<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

韓国の항렬について・・・

今日は、久々、バーゲンに行った・・・

娘と一緒にあれこれ買い物するのは楽しかったが、おねだり上手の娘に

あれこれ買わされた・・・笑)夜は『パスタ』の最終回を二人で観た。

最後まで微笑ましいドラマだった。最近、一番嵌って観ていたからなんだか寂しい。

最近、観ているドラマは・・・リアルでは『ロードナンバーワン』のみ。。。

他には、『あなた笑って』『宝石ビビンバ』『千万回愛してます』『風吹く良き日』

それと、最近始まったばかりの『帰って来たプリンセス』『恋愛マニュアル~まだ

結婚したい女』『天下無敵イ・ビョンガン』・・・

録画中は数あれど、観るぞ・・・と思わないと、毎週2話の進行では続かない・・・

始まったばかりのドラマは一応チェックの意味で観たが、なかなか面白い^^

『アイリス』はTBSチャンネルで録画しているが、先が気になり残りは一気に観た。

なるほど。。。これだけ???で終われば、リアル視聴した人はイライラしただろう。

スピンオフドラマ『アテナ』で引き継がれるけど、アイリスの謎も引き継がれるの

だろうか?配役の中で大統領が同じ人と言うことで、新ドラマでありながら続き・・・

みたいに考えればいいのだろうか?『チュノ』はもうすぐ終わるから一気に観る予定。

リアル時、どれだけ聞きとれていたか、間違っていたか、審判が下されるようで、

ちと怖い。。。


지난번에 講座で家族の呼び方を勉強した。兄、姉の男女間の呼び方の違いなんかは、

韓ドラ観始めてすぐにわかるが、結婚後の家族の夫側、妻側になると複雑・・・

先生が説明を始められたのは下・・・先週、先生は不幸があって帰国された。

きっと下の図の大方が揃われたと思うけど、今までそのままに覚えていた呼び方に

こういうわけがあったと初めて知った・・・私なりに男性の항렬を図にしてみた。

f0152079_222449.jpg


前から気になっていた「八親等内の結婚不可」の法律。。。先生の説明でようやく

理解出来た。新羅のドラマや三国時代のドラマを観ると、めちゃくちゃ近親婚が

多かったのに、いまや八親等内は法律で禁止とは!先生は逆に、いとこ同士でも

結婚出来る日本の法律にビックリしたとおっしゃっていたが。。。

こんなに広範囲まで禁止とは、ちゃんと親戚間のつきあいがないと難しいと思ったが

八親等くらいまでは、つきあいがあるそうだ。曾祖父世代、祖父世代、父世代と分けて

あるけれど、それも理由があって、名前に「火」「水」「木」「金」…などの辺が

つくがそれが繰り返されて、世代ごとに同じ辺を使うから、同じ一族は世代毎に名前の

辺が同じで、どの世代かがわかるそうだ。全ての家庭がそうなのかはわからないが、

少なくとも、家系図があるような両班の家ではそれが一般的で、どこそこの○家だと

言って名前を言えば、どの世代かがわかると。。。女の子は関係ないけどね^^;

単純に独身の叔父と思ってたら、삼촌という呼び名は、自分から考えて、

父(+1)+弟(+2)=3 で삼촌(三寸サムチョン)。母方は외삼촌(外三寸)

사촌いとこは

父(+1)+弟or兄(+2)+子供(+1)=4 で、사촌(四寸)

それぞれの年齢によって、사촌형 사촌누나 사촌동생となる。

父のいとこは당숙あるいは오촌(1+1+2+1=5)아저씨と呼ぶ。

その子供は、さらに+1で육촌だから、육촌형 육촌누나 육촌동생となる。

曾祖父まで遡ると更に縦に+1で上に、下にも+1が増えるから팔촌(八寸)。

なんとまぁ、これじゃ、親戚つきあいが大変なわけだ!

それで、血筋中心に婚姻法があるので、Aの兄弟とBの姉妹がそれぞれ結婚するのは

構わないそうだ。。。一応、二家族が二重に縁を結ぶから、避けられてはいるけど、

法では禁止されていないと。。。ふ~~~ん・・・とても興味深かった。。。

だから、まずは知りあうと、どこそこの○家だと紹介し合うのねぇ・・・元が同じだと

血縁かもしれないから。。。同じ名字同士が避けられるのも、そういうことか・・・

日本人は、そこまで遡って調べることもないし、はとこ(육촌)の顔もよく知らない^^;

ドラマ観てて、どうしてそんなこと。。と思うことも多いけど、こういう風に国によって

法律も民心も違うと思わないとね・・・近くても外国だと感じることも多いわ^^;

つらつら自分のための覚書・・・

PS 見直ししてたら息子から呼ばれて。。。飲み物とお土産のお菓子が食べたいと。

「オーダー、○○君テーブル、ミニシュークリーム7!」と試しに叫んだら、

「예 ~シェプ!」と娘が返事して持って来た!爆)私は「통과!チーン!」・・・

娘は息子に、「シェフじゃなくてシェプだよ~!」と。馬鹿な母娘だ・・・笑)

by andegenni | 2010-06-27 23:11 | 韓国四方山話 | Comments(0)

ロードナンバ―ワンが始まった!

昨夜から『ロードナンバーワン』が始まった。

f0152079_0175683.jpg


久々、リアルタイム視聴の始まりだ^^

昨夜は、定員制の地方局と、MBC本局を繋いだが、結局、小さいが画質の

いい地方局を選択して観た。今日は、久々、昔、よく利用していたサイトから

地方局を選択したら、WMPではなく、なんとREAL PLAYER SPが

立ちあがった!

f0152079_2320270.jpg


ノートパソコンの半分くらいの画面で観られる^^定員制だから、6時前から

繋ぎっぱなしだったけど・・・

長男目当てで買った「韓流ぴあ」も届いて、中にロードの特集があった。

ジャンウ@ジソと何かにつけ敵対するオ・ジョンギって?って思ったけど、今日、

出て来たね・・・

昨日は、まるでプロローグみたいな内容だった。ネタばれ、嫌な方はここから

スル―してね^^












60年後のテホがジャンウの名前をなぞり、約束を守れなくて済まない、きっと

生きていてくれると信じてる。。。みたいなことを言ってて・・・

地方のいい家のお嬢様と、作男の息子の幼い時代からの恋・・・それが実り、

両親の死で没落した家の娘スヨン@ハヌルは、結核の兄もいたためか、医者を目指すが

学費が続かない・・・ジャンウの夢はスヨンだけを一生愛し、離れていても恋しがる

こと・・・だから、スヨンの学資のためにパルチザン討伐隊に志願する。

(絵を그리다だと、描くだし、感情の그리다だと恋い慕う。。どっちもの意味かな?)

その地に駐屯中のシン・テホは診療所で会ったスヨンに心を惹かれる。

タンポポの花が咲く頃にはきっと帰ると言ったジャンウだが、スヨンの元に戦死の

通知が届く。橋の上から、自分がジャンウの傍へ行くと、身を投げようとするスヨン。

それを止めるテホ。テホの好意に、徐々に心を開くスヨンは、彼と婚約する。

1950年6月24日。ジャンウが帰還。家に戻ると、下の娘からスヨンの結婚話を

聞き、駆けつける。橋の上で話をしているスヨンとテホ。今夜は任務があることを

話している(橋の爆破)。そこへジャンウ。驚くスヨン。婚約者だとテホは言うが、

自分が生きて帰った以上、前もこれからも自分の女だと主張するジャンウ。

任務のため立ち去るテホ。スヨンは、妹に今夜は出かけるなと釘を刺すが、それを

聞いていた兄。兄は共産主義者になっていて、テホの作戦を阻止しに出かける。

テホの指令場所に現れ狙撃する兄達。追って行くテホ。診療所で治療するスヨンを見て

自分を利用したと思うテホ。燃える診療所の中に彼女を残して行くが、ジャンウが助ける。

彼女を連れて行こうとするジャンウ・・・戦火が見える。車でやってきたテホは、軍人

なんだから乗れとジャンウに・・・6月25日未明・・・朝鮮戦争勃発。敵はタンクで

やってきた。。。で一話終了。

今日は、탱크(戦車)から逃げる軍人たち。地元民も避難する。スヨンの妹はジャンウの

父と共に・・・スヨンは兄が心配で・・・だが、捜しに来たジャンウ。一方、自分の

言った言葉>スヨンで作戦が失敗したと思ったテホは、橋を爆破して戦車が通れない

ようにすると志願。

里長は、隊長の、また家に戻れるようにするという言葉を信じ、村人を避難させる。

ところが、思ったより早く戦車が現れて、結果、部下だけを死なせ、爆破失敗。

自分のせいだと告白するテホに、ユン・サムス@チェ・ミンスは、テホに、そのことは

黙っていろと・・・

逃げようと言うジャンウ、逃げられないと言うスヨン。逃げても、ずっと逃げ続ける

わけにはいかないみたいに言うスヨン。ジャンウは生きるために人を殺し手が震えると。

スヨンと抱き合ってるジャンウ。スヨンに銃を突き付けるテホ。自分のせいで、スヨンの

せいで部下を死なせたと。自分を愛してたのかどうかを聞かなくてはならないと・・・

こういう状況では信じては貰えないだろうけど、確かにあなたが好きだった、でも、

それはジャンウがいない世界だったからだと言うスヨン。スヨンを殺すなら自分を殺せと

目を閉じるジャンウ。殺せないままサムスの元へ連れて行くテホ。

サムスは罪を問うより、人を生かす方がいいと考えるいい人みたいね^^

작은 아가씨(妹)を庇って怪我をするジャンウ父。아바(이?)おじさん!と叫ぶ妹。

怪我をした父を、テホにこれは持ち出したと妹が自慢したウェディングドレス(テホは

複雑・・・)を裂いて、治療をするスヨン。父を頼むと言うジャンウ。

隊長は、もう撤退すると言いだす。サムスは、住民は隊長の言葉を信じて家に帰れると

思って避難したのに、どうするのかと・・・住民まで構っていられないと言う隊長に、

自分は残ると・・・タンク相手に勝ち目はないと憂慮する部下。去りたい奴は去れと

言うサムス。テホもジャンスも一緒に残ると決意。隊長が去ると、住民の前で

큰 절(大きなお辞儀)をするサムス。帰れると言ったが、もう北へは誰もいない、一番

北へいるのは我々です。南へ避難してください、漢江を渡れば無事です、無事に避難

出来るまで、自分達が敵を防ぎます。必ず生きて、また会いましょうと・・・

その気持ちに打たれ、住民は移動。

一緒に行けない、父を頼むとスヨンに言うジャンウ。きっと生きていてくれと、

二人の別れのシーンが上の写真。

戦車を防ぐ作戦・・・パルチザン討伐の経験者のジャンウは意見を出す。それに

チャチャを入れるのがオ・ジョンギ。逃げる途中、父の容体が悪化。幻想も見え・・

ジャンウはどこだ?と探す父に、もうすぐ来るからと切ない嘘をつくスヨン。漢江を

越えれば、病院に行って手術して助かるからと言ってたのに、結局川の手前で亡くなる。

そうとも知らず、作戦実行前の二人。描いた絵を見つめ、スヨンに巻いて貰った布を

見つめるジャンウ。スヨンに買った指輪を見つめるテホ。戦車がやってくる・・・

サムスの言葉「살아서 만나자...반드시!」生きて会おうな、絶対に!

穴を掘った場所までもう少し・・・まだだ…まだだ・・・・・祈っている男達。

だが、ちょっと早かったような爆破で2話終了。。。

書く予定なかったので、メモもなく、覚えている所だけだけど^^;

数人の友人から連絡が入ったので、ちょこっとだけ、わかる部分だけ書いてみた^^;

こんなんで参考になるかどうかだけどね^^;間違ってたらごめんね~!

by andegenni | 2010-06-25 00:19 | 韓国ドラマ | Comments(4)

2010.5 ソウル part11

東大邸からのKTXは22時19分、ソウル駅着。

駅を出ると、そのままロッテマートへ。我が家の韓国のりの消費量はすごくて

機内持ち込み用の大きな袋を降り畳んで持って行く。中身はほとんど海苔だから

軽い^^今回も海苔売場へ直行!が、しかし。。。いつも買う、両班の海苔の

大きめの(30枚くらい入っている)小分け袋入りが見つからない・・・

日本人の会社員風のお二人を連れた韓国人男性も、あれ?と話していらした。

一番人気は、両班の板海苔。これも予備でいつも買うけど、すでにカットされてる

方が食べやすくて我が家の定番なのにない!韓国人の男性が売り場の店員を掴まえ

話をされていた。私も同じものを探しているというと、少し待っててくださいと・・・

戻って来た店員は、今は在庫もないと。。。また、いつ入るのか?と尋ねる男性。

もう一度待たされ・・・明日も無理だと・・・諦めて、勧められたお弁当用の

小分け海苔を買う。かなり割高だし、一袋に10枚しか入っていない。なんだかんだで

海苔だけで6万~7万ウォンも買ってしまった^^;初訪韓時の蚕室のロッテマートに

始まり、江辺のテクノマート地下のロッテマートも2回、ここ、ソウル駅のマートには

毎回のように来ているのに、こんなの初めてだ!まさか、製品中止じゃないよね(T_T)

ホテル着、11時半頃・・・すでに、預けた荷物は部屋に入れておいてくれた^^

翌日、のんびり起床して、一旦チェックアウト。また荷物は預かって貰う。

さて最終日・・・3時半ごろまで何をして時間を過ごそうか?

とりあえず、明洞の街へ・・・
f0152079_19666.jpg

よく通る道だけど、これってイ・チョニ?そうだよね?

娘に頼まれたパック類を買いに・・・娘の親友には塗って寝るだけでいいパックを。

3個買うと1つおまけだったのに、今回はおまけ分がBBクリームに変更されてた。

シートパックもいっぱい買う。会員カードまで作ったお店だったが最近移転して、

お店を探し探し・・・カードがあるといつも割引なので、便利^^

いつも覗く韓流ショップがあって行ったらお姉さんがいない。。。もうすぐ来ると

アジョッシに聞いて、まずはシンソンソルロンタンへ・・・階段で悩んでいる夫婦が

いて、おいしいのかなぁ。。。と^^;おいしいですよ^^と言うと、一緒に入る

ことに。。。しかも一緒に座ることに。。。食べ方やキムチの場所、切り方も説明し、

冬場は持ち帰りも便利だと説明<私は店員か!爆)旦那様が感激して、おいしいと^^

奥様と並んだ私を記念撮影まで。。。爆)「燦爛たる遺産」の影響か?それまでは

メニューにそれほど変化がなかったのに、めちゃくちゃメニューが増えていた。

でも、シンプルなのが最初から私はお気に入りだ^^お二人と別れて、また、さっきの

お店へ戻る(すぐ近く)。お姉さんは私を見つけると、あら~!と駆け寄ってハグ!

もう何回も立ち寄っているので。。。今回は誰の?と言われ、帰国後会う予定の友人に

チャン・ヒョクのカップを買い、ナムギルのものはないの?と尋ねたが、唯一のものは

小さな卓上カレンダーだけ。お姉さん曰く、「オンニはいつも流行先取りだからねぇ」

だって!笑)彼は善徳でブレイクしたけど、まだ日本ではあまり知られてないでしょうと。

今、放送されてるから人気出ると思うけど、もうすぐ兵役だからねぇ。。。少し待って

くれれば、夕方にはカップなら作ってあげられるよ^^と言われたけど、3時半までしか

いられないからと。今は、少しは増えたか?まだ定着する所までは行ってないからね^^;

また来るね!と別れて、乙支路駅方面へ・・・BOOK LIBEROにて、OSTが

いいと評判の「クリスマスに雪は降るの?」と「善徳女王」のOSTを買った。

雑誌はあれこれ探したがこれというものがなくて、ナムギルの出ているものを立ち読み^^;

地上に出るとにわか雨・・・傘はホテルに置いて来た!
f0152079_1954675.jpg

仕方ないので、社長さんから聞いていたcafe coinの2号店へ!開店前だったようだけど

入れてくださった。メトロホテルの近くのニ階。こっちも落ち着くインテリア。

雨がなかなか止まない・・・窓際に座って、通りを行く人々を眺めた。

小降りになったので、地下道を渡り、ロッテシネマへ。上映中の作品を見たが、これと

いって観たい映画がない。仕方ないので、隣のヤングプラザへ。パパと息子に色違いの

Tシャツをお土産に買った。また地下道を渡り・・・元AVATA今NOON SQUAREへ。

地下の永豊文庫を覗く。ここは便利だけど、鐘閣の本店に比べると余りに小さい・・・

上がって行くと・・・
f0152079_197455.jpg

あ、話題になってた善徳女王のベアだ!
f0152079_1971722.jpg

こっちにも・・・入ってみた。ベアと、ストラップ等がセットになっている。

ベアはいらないので、ストラップだけでは駄目ですか?と訊いたら、OKだった^^

なんと、最後のひとつで、5000ウォン!なんか嬉しかった<使うんかい?笑)

f0152079_1973086.jpg

明洞キルに新しいお店がオープンしていた。名前は「Holika Holika」

店頭のアガッシに何か買うとあげると、チョン・ヨンファのクリアファイルを貰い、

買わずに出る度胸はないので、アイライン(先が二本あって使いやすいという話で)

を購入。また羽ペンだのなんのと貰った。このお店、右隣りはヨン様、左隣はミノで

日本語ぺらぺらの店員さん。日本人目当ての買い物通りだわね。。。^^;

小学生の一団が歩いていて、どこへ向かうのかと思ってたら、この通りにナンタ劇場が

出来ていた。

f0152079_1974731.jpg

飛行機に乗る前に食べようと、お気に入りのキムガネへ・・・キムガネキムパッ購入。

f0152079_1975893.jpg

明洞劇場前。取材中のTV局はtbs。韓国にもtbsってあるのね^^

赤い衣装の方々は、街角に立って案内してくださる観光案内の方々。
f0152079_1981110.jpg

猫の着ぐるみの方。後で持っていらしたボードをよく読むと、cat cafeだ!

前から弘大とかにはあったらしいけど、この春、明洞にも登場したらしい。

近くのビルの上にあって、ボードによると、20匹の猫と一緒にお茶を・・・

ちょっと検索したら、レポが見つかり、8000ウォンで、猫好きが集まって

お茶しているらしい。世界的に猫カフェは静かなブームとか?

forever21とかも覗いたが、買い物好きな娘がいないから、私一人ではどうにも

ならない。。。そうこうするうちに、またにわか雨!また避難しないと。。。で、

今度はcafe coinの一号店へ!たまたま近くにいてよかった!coinさまさまだわ♪

そろそろバスの時間まで小一時間・・・映画を観なかったから、時間つぶしも大変!

f0152079_1981940.jpg

娘の大好きなEVISU。計4本も買った娘^^;
f0152079_1982829.jpg

こっちは、実は慶州のEVISU^^

最後の最後まで、屋台で靴下買ったり、あれこれ買ったり・・・で、スーツケースに

入れる物(重いもの&水気のあるもの)と、持ち込み用を分けて、お世話になった

ホテルを立ち去る。リムジンバスの中で、キムパッを食べ、仁川へ。。。

搭乗待ちの時、アジュンマの一行とちょっと話をした。一人なのが珍しかったようだ。

慶州へ行って来たというと、もう30回以上訪韓してるけど、一人旅は自信ないと。

お金と暇のありそうな一行だった^^;

帰りの飛行機、こんなの初めてというほど揺れた!気流の悪い場所を通りますって

アナウンスが入ったけど、身体が浮く感じで・・・成田は雨。。。。

無事着陸出来るだろうかと思ったけど・・・今までで一番ドスン!と着陸。

ま、こんなこともあるだろうさ!笑)一人なので、電車を乗り継ぎ、最寄りの駅まで

娘が出迎えてくれて、12時頃帰宅。

f0152079_1983797.jpg

このファイルにつられて買い物・・・NATURE REPUBLICではマニュキュアだけ!爆)
f0152079_1984624.jpg

善徳女王関連の買い物。ストラップは可愛いよ^^他に、OSTも買ったけどね^^

ちょっとお勉強♪

『선덕여왕』はどう読むでしょう?私、ちゃんと講座の先生に質問した^^;

선덕여왕 > 선덩여왕 >선덩녀왕 発音の法則で、このように変化♪

ソンドンニョワン「 ㄴ」は歯茎裏に舌がつくn「ㅇ」は、ズボンやボタンみたいに、

口を閉じないng ・・・ㄴとㅇの区別は慣れだけど、ㅇの後に、母音が来ると

隠れているgがリエゾンするから사랑해はサランゲと聞こえる。ウンチェを思い出すね♪

사랑のㅇを口を閉じないで言って、その後に해(애)を続けると実感できるよ^^



長々とひと月以上もかかった2010年5月の旅日記、これにて終了♪

お付き合いいただいたヨロブン、대단히 감사합니다 ~~~~053.gif


by andegenni | 2010-06-22 20:03 |  2010.5  慶州 | Comments(8)

2010.5 慶州へ part10 石窟庵・仏国寺

一昨日の夜は娘とSEX AND THE CITY2を観に行った。

1は全世界で4億ドルの大ヒット!2は前売り券が、その時一番人気の映画を

越したそうだ^^;やはり、面白い~~~~!!!

オフィシャルサイト♪

ライザ ミネリが出て来た時は、え?本物?と思ったけど、64歳なのに

動きがシャープで足が綺麗!ペネロペ クルスもカメオ出演してて、なるほど

ハリウッドの女優達にもファンがたくさんいるのを実感出来る^^

久々、イクスピアリで観たけど、斜め後ろで綺麗なアメリカ人?の女の子が二人

観てて、何度も大笑いしてて・・・最後はエンディングに合わせて、踊りながら

出て行った・・・娘と、東大門で深夜「映画は映画だ」を韓国人ばかりの中で

観た時も感じたけど、アメリカも韓国も、映画を観る時、弾けて観てるなぁ・・・

日本人は、少しでも話してる人がいると冷たい目で見るし、「静かに鑑賞」が基本で

謙譲の美が賞賛される国だけど、明るい映画ならもっと弾けてもいいのになと思った。

久々行ったら、駐車場手前に「シルクドソレイユ」の劇場が出来ていた。今度は

こっちも観てみたいなぁ・・・「太陽をのみ込め」でも出て来たけど、あの舞台は

圧巻だった^^調べたらピーク時のいい席は16000円・・・でも見たいかも^^;

昨日は韓国では「ロードナンバーワン」の制作発表とショーケース・・・

記事がたくさんあがってるし、動画もいくつか観たし、昨夜のセクションTVも

観たけど、もう来週開始だ!昨夜のセクションは話題が豊富で、ロードのインタが

面白かった。キム・ハヌルはジソとのキスシーンはとてもよかったけど、ゲサンとの

キスシーンは嫌だったと!笑)三人とも大笑い。しかもゲサンが好きなのは

f0152079_1644479.jpg

ジソブ兄さんみたいだと・・・この後、사랑해요と言って、ジソは大笑い!

ともあれ、和やかそうなインタだった。他にも、

f0152079_16481327.jpg

チェ将軍とキム・スンスのファッションショー、それを観に来たヒョギ、あるいは

ミシル@コ・ヒョンジョンの初ペンミに出席したビダム@キム・ナムギルとか^^

あ、とにもかくにも早く、旅行記終わらせないと・・・笑)

では続きを・・・

10番バスに乗って、仏国寺へ・・・途中、工芸村も経由・・・
f0152079_3281552.jpg

着いてすぐに観光案内所へ向かった。石窟庵行きのバス停を尋ねる。

向かいの道路にあることを確認して、さぁ、食事だ!45分しかない・・・
f0152079_3284270.jpg

道を降りて行くと、全部屋根瓦のある何筋もの通り・・・お坊さんしか

見当たらないので、尋ねてみることにした・・・

「あの・・・ちょっとお尋ねしてもよろしいですか?」それに対する答が

「はい、なんなりとお尋ねなさってくださいませ」と最大級のお返事!さすが!

カルグクスを食べたいので・・・とお店を尋ねたが、お仲間で話されて、あるには

あるけれど、ちょっと説明するのが難しいと。。。では、スンドゥブチゲは?と

訊くと、一番近くのお店を教えて下さった。감사합니다, 승님♪
f0152079_329329.jpg
f0152079_3291870.jpg

もう2時なので、お店のアジュンマ達も食事中。食べていらっしゃったラーメンが

おいしそうだったけど、メニューじゃないと。。。笑)スンドゥブチゲを注文♪

魚介類も入ってて、とってもマシッタ~~~!上の左側の葉っぱ、名前を尋ねたが

忘れた・・・まんま葉っぱに味付けしてあって、初めて食べたけど、ちと苦手かも?

韓国語で会話したら、あれこれ訊いて来られて。。。仏国寺の駐車場のすぐ下の

お店だから日本人も多いと・・でも、アジュンマ一人で行ったのは珍しかったのか?

円からウォンはいくらで両替したかとか・・・ちなみに当時は100円>1270W

くらいだったけど、今はもっと円が高い。私はウォンを持ってたので今回は両替なし!

2時40分発の石窟庵行きのバスが停車中だったので乗りこむ。後から外人の女の人が

一人・・・出発する時も片手でも足りる人数^^;仏国寺から石窟庵までの道は

日光のいろは坂状態・・・行きは右側が景色がいいと(帰りは左側)調べていたので

右に座ったけど、食べたばかりで、ちと気持ち悪くなった・・・景色はだんだん登りで

とても綺麗。八重桜が満開&散り際でとても綺麗だった。5月にまた桜が見れるとは!

着くと、運転手さんが、4時だよ!って教えてくれて。。。外人の女の子にも教えて

あげると「ありがとう」と日本語が!カナダだったか?からの一人旅で、日本にも

しばらく来たことがあるとか・・・とっても旅慣れている様子。
f0152079_3293334.jpg

駐車場からすぐ見える鐘堂。階段をあがってチケット購入。数百人分のチケットを

買っている男性が・・・ものすごくカッコいい人で、俳優でもいけるんじゃ?と

思ったが。。。後で、先生だと判明!こんな先生がいたら女生徒に人気だろうな!
f0152079_3295068.jpg

さて入るか・・・ところが、わかってはいたが。。。
f0152079_330771.jpg

こういう緑が綺麗な道をテクテク歩くこと、約15分!綺麗だけどねぇ・・・

なぜに、入口から遠いのか?儒教が栄えて、仏教は山奥に隠されたという説も

あるにはあるけど、それにしても遠い・・・1時間で往復しないとならない・・・
f0152079_3301752.jpg

石窟庵下の広場から更に急な坂道を登り、ようやく到着!でも写せるのはここだけ!

内部は、ガラスで覆われて、写真撮影も禁止。国宝の中でも最大の国宝だからね・・

新羅の景徳王10年(751年)に宰相である金大成が設計、創建、彼の死後、国が

工事を引き継ぎ完成。高さ3.4mの釈迦如来坐像は花崗岩を丸彫りしたもので、仏教

美術最高の傑作だとか・・・本来の石窟庵は自然の湿気対策、換気が出来ていたが、

日本の統治時代に解体して建て直ししたが、元の状態がわからなくなり、今は、石窟の

周りをコンクリで固めてしまって換気が出来なくなり、ガラスに入れて人工的に空調

調整してるんだとか。。。超有名な観光地だから、内部は検索すれば出て来るよ^^

外人さんのツアーが来てて、メキシコだったか?とっても気さくだった^^
f0152079_3302518.jpg

少し下がった場所にあるお堂。ここは写してもOK♪
f0152079_3303950.jpg

補修の際に出て来た石。
f0152079_3305689.jpg

広場の様子。もう、どこもかも子供だらけ~!
f0152079_331794.jpg

一応、お約束のこれも♪

帰りは同じ道。外人さん達もほぼ一緒に・・・一人の外人さんが指さした先には

リス!怖がらないで、普通にしている^^子供たちの一行も追いついて来て、

外人さん達に、「ハロー、ハロー!」の連呼!私の顔も見るので「こんにちは」と

言ったら、「일본 사람이다」と・・・あちこちから「こんにちは!」と言われた^^

鐘の場所へ戻る。打つのは遠慮して駐車場へ。。。
f0152079_3312156.jpg

f0152079_3313322.jpg

高い場所にあるので、景色がとてもいい。残念なことに霞んでて、海は見えず。

反対側は、仏国寺や慶州市内を見渡せる。屋根瓦の一帯は瓦が揃ってて綺麗^^

4時前にバスが到着。先程の運転手さんが、笑顔で迎えてくださった^^

またグルグルの坂を、今度は下り・・・また若干気持ち悪くなり・・・

ようやく仏国寺へ戻る。ここも、駐車場から遠い(T_T)

f0152079_3314966.jpg

公園の中を進む。八重桜が散って、ピンクの絨毯状。。。
f0152079_33265.jpg

お約束(そんなのあるんか?笑)の石碑。若い男性が座って携帯で話し中で、

なかなか去ってくれなくて^^;ようやく写して、門の中へ。。。
f0152079_15161153.jpg


入ってから、あっ!と気付く^^;入口の一柱門を写すのを忘れた!柱が一字の

門で、煩悩を払い、一心で仏の元へ向かうという意味もあり、どんな人にも出入り

自由に門を開くという意味で、扉がない門。帰りでいいか?と進む。参道が綺麗!

f0152079_3321874.jpg

第2の門。天王門。前を歩いている方は作務衣を召していらして、関係者みたいで

門の前で、長く合掌してから入られた。私も一応合掌してくぐる。門の中には

持国天王と増長天王、広目天王と多聞天王の姿が。2月に行った永平寺を思い出した。

この仏国寺も石窟庵と同時に創建された世界遺産の仏教美術の傑作品。

国宝が6つある。

f0152079_3325291.jpg

紫霞門に上る階段が国宝に認定されている青雲橋(下の階段)・白雲橋(上の階段)。

でね。。。ここでも随分待ったの・・・と言うのも、この柵の前に女の子4人が座り、

向かい合って先生が座って、手で影絵の動物みたいなのをやってて・・・私ともう一人の

外人がカメラを持って待っているのに気付いた女の子一人が先生に言ったのに、先生は

気付かず、何回も言われて振り向いて。。。先生は夢中だったご様子で!爆)
f0152079_336689.jpg

立ち去る姿を写してしまった!爆)小学生も高学年になると可愛くてスタイルがいい!

お気に入りの子達に囲まれて、若い男先生は天国ねぇ~!爆)でもね、この先で一回、

写真を写しましょうか?って先生の方から声かけされて、気にはしてた様子!笑)
f0152079_3362920.jpg

多宝塔。4か所にあった置き物が盗まれて一か所だけになったとか。。。なんという!
f0152079_3365063.jpg

大雄殿もこの通り・・・どこへ行っても子供だらけで。。。^^;

仏国寺も検索すればいくらでも出て来るので、一応全部写したけど、割愛!
f0152079_337636.jpg

金の豚さんには触って来た。何か御利益があればいいけど~!笑)
f0152079_3372428.jpg

こういう人気が少ない所が嬉しいほど。。。
f0152079_337378.jpg

安養門に上る階段は蓮華橋(下)・七宝橋(上)でこれも国宝。掃除中だった^^;
f0152079_3375231.jpg

帰り道・・・子供がいなくて、爽やか~な緑の道。。。

家族連れの一行に追いついたら、可愛い赤ちゃんも一緒。息子さんがお母さんに

これからどこ行こうか?アナプチって所がライトアップされてて夜は綺麗らしいと

話してらして・・・孫も連れ、息子一家とお出かけで、いいなぁ。。こういうの^^
f0152079_338877.jpg

出たらこの門だった!あれ?一柱門は?係の人に訊くと、行きと帰りは道が

違うそうで、ずっと先だと・・・諦めたーー;

また観光案内所を覗いて、帰りのバス停を尋ねる。
f0152079_341189.jpg

慶州バスターミナル発の10番、11番バスのルート。主要観光地はこのバスで

ほぼ行ける。クリックすると大きくなるよ^^

目の前を、外人さんのツアーバスや、小学校の遠足?修学旅行?バスが出発して

行く。中には一校で7台のバスも!バス停にさっきいたカップルが見当たらない?

どうしたんだろう。。。と思ってたら、観光案内所のアガッシが来られて、

あの・・と言い淀んでいらっしゃる。バスは表の道路に止まりますって!爆)

停留所の建物は駐車場内にあって、駐車場側を向いている。バスは背中側の通りに

止まり、すでに一台か、二台行ってしまったようだ!爆)日本の感覚で、バスは

停留所の前に止まるとばかり。。^^;どうりでカップルがいなくなった筈だ!笑)

恥ずかしい・・・そう言えば行きも中までは入って来なかったのに、私ったら!爆)

行きと違うルートで帰りたかったので、また10番バスに乗った。

運転手さんに「皇南パンのお店に行きたいのでどこで降りたらいいか」と尋ねると、

駅の手前の빨우정ロータリーだと。。。バスは仏国寺駅(小さくて可愛い!)を経由し、

前日行った善徳女王陵の入口も通り、国立慶州博物館やアナプチも通り・・・

それにしてもめっちゃスピード出してて怖い・・・ループで運転してるから時刻表は

あるのか?ないだろうな。。。と思うけど、どうしてそんなに急ぐのか?

韓国人気質?笑)

ロータリーで降りて慶州パン本店までテクテク歩き、まずはアツアツのをひとつ試食!

おいしい~~~~!餡は甘過ぎず、皮は薄い。パンというより、大きめのお饅頭だ^^

20個入りを購入。まだ熱いからと蓋は閉めずに袋に入れてくださった。前日の日曜

だったら50分待ちだったとか?月曜に行って正解!その分子供には沢山会ったけど!
f0152079_3382074.jpg

慶州パン本店の角を曲がってみた。この通りは地元の若い子が多かった。いろんな

ブランドのお店もあって、花郎路では見かけなかったお洒落なお店もあった^^
f0152079_3383779.jpg

もう一度、市場へ。前日は表の靴屋さんだけだったので、通りから筋へ入ってみた。

列車の中で食べるものを買う。安い!さて、出発までまだ一時間近くある・・・

探したけど、表通りでは喫茶店が見つからない。。。ようやく、交差点の角の

薬局の地下にあるのを発見!いわゆるタバンだけど^^;
f0152079_3385490.jpg

ママさんは植え木に水やり中・・・女一人で入るのも珍しかったかも?笑)

他にお客がいなかったのが幸いだ。メニュー表に日本語も書いてあった。

日本人も数多く来ると・・・で、ジュースが全部ジウスになっている!

メモで、ジウスではなくてジュース、ユは小さいュだと説明したら、書いて

くれたのは日本人なのに・・・とママさん!もしかして、オルシンでしたか?と

尋ねると、その通り、ハラボジだったと。。。爆)二人で笑った!
f0152079_3493930.jpgf0152079_3495390.jpg
皇南パンの袋と、市場で買ったもの。左は干し柿。帰国して食べたがおいしかった~!

アルミの中はキムパッ。右端は揚げ物いろいろ。タレもカップでくれた。

茄子だと思ったのは、実はスンデの揚げ物!笑)揚げ物はこれだけ全部で2500W。

安い!









19時16分発のセマウルで慶州ともお別れ。市場で出会った外人の親子がホームで

キムパッ他を食べていた。白髪の混ざる両親と娘さんの3人は、大きなバックパック姿。

慶州はさすが、韓国でも一番の歴史の街だと思った。何しろ外人も多く、子供も多い!

綺麗な夕焼けを見ながら大邸へ向かう。大邸では同じホームにKTXが来るので便利

だった。ホームで抱き合ってるカップル。最近はこういうカップルもよく見かけるな

と思ってたら、彼の方が私の隣の席へ・・・遠距離恋愛中だったようで^^;

ご飯も食べ、爆睡しながらソウルへ戻った。。。慶州旅行、楽しかった♪

by andegenni | 2010-06-19 03:52 |  2010.5  慶州 | Comments(10)

2010.5 慶州へ part9 新羅ミレニアムパーク3・羅宮

砦を出て、ミシルの宮殿へ向かった。入口の前に竹の小道があって・・・
f0152079_12322590.jpg
f0152079_1232462.jpg

ミシルの宮殿で撮影されたシーンのパネルがあった。
f0152079_1233492.jpg

宮殿の入口。
f0152079_12332149.jpg

真ん中に橋があり、こちらは橋の右側。お花がとてもとても綺麗な館だ。
f0152079_12333470.jpg

橋の真正面。本殿といったところかな・・・
f0152079_12334945.jpg

橋の上から。欄干が怖い^^;左側は回廊になってて、結構広い。
f0152079_1234765.jpg

回廊に立つミシル。彼女、実際にも170以上あるけど、でかいね^^;
f0152079_12341841.jpg

端の方にはこんなのも^^子供が抱っこされて顔出してた^^

錬武場を出たあたりからずっとつかず離れずで一緒に回る形になった家族連れ。

雨があがったから不用になった傘を、3歳くらいの男の子が引きずって歩いてて

それがめっちゃ可愛い子でねぇ・・・可愛い家族連れだったわ^^話はせず^^;
f0152079_1234344.jpg

館を出て・・・この瓦、面白いね^^
f0152079_12344585.jpg

撮影場の横断幕のあった通りへ戻る。行きは時間が迫っててチラ見だけした壁に

事前に知ってはいたけど、善徳に混ざって「花より男子」のシーンも・・・
f0152079_1234588.jpg

ジフとチャンディが馬に乗ってるシーンだけ・・・この樹もちゃんと写ってるね^^
f0152079_12351979.jpg

ビダムの最終回のシーンもあったけど、撮影地はここじゃないと思うな・・・
f0152079_12354793.jpg

伽藍の滝。
f0152079_12355989.jpg

公演のあったメイン会場にあるエミレタワー。湖側は売店になっている。

こちらは反対側で、ちゃんとフォトスポットもある。国立慶州博物館にあった

聖徳大王神鐘(別名エミレの鐘)の約5倍の規模で作られた、ミレニアムパークの

ランドマーク。足元に、トレビの泉のように、コインを投げ入れる場所があった。
f0152079_1236123.jpg

ここは食事処。遠足だか、修学旅行だかの生徒がいっぱいになってきた。

向こうに見えるタワーは、後で写真載せるけど、ミレニアムタワー。

他にも野外公演場(立ち入り禁止でリハーサル中だった)とか、飛沫地とか

張 保皐公演場(御存知チャン・ボコ@海神)とかもあるけど、時間がなくて・・・
f0152079_12362728.jpg

看板がまんま・・・新羅記念品店^^;入ってみたが、買ったのはポストカード

のみ。それも、ミシルVSトンマンとキム・ユシンの写真の特殊加工された物。

ビダムのものは?と店員さんに訊いたが、ここではビダムは撮影されなかった

からか?何もなくて・・・5枚入りの写真だと、最初に

f0152079_13275382.jpg


これが入ってるけど、その一枚のみ・・・店員さんにこれでも撮ってくださいと

言われ、写したもの^^;;;
f0152079_12364061.jpg

処容の滝。なんだこれ?と思って撮ったけど、帰国して調べたら、これも伝説。

新羅の時代、東海に住む処容(コズチズ)が竜の子だと言って新羅にやってきて

王は家来にして美しい妻を与えた。ところが疫病神が妻を好きになり、人間の

姿に変わって妻と寝ている所へ、処容が帰宅。ところが怒らず、歌を歌って踊り

ながら部屋を出たので、疫病神は元の姿に戻り、処容の寛大な行動に、自分の行動を

恥じてもう二度とあなたの家には入りませんと言ったとか。それで、処容はその後、

大臣となり、国も国人も豊かになったのだと。それで、人々は処容の顔を描いて

門に貼り、邪気を払い、慶事を迎える習慣が出来たのだとか・・・へぇ~っ!
f0152079_12365224.jpg

入口の噴水の場所まで戻り、脇の坂を登って行くと、「羅宮」のお庭が見える

場所に出る。羅宮内は立ち入り禁止だけど、宿泊客は、宿泊中はミレニアムパークに

出入り自由だとか・・・

f0152079_123797.jpg

パークを出て、羅宮に向かう。この緩やかな坂を登ると塀が・・・

もしや、「花より男子」で、ジュンピョが覗きこもうとピョンピョンしてた塀では?

f0152079_1414304.jpg

その通りだった^^でもね・・・

f0152079_12372273.jpg

羅宮の入口に門が出来てて・・・向こうにエミレタワーが見えてるので、位置関係が

わかるね^^
f0152079_12373558.jpg

羅宮の玄関。ジフの家という設定の場所だけど、内部はきっとセットだと思う。

それにしても、ソウルの学校から慶州の郊外のここまで通えるわけがない!

学校は坡州(パジュ)の英語村にある。パジュはそれ以外でも一度訪れたい場所

なんで、いつか行こうと思ってるけど・・・ドラマのどこでもドアはここでも健在♪

あ、それとここはドラマ「食客」でも使われているよ^^

f0152079_14165818.jpg

ジュンピョの車位置があれ?当時は続きに壁があったのか?
f0152079_12375011.jpg

蹴った木はどれかな?と写してきたけど・・・
f0152079_14212348.jpg

塀が途切れた場所にある木だったわ^^;今はこの横に門がある。
f0152079_1238429.jpg

敷地は立ち入り禁止みたいなので、お利口さんな私(ほんとか?爆)は入らず・・・

代わりに。。。って・・・ジュンピョがピョンピョンと覗きこもうとしてた

塀越しに腕だけ伸ばしてパチリ!<どこがお利口さんじゃ!笑)

さて、帰りのバスから逆算すると、石窟庵を4時に出ないとならない・・・

10番バスで仏国寺まで行って、毎時40分発の仏国寺>石窟庵のバスに乗る。

石窟庵から仏国寺へは毎時00分発。食事時を過ぎてるので、仏国寺で先に

食事しないと・・・2時40分発に乗らないといけないので、ともかく移動。

ミレニアムパーク入口から左へ歩き、橋を渡ってしばらく進むと・・・
f0152079_12463562.jpg

慶州エキスポ公園がある。パークも、バスではここが最寄りの停留所になる。

あちこちでチラチラと見えていたミレニアムタワー。いったいどういう建て方を

すれば、ビルの間を繰りぬいて、こんな塔の部分が出来るのか?不思議~♪

さて、10番バスがやってきた。続きはまたね~♪

by andegenni | 2010-06-15 12:46 |  2010.5  慶州 | Comments(10)

2010.5 慶州へ part8 新羅ミレニアムパーク2

公演が終わると、湖をバックに集合写真を撮っている一行がいた。

お年寄りで足の悪い方用に係員が2台、車椅子も用意してあげてて・・・

雨はあがり、だんだんといいお天気になってきた。よかった~♪

あちこち写真を撮って移動し始めたら、おひとりですか?と話しかけられた。
f0152079_18771.jpg

次の会場は一番奥の場所で、「花郎の道」という公演が11時半から行われる。

この小道は、左右の足元にスピーカーが所々設置されていて、人が近づくと

カヤの音色が奏でられる。向こうに見えている先程の方々に追いつくと・・・

どこから来たのか、韓国語上手ですね(これは完全な常套句でお世辞!)に続き、

ご自分達は近くの街の教会仲間で、ここへ見学に来たと・・・ここから困った!

宗教は何?と・・・日本ではキリスト教はどう?だとか、教会は多いのかとか・・・

神様(これは日本語で)の方が信じられてるのかと。。。無宗教な私は^^;;;

小道が終わったら左手の方に何かありそうだから一旦離れようとすると、遠いから

時間までに来てね♪と・・・触れ合いは楽しいけど、話題によっては困る^^;
f0152079_182613.jpg

行ってみたら足湯だった^^
f0152079_183936.jpg

また元の道筋に戻ると、工房が集まっている区域になった。時間がたっぷりあれば

ガラス工房や染色工房・・・など覗いてみるのも楽しいかも^^体験もOK♪

ここは木工房@談木園だ。河回村の入口の風景を思い出した。
f0152079_1102112.jpg

向かい側にはユーモラスな土偶達。ちゃんとフォトスポットもある^^

土偶は三国の中でも新羅だけにあった独特のもので、当時の土偶は片手に

乗るくらいの大きさで、自然のままの模写が多く、土器の肩、口部分に乗せて

あるのが出土されたりしている。ちょっと調べたら、結構、奔放な土偶も^^;
f0152079_1103363.jpg

ここからが「善徳女王撮影場」だ。セットとして作られた場所^^
f0152079_1105175.jpg

右側にある家に入ってみた。グルッと回るとパネルがあって・・・

韓服の案内の女性が、私が日本人だと知ると案内してくださった。
f0152079_111768.jpg

パネルの写真はこの家の格子の前。中も撮影に使われたそうだ。
f0152079_1112398.jpg

この渡り廊下もパネルの位置。パネル以外にもあちこち撮影されたのかも?
f0152079_1113418.jpg

さっきの家と隣の家の間の道。
f0152079_1114747.jpg

「花郎錬武場」へ着いた。花郎公演場の垂れ幕のがでかい!

ユシンやトンマン達の錬武場として出て来たよね^^
f0152079_112261.jpg

公演の前にトイレへ・・・はて、このトイレどうやって開けるのか?

押せばよかった^^;中はいたって現代的で一安心^^;
f0152079_1121762.jpg

また席に敷くマットを渡された。親切~♪出演者達が錬武場内を回り、最後に

中央に勢ぞろい。ここで驚いたのはこの馬!ちゃんとお辞儀をしてくれた^^
f0152079_1123856.jpg

刀や槍の公演。みんな一緒の演武の後、一本の木を何か所も斬っていく・・・
f0152079_1124869.jpg

馬上から、まずは弓、次は槍を的に・・・ちゃんと当たった!

その後、馬上演技。それぞれの持ち味で演技してくれた。本音をいうと、

個人技ばかりだったので、水原民族村の馬上演技の方がすごいかも?
f0152079_113146.jpg

競技を終えて、厩舎へ向かう・・・実は、「花より男子」でジフとチャンディが

乗ったのもここの馬^^
f0152079_1131426.jpg

門前にあるパネル。真ん中のパネルは上でも見える階段前ね^^
f0152079_1133276.jpg

左のパネルは観客が残っていたこの部分。車椅子の方はここから見学されていた。

向こうに砦も見えてるね^^
f0152079_1134358.jpg

右の写真は錬武場のまん前。この角だ。ここら辺りはたくさん撮影されたと思う。
f0152079_113597.jpg

トイレの先を左に行くと・・・このパネル。
f0152079_14144033.jpg

左のパネルの木。
f0152079_1141282.jpg

真ん中のトンマンとアルチョン郎のシーン。
f0152079_1142743.jpg

右の花郎達の食事会はこの方向ね^^
f0152079_114465.jpg

楼から見える池。位置関係がわかるよね^^
f0152079_1145985.jpg

さて、後回しにしていた砦というか、ユシン達の住んでいた場所へ・・・
f0152079_1151142.jpg

入口にあるパネル。ここは数多く撮影されたよね^^
f0152079_1152338.jpg

入った中の様子。
f0152079_1153615.jpg

井戸の前にはこのパネル。
f0152079_1154854.jpg
f0152079_116333.jpg

階段のシーンや他、いろいろと思いだしたなぁ・・・

今日はここまでね♪

by andegenni | 2010-06-11 01:16 |  2010.5  慶州 | Comments(10)

2010.5 慶州へ part7 普門団地・新羅ミレニアムパーク

昨日はお台場へ行って来た。お昼前に集合し、久々の友人達と

モンスーンカフェでランチ。しばらく行ってなかったら、サイドメニューとして

サラダ、飲み物、デザート等がバイキングになって450円で嬉しい^^

海浜公園、レインボーブリッジを見渡しながらの個室で、のんびりとランチ。

夕方からZEPP東京で、チャン・ヒョクのチュノ中心のペンミがあったからだ。
f0152079_117237.jpg
f0152079_1172666.jpg

時間つぶしにまたまたお茶してお喋りし。。。ようやく会場へ。

一足先に向かった種ちゃん他は、TSUTAYAの特派員として10名の中に

選ばれて、記者会見見学、質疑応答も済ませた後だった。みんなが羨んだのは、

首から下げるネームプレートの写真。なんと一人ずつ、ヒョギとのツーショットの

チェキ写真が入ってて!結局、9名の参加だったらしいけど、そのうち3名が

知り合いでツーショット写真を見せて貰ったけど、こんな経験二度とないよね^^

上の写真は、会場内のサイン入りパネル。携帯写真なので画像悪くてミアン^^;

今回も喋り倒しそうなトーク中心のヒョギだったけれど、少し気にしてて、短めに

通訳さんを困らせないようにと、今から気をつけると・・・言った端から、長い!爆)

それでも、ごめん・・という気持ちを伝えたり、お願い・・・という気持ちが

伝わったりで、通訳さんとの掛け合いが面白かった。しかし、通訳さんはすごい!!

あれだけの長文をくまなく訳してくださって。。。恐れ入った!爆)

面白かったのは、田代さんの突っこみで腹筋が見たい人って所。みんなが反応して

しまい、仕方なく・・・恥ずかしいと言いながら、瞬間的に見せるから、見てねと

言って、後ろ向きになってチラッと(と言っても2,3秒)。大笑い!頑張ったね!

全体的にリラックスしてて、私には初めての歌2曲も歌ったし、ヒョギ宛のラブレターを

前もって送った人の中から2名選ばれ、本人の前で読み、二人をハグしたヒョギ。

二人ともすごくいい内容の手紙で、聞いてる私達も楽しかったし、彼も嬉しかっただろう。

俳優という仕事が好きで好きでたまらない彼は、一度も辞めようなどとは思ったことが

ないそうだ。いつまでも演技を通して楽しませてくれる存在でいてくれそうで、応援

してる方々も嬉しいよね^^最後に握手、集合写真も撮った^^

で、何を言いたいかというと・・・そのヒョギが、かつてインタビューの中で、

韓国でのお勧めの場所として一押しした『普門観光団地』。前から、いつか行こうと

思ってた場所だけど、今回、ようやく慶州へ行くことになり、それなら、普門に泊まろうと

思った次第だ。慶州の旅、続きをアップするね^^


自転車を返し、道を渡って、バス停へ向かった。行く前にお茶でも飲みたくて、並びを

探したけど見つからない・・・しかたなく直行。待っていると10番のバスがやってきた。

細かいバス停留所はわからないので、運転手さんにホテル名を告げると了解してくれた。

バスは市街地を走り、日中自転車で走った道を通る。芬皇寺までは同じルートだ。

橋を渡り、普門団地へ入る。道幅が広く綺麗な道路だ。着いたよと運転手さんに言われ、
f0152079_1153654.jpg

到着した今夜の宿。ちょうどホテル群の真ん中辺りに位置している。

バスはメイン通りのホテルそれぞれに停車するから便利だった。

このホテルは、変わった建て方で、全室、ベランダから普門湖が見渡せる。

予約した際、カードで支払い済みで、その予約書を印刷して持参したにも関わらず、

パスポートの提示を求められ、コピーまで・・・女一人で、荷物もないからか?笑)
f0152079_11532651.jpg

部屋の中。一人なので、ゆっくり寝ようとダブルにした。早速脱いだ靴!笑)

実は、スニーカーを買って履き換えたのに、自転車をこいでる最中、激痛が・・・

だましだまし予定を終えたが、靴を脱いでみたら、足の裏の水庖が潰れていた^^;

まずは治療・・・綺麗に洗って、持参のバンドエイド(自転車やさんに預けた方に

入っていたため、途中で貼れず・・・)を貼って応急手当て。

部屋は少し古いものの、十分な広さだ^^
f0152079_11534877.jpg

ベランダから見える湖。敷地の中を湖に向かって行くと、白鳥の遊覧船乗り場も

あるし、湖畔には韓食のお店もある。このホテルの湖越しの正面には、ビダム

一党が立て篭もった『明活山城』の城址がある。地図には今も城壁の印があるので

きっと残っているのだと思う。その山の下辺りに、善徳女王の父、真平王のお墓が

ある。位置的には、狼山の女王陵と父の真平王陵は割と近い。(といっても間は山)

山城の址を見に行くのはちと無理があったので、景色を眺めて、あそこにあるなと^^

慶州ワールドの観覧車も見えているし、回るにはレンタサイクルもあって、ボートも

乗れるし、施設があちこちにあるので、家族連れも楽しめるリゾート地のようだ。

さて、傷の手当ても済んだし、夕食を食べに行こう!一人だから、焼き肉や韓食は

無理・・・
f0152079_1154130.jpg

目指すお店はこの水車が目印。ホテル前の道を渡るとすぐ近くにある。

なるほど巨大な水車だけどどこから水が?説明文によると更に高度の高い場所に

あるなんたらいう湖から水を引いているそうだけど^^;水車の先の道を登ると・・・
f0152079_11541249.jpg

目指したお店、초가집はすぐにわかった。素敵な作りで、食事は小さな部屋毎に

食べるようになっている。私も左から二つ目の部屋に通され・・・
f0152079_11542748.jpg

頼んだのはキノコの石焼ビビンバ。サイダーも入れて9000ウォンは安い♪

とてもおいしく頂きました!慶州に来てから、とてもヘルシーメニューだわ^^;

7時半から野外公演場で公演があるというので行ってみることに・・・

f0152079_11544076.jpg

野外公演場はこの普門タワーが目印。
f0152079_11545587.jpg

踊りあり、演奏あり、歌あり・・・の一時間を堪能した。席は舞台に向かって

円形に作られた階段状のもので、みんな適当に座って観ていたけど、家族連れも

いたし、外人もいたし、その脇のスロープを自転車で走り回る人もいて和やか!笑)

公演が終わり、近くのコンビニで飲み物と朝食のパンでも買うかと行ってみると・・

なんと、日本人しかいない!大勢の日本人観光客が買い物してて。。。

終わると、待っていた観光バスへ・・・3泊4日?4泊5日?だったかで、韓国の

観光地を巡る旅って書いてあった。こういうバスツアーは、あちこちに点在する

韓国有数の名所を駆け足で回るんだろうな・・・もう9時近いのに、これから

宿へ向かうのか?私みたいに、時間を考えて航空券をとり、ホテルも予約し、地方も

自分で向かう旅は、実はかなり割高になる・・・それでも、はい、乗って!はい、

降りて!の旅は性に合わないから仕方がない^^;隣のコモドホテルの敷地を勝手に

突っ切って、ホテルへ戻った。
f0152079_11551087.jpg

ベランダからの夜景。隣のコモドホテル。建物の屋根は周りが電飾されてて綺麗だ。

浴槽にお湯を張る。コンコードの向かい側にウェリッチ朝鮮ホテルがあるが、そこは

温泉ホテル。コンコードも、温泉を引いていて、各部屋の浴槽は温泉のお湯が出る。

待っている間にTVを点けたら、一泊二日をやっていて、なんと、慶州も・・・

前の日記でも書いたけど、瞻星台の前での撮影風景だった!笑)

お風呂に入ろうとしたら。。。首筋もお化粧落とした顔も真っ赤っか!

ソウルでも慶州でもお天気がよくて・・・5月の紫外線は夏より堪えたようだ^^;

浴槽は長くて、身体をしっかり伸ばして入ることが出来て、ゆったり湯船で寛いだ。

疲れていたので、私にしては早寝で12時頃就寝。

朝、8時に起きる。旅に出て、8時間も睡眠をとるのは珍しい^^;コンビニで、

カップ入りのスティックコーヒーを買ってあったので、廊下の給湯器でお湯を入れて

のんびり朝食。それでも9時には暇になり。。。出かけることにしてチェックアウト。
f0152079_11552427.jpg

予報通り、少し小雨が降り始めた。街路樹が綺麗な、ホテル前の道。普門団地は

春は一面桜になるそうで、その時期に行ったら綺麗だろうなぁ。新緑もいいけど♪

f0152079_1155391.jpg

前夜も前を通った観光案内所。ミレニアムパークは10時開園なので、どこかで

お茶でもしようと喫茶店の場所を訊くが・・・そんな場所はないと。。。

そりゃ、そうだわ・・・ここはホテルだらけだ!向かう道筋ならヒルトンホテルが

いいと言われた^^;歩くと15~20分くらいかかるミレニアムパーク。

のんびり歩くか・・・
f0152079_11555020.jpg

途中にこれがあった。とても綺麗な場所だと思ったら、出来てまだ30年なのね。。。
f0152079_1156582.jpg

そして、ここを作ったのも、この石碑があるこの場所なのかな?

新羅の初代王の誕生を前にあげたけど、その時、出て来た六部村。この建物、

すごく綺麗な建物&敷地だったけど、慶北観光開発公社だ。
f0152079_11562120.jpg

観光案内所のお姉さんが言ってた交差点はここね^^右へ行くとヒルトンホテル。

左へ行くとミレニアムパークだ。ホテルは少し奥にあって時間的に少ししかない

ので、直行することに・・・道々、雨でも公演は中止にならないだろうかと心配。

正面近くに着いて、まだ少し時間があるので、周りを見渡すと、ミレニアムタワーも

見えていて・・・コンビニで、飲み物を買い・・・外のテーブルは濡れているし

困ったなぁ。。。と思ってたら、ここでよかったらと、建物の中の階段に座って

下さいと・・・少し休憩して、そろそろ10時なので向かうことにした。
f0152079_11563795.jpg

ずっと善徳女王のOSTが流れていて・・・入口はここ。左の坂は羅宮へ・・・
f0152079_11565214.jpg

チケット売り場へ向かう途中。。。いよいよロケ地も観れるね^^
f0152079_1157617.jpg

地図。クリックすると大きくなるよ^^右の一番奥が善徳女王ドラマセット場。

ホテルで20%引きの割引券をくれた。ラッキー♪
f0152079_11572110.jpg

入口。入口の女性二人と、10時半からの劇に出演される方がお話されてて、

写真を撮らせて頂いた。後でわかったがその方は王妃?神女?重要な役の方だった^^
f0152079_1251320.jpg

入ってすぐの噴水の先が、12神。3人?ずつ撮ったけど、全部一緒に!笑)
f0152079_11573880.jpg

10時半からの劇のメイン会場。夜には女王の涙という公演も行われるそうだ。
f0152079_1158289.jpg

時間が余ってるので、近くの建物を・・・ここは中国風?

時間前になると、係の人が出てきて、席に敷くマットも手渡してくれた。

雨避けに巨大なパラソルみたいなのもたくさんあって、濡れていない場所へ

各自座った。雨は霧雨程度に・・・さて、「天櫃の秘密」の公演時間だ。
f0152079_11581668.jpg

公演が始まった。あたり一面に薄靄がかかるようになってきて・・・

一艘の小舟が左から現れ、どこからともなく一人のレインコート姿の男性が現れ、

私のすぐ脇を歩いて、そのまま水に入って行ってビックリ!え?

向こうにある岩の陰に入り、出て来ると新羅時代の衣装に変わってて・・・

この劇は新羅時代の花郎ミシラン(笑)が英雄になって敵を打ち破るという内容。

特殊効果がすごくて、大がかりな舞台セットだった。
f0152079_11583023.jpg

彼の真下に岩があるけど、船からここに乗ると、エレベーターのように上がるの^^;

さっき、一緒に記念撮影した女性が出てきて、彼に家来?と刀を授ける。
f0152079_11584432.jpg

壁が動くと、民衆がお祭りしたり、和やかに暮らしてて、そこに攻めて来る敵。

それを、ミシランが追い払い。。。また攻めて来ると・・・
f0152079_11585689.jpg

今度は両者船での戦い。相手の船がひっくり返る。
f0152079_1159734.jpg

結局ミシランが勝ち、城門が開いて、王様他が登場。でね、おかしかったのは、

倒れた船べりにぶら下がった敵の兵士と、船から落ちた二人の兵士がずっと

そのまま・・・二人はあおむけで、死体のようにただ浮かんで流されてるのよ。。

終わると起き上がって、みんなに手を振るんだけど、それがおかしくてね^^

ほんと、ご苦労さまでした!今日はここまでね^^

by andegenni | 2010-06-05 11:59 |  2010.5  慶州 | Comments(20)