合で、そのまま景福宮駅へ。

f0152079_15234414.jpg

駅構内の壁画。

f0152079_15251296.jpg

構内にソウルメトロ美術館もあった。3号線で鍾路3街まで移動。

f0152079_15272440.jpg

今回、初日と3日目の夜にお世話になったGREEN’TELさん♪便利だし、浴槽ありだし、

安いし・・・EVはないけれど、荷物は運んでくれるしで、コスパ高し^^荷物を受け取り

今度は1号線に乗って、南営まで。前回お世話になったツアーイン春海さんへ^^

チェックインする際、日曜なので御主人がいらして、前回の件>電話して金浦に行った

のにアシアナ最終便が飛ばなかったことetc...を話したら、ビックリされていた。

二人で予約してあったけれど、一人になったことを話し、狭い部屋でもいいと言うと、

それなら2泊で1万円でいいよと^^日本の代理店に頼んだので、現地払いだった

から、そういうことが出来たわけで、ちょっと嬉しかった。荷物だけ置いてまた出発♪

今回はここまでね~♪

8月15日に思うこと・・・読みたいと思ってくださる方だけmoreをどうぞ♪


More
by andegenni | 2013-08-16 18:00 |  2013.6 江原道京畿道 | Comments(2)

2013.6 歩き倒した5泊6日 part14 景福宮

4日目の朝。せっかく鍾路に泊まっているのだから、久しぶりに・・・

f0152079_2332297.jpg

トゥッペギチッへ。朝食にはちと重いけれど、ご飯の下の豆もやし+バンチャンもピビン。

テンジャンチゲも相変わらず美味しい。値段は、一番最初の頃から比べると上がった

けれど、やはり庶民の味方♪

このお店の斜め前に、エッグタルトで有名なAndrew's Eggtartがあったはず・・・と、

行ってみたら、店名がPastel de nata に替ってて・・・なくなったの?と思ったけれど

帰国して調べたら、Andrew's Eggtartから店名が変更になっただけのようで安心♪

お腹も満ちたので、ソウル劇場へ行くことにした。

f0152079_23415342.jpg

前夜も通った鍾路2街の交差点。鍾閣タワーが青空にマッチしていた^^

f0152079_23441325.jpg

毎度、お馴染みのソウル劇場♪『隠密に偉大に』のキム・スヒョン君のポスター2枚も?

f0152079_23474435.jpg

劇場内のポスターもなぜか2枚?ほとんど一人勝ち状態だったから?

映画は、笑って泣いて・・・とっても面白かった。スヒョン君もよかったけれど、他の

二人も個性的でよかったし・・・『映画は映画だ』の中の監督役の彼が、驚きの設定で。

映画の余韻に浸る間もなく、時間に追われていたので、3号線で景福宮駅へ。

f0152079_2351104.jpg

地下鉄の改札を抜けると、すぐにこれが。

f0152079_23533121.jpg

景福宮へ向かう通路は美術館のようだ。国立古宮博物館を通り過ぎて・・・

f0152079_2356516.jpg

景福宮の中へ。暑そうだなぁ・・・ずっと横切った先がチケット売り場。

f0152079_23593531.jpg

光化門を内側から。チケット売り場でチケットを買い・・・

f0152079_021033.jpg

f0152079_05810.jpg

興礼門でチケットを見せて抜けると、すぐ右側に案内所があり、日本語ツアーを待つ

人がすでに多数集まっていた。日曜だし、天気はいいし^^日本語パンフもこちらで。

本当は、慶会楼の開放にも参加したかったけれど、住民番号の壁で無理だった。

それで、12時半の日本語無料ツアーへ参加することにした。若いガイドさんと共に。

興礼門前では、衛兵の交代式もあるけれど、それはまた別の機会に・・・
f0152079_039273.jpg

禁川には永済橋。欄干にいるのは伝説の動物、ソウル市のシンボルのヘテ。

f0152079_0244538.jpg

永済橋の上から水路をみると、舌を出しているサネ。口をつぐんでいるのが反対側に。

伝説の守り神で、日本でいうなら、狛犬みたいなものかな?水路には水がないね。。

f0152079_046139.jpg

f0152079_0482768.jpg

さて、お次は勤政門を入り、勤政殿へ。日曜のお昼なので、人が多い。後ろには

北岳山。左側に少し見えている青瓦台。右には国立民俗博物館の塔。

真ん中の通路は、王様だけが通れる通路。みんな、王様になったつもりで歩いた。

f0152079_0515710.jpg

あちこちの撮影所巡りで、景福宮のセットを観たけれど、さすが本物は造りが頑丈。

f0152079_0542454.jpg

勤政殿へあがる階段。メインの建物だから、中心部は保護?階段下辺りに、石に

埋め込まれた丸い金具があり、行事の時に天幕を張るのに使われたのだとか。

f0152079_0591537.jpg

ドラえもんではありませぬ。百虎ですたい・・・

f0152079_143620.jpg

こちらは玄武。『太王四神記』で出て来た四神以外にもたくさんの像があった。

f0152079_18194.jpg

勤政殿の日月五峰図。

f0152079_1121353.jpg

f0152079_115416.jpg

天井が素敵♪龍の絵も描かれている。

f0152079_1131993.jpg

セットで観慣れてるけれど、やはり、本物はセットより重厚。

f0152079_1163263.jpg

次は思政殿へ。勤政殿が本殿なら、こちらは王の公式執務室みたいな所。

f0152079_1173821.jpg

こちらには日時計が。昌徳宮にもあったよね^^

f0152079_1182735.jpg

こちらの日月五峰図の玉座の上には龍の絵。

f0152079_121452.jpg

古さを感じさせる内部。

f0152079_1125213.jpg

f0152079_11263152.jpg

思政殿の隣の千秋殿。ここで、ガイドさんからクイズ。「軒下にある、ブランコみたいな

ものは、な~んだ?」答えは、夏の時期、たたんだ扉を持ち上げてここにかける

そうだ。少しでも風通しをよくするための工夫だって^^

f0152079_11292748.jpg

慶会楼。秋まで、一日に何回か、人数を制限して公開しているが、住民番号がなくて

断念。tちゃん達は、春の訪韓時に夜間観覧に行き、ライトアップも観れたようだ。

「一泊二日」で景福宮を訪れた時、ここにも昇っていたが、その時のテーマが、一番

綺麗な絵を探せ!で、結果は、慶会楼の上から観る景色。2階部分から外を観る時、

開いた部分が、額縁の飾りのように見えるため、中から外を観る時に、額縁の先に

ある景色を観れば、それが最高の絵画になるという話だった。『根の深い木』では

初めて、ここ景福宮でロケが行われた。慶会楼のそばでも3人で撮った写真公開。

f0152079_11475989.jpg

ここは、洌上眞源という井戸で、集賢殿学士の刃物が刺さった死体が発見された所?

f0152079_11515342.jpg

その先の建物。どの屋根にも三蔵法師御一行^^

f0152079_1152526.jpg

康寧殿。王の寝室。この辺りは、王と王妃が日常生活をする一帯。

f0152079_1154361.jpg

王の煙突。門を抜けると・・・

f0152079_1155443.jpg

交泰殿。王妃の寝室。宮廷内の生活を総指揮した場所。

f0152079_11575155.jpg

取り囲むように、小さな部屋が続いている。

f0152079_120673.jpg

さっきのクイズの答がここに。たたんだ扉をこうしてかけておく。

f0152079_1222473.jpg

交泰殿の後ろにある王妃の後園は峨嵋山と呼ばれ、そこにあるオンドルの煙突。

階段式花壇と煙突が綺麗だ。十長生(長生きを願う)や魔よけの動物が描かれた。

f0152079_12101862.jpg

『チャングム』でお馴染みの水刺間(スラッカン)のあった場所。今は跡地のみ。

ちょっとした公園みたいで、木陰で涼む人達も。左側に青瓦台、右には国立民俗

博物館の塔もここから見えた。

f0152079_12162513.jpg

塀の外へ出ると、遺跡の発掘図や、復元図が飾られていた。

f0152079_12181734.jpg

国立民俗博物館の塔。

f0152079_12183721.jpg

北岳山もより近く・・・

f0152079_12192978.jpg

f0152079_1244455.jpg

香遠池という四角い池。建物は香遠亭。『根の深い木』でも何度も出て来た場所で、

香遠亭にいる殿下の元へムヒュルが橋を走っていたり・・・世宗は若い頃のソン・

ジュンギもハン・ソッキュも橋に立っているシーンがあったような?

『太陽を抱く月』でも使われてて、宮殿を抜けだした二人が語ったり、ヨ・ジング君から

キム・スヒョンに替ったのもここだったっけ^^ガイドさんとはここで、お別れ~♪

f0152079_12585128.jpg
f0152079_1259296.jpg

香遠亭をバックに。撮影現場でのインタビュー写真。池の周りには木陰があり、

ベンチが置いてあって、涼む人達がたくさんいた。

f0152079_1314372.jpg

去年の6月も水蓮の花には少し早くて今年もかな・・と思いつつ、葉っぱを見ていたら。。

f0152079_1325673.jpg

きゃ!嬉しい^^もう咲いてる所があった^^全部咲いたら、さぞかし綺麗だろうね~!

f0152079_1344249.jpg

池の北側に乾清宮があり、香遠亭の北側に前は橋があったようだけど、今はない。

これはその西側にある集玉斎一帯。高宗が書斎として作った所で、左側の八隅亭

(パルジョン)と右側の協吉堂(ヒョッキルダン)は渡り廊下でつながっている。

f0152079_1310780.jpg

観ていない場所もあるけれど、今回はこれで、北にある神武門から出ることにした。

こちらにも券売所があり、こちら側から入ることも出来る。内側から門の向こうに、

青瓦台。警備も若干厳しく・・・これで、景福宮の中とはお別れ~♪

by andegenni | 2013-08-11 13:34 |  2013.6 江原道京畿道 | Comments(8)

2013.6 歩き倒した5泊6日 part13 大関嶺三養牧場2

下って行くと、また道路にぶつかり、その先には・・・

f0152079_13315611.jpg

4番目の門、초원의 산책草原の散策。1番目の風の丘が1150Mだったから、

ここまでで130Mしか下ってないの?もっと下った気がしたけれど・・・

f0152079_1336561.jpg

草原の散策にふさわしい光景。

f0152079_13375615.jpg

下の方には三養食品の工場も・・・

f0152079_13395170.jpg

降りて来た方角を見上げると・・・先ほどの木が遠くに見えた^^屋根のある厩舎は、

シャトルバスで登って行った時には、下に乳牛がいっぱいいたけれど、どこに?

f0152079_14461016.jpg

目の前の小高い丘。また登るの・・・下りだけだと思っていたから、結構きつい・・・

f0152079_1447289.jpg

丘の上からはいい眺め^^あ、あそこにいた!と、ズームで撮ってみた。なんとまあ

綺麗に列になってること^^

f0152079_14494487.jpg

風力発電を見渡せるのも、そろそろ終わりかな・・・と、ついでにズームで^^

f0152079_1451139.jpg

道路まで降りてくると、そこにはダチョウ達が。ナミソムにもいたけれど、韓国人は

ダチョウが好きなのかなぁ?

f0152079_1452737.jpg

ダチョウ園の前には、牛のポスト。「希望・風の郵便箱(ポスト)」って、コンセプトが?

f0152079_14543714.jpg

第5(最後)の門、마음의 휴석心の休息。もう少しだ、頑張ろう!

f0152079_14564899.jpg
f0152079_14571388.jpg

下って行くと、羊と遊べる柵が・・・みんな、楽しそうに遊んでいた^^心の休息?

f0152079_14584297.jpg

餌もこうして売っている。ここなら、無人販売しても、みんな、お金置いて行くのかな?

f0152079_1504643.jpg
f0152079_151666.jpg

チケット売り場に書いてあったけれど、公演(羊の毛を刈る)15:00の直後かな?

f0152079_1525371.jpg

この木・・・確か、左側にある木はウンソの木では?右はジュンソ?

f0152079_1541983.jpg

やはり、そうだったみたい。『秋の童話』の撮影地の看板。

f0152079_1564818.jpg

ここにもたくさんの羊たち。

f0152079_1584045.jpg

道路を渡ると、橋に通じた道。涼しい渓流。

f0152079_1592932.jpg

降りて、水辺で涼む人たちも・・・

f0152079_15124943.jpg
f0152079_15131092.jpg
f0152079_15133349.jpg

最後に到着した庭園部分。牛のポストはここにも。噴水あり、夏なのに赤い木あり、

あずまやあり。。。で、最後の散策。足は、絶対もう傷が出来てると思いつつ・・・

f0152079_1515384.jpg

最後の力で、地図を確認して、一番奥の川沿いに出て、橋を渡り左折すると・・・

f0152079_15162272.jpg

あった!『秋の童話』でウンソとジュンソが逃げて来て住んでいた家^^

f0152079_15173243.jpg

右隣の家も、撮影で使われた家みたい。川のこちら側にはいろんな宿泊施設があった。

f0152079_15195040.jpg

帰り途、橋からの眺め。とっても素敵だった。

f0152079_15204386.jpg

公園部分も道路側から写すとこんな感じ。事務所に寄って、コールタクシーはどこで?

と、尋ねると、ここで呼んであげますよと。12000ウォンですと言われ・・・あれ?行きは

13000ウォンでしたけど・・・と言うと、???上がったのかなぁと。呼んで貰って、

チケット売り場前で待つことに。途中、お土産売り場にて、アイスキャンディを買って^^

食べ終わって待っていると、夕方近くなのにまだまだ入場してくる方がいっぱい。

土曜だし、シャトルバスでポイントだけなら、十分だし^^;タクシーは、事務所の人の

言う通り、12000ウォンだった。行きのお兄さん、何気に1000ウォン上乗せ?笑)

f0152079_23513699.jpg

今回の江原道の旅で、必要なものだけ集めてA4に印刷したもの。ご苦労さん♪

f0152079_15253575.jpg

横渓バスターミナル入口。龍平リゾートまでのシャトルバスは時間が合わないし・・・

何より、足の状態が悪くて、行くのは断念した。靴下とスニーカーを脱いでみると、

足の指が水疱だらけ・・・痛いはずだ。。。クロックスを持参してあった(行きのバスも

これで、束草に着いて履き替えた)ので、履き替えて、ソウル行きのチケットを購入。

f0152079_1529177.jpg

『冬のソナタ』で、ミニョンがユジンを送って来た場所。ソウル行きのバス乗り場。

2018年の冬季オリンピックでは、おそらく会場への直行バスも出るだろうけど、一般

ルートなら、このバスターミナルも使われる筈。そうなると、大きくもなるのかな?

バスはあちこち寄りながら、渓谷の休憩所で休憩時間まで取りながら東ソウルバス

ターミナルへ到着。普通は東ソウル<>横渓は2時間半だと書いてあるけれど、

土曜夕方のせいか?3時間以上かかった。龍平には寄らなくて正解だったかも・・・

f0152079_15374298.jpg

東ソウルバスターミナルへ着く手前で見えたこの看板!テクノマートビルだとは

すぐにわかったので、わざわざ地下道通って行ってみる私。足がめちゃ痛いのに・・・

看板の手前では、路上ライブが終わった所みたいで、それ系の派手な女の子が

たくさん集まっていた。お化粧も洋服も派手派手^^;若いなぁ・・・

f0152079_15414978.jpg

せっかく来たから、テクノマートの印象的なスペースを。このビル、2008年の9月に

『映画は映画だ』の公開後、また11月にここだけで再公開されて、ジソの誕生日の日に

観に来た。合計で何度観たことか?爆)その後、ビルが揺れる>エアロビのせい?とか

報道されて、怖い・・・以降来ていなかった。もう大丈夫なのだろうか?

f0152079_1546177.jpg

江辺駅から地下鉄で乙支路3街へ。地下鉄にあった『隠密に偉大に』のポスター。

キム・スヒョンのはあちこちで見たけれど、この二人も観たい。特に、右のイ・ヒョヌ君。

『太王四神記』の青龍。最近では『赤道の男』で素敵に成長した姿を見せてくれた。

f0152079_1550494.jpg

ソウルタワーを綺麗に撮るのは私の課題だ。やはり上手くいかない。乙支路2街より。

f0152079_1550304.jpg

4月に『王になった男』の演劇版を観た(ぺ・スビン)けれど、ヒットするとすぐにその

リメイクをやるみたいだ。今度は『太陽を抱いた月』のミュージカルも^^;

一旦、ホテルに荷物を置いて、足の応急手当てをして、遅い夕食を食べに・・・

f0152079_15545922.jpg

おいおい、鍾路2街のいつものGIORDANOはいっぱいニューバージョンが・・・

f0152079_15574955.jpg
f0152079_1558979.jpg

なんだか、腕の内側まで増やした?ちとビックリ・・・役には響かないのだろうか?

f0152079_1614764.jpg

仁寺洞入口にある広場。もう夜も遅いのにまだこの人だかり。五峰日月の絵が^^

f0152079_1641417.jpg
f0152079_1645147.jpg

漢方の薬草とか売ってた村山がいつの間にかこれに・・・一人じゃ食べきれん^^;

f0152079_1685355.jpg

マンドゥを食べようとサムジキル脇に行ったらもう閉まっていた。人はまだいっぱい

なのに・・・で、慣れた味の方がいいだろうと・・・

f0152079_16112474.jpg

シンソンソルロンタンへ。久しぶりに食べたけれど、やはり胃に優しい^^

f0152079_16183291.jpg

仁寺洞店にも『華麗なる遺産』の撮影写真が。。。どの店舗にも掲載?

f0152079_16195866.jpg

今回の発見!PARIS CROISSANTって、ハングルではこうなるんだ!

f0152079_16222036.jpg

夜遅くてもにぎやかな鍾路2街交差点。さて、ホテルへ戻って休もう・・・

by andegenni | 2013-08-04 16:36 |  2013.6 江原道京畿道 | Comments(6)