カテゴリ:2016.11 江原道慶尚道( 38 )

2016.11 江原道・慶尚道の旅part38 釜山ロケ地回り7

草場洞からタクシーで向かった先は、前夜バスに乗った

東亜アパートの上にある忠魂塔と向かい合う民主公園。

f0152079_21301553.jpg


バスでの行き方も調べてはあったけれど、時間が足りなくなり、

タクシーを、バス停のあるこちらで下車。
f0152079_21303490.jpg

この辺り、いろいろな公園が混在していて、中央公園と彫刻公園。
f0152079_21331234.jpg

ここは彫刻公園。で、とりあえず、横目で見て・・・

f0152079_21341000.jpg

f0152079_21343931.jpg

階段を登って振り返ると、向かいの高台には忠魂塔。高さは70mしか

ないけれど、山の上にあるので、釜山タワーよりも高い。

朝鮮戦争で戦死した軍人や警察官の位牌を祀る慰霊塔で、とっても広い

公園の中にあり、そこまで登る緩やかな傾斜もすごいし、この塔から

見える景色も素晴らしいらしい。

f0152079_21405033.jpg

続いてあるのが、4.19広場。昔、龍頭山公園にあった慰霊塔をこちらに

移し、一箇所でまとめることで慰霊を。4.19とは・・民主公園HPより

「1960年、李承晩独裁政権の不当な権力に対抗した4.19革命犠牲者の

崇高な犠牲精神を称えるために 、釜山市民の自発的な寄付で

建てられたのがまさに4.19犠牲者慰霊塔です。」なのだそうだ。
f0152079_21464169.jpg

f0152079_21471161.jpg

f0152079_21472778.jpg

4.19広場から階段を登って、次の広場から更に階段を登ってこちらへ。

右にある「民主抗争記念館」に入ってみた。
f0152079_21493360.jpg

色鮮やかな「踊りを踊る身体」という横断幕。なんと日付はこの日だ!

民主公園小劇場にて。どこか上の方から、演奏している音も。

f0152079_21495050.jpg

民主抗争記念館らしく、当時の絵も。

EVで登れるところまで行き。。。
f0152079_21545849.jpg

その先は、グルグルと回る回廊を進んで、少しずつ登って行った。

f0152079_21595874.jpg

最後は、特徴のあるこちらのモニュメント。

f0152079_22014102.jpg

で、カメラの画像の順では、こちらの写真。焦って向かった私。

f0152079_22030599.jpg

実は、こちらのシーン。

f0152079_22065871.jpg

ここって、実は下に水のある所があって、

細い縁を、壁に掴まりながら先まで行った。

f0152079_22091525.jpg

ハヌルが死にたい気持ちで、この場所に立っていた時、ずっと

後を付けていたソクホがこちらから現れて、そこからじゃ

ちゃんと死ねないとかなんとか・・・初めて言葉をかけるシーン。

f0152079_22172463.jpg
f0152079_22115889.jpg

このシーンは、更に上にある屋上から。

これにて、『タンタラ』ロケ地回りは終了。INDEXを作る

暇がないので、これまでアップしたものを。

日本で調べた『タンタラロケ地』あれこれ


実際に行ってみた旅日記







最後は、この旅日記で終了♪

f0152079_22132872.jpg

高台だから見晴らしがいい。

f0152079_22143646.jpg
f0152079_22182174.jpg

中央公園にある忠魂塔の全容も。屋上では、伝統衣装を着た

若者が、夜の公演に備えてなのか、サムルノリの練習中だった。

さて、行きに素通りしたあれこれを観ながら降りるかな。

f0152079_22191295.jpg


こちらが、龍頭山から写した慰霊塔だろうか。

f0152079_22230640.jpg

f0152079_22232903.jpg

f0152079_22235370.jpg

f0152079_22241892.jpg

f0152079_22243857.jpg


彫刻公園の中にも、あれこれ民主抗争にかかわる碑もあり、

まさに、この場所に全部集めたようだ。

f0152079_22253783.jpg


バス乗り場の広場に到着。釜山駅までバス・・・と思ったが

時間がないので、誰かが乗って来るタクシーを待って・・・

f0152079_22255202.jpg


忠魂塔は、ここから登るようだ。いつも入れるわけじゃないらしいけど。

f0152079_22294148.jpg
f0152079_22405805.jpg
f0152079_22410558.jpg
f0152079_22411118.jpg

前日は雨だった釜山駅に到着。ロッカーからスーツケースを出し、

空港へ。本当は途中でemartに寄りたかったけれど、時間なし。

この旅ではあまり買い物ができなかった。

f0152079_22440375.jpg

そう言えば、朝から何も食べていないことに気づき・・・

チムチルバン泊だと充電も出来ず、ほぼなくなっていたスマホも

ちょっとだけ、近くのブースで充電。

f0152079_22461234.jpg

15:35の東京行き(^^♪

f0152079_22475613.jpg
f0152079_22480335.jpg
f0152079_22480702.jpg

そういえば、この日は11月11日@ペペロデー♪空港のコンビニでも♪

f0152079_22493782.jpg

とは言え、買ったのはこちらだけ。

f0152079_22503577.jpg
f0152079_22504043.jpg

仁川では何度も見かけたけれど、金海でもやってるんだね^^

f0152079_22515286.jpg
f0152079_22522192.jpg
f0152079_22524249.jpg
f0152079_22525893.jpg

搭乗から上空まで。昼間のエアはあまり乗らないので新鮮^^

f0152079_22542906.jpg

そうだった・・・エアプサンは機内食があるんだった・・・

と言っても、後の祭りで、食べられなかったーー;

f0152079_23034651.jpg

機内が映り込んでしまったけれど、日本に入ると夕暮れ時に。

これにて、7泊8日の旅を終了♪一体、どれだけ時間がかかるやら^^;

次の旅日記からは、リアルタイムでアップする予定。

( ´ー`)フゥー...なんとか、出発までに終わった・・・


by andegenni | 2017-05-06 00:01 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(2)

2016.11 江原道・慶尚道の旅part37 釜山ロケ地回り6

影島からのバスを、影島大橋で下車。

前にも同じ停留所で降りたので、位置関係がわかっていた。
f0152079_20414482.jpg

停留所前には、大勢の人がいるロッテマートと・・・

f0152079_20414842.jpg

まだ開店前なのか、誰もいないアクアモール入口。ここは前にも行って

噴水ショーを見たり、屋上に登ったりもしたロッテ百貨店。

f0152079_20421456.jpg

横断歩道を渡って、チャガルチ側へ。影島大橋は1934年、

日本の統治時代に開通。韓国で唯一の片開き橋として有名に。

ただ、大きな船が通る度の開閉は次第に交通渋滞も起こし、

1966年に開閉中止。2000年には老朽化で建て直し案も出たけれど、

住民の反対で、復元工事をし、2013年11月末に再度開閉するように。

現在はパフォーマンスとして一日に1回、

14:00~14:15まで開閉させているようだ。

で、この橋も含め、なぜにここへ来たのかと言うと・・・

「仁川の街歩き」を観た後、「世界街歩き」の中の15分番組だったか?で

釜山南港へ船で入り、この橋からスタートする街歩き番組があって。

仁川と同じで声だけで進行する番組で、どうも再放送らしかったけれど。

f0152079_20422669.jpg

橋の後は、橋の脇のこちらの階段が出て来た。途中に犬がいたりも。

工事中だったこの右手の家は、番組では占い師の女性が住んでいて、

そのお宅へも訪問。

f0152079_20432258.jpg

番組当時はなかった綺麗なユラリ広場。昔の親子の銅像も。

f0152079_20441499.jpg

親子の後ろから、見る位置関係。あの占い師さんの家は、

今度は何に替わるのだろうか?

f0152079_20444452.jpg

広場から観る釜山南港。向こうに見える山並みの中腹に、この後向かう。

f0152079_20455141.jpg

まずは、買い物♪釜山に来ると、いつも寄る乾物卸売市場。

f0152079_20461420.jpg

釜山の中区旅行の地図。

f0152079_20525114.jpg

釜山市水産協同組合の建物。

f0152079_20531958.jpg

いつも買う、チリメンジャコと、ふりかけの海苔を購入。

f0152079_20533769.jpg

もう一度、波止場沿いの広場へ出て・・・この辺りからは

前は路上で沢山のアジュンマがメクラウナギを剥いたりしてたんだけど

ずいぶん、すっきり綺麗に変身したものだ。

f0152079_20534329.jpg

近くのお店の魚介類を見学。大きい貝だなぁ・・・

f0152079_20535710.jpg

チャガルチ市場のシンボル、船の形の建物。

f0152079_20541933.jpg

路上店の水槽には沢山の生き物たち。

f0152079_20544777.jpg
f0152079_20550472.jpg

『三食ごはん 漁村編』で海の男さん@ユ・へジンが

あれほど釣りたく、獲りたかった生き物たちも^^

f0152079_20552985.jpg

さて、次に移動するかな。

오이소 보이소 사이소はいつ見ても、名文句^^

f0152079_20573331.jpg

通りに面したマネキンのお店。通りかかってギョッ!

f0152079_20575653.jpg

同じ1976年の10月生まれのソン・スンホンと

f0152079_20580119.jpg

12月生まれのチャン・ヒョクが揃ってスポーツウェアのモデル^^

チャガルチ駅5番出口からバスに乗って、西区の高台に移動。

f0152079_21043552.jpg

街歩きの番組では、チャガルチからずっと歩いての紹介だったけれど、

バスにてショートカット^^;降りたのは、トンチョンアパート。

f0152079_21044203.jpg
f0152079_21053051.jpg

私の好きな壁画も^^

f0152079_21054911.jpg

バスの進行方向へ進むと、こちらのお店。日除けがすでに

色あせて、しかも無人っぽい。街歩きでは、このお店で作業中だった

アジュンマに声をかけて、上の山際の道路へ登る道を尋ねていた。

f0152079_21061109.jpg

並びにも何やら・・・このまま進めば、前日に行った松島海水浴場へも。

バスルートは違うけれど。

f0152079_21061732.jpg

アジュンマの一人が案内してくれていた階段。で、この階段は・・・

f0152079_21062310.jpg

登った先に更にこうして次々に続き・・・番組でも大変だと言っていたので

覚悟はして登ったんだけど、写真を撮る余裕なし。

f0152079_21075814.jpg
f0152079_21084110.jpg

苦労して登った甲斐があり、高台から観る景色は最高♪

真下は、前日のバスルートで通った忠武洞の市場群。

f0152079_21090963.jpg

階段を登り切ると、この建物の横に。

f0152079_21093900.jpg

さっきまでいた影島大橋の向こうのアーチのある橋は釜山大橋。

そして、その向こう側には新しく出来た釜山港大橋。

手前の港は釜山南港で、あちらは釜山港。

f0152079_21101694.jpg

山際の道を更に登って行くと、番組でも出て来たこちらの畑。

持ち主のご婦人が、元は木があったけれど、畑にしようと抜いて

作った畑だと。番組では作物を見せて頂き、すぐ下のお宅にも訪問し、

釜山南港を毎日見下ろす生活を見て、いいなぁ。。。と思った私。

ただし、バス通りからここまで登るのは、きつい!

で、番組はここでお別れだったんだけど、すぐ上に何かできてる?

f0152079_21103626.jpg

小さな展望台だった。

f0152079_21195985.jpg
f0152079_21200656.jpg
f0152079_21222397.jpg

展望台の左側、正面、右側。右側には、南港大橋。

朝、このたもとの松島へスピアを出て、橋の向こう側、影島の

ヒンヨウル文化マウルを見て、影島大橋を渡り、チャガルチへ。

この朝に回ったルートが一望出来た^^

f0152079_21233387.jpg
f0152079_21235032.jpg

さらに進んで行くと、こちらには立派な展望台。

f0152079_21244195.jpg
f0152079_21244556.jpg

場所の移動で、見える景色が少しずつ変わった。

左側の山並みと、手前の高層アパート群は、

実は探していたある場所にも出て来た。

f0152079_21245099.jpg
ここに展望台っていうのは、一番高い場所だったからかも。

f0152079_21252291.jpg

山際にあるお寺、普門寺。山の向こう側は有名な甘川マウル。

f0152079_21255539.jpg

続いてのお寺、龍珠寺。

f0152079_21274845.jpg
f0152079_21311063.jpg

龍珠寺の近くからの眺め(上の写真)と、映画『国際市場』で

出て来た風景。高低差はあるものの、ほぼ同じ角度。もう少し左。

f0152079_21311709.jpg
f0152079_21540896.jpg

「ヨンジャや・・・おまえの夢は何だ?」と問う主人公。

この圧倒的な景色と、映画の内容に感動しながらも。ロケ地が

気になっていた私^^;

f0152079_21323062.jpg

映画館の暗がりの中で、映画に出て来た下の景色の中に見えた

대륙타워@大陸タワーの文字を、レシートに走り書きし、

帰宅して検索しまくり、とうとう、釜山西区の不動産情報で発見!

このカメラ小僧の画像は、草場洞住民センターの下の道から。

それで、龍珠寺の先にある草場中学校の下辺りに行きたかったので、

途中にある急な階段で、再度バス通りに降りた。

f0152079_21385705.jpg

草場中学校のバス停近く。その次にある하동상회停留所との間の下の家の

どこか・・・確定までは出来なかったけれど、大体の位置はつかめた。

時間がなくなったので、バス移動は諦めて、タクシーで次へ移動。


by andegenni | 2017-05-04 00:05 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(0)

2016.11 江原道・慶尚道の旅part36 釜山ロケ地回り5

へスピアの垢すりのアジュンマに教えて貰った71番のバスに乗車。

松島へスピアの最寄りのバス停は
대림아파트。

で、降りるのはそのものずばりの、

흰여울문화마을@ヒンヨルム文化マウル。

タクシーでの検索はしてあって、南港大橋を通ると、

向かい側で10分もかからない場所だったけれど、

バスで一本で行けるのに、もったいないのお言葉で・・・^^;

で、結局のところ、チャガルチ経由の影島大橋経由で^^;;;


影島は2度目。前には松島の次に、

『カンチョリ』のロケ地回りの為の訪問。

読み直してみたら、この辺りも、バスで通った所だった。

ヒンヨウル文化マウルのバス停を降りて、道なりに進むと・・・


f0152079_19492574.jpg

大きな横断幕。ヒンヨウル文化マウルの住民作家展だろうか?

f0152079_19553650.jpg

その先にこちらの案内図。傍の階段を降りてみると・・・

f0152079_19564789.jpg

こちらの階段状の広場。

f0152079_19572257.jpg

バス通りから降りて来た所。

f0152079_19574067.jpg

階段ベンチを通りすぎると、細い路地が下っていて・・・

f0152079_19581340.jpg

海沿いに出ると、この場所だった。<G>ポイント。

f0152079_19583783.jpg

そこからの眺め。南港大橋の向こう側のたもと、右側が、

先ほどまでいた松島へスピア。タクシーならすぐだった^^;

f0152079_19590422.jpg

外洋側を。向かいにある半島の先にあるのは、岩南公園。

昨夜のアジョッシのお話に出て来た、

海の上を渡るケーブルカーの一方の端でもある。

f0152079_20012986.jpg

方向的に、右側が帰り道になるので、まずは左へ。

f0152079_20050477.jpg

<I>ポイント。꼬막집 계단って、小さな最後の家の階段?

f0152079_20062387.jpg

まだ朝早いからか、誰にも会わなかったから、君におはよう♪

f0152079_20064353.jpg

最後になるほど、確かに細道に・・・

f0152079_20070165.jpg

途中、何か所かの家の壁に、案内図。

f0152079_20191795.jpg

<L>ポイント。初めて、住民の方と遭遇。

f0152079_20193005.jpg
f0152079_20194856.jpg
f0152079_20195867.jpg

壁画村大好きな私^^

f0152079_20201740.jpg

インフォメーション。まだ開いていなかった。帰りに通った時に、

職員さんが出勤して来られた^^

f0152079_20203724.jpg

更に続く道。逆光だなぁ・・・

f0152079_20204489.jpg

ムジゲ@虹階段。

f0152079_20210472.jpg

このマウルは、海沿いにも遊歩道があり、ここから降りられる。

f0152079_20210891.jpg

虹階段脇から、釜山の街方向を。

f0152079_20213751.jpg

所々にある壁画が素朴で可愛い。

f0152079_20220123.jpg

ここからだと、前夜、ずっと歩いた松島がよく見えた。

f0152079_20221820.jpg
もっと先にも行ったけれど、目指す家がなかったので、引き返すことに。
f0152079_20240160.jpg

最初の<G>ポイントに戻って、次は右方向へ。

f0152079_20243369.jpg

だんだんと、アルファベットが若くなる。

f0152079_20254754.jpg

振り返って、<E>ポイントを。ここ、ドラマに出て来たかも・・・

f0152079_20260702.jpg

<D>ポイント♪ここが目指した場所だった。

f0152079_20262515.jpg
f0152079_20263668.jpg

『タンタラ』でハヌルと姉のグリンが住んでいた釜山の家。

泊めてあげたお礼に、家の壁、門を塗るヨンスとチャニ父子。

この家と、前の通り、ここからの眺めは、何度も登場したっけ。

f0152079_20271478.jpg

松島側。

f0152079_20273464.jpg

釜山南港側。

f0152079_20275180.jpg

外洋に、大型の船がたくさん♪

f0152079_20280862.jpg

姉弟の家の壁にヒンヨウル文化マウルのロゴ。

f0152079_20283210.jpg

最後に振り返って。

f0152079_20284839.jpg

下の遊歩道も見て・・・

f0152079_20291640.jpg

すぐ傍の、幼馴染のジヨンの家なのか、

ジヨンの弟が、ハヌルを見て隠れた場所。

f0152079_20293964.jpg

<C>ポイント。ここも、バス通りから降りられるようだ。

f0152079_20295784.jpg

そのまま進む先に、<B><A>ポイントが見えていた。

f0152079_20300361.jpg

妙に写実的な人物画もあれば・・・

f0152079_20300823.jpg

こんな可愛いハルモ二も^^

f0152079_20315117.jpg

長い頭の階段?<B>地点だから、頭と言うことかな?

ここから下に降りて歩き、ムジゲで上がるのもいいかも^^

f0152079_20320888.jpg

最後の<A>まで歩いて・・・

f0152079_20322395.jpg

マウルを振り返って。ロケ地訪問と、壁画探し、綺麗な景色と

3つの目的を果たして、またバスで移動。



by andegenni | 2017-05-02 00:05 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(0)

2016.11 江原道・慶尚道の旅part35 釜山ロケ地回り4

南浦洞から、前にも行った松島海水浴場への同じバスに乗車。

今回は、一つ先の松島公用駐車場バス停で下車。

暗い道で、同じバスに乗っていた女の子は、お母さんが待っていた。
f0152079_18445692.jpg

少し戻って、こちらの坂を登り、途中の分岐点で、斜め左の坂を

登ると、少し大きめの広場へ。駐車している車が何台か。

暗いなぁと不安だったけれど、パトロール中なのか、パトカーが

駐車中だった^^その広場から更に登るんだけど、階段下には

新しいカーセンターがあって、明るくて一安心^^

f0152079_18455710.jpg
f0152079_18480540.jpg

カーセンターの先のこちらの階段を更に登ると、『タンタラ』で

濡れ衣で罪に問われたハヌルが、更生の為に預けられた施設の家へ。

f0152079_18492881.jpg
f0152079_19240707.jpg

クリンとソクホのシーンだけど、それ以外にも沢山出て来た場所。

ハヌルが手紙を読んだり、タンタラ仲間が訪ねて来たり・・・

f0152079_19251391.jpg
f0152079_19253803.jpg

家の前からの夜景のシーンも出て来たっけ。

下には海がありそうだとその時に思った。

f0152079_19260908.jpg
f0152079_19261570.jpg

住むのは大変だけど、夜景の綺麗な高台だった。

f0152079_19264050.jpg

バス通りまで降りて、松島海水浴場へ行く道を。

f0152079_19265521.jpg

松島海水浴場入口。

f0152079_19274080.jpg
f0152079_19280477.jpg

前は明るい時に来たので、夜景だとまた印象が違った。

前には作り始めだったスカイウォークも完成していたし。

f0152079_19283223.jpg
映画『カンチョリ』でカン・チョル@ユ・アインがソウルから来た

スジ@チョン・ユミにバイクを教えた場所。

夏には、噴水が出る場所^^
f0152079_19290634.jpg
通りの向かい側は、スジが泊まっていたモーテル。
f0152079_19292599.jpg
あれ?可愛い小物がいっぱいだったのに、がらんどう・・・なぜだ?


『カンチョリ』のロケ地回りで訪問した前回。
f0152079_19294659.jpg
建物の向かい側、ここによくいたカンチョリ。
f0152079_19303409.jpg
夜にはライトップされて綺麗な滝^^
f0152079_19305509.jpg
ずっと歩いて来た場所を振り返り。
f0152079_19311632.jpg
松島亀島テーマ休養空間だって^^
f0152079_19313632.jpg
元々は松島浦だったのか・・・
f0152079_19314263.jpg
だから、スカイウォークの入口には帆♪
f0152079_19320911.jpg
さて歩いてみるかな…23時まで歩けるのは嬉しい^^
f0152079_19322426.jpg
下は、結構流れが速い@@
f0152079_19325032.jpg
海水浴場側は、高層住宅などの灯りが水面に映って綺麗だった。
f0152079_19335906.jpg
亀島へは洞窟を抜けて。島には人魚像も^^
f0152079_19342554.jpg
亀島から更に続くスカイウォーク♪
f0152079_19355892.jpg
突端の展望場所まで行くと、南港大橋や対岸の影島の夜景も綺麗。
f0152079_19370632.jpg
松島会首位浴場側も。写していたら、ひとり?写真撮って

あげましょうか?と男性が。スマホで写して貰って、お礼を言い、

少しお話したら。。。
f0152079_19372359.jpg
ここから見える海の中のこの柱は何かわかりますか?と。

向う側の山の上に見える赤い灯を指して、あそこからこちらの海岸まで

海の上を渡るケーブルカーを繋ぐんですと。その為の支柱だそうだ。

その男性は、その工事をしている方で、夕食後、寝る前には毎日

この辺りを散歩されてるのだそうだ。来年には完成するから、

また是非来てくださいと。お礼を言って、一旦はお別れ。

すぐに追いかけていらして、これからどこへ?と。

翌日、影島に行くので、今晩はすぐ近くの松島へスピアに行くつもりだと

話すと、ではそこまで送って行ってもいいですか?と。

京畿道に妻子を置いて、単身赴任らしく、暇なのだと^^;

道々、この辺りの説明をして下さったけれど、その前の台風の被害が甚大

だったそうだ。海岸沿いは軒並み、高波でさらわれてしまい、この辺は

その後めちゃくちゃだったそうで。

それでだったんだ・・・あのモーテルも!

スカイウォークもしばらくは通行止めだったそうだ。
f0152079_19381820.jpg
いつも思うけれど、韓国はガソリンが高いなぁ・・・
f0152079_19393168.jpg
f0152079_19391716.jpg
夜はハレーションを起こして×だったので、翌朝のへスピア。

へスピアの下も水浸しになって、まだ復旧していないそうだったけど

チムチルバンは普通に営業していた。

前で、最後に握手しましょう!と言われて、握手してお別れ。
f0152079_19395028.jpg
ここは24時間だけど、夜中はお風呂は閉鎖になるらしく、急いで

女性風呂へ。間違えてはいけないEV。右が女性♪

翌日が帰国だったので、最後に垢すり・・・と思ったけれど、もう

受け付けは終わりだと言われ・・・

先ほどの男性に、朝、タクシーが通りにいるかどうかを尋ねたら、

影島ならバスで一本で行ける筈だから、中の地元の人に訊いてと。

訊いてみると、何番に乗ってと指示された。お風呂にだけ入って・・・
f0152079_19404836.jpg
飲み物は緑茶を。なんとまぁ!このサイズ^^;

女性専用室で寝たけれど、暑かった・・・広間に寝ている人は、

床が冷たいと。1人1人のブースは、すでに満員だった。

あの狭い空間に、カップルで寝ている若者も@@
f0152079_19411140.jpg
夜は、窓に室内の灯りが映って、ダメだったけれど、何とか

朝日は写せた。南港大橋と朝日。橋を渡ればすぐに影島なんだけどなぁと

思いつつ、支度して退出。




by andegenni | 2017-04-30 00:02 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(0)

2016.11 江原道・慶尚道の旅part34 釜山ロケ地回り3

バスを降りたのは、国際市場。これから向かう先に、

前も国際市場から行ったので、同じように。
f0152079_19553759.jpg
f0152079_19554454.jpg

Olivia Laurenのお店に、こちらのドラマ『我が家に住む男』の

ポスターが。ロケ地かと思いきや、制作支援だった^^;

f0152079_19555132.jpg
f0152079_19555767.jpg

さすが、ロケ地とあって、映画『国際市場』の電気ボックス^^

雨上がりのせいか、下水の処理のせいか?

ここら辺一帯がどぶの匂いで、残念・・・・
f0152079_19562151.jpg

高台の道からも見えていた釜山タワー。

f0152079_19562724.jpg

目指していた40階段文化韓国テーマ通りへ。

大きな音がするポン菓子製造機。子供が耳を塞いでいるね^^

f0152079_19563193.jpg

目指していた40階段。この階段は、前にも紹介したけれど、

朝鮮戦争時に生き別れになった人達が、家族の安否を確かめる為に、

この階段付近に沢山の張り紙をしたのだそうだ。

避難当時多くの避難民がバラック小屋を建てて暮らし、

釜山港から入ってくる物資を売買したりもしていた場所。
f0152079_19563739.jpg
f0152079_19564233.jpg

という歴史的な出来事は、前にも書いたけれど、今回は、

階段途中のこちらの入口が目当て。

『タンタラ』で、ハヌルが通っていた予備校。そして、彼が予備校の

為に歌った歌を偶然に聴いて、ハヌルを探し始めたソクホ。

f0152079_19572350.jpg

階段途中には、お馴染みのアコーディオン弾き。

f0152079_20003218.jpg

上まで登って、見下ろした所。

f0152079_20005323.jpg

登って左を見たら・・・

f0152079_20011672.jpg

すぐ傍にあるこちらのクリーニング屋さん@東光クリーニング。

ここが、ハヌルが牛乳をかけられた制服を出した所。

f0152079_20012220.jpg

f0152079_20014387.jpg

夜だから、洗濯物がないため、探した時のカメラ小僧の画像も。

f0152079_20023147.jpg

お店の脇、壁画のある所がこちらの階段。

ソクホの台詞は、「生まれて初めて高校生のストーカーをして

腹が減った。何か食べに行こう・・・」で、バーガー屋さんに。

f0152079_20024996.jpg
f0152079_20025468.jpg
f0152079_20041414.jpg

実は壁画は更に続き、キャプに出ている電信柱へと繋がっていた。

f0152079_20043082.jpg

その先にも、こんな壁画が。この辺りは、東光洞印刷街。

f0152079_20052658.jpg

再度、大通りに戻って・・・この構図、気に入った^^

f0152079_20053165.jpg

한전って、韓国電力だよね?

f0152079_20140126.jpg

適当に光復路を目指して。銀杏の色づきがマチマチだけど、綺麗だった。

f0152079_20140900.jpg

coffeesmithも支援していたようだ。日本でもDATVで放送された

ようだけど、また違うサイトでも放送されるかな?

f0152079_20144355.jpg

大覚寺。前に、目印にしたお寺。

f0152079_20150653.jpg

こじゃれた一画。カッコいい男女が・・・

f0152079_20154901.jpg

前に行ったソルビン@雪氷の本店♪

f0152079_20160935.jpg

本店前にある光復路の広場。クリスマスのイルミネーションの準備中。

f0152079_20171161.jpg

君は、犬?羊みたいでもあるけれど・・・

f0152079_20172655.jpg

クリスマスの準備は着々と・・・

f0152079_20174790.jpg

お馴染みのベンチの男性^^

f0152079_20182508.jpg

前に、ここからエスカレーターで登った龍頭山公園。

f0152079_20183387.jpg

グルッと、散歩して、今度は南浦駅側の大通りへ。

向かいは、良く行くチャガルチ水産物中央市場。

f0152079_20190373.jpg

どうせなら・・・とBIFF広場へも。中国人観光客ばっかり!?

f0152079_20192840.jpg

手製キャラクターカルメ焼き。달고나はカルメ焼き^^

ここだけ、小学生の女の子達が沢山^^

f0152079_20195588.jpg
f0152079_20200116.jpg
観光客は、やはり、釜山名物のシアホットックへ。
f0152079_20200694.jpg
ビートたけしなどの手形もあるBIFF広場。ここも

映画『国際市場』で出て来た所。
f0152079_20202102.jpg
もうちょっと歩いてみるかな?
f0152079_20202556.jpg
やはり素通りできなかったARTBOX。可愛い雑貨をあれこれ観て・・・
f0152079_20203294.jpg
f0152079_20203743.jpg
こちらもやはり素通りできなかった、『一泊二日』でイ・スンギが

食べて有名になったシアホットックを食べてしまった。
f0152079_20205588.jpg
入口近くの、中国人の集合場所と化していたTOPTEN。

まだまだ『太陽の後裔』のソン・ジュンギが人気継続中だった。

南浦駅停留所から、前にも行った松島の海水浴場方面にバスで移動。


by andegenni | 2017-04-28 01:06 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(0)

2016.11 江原道・慶尚道の旅part33 釜山ロケ地回り2

金水寺からの高台の道は、散歩には最適♪
f0152079_20582806.jpg
f0152079_20585602.jpg
眼下には、イバグキルの街も見えて・・・
f0152079_20574627.jpg

この山際の道は山腹道路と言うようだ。ギャラリーも。

f0152079_21261353.jpg
f0152079_20590162.jpg

目指した場所に到着。草梁イバグ工作所。

この草梁イバグキルを知ったのは、ワッタカッタさんとオルネリョさん

ご夫妻のブログを読んで。オルネリョさんが行きたがったお店が

168階段の上にあって、夜景は綺麗なものの、大変な登りだったようで。

その後、釜山ナビで特集記事が出て・・・

草梁イバグキル(物語の道)を歩いて

ますます行きたくなった場所。前は大変だったみたいだけど、最近、

素敵な移動手段が登場したそうだ。

f0152079_21153306.jpg

f0152079_21174728.jpg

まずは、階段を下り・・・観光案内所で、イバグキルのパンフを頂いた。

f0152079_21185567.jpg

こちらがイバグキル工作所。日暮れが近づいていた為、見学はパス。

f0152079_21223297.jpg
f0152079_21235125.jpg
f0152079_21235679.jpg
f0152079_21240129.jpg

工作所の下の道、168階段を登り切った道にモノレールが登場♪

その乗り場近くからの景色。階段の途中に展望台もあるようだ。
f0152079_21272848.jpg

こちらが上側の乗り場。景色の写真は、こちらで撮った。

f0152079_21273933.jpg

オルネリョさんが頑張って登られたわけは、この通りにある

6.25マッコリという、トンネのオルシン達が運営されている

お店に行くためだった。通り沿いにあった筈だけど、確認忘れ。

この建物も、味があっていいなぁ・・・と。

名前は、イバグ充電所?DAUMで調べたら、ゲストハウスのようだ。

今度は、この脇の道を登って・・・

f0152079_21513854.jpg

上の道路から振り返った所。

f0152079_21522919.jpg

上にはバス停。途中に工作所へ降りる階段があり、前はバス停名も

工作所だったような?今は、向かいにあるアパートの名前で

トンイルパークマンションという名前に。

f0152079_21523585.jpg
草梁イバグキルという名前の下に、Story the wayの文字。

釜山ナビはそのままの名前でレポしたんだね^^

f0152079_21571586.jpg
雨が止んだので、そのまま先へ歩いて、次の目的地へ。

一度観たら、忘れられない道♪

カーブミラーの右下にある変わった屋根の建物はコモドホテル。

映画『カンチョリ』で壮絶なラストシーンが撮影された場所。

その後に続いた車のシーンも、この辺り一帯が沢山登場。

カンチョリが呑気にバイクを走らせていたのも、山際高台のこの辺り。

ドラマ『海雲台の恋人たち』でも、メインのロケ地として登場。

今回、訪れたのは、『タンタラ』のこのシーンの為。
f0152079_21594681.jpg
f0152079_22031354.jpg
呆然と歩くハヌルの後を着いていくソクホのシーン。
f0152079_22042491.jpg
f0152079_22063525.jpg
f0152079_22064138.jpg
彼らと同じ歩道を、反対側から歩いてみた。
f0152079_22083023.jpg
f0152079_22083567.jpg
f0152079_22085686.jpg
もうすぐ日暮れ。街に灯りが灯り始めた。

f0152079_22121324.jpg
この印象的な高台の歩道の向かいには、こちらのCafe DIO。

このカフェは、『カンチョリ』で出て来た時に調べてあり、そのおかげで

印象的な歩道がどこだか、すぐにわかった私。さて入ってみよう♪

f0152079_22404424.jpg
こちらがカウンター。女の子に、大邱で買って、後生大事に

ここまで持って来た、ビーツの入ったお花のようなキムパッを

ここで食べていいかどうかを確認。OKが出たので、飲み物を注文。

実は、こちらDIOのオーナーさんは、『カンチョリ』でソウルから来た

女の子が滞在していたゲストハウスのオーナーとして、特別出演♪

残念ながら、この時はいらっしゃらなかったけれど。

wifiも使える(ただし、番号を教えて貰うこと)。

f0152079_22154362.jpg
f0152079_22405388.jpg
f0152079_22410008.jpg
許可して下さったのも、誰もいなかったからかも?

途中で、地元のマダム達が食後のお茶をしに来られたけれど。
f0152079_22445511.jpg
f0152079_22450117.jpg
私が選んだ窓際の席。さっきの歩道が見えていた。

実は、この2階は、『カンチョリ』で、カンチョリとオンマが

ソウルから来た女の子と会ったカフェ。前の釜山では

かなりカンチョリのロケ地を回ったのに、ここは時間切れだった。

f0152079_22470953.jpg
お店の前から登れる展望台へ。

f0152079_22492790.jpg
f0152079_22495432.jpg
2014年5月に開通した釜山港大橋。刻々と変わる

ライトアップがとっても綺麗だった。

f0152079_22532764.jpg
眼下に見えているのは、こちらも新しくなった

釜山港国際旅客ターミナル。

f0152079_22551031.jpg
f0152079_22552785.jpg
f0152079_22555833.jpg
さて、降りるかな。途中、こんな場所も。

ここは、きっとデートスポットだなと思った^^

f0152079_23330790.jpg
高台に見えている中央公園の忠魂塔にも灯りが。

f0152079_23362436.jpg
そのまま下って振り返った所。

f0152079_23372462.jpg
途中の階段。塔のある中央公園に登る階段。沢山、登り口は

あるようだけど、どこも急傾斜で、登る気にはなれない^^;

東亜アパートというバス停でバスを待っていると、めっちゃ可愛い

小学生の女の子が。スタイル抜群、ロングの髪もサラサラ。

顔も小顔で整っていて、服装も抜群♪この子なら、整形なしでも

十分に売れるのでは?と思った。で、先に来たバスに乗ったんだけど、

私が後からのバスで行ったら、途中のバス停からまた乗って来た^^;

あれ?と言うと、会釈してくれたけれど、隠し撮りしたくなる

可愛さだった。なぁんてね^^;続きは次のpartで。


by andegenni | 2017-04-26 06:00 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(2)

2016.11 江原道・慶尚道の旅part32 釜山ロケ地回り1

昨日の朝は、家族は5時前に出発♪『三食ごはん』で刺激されていた

私は、夜中に筍ご飯と、10数種のおかず、デザートまで用意。

朝からこんなに食べれないよ・・・と言いながら出発したのに

全員完食だったとか!爆)食べてくれてよかった^^

昨日は、お昼前に北上駅で、新幹線組の義母と義姉をピックアップし、

昼食後は桜の名所、北上展勝地へ。ものすごい人出だったそうだ。

夜は、知り合いのフレンチレストランを貸し切り。1人2万で

お願いしてあったそうだけど、12万で貸し切り?ともかく

とっても美味しかったようだ。明けて、今朝は少し早起きして平泉へ。

歩けない義母のためには毛越寺、歩けるメンバーは中尊寺へ。

午後からは、盛岡へ。行きだけで、満タンのガソリンがほぼ

無くなったよと娘。かなりの距離なんだなぁ・・・

義弟夫婦も楽しんでいるようで、なにより^^

先に、母との故郷の旅をアップしたので、久々に旅日記の続きを。

前の旅日記で、東大邱駅からKTXに乗車した所だった。

釜山に着くと、なんと結構な雨!まずは、スーツケースをロッカーに。

この日は、宿を決めていなくて、多分チムチルバン泊予定。

最小限の荷物をリュックに入れて、傘をさして駅前広場へ。

雨の中、『タンタラ』のロケ地回りへ出発♪

前にいくつかはあげたけれど、放送直後から少しずつ調べてあったロケ地。

釜山のロケ地は、現地韓国人のブログから判明した所と、自力が少し。

この日は、時間がある限り、行ける範囲で実際に回ってみることに。

f0152079_16212853.jpg
f0152079_16223090.jpg
f0152079_16230627.jpg
f0152079_16255761.jpg

駅前広場。ソウルからやってくるメンバーをここで待っていたハヌル。

私は、駅前から、バスにて移動。

降りたのは、釜山コンピューター科学高停留所。

f0152079_16265398.jpg

目指したのは、こちらの階段。階段までも坂で、雨がひどくて、

一回転んでしまった。傘はやめて、IKEAで買った、

リュックを背負ったまま着れるポンチョを着て・・・

f0152079_16273898.jpg
f0152079_16280788.jpg
f0152079_16311459.jpg
f0152079_16312010.jpg

一度目は、ハヌルに会いに校舎の中へ。濡れ衣でイジメを受ける

ハヌルを目撃。そっと後をつけるソクホ。

2度目は、返事を訊く為の待ち伏せ中^^

f0152079_16285087.jpg
f0152079_16293359.jpg
f0152079_16294075.jpg

階段の上からの景色。太極道マウル(甘川マウル)じゃなくても

可愛い家がいっぱい^^下に降りて、少しだけど雨だからバス移動。
f0152079_16313797.jpg

降りたのは、こちらのバス停 金水寺。
f0152079_16330646.jpg
f0152079_16373026.jpg
f0152079_16314319.jpg
f0152079_16334427.jpg

印象的だった桜の木の下のシーンは・・・

f0152079_16361543.jpg

f0152079_16371979.jpg

こちらの階段を登った所の更に上から、桜越しに写したものかと。

金水寺まで晴れていたら登るつもりだったけれど、展望台までで断念。

f0152079_16380760.jpg
f0152079_16381264.jpg
f0152079_16381679.jpg
停留所からの景色。ここからでも十分に見晴らしがいい。

f0152079_16411502.jpg


並びの、친환경스카이웨이전망대@親環境スカイウェイ展望台。

f0152079_16412238.jpg


振り返ると、民主公園の高い塔@忠魂塔がよく見えた。

そのまま、高台の道を歩いて行くと・・・

f0152079_16433555.jpg

f0152079_16442219.jpg
f0152079_16443663.jpg
f0152079_16452827.jpg

2度目に科学高へ来たソクホがハヌルの後を。

2枚目の写真は、了解してくれてのガッツポーズ^^

実はこの辺りは、最初の科学高から並びの善花女子中学校を経て

登った辺り。階段下で会った学生たちに、上のバス通りに出る道を

尋ねたら、もっと坂を上がると出られると言われたけれど、雨で

無理だと断念した私。晴れていて、足に自信があれば、

そのまま上がればここに出られる。

f0152079_16461541.jpg

春の撮影時は桜の咲いている時期だったけれど、訪ねたのは紅葉時。

落ち葉が綺麗だったからパチリ♪って、ここ、釜山東区。

今、何かと問題の日本領事館もすぐ近く^^;

f0152079_16464982.jpg

f0152079_16465351.jpg
f0152079_16465829.jpg

再度、金水寺停留所方向へ戻って。最後の写真は、ハヌルが乗った

バスで、乗ってすぐに窓の外に見えた韓屋の屋根。

雨がほとんど止んだので、このまま高台の道を歩くことにした。

f0152079_16474501.jpg

歩いて来た金水寺側の山の紅葉が綺麗だった。

f0152079_16480674.jpg


これから向かう道も。この高台の道、春は桜だらけみたいだ。

長くなったので、続きは次のpartで。


by andegenni | 2017-04-24 18:10 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(0)

2016.11 江原道・慶尚道の旅part31 西門市場~東大邱駅

啓明大学前から、タクシーで西門市場へ移動。
f0152079_19220571.jpg

この4地区が、この後火事に見舞われるとは、この時は知りもせず・・・

f0152079_19340336.jpg

前にも行ったミソンダン♪

f0152079_19342345.jpg

今回の目的地は、Yuckyさん絶賛のスジェビを食べにこちらへ。

f0152079_19353528.jpg

大きな唐辛子とお味噌、ククスなどに入れるタレも。

f0152079_19354433.jpg

4人で、スジェビ2つと、ククス2つを注文して、分け合った。

f0152079_19364228.jpg

こちらがスジェビ。ここのは、丸い玉で、エゴマ味で、

めちゃくちゃ美味しかった。

f0152079_19365097.jpg

こちらのククスも美味しかった~!前夜、気分が悪くて絶食したせいで

体調回復しててよかった!と、つくづく思った^^

f0152079_19374524.jpg

店頭にあるこちらが特徴のあるスジェビ^^

f0152079_19481982.jpg

続いて、初めに通りすぎたミソンダンへも。

f0152079_19483975.jpg

おなか一杯でも、これは食べなきゃと頼んだ大邱名物のペチャンコ餃子。

私はどこにも入るスペースなしで、前にも食べたから、

写真だけ写させて貰った。

実は、啓明大学に来る前にも一軒寄って、カラフルなキムパッを食べて

来たと言っていた一行。私は、食レポには向かないようだ^^;

西門市場からタクシーで大邱空港へ向かった二人を見送り・・・

f0152079_19493841.jpg

Yuckyさんと私は、薬令市場へ。

f0152079_19502043.jpg
f0152079_19502587.jpg
f0152079_19502905.jpg

前に撮ったのは、夜だったから、昼間の写真を。

f0152079_19505047.jpg
お昼前とはいえ、人通り少ない?
f0152079_19521509.jpg
f0152079_19512592.jpg

薬令市の向かい側にあるこちらへは、ウォンソプさんを訪ねて。

西門市場の他、こちらへもいらっしゃる日があるようで^^

f0152079_19513016.jpg

3人で奥のカフェで飲み物を頂いて・・・Yuckyさんもウォンソプさんも

別々にランチの約束があるそうで、こちらでお別れ。

f0152079_19515220.jpg
f0152079_19522061.jpg

私は、マッサージとお茶のセットにしたので、その後マッサージ♪

f0152079_20061239.jpg

出て来ると、真向かいが大邱第一教会。

f0152079_20063312.jpg

出て来た所はこちら。

f0152079_20072171.jpg
f0152079_20075165.jpg

ひとりになった私は、薬令市の通りを歩き・・・

f0152079_20075513.jpg

こんな壁画も見つつ・・・

f0152079_20084069.jpg

朝、Yuckyさん一行が食べ、TAKE OUTもしたというこちらのお店に。

おなか一杯だから、後で食べようと、私もTAKE OUT♪

f0152079_20084667.jpg
f0152079_20091063.jpg

再度、薬令市の通りを歩き・・・

f0152079_20100333.jpg

大通りを左折。向かいが繁華街の東城路。

f0152079_20534160.jpg

あるお店の前で、こちらの写真を見っけ♪

『棚ぼたのあなた』だけど、お店は北村ソンマンドゥだから

この支店かどうかは?

f0152079_20103149.jpg
f0152079_20103489.jpg

次に目指したのは、大邱でめちゃ有名なサムソンベーカリー。

韓国語ではサムソンパン店って書いてあるね^^

買ったのは、もちろん、超有名な麻薬(コーン)パン♪

f0152079_20110849.jpg

地下鉄中央路駅で、次の電車まで間があったので、ベンチに広げてパチリ♪

Gold Brewは薬令市で、ヤクルトおばさんから買った。

キムパッは、ビーツ入りでお花のように綺麗^^

朝、大邱駅のロッカーにスーツケースを預けてあったので、

それを出して、釜山まで在来線に乗ろうとしたら・・・

調べてあった京釜線のムグンファは、やはりストで運休・・・

f0152079_20120131.jpg

仕方なく、地下鉄で東大邱駅へ移動。

f0152079_20122366.jpg

この時はまだ、最後の追い込みの工事中だった東大邱駅。

KTXに乗って、釜山へ。大邱はこれで・・・

f0152079_21062573.gif



by andegenni | 2017-03-27 20:00 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(0)

2016.11 江原道・慶尚道の旅part30 啓明大学秋景色

東京は全国一早く、もう桜の開花宣言。とは言っても、このところの

寒さゆえ、近場の桜はチラホラ程度。見頃は月末か来月初めのようだ。

そんな中、季節外れの昨年秋の旅日記の続きを・・・

f0152079_13401476.jpg
直接、啓明大学での待ち合わせだったので、地下鉄で南山駅へ。

f0152079_13403857.jpg

前回は休日に訪問だったけれど、今回は登校時間だったようで・・・

f0152079_13411433.jpg
f0152079_14040693.jpg
f0152079_14041177.jpg
f0152079_14044511.jpg

待ち合わせまで、まだ時間があったので、校内をあちこちパチリ!

蔦も紅葉していて季節が変わると、印象も変わっていいなぁ・・・

f0152079_14045098.jpg

『ラブレイン』でのオープニングでも出て来た校門傍の階段。

f0152079_14045566.jpg
f0152079_14052058.jpg

入口正面のこちらで、無事にYuckyさん一行と合流♪紅葉が綺麗^^

f0152079_14055028.jpg
みんなで再度校内を散策。落ち葉の絨毯を踏みたかったYuckyさんには

時期が少し早かったようだ。もう少し後だと、もっと綺麗だったかも。
f0152079_14063574.jpg

ユニが座っていたベンチ付近も整備されていた。

Yuckyさん曰く、イナがスケッチしていた窓はこの近くではなくて

別撮りだったと。2度目の訪問だから見つけようと思っていたが、断念。

実は、ウィヤン館だと、帰国後判明。次に行けたら観に行こう♪

f0152079_14065274.jpg
f0152079_14071747.jpg
f0152079_14082635.jpg
f0152079_14084012.jpg

どこを撮っても絵になる啓明大学。

f0152079_14090862.jpg
f0152079_14091212.jpg

円形劇場の近くはポプラが多かった。

f0152079_14093274.jpg

さて、戻るかな・・・

f0152079_14102824.jpg

途中で、霞んで見えた大邱タワー。

f0152079_14105355.jpg
春は桜が綺麗なんだろうね^^
f0152079_14111141.jpg
f0152079_14111500.jpg
ユニとすれ違ってイナがひとめぼれした場所。
f0152079_14113774.jpg
この階段も度々登場♪
f0152079_14114135.jpg
階段下右手の、先ほどのユニのベンチ。綺麗に整備されたよね^^
f0152079_14124900.jpg
最後に、校門前の広場から。さぞかし、桜が綺麗だろうと思える景色。

お昼前には空港へ向かうメンバーがいたので、

ここからタクシーで次の場所へ。


by andegenni | 2017-03-25 15:31 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(0)

2016.11 江原道・慶尚道の旅part29 青松4 松昭古宅~大邱

周王山から出発すると、どんどん暗くなってきて・・・

目的地への曲がり角の道を間違えたというキョンキョン。

それなら、もうこのまま大邱でもいいよとみんな言ったのに、

頑張って、めちゃ細い橋を渡って連れて行ってくれた。

青松には「客主文学館」もあり、目的地であるこちらの松昭古宅も

『客主~商売の神』で実際に使われたロケ地。

f0152079_21484405.jpg

1979年から1465回にわたってソウル新聞に連載された

大河小説「客主」は、朝鮮後期、市場での客引きから始まり、

巨商に登りつめたチョン・ボンサムという男の成功物語。

作者の金周榮(キム・ジュヨン)は青松出身で、小学校を

リノベーションして、文学館も作られたのだそうだ。
f0152079_20444519.jpg

f0152079_20445095.jpg
肉眼だともっと暗くて、もう門が閉じてるかも・・と心配しつつ到着。

丁度、門を閉める為に出て来られた家主さん。私達が行った為、

見学が終わるまで待っていて下さった。

閉門時間は、「陽が暮れるまで」らしい。
f0152079_20451240.jpg
f0152079_20465785.jpg
中の一番中心にあるお部屋。ここで、青松のお偉方と一緒に

『客主』の俳優の面々が会食をしたそうだ。チョン・ボンサムは

後方中心にいるチャン・ヒョク。5月の旅で、ボンサムの父の

チョン家客主のロケ地にも行って来たので、↓を参照に。


f0152079_20451489.jpg
一眼レフだから、まだフラッシュなしで写せたけれど、そろそろ限界。

f0152079_20465035.jpg
別の日にあったここでの撮影時、右の女優さんがあげられたインスタから。

f0152079_20455908.jpg
f0152079_20460054.jpg
地上よりも、まだ薄明るい空が綺麗^^
f0152079_20462321.jpg
最後に屋号の「松昭古宅」をパチリ♪

今回は行けなかったけれど、青松は有名な青松白磁の里。

体験できる場所もあるようだけど、今はもう伝統を受け継ぐ方が

ほとんど絶えてしまったようで、残念。朝鮮時代、ここ青松の陶工が

薩摩へ渡り、その技術の流れで薩摩焼が出来たとのことだ。

帰りは、安東を通り、大邱へ。途中の道が、日光のいろは坂のように

クネクネしていて、気分が悪くなってしまった私・・・

前夜苦しんだのに、お昼は普通に食べてしまい・・・

大邱での食事場所まで同行するも、無理そうだと思って、みんなが

食べるのを見ていた。しかし、美味しそう^^

f0152079_21063910.jpg
アグチム@アンコウのピリ辛蒸し煮だったと思う。

場所は、Yuckyさんが大好きなコダリチムが有名なピョットルチッの近くの

イェチョン(예촌)。実はキョンキョンの家の近くで、車を置きに行った

彼女を待っていたのだ^^みんなすごい勢いで食べていて、

その食欲が羨ましい。メタボなくせに、すぐに胃腸に来る私には

食レポは無理だわ・・・
f0152079_21064367.jpg
食後に、せっかく近くだから金光石キルへ行こうと・・・

途中にあった可愛いお店^^
f0152079_21070773.jpg
丁度、「金光石を見る(会う)展」の開催中だった^^
f0152079_21072783.jpg
夜の通りもいいよね^^『オーマービーナス』では夜の撮影だったし。
f0152079_21073220.jpg
みんなの寄せ書き板にYuckyさんの文字。拝借して私も♡
f0152079_21101014.jpg
若い二人は、手形に合わせたり、ギターを弾いたり、金光石像と

からんだり・・・とたくさんのショットを撮った^^
f0152079_21181418.jpg
通行人の方にお願いして撮って貰った写真^^
f0152079_21182107.jpg
出口近くで、Yuckyさんが撮ってくれた写真。
f0152079_21075238.jpg
そろそろ終わり?
f0152079_21081180.jpg
いつも写真を一緒に撮る人で大賑わいのこちら。
f0152079_21090342.jpg
通りの向こう側にある教会が素敵♪

慶大病院駅の入口で、キョンキョンとはお別れ。

私は地下鉄で大邱駅まで行くことにし、ブラブラ歩いて帰るという

3人とも、ここでお別れ。充実した楽しい一日だった^^

同行したみんなに感謝♡



by andegenni | 2017-03-20 22:23 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(0)