<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2013.6 歩き倒した5泊6日 part4 ボヘミアン

注文津からタクシーで向かった先は、ボヘミアンというカフェ。

注文津も江陵市になるが、最近、江陵はカフェが増えて、海岸沿いにも

カフェ通りがあるし、山の中にも有名なカフェがあったりで、

カフェブームのようだ。ここは、某サイトで、ソウルから4時間かけて

行っても、その価値があるというレポを読んで、機会があったら是非

行きたいと、読んだ時から思っていた所だ。少し辺鄙な所にあるので

HPで見て、2号店が鏡浦台近くにあるのを知り、時間がなければ、そちらに

行こうと思っていた。ひとり旅になったので、せっかくここまで来たなら、

悔いを残さないように、本家本元の有名なバリスタの先生のいらっしゃる

こちらへ行くことにした。

束草から江陵は、ノンストップなら1時間10分程だが、それでは注文津には

寄れない。なので、ノンストップではないバスに乗ったが、江陵へ行くより

時間がかかったみたい。

f0152079_22224080.jpg

タクシーで到着してすぐに撮ったボヘミアン。左側に下る道があり、

裏手にも駐車場。

f0152079_22241725.jpg

보헤미안>ボヘミアン 朴利秋>박이추。レポで見た郵便受け、

ようやくやって来た!

f0152079_2226933.jpg

いろんなコーヒー豆。日本のものもあるね^^

f0152079_22272070.jpg

お昼時の時間帯。お店は、駐車場部分から見ると、3階部分になる

みたいで、窓際の席に案内されたけれど、窓から海が見えてとっても

見晴らしがよかった。惜しむらくは、お天気がイマイチ・・・

晴れていたら、ここから青い海を見ながら・・・

朴先生は、日本に住んでいらしたこともあり、日本語がお上手だけれど、

注文は先生ではない方が取られるので、日本語は通じない・・・という

レポだった。しかし、日本から来たと言うと、先生ご自身が暇を見つけては

席の向いにお座りになり、オーダーも、どんな豆が好きかとかお聞きに

なり、先生のお勧めのブレンドにした。

束草を回って来たので、オジンオスンデをポジャンしてもらったことを

話し、お好きならどうぞと勧めて、差し上げた。一人で来たのを驚かれ、

友人が旅の前日に具合が悪くなって、急に一人旅になったこと・・・etcを

韓国語で話したんだけど、言葉を言い淀むと『日本語でいいよ^^と・・・

基本、韓国語に日本語交じりで沢山お話した。

f0152079_223548100.jpg

記念写真を撮ろうということになり・・・お店の女の子が撮って

くれたんだけど、1枚目は普通に・・・2枚目はなんでだったか、

二人とも大笑いしてて・・・先生の笑顔がとても素敵だったので、

恥ずかしながら、メタボな私も登場。ここ数年、諸事情(と言っても

一番は自己管理が出来てないからなんだけど)で、急激にメタボな

体型になり、とても恥ずかしいんだけど・・・後で気づいたけれど、

カウンターの中は先生の奥様^^

f0152079_22451438.jpg

最初はブレンドばかり飲んでいたけれど、モカブレンド、ブルマンブレンド

となり、モカだけになり、それが10年以上続き、最近は、コストコの

コロンビア(なんと、3パウンド缶!)。これもなかなか美味しい。

モカが好きだと言うと、先生のお勧めは、アフリカ ブレンド。

それと、トーストセット。

f0152079_22503072.jpg

メニューの中に、先生のコーヒーを淹れている写真もあった。

f0152079_22523811.jpg
f0152079_22525513.jpg
f0152079_22533855.jpg

店内の様子。先生の顔があちこちに・・・

f0152079_22535319.jpg

f0152079_2255581.jpg

特徴掴んでいるよね^^有名な方がいろいろと描いたり、作ったりして

くださるそうだ。

EBS>大韓民国コーヒー界の伝説のバリスタ朴利秋 私達はあなたを記憶

します。ありがとうございます。2012.4.17<

すごい先生なのに、気さくな方だった^^

f0152079_22562113.jpg

テーブルに座っていると見える光景。晴れた日に来たかったなぁ・・・

f0152079_22574655.jpg

最初にトーストセットを女の子が持ってきてくれた。厚切りトーストに

ジャム、ゆで卵、ビーフコロッケと結構なボリューム。コーヒーは、

先生自ら運んできてくださって・・・

スンデを食べてきたから、お腹が空いていないことは、最初に言って

あったので、食べきれなかったら、持ち帰ってもいいよと、ビニールを

下さった。トースト1枚にジャムをつけて、ゆで卵を食べ、残りは

持ち帰ることにした。

前にお座りになった先生は・・・これから江陵の端午祭に行くことを

話してあったからかいろいろと、本をお持ちになり・・・

f0152079_2324480.jpg

左上は江陵市から、日本人に対して出した大判の厚い写真集、同じものの

縮小版は旅行に来れなかったチングにと。右上は先生の出された本の抜粋の

コピー冊子。端午祭の日本語版、江陵市の韓国語版地図、それに、昨年の

コーヒー祭りの絵葉書。

裏には、手書きでその日の日付、サイン等を書き込んで下さり、今年の

コーヒー祭りは10月1日~7日の予定だと。誰にでも差し上げるわけじゃ

ないんだけどと仰りながら、名刺も頂いた。片側にはCoffee Schoolの

文字があった。実は、先生は20年程も日本の各地にお住まいになり、

集団農場をやりたかったこと、韓国では巧くいかず、それで、バリスタの

勉強をされ、ソウルでも大学路とかでお店を出したけれど、どうしても

都会は好きじゃないらしく、ここに落ち着いたと。鏡浦台にも支店がある

ことを話され、私もHPで見て、時間がなければそちらに行こうと思って

いたと言うと、そちらは、息子さんがやってらっしゃるそうで・・・

機会があれば行ってみたい。先生のローストされた豆が近々、東南アジアの

とある国で飲まれることになり、バリスタ達の講習もあるそうで、東京は、

しょっちゅう、ソウルはもっとしょっちゅう行っているから、次回は、その

国で会おうと・・・爆)簡単に会える所じゃ、面白くないと。。。

とってもいい先生だった。

実年齢を告げ、来るバスの座談会で、10歳以上若く見られたと言うと、

ズバリ!髪型と服装のせいだと。。。あ、そうだったんだ・・・

顔じゃないのね~!爆)

リュックがずっしりと重くなったけれど、先生のご好意、ありがたく

頂戴しました!

帰りがけ、もう帰りますと、お勘定を済ませると、先生のお部屋に寄って

くださいと。

f0152079_23181115.jpg

おくつろぎの所に顔を出し・・・ここは、先生のロースティングルーム。

独自のブレンドが生まれる場所なんだろうね^^また、少しお話してたら、

先生でなくてはダメなお客さんが見えたと女の子が・・・お礼を言って

お別れしたけど、ほんとに楽しいひと時だった。

f0152079_23212538.jpg

喫煙はこちらで~♪

f0152079_23222350.jpg
f0152079_23224541.jpg

f0152079_23231438.jpg
f0152079_23234270.jpg

外に出るまでの階段や踊り場には、先生の記事がビッシリ。

本当に有名な先生なのねぇ・・

f0152079_23254779.jpg

帰りは、バス停まで歩いてみようかと・・・遠ざかりつつ・・・

f0152079_23262633.jpg

お店への曲がり角付近には、案内板。

f0152079_23265728.jpg

道なりに歩いて、橋を渡ってさらに進んでしまった私。どうも変だと

気づき、農作業中の方に尋ねると、こっちは영진海水浴場へ行く道

だと。。。橋を渡ったら、すぐに降りる道があるから、それを下って

道なりでバス停だと、教えて下さった。間違えた部分を振り返り。

で、영진バス停まで出たら、通り沿いにタクシーがたくさん停って

いて・・・バスで、直接、烏竹軒に行くつもりだったけれど、田舎の

バスだから、時間がわからないしなぁ・・と思い、先頭のタクシーに、

鏡浦台までお願いしますと言ったら、なんとなんと、歩いてきた道を

逆戻り・・・この橋のもっと先まで行って、海岸沿いをいろんな

海水浴場を見ながら。

こんなことなら、最初からボヘミアンでコールタクシーを呼んで貰えば

よかったと後悔。

途中、海岸沿いにはカフェがいっぱい!『一泊二日』の江陵編で、

このカフェ通りも、烏竹軒も出てきて・・・最後の集合場所が

鏡浦台だった。鏡浦海水浴場がとても有名らしいけど、寄らずに

直接鏡浦台へ直行していただいた。

by andegenni | 2013-06-29 23:49 |  2013.6 江原道京畿道 | Comments(4)

2013.6 歩き倒した5泊6日 part3 束草アバイ村

アバイ村に到着して、続きを・・・

f0152079_23395911.jpg

f0152079_22435573.jpg


傍には、『秋の童話』の二人を撮ってるカメラマンっていう構図?眉が太ければ、ソン・

スンホンなの?爆)ウンソも似てるか?今、久々、『その冬、風が吹く』で観ている

けれど、綺麗なのは綺麗だけど、やはり年とったなぁと、インソン君共々思う。

f0152079_23494988.jpg

橋の下は、楽しげなペイントが一杯!足元のタイルも絵になっていて凝っていた。

で、ふと、考えたんだけど、『秋の童話』では、ケッぺを降りたらすぐ家じゃなかった?

もしかしたら、この橋は、ドラマの後でできたのかな?(記憶は曖昧だけど・・・・)

f0152079_2353737.jpg

絵描きさんの小さなお店があったんだけど、行きも帰りも無人。おい、大丈夫か?

絵を見ると、結構特徴つかんでて、ジソとパク・クネさんが上下・・・

f0152079_23532153.jpg

新作の『その冬風が吹く』もあり・・・しかし、インソン君、皺ありすぎやろ・・・

f0152079_23533442.jpg

『馬医』もあるでよ^^『一泊二日』でも撮影したので、ホドンやスンギもいるね^^

f0152079_23591050.jpg

すぐ前のお店から、アバイスンデ元祖だって。。。アバイ村は、元々は北朝鮮の方達が

たくさん住んでいる村。束草の歴史を考えても、戦争前と戦争後で国が変わった訳で。

함경도 할머니집ハムギョンド ハルモニの店。咸鏡道は朝鮮時代、朝鮮八道の一つで

現在は北朝鮮の地域。そこの出身で、アバイスンデやオジンオスンデは名物なのね。

しかし・・・アバイ村はどこへ行っても、『秋の童話』と『一泊二日』のポスターだらけ!

f0152079_064190.jpg

ウンソの家。なんだか、小綺麗になったような?

f0152079_08375.jpg
f0152079_081785.jpg

はい、覚えておりますとも~♪しかし、去年の6月は『夏の香り』で宝城の茶畑と

茂朱のリゾートへ行ったのに、今年の6月は『秋の童話』でアバイ村って、どんだけ

懐かしいロケ地巡りなんだか?爆)

f0152079_0123890.jpg

他でも撮影はよくあるみたい。ポスターだらけ!まだお昼前だけど、スンデで一杯?

ここは、結構有名なアバイ食堂^^午前中からお客さんが一杯やっていた。

f0152079_0141613.jpg

どんだけ、取材に来てるのやら・・・ともかく、小さな村がポスターで一杯だった。

f0152079_0171997.jpg

アバイ村にもあった、コーヒープリンス。エスプレッソショップだって。へぇ~^^

f0152079_0183148.jpg

お店の並びを抜けると、裏手はすぐに海。

f0152079_0194921.jpg

見つけてしまった、アバイ村への別ルート♪車は、青湖大橋の途中から降りてここへ

来られるし、自転車や人は、大橋の歩道沿いを歩いて、このEVに乗って降りれば

ここへ来れる。ケッペは最短ルートってところかな?青湖大橋を渡って少し行った

所に束草高速バスターミナルがある。歩くなら・・・と市外バスターミナルの方を

選択した。青草湖の向こう側には、写真で見たことがあるけれど、変わった形の

エキスポタワーとか、観光地があるみたい。タワーの形状は、ある意味(@_@;)

元の食堂通りへ戻り、どこもかしこも『一泊二日』のポスターが飾ってあり、尚且つ

撮影地の表示もあるので、一軒のお店の前にいたアジュンマに直球で尋ねてみた。

「本当に撮影をしたお店はどこですか?」と・・・教えてくれたのは・・・

f0152079_16204180.jpg

단천식당。通りの中でもおそらく一番大きな食堂かも?撮影時の写真がいっぱい!

端川食堂っていう名前は、北朝鮮の咸鏡南道の地名。最近、改築されたようだ。

本当に撮影・・・と尋ねたら、まさか看板に「本当に撮影した店」と掲げてあるとは!

f0152079_16253662.jpg

f0152079_16261653.jpg

お店の許可を得て、中を・・・わりと広い。左奥のチョイカッコイイ男子3人組の隣の

席に案内された。後で、日本人ですか?どちらからと、訊かれたので、東京だと言うと、

僕らは韓国の首都から来て、青草湖の向こう側に泊まったと。

f0152079_16291693.jpg

まだお昼前なので、普通は地元客か、泊り客だろう。早朝発のバスだと、9時半には

バスターミナル着だから、前夜深夜に東京>ソウル経由で来たと言うのも驚かれた。

彼らはアバイスンデとオジンオスンデの모듬순대を注文。私は、一人だからオジンオ

スンデだけを注文した。アバイも食べてみたら?と彼らに勧められたけれど、スンデは

好みに当たり外れがあるので、遠慮した。本来の豚の血入りの方は苦手だし^^;

f0152079_16353170.jpg
f0152079_16355437.jpg

注文したオジンオスンデ1万ウォン也♪大きかったら、ハサミで切って、小皿にどうぞと。

オジンオスンデは、GOOD!好みの味だった^^でも、食べきれないので、バンチャンと

二つ三つを食べて、残りは包んで頂いた。イカに詰めて、輪切りにしたものを、更に

衣をつけて焼いてあるので、とっても美味しかった^^帰る前に、名刺を頂いて・・・

「一泊二日で、イ・スンギが、おばあさんの家が近くにあると言っていましたが、どこ

ですか?」と尋ねたら、すぐ斜め前にある小さなスーパーだと教えて下さった。

f0152079_16414221.jpg

他のお店と同様、撮影時にはなかったはずの、「一泊二日撮影場所」という新しい

看板が掲げてあった^^;誰も見当たらないお店に入り・・・チョギヨ~と声をかけると

奥の部屋の戸が開いて、綺麗にお化粧したハルモニが。イ・スンギssiのおばあ様

ですか?と尋ねると、ハルモニチングですというお返事。ハルモニはもうお店には出ず

家にいて寛いでいらっしゃるそうだ。スンギ君のお母さん方のハルモニだそうだ。

f0152079_16451549.jpg

小さなお菓子を買って、日本から来たので写真を撮らせてくださいと言うと、快く、椅子を

出して撮影の準備^^慣れていらっしゃる様子だった。お礼を言って外へ出ても・・・

f0152079_16463238.jpg

まだそこに・・・お店の右側に他の番組とかの写真もあったけれど、全部この方のようだ。

f0152079_16491555.jpg

歩いてきた通りを振り返り・・・ケッぺ乗り場へと向かった。

f0152079_16495899.jpg

橋の下に、ケッぺタヌンゴッ(ケッぺに乗るところ)という看板があった。先ほど覗いた

似顔絵描きのお店は、またも無人。観光客が、指差しているのは、まさにクネさん^^;

f0152079_1653451.jpg

また、ケッペに乗って、ロープを引っ張らないと。。。金曜だから空いててよかった♪

f0152079_1655162.jpg

アバイ村、さようなら~♪考えてみたら、『秋の童話』の時は、2艘動いていて、雨で

傘をさしていて気づかずすれ違ってた記憶が・・・(なにせ、忘却のかなたから引っ張り

出した記憶だから、定かではない)ケッぺに乗る時は、お天気は悪くてもよかったね♪

こちら側にあるお店にも撮影地だという写真がいっぱい!今や、立派な観光地♪

f0152079_16585841.jpg

商店街を抜けて、大通りへ向かった。またターミナルまで歩くのかなぁ・・・

f0152079_1702217.jpg

束草にいた、ヒョギ^^

f0152079_1711545.jpg

소がいた!が、소지섭の소じゃなくて、牛の소♪韓牛の盛んな江原道だからか??

歩くのに疲れて、ここでタクシーを拾って、市外バスターミナルまで。

今回の旅の第一目的は江陵の「端午祭」。それに合わせての訪韓だったから、次は

その江陵へ行くんだけど、その前に、せっかくだから寄り道しようかと・・・

寄り道先は注文津。住所としては江陵市になるけれど、束草>江陵のノンストップの

バスでは寄れない。気の向くままの一人旅なので、やはり寄ってみることに・・・

切符を買ったが、時間が書いてない。乗り場に行って、どこから乗ればいいのかを

待機中の運転手さんに尋ねたら、そばにいた若い女性がここだと教えて下さった。

出発したが、なんと、運転手さんと、その女性と私の3人だけ~^^;

途中で、あの変わった形のタワーが見えた。カメラを構えたけれど、スタンバイが

間に合わず、あっという間に見えなくなった。停留所に数多く停る、いわば路線バス。

日本人ですか?とか訊かれて話が始まり、持っていた柿の種の小袋を配ったら、

替りに冷凍したお餅を頂き~で、3人でバス内座談会!爆)日本を発つ前には、

お天気は晴れで雨は降らないと予報では言っていたのに、雨でびっくりしたと言うと

海のそばだから、しょっちゅう天気が変わるから、あてにならないんですと・・・

女性は、束草へ越して来て、まだ2ヶ月とか。注文津に住んでいる友人を訪ねて

行くそうで。。。もう少し大きな街で、なんと資生堂売り場に7年勤めていたと。

運転手さんと女性は、海っペリのパダネムセ(海の匂い)について話したりして

いて・・・失礼ですが、お年は?と彼が私に・・・実年齢を言うと、驚かれて、10歳

以上若く見えると言われ、嬉しかった♥ほんまかいな・・・

窓の外はずっと東海の海岸沿い・・・日本海と言って講座の先生に言い直しさせ

られたけど国際派の先生も、やはり韓国人だな・・・と思った一面だったっけ^^;

f0152079_18322365.jpg

f0152079_1834586.jpg

赤と白の灯台は、ずらっと並ぶあちこちの港で見かけた。『復活』の灯台は三陟にある

灯台だけれど、紅白の灯台は、韓国ではごく普通の光景のようだ。走るバスの中から

撮したので少々ブレ気味だけど・・・

f0152079_18365135.jpg

左側のこちらは雪岳港と書いてあるけれど、右手には雪岳山への登山口なのか、

たくさんの表記があった。近くには有名な洛山寺があったようだけど、立ち寄れず。

あちこちのバスターミナルに寄り、時間調整をして小一時間経った頃、あるターミナル

からはたくさんの人が乗車してきた。3人座談会の終わりだった^^;

f0152079_18423197.jpg

f0152079_18454940.jpg

注文津高速バスターミナル(ほんとに高速?ソウル行きのみそうなのか?)に到着♪

友だちに電話するという彼女の写真を記念だからと撮らせてもらって、ここでお別れ。

ターミナル前に並んだタクシーに乗り込み、目的地を告げると、すぐに了解してくれ

出発~♪地元では、有名な場所のようだった。

by andegenni | 2013-06-27 01:14 |  2013.6 江原道京畿道 | Comments(6)

2013.6 歩き倒した5泊6日 part2 束草

日本を発つ前には、毎日、韓国気象庁とか他とかの天気予報をチェックしていた。

今回の旅は、なんと言っても、お天気☼が決め手だったからだ。

発つ前には、晴れマークが並び、お天気の心配がなくなって、心が軽くなったのに・・・

バスの中で、おにぎりを食べるとすぐに、座席を倒し、North Faceのウィンドブレイカーを

かぶって寝た。前夜、寝不足もあり~で、気づいたら、外は雨☂・・・え、え、え~~~!

미시령という看板があちこちに見えたから、経由地の名前だし、もうすぐ束草だと思った。

なんとまぁ・・・雨なの?困ったなぁ・・・束草市外バスターミナルへ到着すると、小糠雨。

悩んでも仕方ないので、窓口で次に立ち寄る場所へのバスの時刻を尋ねて、外にある

観光案内所で束草の地図を頂いた。一応、位置関係だけはわかる地図をトリミングして

持ってきてあったけれど。

f0152079_21535117.jpg

小雨に煙る束草バスターミナル。雪岳山(ソラクサン)への拠点でもある束草。

実は、軍事ラインである38度線は、真っ直ぐに引かれているわけではない。朝鮮戦争の

前は、束草は北が管理する区域だったが、戦後、韓国に編入されたため、束草は実際の

38度より北にある。反対側近くにある、先ごろニュースで度々出てきた開城は

実際の38度より南にあるのに、北朝鮮の管轄だ。束草には、そのせいかどうかは

わからないけれど、北朝鮮の出身の方が暮らす村がある。そこを訪ねようと思った。

束草のもっとずっと北まで韓国だけど、もっと北の花津浦の岸辺には、金日成の

別荘と李承晩記念館があり、なんだか複雑・・・なんで、その二人が同じ場所に?

ま、政治的なことは、旅の目的ではないので、観光したい場所だけテクテクと・・・

f0152079_221335100.jpg

政治とか戦争とかは関係なく・・・のつもりだったのに、海近くに出たら、いきなりこの

母子像が。。。最初は、何の像?とか思ったけれど、台座部分は明らかに朝鮮戦争。

軍事境界線に近い街だからかなぁ・・・戦没記念碑の少年の指は北を指していた。

f0152079_22233050.jpg

この像が建っている交差点のすぐ先は、束草港旅客船ターミナルの建物。

f0152079_22253970.jpg

ターミナルのすぐ後ろには、この船が・・・ASIAN ACE?貨物船かなぁ?

f0152079_22315856.jpg

海岸沿いには、テント屋台がいっぱいで、扱っているのは様々なイカ、烏賊、いか!

f0152079_223416.jpg

霧雨の中、釣り糸を垂れる人も、釣るのはイカ?まさか、それはなイカ?

向こうに見える白い船は海洋警察の船。

f0152079_2236481.jpg

ASIAN ACEの後ろに隠れて少ししか見えないのは、束草港国際旅客ターミナル。

実は、ここ、日本の港とも繋がっていたんだけど、現在は航路が廃止された模様。

f0152079_22511017.jpg

荷台のお兄さんに許可を得て撮ったイカ運搬用トラック^^『海雲台の恋人たち』でも

生きたまま魚を運ぶトラックが出てきたけれど、この港には、こういう活きイカを運ぶ

トラックが沢山出入りしていた。クリックしたら、窓から活きイカが見えるかな?

f0152079_2255619.jpg

歩いてきた海岸沿いの風景。向こうの高台にある束草メゾジスト教会がでかい!

f0152079_22572579.jpg

海洋警察船は真っ白でカッコイイ^^韓国の警察マーク、可愛いよね^^

f0152079_22594682.jpg

青い橋、金剛大橋に出たけれど、橋の左側は進入禁止。戻って横断歩道を渡り

f0152079_2322169.jpg

橋の手前のお店の前で、ケッペの場所を尋ねると、橋の下の道を行きなさいと・・・

f0152079_2341332.jpg

f0152079_2345863.jpg

進んで行くと、いかにも漁港^^ケッペはどこじゃぁ~?雨が止んでよかった^^

f0152079_2361954.jpg

港沿いに並ぶたくさんのお店。講座の先生のお好きな멍게。私は苦手な海鞘ホヤ。

f0152079_239515.jpg

青い橋に続き、赤い橋、青湖大橋が見えてきて、その手前にあるのは、もしや?

f0152079_23105576.jpg

そうだ、そうだ、やっぱり、ケッぺだ!

f0152079_2312012.jpg

f0152079_2314939.jpg

束草の観光地図。束草八景の紹介もあったけれど、私はケッペとアバイ村で充分^^

f0152079_23144467.jpg

じゃじゃ~ん!ケッぺ乗り場だす^^待機線も書いてあるでよ^^;って、人、いないし・・・

f0152079_23175167.jpg
f0152079_23181779.jpg

係のアジョッシと、アバイ村から渡ってきたのはアジュンマ一人^^;二人ではきつい?

韓国人の友人にケッペを見に行くと言ったら、ケッポル(갯벌)でしょ?と言われ・・・

いや、干潟のケッポルではなく、秋の童話で出てきた束草のケッぺと言っても、よく

わかってもらえず・・・^^;

f0152079_23193358.jpg

ピョン!と飛び乗って、目に付いた看板を撮ってたら、動き出し。。。

f0152079_23252667.jpg

こんな風に、ワイヤーに引っ掛けて、それを引いて動かす。でも、引っ掛ける道具が

3つしかなくて、巧く引っ掛けられなくて、アジョッシにやってもらった^^;少人数だと大変?

f0152079_2330373.jpg

降りたら、アバイ村からの帰りのお客は、少し増えた?

f0152079_233517.jpg

アバイ村側に切符売り場がある。右下に料金表を拡大してみた。行く時200W、

来る時も200w、人も、手押し車も自転車も200Wって・・・^^;安いけど、人力!

長くなったので、アバイ村編は続きで・・・

by andegenni | 2013-06-26 11:55 |  2013.6 江原道京畿道 | Comments(4)

2013.6 歩き倒した5泊6日 part1 羽田からソウルへ

旅に出る前日の朝、一人旅になり、少し修正はしたものの、既にキャンセルの

期間も過ぎていたので、予定通り地方へも行くことにして、更にDAUMで調べて出発した。

6月13日夜、20時15分発のASIANA羽田>金浦便。神経性なのか、空腹時に胃が

痛むようになり、一人だし、まずい・・・と、空港の薬局で、症状に合わせた薬を購入。

一緒に行くはずだった友人が、先月も訪韓していたので、両替を頼んであったけど、一人に

なったので、まずは羽田の新韓銀行で両替。あまりレートは良くないけれど、手持ちが

12万Wしかなかったので。羽田と金浦は同じレートなのかどうかを尋ねたら、よくわから

ないと。。。ならば、一応1万円だけ両替した。100円が1120W。

雑誌を買い、出発時間まで、またラウンジで、ジュースと、コーヒーを飲んで寛いだ。

もっと早く、利用すればよかったと今更思う。

機内食は、最初の頃は、他の航空会社に比べてアシアナが一番いいと思っていたけれど、

最近は、口に合わず、ほぼ食べなかった。ほぼ定刻に金浦に到着。金浦の新韓銀行の

レートは1140Wだった。羽田よりいい上に、ロッテ免税店に持っていけば、1万ウォンの

カードと交換というクーポンも頂けたので2万両替。やはり、両替は現地の方がいいかも^^

T Moneyに2万Wチャージして、A’REXへ。予定通り着いたので、まだ乗り換えもOK!

f0152079_161426.jpg

A’REXの中の広告も、鮮やかカラーの少女時代で、あ~、韓国だぁ!と実感♪

f0152079_191182.jpg

弘大入口で、2号線に乗換て、乙支路3街下車。今回は、1泊目と3泊目は清渓川

沿いのGREENTEL。昨年4月にサットン、6月にはGSと、この辺りには慣れた。

f0152079_1133787.jpg

ぼけた写真だけど、乙支路と三一路の交差点にあったこれ。乙支路2街だ。

あは、最近観終わった『馬医』でも出てきた恵民署って、ここにあったんだ!

f0152079_1194894.jpg
f0152079_1195496.jpg
f0152079_120067.jpg

12時頃にホテル到着。すぐ手前にコンビニがあったので、飲み物を買って行って

正解!ツインで浴槽希望にしてあったけど、冷蔵庫には何も入っていなかった。

コンパクトにいろんな設備は全部あったので、コスパは高い。サットン>GS>ここ、

値段は下がっているけれど、位置的にはどこも大差ないし、ここは便利だった。

深夜着で、翌早朝出発し、預けた荷物の為に戻ってくる行程なので、安くて充分^^;

一人になったけれど、もうキャンセルできなかったので、そのまま泊まった。

翌朝、リュックサックに1泊用の荷物を詰めたので、軽くなったスーツケースを

自分でフロントまで降ろしたら、怒られた。チェックインの時は運んでくれたけど、

軽いから一人で大丈夫だったんだけど、引きずると傷がつくから(持ち上げたけど)

必ず電話くださいと。ある意味親切な話なんだけど、自分で降ろしたのに^^;

荷物を預けて、6時過ぎに出て、駅までゆっくり散策。

f0152079_129662.jpg

早朝の清渓川。

f0152079_1304363.jpg

よく通る三一橋。

f0152079_13129100.jpg

橋のたもとにあるSIGNATURE TOWERの前にあるのはなんで、クジラのオブジェ?

f0152079_138285.jpg

その先、乙支路側には工事中のビル。何ができるのかなぁ?

f0152079_1395757.jpg

恵民署址のある乙支路2街の交差点から、ソウルタワーを。明洞聖堂も見えている。

f0152079_1435551.jpg

乙支路3街の2号線の駅の近くにあるこの像もでっかい!ソウルは大きいものが

お好き?

f0152079_1455634.jpg

駅にあった、絶対に観る予定のキム・スヒョンの映画『隠密に偉大に』

ホテル選びのポイントは、地方に行く場合は、バスターミナルまで楽に行けること。

なので、乙支路3街を使え、なおかつ、鍾路3街を使える清渓川沿いのホテルは便利。

f0152079_1493231.jpg

一本で東ソウルバスターミナルへ到着♪この日は、最初に、束草へ。バスの所要時間が

短いバスがあって、どうしてだろう?と思ったら、経由地が違った。一番短い時間の

バスはノンストップで2時間10分!遠いのに、江稜より所要時間が短い!

f0152079_153378.jpg

朝食は、コンビニで買ったおにぎりと、構内のロッテリアで買ったアイスラテ♪

f0152079_1535020.jpg

早い時間のバスよりも、後から出発するこちらの方が早く着く。7時19分発のバスに

乗って、束草へカジャ~!

by andegenni | 2013-06-24 10:00 |  2013.6 江原道京畿道 | Comments(4)

最近行った場所がロケ地だった!

一昨日の深夜に疲れきって帰宅した。

今回の旅日記はもう少し落ち着いてから書こうと思う。まだ、足の指も痛いし、

最終日や帰りの飛行機でこれまでもあったように、足の甲から始まった蕁麻疹が

足首辺りまで広がって、痒くて困る。体調が戻ったら開始しようかと思う。

出発前、HDDの容量を計算して、一応水曜まで録画予約して行ったが、さすがに

編集してDVDに落とさないと、容量不足になってしまい・・・なんでこんなにいつも

足りなくなるのか?無駄な録画がたくさん眠っているせいだと思うけど^^;

編集してCMカット>容量に達するとダビングという作業をしながら、ダビング中には

何もできないから、録画したドラマを観ている。同時に観れるのが救いだ。

で、帰国してからわかったロケ地をいくつか・・・4月に行った場所ばかりだけど。

f0152079_21281283.jpg

まだ全部は未見だけれど、ユチョンの『보고 싶다』@会いたいのロケ地。

これは、あるサイトでロケ地ツアーの紹介をしているのを観たら、なんと、4月に行った

ばかりのここだった。道にある電灯も関係あったらしい。

黒石洞

旅日記ではもう少し詳しく紹介しているので、ユチョンペンの方がいたら、参考に・・

『神々の晩餐』『I DO I DO』に続き、最近、大流行のロケ地化してるみたいね^^;

アジュンマ、元気かなぁ・・・紹介してくださったチムチルバン、最後の夜に行ったよ~!

f0152079_2138274.jpg


で、相変わらず出てきている屋上部屋。ストライプの日よけのお店は、ニンニクの袋を

受け取って、内職を請け負っているお店としても登場してた。

本洞

『あなたなしでは生きられない』も佳境に入ってきた感じだ。詳しくはリンクを参照。

f0152079_21391150.jpg
f0152079_21411879.jpg


そして、楽しく観ている『オ・ジャリョンが行く!』のロケ地として、あの公園と橋が・・・

橋のシーンは何度もあったけれど、夜景が多くて、昼間のシーンで初めてわかった。

何しろ、『最高の愛』のトッコ・ジンの家が背景に映ってて^^;公園は、ハルモニに

『頑張って、ミスター・キム!』の撮影地を教えてもらった所だし^^

コンジュの家は、道路のラインと柵から平倉洞であるのはほとんど確かだと思うが

私が歩いたルートにはなかった。ロケ地巡りが好きな人ならすぐわかるかも?

平倉洞

他のドラマの撮影地として行ったのに、再度使われる場合はすぐにわかるから、

やはりロケ地巡りは楽しい^^って、完全に自己満足の世界だけど^^;

今回の旅は、事情により急遽一人旅になったので、ロケ地も考えつつ、観光地他を

回ってきた。あげてみると、『秋の童話』『一泊二日』『砂時計』『ウギョル』『ベートーベン

ウィルス』・・・牧場は宝庫過ぎてあげられない。ソウル市内では『欲望の炎』他

『ジャイアント』『新妓生伝ー芙蓉閣の女たち』『個人の趣向』郊外の撮影地もあちこち。

ポイントで行っているので、多数の気がするけれど、回る過程にあるだけみたいな?

古くは『冬のソナタ』のバスターミナルなんてのもあった^^;

しかし・・・どう考えても、普段ほとんど歩かないから、韓国に行くと別人のように

歩くため、足に負担がかかりすぎた。体調は悪くなかったのに、残念だ・・・

by andegenni | 2013-06-20 22:10 | 韓国ドラマ | Comments(2)

2013.4 ぶらりとロケ地♪part11 明洞他

地下道を明洞側に渡って、まずは、大使館前のレートをチェック。

でも、まだ手持ちがあるから両替はいいかな・・・と判断。後で、どんどん下がるレートに

換えておけば良かったと後悔。やはり、ここのレートはよかったなぁ・・・

f0152079_23192271.jpg

明洞の通りに入ると、お約束のようにショップ(特に化粧品)のモデルの立看板が・・・

相変わらず、バランスの悪さが目立つグンちゃん^^;ZIOZIAはいつからキム・スヒョン?

f0152079_23232176.jpg

リダもいるけど、Face Shopもexo-kがマンゴークリームのCFやってるのね^^

JYJもお揃いで・・・私って、一応、流行の商品を買ったりもしたけれど、かたつむり含有が

最も高いクリームも、毒蛇クリームも、ほとんど手付かず・・・もったいなや(>_<)

f0152079_23285598.jpg

雨でも、さすがに明洞は人が多い。それにしても、左のM PLAZAは工事中だし、

右の娘がいつも行ってたNORTH FACEもご覧の通り、違うショップへ。オープンの

記念なのかイベントなのか、雨の中、行列ができていた。

f0152079_23322289.jpg

すぐ近くにあるEVISU。日本のブランドの韓国工場製かと思いきや、全く違っている

ようで何回も訴えられているみたい(>_<)娘は知らずに、同じブランドだと思い込み、

沢山買った。いつの間にか、東方のユノ>2PMのテギョンからこの彼へ。誰だか

分からず調べたら、録画だけして4話をミスで消してしまい、再放送待ちの『7級

公務員』で、オム・テウンの弟のJJを演じているイム・ユノだって^^これ誰~?で、

注目が集まったという新人俳優^^

f0152079_23364377.jpg
f0152079_23365715.jpg

明洞キルはそれこそ、KPOPスター達の共演か?状態・・・誰が誰やら全部はわからん!

f0152079_23382742.jpg

例によって、一応いつものキムガネに寄ったけれど、まだフライトまでは時間があるし

雨もどうなるか心配だし・・・で、お持ち帰りのキムパはやめて・・・

f0152079_23403783.jpg

珍しく、チャーハンを。中華とは違うけれど、韓国風もそれなりに美味しかった。

f0152079_23415854.jpg

他の両替所も見たが、大使館前の方がレートがよくて、換える気にならず、結局素通り。

明洞はあれこれスターの画像を撮して、ご飯食べただけの散歩に終わった^^;

君達、雨の中でも、元気に遊んでるね~♪横断歩道が出来て、便利になった向かいの

f0152079_2344510.jpg

LOTTEへ。百貨店は無視して、免税店へ。まずはお約束のStar Avenueへ。

f0152079_23462881.jpg

好きな人がいる人にはたまらないんだろうね<と、冷めた目線^^;

f0152079_23472439.jpg

飾りもなんだか気恥ずかしい・・・昔のペ・ヨンジュンロードのシンプルさが懐かしい。

f0152079_23484388.jpg
f0152079_23485918.jpg
f0152079_2349106.jpg
f0152079_23492274.jpg

可愛い若者いっぱいだねぇ・・・<と、感想はそれだけ^^;

f0152079_2353627.jpg

義妹に気を遣って(って、ここ教えてないけど^^;)ビニ^^

免税店で、一応持参したクーポンを出したら、TRAVEL PACKを貰えた。うちに沢山

ある、いわゆるジップロックの大中小2枚ずつ。違いは一枚ずつにLOTTE DUTY

FREEのマーク入り^^;いつか使うかな?次回、一応、トランクに入れておこうかな?

免税店では、娘に頼まれたフランス製の化粧品を複数買えば旅行用セットが入った

ポーチが付くと言われて、メールでやり取りして購入。定価よりは安いが高い!

f0152079_23572976.jpg

バスで、乙支路5街まで行って、中部市場へ。昨年6月に一緒に撮った写真を、儒城

商会のアジュンマに持参。覚えていて、喜んでくれたけど、お店には出さないでと念を。

アジュンマの所で、また明太子を買い、近くのお店で、スルメと干し蛸の佃煮、海苔の

佃煮、ちりめんの佃煮も買った。これは家族に大好評で、また買って来いと要望が。

前に行ったお店で、ちりめんじゃこも買ったが、お店のアジュンマ曰く、収穫量が減った

ようで、1キロで1万ウォンも値上がりしたそうで、お得感が多少薄れたけれど、仕方

ないので1キロ購入。お約束の搾りたてのゴマ油も忘れずに。ゴマ油でカリカリに炒めた

ちりめんに高菜を入れると、味付け何もなしでも超美味^^最近は、オリーブオイルで

ニンニクスライスと鷹の爪の輪切りを炒めて、それにちりめんを入れて香ばしく炒めたら

1センチ程度に千切りにした白菜(なければキャベツ)と、ししとうを入れて更に炒めて、

最後にバターと醤油で味付けて、パスタに絡めて完成するメニューにはまっているので、

ちりめんはいくらあってもすぐになくなる^^;普通に、(大根おろし+)ちりめん+おろし生姜

+酢醤油でも美味しいし^^我が家の。。。っていうか、主人の酒の肴にかかせない品だ^^;

また来ますね~(^ _ ^)/~~と、アジュンマ達にお別れして、雨がひどいので

ソウル駅のLOTTEMARTへバスで避難。お菓子や、韓国海苔、シャンプー等を購入。

昨年9月にMさんが来日した際、「こんなの発売してたよ^^」とお土産にくれた海苔を

探して・・・最初は食べやすさから、小さなパックになった海苔を買っていたけれど、

嵩張るので、次第に板海苔へ移り、味にこだわりが出て、ずっと両班の名品海苔。

5袋入りで、定番中の定番だったけれど、それよりもっと美味しいと思った。

f0152079_0134699.jpg

上の海苔。普通の名品海苔は5袋入りなのに、こちらは、値段は同じだったか、

むしろ高かったのに3袋入りだから割高だけど、香ばしくて美味しいので、即購入。

普通の名品海苔よりも期限が短いので注意。2ヶ月ちょっとだったような?

f0152079_0162794.jpg

MARTの裏側からタクシーに乗ろうと、奥へ進んだら、購入したばかりのお菓子の

宣伝が。力入れてるだけあって、美味しかった^^

f0152079_016783.jpg

そうそう、どこでだったか、このポスターがあって、「4月に一番観たい映画1位」って

書いてあって、このベテラン3人が共演なら観たいなぁと思ったけれど、公開前だった。

f0152079_020575.jpg


タクシーで宿まで戻ると、玄関でルミちゃんがお出迎え。荷物の整理をして、ご主人に

ASIANAに電話してもらったら、予定通り飛ぶと言われて、番外編へと繋がる。

なんやかんやバタバタして、翌日午後まで時間をつぶし・・・で、本来の飛行機では

ない午後の飛行機で帰国することになったわけで、その続きを。。。

f0152079_0351889.jpg

空港にも、皆さんお揃いで^^

f0152079_0241873.jpg

LOTTEモールの裏手にある公園が、金浦空港からも見えた。昨年6月に、知らずに

撮った写真で『ファッション王』のロケ地だと判明した公園。

f0152079_0355988.jpg

空港内のカフェで・・・

f0152079_0385026.jpg

飲んだのはこれ。美味しかったけれど、なんだったっけ?

ここから、期せずして昼間のフライトになったので、飛行機の窓辺からの写真を・・・

f0152079_2334290.jpg

窓から金浦空港内を。

f0152079_2354643.jpg

空港の建物や、管制塔が遠くなり、そろそろ離陸。

f0152079_2362559.jpg
f0152079_2364221.jpg
f0152079_237256.jpg
f0152079_2371813.jpg

これで、韓国ともお別れだな・・・と思いつつ・・・

f0152079_2385797.jpg

f0152079_2392533.jpg

雲の上に出ても、下に地上の建物がまだ見えてて・・・雲海が濃くなるまでずっと・・・

f0152079_241611.jpg

帰りの機内食はほぼ手付かず。フードコートでタンスユッ定食を食べたのでお腹一杯♪

f0152079_2425531.jpg

なので、まだまだ幻想的な雲と青い空の方が魅力的^^

そうこうしているうちに、また陸地が見えてきて・・・もう関東平野かな?

f0152079_2443292.jpg
f0152079_2444621.jpg

このカーブの描かれ方は・・・やはり、九十九里だ!

f0152079_2453633.jpg

千葉の沿岸部分を過ぎると・・・

f0152079_2481545.jpg

TDL、TDSを手前に、奥にはスカイツリー♪写真はクリックすると全画面に・・・

f0152079_2501365.jpg

右下に葛西臨海公園の観覧車が。しょっちゅう通っている357の橋。

f0152079_2513249.jpg

ほぼ真上だったので、カメラのモニターをチルトさせて撮った東京ゲートブリッジ。

f0152079_253663.jpg

お台場、真ん中左にビーナスフォートの観覧車。左端にフジTVとレインボーブリッジ、

東京タワーも見えていた。

f0152079_2555495.jpg

無事に羽田空港に着陸♪滅多に乗らない昼間の飛行機だったので、窓にへばりつき^^

アクシデントもあったけれど、楽しい一人旅だった。最後までお付き合いして下さり、

ひとりよがりな、自己満足な旅日記を読んでくださったヨロブン、f0152079_2581947.gif

by andegenni | 2013-06-11 10:30 |  2013.4  清州・一山 | Comments(4)

2013.4 ぶらりとロケ地♪part10 忠武路・南大門

会賢駅前から雨がひどいのでバスに乗って、퇴계로3가한옥마을한국의집

退渓路3街韓屋マウル韓国の家前で下車。雨が結構降っているのに・・・

f0152079_23373454.jpg

韓屋マウルの前は結構な人だかり・・・何かの行事でもやっていたのだろうか?

f0152079_23393583.jpg

私の目的はこちら。韓国の家@KOREA HOUSEって、まんまだ^^;

f0152079_23405514.jpg

伝統芸能を見ながらの食事や、伝統結婚式で有名なこちら。

f0152079_23414897.jpg

この入口のスロープもよく出てきたなぁ・・・って、目的は『神々の晩餐ーシアワセのレシピ』

前に行った北村の奥の三清閣とこちらKOREA HOUSEが両方とも、アリランの設定で

使われていたので。印象的だった池のシーンがよく出てきて、三清閣にはなかったので

どこだろう?それもバックにビルが写っていたので、中心部で韓屋ってことで、割と簡単に

ここは見つけることが出来た。検索したらすぐに池が出てきて、やった~!近いから、

ここもすぐ行けると^^今回は、一人旅で、しかも急に決まったので、そういう前からの課題を

一つ一つ消化した感じのぶらり歩きになった。

f0152079_23495845.jpg

雨の中なのに、人々の動きがせわしない。きっと結婚式なんだろうと思った。

f0152079_23505482.jpg

中心になる韓国の家と書いてある母屋。

f0152079_23513377.jpg

f0152079_23515787.jpg

母屋の右側と左側。左側を回った所で、アリランの従業員がよく休憩してたなと思い、

回ってみたら、実際にこの施設の方が休憩中で、写らないように手前から撮った^^;

f0152079_23544744.jpg

母屋と向かい合わせにあって、坂の右側に当たる建物は近代的な聚仙館。

f0152079_2356380.jpg

丁度、出てこられた新婦さんに、写真を撮る許可を頂き、パチリ♪この日の結婚式は

3組あったようで、中には外国人の名前もあった。

池はどこだろう?と、一旦母屋に入って尋ねたら、中庭にあるので、ここを抜けて下さいと

言われ、中庭側に出たら・・・

f0152079_054574.jpg

あった!

f0152079_06346.jpg

雨なので、伝統結婚式の式場もテントの中。まずは右手の山というか、丘に登った。

f0152079_072533.jpg
f0152079_075276.jpg
f0152079_081335.jpg
f0152079_083271.jpg

ここら辺もよく出てきた。池に降りてくるのもこの坂からだし、ハルモニの部屋は

ここだったか、三清閣だったか?似たような建物ばかりで、ちゃんと検証できてない。

先程の新婦さんが3枚目の建物にいらした。新婦の休憩室なんだろうか?

瓶置き場はこれだけしかない。同じアリランという設定でもう一箇所、安城市の

ソイル農園が使われてて、そっちの規模は圧巻の瓶の数だった。

f0152079_0134243.jpg

一応、こちらのキムチについても説明があったので。写真はどれもクリックで全画面に。

f0152079_0155298.jpg

印象的だった池。コ・ジュニョンが落ちて、それを助けたジェハ。後から降りてきて

原因を知るドユン。インジュ役のソ・ヒョンジンは、このドラマでは憎たらしかったけれど

可哀想でもあった。現在観ているドラマ『オ・ジャリョンが行く』では、全く違うタイプだ。

f0152079_0235292.jpg

ジュ二ョンが落ちた辺りを中心に一枚♪撮影とはいえ、寒かっただろうな・・・

f0152079_025475.jpg

出席者の席から。中庭は四方を韓屋で囲まれていて、白い板に漢字の文字があり・・

こちらももうすぐ視聴が終わる『新妓生伝ー芙蓉閣の女たち』を観ていたら、ホテルと

いう設定だったけれど、伝統結婚式を挙げるシーンが出てきて、あれ?

f0152079_031124.jpg

向きが違うけれど、似ているなぁ・・・で、母屋の中側の出口を撮したのを見たら・・・

f0152079_0321750.jpg

やはり、ここだった^^そうそう、この『芙蓉閣の女たち』のロケ地@芙蓉閣は・・・

社稷洞 ウンギョン財団。こちらは、『欲望の炎』『ジャイアント』『食客』とか、何度も

出てきた所なので、すぐにわかった^^で、最近、大笑いしたのが、ア・ダモの母が

父に見せつける為に好きな俳優だって言い始めたのが・・・

f0152079_1154395.jpg

『マイダス』のチャン・ヒョク。同じ時期だったのね^^画像はドラマ内のTVのキャプ^^

f0152079_0324292.jpg

儀式に使う鳥は、本物ですか?と係の方が来られたのでお聞きしたら、剥製だと^^

f0152079_038413.jpg

母屋に戻り・・・こちらはいつもメインで出てきたけれど、フロントもしかり。

f0152079_0351171.jpg

待合室も韓屋らしい。モニターがあったので、画面が変わるのを待って何枚か撮った。

f0152079_0573643.jpg

撮った写真を小さくトリミングしてまとめてみた。まずは伝統料理編。

f0152079_0582798.jpg

伝統芸能や、結婚式。

f0152079_0585449.jpg

子供たちの体験もできるみたいだ^^結婚式に列席する方々が増えてきたので外へ。

f0152079_0594066.jpg

ここで実際の結婚式に参加した人は、自分もやりたくなるかも^^

f0152079_1281061.jpg

南大門市場へ戻るのは、地下鉄にした。日本のバス同様、地下鉄の近づくのも

わかるようになっていた。バスのアナウンスと同じ言い方だ。「今度の列車:烏耳島

(オイド)行き、次の列車:オイド行き 今の時刻 11:13 」車両番号も表示されて

いるし、現在列車は東大門歴史文化公園にいるのがわかる。ひとつ手前だ^^

南大門では、特に買う予定もなかったんだけど、なぜか引っかかってしまったお店。

f0152079_1353669.jpg

美男美女の店員さんが切り盛りする「国産靴下」と書いてあるお店。最近はブランド

靴下は取締が厳しくなったとか聞いていたけれど、こちらはブランドではなくて、

いろんな種類があって、値段もマチマチ。ただ、メインの売りは、10足で7900Wの

選びたい邦題^^10足と、他にも何足か違うタイプを買ってしまった^^;ブログで

宣伝しとくからね~とお約束したので、ようやく約束が果たせた^^

f0152079_1384122.jpg

もう公開されたけれど、これはもうすぐ公開という時期(4月6日)の南大門。既に

周りにあった塀はなくなって姿を現していた^^

前にも買ったおばさんのお店で、好物の干し柿を買って、ブラブラと明洞方向へ。

f0152079_142693.jpg

バルタン星人の中央郵便局。で、後で見たら、ぼやけてる箇所が。。。レンズカバーに

水滴状態だったようだ。申し訳ない。f0152079_1444142.gif

by andegenni | 2013-06-07 10:30 |  2013.4  清州・一山 | Comments(0)

2013.4 ぶらりとロケ地♪part9 厚岩洞・会賢

前日、カメラのバッテリーがあがってしまったので、しっかり充電しながら寝た。

(帰国後、落ち着いてすぐにネットで予備のバッテリーを購入した)

f0152079_19123768.jpg

f0152079_19125426.jpg
f0152079_19132111.jpg

オンドルAはBより少し広くて、浴槽も備え付けの大きめのタイプだ。値段も少し高い。

f0152079_19145286.jpg

最後の朝食には大好きなチャプチェや、誕生日の定番の미역국(わかめスープ)が^^

朝食前に娘からメールが来て、今回の旅の番外編で話した経過になるんだけど、

朝食の席でもその話題が・・・一緒に食べた方のうち、3人が私と同じ、この日に帰国

予定だった。だけど、天気が心配だということで、JALに電話して、お昼の便に変更

してもらったと。。。私は最終便だったわけで、様子見してて帰れなくなったけれど、

彼らは無事に帰国できたようだ。変更不可のチケットだったので、私は不可抗力だ。

一旦チェックアウトして、荷物を預かってもらうことにした。

f0152079_1923156.jpg

玄関脇には、ちゃんとハカリが置いてあった。これはとっても助かる^^

雨の中、傘をさして、駅に向かう途中にあるバス停へ行き、マウルバスに乗車した。

降りたのは厚岩市場。降りたら珍しく電話ボックスがあったので、ASIANAに電話。

その時点では予定通りだけど、また連絡してくださいと・・・目指したのはもう10年も

経ったドラマ『冬のソナタ』で出てきた聖堂。厚岩聖堂という名前だが、郵便局の

f0152079_14354981.jpg

手前を入るって・・・バスの進行方向に歩いて、一回目は通りすぎ・・・ようやく、

郵政局365コーナーという看板で確認。よく見ないと見落としするかも^^;

f0152079_1437499.jpg

脇道を登って行くとこの案内看板があった。

f0152079_14375344.jpg

道なりに進むと、聖堂のお庭に出た。階段の手前の建物は工事中だった。

f0152079_18285937.jpg

チュンサンとユジンが登った階段。散策途中にふと立ち寄ったというにはちと奥まって

いるような・・・シスターに中を撮してもいいですか?とお聞きしたら、ドアを開けて下さり

f0152079_18301935.jpg

急いで撮したのでちとピンボケ気味。お一人祈祷中だったので、その方を避けて。

f0152079_18314088.jpg

下から見上げると、建物の上にイエス?聖堂ならフランシスコ・ザビエルかな?

f0152079_18331885.jpg

厚岩聖堂を出て、坂を登り、南山方向を目指すと、途中の階段からも見えて、こちら

から見ると、厚岩聖堂の文字も像の背中側に見えた。厚岩洞は南山の麓のトンネ

なので、山に向かって傾斜があり、階段だらけだった。『いとしのソヨン』の撮影地を

少し調べたら、厚岩洞で屋上部屋の撮影をしているという記事が韓国サイトであり、

ここかな?違うかな?と階段ごとに撮したりしたが、帰国してちゃんと調べたら、逆の

方向だった。また再訪しよう^^

f0152079_1839518.jpg

南山側に城壁が見えてきた。雨が結構ひどくて、レンズカバーが濡れ、傘をさして

撮るのは結構大変だった・・・雨の日は嫌いだ。。。

f0152079_18394413.jpg

大きな交差点に出ると、ミレニアムヒルトンとセブンラックカジノがあり、この交差点の

f0152079_18401310.jpg

南山側には南山公園入口が。

f0152079_1841121.jpg

セブンラックカジノの後方には南大門教会の塔が見えた。

f0152079_18432998.jpg

崇礼門(南大門)へ向かう坂道には城壁が。この交差点を挟んで、南大門から南山へ

続くように再現された城壁。この道も時々、ドラマで見かける道だ。

f0152079_18461973.jpg

f0152079_1847282.jpg

私は南山と反対側の歩道へ渡り、登って行ったが、この先の右側には有名な『私の

名前はキム・サムスン』のラストシーンや数々のドラマで使われた大階段がある。

何度か行ったし、前も何度も通ったので、この日はパスして、バス停백범광장の

先にある目的地へ。

f0152079_18503546.jpg
f0152079_1851444.jpg

バス通りから一枚目の階段を降りると、途中で右に曲がって2枚目の踊り場に出る。

ここは『童顔美女』でイ・ソヨン@チャン・ナラが泣いていた踊り場。それを見つけた

チェ・ジヌク@チェ・ダニエルが膝座りのままにじり寄って慰めたシーンだった。

昨年、チェ・ダニエルの初ペンミに行ったが、ペンが選ぶベストシーンのトップ3の

一つがこのシーンで、私も納得の可愛いシーンだった^^

f0152079_18553860.jpg

その踊り場から見える景色はドラマでお馴染みの景色^^前から行こうと調べてあった

けれど、近いし。。。いつでも行けるし・・・で後回しになっていて、ようやく実現♪

f0152079_18574263.jpg
f0152079_185804.jpg

アパートはソヨンが住んでいたところで、かなり古い示範アパートという名の場所。

このお店も示範商会という名で、その脇の階段も含めて『童顔美女』でもよく出て

来た。お店やこの通りは『悪い男』邦題『赤と黒』でも出てきて、ゴヌクが子供たちに

アイスを買ってあげたお店。サッカーをした空き地は今はもうないようだ。

f0152079_1915393.jpg

示範アパートの先がどうなっているのか気になり、先にアパートの前を通り過ぎて

行ってみたが、行き止まりで、ケナリが満開だった。上にロープウェイ乗り場が^^

f0152079_1941177.jpg
f0152079_1943466.jpg

ゴヌクが先輩の家を自宅だとジェインを騙したが、先輩の家として使われたのは、

この緑の渡り廊下の先の部屋。印象的な橋だった。

f0152079_198368.jpg

途中の棟の廊下。ソヨンの家もこんな感じだったっけ?このアパート、実はちと

カルチャーショックで・・・有り得ない建て方というか、私の常識を超えていた^^;

f0152079_1910936.jpg
f0152079_1910269.jpg

南山の麓で傾斜のきつい場所に建っているから、土手の工事が必要なのは理解

できるが、こういう風に建てるのか!階段下の階ってすごい所にも部屋があり、下に

何か落としたらどうやって取るのか?驚きの光景だった^^;

f0152079_19131029.jpg
f0152079_19133486.jpg

お店に一番近い渡り廊下、その入口から入った場所がソヨンの家という設定だった。

会賢示範という文字があるのを見ると、あちこちに示範アパートはあるのだろうか?

f0152079_19135156.jpg

ゴヌクが買ったアイスのボックスを撮して、お店の脇の階段を降りた。途中で二手に

階段が分かれたが、表示があって一方は私有地のアパートへだけ続いているようだ。

こっちかな?と時々、尋ねて会賢駅を目指した。途中でまたお腹が痛くなり・・・

f0152079_1918417.jpg

お世話になったHOTEL REX。ソウル市内はあちこちで借りられるから安心だ^^;

会賢駅まで出たが、南大門市場へ行くのは後回しにして、まずはバスに乗って移動。

by andegenni | 2013-06-05 19:25 |  2013.4  清州・一山 | Comments(0)