<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドラマのロケ地

去年の春、『メリは外出中』のロケ地を回った時、ムギョルの家からワンブロック先の

Four Seasons Houseの横を通ってバンド仲間のたまり場のお店に行ったんだけど、

その時、ここ、久しぶりに来たなぁと思い通り過ぎた。その後『ラブレイン』の撮影の為に

大改装したのね^^;ラブレインの6話だっけ?観てたら、一階がカフェと病院、地下が

スタジオになってた。それに、『夏の香り』でプロポーズの黄色い薔薇の部屋を再現して

あった小さな離れもまるで様変わり。。。終了した今は、今度はラブレイン仕様にしたまま、

その他は前の部屋も使いつつ再公開されるのだろうか?

さっき、溜まっていた7,8話を娘と観てたら・・・7話で雨が降ってきて、再会する

シーン・・・すれ違った交差点は・・・

f0152079_0124364.jpg

あ、ちと暗いよね^^;ここ、昨年春、その後に『雨乃日珈琲店』に向かった時に写した

ものだけど、ユン・ソクホ監督、またここ使ったのね^^観てすぐにわかった^^;

『冬のソナタ』の壊れた信号の交差点。左坂下には『コーヒープリンス1号店』が見えて

いるけど、何度もこの辺を通っているので、お馴染みの交差点^^

グンちゃんも、メリに続き、また弘大での撮影で、あちこちの壁がアートしてて、見覚えの

ある通りも登場。最初は親の世代、次は北海道が舞台だったので、ソウルに戻っての

撮影は6話くらいからだ。親の世代の遠足?合宿?のシーンも見覚えが・・・

f0152079_0201326.jpg

なんと、『チュノ』と同じ場所だった。オンニに騙されて呼び出された場所。

ラブレインでも背後で布を干してある所がチラッと映った^^

場所は栄州のムソム村무섬마을。前回栄州に行った時、なんとか行けないものかと

調べたが栄州から水鳥里수도리までのバスは1日4回だけなので、無理だった。

栄州とは言っても、もう少し行けば安東市。鳥川里の安東君子村同様、足がないと

行くのが難しそうだ。で、その『王女の男』の首陽大君の家だった君子村つながりで、

ドラマの最後のシーンが撮影されたのも、多分というか、おそらくというか、かなり

確信持って堤川のKBS撮影場だと思う。同じ家が、現在観ている『武士ぺク・ドンス』

ではフクサモ達が暮らす湖の傍の家として出てきた。しかも、剣仙が歩いていた道も

おそらくこの場所の道だし・・・湖は忠州湖。この撮影所は元々『太祖王建』のために

作られた所で、聞慶のKBSと行ったり来たりして撮影したのだろう。6キロ離れた所には

忠州ダムを作るために沈むことになった文化財を集めて保存した清風文化財団地がある。

その中にあるSBS撮影所は、初めは『大望』のロケ地として作られた。他にもいくつか

作品を撮った後、『イルジメ』のために10億ウォンかけてリニューアルしたそうだ。

で、『イルジメ』で出てきたアジュカリ派の砦や、街の入口にある特徴のある建物が

『ぺクドンス』でも『王女の男』でも出てきた。麻浦にある酒場、大事な撮影場所だった。

それよりも・・・

f0152079_0462714.jpg

f0152079_0481291.jpg

f0152079_0473570.jpg

『チュノ』で下宿してた酒母の家はここだったんだ!ここは是非行かねば・・・

『イルジメ』ではシムドク酒屋で、手前にある馬屋はコンガル和尚が世話してたところ

だったそうだ。6キロ先のKBS撮影所の同じ家も『チュノ』でも使われたらしい?と・・

だけど、行き方などを調べているうちに、昨年夏、老朽化のために云々という貼り紙を

とりあげているブログにたどり着いた。イルジメで出てきた宿屋の屋根には盗賊イルジメの

人形がいて、そこはイルジメ記念館になっているらしく、それも面白そうと思ったが、

昨年秋に訪れた人は、管理がなっていない、ボロボロじゃないかと・・・で、あちこち

調べたけど、現在の様子がわからないので、直接文化財団地の管理事務所に電話を

してみた。その結果、老朽化のために撤去しましたって・・・へ?なくなっちゃったの?

撮影所が全部なくなったんですか?と訊いたら、はい、撤去しましたって。。。(T_T)

KBS撮影所は今もあるんですよね?と訊いたら、そこも撤去予定ですって(T_T)

訪問した人があまりにひどい状態だと怒り気味だったしなぁ・・・で、『ぺクドンス』を

観てたら、アジュカリ派の砦の近くの建物は燃やしちゃうし、建物どうしを繋いでた

渡り廊下部分は天@チェ・ミンスが戦う場面で足場が崩れ落ちてたし(危ない!)・・・

『ぺクドンス』が最後の撮影だったのか、もうどうにでも使って頂戴!状態のシーン

だった^^;TV画面を見ていて、廃屋として登場してるし、もうこれ以上は使えない

よな・・・と、妙に納得してしまった^^;まだ残っているうちに行けばよかった。。。

聞慶のKBS撮影所の『チュノ』の建物といい、ここといい、撮影所に関しては、撮影が

終わると撤去されることもままあるから、仕方ない話だとも思う。

チャン・ヒョクに関しては、『大望』の撮影所で再び撮影したわけで、懐かしかったかも♪

『チュノ』は撮影所ばかりではなく、全国の風光明媚な場所や、理由のある場所で

撮影しているので、そういう撮影所ではない場所を回るしかないかも・・・

by andegenni | 2012-06-23 01:13 | 韓国ドラマ | Comments(0)

2012.4 part13 最終日ソウル市内

最終日、前日から体調の悪かったtちゃんはチェックアウトまで休むと・・・

元気なyさんは朝から近場を散歩してきたり・・・私も起きだして、取り敢えずチェックアウトの

時間までに市場へ行こうと・・・お腹が空っぽで少しフラッとしたものの、すぐに普通に

歩けそうだと判断^^ホテルを出て歩いていくことにした。

f0152079_15301323.jpg


今回2泊したサットンホテル。清渓川に面した新しいホテルで、鍾路3街、乙支路3街の

二駅、地下鉄は4線利用できるし、歩きたくなければホテル前のバス停から明洞までは

すぐだ。歩いても10分程度しかかからないし、明洞、仁寺洞、広藏市場、中部市場、少し

あるけど東大門市場も徒歩圏内だった。

f0152079_1534911.jpg

ホテル前から右側の清渓川。少し先にある小さな橋を渡ると2号線の乙支路3街は近い。

f0152079_15344276.jpg

左側の清渓川。向こうに見える橋を左折で鍾路3街、右折で乙支路3街。

f0152079_1537422.jpg

遠くからでも特徴的なホテルなのですぐにわかる。近くには小さな電機器具とかの

小売店がいっぱいあり、数軒尋ねて回った。変換プラグイッソヨ?2,3軒目で日韓

反対バージョンが見つかり、そりゃそうだ・・・韓国の電化製品を日本に持っていく人は

こっちが必要だもんね。。。と納得^^;その次のお店で、無事にSEタイプをゲット^^

一個500ウォンだったので、携帯とカメラ用に2個買った。携帯は充電器が日本仕様

だったので、この旅行前にドコモで100~240Vの充電器を買ってきた。これなら

変換器を使わなくても、簡単なプラグだけ(差し込み口の形状を変えるだけ)でも

使用できるので。最近買ったカメラ類は、デジカメも一眼カメラもその仕様だった^^

f0152079_15444655.jpg

清渓川にある橋から、世運電子商街を。昔からあるソウル中心部の電機街だけど、

最近はすっかり龍山とか、テクノマートにお客を取られてる感じよね^^;

中部市場まで歩いて行って、また同じオモニのお店、儒城商会に行ったら、ちょっと

したエピソードがあったので、それで思い出してくれて、買い物している間中、

再訪を喜ばれ「アイゴ~イェッポラ~キッポラ~コマウォラー」をずっと繰り返してくれた。

なんとまぁ、可愛いこと、嬉しいこと、ありがたいこった。。。ってところかな?

また明太子の一番いい所と、切干大根のキムチを買った。乾物屋ではふりかけ海苔、

それとパパの必需品のちりめんじゃこ。これは、今回は最上品と、一ランク落としたものを

買って、そのまま食べるのと、高菜と一緒に胡麻油で炒めて食べることにした。

f0152079_15524525.jpg

体調もイマイチだし、タクシーに乗ろうと、市場の反対側へ渡ったが、まるで駄目・・・

来ても誰かが乗ってて相乗りもさせてくれないし。。。で仕方なくバス停へ。

たった二つ?だかで乙支路3街のバス停で降り、路地を北へ北へと抜けると清渓川に

出るので、また水標橋?を渡ってホテルへ。もうすぐチェックアウトなので出ようとしていた

二人^^間に合った~!急いでスーツケースにしまってチェックアウト。yさんと私は

夕方まで荷物を預け、A'REXで帰りたいというtちゃんの為にタクシーを捕まえようと

したけれど、ホテル前は全く駄目・・・で、結局鍾路3街の駅まで歩いて1号線に乗ることに。

翌日まで江南でもう一泊するyさんとそのまま帰国するtちゃんとはそこでお別れ^^

歩いてソウルレコードまで行き、ナガス(私は歌手だ)のCDを4まで持っているけど、

その先は出ていますか?と尋ねた。5を出してくれたので購入。1月に出たもので、

その後はナガス1の放送は終了したため、CDも出ていないと・・・帰国後、聴いてみたら、

娘が一番聴きたかったスリヤ・・・っていうチャン・ヘジンさんの歌が入っていないと・・・

もう一度、家にあるCDを確認したら、最初のCDには番号がなく、2番目から1、2・・・と

番号がついていたので、4が抜けていたのだ。仕方なく、ネットで注文したら、なんと

ソウルから送られてきた^^;値段はソウルレコードの倍近くしたけど^^;

f0152079_1645041.jpg

バスで移動しようと、ソウルレコードの先の交差点へ。さっきあげた世運商街の鍾路側の

入口。最初に来た時はとってもうらぶれた感じの所だったけど、公園にして綺麗になって

ずいぶんとイメージが変わった。『映画は映画だ』の中で、映画を撮るシーンで登場^^

f0152079_1671189.jpg

宗廟側に渡って、反対側のお店を。真ん中辺りにある赤くて上下が黄色の看板のお店が

ソウルレコード。めちゃくちゃ有名なお店だけど、意外に小さいよね^^

262番のバスに乗って、北倉洞で降り、反対側の南大門市場へ。久々の南大門だ^^

なんだかんだ。。。この旅では、東大門市場、通っただけだけど広蔵市場、買い物した

中部市場、間を抜けた芳山市場。。。とあちこち回ってるなぁ?笑)2日しかソウルに

いなかったのに、ソウル駅、龍山駅、南営、鍾路、アックジョン、漢南洞、明洞、往十里、

東大門~鍾路、東ソウルターミナル、帰りの高速バスターミナル、それにこの日動いた

行動範囲がプラスで、まぁ、たくさん回ったこと♪

f0152079_16124064.jpg

毎度お馴染み、C棟2階のセボサのお姉さん^^もう一枚、ピースしたのもある^^

f0152079_16143492.jpg

最初の頃は毎回来ていたけど、しばらく行っていなかったら、新作も出てて、少し購入。

そこから2階をずずっと奥まで歩いて行き、E棟のレンタンアクセサリー商街へ。

ここ、娘と来ると、娘が動かなくなる場所。。。目がチカチカするほど眩しいアクセサリー。

ネットで紹介してもいいかどうかを近くのお店の方に訊くと、事務所で訊いてくださいと・・

上の階の事務所を訪ね歩いて、なんとかその中のお一人と会うことが出来た。

旅行社ですか?って訊かれたけど、いえ、単なる旅行者ですって。。。私が記者に

見えるとでも?爆)それでもいいことだからと快く承諾してくださり、健康飲料(オロナミン

みたいなの)もくださった。許可を得たので何枚か写してきたけど、ここで選ぶのは

大変だ・・・基本的に業者向けだけど、個人にも売ってくれるお店もあるので、根気良く

トライすれば、市価よりずっと安く買えると思う。事務所の女性は、471店舗がすべて

個人のお店でデザイナーもいるので売る売らないは個人に任せてあると話された。

f0152079_16232269.jpg

一般人も買いに来てるようだ。赤ちゃんはさすがにまだ興味ないと思うけど^^;

f0152079_16235875.jpg

皆さん、熱心に作業中・・・

f0152079_16245118.jpg

f0152079_16252761.jpg

こんなに並んでたら、目が目が・・・

外へ出て、まずは娘の頼まれ物のパックを買いにNATURE REPUBLICへ。

南大門店、オットケ~のサービスで驚いた・・・10枚セットをいくつか買ったんだけど、

それと同じ枚数のカタツムリだかなんだかの日本語が入ったオマケをくれた^^;

近くの韓流ショップの店先にたくさん積んであったカレンダー。アジョッシが、もう4月

だから、格安だよ~♪と言うので、CDを買ったのに残念ながらサイン会が外れたCNの

カレンダーをyさんにお土産に買った。続いて、文房具やさんへ。

f0152079_16301292.jpg

情報で、この場所にたくさん韓服カードがあるというので行ってみたけど、すごい数♪

何枚か買い、改築中の南大門へ。

f0152079_1632426.jpg

すっぽりと覆われちゃってるねぇ・・・右側の壁に崇礼門の画像がある。

f0152079_1635054.jpg

雨が降り出した南大門市場。ずっと晴れてたのに、最後に雨が^^;

f0152079_16362385.jpg

二つの薬局の間にオモニ達の屋台が数軒あった。これは出口右側のオモニ。綺麗で

上品な感じのオモニで、写真を撮ってもいいですか?と尋ねると、恥ずかしそうで・・・

居合わせた女性のお客さんに、「オモニ、光栄だよね^^」ってからかわれてたし^^;

ここでは、砂糖づけの果物と干し柿を買った。量的に多くなく、二つで1万ウォンは

お買い得だったかも。。。干し柿はあっという間に帰国後なくなった^^;

f0152079_16402173.jpg

明洞へ向かう途中に見える中央郵便局。まさしく、バルタン星人だ!爆)

f0152079_164237100.jpg

さっそくグンちゃん♪明洞は日本語表記、日本語も飛び交い、どこの国?だ。。。^^;

f0152079_16435288.jpg

またいらっしゃいオンニの新バージョン^^;メガネ屋のオンニはメガネかけてまんねん♪

f0152079_16455791.jpg

飲まず食わずで、体調悪いのに歩き回ってしまい、休むためにいつものこちらへ。。。

階段上がろうとしたら、社長さんとお会いした。挨拶したら、前にもお話しましたか?と

尋ねられ、はい、結構たくさんお話しましたと答えると、男の子に、ヨーグルトアイスを

お出ししてと指示され。。。話の内容までお話しなかったので忘れられたか?いろんな

人とお話なさるだろうから・・・話の内容を話したら、思い出されるかも?笑)

f0152079_1649588.jpg

ゆったりした2階の窓際の席へ。壁際に南大門で買った戦利品を並べて写真を撮った^^

f0152079_1714591.jpg

ソウルレコードで買ったナガス「私は歌手だ」の5集。

f0152079_16524171.jpg

リバーシブルの風呂敷と、10個セットだけど1個しかいらないと言ったらバラして

売ってくださった豚うさぎのストラップ。オマケの袋^^byセボサ。

f0152079_1655074.jpg

顔用パック(実際には20枚購入)と、目元用パック(こちらも20枚)と足の裏用パックを

買ったら、おまけで貰った同じ枚数のカタツムリパック。もっとあったので重かった!

f0152079_16571830.jpg

使う機会があるやなしや?だけど、記念に買ってしまったカード。ハングルシールも^^

f0152079_16583145.jpg

オモニの屋台で買った二品。干し柿、美味しかった^^砂糖漬けは美味しいけどちと飽きた。

f0152079_1702654.jpg

前夜から、ポカリしか口にしていなくて、大丈夫かな・・・と思いつつ注文したけど・・・

f0152079_172247.jpg

美味しそうなヨーグルトアイスまでサービスで頂いて。。。意を決して(大げさな!)

食べたけど、とりあえず、無事だった^^よかったぁ~^^

f0152079_1743423.jpg

また明洞の通りへ。大人っぽいトンバン^^地下の永豊文庫で本を買い、そのまま

地下道を抜けて、ロッテ免税店へ。娘に頼まれた外国の化粧品を購入。

バスに乗って、雨の鍾路を通り、鍾路2街で下車。だって、お約束のここに行かねば・・

f0152079_1773657.jpg
f0152079_1775089.jpg

訪韓ごとにあげているお約束の?GIORDANO^^清渓川方向に歩き、スシローの

角を曲がって、サットンホテルへ戻った。荷物を受け取り、パッキング。

f0152079_17104720.jpg

ロビー横にある軽食喫茶コーナーは、すでにチェックインタイムも一段落したのか

誰もいなかったので、遠慮なく使わせていただいた。

f0152079_17124851.jpg

買ったのはリビングセンスという雑誌だけど、欲しかったのはオマケの方で^^;

f0152079_17133173.jpg

オマケだけ抜いて、雑誌はフロントのお姉さんに差し上げた。オマケだけ欲しかったと

いうと、私たちもそういう時、よくありますと^^2泊、お世話になりました~♪

f0152079_17155356.jpg

駅の近くまでガラガラとスーツケースを引いて・・・ソウル劇場と、お世話になった隣の

コンビニをパチリ♪

f0152079_17172437.jpg

リムジンバスの乗り場の少し先にあるこのパン屋さん^^美味しそうなパンが並んでいた。

いくつか買ってバス停に戻ると、さっき並んでいた人がいない・・・あ、行っちゃったか?

f0152079_17241669.jpg

仁川に着き、チェックインした後に、買ったパンを写しておいた。私は食べられるのか?

f0152079_17271262.jpg

f0152079_17352171.jpg
f0152079_17355785.jpg
f0152079_17363528.jpg

やってきました、御一行♪みんな写しまくり~!爆)最後の写真は、免税品を受け取りに

行った2階からなので、ちとピンボケ。。。

搭乗してからは、前夜眠れなかったせいもあり、食欲も皆無だったため、薬を飲むために

お水のカップだけを頂き、後は拒否して毛布をかぶって成田まで寝ていた。

なんとか、最寄りの駅まで戻り、娘に迎えに来てもらって帰宅。結局、翌日の夜まで

絶食だったので、少し痩せたか?と思ったのに、体調がもどるや否や元通り♪爆)

長々だらだらの旅日記、最後までお付き合いくださったヨロブン、f0152079_17404766.gif

by andegenni | 2012-06-20 18:04 |  2012.4 順天鎮海聞慶 | Comments(4)

2012.4 part12 栄州ソンビ村

食事が終わってすぐに聞慶セジェ入口から店村バスターミナルまで。

山道をタクシーで、結構なスピードで走り到着♪しかし、降りると、気分の悪くなったtちゃん。

食べてすぐに揺られた為か、旅行の最後に疲れが出たのか?それでも、処置して

少し楽になったと言うので、予定通り栄州までのバスに乗った。路線バスのようで、

しょっちゅう停車するので、距離はさほど・・・じゃないのに、1時間半もかかった。

栄州バスターミナルからは市内バスもあるけれど、閉園時間まであまりなかったので

タクシーでソンビ村まで移動した。運転手さんったら、間違えたのか、先にある施設に

連れていってくれて・・・あれ?チケット売り場は?と探したら、間違いに気づいたようで

もう一度乗れと・・・手前にある紹修書院側の入口まで戻ってくれた。

f0152079_1421612.jpg

チケット売り場。左側のキャラクターは영주도령栄州の坊ちゃん^^チュノ満開ね^^

f0152079_1444769.jpg

道なりに歩いていくと、右側にこの東屋が・・・

f0152079_14115953.jpg

後で、もう一箇所、池を撮ったのがこちら。これって・・・

f0152079_14131177.jpg

このシーンとかで出てきた池かなぁ?実はキャプしたのは帰国してから。行く前に

キャプって行って、照らし合わせればよかったと後悔・・・・

明らかに古い木>保護樹と書かれた木とかを見ながら進むと・・・

f0152079_14163816.jpg

さっきの池を見降ろす東屋と紹修書院の石碑があった。さて、入ってみよう^^

f0152079_14184390.jpg

この一画にはいくつかの建物があったけれど、真ん中にあるこれが書院。

f0152079_14245745.jpg

f0152079_1426303.jpg

このシーンで、使われたんだけど、さすが、ロケ地にこだわったチュノ、師匠を

座らせた場所が、ソンビがたくさんいた栄州、しかもその中心とも言えるソンビ村の

紹修書院を使うとは、さすが^^で、三つ巴のシーンはどっち側?と探し・・・

f0152079_14302232.jpg

f0152079_14323199.jpg

反対側のこっちだよね^^左奥の門から入ってきたテギル。この後は三つ巴シーンへ。

現代のものが、あれこれ時代物で隠してあるけど、CGなのか、実際に置いたのか?

で、笛の音を聴いて、その場を離れようとするテハ。追いかけるテギルのシーンで

塀を超えてたんだけど、笹の群れがCGなのか、実際なのか???

f0152079_14385581.jpg

f0152079_14394770.jpg

f0152079_1722252.jpg

CGじゃなければ、ここかな?動きがある部分はキャプが上手くとれないーー;

で、この時、ちょっと偉そうな方に声をかけられた。胸のプレートの名前をちゃんと確認

してはいないんだけど、ここのお偉いさんか、学術委員さんか?そんな方だった。

日本から来たこと、『チュノ』のチャン・ヒョクのファンであることを告げると、それでは、

こちらへ・・・と案内してくださり、英語で説明しましょうか?それとも韓国語で?と

尋ねられたので韓国語でお願いした。もう一度、古木のある方へ行き・・・

f0152079_14475284.jpg

この上へ案内された。この上の左側には・・・

f0152079_14485861.jpg


こんな岩があって、亀のようだと。で、この丘全体も亀の形になっているそうで、ここの

ことを영귀봉(靈龜峰)と呼ぶようで、ノートにハングルを書いていただいた。周りに

ある木は学者の樹だそうで、看板もあったようだ^^;で、その方が説明されたのは

場所のことではなく、この亀の頭部分の近くから、ヒョギが一時間くらいも、何度も

飛び降りていて、額も胸も汗が流れていたと・・・戦いの相手は武士みたいだったと^^

撮影中は関係者以外立ち入り禁止だったので、関係者としてそれを見ていらした

ようで、貴重なお話を聞けてよかった。

f0152079_14594529.jpg

塀を超えた後、二人はこの上にやって来て、その後飛び降りたようだ。飛び降りる

シーンはキャプったけど流れて上手くとれなかった^^;お礼を言った後、tちゃんが

この塀って・・・

f0152079_1561526.jpg
f0152079_1562526.jpg

f0152079_1583363.jpg

この塀はここの先を行った辺りだと思う。屋根がテギルが入ってきた門の後ろにある

建物の屋根みたいだったから^^

f0152079_16525335.jpg

後始末を頼まれたオンニ達のシーンもこの林だったね・・・

f0152079_151911100.jpg

立ち去る前に、紹修書院の説明板を。他にもたくさんの建物があったけど、省略。

f0152079_15204285.jpg

進んでいくと、先ほどの丘と同じ名前の井戸があった。영귀천(靈龜泉)。

f0152079_15234912.jpg

紹修書院とソンビ村を繋ぐ道では屋外展覧会が・・・お天気がいいから出来る展示^^

f0152079_15262016.jpg

二つの間にある川。名前は後で確認したら축계천という川らしい。

f0152079_15283297.jpg
f0152079_152922100.jpg

ソンビ村に入った。
f0152079_15293817.jpg

この武神?慶州のミレニアムパークでも見たけど、あちこちにあるのね^^

f0152079_15325182.jpg
f0152079_15331136.jpg
f0152079_15333196.jpg

順不同で、顔出し撮影スポット集めてみた・・・^^;

で、キャプってないから、どこがどこだかわからず、お店で取り敢えず『チュノ』の

トリョンニムの家はどこかを尋ねてみた。ここをずっと行ったところだと仰るので、

案内板があるかどうかも訊いたらあるというお答え。それならと歩き出した。

f0152079_15363647.jpg

この牛はホンマもんですたい^^大人5000W,子供3000Wで牛車に乗せてくれる^^

でも今日のお仕事は終わりのようで、アジョッシに綱を引かれて帰っていった。

f0152079_15385530.jpg

オン二ョンが壺の傍にいるシーンあったけど、ここかな???

f0152079_15401142.jpg

オイラはカッチャ ソ エヨ^^;

f0152079_15412773.jpg

こんな場所見る度、ここがトリョンニムの部屋かも?台所かも?とか騒ぐ我々・・・笑)

f0152079_1543898.jpg

壺のある家はそれこそ、あっちにもこっちにも。。。で、やはりキャプが必要だったーー

あてもなく歩いていると、ついに行き止まりに。。。で、あると言われた看板も見当たらず。

最後の隅っこに見つけたのは・・・

f0152079_15471048.jpg
f0152079_15472222.jpg

家の後ろに捨てられていた(片付けられていた)これ・・・そりゃ、韓国人の興味の

移り変わりが激しいのは承知してるけど、チュノは比較的最近なのに悲しい(T_T)

f0152079_15561527.jpg

f0152079_15563553.jpg

それでも諦めきれず、ここかなぁ?とか思いつつ写真は写しつつ戻った。

f0152079_15575747.jpg

で、tちゃんがここは・・・と言い出した場所。

f0152079_164381.jpg
f0152079_1643234.jpg

tちゃん、ピンポーン^^チョンダビミダ^^

f0152079_16111252.jpg

この撮影したシーンの看板はまだあった。でも結局テギルの実家がどこかは???

f0152079_16132119.jpg
f0152079_16135797.jpg
f0152079_16144661.jpg

テギルの実家はどこじゃ~(T_T)

f0152079_16154788.jpg
f0152079_16165374.jpg
f0152079_1617142.jpg

こんなんもあんなんもここだと思うので、キャプって行けばよかった~(T_T)

そんでもって、もうひとつ、心残りなのが、この場所、紹修書院+ソンビ村+士文化

修練院の3箇所が一緒になってるんだけど、看板が片付けられてた向こう側、川を

挟んだ向こう側がその修練院で、行かなかったらそこがチョルンが勤めていた場所

すなわち、訓練場所があった所で、そちらも撮影に使われてたって後で判明(T_T)

なんか悔しい結果になってしまった。今度から事前の準備をしっかりしなきゃね^^;

そうそう、その文化修練院では『太陽を抱く月』の子役たちの時代の撮影や花トリョン

4人衆の撮影も行われたようで、スヒョンがビックリ訪問したって記事も出ていた。

準備不足で、せっかく行ったのに惜しいことをしたなぁ・・・

お店のある一画を抜けて外へ。。。

f0152079_16243050.jpg

中からは橋を渡った場所にあった楼閣。外から写してみた。

f0152079_1627629.jpg

ソンビ村の全景。

f0152079_1629783.jpg

ソンビの像。

f0152079_16301118.jpg

帰りはソウルへ戻るだけなので、バスに乗ろうと、幹線道路へ。ソンビ村入口。

f0152079_16311694.jpg

道路へ出て、左に進むと、バス停が。このバス停もちょっと凝ってるよね^^

バスに乗って栄州バスターミナルまで戻る予定が、行き過ぎて気付いたtちゃん!

慌てて降りて戻った。バスは清涼里から出ている中央線沿いの駅も経由してたから

おそらく、行き先はターミナルではなく栄州駅だったようで、ターミナル前には停車

しないので要注意!万が一乗る場合は、行き先を運転手さんに告げておくことだ^^;

降りたら、また気持ち悪くなったtちゃん・・・それでもなんとか、ソウルへ戻らないとと

いうことで、ソウル行きのチケットを購入。ところが、何だか私も胃がムカムカしてきて、

ソウルまでの高速バスの中は時間との戦いだった・・・1分毎に時計を確認しながら

高速バスターミナルへ到着。もしかして、何かにあたった?とか思ったけど、朝も

お昼も3人で同じものしか食べていないので、少し長旅で身体も胃も疲れていたの

だろう。夕食どころじゃない二人はまっすぐホテルへ帰ることに。元気なyさんは

夕食を食べて戻ることに。帰る途中、コンビニでアイスと飲み物を購入。が、部屋に

あった冷蔵庫は冷凍庫部分がなくて、仕方なくアイスはすぐに食べることに・・・

その晩は、それも災いしたのか、一晩中吐きくだしで参った・・・

旅で一番気をつけるべきは、体調管理だと実感した^^;今日はここまでね~^^

by andegenni | 2012-06-16 17:14 |  2012.4 順天鎮海聞慶 | Comments(2)

2012.4 part11 聞慶KBS撮影所

王建橋を渡って、チケットを購入してKBSセット場へ入ると、王宮の後ろになる。

裏側から入った形なので仕方ないけれど、いささか変な回り方になってしまった。

f0152079_18214672.jpg

渡る前に写した王建橋の全容。

f0152079_18225156.jpg

撮影場案内図。今いる所は右下の部分。史劇のセット場としては国内最大級だそうだ。

建物は景福宮を模して作られているので、奥側から入るとプライベート部分からになる。

王宮部分は赤、真ん中の青い一画は瓦屋根の韓屋、川を挟んで左側は茅葺き屋根の

一画で、伴村としてもよく使われる場所。

f0152079_18262092.jpg

康寧殿(강녕전カン二ョンジョン)。王の寝室。

f0152079_18304154.jpg

迎生殿。ここはなにする所だか???

f0152079_1934498.jpg

康寧殿の一画の門の中から見えていた場所。ここ、『王女の男』で、首陽大君が

7代王世祖になった後、王宮のシーンで後ろに映ってた場所だ^^特徴あるもんね^^

好奇心にかられて、階段を登って門の中に入ったら・・・

f0152079_1951987.jpg
f0152079_195565.jpg

こんな建物があった。これも何かの史劇で使われてると思うけど^^;

f0152079_191727.jpg

交泰殿(교태전キョッテジョン)。康寧殿の後ろにある王妃の寝室、生活の場、中宮殿。

f0152079_19215221.jpg

千秋殿(천추전チョンチュジョン)。学問を論じる場所で、世宗大王はよくここで勉強

されたとか・・・実際の景福宮にある千秋殿は世宗の頃のものは失われ、建て替え。

f0152079_19284388.jpg

思政殿(사정전サジョンジョン)。勤政殿の後ろにあり、王が日常執務するところ。

御前会議などもここで・・・史劇の建物としてはよく出てくる場所だよね^^

f0152079_19341325.jpg

勤政門。勤政殿(근정전クンジョンジョン)はいずこに?門だけあるけど、後ろは思政殿?

見落としたか、省略されたか?笑)敷地内に鍵がかかった建物があって、気になって・・・

f0152079_19385044.jpg

案内板では台所。塀の上に手を伸ばして撮ってみたら・・・お祭りの品物かな?

f0152079_19394783.jpg

他にも小道具、大道具がたくさん^^

f0152079_19412535.jpg

f0152079_19432354.jpg

中から見た光化門。『チュノ』でオッポギがテーガン達を撃ち、取り押さえられて、門が

閉まるのを見た場所。左にある階段と鐘楼。ここは、『根の深い木』で、階段上に

ムヒュルとチェヨンが立っていたり、チェヨンが一人で立っていたり。。。特徴あるね^^

f0152079_19483376.jpg

光化門の天井。

f0152079_19502220.jpg

オッポギの仲間が、門が閉まってオッポギが見えなくなるのを見守った門。

門前の刑場でドラマが撮影中だったので、これだけ大急ぎで。。。『根の深い木』でも

チェヨンの仲間の二人が立っていたり・・・と、何かとよく登場している。その刑場も

見える場所にあるので、敵側の一人が自首したのをここから見ていた二人^^

f0152079_19535733.jpg

撮影中だったので、映るから移動してくださいと言われ、下がった所から隠し撮り^^;

多分、ケーブルTVの『仁粋大妃』かと・・・日本でお目にかかること、あるんだろうか?

王宮の中には広い場所もあったけど、『根の深い木』のオープニングはここかなぁ?

そう訊くと、tちゃんがここじゃないみたいと・・・あちこちのセット場を掛け持ちして

撮影しているみたいで、シーン毎の移動は大変そうだ。撮影の邪魔をしないように、

川沿いの建物の裏手を回った。お昼休み、12時からかな?と、tちゃん・・・

f0152079_20141818.jpg

川沿いの道を歩いていると・・・

f0152079_20151815.jpg

yさんと同時に狸かと思って驚いた切り株。遠くから見たら、絶対そう見えるってば^^;

f0152079_20173053.jpg

一番北側に王宮。そしてこの辺りは瓦屋根の韓屋。昔の生活様式がそのままセット^^

f0152079_20192591.jpg

韓屋越しに光化門。たくさん撮ったけど、みんな同じようなので一部だけ。この辺の家や

道は『チュノ』でオッポギ達が両班を攻撃して火をつけたりした場所で使われたみたい。

f0152079_20273674.jpg

tちゃんの予想通り、12時になったら休憩だった^^一般の観光客と撮影中の衣装の

俳優たちが一緒に歩いている光景はなんだか面白かった^^

f0152079_20221284.jpg

家の中の屏風絵とかあって、何だか由緒ありそうなセットの家。表に回ってみたら・・・

f0152079_2030248.jpg

この門で、後ろに屏風絵のある家なんだけど・・・

f0152079_20322135.jpg

こっちと酷似していて、同じ建物の別の門?こちらの家は『済衆院』の済衆院の建物^^

f0152079_2041655.jpg

撮影中だったので、行けなかった部分へ。光化門を背にして右へ行った場所。

ここ、実は遠目に見て『王女の男』の家?と思って近くまで行ったんだけど、違ってた。

『根の深い木』の門の前のシーンで時々、この家も映りこんでいた。

f0152079_2044404.jpg

脇から見た刑場。

f0152079_2047129.jpg

直前まで撮影してたのに、もう看板が・・・육조六曹と書いてあって、お役所なのね^^

中には上の写真の折檻する道具が。。。『根の深い木』で誰かさんが自首してた^^;

『済衆院』ではジョンが折檻されてたよね・・・

f0152079_20511843.jpg

光化門前は、実はこの状態・・・バスは入れないけど、トラックやバンは必要だもんね・・・

f0152079_2052402.jpg

一際、門構えの立派な家。入ってみよう♪

f0152079_2053257.jpg

f0152079_20532967.jpg

やはり、ここだった^^『済衆院』のソンナンの家。お父さんが通訳で、ここの家では

たくさんのシーンが撮影されたよね^^お庭での宴会も・・・ソグンゲが見初めたのも・・

f0152079_2103916.jpg

ソンナンとドヨンが手紙をやり取りしてた木。ちゃんと穴があるのが見える?

tちゃんは、『済衆院』は観てないそうだけど、他のドラマでも出てきた家だって^^

f0152079_2132358.jpg

あの門の向こうは?と近づいたら、中からかんぬきがかかってて・・・案内図で見ると

一番上の赤い一画。門の隙間から覗いたら、イ・テゴンが見えた!

『広開土太王』のまさに撮影中で、こちらはオシテいるのか?お昼休みも取らず続行中。

この一画は撮影中だったため、入れなかった^^;左に曲がって、川沿いの道へ・・・

f0152079_21134757.jpg

f0152079_21233290.jpg

ここ、『トキメキ☆成均館スキャンダル』でソンジュンとユニが走ってた?

f0152079_21181190.jpg

橋の手前の左側にこの特徴ある物体があって、この前に、休憩中のヒョギやギバンが

いた写真を後で見た。川の反対側から写した写真で、ペンの御一行が陣中見舞いに

行ったようだ。そして、この右側にある塀の先にある門は・・・

f0152079_21242777.jpg

f0152079_2125524.jpg

成均館から伴村へ抜ける門。向こう側にある橋も度々登場したよね^^この門の前に

ある大事なものをユニが・・・観た人はわかるよね^^成均館も、全州の全州郷校にも

行ったけど、あちこちのロケ地を使ってるのねぇ~^^

ところで・・・橋の欄干は発泡スチロールだった!笑)

f0152079_21282817.jpg

橋を渡り、振り返って、成均館の門を・・・

f0152079_21301428.jpg

川の向こうの伴村は、成均館に付属した村で、いわゆる治外法権もあったようなこと、

成均館でも出てきたし、根の深い木でも出てきた。成均館の方はここの伴村を使った

ようだけど、根の方は、どうも違ってるような・・・根で出て来た家々は、塀の部分に

編んだ藁は乗っていなかったのよね・・・他の撮影所で写したのかな?

それと、この伴村には、『チュノ』の撮影時には、廃材で作ったような建物がセットで

あったそうだけど、終了したら撤去されちゃったようで、残念だった・・・

f0152079_21344712.jpg

f0152079_21483596.jpg

多分、『済衆院』のソグンゲの実家。

f0152079_2143513.jpg

『成均館』のユニの実家。

f0152079_21445165.jpg

村の広場みたいな場所だけど、撮影がない時は片付けてあるのね^^;

f0152079_21462273.jpg

食事したり、お酒飲んだりのシーンでまたお目にかかるかもね^^

f0152079_21472481.jpg

そして、一番奥にある城門だけど・・・

f0152079_21492717.jpg

門の形状と、その前にある建物の様子から、『王女の男』のシーンに間違いないと・・・

息も絶えだえの状態で山中に捨てられたスンユが、フラフラ歩いてたどり着くと、人々が

怖そうに見上げているもの・・・それを見て驚愕するスンユ。で、そのまま、首陽の家に

向かうんだけど、ここは聞慶で・・・ボロボロの状態で向かった家は・・・

f0152079_2213058.jpg

f0152079_228544.jpg

この家だよね^^実は安東君子マウル(오천군자마을鳥川君子マウル)にある

후조당(後彫堂)という建物だって・・・調べてみたら、この鳥川君子村は・・・

ここは、安東ダムの建設によって水没地域となった光山金氏 禮安派の所有の

文化財を烏川里に移して造成した遺跡地なんだって。市内からも離れているので

なかなか行くのは大変そう・・・で、この画像はまたカメラ小僧に出動要請^^;

スンユはここで、単独、怒りに任せた行動をとろうとして、愛する人の素性を知る。

ワンシーンワンシーン、似つかわしい場所で撮影してるのがわかるなぁ・・・

そう言えば、この君子マウルのこの家、「根の深い木」でも出てきたよ^^

儒教の教えを守る勢力の密本(ミルボン)の本拠地として・・・

f0152079_053843.jpg


一番奥の城門の脇から川と橋を写しておいたら、この橋も『済衆院』で出てきたね^^

伴村を後にして、前の方の入口へ向かった。

f0152079_22123098.jpg

この赤提灯の通りもよく出てくるよね^^成均館の学生たちが飲んでいた通り・・・

姫の男でも、街中の通りとして時々登場した。

f0152079_22145275.jpg

f0152079_22153544.jpg

四つ角。真正面が光化門。上の画像は左側(イ・テゴンのいる場所へ続く)。

下の画像は撮影所入口の橋へ。『根の深い木』のKN版が今週の日曜に終わった

けど、最終回は、ここKBS撮影所がてんこ盛りで、嬉しかった^^伴村へ続く橋も

その橋下も出てきて、川は清渓川という設定になっていたし、最終回のセリフで、

『王女の男』との時代の繋がりが出てきて、へぇ~!と思った^^憎い演出だったなぁ^^

f0152079_22172797.jpg

橋を渡りながら、王建橋と山側を見て・・・

f0152079_22191868.jpg

入口のチケット売り場。

f0152079_22222147.jpg

f0152079_2223953.jpg
f0152079_22225012.jpg
f0152079_22234688.jpg

最初にあげた『広開土太王』と、ここで撮影された作品達。まだ看板はないけれど

これに『チュノ』『姫の男』と『根の深い木』も追加しないとね^^入口までもう少し歩こう♪

f0152079_22265085.jpg

博物館とかもあったけど、時間が足りずパス^^;

f0152079_22281762.jpg
f0152079_22283460.jpg

聞慶の特産物は?一つ目はリンゴ♪お土産にリンゴチップを買った。二つ目は五味子。

みんなで五味子ジュースを注文♪飲みながら、車止めの先にあるお店を物色・・・

f0152079_22315367.jpg

店先で、アジョッシが美味しそうに焼いていたお店で・・・

f0152079_22325115.jpg

もうひとつの特産物、薬石豚(약돌돼지)を食べた。薬石豚っていうのは・・・

>聞慶薬石豚はゲルマニウム(Ge) 、セレニウム(Se) 、セリウム(Ce) 、ホルミウム
(Ho)などの特殊技能成分を含んだ Pegmatite (薬石)を添加した試料で飼育した豚で、
しっかりした肉質、さわやかな口当たりとともに豚特有のにおいがないことが特徴で、
飼育している時薬品を少しだけ使った清浄豚で、聞慶市農業技術センターで研究開発
したブランド肉だ。薬石豚は特に私たちの体によい不飽和脂肪酸と必須アミノ酸が含有
され、現代人の健康に良い。<聞慶市のHPより


バスの時間が合わないので、オモニにタクシーを呼んで貰った。店村バスターミナルまで

3万ウォンでOKだと・・・

店先には大勢のサインがあって。。誰が来ましたか?と尋ねると、많이マーニだって^^

タクシーに乗ると、オモニが焼いてホイルに包んだカムジャもくださった。

食べ終わったばかりで、タクシーに乗って、山道をガンガン飛ばし・・・店村に着いた。

今日はここまでね~♪今日も長くて・・・ここまで読んでくださった方 f0152079_2331992.gif

by andegenni | 2012-06-03 22:57 |  2012.4 順天鎮海聞慶 | Comments(2)