カテゴリ:四方山話( 101 )

旅日記の途中なんだけど…i phoneから。

先日の日曜日に、中野サンプラザで開催された
ソ・ジソブのイベントに、行って来た。
f0152079_13253515.jpg

韓流は廃れたと言われつつも、人気の
ある俳優や歌手のイベントはまだまだ
集客力があるなぁと思った。二階席の
後ろまで、ビッシリ入っていた。面白
かったけれど、ラップのステージが、
アジュンマにはちと、長かったかも。
午後の部を観て、新宿に移動。

今年出来た話題の新名所、ゴジラヘッドを
見学しに。

f0152079_13334481.jpg

歌舞伎町の町の中から見上げると
ビルの上にゴジラヘッドが覗いていた。

ホテルのフロントの階にあるカフェへ
登ってみることにした。

f0152079_13361154.jpg

カフェの席から見えたゴジラヘッド。
外へ出て自由に撮っていいということで
デッキに出たが、かなりの雨で濡れた。

f0152079_13380395.jpg

f0152079_13385905.jpg

濡れながらも、先まで行って、口の中も
写した(^_^)v

f0152079_13402718.jpg

下にはレリーフも(^-^)

帰り頃に、口の部分に灯りが灯ったので
再びデッキへ出てみたら…

f0152079_13420908.jpg

デッキに溜まった水に映った逆さゴジラ
ヘッドが(≧∇≦)
この時に近くにいらした警備員さんが
雨がたくさん降った時だけ見られる
現象ですと(^_^)v
後、15分位したら、ゴジラの音楽と共に
口から煙を吐きますよ〜と教えて下さった
けれど、それはいつかまた(^ー^)ノと下に
降りた。久しぶりに韓国のチキンを食べに
行ったけど、美味しかった(^_^)v

先月、ハングル教室に通っていた時に
知り合った方々と一緒に、湾岸方面に
ブチ遠足に行って来た。まずはIKEAで
買い物してお昼ごはんを食べた。
前からIKEAのバスタオルが、カラフル
なのに、色落ちしないので気に入って
いたが、他のバスタオルは全部処分し
現在は洗面所にカラフルなバスタオル
10枚を積み上げてある。大判だし、カラ
フルな色は気分を明るくしてくれる。
IKEAの後はコストコへ。中の一人が
コストコフリークだと自認している
人で、使ってみていいものを推薦して
下さった。その中の一つが、発芽大豆。


f0152079_14381085.jpg


こちらが、それを使って作ったサラダ。
ゴマドレッシングをかけて食べたけど、とても
美味しかった(^_^)vお皿はIKEAで買った99円のガラス皿。

秋になり、涼しくなって来ると、旅へ
出たくなった。まずは、今月近場で、また
富士山近くに行こうかと。娘の休みに
合わせ、ペンションを予約した。

来月は、主人の旅行があるので私は無理。
大学時代の仲間と、年に一、二度は
テニスとゴルフの旅へ行く。次回は
四国なので、帰りに実家に寄って、
翌日から、長崎へ義母と姉弟の四人
旅へ行きたいと。それに合わせて、
毎回ドイツから里帰りする義姉。
任せると言われたので、列車から、
宿、羽田に帰る兄弟の為の航空券の
手配…あ、駅近くのレンタカーの
手配と、市内中心部の駐車場地図の
印刷も。人の旅の手配を全部終えたら
私もまた行きたくなり、少しずつ、行き
たい場所を調べ始めている。

秋って、旅情を誘うよね〜^_^




by andegenni | 2015-09-02 13:23 | 四方山話 | Comments(2)

龍三と七人の子分たちを観て来た^^

昨夜、夕食後に間に合うなと思い、観に行って来た。

テレビでタケシの映画紹介をたまたま観て、往年の俳優達の演技を観たくて^^

もしかして、この歳にして初めてのやくざ映画かも^^で、めちゃ面白かった!

f0152079_148579.jpg

若者はわかるかな?というようなくすぐりもあり・・・早打ちマックが内田裕也みたいだ

とか言われてたし^^;それぞれ個性的な子分たちだけど、龍三は元々、親分だった

のかと思いきや、親分決めの方法もめちゃユニークだし^^;近くにいたのは一人で

鑑賞の男女だったけれど、みんな大笑いしていた。『太陽にほえろ』で殿下の愛称で

親しまれていた小野寺昭は画面ではまだ若々しく、じい様の一員?とか思ったけれど

実年齢がもう70歳越えてるとは驚いた!彼の行動にも大いに笑ったし^^;



公式サイト

予告編だけでも笑ったけれど、観に行ってよかった。タケシの説明によると、全てが

台本による台詞でアドリブはなかったそうな。。。ヤクザ映画と言えるのかだけど^^;

で、予告編でへぇ~っと思ったのが、ビョン×2の悪役ぶり。ターミネーターの新作で

超合金の悪役みたいで、妙に似合っていた。

f0152079_14315879.jpg




ターミネーターは今までも観ていたし、観に行くかな^^

今、一番観たいのは、来月16日に公開される『国際市場で逢いましょう』

釜山が舞台のこの作品。今日は安倍総理の演説で騒がしいけれど、国の関係は

どうであれ、いい作品は素直に認めたいと思う。

f0152079_14424039.jpg

ヒューマン映画として大ヒットしたようだけど、東方のユノが出ているので、日本でも

そこそこ動員できるかも。

公式サイト

映画は10年以上前は毎月1~2本観ていたけれど、最近は年に数本になってしまい、

重い腰をあげるには、テンションを先にあげる必要がある。レイトショーならいつでも

行けるんだから、また度々行くことにしようかな^^意図したわけじゃないけれど、なぜか

日米韓の映画紹介になってしまった^^;

PS ニュースを見ていたら、安倍総理の好きな歌が紹介されてて・・・

キャロル・キングの「You've got a friend」

懐かしい~!学生時代に良く歌っていた歌だったもので・・・^^

by andegenni | 2015-04-30 14:44 | 四方山話 | Comments(0)

新潟・長野の桜を観に・・・

義母の米寿の旅も2回目。数えと満で2回も家族旅行出来るなんて幸せだよね^^

運転は娘と義弟の担当。羽田へ義母と義姉、従妹を迎えに行き、そのまま国際線で

ドイツに帰る従妹を送って、親子と孫計5人の旅の始まり・・・私は家でお留守番^^;

わざわざ作って来てくれた玄米と五穀米の五目稲荷寿司の昼食を、車やSAで食べて

車は一路新潟の上越市高田へ。目的は日本3大夜桜と言われる高田公園の桜。

着いてすぐの娘からの電話で途中の道では、寒波の為に雪景色の場所もあった模様。

f0152079_2219373.jpg

昼間と夜と両方楽しんで下さいと言う宿のご主人の勧めで高田公園へ。画面にある

幾何学模様はなんぞや?前に私が使っていたデジカメを数年ぶりに充電して主人に

持たせたので、よくわからない模様が・・・羽田の写真は普通なのになんだろうね^^;

f0152079_22221730.jpg

夜のライトアップに備えてなのか、電燈も見えてるね^^遠くの山は雪景色^^;

泊まった宿は料理自慢の宿で兄弟は出来あがっていたようだけれど、せっかく来た

からと、案内されて夜桜見学も。

f0152079_22242611.jpg

私と違って、主人はあまり写真を撮らない上に、撮った写真は人物入りばかりで、

夜桜で載せられるのはこれ位かなぁ・・・酔った後だったけれど、本当に綺麗で観に

行って正解だったという一行。

翌日は戸隠経由で善光寺へ。前に同じ道を通った時、そのお店だけ行列が出来て

いたというお蕎麦屋さんで昼食。美味しいお蕎麦を堪能して外へ出てみると・・・・

f0152079_2227295.jpg

4月半ばだというのに雪景色に・・・うちの車の上にも、雪が積もっていたようだ。

善光寺は7年ぶりの御開帳時期で、平日でお天気が悪い(長野は雨)状態だったので

心配していた駐車場は確保出来たけれど、そんなお天気でも人がいっぱいだった

そうだ。中国地方に住む義母と、ドイツに住んでいる義姉は関東や北陸中部はまだ

行っていない場所が多くて、義母は毎回「冥途の土産」だと^^

その日の宿は奥信濃の山田温泉にある伝統のある宿。霧が深くて、桜はまだまだで

4月末になるとか・・・米寿の祝いだったので、祝い膳と立派な写真も頂いた。翌日は

霧も晴れ、部屋から渓谷を臨めたそうだ。帰りには宿の紹介で須坂の臥竜公園へ。

こちらは満開の桜だったみたいだけど、どれも人物入りなので載せられない^^;

そこからは途中で横川のSAで休憩し、名物の峠の釜めしを食べるも、二軒の宿の

食事がめちゃくちゃ美味しくて、久しぶりの釜めしが不味く感じたそうだ。舌が肥える

って、困るんだけどなぁ・・・最後に富岡の製糸場へ。

f0152079_22395570.jpg

昨年世界遺産に指定されたこちら。旬でございます^^これも義母に言わせれば「冥途の

土産」だそうで・・・案内が終了した後、電話があり、途中で4月から転勤で東京勤務に

なった義弟の新居へ送り、義母と義姉のホテルへ送り・・・で、帰宅した父娘。

楽しかったようで、疲れたけれど、おばあちゃん孝行が出来たという娘。よかったね^^

翌日は私が二人をホテルに迎えに行って、義父のお墓参りをして、東京駅まで送って

行った。100周年の記念Suicaの構図を見せて、ロッカーに荷物を預け、主人と3人で

新宿へ向かった。懐石料理を食べ、デパートで買い物して、夕方の飛行機で家へ。

88歳の義母、足が1年前に比べて弱くなった(千枚田も歩けたのにと・・・)と言っていて

少し歩いて鍛練しないとと・・・きっと100歳まで大丈夫な気がする^^

今日は、家族の旅を旬なうちにご紹介・・・ではf0152079_22514553.gif

by andegenni | 2015-04-16 22:52 | 四方山話 | Comments(0)

今日から4月♪

今日から4月。今年は例年より桜が早いようで、すでに満開。

冬の間夜は寒かったのと、プリンも心配だったのとで休んでいたWALKINGを、今週

初めから再開した。思えば、WALKINGを始めたのも去年の同じ桜の時期だったっけ。

f0152079_15192830.jpg

初日はいつもの川沿いの遊歩道を歩いて、区内の桜の名所のひとつへ。こちらは

9時まで提灯に灯りが灯っていたが、着いて5分弱で消えてしまい、屋台も店じまい。

平日の夜だというのに、公園内では夜桜を見ながらの宴会中の人、家族連れもいて

暖かい夜だからか、結構にぎわっていた。

f0152079_15222459.jpg

f0152079_15223488.jpg
f0152079_15224652.jpg

この公園の桜は、脇を流れる川(堀)に覆いかぶさるように桜の枝が伸びている。

川沿いにあるテニスコートへ、引っ越し当初は週2回ほど通っていたので、連れて

行っていたうちの子供たちにもお馴染みの場所。途中、娘を出産し、幼稚園、小学校

中学校、高校となっても、週1程度は通っていたっけ。お世話になったなぁ・・・

f0152079_15261380.jpg

翌日は違う桜の名所へ。行く途中にある川沿いのこちらの公園は・・・・

f0152079_15271015.jpg
f0152079_15271962.jpg

動物病院へ行く途中で、プリンを自転車から降ろして、少し遊ばせた場所。まだ1年

経たないけれど、この頃は輸液や薬のお世話にはなっていたものの、まだまだ元気

だったプリン。降ろすや否やすっ飛んで走り、元気いいですねぇと犬連れの方たちに

言われた程。動画が残っていて、懐かしい。。。

f0152079_15302658.jpg

こちらも桜の名所のひとつ。夜間照明(こちらも9時まで)が邪魔だけれど、テニス

コートとスカイツリー。今の時期、期間限定で、スカイツリーは桜色に^^

このコートともう一箇所の都立公園のコートはどちらも桜の名所で、週一回、とれた

方でテニスをしていた私達。桜の季節には、桜吹雪の中でテニスをすることもあり、

私達って幸せだよね・・・とこの時期にはいつも言っていたのを思い出す。

f0152079_15334935.jpg

公園の中央にある時計塔とスカイツリー。この公園には、プリンが小さい頃に毎日

通っていた。2ヶ月で1キロあるかないかの時にうちにやって来たプリン。最初に

散歩に連れて出た4ヶ月頃。初日にうちの近くの公園でいきなりシーズー5,6匹に

取り囲まれたプリン。ちっこいのが来たなぁと歓迎してくれたにも関わらず、怖かった

プリン。それ以来、遠くに犬を見かけただけで後ずさりし、ある時、やんちゃな子供の

パピヨンが遊ぼう遊ぼうとすり寄ってきたら、綱をふりほどいて逃げ出したプリン。

慌てて追いかけたけれど、足が速くて交差点まで渡ってしまい・・・車側が丁度赤に

変わる所で、停止しかけた所だったので轢かれずに済んだけれど、心臓が止まり

そうだった。それ以来、これはなんとかしなくては・・・という事で、めちゃくちゃ犬が

多いこちらの公園に自転車に乗って通うことにした。最初は遠目で犬を見ながら、

徐々に近づいて行き、中央の広場で最初に接触成功したのがおとなしいミニチュア

ダックスの雌。徐々に他の犬とも慣れて来て、最後の頃にはバーニーズマウンテン

ドッグとも親しく出来るようになった。この公園は大きな犬も多くて、今はダメかも・・・

だけれど、当時は真ん中の広場では放して遊ばせていた。犬って不思議な社会性が

あって、身体の大小ではなく、年齢がわかるようで、マウンテンドッグの子供はうちの

子の手下だった。1年半ほど通ったので、その後何十倍にも大きくなったにも関わらず

彼はずっとプリンには従順だったのが笑える。ボルゾイとかシベリアンハスキーとかも

普通にいて、仲がよかったのはゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバー。

一緒に走っては身体が接触して宙に跳ね飛ばされていたプリン。それでもめげずに

彼らと同じスピードで走っていたからすごかった。柴の子犬がどういうわけかプリンの

匂いを嗅ぎたがって、しつこくあとを追いかけてくるので辟易していたことも^^;

そんな思い出がいっぱい詰まった公園だったなぁ・・・と・・・・

来週末から、新潟長野へ義母の米寿の祝いで出かけるうちの父娘。義弟、義姉も

含めて、5人で羽田から車で。運転手は多分、ほとんどが娘になるだろうけど^^;

実は昨年の同じ頃、義母の米寿(数え)のお祝い旅行はすでにやっていて、今年は

満でのお祝い旅行^^;昨年は、東尋坊で待ち合わせて、山中温泉泊、金沢を経て

輪島泊の2泊3日だったけれど、美味しいお料理と桜の楽しい旅だったようだ。

f0152079_16113015.jpg

東尋坊。

f0152079_1613221.jpg

兼六園の桜。

f0152079_16275848.jpg

f0152079_16654100.jpg

能登、白米の千枚田。夕日を撮ってね♪とカメラを夫に託したが、グッドタイミング

だったようだ^^今年は有名な日本三大夜桜の名所、新潟高田で一泊し(大学の

後輩の宿で半年も前に予約)、7年ぶりの御開帳の長野の善光寺参りをして、

300年以上の歴史のある奥信濃の宿に泊まって来るそうな・・・羨ましい^^;

また、カメラを持たせてお土産の写真を楽しみにしようっと^^

by andegenni | 2015-04-01 15:55 | 四方山話 | Comments(0)

愛犬プリンが逝きました・・・

今日の早朝、3時半頃、ついにプリンが逝きました。16歳と7ヶ月半でした。

2012年の9月にICUに入ったものの、その後は皮下点滴と薬で長く在宅治療を

続けて、普通の生活を送っていたプリン。しかし、最後の心臓とかの検査時には

体重がかなり減ってしまったことを知り、老齢なので少しずついろいろと衰えても

きていました。特に最近は、ボケも加わり、夜はついにオムツに・・・それでも食事は

結構食べてくれていたのですが、それにもかかわらず、どんどん痩せていき・・・

ついに1.2キロに。寝る時も、添い寝してやらないと不安なのかいつまでも鳴くように

なり・・・まるで赤ちゃんがえりしたようでした。後ろ脚はもう萎えてしまって、床からは

立ちあがることが出来なくなりました。クッションなどがあればそれでも時々は立ち

あがり、腰を支えてあげると後ろもそれなりに動かして歩いてくれました。

今週初め、いつもの輸液と薬を頂きに病院に行ったのですが、食も細くなり、

毎日ほとんど寝ているし、1カ月前に比べても、三寒四温ではないけれど、目に

見えて・・・ではないものの、確実に弱っているので、28日分の輸液と薬を全部

使い終わるのは無理だろうとお話ししました。それでも、もう少しは大丈夫かと

思っていたのに、とうとう、食事もほとんどとれず、頭を支えるのも難しい位に

なってきて・・・火曜の夜は一晩じゅう、何が悲しいのか鳴き続け・・・

一人暮らしをしている娘が土曜に帰宅するからそれまでもってくれればと言って

いましたが、心配だからやはり帰るというので、昨晩遅くに迎えに行くことに。

もう自力では食べられなくなっていた為、口に薬入りの餌を押しこんでやると

それでも朝は薬部分だけは食べてくれたのに、夜は見向きもせず、それでも

水は飲んでくれたのに、それさえも拒否するようになり・・・いよいよか・・・と、

家族一同覚悟を決めて・・・失禁等もして鳴いて教えてくれたけど、本当にこの

状態ではもうすぐだろうと・・・死ぬ前には体内から排泄するとも聞いていたので。

11時に娘を迎えに行って帰って来ると、あれほど鳴いていたのにグッタリしてて。

もう何の反応もなし。それでも娘が抱くと、まだ心臓はドクドクいってて・・・・

まるで娘を待っていたかのようです。家族の中に、自分より下に見る相手を

作るとか言われている犬。娘はそういう存在で、家族は娘のことをプリンの

手下と呼んでいました。良くも悪くも一番感情をぶつける相手だった娘でした。

1時半まで抱いている間に、少しずつ体温が下がって来たという娘。出勤の為、

寝る必要のある娘の布団に添い寝させてあげようと入れてあげて・・・3時にはまだ

動いていた心臓が、3時半に私の布団に移そうとすると、まだ体温は温かいのに

身体がふにゃふにゃしてて。。慌てて心臓に手を当てると、動いていませんでした。

家族を起こして、最後のお別れ・・・みるみる下がっていく体温。。。悲しかった・・・

f0152079_19345044.jpg

娘のiphone5で撮った画像なので、まだ数年前のものですが、これを遺影にする

ことにして、LINEで送ってもらいました。

f0152079_19351854.jpg

同じ時に撮ったこちらは、ちと自由奔放に見えて遺影向きではないだろうと。。。

f0152079_2032597.jpg

昨年の暮れは、毛が少なくなり、体重も減ってはいますが、まだ元気だったのに・・・

2日間、ほとんど食べていなかったので、最後はおそらく1.1キロあるかないかだったと

思います。ピーク時は3キロ弱あり、平均して2.7キロか2.8キロの子だったので、それを

考えると、成人男子の、体重が60キロの人が25キロになったようなもので、比較すると

どれだけ痩せてしまったのだろうかと・・・

あばら骨も腰骨もお尻も骨の上に皮状態だったので・・・よく頑張ったよね・・・・
f0152079_19355027.jpg


娘が抱いていたプリン。心臓が停まる3時間程前だけれど、すでに何の反応も

なくて・・・それでも胸が動いているから息をしてるし、心臓がドクドクしてると。

今日の午後、主人と一緒に火葬場へ行ってきました。送迎してくれるという会社で

動物病院の紹介です。火葬場は高速を使って40分もかかる千葉でした。

火葬場の外から、真っ青な青空に登って行く、プリンを焼く煙を見て合掌しました。

骨をひとつずつ骨壷へ入れて来ました。ほんとに、細くて細くて・・・骨になったのを

見ると涙涙でした。

f0152079_1911423.jpg

午後からが休診のため、午前中に動物病院に電話しましたが、15年お世話に

なった先生から、花籠が届いていました。

f0152079_19131531.jpg

ほんとうに、この言葉だけです。ありがとう 安らかに。

骨壷に入ったプリンと先生から頂いた花籠を持って自宅に戻ってきました。

しばらくは、自宅に置いておくつもりです。毎日、ふとした瞬間に思い出すと言うより

そうだ、もういないんだった・・・と思う事が多くなると思います。

毎日訪問して読んでいるブログのコメントに、イギリスのことわざが載っていました。

「子供が生まれたら犬を飼いなさい。

子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。

子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。

子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。

そして子供が青年になった時、

自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。」

今は、このことわざを読んでも涙(T_T)です。私達夫婦の歳では、もう、また

飼うのは躊躇・・・というか、自分達の老後も心配で飼えそうもありません。

業者さんのパンフと共に入っていた六文銭の代わりのメッセージにプリンと

名前を書いて、家族4人のメッセージを添えて、一緒に送ってあげましたが、

みんなの気持ちは同じ。会えてよかった。楽しかった。幸せだった。

ありがとう・・・・・本当にありがとう。安らかに・・・

by andegenni | 2015-03-26 19:30 | 四方山話 | Comments(4)

東京の景色いろいろ

最近、iPhoneで撮った写真いろいろ(^_^)

f0152079_00183966.jpg

ある日の空。台風一過。

f0152079_00220010.jpg

ビッグサイトから観たお台場。


f0152079_00234567.jpg

同じ場所の夕暮れ。

f0152079_00271102.jpg

f0152079_00285396.jpg

f0152079_00301072.jpg

f0152079_00304619.jpg

お正月に乗った西武線(^-^)西武新宿駅にて。

連続して写真をアップ出来るのか、iPhoneからの投稿練習^_^

by andegenni | 2015-03-16 00:14 | 四方山話 | Comments(0)

甥の結婚式に行きました♪

f0152079_22105131.jpg


練習です。iPhoneからの初投稿^_^
by andegenni | 2015-03-15 22:10 | 四方山話 | Comments(0)

2015年 새해 복 많이 받으세요♪

f0152079_203059.jpg


昨年もお世話になりました。個人の日記のようなブログですが、今年も

訪問して下さる方がいらっしゃれば幸いです❤

寒さの折、皆さまもご自愛くださいませ。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。f0152079_2042424.gif

by andegenni | 2015-01-01 00:00 | 四方山話 | Comments(4)

生まれ故郷っていいな❤

先日の3連休は台風19号の影響で大変だったけれど、近づく中、およそ

半世紀ぶりになる小1のクラス会に参加してきた。実は中学校から東京へ父の

転勤に伴い転校した私。従姉達とも、父と伯父の東京での葬儀以来の再会だった。

久しぶりに帰郷するのに、そう言えば初めて飛行機での帰郷となった。

羽田は台風の接近に伴い大混雑。国内線だからと甘く考えていたら、1時間以上

前に着いたのに、席の予約をネットでするのを忘れて、一番後ろの席だし^^;

随分搭乗口まで時間がかかった。途中、沖縄便は欠航が決定するし・・・

山口宇部までの私が乗る便も、ダブルブッキングなのか、翌朝初めの便に振り替え

出来る方は15000マイル差し上げますとかとんでもないアナウンスが流れるし^^;

結果、空弁だけはなんとかゲットするも、ラウンジで時間がなくなり、トイレ+飲み物

だけの利用となった。バス移動で搭乗なんて、済州島以来だ^^;

f0152079_057334.jpg

バスを降りて、乗り込んだ飛行機^^可愛いよね~!満席でキツキツだったけれど。

空港には従姉二人と、従姉の娘、孫二人と、5人での出迎えでビックリ@@

大きめの車がいいと、娘の車で来たらしく、一旦娘の家へ。とは言っても、娘の

家はかつての母の長姉の家だった所。もちろん、建て替え済み。空港から、道々、

ここはどこ、覚えてる?と説明してくれる従姉達。何しろ、45年帰ってなかったから

今浦島状態だ^^;それでも、伯母の家に向かう途中にある伯父の家だった(今は

八百屋さんになっていた)場所は覚えていた。回りがまるっきり変わってしまい@@

従姉の家は建てた当時は回りに何もなかったのに、今ではまるでお医者さんの町の

ように、ずらりといろんな医院が並んでいてすっかり変わったそうだ(と言っても従姉の

結婚式も出ていないから初めて行ったんだけど)

家は、白川郷の大きな家のようで、夜灯りが灯っていると、二階のロフト部分まで

下から灯りが見えて、ライトアップされているみたいで素敵だった。久しぶりの再会で

話が弾み、寝たのは1時を回った頃だった。

翌朝は、故郷を出た後に亡くなった祖父母や伯母の眠るお墓へ。そこで従姉

達の長兄とも待ち合わせて、2番目の伯母の療養所へ。母のすぐ上の姉だが

もう兄弟はこの伯母しかいない母。二度と会えないかもしれないと思い、連れて

行って貰ったが、昔のことはよく覚えているようで、今の私はわからないながら

名前を言うと、昔よくお守をしてあげたまみちゃんか・・・と喜んでくれてよかった。

お昼から子供のころよく行った常盤公園の近くにある場所でクラス会。小1の時の

クラスメイトだから、半世紀後の彼らがどれだけ変わったか・・・楽しみでもあり、

メタボになった自分の姿を見せるのにためらいもあり・・・だけど、80歳を超えられた

先生を中心にとても楽しい時が過ごせた。2次会も同じ会場近くで開催されたが、

日本夕日百名選の一つとか言われる海岸にあるレストランを予約したとかで、

お開きになる前に従姉が迎えに来てくれて・・・・

f0152079_1134342.jpg

f0152079_1253190.jpg

4人兄妹の最後、3番目の次女がここに来ると言うので、まずはここに私を降ろし・・

3番目の従姉とは、東京でもあっていないので、まさに45年ぶり・・・しかも会って

すぐに裸の付き合いとなる、ここはきららビーチ焼野にあるきらら交流館という温泉。

f0152079_1214413.jpg

温泉に入る前に名物の夕日を。台風が近づいていて見れないかもと思ったけど・・・

温泉に入った後で、従姉が髪を洗っている私に、すぐに露天風呂に来いと・・・

慌てて急いで洗い流して向かうと、もう沈んじゃった。。。残念と^^;最後の最後に

夕日の形が真っ赤に赤く見えたそうだけど、すぐに沈んだそうで・・・残照で空が

まだ赤かったので、髪を乾かすのもいい加減にして、すぐに外へ飛び出した。

f0152079_1262668.jpg

カメラマジックなのか、肉眼で見るともう外は真っ暗に近いのに、これだけ赤かった。

ブログをやっているという従姉とキャアキャア言いながら撮っていると、一旦家に

戻った長女と3女が、3女主人と共にやってきた。少し先のスペインレストランへ。

ソル・ポ二エンテというレストランで、入口にも海岸側にも火を焚いていて素敵❤

毎晩海外産のワインを一本空ける酒豪の旦那さんは、あちこちに馴染みのお店が

あって、ここもそのひとつ。海が見える窓の席で、とても美味しい料理をフルコースで

ご馳走になった。従姉の話では、右手は関門海峡、向かいには北九州空港が見えて

時折大きな貨物船も通るそうだ。なんとも素敵な場所で、田舎で暮らすのも、山も

海も近く、食べ物も美味しく、地形の関係であまり台風の被害もないそうで、いいなと

思った。若い頃と違い、老後はこういう所で過ごしてみたいと・・・

翌朝は、少し早起きして、4時半過ぎの飛行機で帰京する私の為に少し遠出を。

途中途中で道の駅に寄りながら・・・

f0152079_1371077.jpg

3女の旦那様が昔の郵便局だから写したら?と車を停めてくれた所。帰宅して調べて

みたら、旧殿居郵便局舎というらしく、大正時代の建物なんだとか。
f0152079_1434418.jpg

f0152079_140484.jpg

目的地は角島。前には橋がなくて、本土から船で渡っていた角島。この角島大橋は

2000年に完成したそうなので、私が知る筈もなく^^;見ていたら、ミニクーパーが

次々に渡っていて・・・後で島の駐車場で見かけたが、入口にイギリスの国旗があり

ズラッと並んだミニクーパーは壮観だった。同好会の催しだったのか?

元々、この日は雨の予報だったので、期待はしていなかったが、この場所はとても

海岸線の色が綺麗で、青から濃い群青色まで色とりどり、水は底が見える程綺麗

なんだそうで、またいつか来たいと思った。台風が近いというのに、サーフィンをして

いる人もいるし、岩場で釣りをしている人もいた。晴れ女なのか、まだ雨も降らず^^

さて、それでは橋を渡って角島へ・・・

f0152079_1494510.jpg

橋の上の待避所から、本土側の西長門リゾートを。2女の子供がここで式をあげた

そうで、帰りに温泉に入ってロビーで珈琲を飲んで行くことにした。

f0152079_1522690.jpg

本館から少し離れた場所にある変わった形の礼拝堂。海だからサザエのつもり?

f0152079_1541438.jpg

大橋の途中にある小さな島。後でいわれを調べたら、鳩島と言うのだそうだ。旦那様の

話だと、本土からここまではモーゼの道のように、あるいは珍島のように、干潮時に

浅瀬が出来て歩いてここまで来られるそうだけど、鳩島の反対側から角島側は逆で

鳴門海峡のように潮目があって危ない位深いそうだ。海の中に泡立つ線が出来て

いてとても不思議だった。

f0152079_158716.jpg

f0152079_1592492.jpg

角島は結構広くて、牧場とかもある。まずは牧場へ。残念ながら牛は一頭しか出て

いなかった。牧場の先の岩場へ行くと、台風が近づいているせいか、そろそろ波が

荒くなっていた。通り道の途中に表示があった自然に群生しているお花を・・・・

f0152079_214579.jpg

道からすぐ傍の崖で見つけた^^ダルマギクというらしい。まだ咲いていないと思うと

いう話だったが、本当に咲き初めを見つけてラッキー!
f0152079_3165136.jpg

少し行くと、白いダルマギクも見っけ!

f0152079_253755.jpg

こちら側の岬の先から向こう側の灯台を。次はあの灯台へ向かうそうだ。

f0152079_271225.jpg

橋の近くでも走っている人を見かけ、従姉が「瀬戸内マラソン???」とか言って

いたけれど、なんとすぐ後に開催される(もうされただろうけれど)つのしま夕やけ

マラソンの為の練習だったのね^^

f0152079_291370.jpg

トイレの建物も素敵^^とは言っても、天井に近い壁にムカデがいて、若い子達が

怖がってたけれど^^;

f0152079_2105989.jpg

マップがあったので、一応パチリ!従姉達は子供時代に船でキャンプに来たことも

あるそうだ。

f0152079_213986.jpg

何度も登ったからとお土産屋さんで待つと言う従姉達を置いて、旦那さまと二人で

登ることに・・・なるほど、従姉達がやめたのも納得・・・結構きつかった^^;

f0152079_2154019.jpg

海側の景色。
f0152079_216517.jpg

車を停めた駐車場側。

f0152079_216585.jpg

向こうに小さな教会があるね・・・と話していたら、セットなんだそうで、映画『四日間の

奇蹟』のロケ地なのだそうだ。保存期間が過ぎて、現在はトイレとして使用されて

いるみたいだ。

f0152079_2292867.jpg

せっかくだからと記念館にも入ってみた。

f0152079_2314954.jpg

初代灯台長。この記念館も彼の住まいだったようだ。が、実は彼よりもすごいのは

この灯台は「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計による最後の

灯台で、日本海では初めての洋式灯台だそうだ。レンズも希少価値が高く、日本でも

Aランクの保存灯台。日本の灯台50選にも選定されてるのだとか・・・なるほど・・・

ビデオが流れていて、ついつい最後まで見てしまった^^;

f0152079_2373846.jpg

駐車場へ戻る途中、下から見上げて。次々に到着する観光バス。かなり人気の

スポットのようだった。

f0152079_2391264.jpg

到着した時から、気になっていたイカの干し方。グルグル回転させているので、下が

外へ向かっている。回転イカと角島灯台の構図で^^;

f0152079_2402656.jpg

もうすぐお昼だから今食べるのは・・・とか、言いながら4人でぺロっと食べた海の幸!

売店で売っていた鰯を焼いてちぎったみりん干しのような干物を買ったが、すぐに

食べてしまったうちの主人。もっと買ってくればよかった^^;次に、灯台近くのお店へ。

f0152079_2444237.jpg

開店直後だったようで、一番乗り!帰る頃には満席で諦めて帰るお客も。ラッキー♪

f0152079_2455488.jpg

これは活いか(角島灯りいか)御膳。北海道でも活きイカは食べたけれど、大きさが

全然違う。大きいし、新鮮だからこの状態でもまだピクピク動いてるし^^;他にも

雲丹ご膳とサザエご膳を注文。さっき食べたばかりだからと、4人で3人前でも多いかと

思いきや、すごく美味しくて、完食!笑)イカは、胴を食べた後、頭や△部分、足は

天ぷらにしてくれたので、またまた美味しくて^^満足満足の食事だった。

f0152079_2583573.jpg

角島には二つの港、尾山港と元山港があり、こちらは尾山港。昔は本土からの船が

こちらへ着いた。その少し先に・・・

f0152079_324260.jpg

f0152079_325787.jpg

よく立ち寄るという海産物のお店が。最初の建物は齋座わ田。隣は和田水産。

だから、多分同じ系列のお店かと・・・齋座わ田の方は懐石料理らしく、こちらも

食べてみたかったかも・・・水産の方で、探していた子供の頃に食べたワカメの

めちゃ細かく切ったふりかけを見っけ(食べてみたら子供の頃のとは違ったけど

こちらも美味)!他に干した小海老、雲丹醤油等諸々を購入。で、どれも美味しく

すでに醤油以外は全部食べつくした主人。もっと買ってくればいいのにと文句を

言うので、ものは試しに、さっき電話したら送ってくれると・・・賞味期限を確認して

粒雲丹、干し海老等トータルで13000円余りも買ってしまった・・当分あるぞっと^^

店内には五木ひろしと元巨人の桑田の写真が飾ってあった。「横浜~たそがれ~」

なんて、歌ってた息子さん^^調べたらお父さんは名物親父みたいで動画もあった。

f0152079_1250781.jpg

灯台の資料館で角島の地図を見た時に、何度も来ているのに知らない場所だったと

言う旦那様。鬼の伝説を知り、和田水産のすぐ先みたいだから行ってみようと。

鬼の岩と呼ばれる岩。こちらの先にあるのは角島小学校で、ここには砂浜がある。

f0152079_1254312.jpg

角島大橋と鳩島、西長門リゾートも見渡せる。晴れていたらエメラルドグリーンの海。

f0152079_12554752.jpg

防波堤部分の鬼の絵を見て、その近くに車を停めたのだけれど、岩そのものは道から

見れないので、何度も通りながら知らなかったという従姉達。

f0152079_1257423.jpg

防波堤の上から見た鬼の岩。実はすぐ傍に謂れが書いてあり・・・

f0152079_1257588.jpg

それを読んで納得!(クリックすると全画面で読める)今までに聞いたいろんな話が

ぴたりと鬼の伝説に出てくる^^なるほどねぇ・・・

f0152079_1312637.jpg

f0152079_1315972.jpg

角島側の角島大橋への入口にある展望台から。こちら側の海は波が荒い。

本土へ戻ると、予定通り西長門リゾートへ。本当は別の温泉に行く予定で、こちらは

ラウンジでコーヒーだけのつもりだった従姉。だけど、飛行機の時間もあるし、ここで

のんびりしようかということに。女性の温泉へ行くと、入っている方々は皆外風呂?

f0152079_1345877.jpg

ならば・・・と、誰もいない内風呂越しに外を。外風呂は更に海と近くて気持ちよかった。

丁度、正面に角島小学校の砂浜が見えていて、角島全体がよく見渡せた。

f0152079_1371076.jpg


f0152079_1374256.jpg

ラウンジから見た景色。従姉がハワイみたいな景色だと言ってたけれど、なるほど^^

皆、口をそろえて、今日は台風のせいというか、晴れていないので海の色がイマイチ

だと・・・晴れているともっともっと綺麗なんだそうだ。

少し早いかなと思いつつ、空港への帰り道。行きも思ったけれど、コスモスも多かった

けれど、背の高い黄色い花がたくさん生えてて。。。従姉がセイタカアワダチソウだと

教えてくれた。それに加えて旦那様が、自分達はブタクサと呼んでいて、アレルギーの

原因になると。さっき調べてみたら、両者を勘違いする人が多数いるみたいだけど、

実は別物のようだ。花粉症の症状を起こすのはブタクサの方で、勘違いする人だらけ

みたいなので、一応名誉回復しておこうかと・・・って、セイタカアワダチソウは別に

なんとも思っていないだろうけれど^^;帰りにも道の駅に寄った。途中の山の上に

たくさんの風力発電があって、一基1億位するんじゃ?と話題に。帰りには台風が

近づいてきたせいか、とまっていた。風速が早すぎると停止するのかもね・・・・

f0152079_13174485.jpg
f0152079_1318641.jpg

ここへはサラダホウレンソウを買いに。私は牧場のアイスを食べてみた。行きの道の

駅では、初めて見た安芸クィーンという赤い巨峰や、栗の名産地で大きな栗があった

のでそれとか、途中途中であれこれ買ってしまい、持って帰るンか>自分状態に。

途中から高速に乗り、その頃からポツポツと降り出した雨。最後まで傘は使わなくて

よかった^^高速の途中で、例のやっくんの事故はここだよと・・・ご冥福をm(__)m

f0152079_1324919.jpg

早めに着いた空港。それにしても、1時間10分前で、すでに最後列しか空いてないと。

行きもそうだけど、みんな早めに席をとるんだなぁと思った。どこでもいい私^^;

長兄まで見送りに来ていて@@彼の口癖「サンデー毎日だから・・・」はヒット!

引退してからは毎日が日曜日^^後で、用意したお土産を宅急便で送るからと言われ

届いたのは雲丹、かまぼこ、海苔、お米、味噌、寒漬け、麦味噌沢庵、綺麗な里芋

等、ずっしりと重く・・・長兄も買うつもりだった利休饅頭を買ってくれ、ほんと、従兄姉

達にはお世話になった。たったの二日足らずなのに、あちこち連れて行ってもらい・・・

この日も一名ダブルブッキングがあったようで、最終便に変えてくれたら1万?とか

言っていた。従姉達と写真を撮って、出発ゲートへ。最終的にご協力により、席の

問題は解決したとかアナウンスが流れたけれど、翌日は多分台風の影響で欠航に

なりそうだから、みんな殺到したんだろうね・・・26日からLCCが参加することになった

この路線。なんと片道7000円で羽田に来れるそうで、従姉達は大喜び^^

それにしても、生まれ故郷って、いいもんだ・・・とつくづく思った旅だった。

長い旅日記、自分のための旅日記を最後まで読んで下さった方、ありがとう010.gif

by andegenni | 2014-10-22 13:38 | 四方山話 | Comments(0)

高原で避暑~美食と温泉2日目@蓼科

八ヶ岳高原ラインは、まわりに時々牧場、それ以外はほとんど緑の森の中を走る。

f0152079_1237472.jpg

f0152079_1238050.jpg

時々、真っ青な空が見えて、気分も爽快♪途中、大平で右折して八ヶ岳鉢巻道路へ。

途中、原村とかも通った。清里がダメなら原村のペンションでもと前に調べた場所だ。

f0152079_12384520.jpg

f0152079_12403132.jpg

森を抜けて、途中で、うわぁ~~~っと思うほどの山々を見渡せる場所に出た。車の

フロントガラス越しだから、ピントもちゃんと合っていないけれど、雰囲気わかるかな?

f0152079_12414762.jpg

途中からエコーラインへ。この渋川橋、印象的だったが、帰りにも通った^^

f0152079_12591695.jpg

目的地は蓼科だったが、途中でこちらへ立ち寄り。横谷峡入口にある駐車場には

公共トイレもあったので、トイレ休憩と、地図を確認。

f0152079_1325527.jpg

今いる所は、メルヘン街道で、目指す乙女滝へは、先ほどの入口に看板のある道、

f0152079_136834.jpg

信玄ゆかりの地、棒道と書いてある所を入るのね。入ってすぐ右側に公共駐車場♪

f0152079_139723.jpg

車を停めて緩やかな登り坂を歩いていたら、左側にこれ。ナビに乙女滝と入れても

出て来なくて、乙女滝ガーデンならあったので、そこに設定したが、ここみたい。

f0152079_13132284.jpg

目印の木戸口神社。坂を下ると・・・

f0152079_13145489.jpg

右側の眺望が素晴らしい!

f0152079_13154033.jpg

神社脇の川も滝状でものすごい音と水量!

f0152079_1316585.jpg

乙女滝への降り口に到着。この地域の案内板。紅葉の名所なので滝廻りも(o^-')b

f0152079_13293523.jpg

かなり急な階段を下って行くと・・・

f0152079_13301786.jpg

乙女滝の下に到着。見上げる空が青くて綺麗♪

f0152079_1333543.jpg

まずは看板も入れて。マイナスイオン20000個って・・・離れていても滝のミストが!

f0152079_13354275.jpg

乙女という名なのに、すごい水の音と激流で、似つかわしくない程^^;

f0152079_13365755.jpg

もう少し渓谷に近い場所に遊歩道があり、トレッキングコースに。蓼科湖まで3.55K。

12時に蓼科グランドホテル滝の湯の日帰り温泉+ランチビュッフェのコースを予約

してあったので、メルヘン街道からビーナスラインを通って、一旦ホテルの前を素通り

して蓼科湖へ。近くにある聖光寺の駐車場で12時まで朝市開催中だと、HPで読んだ

ので行ってみようかと。

f0152079_13415982.jpg

街道沿いに蓼科高原朝市会場と看板が。8月17日まで毎日開催と書いてあったので

期待してクーラーボックスまで持参したが、ここが会場。右側に、5,6テントあるだけ。

野菜はほとんどなくて、朝摘みのものが少しだけ。知り合いのお店が倒産したとかで

デパートに卸していたという洋服を、娘と1枚ずつ購入。3~5分の1ならお得かもと。

f0152079_13452047.jpg

聖光寺入口の門を内側から。

f0152079_1346291.jpg

ちょい、変わった彫像達。

f0152079_13472839.jpg

境内は奥までとても広く、これ、全部桜なら、春は綺麗だろうなと思った。

f0152079_1348273.jpg

まだ少し時間があったので、すぐ傍の蓼科湖へ。

f0152079_1350353.jpg

f0152079_13512561.jpg

コスモスがもう咲いていて、綺麗だったけれど、ここが湖?池じゃなくて?という大きさ。

f0152079_13523822.jpg

精進湖の例があるからもしかしたらと思ったら、ホテルへ向かう途中に駐車場が。

やはり、こちら側にも広がっていた^^蓼科湖レジャーランドだったか?も併設。

f0152079_13545564.jpg

湖畔には彫刻公園。有名どころと同じコンセプトだけど、規模が小さい^^;

f0152079_1413422.jpg

蓼科グランドホテル滝の湯へ到着。日帰り組は玄関脇の駐車場ではなく、この看板

前にある駐車場を使用とのお知らせが。滝の湯の由来も書いてあった。

f0152079_1421494.jpg

滝の湯川の渓流の音を聞きながら歩いて行くと

f0152079_1435216.jpg

橋。夜には電飾も?

f0152079_1416456.jpg

正面玄関。入ってすぐのフロントで持参した予約書を見せて、ビュッフェチケットを頂く。

すぐに入れるのは庭園風呂。信玄野天風呂は3時からだし、まだお腹が空いては

いなかったので、まずは庭園風呂へ。2階だからそのままなのに、間違って

f0152079_14184660.jpg

3階へ。チェックアウト後の館内は静か~~~~!セットでは5時間滞在可♪

f0152079_14213746.jpg

お風呂棟との間の渡り廊下から、上流を。水車もあった。渓流の流れがやはり速い!

f0152079_14225295.jpg

下流側。滞在中の親子がプール遊び中。チェックイン時間後はすごい人数に^^;

お風呂は男女で時間によって入れ替わり制。この日は女風呂が下の階で、内湯だけ

だけど、ガラス越しに滝を眺めながらの入浴で、気持ちよかった^^

f0152079_14262934.jpg

帰りがけ、渡り廊下の近くに外へ出るドア。開けてみると、崖が。何百万年も前の

地殻変動の為にできたとか。そんなのどうやってわかるのか?断層で判断?

f0152079_14284778.jpg

f0152079_14293234.jpg

ロビーで少し休んで、今度はビュッフェ会場へ。

f0152079_14302314.jpg

ビュッフェレストランSeeds。

f0152079_14314873.jpg

目が欲しくてあれこれ持ってきた私のプレート。が、全部は食べきれず、娘にHELP!

f0152079_14325811.jpg

なので、デザートは控えめに。朝からたくさん食べたから、無理だった・・・

味は、そこそこ美味しかったけれど、やはり、前日のふじさんの方が美味しかった。

f0152079_14362844.jpg

私達が座っていたのは、渓流を見下ろせる窓側の席。

f0152079_14365318.jpg

仕切りの向こう側がビュッフェのコーナー。この時点で2時10分。3時からの野天風呂

開始にはまだ時間があるし・・・さっきの3階のソファで休もうかと、近くのEVで3階に。

f0152079_1439823.jpg

降りると、休憩所と書かれた大広間が!従業員の方に、使ってもいいのか確認し、

目覚ましをセットして、優雅にお昼寝!眠かったので横になれるのが、嬉しかった!

そのまま3階を歩いて向かったら、3時なのでフロントは大混雑。休憩室でよかった!

f0152079_1441114.jpg

信玄野天風呂へは、3階から一旦外へ出て、階段を登る。雨天時の傘も常備され。

f0152079_14434253.jpg

f0152079_14424338.jpg

最後に髪を洗って帰りたかったので、内湯の心配もしたが、ちゃんと両方あった。

野天の方は、滝の湯川を見下ろしながら。回りは山々と渓流だけ。時折、涼しい風が

吹き、虫も葉っぱも自然の友達です、やさしくすくいあげて下さいと小さな網も^^

ここ、本当に気持ち良かった~~!お約束の高原コーヒー牛乳も飲んで、売店で

あれこれ買い物。日帰り温泉の受付が3時から開く売店に変わっていた。9日から

値上げで2000円と書かれていたので、今日は(7日)いくらですか?と尋ねると、

1500円とのこと。ビックリ@@実は、某旅行サイトを今年は私も母との旅行で利用

したり、義母のお祝い旅行で北陸2泊もとったりで、ある程度高い宿を複数で利用

した為にポイントがかなり溜まっていて、ここはポイント利用で無料だった。実際の

値段はビュッフェ+日帰り温泉のセットで一人2500円だったから、セットの方が

大幅にお得だったみたい。別々だとかなり高くなるし。お得感満載で満足の体験^^

最後に、道の駅があれば野菜を買いたいと思い、フロントの方に尋ねたら・・・

蓼科には道の駅はないけれど、野菜だったら「自由農園」という所が3か所あって

帰り道ならば、こちらがいいでしょうと、地図に印をつけて下さった。

ビーナスラインを、また蓼科湖方面へ。思いのほかガソリンが減っていたので、

一軒だけ見つけたGSで補給。聖光寺も過ぎて、しばらく行くと、左側にあった!

f0152079_14564557.jpg

たてしな自由農園♪箱買いだと発送もしてくれる。6時の閉店まで、選ぶ選ぶ母娘。

見たこともない野菜も数あって、これなんですか?どうやって食べるのですか?と

尋ねながら。結局、10数種類の野菜と、桃、巨峰、朝摘みイチゴまで買った。一押し

だったのは、ここでもトウモロコシ!生で輪切りにしてあって、試食したら、生なのに

めちゃくちゃ甘くて美味しい。すでに買ってあるのに、更に買い足し。頑張って食べな

きゃね。普通に茹でて食べるだけじゃなく、今夜はコーンご飯にもするつもり。

フロントの方の指示通り、ビーナスラインを少し戻って、一つ目の信号を左折すると

行きに通ったエコーラインへ出た。印象的だった橋も渡り・・・

f0152079_1542583.jpg

蓼科の山々ともお別れ。諏訪南インターから中央高速へ。

f0152079_1552785.jpg

途中、薄暗くなっているのに富士山が浮かび上がってて^^

中央高速の渋滞案内で、談合坂の先とその先2か所が10数キロ渋滞だと。

f0152079_157637.jpg

それならと、あまりお腹も空いていなかったけれど、7時半だからと談合坂で食事。

おむすびも二つ買ったが、左側、なんと、中村農場(だと思う)の卵の黄身漬けの

入ったもの。右は高原牛だって。食事の後の高速道路は、大正解で、渋滞解消!

ここからは翌日仕事の娘の為に、私が運転したが、順調に流れて1時間ちょっとで

着いてしまった。ガソリンは、おそらく満タンで足りたかな?という量。高速代と

ガソリン代で2万程かかったけれど、食と温泉と景色の旅、大満足の二日間に

なったと思う。またいつか、気ままに出かけてみたい。改めて、日本って綺麗な

国だなぁと思った。長い日記、最後まで読んでくださった方、f0152079_15123135.gif

by andegenni | 2014-08-09 15:42 | 四方山話 | Comments(2)