カテゴリ:2017.7水原・扶余( 19 )

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part19 薯童謡テーマパーク4

娘の結婚だけじゃなく、オメデタまで加わり、うちのマンションの

空き部屋が出たと同時に契約・・・中古マンション市場って

すごいなぁ・・・なんと、最初の販売価格の1.5倍だった!

リフォームも自分たちでするから、銀行巡りや業者巡り、

不動産屋さんとのやりとりで、めちゃ忙しい!
f0152079_20050964.jpg
機織りの機械が並んだ場所を反対側から。
f0152079_20051568.jpg
続く場所にはこちらの案内板。制作陣との撮影シーンも。
f0152079_20060435.jpg
f0152079_20061287.jpg
f0152079_20065822.jpg
f0152079_20570169.jpg
『雲が描いた月明り』では、イ・ヨン世子の就寝場所として登場。

そして、最近のドラマなら『猟奇的な彼女』の公主の部屋としても

登場したっけ。
f0152079_20083791.jpg
部屋の前から見た景色。
f0152079_20084478.jpg
ね、同じでしょ^^CN BLUEのジョンシンチングの後ろ姿^^
f0152079_20093805.jpg
度々登場したこちらを後にして・・・
f0152079_20100606.jpg
王座のある建物へ移動。
f0152079_20102450.jpg
数々のドラマに登場した、こちらの王座。
f0152079_20104091.jpg
見上げた天井部分。
f0152079_20110135.jpg
靴を脱いで上がる形で、ここへ続いていた回廊と・・・
f0152079_20115315.jpg
f0152079_20120201.jpg
f0152079_20121050.jpg
ここから見下ろした左、真ん中、右側。
f0152079_20124006.jpg
王の所へ向かうシーンでこの辺りも度々登場。
f0152079_20130177.jpg
靴を履いて、振り返って。
f0152079_20132158.jpg
再度、こちらへ。猟奇・・・でキョヌ達が歩いて戻った所。
f0152079_20142612.jpg
王宮の左右にある塔の近くには竹が。
f0152079_20144510.jpg
下の部分も逃げるシーンなどで使われる所。
f0152079_20150536.jpg
f0152079_20151240.jpg
f0152079_20153546.jpg
さらに奥へと進んで行くと・・・
f0152079_20154943.jpg

f0152079_20160872.jpg
奥にも建物。簡易的な責め具も。
f0152079_20163112.jpg
f0152079_20165755.jpg
隣の青少年修練所のいろんな設備と建物。
f0152079_20171896.jpg
f0152079_20181781.jpg
f0152079_20182488.jpg
ここは、太子宮と書いてあった。
f0152079_20184742.jpg
f0152079_20185970.jpg
中殿がラオンの頬を殴った所。
f0152079_21100996.jpg
亀のいる池があったけれど、何か意味があるのかな?
f0152079_20195771.jpg
再度、中心部へ戻って・・・
f0152079_20202825.jpg
王宮を正面から。

f0152079_21280888.jpg
こんなシーンもあったっけね・・・
f0152079_20204639.jpg
世子も降りたこちら、王宮正面の門を出て、階段を下った。
f0152079_20210778.jpg
再び、市場へ。こういう階段や、掲示板も角度を変えたりして

セットされるんだろうね^^
f0152079_20212377.jpg
f0152079_20213950.jpg
f0152079_20215370.jpg

f0152079_20215862.jpg
入口近くにある豪族の家。
f0152079_20221502.jpg

f0152079_20223450.jpg
これで全部回れたかな?
f0152079_20231161.jpg
f0152079_20231767.jpg
再度、入口近くの建物を角度を変えて・・・
f0152079_20233556.jpg
f0152079_20235458.jpg
f0152079_20251443.jpg
5時半に荷物を取りに来てと言われていたので、階段に座って

ブログを書いたりして時間をつぶし・・・

荷物を受け取ると、入口のゲートを閉め始めた管理人さん。

座ってていいよ~と言われて、30分ほどipadで書いたりしていると

さ、行こうか!と、上の道の向こうに停めた車に案内して下さった。

道々、貯水池の説明も。かなり広くて奥が深かった。

この日はひとりで管理だったけれど、週末には2人になるとか。

扶余に近づくと、宮南池の横を通って、咲いている大きな蓮の花に

ビックリ!それでも、今年はイマイチとか・・・前々日に

薯童謡祭は終わっていたけれど、地元の好意で、蓮の花がある間は

夜もライトアップされると思うから、後で来てみてねと・・・

車でも数十分かかる距離だから、確かにコールタクシーは往復で

かなりかかるだろうに、お金はもちろん受け取って下さらなくて。。。

将軍像のあるロータリー脇の銀行へ行かれると言うので、そこで

降ろして下さった。目当ての宿へは歩いて行けるからと。

思いがけないご親切で、明るいうちに宿へ行けて嬉しかった。


by andegenni | 2017-09-15 21:41 | 2017.7水原・扶余 | Comments(2)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part18 薯童謡テーマパーク3

民家の一画から、宮のある場所へ。
f0152079_21034521.jpg
f0152079_21060634.jpg

『ソドンヨ』の案内板があり、宮殿の入り口へ続く場所。

『雲が描いた月明り』ではチョン若様(トリョンニムだけど

面倒なので、若様表記で)が科挙に合格して宮に出廷して

妹公主に会うシーンで登場した。

f0152079_22151798.jpg

で、わかってみると・・・宮廷の踊りのシーンは、ここではなくて

扶安の映像テーマパークで撮影されたんだけど、ひとりで踊った

踊り子が気になって探し、この階段の上に世子が立っていた時、同様に

心配していたユンソンと共に、笹の茂みの中に隠れていたラオン。

2箇所での撮影がシーンとして自然に繋がっていたっけ。

ふたりに気づかず、階段を降りた世子^^

f0152079_21061271.jpg

左側には、刑場。

f0152079_21063117.jpg

『ソドンヨ』のシーンの案内板。このセット場で撮られた作品で

刑場シーンがあるなら、ほぼここかな?

f0152079_21104310.jpg

刑場の門を出て・・・

f0152079_21110590.jpg

宮の門の左側と・・・

f0152079_21112213.jpg

ラオンたちが隠れていた右手の茂みとその先の門。

f0152079_21112864.jpg

右手の門の右側には、庶民の区画に抜ける門も。

f0152079_21120307.jpg

右手の門の先へ行ってみると・・・

f0152079_21121032.jpg
f0152079_21123652.jpg

こちらの区画。

f0152079_21124333.jpg
f0152079_21131998.jpg
f0152079_21134900.jpg
f0152079_21135699.jpg

敷地内の堀もあって、角度を変えて、使われてるんだろうなと・・・

f0152079_21140296.jpg

続いて『ソドンヨ』での大学士(大提学の別称)の学習シーン。

f0152079_21144272.jpg
f0152079_21150282.jpg
f0152079_21171903.jpg

この建物を中心に撮影されたのね^^

で、この建物前の広い空間は、『雲が描いた月明り』では

新入りの内侍(宦官)が試験を受けたシーンで登場。

試験を受ける者の中に、ラオンを発見した世子は

チャン内官に服を脱ぐように強制したっけね^^

f0152079_21152781.jpg

で、外へ続く門があったので、出てみたら・・・

f0152079_21162510.jpg
f0152079_21171099.jpg

やはり湖と言いたい位に大きな貯水池。この景色なら、史劇で

使っても、違和感ないよね^^

f0152079_21174188.jpg

水辺の道から見上げた宮の外側。


f0152079_21180886.jpg

塀の上から見えたこちら。

f0152079_21185251.jpg

さらに散策・・・

f0152079_21190944.jpg

宮の中の塔が見えて来た。

f0152079_21192512.jpg

無造作に置かれていた台車?それとも牛や馬に引かせるの?

f0152079_21194485.jpg

この楼閣は幼い世子と亡き母の思い出の場所。この場所を見つめる

世子の目に、8年前の母子の姿が浮かぶんだけど、

ボゴム、いい眼差ししてたっけ^^

f0152079_21243781.jpg

渡り廊下は、どこがどこだか?位度々登場。

f0152079_21244489.jpg
f0152079_21245112.jpg

こちらの渡り廊下と高い塔側の間には段差があり

f0152079_21245801.jpg

堀越しに向こう側を見る形に。踊った後で、ラオンが逃げる

シーンで、低くなった場所が使われていた。

f0152079_21250593.jpg

で、この向こう側、渡り廊下に世子、下にラオンがいたシーン!

f0152079_22573287.jpg

まさに、手話でラオンに告白したシーンであり、

f0152079_22482739.jpg
f0152079_22483350.jpg

こちらの撮影場所でもある^^

f0152079_21254895.jpg

さらに進むと、こちらの建物。右後ろに홍살문(紅箭門)みたいな

物が見える場所。撮影時はこの前に旗や矢が立てかけられて、

世子の武術の練習シーンで使われた場所。何度か登場した所。

f0152079_21263594.jpg
f0152079_21264327.jpg
f0152079_21270853.jpg
f0152079_21271681.jpg


f0152079_21274817.jpg

近くの建物を写してから

f0152079_21275448.jpg

楼閣の脇を通ろうとしたら・・・

f0152079_21282095.jpg
セット場の塀越しに見えた台。飛び込み?バンジー?

隣が青少年修練所なので、たくさんの設備があった。
f0152079_21280137.jpg
曲がり角には、こちら。糸紡ぎの道具かな?

長くなったので、続きは次のpartにて。


by andegenni | 2017-09-09 00:00 | 2017.7水原・扶余 | Comments(0)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part17 薯童謡テーマパーク2

枚数が多すぎて、どれを省けばいいのか・・・

で、重なっているかも?だけど、せっかく写して来たので

今度出て来たらわかるように、一気に!

f0152079_19471242.jpg

両班の屋敷の逆側の門から出て・・・

f0152079_19463911.jpg

市場の中を散策。朝鮮時代、宮の近くにあった

雲従街と呼ばれた市場だと思うが、今でいうなら

鍾路一帯。大商人もいて、朝鮮一栄えていた場所。

『客主』で出て来た六矣廛(ユギジョン)もこの場所に。

f0152079_19474560.jpg

お店の名前が漢字で書いてあるから、日本人にはわかりやすい。

f0152079_19475869.jpg

f0152079_19481151.jpg

f0152079_19483062.jpg

f0152079_19521706.jpg

f0152079_19523532.jpg

f0152079_19530482.jpg

f0152079_19532738.jpg

楼閣の下は、商人たちがワッタガッタ・・・

f0152079_19533987.jpg

タル(仮面)も。

f0152079_19543516.jpg

f0152079_19544741.jpg

f0152079_19552711.jpg

f0152079_19563916.jpg

ここ、宿屋みたいだから、『猟奇的な彼女』で出て来た所かも?

f0152079_20041971.jpg

セットだから、ひとつの建物の4つの面ごとに使っていて、

宿屋の角を回りこむと・・・

f0152079_20435242.jpg

『雲が描いた月明り』で世子がカップルパンジを買った所。

f0152079_20042563.jpg
f0152079_20045270.jpg

その先には高い塔や藁ぶき屋根が。

右手にある下がピンクの布の場所が気になる・・・

f0152079_20045922.jpg

f0152079_20052734.jpg
f0152079_20080725.jpg

両班のお屋敷の中を外から。


f0152079_20092900.jpg

竈の形も、次に出て来たらここだとわかるかな?

f0152079_20094418.jpg

市場のシーンはこの角度で撮られることが多く、

『雲が描いた月明り』でも、『猟奇的な彼女』で一緒に逃げる

シーンでも何度も登場していたっけ。

f0152079_20102320.jpg

あ、やっぱりそうだ!ユンソンが、ハヨンとお茶を飲んだ

2階の席はこちら。

f0152079_20104847.jpg

この先、瓦屋根から茅葺屋根の庶民の一画に。

f0152079_20110035.jpg
f0152079_20112414.jpg

左側を見ると、薬屋の先は、ここ刑場みたい。後で覗こう♪

f0152079_20115494.jpg

掲示板かな?史劇の定番の場所かも?

f0152079_20120890.jpg

瓦屋根の終わる手前は、左へ行くと宮。

f0152079_20122570.jpg

『猟奇的な彼女』で馬に蹴られそうになった公主を

助けたキョヌ。この辺りかと・・・

f0152079_20131679.jpg

それともその先のこの辺りかも。

f0152079_20145470.jpg

入口の上に渡してある葉っぱが特徴的。

f0152079_20155887.jpg

f0152079_20161691.jpg
f0152079_20165073.jpg

どこからもよく見える物見台。雲が・・・で、パルチ@腕輪を

買った後、ビョンヨンが何者かに追われているのを見かけた世子。

思わず、助けに入って、この物見台が見えるあちこちの路地で

立ち回りのシーン。彼には何も問わず・・・

「ビョンヨン、世界で私がたった1人だけを信じなくてはならないと

したら、それはお前だ。知ってるだろう?」と。

f0152079_20165858.jpg

藁ぶき屋根の家々を抜けると、目の前に湖が。

f0152079_20173237.jpg
f0152079_20173958.jpg

後で、湖ではなく貯水池だと教えて貰ったけれど、かなり大きい。

f0152079_20183171.jpg

そこに面したこの家が、ソドンヨの家だろうか?

f0152079_20192410.jpg

そうだと信じて、中へ。

f0152079_20200060.jpg

隣の家から、やはり見える物見台。

f0152079_20215634.jpg

こちらの家の中から見える湖。

f0152079_20201410.jpg

その先は宮の建物。

f0152079_20202890.jpg

手前に井戸。

f0152079_20211548.jpg

井戸から湖に面した家々を。

f0152079_20222101.jpg
f0152079_20223988.jpg
f0152079_20230303.jpg
f0152079_20231136.jpg
f0152079_20241194.jpg

f0152079_20242974.jpg
f0152079_20244638.jpg

f0152079_20252341.jpg

藁ぶき屋根の庶民の家の区域はキャプがない場合、

ジャストポイントで探すのは難しい(>_<)

f0152079_20260923.jpg

さすが、名前がついているテーマパークだけあって、

『ソドンヨ』だけは、どこがどこだかの案内板があった。

f0152079_20270272.jpg
f0152079_20262441.jpg

枚数、多すぎだけど、ここまで読んでくださった方、

f0152079_21144740.gif



by andegenni | 2017-09-06 21:19 | 2017.7水原・扶余 | Comments(0)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part16 薯童謡テーマパーク1

お世話になった益山の運転手さんは、扶余郡青少年修練院の建物の

車止めで降ろして下さった。この大きな建物には自販機や食堂もあり

撮影隊も困らない位置関係のようだ。
f0152079_19505499.jpg

こちらが地続きの薯童謡(ソドンヨ)セット場。

小さな小屋みたいな場所がチケット売り場。チケット2000Wを買い、

帰りのバス便のことを確認。このソドンヨセット場へは、扶余からは

1日に4便だけバス便がある。扶余のKT&G停留所から105番バスで

f0152079_20580026.jpg

往復できるけれど、停留所が多くて時間がかかりすぎ!

それでもバス!と言う人には一応調べた時刻を。

6:10 9:20 13:30 17:15 始発がどこだかは?

f0152079_20381606.jpg


それで、威悦駅からのタクシー利用。でも帰りは扶余中心部までは遠く、

コールタークシーは扶余からになるから、かなりお金も時間もかかると。

4便目のバスがテーマパークの最寄り停留所を出る時間を確認すると、

18時30分頃だと言われ、それでも仕方ないかな・・・と

思っていたら。。。。。

18時にここは閉めるから、その時間までいるなら、扶余に住んでいるから

乗せてってあげるよ~♪とめちゃ嬉しいご提案!荷物も預かって頂き、

17時半には売り場を閉めて、テーマパーク内の見回りに出かけるから

荷物はその時間までに取りに来てと。嬉しくて(T_T)

f0152079_19510991.jpg

f0152079_19521362.jpg

なんと言っても印象的だった『雲が描いた月明り』のセット撮影♪

f0152079_19523367.jpg

他にも『イサン』

f0152079_19524811.jpg

『チャクペ』

f0152079_19530239.jpg

『六龍が飛ぶ』

f0152079_19533198.jpg

水原に続き、『麗~花萌ゆる8人の皇子たち~』も♪

f0152079_19534399.jpg

『風の国』

f0152079_19535893.jpg

『トンイ』

f0152079_19540991.jpg

『帝王の娘スベクヒャン』

f0152079_19542391.jpg

『剣と花』

f0152079_19545365.jpg

なんと言ってもセットとしての名前を残す『ソドンヨ』と

『大風水』と『階伯』。百済を扱ったドラマとしては、『ソドンヨ』以来

久々だった『階伯』。このふたつのドラマをここで撮るのは当然かな^^

f0152079_19551965.jpg

イ・ジュンギは『朝鮮ガンマン』も♪

で、少し前に観終わった『猟奇的な彼女』もたくさん撮影されていたが

行った時にはまだ看板はなかった。

f0152079_19553641.jpg

入った所。

f0152079_19555959.jpg

南楊州の撮影所でも同じだったけれど、TV局でよく使う手法で

背景をカラーにしておいてCGでバックを構成するようだ。

f0152079_19563028.jpg

朝鮮時代だから、漢字で表示してあり、日本人にはわかりやすい。

f0152079_19563566.jpg

あの2階はいろんなドラマで出て来た。「茶」という紙がたくさん

下がっていたけれど、商人が行き来したり。

『雲が描いた月明り』では世子がチョン・ヤギョン(丁若鏞)を

訪ねて行き、あの上で話すシーンでも使われた。

カクシタル仮面がビラを撒いたのもあの上から。

f0152079_19565028.jpg

市場の通りは、朝鮮時代のソウルの宮の近くの設定。

f0152079_19571557.jpg

開いていた門の中へ。

f0152079_19572121.jpg

f0152079_19574479.jpg

f0152079_19575297.jpg

f0152079_19581203.jpg

キム・ホンの家として出て来た場所だった。

f0152079_19584485.jpg

その奥にある門。その先には

f0152079_19590717.jpg

f0152079_19591387.jpg

闘いのシーンとかで使われるのか?こんな場所も。

f0152079_19594823.jpg

個人の家としてはめちゃ大きな家。先には赤いホンサルムン紅箭門も。

f0152079_20000906.jpg

門の内側。

f0152079_20002183.jpg
f0152079_20003516.jpg
f0152079_20010321.jpg
f0152079_20011023.jpg
f0152079_20012358.jpg
f0152079_20014181.jpg
f0152079_20020495.jpg
f0152079_20021128.jpg
f0152079_20025527.jpg

広いお屋敷をあちこち写して。。。今度出て来たらわかるか>私・・・

再度、市場へ出て。写真が多くなったので、次のpartで。



by andegenni | 2017-09-03 22:15 | 2017.7水原・扶余 | Comments(2)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part15 益山刑務所セット場

鳥致院駅から湖南線で80分(6700W)で着いたのは威悦駅。

錦江のこちら側は、北側の江景駅までが扶余の東側の論山市で

忠清南道。ところが、そこから南側は、いつしか益山市になって

全羅北道へ。威悦駅のある益山の西側は、前に行った群山。
f0152079_21040405.jpg

駅の中から。威をハムって読むのは、北朝鮮の威鏡道で知っては

いたけれど、威悦でハミョルっていう読み方、一瞬迷ってしまった。
f0152079_21042958.jpg

駅前は車も入れない小さな広場だけ。
f0152079_21045357.jpg

ルート検索ではこっちだったなと、駅を背に右手へ。

並びのお店の方に、タクシーはどこにいるかを尋ねたら、この先の

交差点を左折すると、お役所や郵便局、市場などがあって、反対側に

タクシー乗り場もあると。駅前は何もないけれど。

こちらへ向かっているタクシーを停めて、乗ろうとしたら、

タクシー乗り場にいる先頭のタクシーに乗って下さいと。

順番を守らないといけなかったようだ。

行き先を告げると、区域外だから・・・とちょっと困った様子だけど、

乗せて下さることになった。行き先は扶余郡だけど、辺鄙な所にある

ソドンヨテーマパーク。ここは、益山だから、忠南と全北で道まで違う。

それでも、駅で考えると、ここが一番近かったので。

途中の道に刑務所のセット場があるけれど、火曜日は休館日なので

前で入り口だけでも写したいと言うと、快くOKして下さった。

運転手さんは、めちゃ映画好きで、何度も行ってらっしゃるとかで。

ところが、なんと開いていた!火曜だから休みかと・・・と

言うと、係の人が、ちょっと前までそうだったと。よかった^^

入り口で名簿に名前などを書くと、そのまま無料で入れた!

運転手さんが、待っているから、見学してきていいよと^^

なお、現在は毎日10時~17時まで開いているそうだ。

☆익산교도소세트장☆

전북 익산시 성당면 와초길 11 (우)54505

지번성당면 와초리 154-4 063-859-3836 대표번호

さっき、確認したら、DAUMの情報も更新されていた^^

f0152079_21072291.jpg

「法秩序 確立」と書かれた塀。周りが畑だから、『被告人』で

脱走したのは、この刑務所じゃないなぁ・・・
f0152079_21072975.jpg

「矯正」だよね?교정は意味が6つあって、6番目。漢字だと

一発でわかるのに、ハングルだけでわかるのだろうか?

「未来を開く先進矯正具現」って、こんな言葉もハングルで一発で

理解できるとしたら、韓国人って理解力がすごい!

で、この門の右側、写して来るのを忘れたけど、入口の看板が

『果てしない愛』では「仁川少年院」になっていた!

最近始まったから、行った時は知る由もなかったけれど。
f0152079_21080926.jpg
f0152079_21083952.jpg

内側からの様子。ドラマでもよく出て来る内側の門。

「教化」の文字。
f0152079_21091822.jpg
f0152079_21101401.jpg

門の内側に入ると、大きな運動場。で、この時、雨上がりで

芝生がビチョビチョ・・・雨用に、クロックスも持参していたのに

タクシーに戻るのが面倒でそのまま突っ切って。
f0152079_21103073.jpg

刑務所のメインの建物入口。「希望と明日がある矯正」
f0152079_21111564.jpg

刑務所内の配置図とパネル。
f0152079_21114010.jpg

益山の地図だけど、現在地は左の緑地区横の真ん中辺りの赤い建物。
f0152079_21120077.jpg

看守と囚人になれってか?笑)
f0152079_21123941.jpg

多人室体験?
f0152079_21130065.jpg

ここで撮影された作品。どれだけ多いんだか!

『ホリデー』@2005年と『偉大なる系譜』@2006年。
f0152079_21130806.jpg

ドラマ『光と影』@2011年と、ドラマ『感激時代』@2014年。

リダは、ここの前に行った鳥致院のジムに続いて、ここでも!
f0152079_21131682.jpg

『江南1970』邦題『江南ブルース』@2015年と

『殺人依頼』邦題『鬼はさまよう』@2014年。
f0152079_21132558.jpg

『ひまわり』@2006年と、『ザ キング』@2017年。
f0152079_21141554.jpg

ドラマ『金の化身』@2013年。
f0152079_21143507.jpg

『内部者たち』邦題『インサイダーズ 内部者たち』@2015年と

ドラマ『伝説の魔女』@2014年。
f0152079_21144861.jpg

ドラマ『アイリス』@2009年と、ドラマ『シグナル』@2016年。

撮影順かと思いきや、撮影時期がめちゃランダム!
f0152079_21145847.jpg

囚人服と看守服体験も。
f0152079_21151902.jpg

普通の牢屋もあるから、そういうシーンでも使うのかな?
f0152079_21153411.jpg

ここでも、看守になれって?
f0152079_21155118.jpg
監房の色がツートン♪

『推理の女王』で麻薬取引をしていた社長が収監されたんだけど

門と、このツートーンでここだとわかった。

パネルにはまだない作品が次々と判明中!
f0152079_21181326.jpg

2階の渡り廊下も特徴あるので、出て来たらわかりやすい。
f0152079_21182004.jpg

2階への階段下。
f0152079_21184159.jpg

2階から見下ろして。
f0152079_21191884.jpg

f0152079_21192706.jpg

『7番房の贈り物』邦題『7番房の奇跡』@2013年で使われた

監房は公開されていた。めちゃめちゃ泣いた作品。
f0152079_21195090.jpg

7番房の中から外を。
f0152079_21202176.jpg

2階からもう一枚♪
f0152079_21204149.jpg

1階に降りて。若者が囚人服&看守服コスプレ中♪
f0152079_21212748.jpg

独房体験もよかったらどうぞって?
f0152079_21213991.jpg

更に続くパネル。ドラマ『サイン』@2011年と、

お待たせしました!って、誰も待ってないか?

ヒョギの『純粋の時代』@2014年。史劇なのに、どこで撮影?
f0152079_21214804.jpg

『マイファーザー』@2007年と、『神の一手』@2014年。

더 がTheで、퍼더がFatherって、韓国英語にはいつも悩まされる。
f0152079_21215582.jpg

『堤防伝説』邦題『ガチデン 堤防伝説』@2006年と、

『愛を逃す』@2006年。
f0152079_21222843.jpg

『チョンウチ』邦題『チョンウチ 時空道士』@2009年。

これも史劇だけど、どこで撮影したんだろうか?
f0152079_21225297.jpg

『食客』@2007年と、ドラマ『パダムパダム』@2011年。
f0152079_21230733.jpg

ドラマ『男の物語』邦題『スリリングショット』@2009年と、

『韓半島 ハンバンド』@2006年。
f0152079_21234074.jpg

『タッチャ』邦題『タッチャ イカサマ師』@2006年。
f0152079_21243916.jpg
益山矯導所セット場では2005年から撮影されているそうだ。

パネルのなかった作品でわかったものは・・・左上から下に・・・

『カウントダウン』『黄色い福寿草』『カプトンイ』

『R2Bリターン トゥ ベース』真ん中上から下に・・・

『純粋の時代(ドラマ)』『折れた矢』『ザ キング(ドラマ)』

『夜王』『ミスリプリー』『神の天秤』etc...
f0152079_21250026.jpg
f0152079_21253664.jpg
面会室体験で遊ぶ若者たち。『W~二つの世界』で出て来た

面会室も似てたんだけど、続き部屋があったから、ここじゃないようだ。
f0152079_21260937.jpg
検索台体験って、空港みたいだ。
f0152079_21262983.jpg
決まった時間にしか出られない外の運動場。
f0152079_21264599.jpg
これでほぼ終わりかな・・・と、外へ。
f0152079_21270788.jpg
今、KNで視聴中の『果てしない愛』で少年院の設定のここに入れられた

イネ@パク・ジョンウムに、ようやく会いに来れた

グァンフン@リュ・スヨン。

彼が待っていたのはこの建物の前辺りで・・・
f0152079_21273246.jpg
イネが出て来た建物はこちら。で、途中の坂みたいな所が、

f0152079_00374837.jpg
ふたつの建物を繋ぐ廊下部分なのがわかって、あれれ?

建物の前とか、この運動場とかも少年院時代にはふんだんに出て来た。
f0152079_21275100.jpg
f0152079_21275968.jpg
さて、運転手さんを待たせてるし、帰るかな・・・と、突っ切って・・・

SKECHERSのGO WALKを履いていたんだけど、

布だからびしょ濡れになり、運転手さんに気の毒がられた。

タクシーの中ではそれから韓国映画談義^^

多分、200本以上は観ているし、訪韓の度にできるだけ観ていて

日本でも観ていると言うと、喜んで下さった。

途中、錦江を越える橋から、向かいの신성리갈대밭が遠くからでも

見えますか?と尋ねたら、ちょっと遠くて無理だと。

あそこは、秋が一番綺麗だから、秋に観て下さいと。

f0152079_00481164.jpg
扶余郡の錦江の傍の葦畑、行きたかったけれど、今回は断念した。

威悦駅近くから、ソドンヨテーマパークまでは2万数千Wだったけれど、

帰りが空車になる為、3万W下さいと言われた。これは当然のことで、

地域外に出たら、自分の地域に戻る乗客しか乗せられないルールだし、

テーマパークから乗る人は皆無だから。それでも刑務所セット場でも

待ってて下さったし、また駅に戻るなら、1時間程度なら待ってるよと

言って下さり、親切な方だった。次は扶余だから、それは無理だったけど。

長くなったけれど、一気に・・・


by andegenni | 2017-08-28 01:00 | 2017.7水原・扶余 | Comments(4)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part14 鳥到院駅界隈

水原から京釜線で向かった先は鳥致院駅。50分程で5700W。
f0152079_19523667.jpg
駅で、先に次の行き先まで切符を購入し、窓口でロッカーがないかと

尋ねてみたら、駅員室に預けてくださいと。ちゃんと保管用の棚も

用意されていた。これは、ロッカーのない駅では普通のようで、

次にその駅から乗る予定の乗客に対してはサービスで行われている

ようだ。栄州でもそうだったし。身軽になって駅の外へ。
f0152079_19524360.jpg

駅前の様子。結構、チェーン店もたくさんあって、賑やか。

f0152079_19524944.jpg

駅全体は、振り返って。ここは、世宗特別市になるのかな?

f0152079_19531090.jpg

線路沿いの道を歩いて行くと、大きな連絡通路。これじゃ、踏切は

ないなぁ・・・と言うのも、目的地は

f0152079_19531742.jpg

こちらの建物。体育館のような古い建物で・・・

f0152079_19534030.jpg

正面から写すと、韓ドラペンなら、見覚えのある場所かと。

『覆面検事』で館長だったおじさんのボクシングジム。この近くの

踏切で、ひとめぼれした高校時代の主人公。それが前日行って来た

ソウルの踏切で、ジムはここ。やはりロケ地はどこでもドアだよね。

最初にこのジムが出て来て印象的だったのは『雪の女王』。

ヒョン・ビンがここで暮らしている設定だった。

f0152079_19534637.jpg

入口が開いていたので、入ってから、奥で練習中だったお1人に

声をかけ、許可を頂いて内部を写させて頂いた。

f0152079_19541536.jpg

入口からの様子。

f0152079_19542167.jpg

最初に目に入った『覆面検事』の館長さん♪

f0152079_19542754.jpg

壁には写真がいっぱい!後で観るとして、まずは中へ。

f0152079_19543696.jpg

右手前。奥では練習中。

f0152079_19550465.jpg

左奥の様子。

f0152079_19551087.jpg

こちらがリング部分。

f0152079_19560026.jpg

練習用具と共に、太極旗も。

f0152079_19560623.jpg

ヒョンビンが住んでいた部屋はこちらの上。

f0152079_19561354.jpg

最近観ているドラマでも、ジムが出て来たんだけど、この壁画と

リングのロープの色で、ここかどうかが判断出来た。

f0152079_19563637.jpg

ドラマにどこが出て来たかわからず、とりあえず急いでパチリ!

f0152079_19565802.jpg
f0152079_19571833.jpg

他の道具を持って戻って来た彼。邪魔になるから、急いで退散!

f0152079_19572522.jpg

帰り際に、入口付近の写真を。

f0152079_19573154.jpg

『覆面検事』の写真も^^

f0152079_19573942.jpg

映画もドラマも予想よりもたくさん撮影されていた!

f0152079_19574599.jpg
f0152079_19575162.jpg

ジムそのものにも練習に来ているのだろうか?

f0152079_19575950.jpg

映画『ごめん愛してるありがとう』@ミサゴの写真。

f0152079_19580579.jpg

ドラマ『感激時代~闘神の誕生』だからリダだね^^

f0152079_19582071.jpg

よくわからない2人。誰?

f0152079_19582762.jpg
f0152079_19583412.jpg

たくさんありすぎて、これにて退散!

f0152079_19593688.jpg

帰り際にお礼も言って・・・お邪魔しました(^_-)-☆

駅前でもうお昼もとっくに過ぎていたので、キムパを買って・・・

駅前で桃を売っていて、大きくて美味しそうなのに安くて・・・

桃好きな私は、1個なら買いたかった程・・・

実は、翌日の夕方、また鳥致院のバスターミナルを経由したんだけど、

街道沿いで沢山桃の野外販売所を見かけ、後で友達に尋ねたら、

鳥致院って、桃の名産地だったようだ^^

f0152079_19594217.jpg

荷物を受け取って、待合室で待機。前の掲示板に、ホームへ

降りていいかどうかの案内が出る。

f0152079_19594930.jpg

ホームに降りた。木浦行きの湖南線は、4分遅れだって。。。

鳥致院は京釜線も湖南線も通るので、行き先には注意♪

結果的に7分遅延でやってきた。

f0152079_19595556.jpg

龍山発木浦行きのムグンファ到着。車内でキムパを食べ、

ちょっとした旅気分♪80数分の旅だけど。


by andegenni | 2017-08-21 00:00 | 2017.7水原・扶余 | Comments(0)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part13 水原万石公園界隈

華城行宮前から向かった先は、『お父さんが変』のロケ地。
f0152079_23360154.jpg
ここは、バスが沢山通っていて、行きやすかった。途中、長安門の

下を通ったんだけど、華城訪問の初回は、水原シティバスツアーで、

2回目は華城列車(昨年から華城御車に名前が変更に)で通った長安門。

目的地のバス停は松園中学校、水原西部教会。
f0152079_23071710.jpg

目的地に到着♪この建物、実は万石渠に散策に来た人が、帰りに

撮影隊に遭遇したとかで、偶然に見つけたとつぶやいてた記事を見つけて。

現在、韓国では48話まで放送され、最高視聴率を更新したとか。

残りは2話。どう展開するのか楽しみ♪

日本のKBS WORLDで観ているから、こちらはまだ、

アン・ジュンヒ@イ・ジュンがこの家に越して来た所で、あれこれと

騒動の真っ最中!ジュンヒがナビに入れた住所は

水原市長安区梧琴洞374-4。長安区までは合っているけれど、

水原に梧琴洞はない^^;

1階にテナントとして、アッパ食堂があり、ジョンファン@リュ・スヨンの

母@ソン・オクスクが家主で、彼女が始めたカフェも。

ただ、放送中なのに、既にピザ屋さんに替わって

いるから、早々にカフェを畳んだのかなぁ?お客入ってなかったし。

f0152079_23072488.jpg

しかも、いつも映っていたのが、向かいにあるこちらのカフェだし。

f0152079_23074568.jpg

家を出て、あちこちに歩いて行くシーンが出て来たので、

全方位を検索。まずは、緑のカフェの先を。ここにも壁画。

f0152079_23080911.jpg

戻って、カフェだった場所を正面から。

f0152079_23084597.jpg

そちらの通りを見渡すと・・・

f0152079_23085366.jpg

ここにも壁画。。。でも、ドラマで観たのは、これじゃなかったなぁ・・・

f0152079_23090102.jpg

メインの建物を横から見ると、こんな感じ。

3階と4階に住む主人公の家族たち。

屋上には長男のジュニョン@ナ・ミンハの部屋。

f0152079_23094223.jpg

その建物の裏手に探していた壁画があった!

f0152079_23144865.jpg

画面を写したものだけど、表側の入り口と、裏手のこちらの壁の

間は、アッパ食堂の下準備する場所として登場していた^^

f0152079_23152371.jpg

再度、四つ角方向へ。

f0152079_23152962.jpg

この右手にある建物の入口、カフェの前は、

母親のヨンシル@キム・へスクや祖母@パク・へスクが

家主に細かく指示されて掃除していた所。

f0152079_23155636.jpg

こちらが、その入口と階段部分。

f0152079_23162223.jpg

カフェ方向から。

f0152079_23170659.jpg

で、角を回った所に、ピョン・ハンス@キム・ヨンチョルのやっている

アッパ食堂。隣は美容室。

f0152079_23172578.jpg

表のガラス越しに奥を。

f0152079_23173474.jpg

入口部分が2重になっていて、ドラマでも、こちらのメニューが出て来た。

f0152079_23175556.jpg

美容室側から。

f0152079_23182047.jpg

その先、家主やアン・ジュンヒが車を停めて、ヨンシルと祖母に

お店のお客専用だと、怒られていたっけ。こちらの門と、奥の

壁画のある壁の間が、下準備していた中庭。

f0152079_23190603.jpg

こちらの門側から。屋上シーンで、出て来た景色が同じなので、

屋上シーンはここで撮っていたようだ。

f0152079_23191312.jpg

お店を後にして、万石公園方向へ。こっち方向から車で来るシーンも多々。

f0152079_23192969.jpg

すぐ先には、万石公園。

f0152079_23194755.jpg
f0152079_23201245.jpg

松林の中を散歩する人も多く、奥には迎華亭という建物も。

f0152079_23202843.jpg

降りて行くと、すぐ傍を通っても動きもしない鳥たち^^;

f0152079_23210568.jpg

自然学習場 万石公園の石碑。

f0152079_23215728.jpg

元々は、日旺貯水池と言われていた万石渠。今回の旅の目的の

蓮の花もチラホラ咲いていた^^

f0152079_23220550.jpg

貯水池としてはかなり大きなもので、周りには高層住宅が沢山建ち、

市民の憩いの自然が残っているようだった。

f0152079_23223269.jpg

韓国の方のツィートでは、この万石渠もドラマに出て来たと。

まだ、そこまで観ていないけれど。ジョンファンの父@カン・ソグが

チコ@可愛い犬と散歩してたの、ここかなぁ?

f0152079_23224967.jpg

こちらの堤には、遊歩道があって、ウォーキングしている人も。

f0152079_23225674.jpg

万石渠の紹介板。

f0152079_23231703.jpg

ここから左に川があって、橋も。たもとで、多分、宗教系の勧誘を

していて、パンフと共に、お菓子(乾パンだった)を貰った。

f0152079_23233551.jpg

堰の手前には、鯉もいっぱい!

f0152079_23240347.jpg

水位が上がると、川に放流するようになっているみたいだ。

f0152079_23244678.jpg

遊歩道の向こう側も公園が続いていた。

f0152079_23245518.jpg
遊歩道脇に植えられた、韓国の国家の木槿(ムクゲ)の花。芙蓉と同じだと

思っていたら、木槿の葉は、花より小さくて濃い緑で、芙蓉の葉は

もっと大きくて花と同じ位の大きさで、色も薄いそうだ。

調べてみて、お勉強になった( ..)φメモメモ
f0152079_23464692.jpg

堤から見渡すと、向こう岸にあるという野外音楽堂は、あの

ドーム状の屋根の所だろうか?すぐ近くには、水原FCのスタジアムもあり

自然も残っていて、いい所だと思った。

f0152079_23252500.jpg

広々としている公園内。

f0152079_23255842.jpg

サッカー場もあって。

f0152079_23260664.jpg

後に、ジュンヒと父がキャッチボールをするそうだけど、

この辺りなのだろうか?観るのが楽しみだ(*˘︶˘*).。.:*♡

f0152079_23262470.jpg

室内でゲートボールだろうか?楽しむオルシン達も。

公園を抜けて、タクシーを捕まえて、水原駅へ。

f0152079_23263323.jpg

かなり立派な水原駅。『勉強の神』で何度も出てきたっけ。

ロッカーから荷物を出して、次の場所へムグンファで移動。


by andegenni | 2017-08-19 00:00 | 2017.7水原・扶余 | Comments(0)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part12 水原華城行宮

孝園公園の近くから向かった先は、華城行宮。
f0152079_19335413.jpg
与民閣の手前で降りて、横断歩道を渡って、振り返って。
f0152079_19343878.jpg
ほぼ同じ位置から、華城行宮広場を。
f0152079_19344453.jpg
少し左を見ると、山の上に西将台が見えていた。
f0152079_19350389.jpg
更に左を見ると、大きな金色の仏像が。八達山大乗院かな?
f0152079_19351066.jpg
3度目の行宮なので、今回は確認するためにだけ入ることに。

チケットを受け取る女性が、日本語で話しかけて来られたので、

場所を訊こうとしたら、簡単な会話しかわからないと仰り、日本語の

わかる方がいらっしゃるすぐ傍の事務所に案内して下さった。

f0152079_19352703.jpg
最初の門は左翊門。
f0152079_19353270.jpg
f0152079_19353828.jpg
次の門は中陽門で、事務所の方が、この前だと教えて下さった。
f0152079_19355838.jpg
光化門と同様に、『雲が描いた月明り』のティーザー映像を撮った所。



行宮は、東宮として使われ、最初の頃のサガジな世子の所為で

同じ発音の糞宮と呼ばれていた頃のシーンで登場。

部屋に行った内侍が、扉共々、蹴りだされたりも。
f0152079_19361396.jpg
f0152079_19361962.jpg
f0152079_19362623.jpg
f0152079_19363261.jpg
f0152079_19363833.jpg
f0152079_19364750.jpg
f0152079_19365222.jpg
せっかく行ったので、少しだけ、あちこちを写して。
f0152079_19365827.jpg
移動前に・・・と、外にあるトイレに行ったら、トリックアートが。

あちこちにあるみたいで、その中の一箇所。
f0152079_19370503.jpg
トイレの中から見える景色。なんだか素敵な空間だった。
f0152079_19371022.jpg
観光案内所の前には、こんな乗り物も登場。

行宮広場の向こう側左にあるバス停から、バスが来たらバス、

タクシーが来たらタクシーに乗ろうと思いつつ歩いていたら・・・

f0152079_19371660.jpg
華城前らしいこんなお店や・・・
f0152079_19372246.jpg
考える金豚?なんてのもいたりして^^;

バスがすぐに来たので、次の場所へはバスで移動した。


by andegenni | 2017-08-15 00:00 | 2017.7水原・扶余 | Comments(0)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part11 水原孝園公園

3日目の朝。6時半に起きて素早く支度し、フロントで食券を貰い、

スーツケースを奥の部屋に自分で運び、チェックアウト後に朝食。

最近、ソウルでは迎賓ホテルばかり泊まっているから、フロントの

方々とも顔馴染みで、地方から帰ったらまた来ますと言うと、

相変わらず、忙しそうだね・・・って^^;

時間が計れる地下鉄でソウル駅に移動し、ムグンファの切符を購入。

行先はまずは水原だから、1号線でも行けるけれど、敢えて列車で。

ロッテリアでピンスでも・・・と思っていたけれど、やはり

飲み物にしようと思い、「昔のコーヒー」という甘いコーヒーを購入。

これ、かなり甘いんだけど、懐かしい味で、この先、何回も買った^^
f0152079_19323098.jpg
8時過ぎのホームは人が少なくて静か。
f0152079_19324933.jpg

列車内も人が少なくて静か・・・水原までは2700Wで23分で到着。

リュックもロッカーに預け、いつも肌身離さずのミニポシェットの他は、

最低限の荷物(カメラ、Ipadと傘、ペットボトルのお水)だけ袋に入れて

次の予定地までのチケットを先に購入。

8時半過ぎに水原に着き、次の列車まで3時間の滞在予定。

なので、バスも調べたけれど、タクシーで1つ目の目的地に移動。

水原市庁の先を左折すると右にあった大きな孝園公園。

降ろされたのが、手前の入口だったようで、目指した所は奥側。

f0152079_19335742.jpg
f0152079_19340484.jpg

雨上がりなのか、緑の鮮やかな公園の中。で、ここは済州島か?笑)

f0152079_19342184.jpg

植え込みのカットが動物になっててユニーク^^

f0152079_19344701.jpg

奥のサークルでは沢山の風車が回っていた。ほとんど人がいなかった。

f0152079_19350748.jpg

奥にあった、目的地はこちら。



前にあげた日記で、わかったロケ地の中で、近いからいつでも行けると

言っていたこちら、水原の孝園公園。茶美院のシーンで使われた場所。

f0152079_19360347.jpg

見取り図とそれぞれの名前。

f0152079_19365118.jpg

ここは、中国風の庭園で、名前は日本にはない文字で・・・


粤華苑 @월화원と言う名前。開園時間は09:00 ~ 18:00

この時点で、9時少し過ぎだから、まだ誰もいなかった。

f0152079_19370724.jpg
空から見た絵だけど、水彩画で素敵・・・
f0152079_19294380.jpg

水原市のサイトで参照に頂いた航空写真は鮮明^^

f0152079_19374461.jpg
f0152079_19375182.jpg
f0152079_19375895.jpg
f0152079_19380536.jpg

どこがどう使われたかは、キャプしていないので、まずは

入口からいろんな角度でパチパチと撮って・・・

f0152079_19385739.jpg

手前にある小さな池部分。奥に見える渡り廊下と、明かり取りの

窓は、ドラマでも出て来てたと思うけど。。。

f0152079_19390620.jpg

外周のお庭も。

f0152079_19392626.jpg

池にかかる橋。

f0152079_19394501.jpg

橋の上から池を。

f0152079_19400260.jpg

奥には、もっと大きな池。

f0152079_19402309.jpg

小さい方の池と入口部分を振り返って。

f0152079_19404309.jpg

大きい方の池は結構大きくて、散策にいい感じ♪

f0152079_19404963.jpg

こんな窓、出て来たよね?

f0152079_19410755.jpg

亭子もあるし、公園内にあって無料だから、近くだったら散歩にいい。

f0152079_19411810.jpg

旅の目的でもある蓮の花も見っけ♪

f0152079_19413836.jpg

更に奥に歩いて行くと・・・

f0152079_19414522.jpg
f0152079_19415282.jpg
f0152079_19421280.jpg

小高い場所にある亭子と、そこから流れる小川。

ここ、ワンソが時々いた場所だよね^^

f0152079_19423572.jpg

亭子を確認したので、再び戻って・・・

f0152079_19425181.jpg

遠くから見えた、水辺にいた子供達。オンマの後から水に入り・・・

f0152079_19431577.jpg
f0152079_19445783.jpg
上手に池の中を泳いでいた^^可愛いったらない^^
f0152079_19440009.jpg
時間があったら、まったりしたい水辺の亭子。
f0152079_19454871.jpg
さて、入口近くの見てない場所へも行ってみるかな?
f0152079_19460453.jpg
木々や細竹の緑がめちゃ綺麗。
f0152079_19462112.jpg
再度、橋を渡って・・・
f0152079_19464124.jpg
入口から見て、右方向へ。「逸酒」と書いてある丸い門。
f0152079_19470144.jpg
扁額のかかった素敵な建物も。
f0152079_19473598.jpg
門を出てみると、公園内の散歩道へ。
f0152079_19485134.jpg
今度は、左方向へ。
f0152079_19492724.jpg
f0152079_19493421.jpg
奥に小さな庭園があった。
f0152079_19500737.jpg
f0152079_19505799.jpg
f0152079_19512337.jpg
そっちから、入り口方向や、小さな池を。
f0152079_19512846.jpg
お庭に先に行ってしまったけれど、こちらには知春という門があった。
f0152079_19513600.jpg
見学終了し、外へ。公園の案内板。
f0152079_19514253.jpg
その先に、孝園公園入口の門。ここまでタクシーで来たら、

すぐ傍だったわけで、ま、いろいろ見れたからいいか^^
f0152079_19520108.jpg
公園の前の通りには、たくさんのお店。タクシーがいたら

捕まえようと思いつつ、公園を出て、右手に歩いて行き、結局

大通りまで出て、タクシーに乗車。次の目的地へ。



by andegenni | 2017-08-13 00:00 | 2017.7水原・扶余 | Comments(2)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part10 景福宮夜間観覧

新世界百貨店前から乗ったタクシーで、行き先を光化門と言い、

光化門駅ではなく、景福宮の光化門だと言うと、景福宮?と言われ

そうだと答えた私・・・ところが、東十字閣のロータリーを右折する車。

あれ?と思い、光化門ですよと言うと、あなたは景福宮だと言ったじゃ

ないかと言われ、景福宮はこの中ですと、国立民俗博物館の入口に

連れて行かれた。ここからは入れないから、光化門の方へ行ってくださいと

言うと、また東十字閣の所へ。丁度、赤信号だったので、そこで降りた。

どう言えば、良かったのか・・・回り道された挙句、怒られてしまい^^;
f0152079_18441344.jpg

駐車場側から入り、チケット売り場へ。

夜間特別観覧は、何回かのクールに分かれていて、7月は16日からだから

前夜。この日は二晩目。1日限定4500名で、ネット予約が2900名。

満65歳以上枠が100名。外国人は当日券のみで500名限定。

他にネット予約で、韓服着用限定が1000名。

外国人の列は、わりと空いていたが、一応、念のためにと販売開始時間に。

f0152079_18441980.jpg

f0152079_18443459.jpg

7時半になると、中へ入れた。まだ明るい。

韓服を着た若者たちは、きっとインスタにあげるのだろう、

古宮のあちこちで撮影していた。親子3代も午前中には見かけたけれど

夜は女性同士か、カップルがメイン(予約が1人で2人までという

限定があるせいかも?)だった。韓服着用の外国人もチラホラ^^

f0152079_18444987.jpg

勤政殿前もこの通り^^韓服がレースやスパンコール仕様で

まるでドレス感覚で着ているようだった。

f0152079_18445439.jpg

8時から始まる夜間伝統公演を見に、修政殿へ。

かなり席が埋まっていたけれど、ひとりだからなんとか座れた。

f0152079_18450098.jpg

しばらくして始まった公演。夕焼けの茜の空が綺麗だった。

f0152079_18450518.jpg

f0152079_18451058.jpg

史劇の中でしかなかなか見られない公演風景。

f0152079_18451636.jpg

パンソリは聴いたことがあるけれど、古典的な歌を歌う女性に

合わせて、オペラ歌手の男性が登場。

f0152079_18452376.jpg

朗々とした歌声で、オペラの歌も披露。

f0152079_18452878.jpg

こちらも史劇でしか見たことのなかった扇の群舞。

f0152079_18453385.jpg
f0152079_18453893.jpg

ひとりだけプリマドンナのように出て来て、蝶のように回って。。。

目が回らないのだろうか?と思う程の回転で@@

f0152079_18454558.jpg

こちらの女性歌手もお上手だった。

f0152079_18460512.jpg

現代的なバンドに古典音楽も合わせて。

骸骨のようなダンス@スケルトンダンスも男女ひとりずつ。

f0152079_18461135.jpg
f0152079_18461622.jpg
f0152079_18474088.jpg

最後はみんな一緒に、客席も一緒に歌って終了。

50分の公演だけど、入場料だけで観れるのはとてもいい^^

f0152079_18474697.jpg

終了後、昼間に中に入った慶会楼のライトアップを。

f0152079_18475148.jpg

池の島が水面に映る様子は、慶州の雁鴨池を思い出した。

f0152079_18481956.jpg
f0152079_18493152.jpg

ライトアップされた勤政殿に登る人々。

f0152079_18495089.jpg

まだまだ観覧時間は遅くまでやっているので、入って来る人も。

f0152079_18500841.jpg

光化門を内側から。

f0152079_18502222.jpg

光化門界隈のビルの灯りも綺麗。

f0152079_18513779.jpg

外からの光化門。朝と夜、2回も訪問した景福宮と(@^^)/~~~

f0152079_18520154.jpg

朝からあちこち回りっぱなしで、まともな食事もしてなくて、

景福宮駅の近くに出来たと言うのを知って、全州の三百家へ。

全州でも何回も行ったお店でコンナムルクッパの名店。

美味しかった~♪

f0152079_18521506.jpg

足がもてば、通仁市場の果物屋さんへ行きたかったけれど、

限界で、地下鉄駅へ。さすがと言うか、埴輪みたいなのが駅に。

3号線だから、そのまま東大入口で降りて・・・階段を登ろうと

すると、傘を持った人々。雨が降り出していた。梅雨時だから

当然なのに、結果的にこの夜の、駅から宿までの間しか傘を使わなかった。

f0152079_21304317.png
この日は、ワンピースを着ていたので、iphoneはミニポシェットの中。

なので、揺れる回数が実際の歩数よりも多いのでは?とも思うけど

それにしてもどんだけ、歩いたんだ>私。

今回の旅は山歩きはないからと、素足にSKECHERSの

GO WALKを履いていたんだけど、歩きすぎで、両足の小指に水ぶくれ。

幸い、つぶれずには済んだけれど。地図ではわからないアップダウンが

多かったせいもあると思う。1泊用の準備をして就寝(-_-)zzz



by andegenni | 2017-08-11 00:00 | 2017.7水原・扶余 | Comments(0)