<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

最近観ているドラマ

ロードのリアル視聴も終わり、一段落・・・

講座も夏休みで、先生の急な帰国で宿題もない(だったら自主学習しろよ>私!)

ので、あれこれ録り溜めたドラマを消化している。

その前に・・・今日はペ・ヨンジュンの38歳の誕生日・・・

思えば「冬のソナタ」時、彼は29歳だったんだなぁと。。。

観たのは2004年春で、それが韓国との出会いだったわけだから、入口を開いて

くれた彼には今でも感謝m(__)m そして、誕生日、おめでとう!


2004年秋~冬・・・地上波で、深夜やっていたのがこれ・・・

f0152079_236527.jpg


録画して観ながら、面白くなってきて、ついには深夜にリアルで観始め、寝不足・・・

それがジソブとの出会いだった。以来、ジソ関連の場所で名乗った名前が、今でも

使っているandegenni (안되겠니)という名前。歌の題名だ。



ジソペンで有名なお方の動画をお借りした。韓国語、読み方、訳まで出ててすごい!

この曲が頭の中でグルグル回り、歌詞紹介サイトで印刷を何部もして覚えようとした

っけ^^;その頃は、韓国語もほとんどわからず、反切表は覚えたものの、サッパリ?

その後、ガラスの靴をレンタルして1週間で観て、終わったばかりのミサの動画を

ゲットして、シナリオを翻訳してくださった方の所で、全部印刷して、動画を観ながら

下に印刷したシナリオを置いて、観て確認して・・・の繰り返しで鑑賞。

衝撃で文字通りミサ廃人になり~で、友人の作ったサークルもその頃スタート。。。

ジソの知名度はミサ放送前だから、日本では初期の部類かな?あの頃の知り合いは

今いずこ?が多いけど~!笑)そんで、なんで今頃バリかと言うと、先週から、また

so-netで始まって、娘が今も視聴中。TVを取られたので、ブログを書いてる次第^^;

何度めだかわからないのに、娘もジソが一番好きな子なんで、TVでやってると

スル―出来ないらしい^^;この時、ジソは26歳?若いなぁ~!←チラ観中♪

生でインソンは2メートル以内で見たことあるけど(4年前大阪のペンミに友人の

お伴で参加)年下のインソンに比べても遜色ないくらい肌が綺麗だよね~^^

ロケ地になったスジョンとイヌクの家にも行った。一度目は苦労しながら自力で。

その後も訪れ、家主さんに写真も撮って貰ったっけ・・・イヌクの家からミサの

カルチの家まで、山をアップダウンしながら歩いて行った。そっちはすでに取り壊しに

なったとか?ミサのロケ地もあちこち行ったし、ジェミンのオフィスビルには、夜遅く

行ったのに、社員の人が親切で、あれこれ話しかけてきて、ここで撮った、ここでもと

説明もしてくれて。。。もちろん、テクノマートにも行ったし・・・初訪韓時は、

冬ソナの影響が残ってたので、ナムソム、春川に自力で行ったけど、その後はどちら

かと言うとバリ、ミサのロケ地だったなぁ・・・懐かしい。。。お酒を飲んだトンネル

では地元のアジュンマと触れ合い、イヌクの大学時代のいきつけのお店ではママさんと

仲良くなり、一昨年のジソの誕生日はママさんも一緒にそこでお祝いした。ミサの母の

家はその後、変遷を経て、今はもう営業してないって聞いたけどそうなのかな?

バリが流れていると、これまでの6年足らずが走馬灯のように蘇った・・・

いつまで経っても、あの俳優さん@社長の名前は覚えず、チョ・ソンべだし!爆)


バリ以外では、もちろん観ている「トンイ」

f0152079_23335740.jpg


今日で14話だから、先は長いけど・・・粛宗がユーモラスで面白い。もうひとつ、

「妖婦チャン・ヒビン」をBS11でやっているので録画中だけど、こっちは

チャングムの王だったイム・ホが粛宗役。ドラマ自体もイム・ホの父が関わってると

いう話で・・・CMカットして編集時に観ているだけだけど、ヒビン役の女優が

なんとも妖婦!イム・ホもチ・ジニとは全く違う感じで、全話録り終えたら観て

比べてみようかと。。。「燦爛たる遺産」に引き続き、ハン・ヒョジュを見守る

役のペ・スビン。彼は朱蒙で不思議なサヨン役だったけど、朱蒙からはモパルモと

オイが父息子役で出ている。まるっきり違う役だけど^^;それとどこかで見た

なぁと頭をひねったのが、遊び人で腹黒そうなチャン・ヒビンの兄。思いだした!

なんと、本当にいい人だった「頑張れクムスン」の長男だ!娘も時々一緒に見て

いるんだけど、こんなに印象が違うってことは、巧いってことじゃない?って

言ってた^^;確かに。。。別人のようだわ・・・


朱蒙@ソン・イルグクの出ていた「人生画報」もBS11で録画中。前に日比谷公会堂

で「風の国」のイベントが当たって観に行った時、彼が一番自分に近い役だと言って

いたので観ようかと・・・DVDは出ているけど、この局以外で放送されたのを聞いた

こともなかった。名作だと一部で言われているので、全話揃うのが楽しみだ。


朱蒙つながりで、テソ、ヨンポの兄弟が出ているので始まったばかりから観ているのが

この二つ。

f0152079_2345397.jpg
f0152079_23455871.jpg


現代劇の二人はどうだろうか?「過去を問わないで」は、臭いで男の過去、特に

女性がらみがわかるというとてつのない発想のドラマなんだけど、なかなか面白い。

「もう止まらない~涙の復讐」は、ドロドロ・・・いつもいい役が多かった

チョン・エリが憎々しい。彼女、悪役の方がより憎々しく演じられるかも?

ヒロインのヨンシ@キム・ギュリは「ポップコーン」「恋人」以来、久しぶりに

観るけど、これも録画中の「不滅の李舜臣」にも出ている。もうすぐ終了なので

そっちも観ないと・・・ヨンポもどこか憎めないドジな奴だったけど、ここでも

恋には一筋の役だ。お坊っちゃまだけど。。。どちらにしても連ドラは先が長い。


娘が軽く観れそうで面白そうだと言って、一緒に観てるのが、

f0152079_23591642.jpg


まあ、軽~く観れるけど、ここに出て来るモデルのヘリムがねぇ・・・

f0152079_005363.jpg


こっちにも出てるんだけど、嫌な感じでねぇ・・・撮影時期は違うだろうに、

同時期に放送中で、両方で嫌な役なもんで、嫌いになりそう。役なんだけどね^^;

「風吹く良き日」は同じ連ドラでも、ほのぼのしてていい。今もまだ放送中。

「漢城別曲―正」の時はあの眉がどうにかならんのかい・・・と眉にばかり

目が行って困ったけど、チン・イハンが可愛い^^弟のミングク@イ・ヒョンジン

は、これまでもいい奴だったけど、今、放送中のこの役、彼に合ってそう・・・

彼と一緒に仕事をしてて、彼からは親友だと思われてるソルジ@チョン・ダヨン。

いつも大きな眼鏡をしててボーイッシュなんだけど、本当は綺麗な子だな?と

思ってたら、ユチョンの「成均館スキャンダル」のヒロインに決まったと読んで

なるほど、やっぱりと^^でもなんでか降板しちゃったのね・・・で、替わりに

決定したのがパク・ミニョン。どっかで見たなぁと思ったら、「幻の王女

チャミョンゴ」のラヒだった!ユ・アインも出るし、俳優のユチョンはどうかな?


他にも観てる・・・最近終わったばかりなのに引き続き彼のドラマ。

f0152079_06246.jpg

f0152079_062330.jpg

KBS WORLDはチ・ヒョヌが好きなのか?彼の作品はほとんどKBSで観た!笑)

これまた、軽~~~~~く観れる内容だ。PCやりながらとかで観ている^^;


「恋愛マニュアルまだ結婚したい女」も同様に軽~く!
f0152079_033041.jpg


f0152079_0332863.jpg


「済衆院」は娘も一緒に少し真剣に・・・最後の二つは週に一回で、なんだか

気が抜ける・・・2回にしてくれないかなぁ・・・

「ロードナンバーワン」は着々録画中。リアル時のみの聴き取りをアップした

せいで、間違いだらけなのに気付いて落ち込むのがわかってるので、全部揃ったら

通しで観ようかと。。。読んでくださってたヨロブンにはまことに申し訳ない。。。


さて、娘がようやく「バリでの出来事」の3,4話を観終わったので、今日の分の

「トンイ」を観て寝ようかな^^ 0:25

by andegenni | 2010-08-29 23:10 | 韓国ドラマ | Comments(8)

ロードナンバーワン最終回リアル視聴

とうとう終わっちゃったね・・・

チャンウがどうして一人で船に乗っていたのか、そこら辺がイマイチちゃんと

わかってないんだけど。。。m-netできちんと字幕付きを観てみよう^^

最終回、聞き取り不十分だけど。。。ネタバレ嫌いな方は下はスル―してね♪





















20話

☆1951年6月 小屋。痛みで叫ぶ兵。このまま死ぬことはないでしょう?本当の

弟のような奴なんです。頼むから助けて下さいと言う兵。心配しないで、ちょっと

我慢してね・・・とスヨン。

☆中隊長、遅くないですか?とテホ。スヨンは、具合の悪い人は誰にでもそうなのを

知ってるだろう?約束は忘れてないだろ?とチャンウ。はいとテホ。

イ・チョヌが準備が全部おわった、我々が爆破させますと言いに来るが、ちょっと

待ってください、我々が・・・と言うチャンウ。

☆爆撃の音が近づく。これはなんなんだ!と怯える二人の兵。ちょっとだけ我慢しろと

年上の兵。

☆連絡が来て、中国軍が近づいているから必ず橋を爆破するようにと命令される。

テホが自分が行くと言うが、俺が行く、俺の女と子供がいるんだから、俺が直接

行かないと。頼めるのはシン中尉しかいない、ヨンチョン橋を頼んだぞとチャンウ。

お待ちしてますと言うテホ。

☆走って行くチャンウ。小屋を開け、スヨン、中国軍が来てる!と言うが、ちょっと

待ってと言うスヨン。駄目だと言い、震える手を握るチャンウ。包帯を巻くスヨン。

少しだけ我慢しろと兄兵。行きましょう!行こう!と兄兵がオンブして出発。

☆チェバル・・・と待っているテホ。連絡が来て、すぐ爆破しろと言われました。

中隊長はどこですか?と訊くイ・チョヌ。今、橋の北にいるから戻るまで待って

くださいと告げるテホ。わかったけど、もうずいぶん待っていると言うチョヌ。

☆倒れるスヨン。牛車に、負傷兵とスヨンを乗せるが車輪がはまり、動かない。

兄兵がまたおんぶするが崩れる。爆撃の音が近い。チャンウが背負い、兄兵に

命令だ、先に行けと。スヨンにも先に行けと言うが嫌がる彼女にすぐ行くから早く!

と先に行かせる。

☆どうも駄目なようだ。。。とテホ。チョヌはすぐ爆破すると言う。3分だけ、

責任は取るから2分だけと言うテホ。狂ったのか?と問うチョヌに、はい、狂って

ます。うちの中隊長はあっちにいるんですと、橋の上を走り出すテホ。

頼むから、チェバル・・・戻って来て下さいと祈るテホ。

爆破すると言うチョヌ。2中隊の兵達は、我々は中隊長の許可がないと爆破出来

ません、もうすぐ戻ります、患者と一緒にと。どけ!どかないとそのまま爆破するぞ

と脅すチョヌ。戦争で死んでもここで死んでも?同じことだ、中隊長が一緒でないと

・・・我々には出来ませんと言い張る2中隊。テホが立つ傍まで行き、一緒に並ぶ。

戻れと言うテホに、この命令は聞こえませんと言う兵。俺達も中尉と同じ心情だから

ここにいると。水臭い(かな?)です、俺達も2中隊なのにと。

おまえ達、正気じゃないと言うテホ。はいと答える兵達。おまえ達、中隊長が戻るまで

守るぞ、わかったか!と涙ぐむテホ。

まだ待つのですか?とチョヌに訊く兵。どうすればいいんだ、あれ見てみろとチョヌ。

みんな戦争が終わったら何をするんだ?と問うテホ。俺は・・・と口々に話す兵達。

中の一人がここに残ると。自分の故郷のように感じると。中尉は?と訊かれ、俺は

軍人になると。今でもそうなのに?と問う兵に、まだまだだと答えるテホ。

頼む・・・頼む・・・頼む・・・1,2,3!と目を開けると見える兄兵とスヨン。

駆けだし迎えて、中隊長は?と問うテホ。すぐ来るわとスヨン。近づく中国軍。

スヨナ~!と声が聞こえてチャンウが来る。駆け寄ろうとするスヨンを止めるテホ。

後ろから撃たれるチャンウ達。駆け寄ろうとする兄兵。スヨンも這って行こうとするが

止めるテホ。這いながら手を伸ばす二人。(ここら辺画像が粗くて、誰が誰だか?)

中隊長!と駆け寄ろうとするテホ。爆破のポンプがついに押される。爆破!

☆その後、本当の戦争、休戦後のシーンが流れる。慰霊碑を訪れる電動車いすのテホ。

이 장우の文字に触れ、すまない、来るのが遅くなって。怖かった、馬鹿みたいに・・

俺はおまえが生きてると思いたくて・・・(みたいに言ってたような?)

☆太極旗がある船の上。寝ている老人がかもめのいる空に向かい手を伸ばす。

☆MRIの器械かな?女性が報告する。イ・ジャンウ大尉。1951年6月に

ヨンチョン橋で失踪しましたと。引き続き報告をしろと言う男性。

☆病室で眠る老チャンウ。手帳のスヨンの絵を見る女性。チャンウが手を掴む。

気がつかれましたか?と女性。人は。。。人は。。。と言うチャンウ。誰をお捜し

ですか?と訊かれ、スヨン、キム スヨンと答えるチャンウ。

☆帽子を被る老チャンウ(若いチャンウに変わる)。シン・テホ、おまえはどこに

いるんだ?2中隊、イ・ジャンウ、復帰したことを報告しますと言う老チャンウ。

☆漢江、高速道路を走る車。覚えていらっしゃるのと随分違うでしょう?と女性。

ああ・・・と答えるチャンウ。光化門広場のベンチに座るチャンウ。その景色に

驚いた。。。と思う。絵を描く子供達を見る。ジュースを持ってきた女性に、

シン・テホの行方はまだわからないのか?と問う。続けて捜していますと女性。

約束を必ず守る親友だからと言うチャンウ。どんな約束ですか?と問う女性。

回想>もしも、もしもだけど、俺に何か起きたなら、俺の代わりにスヨンを頼むと

言うチャンウ。もう戦争も終わったのに。。。突然そんなことをどうして仰るの

ですか?とテホ。だから、もしものことだと。約束を交わす二人<回想

もうやめて戻りましょう。故郷の橋にお連れしますと言う女性。ヨンチョン橋?と

チャンウ。

☆スヨン、俺は明日、ヨンチョン橋に行く。そこへ行けば会えるような気がする。

この絵を一日一回見ながら一日一日待っていたの、あなたが戻るようにと話し、

希望があれば信じられると言ったスヨン。そうだ、俺も・・・とチャンウ。

回想>見せるものがあるのと手を引いて家の庭に行くスヨン。目隠しをして座って

目を開けてと。タンポポが咲いている。こんな風に咲いたのよと・・・回想

そうだな、おまえの言うように、信じる、愛する、希望があれば、救われるなと。

ジャンプして綿毛を掴む二人<回想。部屋の中に綿毛があるかのように掴むチャンウ。

☆雨の中、車。大尉、覚えていらっしゃるでしょう?と。동일로という名に変わった

ROAD NO1を見せる女性。回想する老チャンウ。たくさんの慰霊リボン・・・

見えますか?あそこにある橋がヨンチョン橋、あそこがヨンチョン面ですと女性。

いらっしゃいました。大尉が橋よりもお会いしたい方がと言う女性。やってくるテホ。

驚くチャンウ。シン・テホ中尉、君なのか?敬礼して、中隊長、復帰おめでとうござい

ますと言うテホ。泣いて抱き合う二人。手を見て、今でも手が。。。と言うテホ。

これはどうしたんだ?とテホの足のことを訊くチャンウ。ヨンチョン橋でこうなったと

答えるテホ。回想シーン>爆破されチャンウ、駄目~!アンデ~!と叫ぶスヨン。

激痛に呻くテホ<この方(女性)が教えてくださってと言うテホ。

全部、俺の過ちだ・・・と言うチャンウ。泣く二人。スヨンは?スヨンは一緒に来た

のか?と問うが、テホと一緒に来た若い女性(ハヌル二役)が、イ・スニ(スヒ?)と

言いますと自己紹介。守ることが出来なくて・・・と言うテホに、どういうことだ?

俺の目の前にいるのに?と言うチャンウ。二人の息子の子供だと言うテホ。

会いたかったです、ハラボジ。父は次の飛行機で来ます(かな?)お話はハルモ二に

よくうかがってました。これハルモ二が私に残してくれた遺品ですと、手帳を渡す

スニ。一生これを一日一回見て、ハラボジが必ず戻って来ると、本当にそう信じて

いらっしゃいましたと。回想>泣く赤ちゃん。これ見て!アッパ!アッパ!

ミナマ~(かな?)次に会えるまで待とうね、わかった?洗濯しながらも、あなたが

一緒だったらよかったのに。こうなるとわかってたら、あなたに会った時、温かい

ご飯も作ってあげて、たくさんキスし、たくさん抱き合って。。。どうしてそうしな

かったのか・・・でも、戻って来るよね?この絵を見てたら・・・<回想

手帳を見る老チャンウ。立ちあがってスニの顔に触れ抱きしめる。

故김 수연のお墓参り。スヨナ・・・こうなってしまったとは。。。60年もかかって

しまったと嘆くチャンウ。

☆車の中。手を握るチャンウとテホ。誰も忘れないように覚えておかないと。。。

中隊長とスヨンの息子が忘れなければ記憶は残ります。またその子供が。。。と

話す二人。回想>どんなに会いたかったかわかる?俺も会いたかった。

私がいつも傍にいるのわかってるよね?空を見上げる二人<幻想?

テホの肩にもたれかかるチャンウ。泣いて手を握るテホ。若い頃の二人を思い出す。

二人のエピローグでエンディング・・・


チャンウがどうして戻ってこれたのか?がイマイチ謎。。。

最後までなんとかリアル視聴出来たけど、リアル時の聴き取りのみのアップなので

聴き間違い、勘違い、思い込みなど、間違いが多々あると思う。。。

それでも、最後までお付き合い頂いたヨロブン、감사합니다 ~f0152079_1183439.gif♡♡♡♡♡♡♡

ちゃんと、m-netの字幕付きを見なおさないと。。。

by andegenni | 2010-08-27 00:32 | 韓国ドラマ | Comments(5)

ロードナンバーワン19話リアル視聴

いきなり半年近く過ぎ・・・最初の状態に戻ったかのような今回・・・

f0152079_23135183.jpg


これは初回の、チャンウがスヨンの学費のために志願兵になった時の別れの

ヨンチョン橋・・・今回もこのアングルでいっぱい出て来たね^^

OSTにもあるけど、영촌면っていう二人の故郷。チャンウの留守中、テホが駐屯して

いた場所でもあるね。実在の地名で永春面と永春橋があるので、そっちかと思ったけど、

ドラマで使われたのは架空の영촌면。実際の地名は同じ忠清北道だけど、

충북 보은군 마로면 원정리 欅の古木は何百年も経ったもので、その前に看板があって

木や土地の説明が書いてあるんだけど、それに撮影時は「영촌면」と貼って使用した

ようだ。最初と最後がここ、영촌면で、撮影はおそらく同時だったんだろうなと^^;

ネタバレ嫌な人は下はスル―してね♪





















19話

☆18話のメイン場面繰り返しの後・・・(OSTは영촌면だったね^^)

イ・ジャンウ中隊長に敬礼!とテホの号令で、向き合って敬礼する2中隊。

涙を溜めて見送るチャンウ。女医とジョンギも出て来る。

片足でトラックを追いかけるジョンギ。잘 먹고 잘 살아라 ~!とジョンギに言う

仲間達。泣きながら死なないで生き残れよと言うジョンギ。

☆いきなり1951年5月1日

草むらで様子を窺うテホ達。双眼鏡で敵を発見してヨンミンに報告するテホ。

が、しかし、確認したのか?確認してから報告しろ、と怒るヨンミン。

ヨンミンに話をする兵。俺に忠告するのか?生意気な、俺が誰だと?位の印を

見せ、威張るヨンミン。出発!とヨンミン。

☆テホ達は静かに移動。音も声もたてないように。

歩きながら、イ・ジャンウ中隊長は復帰しないのかな、どうなってるんだ?・・・

ヨンミンは嫌いだ・・・と話す兵達。いきなり後ろで爆撃。慌てまくるヨンミン。

倒れたヨンミン(あっけな!ヨンミンだよね?)の認識票を外す兵。

テホに報告。イ・ジャンウ中隊長だったら…と懐かしむ兵達。

☆ジョンギに聖書を読んであげる少女。足が治り、出て来たチャンウは二人を見る。

これからですか?とジョンギ。こんな戦争は全部忘れて新しく出発ですねと。

女学生のことも嬉しそうに話す。(ここで、主人が帰宅し、いっとき聞き取り不可)

涙ぐみ敬礼を交わすチャンウとジョンギ。行こうとするチャンウの服を掴むジョンギ。

涙ぐんで出ようとすると帰って来る女医。お元気で、あなたもと挨拶を交わす。

ひとつ頼みがあるんだけどと女医。シン中尉に会ったら、手紙のひとつも書くように

言ってと。私は・・・と口ごもるチャンウに、知ってるわ、でも、もしかしたらと

思って。。。と女医。別れると、今度は大隊長がやってくる。

こりゃ、誰だ?イ・ジャンウ!と。2中隊の様子を訊くチャンウ。ひどい状態なのを

話し(ヨンミンの死も言ってたような?)でも、もう関係ない話だなと・・・大隊長。

では今の2中隊は?と訊くチャンウ。知らなかったのか?シン・テホが・・・

じゃ!と去る大隊長。

☆大隊長の話を聞いて、戦線に戻るチャンウ。山を一人で登り、連絡を取る。

兵の、中隊長の声では?に驚いて答えるテホ。2中隊、俺はイ・ジャンウだ!

本当ですか?と喜ぶ兵。位置を知らせろと言うチャンウ。説明するテホ。

双眼鏡で位置を見るチャンウ。移動するぞと言うテホ。シン・テホ、必ず生きて

会うんだぞと思うチャンウ。移動しながら、中隊長が俺達を待ってるんだと喜ぶ兵。

☆トラックが来て、走り出す兵達。ここだ!抱き合って喜ぶ兵達。チャンウとテホも

笑いあい、抱き合う。これでようやく2中隊だと喜ぶ兵達。お待ちしてましたと言う

テホ。みんなが待ってるのに、そのまま行けなかった?とか言うチャンウ。

大隊長がやってきて、敬礼!最後の命令だと。ヨンチョン面、故郷へ行くんだろう?

そのヨンチョンを守れと。大喜びの2中隊。(大隊長、いい人だったね^^)

☆ヨンチョンに戻る兵達。歓迎する村人達。欅の木の下で、こんな日が来るとはと

言うテホ。こうしてヨンチョンに帰れるとは思いもしなかった・・・振りかえると

全部夢だったみたいです。。。。ヒョンニム、これから、そう呼んでいいですか?

駄目だ、おまえは何月生まれだ?とチャンウ。生まれ月を互いに言う二人だが、

テホは生れが早いかどうかではなく、ヒョンニム(兄貴)と呼びたいと。これから

兄貴に仕えますと。ありがとう、そしてすまない・・・と言うチャンウ。すまない

なら、スヨンさんによくしてあげてくださいとテホ。トンセン(弟)、頼みがひとつ

ある。もしも、もしもだけど、俺に何か起こったら、俺の代わりにスヨンを頼むと

言うチャンウ。もう戦争も終わり、平和に・・・なのに突然何故?と問うテホ。

だから、もしもの話だとチャンウ。わかりました、ありがとうと約束する二人。

☆自転車に乗るお腹の大きいスヨン。ヨンチョン橋の上には兵と歓迎する村人。

アガ(赤ちゃん)、誰が来たかわかる?私達に会いにパパが来たわ、パパが・・と

思うスヨン。お互いを見つけ、スヨナ~!と駆けだし抱き合う二人。見守る兵達。

お元気でしたか?ヒョンスニム!(兄貴の奥さんの呼び名)と言うテホ。怪訝そうな

顔のスヨン^^;チャンウに休むよう言って、先に行っていますと言うテホ。

☆元気だったか、スヨン、アギもとチャンウ。アガ、パパが約束を守ってくれたわね、

早く挨拶しないととスヨン。お腹に耳を当てる。元気だからきっと息子だろうとスヨン。

手を握り頬に触れ、綺麗だ、うちのアギの母はとチャンウ。泣いてるのか?と。

これからは笑うんだぞと。私、今、笑ってるのよと、泣き笑いのスヨン。綿毛が飛ぶ。

☆家に帰る二人。スヨン、俺は夢を見てるようだと。心配しないでとスヨン。

庭でキスする二人。

☆前に駐屯していた建物に入る2中隊。埃だらけの中で、ここが俺の席だった、

ここがホンギ・・・ここが・・・あいつら・・・と死んだ仲間を思って泣く兵。

泣かないでくれよ、俺達が代わりにいるじゃないかと、徴兵された兵達が慰める。

テホは、「中隊長 大尉 윤 삼수」のプレートを拭い敬礼する。サムスの思い出が

蘇る。敬礼して、私はようやく本当の軍人になれた様な気がします、ヒョンニムと

一緒に。。。と思うテホ。

☆お風呂でふざけるチャンウとスヨン。ア~ア~、スヨン、痛い!どこが?

潜るチャンウ。心配し始めると飛び出す。水のかけあいをしながら手を痛がると

心配するスヨンを引き寄せキス。布団の中で髪を拭くスヨン。また手を痛がる

チャンウ。痛いの?まだ?ごめんね、この傷、いつも気にかかってるとスヨン。

これは傷じゃなくて勲章だと言うチャンウ。久しぶりに・・・と思ったけど、

まだ1年も経たないのね・・・チャンウの父も、兄も妹も。。。みんな死んで

しまったと言うスヨンに、いや、俺達の子がいるじゃないかとチャンウ。

抱き合って話する二人。子供を10人作ろう・・かな?次々と子供の名前を

言ってスヨンを笑わせるチャンウ。

☆田植えをする兵達。テホの号令で騎馬戦も始まる。戦う兵達。見守る二人は

生き残ってよかった、こうして屈託なく笑っているけど(死んだ兵達のことを

思っている様子・・・)マッコリを呑もうと提案する兵。俺について来い!

自転車で通りかかるスヨン。どこへ行くのですか?ヒョンスニム?とテホ。

答えるスヨン。微笑む二人。入れ違いに走って来る兵。ヨンチョン橋を爆破する

よう、命令が出たと。チャンウに知らせないでいいのか?と気にする兵に、いや、

いい、俺達だけでやろうと言うテホ。

☆マッコリのやかんを運ぶいつものコンビ。方言がきつくて聞き取り不能・・・

笑いあう二人。突然地雷を踏む若い方の兵。誰か、助けてくれ!と叫ぶが・・・

☆爆破準備で忙しいテホ達。欄干に手をやり、1年前の6月を思い出す。

すまない・・・と部下の名前を呼ぶテホ。トラックが来て、互いに挨拶を交わす。

(お、イ・チョヌだ~!)1年前に同じ命令を受け失敗したが、今回は絶対に成功

させると言うテホ。

☆出血がひどい兵。誰か!聞こえないのか?と年上の兵が叫ぶが・・・だんだんと

意識を失う兵。駄目だ、このままじゃ。。。と助けを呼びに行こうとすると、

行かないで、怖い、一人で死ぬのはと言う兵。誰が死ぬって?どんなことがあっても

助けると言い走り出す兵。早く戻って来いよ!と若い兵。

☆橋の爆破準備中。走って来る兵。若い兵が地雷を踏んだことをテホに知らせる。

爆破準備してるし・・・どうすればいいんだ?と考え、チャンウの元へ行くテホ。

手術しないと助からない、ヒョンスニムにお願いしないとと・・・橋の爆破命令の

ことをどうして伝えなかったのかとチャンウに言われるが、休んでいて欲しかったと

言う気持ちがわかり、すまないと言うチャンウ。

☆助けてやってくださいと頼む兵。動かすと?ショックを起こすと言うスヨン。

よくやったわ、患者はどこ?確認しないとと。その場所は北だから駄目ですとテホは

言うが、チャンウは頼んだぞと・・・スヨンを乗せ、自転車で戻る兵。

スヨン、早く戻ってこいよ、待ってるぞ!わかったわ、すぐ戻るわ~!

スヨンは、具合が悪い人が傍にいると誰であろうと放っておけないの、知ってるだろ?

とテホに言うチャンウ。約束は忘れてないよなと・・・

☆橋を閉鎖。イ・チョヌとチャンウが挨拶する。遠くで爆撃の音。驚いて見るチャンウ

でエンディング。間違い、多々あると思うけど、リアル聞き取りなんでご勘弁をm(__)m


まるで初回の頃に戻ったような・・・明日で最後なのね・・・チャンウ、老人になって

生きてるような予告だったね。。。

by andegenni | 2010-08-26 00:47 | 韓国ドラマ | Comments(4)

ロードナンバーワン18話リアル視聴

予告でどうなるんだろうと心配したけど、穏やかに終わった回だったね^^

次の予告もちと気になるけど、観ないとわからないからなぁ・・・

ネタバレ嫌いな方は下はスル―してね♪
















18話

☆テホと車で着くスヨン。うつろなチャンウを見て、チャンウ、私よ、スヨンよと

思う。スヨンをうつろに見るチャンウ。降りて向かうと近寄るチャンウ。見つめ合う。

チャンウ、チャンウ、私よ、スヨンよと呼びかけるが見つめるだけで戻ろうとする

チャンウ。抱きしめると涙ぐむチャンウ。見つめる2中隊の仲間達。泣き始める

チャンウ。抱きしめると泣きじゃくるチャンウ。

☆夜。うなされて騒ぐチャンウ。爆撃だ!2中隊!と・・・抱きかかえるテホ。

生きたくてそうしたんだ、ごめん。。。とチャンウ。私よ、スヨンよと自分の頬に

手を当てるスヨン。抱きつくチャンウ。そうよ、私よ、もう二人でいるじゃない・・

あの人(マンソクのことか)俺の目の前で。。。俺は生きたかったんだ・・・

もう大丈夫となだめるスヨンに、俺、辛いと訴えるチャンウ。

ここに、あなたの傍にいるから、守るからとスヨン。そっと部屋を出る仲間達。

寝かせて手を握り、目を閉じるチャンウ。見守る女医と仲間達。

とても辛いのね、苦しいのね、私はここにいるわ、私達の故郷の木の様に、私は

あなたの木になりたい。。。手を握るチャンウ。

☆奉仕の女学生が病院に来る。紹介する女医。ジョンギの所へ来た女学生。

こんにちは、~ですと水をあげようとするが押しのけるジョンギ。気分はどうですか?

と問う少女に、気分がどうだと?と足を見せて、どうだと思う?俺の気分は!と。

心が楽になるように持って来たと聖書を読もうとする少女。怒って、すぐに消えろ!

と暴れるジョンギ。ヨンミンの奴・・・と小隊長を恨む。

大丈夫?と少女を気遣う女医。あのアジョッシは怯えてるだけよと。それを見るテホ。

女医にお茶を飲みに行きませんか?と誘うテホ。

☆チャンウを起こすテホ。スヨンとデートしないんですか?しないなら俺が代わりに

しようかと。起きて書類?を受け取るチャンウ。兵達に酒でも飲んで来いと。

ありがたいと喜ぶ兵達。中隊長は行かないんですか?に取りあわないチャンウ。

スヨンがやってくる。食べたいものはない?おごってあげるわよ?と言うと抱きしめる

チャンウ。行こう、ビール飲みに・・・(かな?)出かける前に髭そりをする二人。

ふざける二人を見るテホ。

☆冬なのに雨が降るのか?と出かける兵達。少女にぶつかる。互いに謝る二人。

私、また来ましたと少女はジョンギの元へ。温かい緑茶でもいかがですか?今日は

クリスマスイヴですよ・・・また怒るジョンギ。消えろ!そうか、おまえ奉仕に来た

って言ってたよな、なら奪ってやろうか?と。服を黙って脱ぎ始める少女。頼むから

行け!と言うジョンギ。うちの兄も・・・と事情を話す少女。だから軍人のあなたが

オッパに思えて病院に来ていると言う少女。ジョンギが破いた聖書を渡し、後で

また来ますねと立ち去る少女。泣くジョンギ。

☆外にいるテホに誰と会うんだ?と尋ねるチャンウとスヨン。女医がやってくる。

ごめんなさい、遅くなってと。軍服よりよくお似合いですねと服を褒めるスヨン。

腕を組んで立ち去るテホ達を見送る二人。テホの気持ちをわかっているような?女医。

お似合いね、そうだなと話すスヨン達。彼らも歩きだすが松葉杖を放り出すチャンウ。

大丈夫?とスヨンは気遣うが俺は大丈夫だ!と叫び、何度も転ぶチャンウ。

ふざけあう二人。

☆中央茶房に着くテホ達。どうしたの?と問うテホに、お茶じゃなくお酒を飲まない?

と誘う女医。軍医が一緒で安心でしょう?(って言ってたような・・・曖昧・・・)

☆洋服やかな?着替えする場所を覗き、キスするチャンウ。

☆酒場。戦線に戻るのは怖くない?と問う女医。どんなに怖くても軍人だから戦う、

そうなの?すごいわねぇと。私が一番怖いのはなんだかわかる?怪我した兵を私が

治療して、また戦線に送ることよ。それが一番怖くて嫌なことだと話す女医。

急にテホにキスする女医。外へ出て行く。よろめく女医を支えるテホ。今日は私の

日だから名前を呼んでもいいわよね、テホさん!私、本当は・・・と言いかける女医。

何してるんですか?と2中隊の兵が来る。仕方なく笑うテホ。二人を仲間の所へ連れて

行く兵達。お連れしました!店の前で何してたんですか?とからかう兵。一緒に呑む二人。

☆旅館へ行くチャンウ達。

☆みんなで歌いながら店を出る2中隊。女性のことで他の兵と喧嘩になる。

喧嘩ができるほど回復してる、私がちゃんと治療したってことよね、そうだねとテホ達。

小隊長だったヨンミンが仲裁しに来る。俺の話はよく聞いてくれるからと。テホが礼を

言うといくら親しくかったにしてもパンマルを使うのかと。(位が上がったか?ヨンミン)

冗談だ、俺が奢ってやると。ムカついた兵はもう飲んだからと言うが、久しぶりに会った

んだからとテホがとりなす。今日は楽しかったです、私もと女医と挨拶するテホ。

一人先に帰る兵。モナリザというクラブへ。

☆ナイフを握っているジョンギ。

☆旅館でスヨンの絵を描こうとするが、手が震えて、駄目だ、描けないと・・・

その手をとり、お腹に当てるスヨン。ここに・・・また大変なのわかってるんだけどと。

聞いて、私達の赤ちゃんの音を。お腹に耳を当てるチャンウ。毎日話しかけてるのよ、

可愛い可愛い・・・ってとスヨン。泣くチャンウ。

☆どうしたんだ?と病院に先に帰って来た兵に訊くジョンギ。足は大丈夫ですか?と

問う兵。ヨンミンに会ったことを話す。驚いて問いただし、病院を出るジョンギ。

どこへ行くのですか?と警備に止められる。俺は2中隊のオ・ジョンギだ、マッコリを

一杯呑みに行くと言うが、危ないせいか止められる。そこへまたやって来た少女。

この子が付いて来てくれると。本当に世話をするのか?と尋ねる警備にそうだと少女。

☆自慢話をするヨンミン。ともかくおめでとうと言うテホ。昔のことを思い出すと言う

ヨンミンの言葉に一同しらける。さぁさぁ俺達乾杯しよう!ビールもっと!と言い、

文句を言おうとする兵に過ぎた話じゃないかととりなす仲間。

モナリザへ着くと少女に帰れと言うジョンギ。お酒を飲みすぎないでと心配する少女。

2中隊、こんないい席に俺を呼んでくれないのかと飛び込み、ヨンミンにおめでとうと

言うジョンギ。元気だったか?と問うヨンミン。元気な筈はないでしょう?酒は飲め

ません、代わりにと松葉杖に酒をこぼし、これは俺の足だからと。。。

逃げるヨンミン。おしっこをしていると背後からジョンギ。あんたは死なないと

ならないと銃を頭に突き付ける。狂ったのか?もう過ぎた話じゃないかとヨンミン。

テホや仲間がやってくるが傍へ寄るな!と言い上へ発砲するジョンギ。

少女が飛び込んで来て止める。アジョッシ、どうしてこんなこと!アジョッシ、いえ、

オッパ、これはどういうこと?もうやめて・・・と。泣くジョンギ。銃を払いのける

ヨンミン。その銃を拾う仲間(ジョンギと親しい兵)俺達、美しい思い出を作りましょう

(かな?)とヨンミンに銃を向ける兵。その前に立ってやめろと言うジョンギ。

足一本のせいでそんなことするなと。ジョンギのために泣く兵。見逃してやろうと

銃をとりあげてヨンミンに返すジョンギ。泣き崩れるジョンギを支える少女。

☆私、ヨンチョンへ帰るわ。そこで子供を育てるわとスヨン。あなたが戻って

来たら幸せになろう(かな?)と。身体も心も傷つかないでと言うスヨン。

☆窓を開け、雨から雪に変わったのを見る女医。それを見て窓を叩くテホ。帽子を

脱ぎ、女医にキスする。返す女医。(ヨジャラソ@女だからのOSTだったね^^)

☆病院に戻り、子供と一緒に待っているわとスヨン。気をつけて行けよとチャンウ。

☆ヨンチョンの木の下に行くスヨン。チャンウ、聴こえる?ヨンチョンのいろんな音。。

この音を聴いたら一緒にいるみたいね。。。。いつかきっと苦痛もなくなると信じてる

(適当な意訳です^^;追いつかなくて)チャンウ、聴いてる?春が来る音を・・・

家に戻るスヨン。手帳を見つける。スヨン、俺が描く絵が綺麗なのは、俺の心が綺麗

だからと言ってたよな。。。その世界におまえがいるからだ。おまえがいなかったら・・

スヨン、もしいつかこれを見つけたら、この花の種を撒いてくれ、この花が咲く頃、

必ず戻るから。。。種を飛ばすスヨン。

☆命令するテホ。出動準備する2中隊。出発するぞ!

これまでいろいろとありがとう、またお会いしましょうと言うテホに、ひとつ約束して

ください、怪我しないと、と言う女医。約束すると誓うテホ。

チャンウの元へ行き、出発準備が出来ましたと告げるテホ。ご苦労だったなとチャンウ。

足が治り次第戻って来て下さいと言うテホに、これからはテホが中隊長だろう?と。

いえ、中隊長が戻って来られるまでだとテホ。ヨンチョンでスヨンが待っていると言う

チャンウ。それでも待っていると言うテホ。挨拶を交わす二人。

☆一緒に行けなくて済まない、身体に気をつけろと2中隊に告げるチャンウ。一人ずつ、

肩や頬に触れて送りだすチャンウ。最後にテホを見つめる。

中隊長に敬礼!と命令するテホ。敬礼を返すチャンウでエンディング。


予告、適当に見てたけど、中隊長は・・・とか言ってなかった?ま、来週になれば

わかるんだけど、あと2話で一気に半年分?18話で半年しか進まなかったね^^;

by andegenni | 2010-08-20 00:36 | 韓国ドラマ | Comments(4)

ロードナンバーワン17話リアル視聴

今回は戦闘シーンから始まり、どんどん話が展開・・・

あと3話でどうなるのか。。。それにしてもテホ、いい役だねぇ。。。

さぞかしケサンペンは嬉しいと思うわ^^ネタバレ嫌いな人は下スル―してね♪













17話

☆中国軍の大群を前に位置に付く2中隊と米兵。こいつらはどうすれば?と

北朝鮮軍の二人を縛って来る兵。近くに置いておくチャンウ。大軍だから時間の

問題だ・・・と不安な兵達。最後の作戦だ!わかったか!と命令するチャンウ。

米軍も了解。攻撃しろ!撃っても撃っても次々襲ってくる中国軍。手榴弾を

投げても次から次へ。チャンウが本部に応援を頼むが、狂ったのか!みんな死ぬぞ!

と言う大隊長。近くを爆撃される。イ・ジャンウ!と叫ぶ大隊長。

どうすればいいんだ。。。とオタオタする兵達。無事でいてくださいと言うテホに

最後まで俺を信じてくれてありがとう、生き残れと言うチャンウ。空撃に備える様子

を見て目で訴える北軍の将校の綱を切ってやるチャンウ。頷いて礼を言う将校。

突然、空からの爆撃が始まる。目を開けると目の前に将校。息が出来なくなるチャンウ。

将校ともたれあって避ける。教会も爆破される。静かになると一面の死体。

泣く兵を見て、生き残った兵を抱き寄せるジョンギ。助かった!と喜ぶ兵達。

もたれかかる将校の身体を起こしたチャンウは息がちゃんと出来ない。

支え合って歩く2中隊。ROAD NO1の標識までやってきた。大声で泣く兵士達。

(最初の画面は、この部分だったのね・・・)トラックがやって来る。

☆治療して下さいとテホに言う兵。大丈夫だと言うテホ。ベーカーがこれを覚えて

いるか?とテホに。もちろんと答えるテホ。自分の旗を手渡すベーカー。軍服の

太極旗をちぎって渡すテホ。君達と過ごした時間を永遠に忘れないと言うベーカー。

☆大隊長が来る。生きてたんだな!とテホに。2中隊、復帰しました。・・・・

以上ですと報告するテホ。苦労したなと一人ずつをねぎらう大隊長。2中隊は

病院へ?移動すると。礼を言うテホ。ところでイ大尉は?と問われ、連れて行くテホ。

暗闇にいるチャンウ。びっくりする大隊長。テホは、大尉、大隊長ですと言うが

目もあわさず、ごめん、俺が悪かった、ごめん・・・と繰り返すチャンウ。

☆木の下で眠っているチャンウを草でくすぐって起こすスヨン。スヨン、やめろよと

起き上がっておいかけるが、突然胸を撃たれるスヨン。狂ったように捜すがいなくなる

スヨン<夢を見て、うなされて起きるチャンウ。手を伸ばすと掴むスヨン。よかった、

スヨン・・・と思うが、気付くと違う女性。気がつきましたか?と問う女性に、

あなたは誰ですか?とチャンウ。軍医で、ここは病院だと言う女医。チャンウを

寝せて、部下達と一緒に戻ったことを覚えてないんですか?と。心配する兵達。

☆病院の朝。おはよう!と女医。みんなの様子を診て回る。嬉しそうな兵達。

テホにはお尻に注射する。

☆松葉杖で外へ出るチャンウ。肩に触れて、しっかりしてね、話は聞いたわ、とても

苦労なさったのねと言う女医。あなたに何がわかる?とか言うチャンウ。私は軍医よ、

何があなたをそんなに苦しめているのか・・・と気遣うが無視するチャンウ。

俺のせいだ、約束も守れず、俺だけ生き残って・・・と思うチャンウ。テホが来て

中隊長を放っておいてくださいとか女医に。気分悪くしたらすみません、だけど私は

よくわかっています、時が経てば。。。と言うテホ。女医は患者のことは私の方が

よくわかってます、本当に心配ならもっとよく見てあげて、では!と去る。

☆車がやってくる。ボンスナ~!(チャングムの女医さんね^^)と感激の対面をする

夫。家は変わりないか?母さんも?うちの子が風邪引いたらどうする?と心配する。

お腹にいる子が風邪ひく筈ないでしょとか言う妻。無事でよかった、本当に・・・

義兄弟の兵達もみんな出てきて差し入れを喜ぶ。ア~ンして!と。笑う仲間達。

若い兵の両親も来て家に連れて帰ると言うが、家には帰らないと言う兵。自分は

2中隊の軍人だ、~は俺を助けて?俺の前で死んだんだ、この戦争が終わるまで

2中隊に残る、すまない父さん・・・と言う兵。

☆ジョンギの足を診る軍医。ちゃんと薬を飲んでるのに治らないとこぼすジョンギに

切らないとならないな、その足と告げる軍医。切る?冗談だろ?と言い、事故の事を

思いだすジョンギ。小隊長とのやりとりを思い出し、あいつめ・・・と思う。

切らないとどうなりますか?と問うと、死にますと言われ、茫然として泣くジョンギ。

☆運び込まれる兵を茫然と眺めるチャンウと、やはり茫然としているジョンギ。

☆差し入れを食べる兵達。ジョンギにも勧めるが、やつあたりをして暴れるジョンギ。

どうしたんですか!とテホが止めると、俺の足を切るって・・・と泣くジョンギ。

☆もう一人仲間が帰って来て挨拶する。無事でよかったと喜ぶ仲間達。ところで~が

見えないけどと言う兵に、~は戦死したと告げるが、戦争では死んでは駄目だみたいに

あっけらかんとしている兵。ジョンギに、あいつちょっと変じゃないですか?人が

変わったみたいだ、中隊長もそうだけど。。。と言う仲間。彼に小隊長の行方を

調べるように?頼むジョンギ。ナイフをとるジョンギ。

☆うなされて上のベッドから落ちる先程の兵。騒ぎまくる。俺は死なない、死ねないと

騒いで気を失う。しっかりしろ!と仲間に起こされ、どうかしたんですか?悪い夢を

見たようです、すみませんと言う兵。

☆女医に話を訊きに行くテホ。中隊長のことですが、問題があるのですか?と。

人によって違うけど・・・悪い記憶が・・・地獄のような苦痛だと説明する女医。

親しい友達を心配してるみたいね、まあ、そうよね。。。と女医。家族とか恋人は

いないの?と問う女医に、中隊長の目の前で死んだんです、目の前で倒れた瞬間から

・・・と説明するテホ。

☆運ばれてくる兵を見るチャンウ。きちんと息が出来ない。戦争を思いだしている。

とてもたくさんの人が死んだ、とても。。。だけど俺を生かして?許して?くれるの

ですか?と怯えるチャンウ。その様子を見てテホが抱きしめる。落ち着くチャンウ。

もうやめてください、俺も泣きたいのにあなたがこうしてると泣けないじゃないです

か・・・と思うテホ。

☆買い物に行き、米軍の車の中に小隊長を見たように思うジョンギ。

☆仲間が若い兵を説得する。父が帰れと言ってるのに、死んだ仲間に悪いからと思って

いるのを知って、家に帰れと。家に帰って勉強しろと。

☆大隊長が兵を見舞い、チャンウの事も心配する。大丈夫です、わかっておられる

でしょう?中隊長は誰よりも強い方だってと言うテホ。

完全に戻らないようなら、テホに頼むと告げる大隊長。テホに記事を見せる。

これ野戦病院(?)では?と言うテホ。女医の名前がキム・スヨンだと。チャンウの

婚約者だとおまえが言ってた女じゃ?そうだろう?と、記事を渡してくれる。

☆スヨンの絵を見て、破いて丸め、泣いたり暴れたりするチャンウを見るテホ。

中隊長。。。どうしようか・・・と記事を見る。

☆これチュリ?チュリじゃなくてツリ―だと飾り付けをする兵達。ジョンギの顔色が

悪いと言う仲間。女医が来て手術しないと死ぬと言うが暴れるジョンギ。やめなさい、

これは命令ですと言う女医だが、ナイフを振り回し抵抗する。仲間が無理やり連れて

行く。女医を気遣うテホ。手術されるジョンギ。

☆術後のジョンギの足を見て、号泣するチャンウ。テホや部下の肩を触って泣く。

いたたまれない2中隊の仲間を見やるテホ。

☆雪道。ジープを走らせるテホ。停まって、指輪を見て、涙ぐみながら捨てる。

病院に着き、スヨンを見つけるテホ。急用です、スヨンさん、生きてたんですねと

声をかける。握手する二人。あの時、助けられなくてすみませんとテホ。ありがとう、

(今までのこと?)全部とスヨン。私こそありがとう、生きててくれてとテホ。

お礼を言う機会がなくて・・・と言うスヨンに、機会をあげますと言うテホ。

イ・ジャンウを助けてくれと・・・

☆勉強をしろよ、2中隊を忘れるなよ、身体に気をつけろよと若い兵に言う仲間達。

茫然と座るチャンウを見て、若い兵は「12月23日夕方、申告します!」と去ることを

告げる。泣いてチャンウを抱きしめ、うちの兄貴達をよろしく、祈ってますと言う兵。

気をつけていけよ~!さようなら~と若い兵を送りだすのとすれ違いにテホ達が来る。

チャンウを見るスヨン。スヨンをうつろに見るチャンウでエンディング。


予告で、また戦争と病院に別れ別れになる二人と、小隊長を殺そうとするジョンギが

映ってたね。。。テホ、とうとう、スヨンをきっぱり諦めてチャンウを救うのね^^

間違い多々あると思うけど、私の聴き取り能力ではこんなもんなんで미안해요~^^;

by andegenni | 2010-08-19 00:27 | 韓国ドラマ | Comments(4)

ロードナンバーワン16話リアル視聴

視聴率は悪いけど、毎回リアルで観ていて、そんなに悪いのが

ドラマの出来そのもののせいとも思えない今日だった。ライバル裏番組が強いのと、

イ・スンギが人気あるから、気軽に観れる方に流れたと思うけどね・・・

ありえない。。。と思うこともたまにあるけど、内容としては、俳優達の頑張りが

よくわかるドラマで、前回の銃の謎も解けたしね・・・

ネタバレが嫌な方は下はスル―してね^^今回は兵の言葉ばかりで聞き取り難しく

書きとり間に合わず…で間違ってる所も多々あると思うけど、ご了解をm(__)m





















16話

☆震える手でスヨンの倒れた時を思い出し、スヨン、ちょっと待っててくれ、ちょっと

だけと思いながら横たわるチャンウ。

☆大丈夫か?と少年兵を気遣いながら歩く若い兵。テホは、いつまでこの道(北に行く)

を進むのか?と意見を言うが、自分が中隊長だし、命令するし、責任も取ると言う

チャンウ。別の兵に遭遇するが、自分達が中国軍の服を着ているからわからないのでは

と思う兵達。爆撃がおさまり出て行くと米兵だった。すぐに中国の服を脱げと命令。

太極旗を振る。どうして中国軍の服を着てたんだ!と責める米兵。事情を説明する

テホ。ベーカーは2中の状況がわかり失望したと。チャンウは、俺達は必ず生きて戻る

からとベーカーを慰める。建物の中で、米兵と一緒に食べる2中隊。米兵の傷も手当。

もう少し行けば部隊がいる筈だと言うチャンウ。一体どういう考えなのかと問うテホ。

俺が狂ってるようだと思ってるのか?とチャンウ。初めから、平壌に戻るつもりでは?

俺達全部を殺すつもりですか?キム・スヨンは死んだんです、俺も苦しいんです、

むしろ中隊長のように狂ってしまいたいけど、そうは出来ないと訴えるテホ。

初めて智異山?へ行った時、スヨンと約束した、どんなことがあっても必ず生きて

戻ると。だからその約束を守るだけだと言うチャンウ。だから俺達も巻き添えにする

つもりですか?とテホ。いや・・・という作戦だと説明するチャンウ。あなたを信じる

しかない、でもスヨンは死んだんだ、俺達の目の前でと思うテホ。

☆歩いているスヨン。

☆少年と遊ぶ若い兵。テホがチャンウの命令を伝える。従っても従わなくてもどうせ

死ぬ時は同じだと。ジョンギはチャンウが狂ったと思う。

おまえはここにいろ、待っていられるな?と少年に言う兵。

俺達を助けてくれたから今度は俺達が助けてあげる、生きて米国に戻してあげると

ベーカーに言うチャンウ。戦って死ぬのが軍人だろ?と。了解する米軍。

☆進む2中隊。中国軍を見つける。だが、少年兵もついてきている。ジョンギが彼を

見て、おとりに使おうと提案。ラッパを吹けと。わかるだろう?いやがる少年兵。

助けてやって飯までやったのに恩返ししろと強要する。チャンウも若い兵に連れて

行けと命令。ちっとも難しくないだろ?だからついてくるなと言ったのに・・・と

少年に言う兵。俺の話をよく聞け、ヒョンニムはあいつらと戦わなければならない、

おまえはあっちへ行け。首を振る少年。泣きながら行けって言ってるだろと若い兵。

少年はかけをしようと。。。よし、俺が勝てばおまえも一緒に戦おう、おまえが

勝ったなら一人であっちへ行くんだぞ。勝つ少年。おまえが勝ったから早く行け。

終わったら?すぐ逃げるんだぞ。。。少年を残して2中隊に戻る兵。

☆中国軍のすぐ傍まで進む2中隊達。合図を送る。突然ラッパの音色がして、驚いて

集まる中国兵達。攻撃しろ!チャンウの命令で攻撃する兵達。吹き続ける少年。

車を奪う2中隊。早く乗れ!少年を連れて若い兵も乗りこむ。

☆チャンウの作戦成功で、2中隊を無事に連れて行くってことをもう一度信じると

言うテホ。チャンウはそれでもスヨンが生きてると信じていると。

生きていれば温かい故郷で会えるわ、だから心配しないで、何も心配しないで、

きっと生きていてと思うスヨン。

☆雪道を歩くスヨン倒れている兵をさぐり、食べ物を見つけると頬張り、泣きながら

雪を食べる。

☆車を降りて山道を登る兵達。倒れている兵の傍で無線機を見つける。

これ以上は無理だ、ここで休もう、米国と一緒に行くか、離れるかを決めろと言う

チャンウ。テホが通訳するがついていくと言ってると。。。

山を登った兵が教会を見つける。中に目を怪我した兵がいて、もう一人の北軍の

将校(オ・マンソクだ!)が銃を突き付け、朝鮮人か?と問うが、その手を

チャンウが掴む。

☆温かい食事の準備。韓、米、北朝鮮、中国の少年兵と4カ国が集まり食べる食事。

無線機が直れば帰れるかも?と言う兵。それくらいの希望は持ちたいと。

軍法?銃弾?とか言うジョンギ。北の兵を見やるが、こいつもいるなと少年兵を見る。

テホと北の将校が話をする。チャンウは軍人は戦って勝たないとならないが・・・

(ここら辺聞き、書き取り追いつかなかった^^;)この戦争でどんなに多くの人が

傷つき死んでいったかと考えてみろとか言う。

☆外で雪だるまを作って遊ぶ兵達。チョコをくれる米兵。雪合戦も始まる。

外へ出るチャンウ。後を追うテホ。雪の壁に隠れスヨンとの雪合戦の絵を描くチャンウ。

回>雪遊びをする二人。転んで下になるチャンウ。彼の顔を雪だらけにして、雪を

とり、キスするスヨン。また顔に雪を。。。<泣きながら絵を描くチャンウ。

泣きながらテホに気付くチャンウ。ここまで生き残ったのさえ奇跡だし、中隊長の

おかげだと言うテホ。足の悪い兵にしたことを訴えるチャンウ。

☆私を見なかったと言ってくださいと言う兵。起きろ、こうしてないで家に帰らないと

と言うチャンウ。むしろ撃ってください、ただし一つだけ約束して下さい、2中隊を

必ず生きて連れて帰るとと兵。約束する、だけど、おまえも一緒だ、死んでも連れて

行く、それが2中隊の精神だと言うチャンウ。おまえがそう思うように?俺にも

部下に対して責任があると。2中隊を連れて脱出してくださいと言う兵。お願いは

俺がする、絶対に放棄するな、一緒に生きて帰るのが2中隊だ、最後まで、元気出せ、

銃を渡し、おまえにも俺にも待っている人がいる、一緒に行こうと背を向けるが、

背後で、大韓民国万歳と自殺する兵。

自分が渡した銃のせいで自分で命を絶ったんだ、だからこれ以上、スヨンまで見捨て

られないと泣くチャンウ。だけど、見送らなければと言うテホ。スヨンの絵が飛ぶ。

頼む、見送ってください、中隊長は2中隊が生き残るのに必要なんです、最後まで

放棄しないでくださいと訴えるテホ。飛んで行った絵を拾い集めるチャンウ。

チャンギラ(足の悪い兵の名?)・・すまない。。。スヨナ~・・・許してくれ。。。

誰も守ってやれなくてすまない・・と泣くチャンウ。あなたは2中隊の中隊長です、

もう少しだけ。。と心で激励するテホ。

☆歩くスヨン。爆撃の音。振り返り、怪我した兵を見つける。米兵だった。銃を

向けられ、撃たないで!Help me!と言うスヨン。

☆教会の中、寒さに震える兵達。無線機を直す兵。無線機がつながる。そこはどこ

ですか?のチャンウの問いに2中隊から連絡が!と喜ぶ本隊。

☆たきぎかな?集めていた若者と少年兵。早く行って休もう、これ食べろ、米国の

菓子、チョコレートだと少年にあげると、半分にする少年兵。背後に中国兵を見て

驚く少年。ヒョンニム・・・・駄目だ!俺についてくるな!ラッパもあるだろう!

早く行け!と少年に言う兵。ヒョンニム・・・・と泣く少年。

教会の周りに待機する2中隊と米兵。北朝鮮の兵は縛ってある。愕然とする兵達。

あそこに・・・があるとか言うチャンウ。最後の作戦だ、わかったか?米兵も了解。

撃て~~~~~~!でエンディング。


予告で2中隊は復軍するけど、イ・ジャンウはどこだ?って訊かれてたね。。。

狂って怯えた様子だったし、捕虜になるのか?来週も楽しみね^^

間違いあったらごめんね^^;

by andegenni | 2010-08-13 00:23 | 韓国ドラマ | Comments(4)

ロードナンバーワン15話リアル視聴

14話で各自の判断に任せると言ったチャンウ。離れて行ったのは

場所だけで、みんな彼を信じて平壌に残ったのね。。。

ネタバレがいやな人は下はスル―してね♪
















15話

☆1950年12月末 平壌に残った第2中隊。本隊が全部無事に移動するまでの

時間稼ぎのために、敵を防ぐ2中隊。それを知ったスヨンは平壌を目指す。

☆彼が残るのを不思議がる兵に怒るジョンギ。指示するチャンウ。そっちは不安だと

言うが、ジョンギは俺がやると。2中隊に告げるチャンウ。残っているのは俺達

だけだ、最後まで2中隊がいるんだ!と。

☆敵を迎える準備をする兵達。それぞれの持ち場につく。話をするチャンウとテホ。

みんなチャンウを信じて残ったんだと言うテホ。それじゃ、テホもそうなのかと問う

チャンウに、自分は軍人だ、たった一人でも信じてくれる?兵がいれば残る、それは

中隊長も同じじゃないですか?と言うテホ。そうだと答え、固く握手する二人。

敵がやってくる。撃て!銃撃戦がおさまると、倒れている味方兵。

しっかりしろ!ポンス、俺はここにいるぞ、助けてやってくれ。。。お守り?と

認識票をちゃんと伝えてくれと若い仲間に託し死ぬ兵。また敵の音が聞こえて来る。

タンクがやってきて、愕然としながら持ち場へ戻る兵達。そのタンクの前を走って

来るスヨン。茫然と見るチャンウとテホ。スヨナ~~~~!チャンウが叫ぶが、

上の若い兵が茫然と出てきてスヨンを撃つ。アンデ~!叫ぶチャンウ。

スヨンをまたいで前進して来る中国軍。這ってお互いの元へ向かおうとする二人。

駄目だ!死ぬ!とチャンウを止めるテホ。力尽き気を失うスヨンの元へ行こうと

するチャンウを行かせまいとするテホ。応戦する2中隊。本隊と連絡を取り退却

命令を出すテホ。チャンウを背負って逃げるテホ。倒れたままのスヨン。

☆雪道を走る小隊長。トラックを見つけると、早く出発しろと言う。

2中隊の兵が着くが約束の場所に車がない。ここでトラックが待っている筈では

なかったのですか?と問う兵に、仕方ない、歩いて行くしかないと言うテホ。

その背で、スヨン・・・と呻くチャンウ。

☆大隊長に私が最後ですと報告する小隊長。まだ、生きているかどうかを確認しろと

言う大隊長に私を信じないのですか?と言う小隊長。通信兵が連絡するが、無線機は

落ちたまま・・・スヨンのそばを行く中国兵。

☆山の中、飛行機を見かけ身を隠す2中隊。茫然と空を見るチャンウ。

気がつきましたか?とテホ。立ち上がるがまた倒れる。雪道を歩く2中隊。

中国軍の倒れた兵士から武器や防寒具を奪い、身につける2中隊。チャンウにも

着せてあげるテホ。歩きながらもまた倒れるチャンウ。

☆休憩。中隊長のせいでみんなが不安なんだ、俺が見ても・・・と言う兵に、中隊長は

何も問題はないから不安がるなと庇うテホ。

スヨンの絵を描いているチャンウ。食べ物がないから蛇でも掴まえないとならないよう

だと言うテホ。どうしようもないこともある、方法がなかった、中隊長がどうしようと、

スヨンはどうしようもなかったと言うが、スヨンは死んでないと言うチャンウ。

絵を見て、こんなにかっこいい、俺にはわかっている、あんな風に死ぬ人じゃないと。

☆遅れてすみませんとやってくる兵。後ろには転々と血痕。仲間が足を調べるがひどい。

大丈夫だと言うが、応急処置だけする仲間。

☆橋を渡ることに。みんなで足の悪い兵も押し上げる。やってくる北朝鮮の車。

テホは、落ち着け、俺達は中国兵だと。テホの横で停まり、どこから来た部隊だと問う

北朝鮮兵。言葉がわからないふりをするテホ。武器に手をのばすが、アイヤ~!・・・

パプ(ご飯)とごまかす兵達。車から食糧を落としてくれる^^

みんな、中隊長だけを信じてます、早く気力を戻してくださいと言うテホ。

☆貰った食糧を、歩きながら食べろと配る兵。お互いに助け合う2中隊。まだ茫然と

しているチャンウ。

☆夜。フラフラと歩いて行くチャンウをテホが追いかける。中隊長、どこへ行くの

ですか!そっちは北朝鮮です!とテホ。スヨンに会いに行く、平壌で俺を待っていると

言うチャンウ。スヨンは死にましたと言うテホ。信じないチャンウ。格闘する二人。

2中隊はどうするんですか!イ・ジャンウ!あんただけを信じて来た奴らだ、そんな

奴らを捨てて行くってのか!本当にそのまま行けるのか!と叫ぶテホに、おまえが

やれと言うチャンウ。いや、中隊長は俺じゃない、イ・ジャンウ、あんたが俺達の

隊長なんだと説得するテホ。それでも歩いて行くチャンウ。足の悪い兵がいないと

報告に来る兵。テホは捜索に向かう。

☆木に寄りかかり妻の写真を見ている足の悪い兵。チャンウを見ると、写真を渡し、

中隊長、このまま行ってください、ここまでも辛かったんです、自分を見なかった

ことにして行ってくださいと頼む兵。兵の頭に拳銃をつきつけるチャンウ。

音でかけつけるテホ達。

☆担架で運ばれるスヨン。死んだと思われ捨てられるが、目が覚めて中国兵のラッパを

吹いて知らせる。

☆死んだ兵の認識票を日にかざすチャンウ。墓を作ってあげる兵達。

本当に自殺なのか?誰も見てないのに・・・だったら、中隊長が殺したと言うのか?と

話をする兵達をたしなめるテホ。

☆これからこの道を登って行くと告げるチャンウ。この道は北鮮に続いてますと不審に

思う兵達。違う人みたいだと思う。移動するぞ!仕方なく従う2中隊。中国軍が来る。

俺達が先に撃つと言うチャンウ。どうしたんだ?と問いかける中国兵に、おまえは

死ぬんだと韓国語で言って殺すチャンウ。主力部隊がいるかもしれないと移動するが、

中国兵の中に子供をみつけ連れて来る若い兵。怪我してる、お願いだ、責任もつからと

言う彼に、好きにしろと言うチャンウ。どう考えても中隊長は変だと思う兵達。

おんぶして、これからは俺が兄貴だと言う若い兵。

☆少年兵の足を治療して何日かすれば歩けるようになるだろうと言う兵。

何歳だ?俺は17歳だと言う若い兵に、15歳だと教える少年。だったら俺が兄貴だ、

ヒョンニムって言ってみろ!と教える。ヒョンニムと呼ぶ少年。喜ぶ兵。

☆寝ているチャンウ。スヨンは自分で弾を取りだし気を失う。会いたいと思う

チャンウ。スヨン、もう少しだけ待っていろ・・・もの思うテホ。3人の姿でエンド。


リアルで聞いて走り書きのみなんで、間違いも多々あるかも。。。^^;;;

間違ってたら미안해요~~~!!!

by andegenni | 2010-08-12 00:14 | 韓国ドラマ | Comments(4)

ロードナンバーワン14話リアル視聴

テホは助けるために連れて行ったのね、やっぱり。。。

二転三転する展開で、6月に始まったドラマが冬になったね。。。

1950年6月25日勃発で、最初の1年ってことだから、残すはあと

半年ってことよね。。。今日は兵のシーンが多くて、集中出来なかった。

それでもいい人だけ下をどうぞ♪ネタばれ嫌な人はスル―してね~♪





















14話

☆キム・スヨン、前へ。証人としてシン・テホが呼ばれる。スヨンのために作戦に

支障があったかどうかを訊かれると、ありましたと答えるテホ。でも、自分が知って

いるスヨンは、人々を助けたこと、医者だったこと、支障があったのは、その一回

だけだったことを話す。自分は大韓民国の軍人としての名誉にかけて無罪だと思うと

言うが、二人の関係を訊かれる。結婚する間柄だったと答えると、それなら、証言が

信憑性に欠けると言われ、他の証言が必要だと。そこで小隊長ヨンミンが証言。

スヨンは、自分はもちろん、みんなが助けられたこと、スヨンに罪があるなら、助けて

貰った兵達にも罪があると。私達はキム・スヨン先生でなければ治療も受けられず

死んでいたかもしれない、感謝していますと。米記者もいろんな戦場を見て来たが

スヨンは立派だと。。。(テホが自分の言うことに従えって言ってたのはこれか!)

キム・スヨンは保留?過ち?と判断される。喜び見つめ合う二人。テホもチャンウを

ふりかえり、頷く。

☆テホに会うチャンウ。スヨンに再会した時子供のことを聞いて、初めて会った時の

スヨンの姿、他人の赤ちゃんに乳を吸わせていた姿を思い出し、自分が愛した姿が

変わっていなかったと言うテホ。この女性にこれ以上憤慨することもない、もう理由も

ないと思ったこと、二人に対する怒りも消えたことを伝える。

ありがとう、スヨンを見捨てないでくれてと礼を言うチャンウ。スヒのことはまた後で

話そうと言う二人。

☆ありがとう、チャンウ。感謝してます、シン中尉。また会えたら必ずお礼を言うから

生き残って下さい。そしてチャンウ、あなたも。と思うスヨン。

スヨンの元へスヒの遺品が届く。驚くスヨン。あなたに謝る事がたくさんあるわと

言うと、姉妹じゃないのと言っていた妹を思い出し泣くスヨン。

☆移動する兵達。どうしてこんなに寒いんだ?慶尚道も寒いかな?とか話す兵達。

スヨンのいる場所を見るチャンウ。ソウルへ行くと言うテホに、行かないとなと答える

チャンウ。心の中で、もういくらも残っていない、もう少しだけ待っててくれと。

☆また法廷。ヨンチョン橋事件の件を訊かれる。兄も作戦を知っていたのか?と訊かれ

認めるスヨン。証人として、オ・ジョンギが呼ばれる。

☆平壌の街を振りかえり、雪道を進むチャンウ達。

☆所属と名を訊かれ、橋の事件時にいたかどうかを確認される。どこかで情報が漏れた

ようだと答えるジョンギ。連れて行かれるスヨンに話があると・・・あの晩、どこに

いたのか?とか、テホが情報を漏らしたのかと問う。テホは何も知らない、全部うちの

兄のせいだと言うスヨン。やはり、テホのせいだったのか、女相手に。。。とジョンギ。

全部私のせいだと言うスヨンに、シン中尉は。。。と何か企みそうなジョンギ。

☆雪の中の痕跡を調べ、不審に思う兵達。クリスマス前に全部終わったんじゃなかったか

とか、誰のものか不明の様子。出発して村に着き、様子を窺う。車がやってきて隠れると

ジョンギが降りて来る。復帰しましたとチャンウに挨拶するジョンギ。身体は大丈夫か?

と気遣うチャンウ。小隊長はブツブツ・・・

☆他に話があるって何のことだ?とチャンウ。ヨンチョン橋作戦のこと、まさかシン中尉

がそれほど軽率だったとは、ナンロ団の医者だった女に。。。と言うジョンギ。

その話はどこで?と問うと、裁判に呼ばれたことを話すジョンギ。シン中尉はあなたの

命も助けたのに。。と言うが、恩とかたきを考えろと?これからは気をつけて生きて

ください、ゆっくりと。。。と不敵なジョンギ。テホを見やるチャンウ。

☆若い兵相手に説教している兵。ジョンギが蹴飛ばす。小隊長と揉める。

☆山道で車が来る。放り投げられる袋。中には男。銃を構える兵にじっとしてろと。

☆慰問団がやってくる。もう戦争は終わったと、歌う女。マッコリを呑み、騒ぐ兵。

歌手にマッコリを勧め、故郷を尋ねる兵。釜山だと。自分もそうだと喜ぶ兵。

袋の男に食事をさせる。韓国語、英語はわかるか?とチャンウが問うがわからない。

☆小隊長に近付くジョンギ。この足を見ろ!どう思うんだ?と問うジョンギ。

今更、誰のせいとか言っても。。。あまり心配しないでください。私が助けますとか

言う小隊長にいきなり発砲。小隊長の言葉を反芻して言うジョンギ。

☆このまま見逃すのですか?と訴える小隊長に、自分が判断すると言うチャンウ。

テホに、橋で沢山死んだのに図々しくないですか?とか言うジョンギ。チャンウに、

ジョンギの言ったことを言いかけて、なんでもないと打ち消すテホ。

☆車に慰安隊の荷物を積むのを手伝う兵達。戦争がすんだら訪ねていくから。偶然じゃ

なく、運命だと歌手に言う兵。がんばって!はい!と別れる二人。

☆テホ達、雪の中に潜んで迎える朝。軍隊がやってくるのが見える。

やってきたチャンウ達。中国兵だとわかる。どういうことだ!と言う大隊長。

今すぐ移動しろと。移動すると、車の残骸。前日出発した慰問隊の車だった。

歌手の遺体を抱く兵。無理やり連れて行かれる。大きな音がして、中国軍から

逃げる兵達。逃げる途中、ジョンギと小隊長が揉めて、ジョンギが首を絞めて

いると他の兵に見つかる。

☆テホと合流。全部終わったと思ったのにどうすればいいんだ?と言うテホ。

報告を聞き、どんな理由があろうと。。。とジョンギを降格するチャンウ。

☆スヨン、調査委員会から移動。平壌に戻って、テホはスヨンが無事かどうかを

確認するようチャンウに言う。燃えている建物。手帳を拾うチャンウ。

☆すでに残っている隊は自分達だけだと言う大隊長。命令するが出来ない、むしろ

殺してくださいと言うチャンウ。銃を突き付ける大隊長。

☆大隊長がどんな決断をされようと従わないとと言うテホ。兵達は心の準備が出来て

いない。大隊長が最後まで残ると言うが、チャンウは2中隊が最後までいると言う。

礼を言い、個人的には・・・と本心を話す大隊長。チャンウ、生きて復帰しろ、必ず!

テホは大隊長にスヨンのことを助けてくれと頼むが、約束は出来ないとの返事。

最後までいて、生き残ったら移動する?みたいに言って、質問あるか?去りたい奴は

去れ、各自に任せると言うチャンウ。聞いただろ?行きたい奴は行け、残りたい奴は

戦闘準備!と言うテホ。離れて行く兵達。テホにも行けと言うが、チャンウに付いて

行くと言うテホ。二人になって太極旗が降ろされるの見る。

PS ここ、離れて行ったけど、みんな残ったのね^^;いい加減に聞いててごめんーー

☆どうなってるんだ?と問う人々。私にもよく?と答えるスヨン。早く降りろ!と

車から降ろされ、キム・スヨンはこっちへ来いと言われる。スヨンだけ別にすると。

イ・ジャンウの婚約者だろう?と問う大将軍。隊を助けるために平壌に残ったと

言われ、驚いて走り出すスヨン。手帳を見るチャンウでエンディング。


兵のシーンが多いと集中できない・・・間違い多いかも?間違ってたらごめんね^^;

by andegenni | 2010-08-06 00:30 | 韓国ドラマ | Comments(5)

ロードナンバーワン13話リアル視聴

CLUB VICTORYのシーン、オットケ~~~~~~!!!だったね。。。

主要人物がバタバタと。。。テホの出方も、そう出るか?だし、予告のチャンウも

どうなるのか。。。で、予想外の展開でビックリ。。。

ネタばれ嫌な方は下はスル―してね♪
















12話主要シーン繰り返し

☆13話

薪割りをするチャンウ。チャンウ、そんな痛い身体でやらないで、私、寒くないわ。

そう思うスヨン。昔、木の下で本を読む(愛についてだったような)スヨンを隠れ

ながら見つめていたチャンウを思い出すスヨン。

☆今、おまえが何をしたかわかるか?チャンウとスヨンがそのまま逃げたら終いだ

とスヒに言うテホ。

☆窓越しに手を合わせ、お互いに心で話す二人。( )内がスヨン。

俺だ、スヨン、俺はここにいる、おまえの傍に(そうね、チャンウ・・・)

会いたかった・・(ごめんなさい。ありがとう、生きててくれて・・)

ごめん、とても遅くなって。。。(これから私達どうするの?どこへ行くの?)

俺達は今、ここにいるじゃないか、おまえ、俺、二人とも生きて。。。

窓越しにキスする二人。

☆大きい事故じゃないし、命にかかわるほどじゃないし。。。とか話すテホ達。

☆大隊長がやってきて、雨も雪も降って大変だったなと兵をねぎらう。チャンウは?

逃げたことは話さないテホ。次の作戦もチャンウに任せたいと信頼している隊長。

小隊長に、また失敗したら許さないと釘を刺すテホ。

☆スヨン抜きに二人だけで行くのか?と兄に問う看護婦。堂々と兄に会わないとなと

看護婦を説得するスヨン兄。

☆妹の持ち場に行く看護婦。どこか悪いのですか?と妹スヒに声を掛けられるが、

人を捜しているだけだと言う。咳の音でかけよる看護婦。実兄だと気付くスヒ。

オッパ!スヒ!と驚く二人。スヨンは?と尋ねる兄。その軍服は何だ?と問う兄。

オンニに会おうとは思わないで、ここにはいないから。お願いだから私達を苦しめ

ないでと言うスヒ。自嘲する兄に、薬だけでも持って行ってと言うスヒ。いらないと

言う兄に、オンニがオッパのことを気にかけていたのが理解できる。具合の悪い人が

気にかかるってことが。。。と、看護婦に薬を渡し、兄を託すスヒ。

☆食事。釜山で食べたキムチチゲは本当に巧かったのにと言いながら、さぁ!と

スヨンに勧めるチャンウ。食べないスヨンに、どうした?おいしくなさそうか?他の

ものをあげようか?と気遣うチャンウ。私、食べる資格がないと言うスヨン。

私、あの子を逝かせ、自分だけ生き残ったのが恥ずかしい。私はこんな温かい食事、

気持ちを受け取れない、何もしてあげてないのに。。。ミョンホの話をするスヨン。

あなたが来るのに、私が生きていなくちゃと、そんな理由をつけ、無条件に、利己的に

生きて来た。ミョンホは死んだのに。。。(書ききれないので意訳)お墓を作る二人。

火の傍に寄り添い、絵を見る二人。私をこんなに綺麗に描いてくれたのねとスヨン。

戦争で、人々の顔を見るのが怖かった。自分の顔もそんな風に見えるのかととても

怖くて、その度に、俺を守って来た顔だ。心の中で・・・と答えるチャンウ。

今の私の顔はどう?と問われ、絵のままだよ、俺は変わっただろう?怖いだろ?

どうしよう・・・と答えるチャンウ。可哀想だわ、とても可哀想と言われ、可哀想

なのか?と問うチャンウ。釜山で、治療してた時の話をするスヨン。(聞き逃したけど、

兵士を治療しながら、助ければチャンウは生きていると思った?よくわからず^^;)

私、まだ、あなたに言えない話があるの、赤ちゃんがいたの、私達の赤ちゃん・・・

(笑顔になるチャンウ)その子が一緒にいて嬉しかったこと、何もない世界で、彼の

子供が出来たこと、彼のかわりに支えてくれたこと、でもその子を失ったことを話す。

(驚くチャンウ)ごめんね、チャンウ。許して頂戴(泣くチャンウの涙を拭うスヨン)

忘れてしまえと言うチャンウに、忘れられない、いつまでも覚えているわ、またそう

ならないようにと。また子供に会いたい、また子供を持ちたいと言うスヨン。

愛し合う二人(外でミョンホの十字架が倒れるのは予感を示唆?)

☆オンニのいる所を知っているだろう?話せと妹に言うテホ。知らない、オンニを

見つけたらどうするの?と問う妹に、全てが生きるためだから話せと言うテホ。

☆絵を見ながら、子供と三人で必ず故郷へ帰ろうと思っているチャンウ。気配を感じ

外へ出る。陰にいるテホ。

☆鏡を見て、自分の顔に驚くスヨン。チャンウ、もうあなたの絵の中の姿は私じゃ

ないみたい・・・

一方、チャンウも水辺で、久しぶりに見た顔は馴染みがなくて怖いと感じている。

☆ごめんね、朝ごはんは私が・・・と振りかえるスヨン。テホだった。思ったより

早く来たわね。早くして、すぐにチャンウが来るから。きっとただじゃおかないと

思うから、誰も傷つかないように早くしてと。手を差し出すが、その必要はないと

テホ。車で行ってしまう二人の後ろで、スヨン!と叫ぶチャンウ。

☆부역자 조사 위원회(反逆者調査委員会?)にキム・スヨンですと引き渡すテホ。

☆模型を持って出かける兄と看護婦。咳き込むと薬の代わりにお酒を呑む兄。

おまえ、兄さんに会いたいって言っただろう?と看護婦に言うが、はい、でも

今からでも放棄して戻りましょうと躊躇する看護婦。

☆兵達が話している。本当にひどい。。。と小隊長にいらつく兵達。チャンウが

戻って来る。肩をどうされたんですか?と気遣うが、テホの元へまっすぐ向かう。

スヨンは?どこへ連れて行ったんだ?テホは、それに答えると、服を着替えて

パーティに出るように言う。スヨンが戦犯じゃないのは知ってるじゃないか!

愛してる人になんてことを。。。最後までおまえの道を行くのか?おまえの本心は

なんなんだ?すべて。。。と言われ、絶句するチャンウ。

☆CLUB VICTORY。パーティ会場に潜入しているスヨン兄と看護婦。薔薇の花の

下に爆弾?アメリカ人と挨拶し、祝辞が始まり、ダンスや演奏も・・・

花の傍に立つチャンウ。それに気付く看護婦。チャンウも気付く。逃げようとして、

小隊長にぶつかり、おまえは。。。と言われる看護婦。からかいはじめ、花を一輪、

髪に刺す小隊長。看護婦を連れて行くスヨン兄。知り合いに会ったと告げる彼女に

では、任務は自分が直接やると言う兄。米記者と話すテホと小隊長。小隊長に

事故の責任を問い、これからは俺の言うとおりにしろと釘をさすテホ。

☆兵達はCLUBの外。妹がまだ見つからないのか?きっと生きてるさと慰める仲間。

そこへスヒ。スヒさんも来られたんですか?と驚く兵。どこにいるんだ?と妹を

想う看護婦の兄。

☆アメリカ人から祝いの言葉を受けるチャンウとテホ。その姿を見るスヒは、後ろに

実兄を見つける。花をさぐり、ライターで火を点けようとする手を止めるスヒ。

争う二人を見つけるテホ。ここで何をしてるんだ!と問う兄に、オッパがここになぜ

いるのかと詰問するスヒ。最後の頼みだ、頼むから・・・と言われ、最後?といぶか

しく思うスヒに、自分はもうだめだ、可愛く賢いおまえたちなのに、こんな兄で

すまない。。。こんなに頼んでいるのにと泣き落としする兄。倉庫部屋?に入り、

スヒ、ここにいたのか?スヒ、どうしたんだ?と近づくテホ。瓶でテホを殴る兄。

世の中でとりかえしのつかないこともある、俺の存在のように?とか言う兄。

争う兄と看護婦。気付くチャンウ。窓を割って知らせる妹。花に近付き火をつけようと

する兄を撃つチャンウ。トリョンニムと知り愕然とするチャンウ。

走り去る看護婦。それを狙って撃つ兵(小さい画面でよく見えなかったけど、実兄?)

倒れた看護婦の顔を見て妹だと知り、号泣する兄。

☆連れて行かれながらも、昔からおまえが嫌いだったとチャンウに言って笑う兄。

車に乗せられた兄を追いかけるスヒ。チャグンアガッシ!と止めるチャンウ。

車の中で落とした瓶を拾う際、兵の手榴弾を見つけ、ピンを抜く兄。爆発!

まきぞえで倒れるスヒをテホが抱きとめる。ごめんなさい、シン中尉、チャンウ・・・

初めて抱きしめて貰った、愛してますと告げて死んでしまうスヒ。

戦争が終わったなら全部元の様に戻れるかしらと言っていたスヒを思い出すチャンウ。

☆法廷に移送されるスヨン。テホも傍聴。チャンウも駆けつけ、スヨンの姿に驚く。

キム・スヨン、前へ。ナンロ団の一員だな?と訊かれるスヨン。否定するが、これは

なんだ?ここに署名があるぞと薬の配給の時の署名を見せられる。

自分の署名だと認めると、説明しろと。一人の子供に薬が必要で、自分は医者だと言うが

認めるんだな?我々が持っている団の名簿にも名前があると。一度も活動してはいないと

言うが兄が関与した事件を持ち出され、自分の兄だと認めるスヨン。愕然とするチャンウ。

☆こうするしか方法はなかったのか?と問い詰めるチャンウに、もう、後悔もせず、自分の

行きたい道を行くと答えるテホ。

☆キム・スヨン、前へ。証人として出て来たテホに驚くチャンウ。ここでエンド。


あ~、テホもとうとうそこまでやっちゃうのか。。。二人の再会はまたも束の間。。。

by andegenni | 2010-08-05 00:55 | 韓国ドラマ | Comments(3)