カテゴリ:韓国俳優( 22 )

テサギ好調!ぺ・ヨンジュンペンに贈る 1

대왕사신기(略してテサギ)が好調だ^^

「苦節2年!」とはある友人のコメだが(笑)ついにベールを脱いで登場!
始まってみれば、ぺ・ヨンジュンファンだけでなく、彼を知らない若い世代も
CGや神話のストーリー、若手女優の人気の相乗効果もあって、ずっと
視聴率30%近くを保っている。彼の昔のファンも戻ってきたし。
このドラマの日本での経済効果はまたまたすごいんだろうなぁ・・・と思う。

思えば、きっかけがなければ、PCなど触れもしなかっただろう世代の
おばさま(私も含む)方を、情報集めの為にネット世界へ連れ出したのも
彼の『冬ソナ』効果。今度は、12月3日からのBSHi(太王四神記放送)を
観るために、デジタルTV購入、デジタル録画用DVD購入・・・両方組も。
日本の家電メーカーは喜んでいることだろう^^思わぬ経済効果に^^
水木の夜は、どれだけの人数がPCに貼り付いて、かの国の放送を
リアル視聴しているのか?このドラマで初めてのリアル視聴組もどっと増えた。

彼の年収432億ウォンにも驚いたが、実業家ぺ・ヨンジュンではなくて
俳優であるぺ・ヨンジュンを久々見ることが出来て、私も嬉しい。
韓国への扉を開いてくれた彼と、ネットで最初に知り合った彼のペンに
贈るぺ・ヨンジュン特集第一弾♪ただし、これからも見られる現在のものではなく、
すでに観られなくなった過去のもの中心の特集♪今日は縁(ゆかり)の3箇所。

f0152079_13543764.jpg
f0152079_13545334.jpg
f0152079_1355629.jpg
f0152079_13551920.jpg


2005年11月から2007年4月まで論峴洞に位置していた PARK BOF。
(現在のPARK BOF SEOULは仁寺洞に移転。)
訪ねたのは2006年の春。前年の秋に『四月の雪』が公開になり、インスの車が
お庭に置いてあった。外観はとても可愛い家で、あちこちに遊び心が感じられる
暖かい作りだった。丁度、深夜に雪が降り、映画のような雪景色に・・・
4月の雪ならぬ3月の雪だったが^^;車の横に等身大のインスが立っていたという
情報もあったが、生憎の雪で?この日は立っていなかった。家の内部は撮影禁止!
ソ・ジソブがBOFに入ったから、彼のものもあるかなぁ?と思ったが、中は
丸っきりのぺ・ヨンジュン空間。未公開の写真や、洋服、書斎など、一度は訪問
したかったので、ちょうど雪のあるいい日に行けてよかった^^

f0152079_13554918.jpg
f0152079_13555582.jpg
f0152079_13555925.jpg


論峴洞からブラブラ歩いて鳥山交差点へ。そこから鳥山公園を目指す。
徒歩でもたいした距離ではない。まだ工事中のGORILLAを訪れた。
階段を上がって、「안녕하세요~♪」と声をかけると、工事中のお兄さんが
愛想よく、「はい、ここがGORILLAです。」←韓国語で。で、記念に写真も
撮らせて頂いた。ご本人の写真もピースマークで実は残っている!爆)

一番下は、去年の秋。出来上がったお店に初めて行った。外は銀杏が綺麗♪
遅めのお昼で、ランチセットで25000W+税金だった。マシッタ~♪
Jisubがよく座るというテーブル(空いていなくて)の隣に座った。
ヨン様ファンばかりかと思ったが、地元の奥様方が5,6名でゆっくり食事して
お喋りに花が咲いていた。有機野菜中心の料理で、誰が経営ではなく、
お店の質で受け入れられているようで、内部のデザインも素敵でよかった^^

f0152079_13561021.jpg
f0152079_13561591.jpg
f0152079_13562082.jpg
f0152079_13563593.jpg
f0152079_13564751.jpg


明洞ロッテデパートの最上階にある「TEA LOFT」
11階からエスカレーターを乗り継いで最後は専用エレベーターになる。
ぺ・ヨンジュンがいつも座る席には、可愛い女の子が座っていた(韓国人の)。
天井の空間が広く、なるほど・・・LOFTだぁ・・・と思える。

頼んだのは、ぜんざいとここのお勧めメニューの「餅ロール」6000ウォン。
他の人はお水だったのに、なぜか私達には緑茶を出してくれたので、飲み物パスで
これに^^;お値段も良心的♪ここもヨン様ファンばかりかと思いきや、ファッショナブルな
若い娘や、商談?中なのか、スーツの紳士もいて、落ち着けるいいお店だ。
夏場には、果物のパッピンスが好評で、取り上げられていたし、一般に受け入れられて
いるようだ。明洞にあって、このくつろぎの空間は貴重だと思った^^

GORILLAとTEA LOFTは今でもこれからも行けるお店。
いつかまた再訪することがあるだろう^^

by andegenni | 2007-11-10 13:07 | 韓国俳優 | Comments(10)

センイル上映会 ソ・ジソブ

今日は、蘇 志燮(소지섭 ソ・ジソブ)の30歳の誕生日。

생일 축하합니다 ~~♪

f0152079_14194261.jpg


昔の写真を一枚だけペタッ♪

今頃、センイル上映会も終わり、参加者達は盛り上がっているだろう。

今日は用事で行けなかったので、昨日、一日早く上映会に行ってきた。

公開映像、未公開映像が入り混じり、彼の歴史が語られている

よい映像だったと思う。その中で、ひとつ気になった部分・・・

これは、彼の誕生日にあたっての映像だから、演じている彼は出てこない。

だけど、演じるために努力している姿は出てきた。今、撮影中のドラマの。


『自己管理』 について。

「もし、俳優でなければ、元々食べるのが好きだからずっと太っていたでしょう。」

そうなんだよねぇ・・・俳優という職業は役に合わせて体重をコントロールしなくては

ならない。若手の俳優達もオフの時は、見ていて身体がなまっている>しまりが

なくなっている姿をよく目にする。それでも、次回作が決まると、みんな役にあわせ、

身体を絞ったり、逆に太らせたり・・・・大変だなぁと思う。

中には、オフも関係なく、いつもベストでいる為に日々、鍛えている俳優もいるだろう。

チャン・ヒョクのように。そこまでいかなくても、オフでもトレーニングを続ける人も多い。

いろんな俳優のことを考えてみた。

有名なところでは설경구(ソル・ギョング) 彼は「力道山」を演じるために、30kgも

体重を増やしたり、逆に「あいつの声」ではやつれて見えるように、一週間、断食を

してポスター撮影に臨んだとか・・・・

キム・ソナが「私の名前はキム・サムスン」で太った30女の役を演じるために8kg

くらい太って臨んだのも有名だし・・・

チェ・スジョンが『余裕満々』という番組の中で、言っていた言葉も、感心した・・・

彼も、役に合わせ、王様の役なら太り、今の「テジョヨン」では苦労する役だから

ずいぶん痩せて、体重変幻自在俳優の一人だ。「初恋」で初めて彼を知ったが、

当時30代。今は40代なのに、20代の若い女優と恋人役でも違和感がなく

若く見える。ダイエットで痩せているのに、肌の調子がいいのは、食べ物に

気を遣い、毎晩、美白パックと黄土パックをしているそうだ。ロケに合わせて、

奥様が用意してくれるそうだ^^ダンベル、縄跳び、腹筋は毎朝、毎晩の日課。

「若さを保つ秘訣は?」という質問に対する、彼の答・・・・

「努力なしでは何も得られません・・・人と同じ生活を送っていたら、人よりよく

なれません。今は大変でも、その少しの努力が積み重なり、時間が経てば

差が出ます。」・・・・・・耳に痛い言葉だ・・・・

今日、たまたま見た情報番組で、韓国女性の肌の綺麗さが紹介されてた。

きめの細やかさ、化粧品の消費量では日本の数倍だとか・・・・

だから、世界の有名ブランドはまず、韓国女性をモニターで使い、チェック

するとか・・・(携帯電話も同じように、韓国でモニターされる。恐るべき、IT国!)

で、現地レポをやっていたが、30代女性(一般人)の肌が綺麗だこと!

私も私と同じ年代の韓国女性と会った時に、彼女達の肌の綺麗さに驚いた

ことがある。今日のレポの女性の言葉>今の為だけにやっているのではない。

将来、綺麗な肌で歳を取りたいからと。コラーゲンたっぷりの食事も心がけ・・・

あ~~~~~、今更、遅いじゃんーー若い頃、もっともっと肌をいたわればよかった。



俳優という、見られることを前提にした職業、華やかな表舞台の陰で、みんな

努力してるんだなぁ・・・と思う。

でも、一般の女性達も負けていない自分磨き・・・・もっと早く気付けよ・・・>私!!!

つらつら思ったことを書いてみた^^;全く同感>「継続は力なり!」


Jisubも30代。よりいっそう成熟した演技で魅せて欲しい。

彼の言葉「私は俳優ですから、作品でお見せしたいと思います。」

そうだ!その言葉、一番聞きたかった言葉だから、頑張ってね~~~~♪

by andegenni | 2007-11-04 14:28 | 韓国俳優 | Comments(14)