カテゴリ:韓国ドラマ( 87 )

ドラマを観ながらロケ地探し♪

次のpartでは、視聴中のドラマ、韓国でももうすぐ最終回の

『お父さんが変!』のロケ地へ向かった。その前に

最近、観ているドラマのことをあれこれ・・・

ドラマの撮影が終了したらイ・ジュンは入隊するみたいね・・・

MBLAQ時代の彼は知らないけど、ドラマの中の

元アイドルから俳優に!って役は彼にピッタリかも^^

彼に注目したのは、実は映画『LUCK-KEY』で、東大門で夜遅く

観たんだけど、ユ・へジンとの掛け合いが面白かったし、続いて

チェ・ジウとの『キャリーを引く女』でもいい演技していた。

外見は特に背も高くないし、格別ハンサムでもないけれど、結構いい^^

『お父さんが変!』のメインロケ地は次に行くから、他のドラマのことを。

母に先に渡してあって、戻って来てからもかなり経つのに、まだ未見だった

『ショッピング王ルイ』を一気見してみた。

ソウルのロケ地はあまり関心がなかったので、家だけ。

f0152079_23155338.jpg

f0152079_23163663.jpg



で、この場所を地図で見て@@

右上にある九岩中学校は、ソウルへ行き始めた頃、まだ慣れていない状態で

探し探し行った『バリでの出来事』のイヌクの家の最寄りのバス停。

この地図で言うと、中学校の右にある坂を登って、登り切ったら

左手にある坂を登って行くと、今はなき、ドラマに出て来た小さなお店、

そして、その先の右手にスジョンとイヌクの家があった。

当時はなかった広場(入口に車を停めたジェミン)には展望台。

すでにこの辺りは全部撤去済みだ。1度目に行った時のデジカメを

漢江の遊覧船で(多分)紛失してしまい、貴重な写真がなくなった(>_<)


『ごめん、愛してる』のカルチの家は、なんと、丘を下って歩いて

そこまで行ったっけ。そっちの方が早く撤去されてしまい、今はない。

わかってみれば、同じ地域で歩いてもすぐのオクタッパンだった^^

釜山に関しては、あ!ここ知ってる!が沢山出て来て大興奮^^

わかった所だけあげてみるね~^^順不同だけど。

f0152079_23043431.jpg



思い出の海は、広安大橋が見える広安里ビーチ(写真は初訪問2008年)。

最終回のヨットハーバーは、直接は行っていないけれど、


二妓台公園から見えた。湾の中を船っていうシーンも、ここから見える湾。

f0152079_23272230.jpg

f0152079_23282331.jpg
今まででいつが1番幸せ?と訊かれて、今と答えたボクシル。

2人の初ポッポの場所はこちら。2枚目で少し拡大してみたけれど、

家族連れが向かう先の左に青い庇、右に白い庇のある所の間。



訪問時の旅日記。この時、次に行ったのが40階段で、

『タンタラ』のロケ地で出て来たから、すぐにわかった次第。





f0152079_23341705.jpg
ルイがボクシルを劇的に再会させようとして、最初の出会いと

同じ状況で待っていた海雲台駅。足長おじさんも協力して、この駅から

列車に乗るようにボクシルを誘導してたけれど、もうこの駅は

使われていない。新たに線が北に出来たので、そちらに新駅が出来た。












海雲台ビーチからの景色で冬栢島が見えるので、上の日記もあげてみた。

その先の展望台で、会長と会ったボクシル。そこへ向かったルイ・・・

f0152079_23424094.jpg




ついにボンナムを捕まえたルイ。場所は168段の階段の傍に

出来たケーブルカー乗り場の上。


去年の秋に行ったばかりで、あら・・・と^^

マリとチョ・インソンが行った高台の夜景の綺麗な展望台で映画って

どこだろうか?


景色的には、この辺りだと思ったんだけど、よくわからなかった。

続いて、かなり前に終わったけれど、ようやく観終わった『Wの世界』

f0152079_23562701.jpg




MBCの年末でも大賞を受賞するほどの人気だったみたいだけれど、

私的にはイマイチだったかも・・・あまりに荒唐無稽すぎて。

こちらが作家の家。最近、開花洞って、よく出て来るよね・・・

f0152079_00015101.jpg




3年前に尋ねた『女の香り』の家だけど、その後に『金よ出てこいコンコン』で

使われたっけ。そして、この家を探しに行った時に通った通りの先にあるのが

f0152079_00061464.jpg




『バラ色の恋人たち』のチャンミの家。

もうすぐ始まるので楽しみな『トッケビ』の家も

f0152079_00073863.jpg




やはり、同じ開花洞。いつか再訪して、まとめて回るかな・・・

もうすぐ終了する『力の強い女ト・ボンスン』。

同じように荒唐無稽ではあるものの、可愛げのあるこちらのドラマ。

パク・ヒョンシクは『家族なのにどうして』のダルボンのイメージが残り

どうしても憎めないキャラ。『相続者』『上流社会』『花郎』とか

いろいろ見たけれど。

ジスは骨太で無骨に見えるけれど、『麗~華萌ゆる8人の皇子』でも

なかなか最後はいい奴だったし^^このドラマのロケ地はわかりやすい。

出て来た途端にわかった駱山界隈^^

f0152079_00172820.jpg




ボンスンの家は『元カノクラブ』のミョンス@ピョン・ヨハンの家。


去年行った来たばかりなので、この界隈がたくさん出て来て嬉しかった。


続く旅日記にも出て来た駱山公園もドラマで沢山登場していたっけ。

f0152079_12495307.jpg


ボンスンが出勤途中、何度も犯人とすれ違ったり、オンマが

歩いていたりする、家の近所の設定のこちらのガード下は

ソウル駅から南営方向へ歩いてすぐのガード下。

もうすぐ終わるから、なんだか名残惜しい・・・

最後に、始まったばかりの『サム、マイウェイ』。まだ2話だけ。

f0152079_00243437.jpg



f0152079_00244060.jpg




エラが電話をしていたビルからの景色、すぐにわかった!

なので、どこのビル?と思って調べたら、ソウル図書館の屋上。

後ろに、新ソウル市庁の特徴的な形も見えていたから。

で、ハユンの歩いていた橋が仁川松島にある橋に似てたから、

探してみたけれど、判明せず・・・(-_-メ)

エラと一緒に自転車を運んだ歩道橋はすぐに判明!

f0152079_00303065.jpg




ソウルタワーの見え方から、南側だとわかり、航空写真で歩道橋を

探したら、すぐにわかったこちら。解放村の北側、龍岩小学校の

南にある大きな歩道橋。向こう側にあるバス停もドラマに映っていた。

で、ここから自分たちの家のトンネに戻って行くんだけど、途中で

バッグの代わりに丈夫な布の袋を買ってあげたんだけど。。。それが

f0152079_00390423.jpg



f0152079_00392453.jpg



f0152079_00393131.jpg




これまたお馴染みの恵化洞のお店で、ここ、バッグも靴も売って

ないんだけど、そこはご愛嬌。2枚目には、『匂いを見る少女』で

ムガクがオンブして登って来た階段も^^こちらも上の日記を参照に。

で、それなら、2人の家はこの近くの筈・・・だけど、見つからなくて

韓国語で検索したら、なんとまぁ、釜山だった!

f0152079_00425257.jpg




南区のチゲコル駅近くにあるこちらの階段式住宅。

見つからないわけだ・・・ここ、また訪ねるとするときつそう・・・

f0152079_00463870.jpg




南区が広報していた写真をお借りして・・・もう一箇所、南区で

ホチョンマウル壁画通りも、夜景の綺麗な場所として出てくるみたい。

2話の最後、警察署からの帰りの夜景の道は、特定できなかったけれど

最後のベンチのシーン、桜の公園は・・・

f0152079_12450407.jpg

f0152079_12451225.jpg

引きの画面になった途端にわかったこちらの平倉洞の公園。



次に釜山に行ったら行こうと思っていた『アントラージュ』の

ロケ地もホチョンマウル壁画通りの近くで、この辺りの高台、

何か所も壁画?甘川マウルが人気だから、あちこちで

壁画マウル化しているのだろうか?

釜山では、もう回った所はパスして、あちこち回れそうだなぁ・・・

と、ここまでで、最近のドラマの感想と、見つけたロケ地を検証してみた。

PS 行の間隔が、何度調整しても出来なくて、間が空きすぎ(>_<)


by andegenni | 2017-08-17 00:00 | 韓国ドラマ | Comments(0)

最近、視聴中のドラマロケ地

最近は、『花より青春』シリーズばっかり観ていて・・・

ラオス、ペルーと観て、現在はアイスランド編視聴中。

家族の話が出ると思うこと・・・今は売れている彼らだけど、

売れるまでの苦労や、実家の話を聞くと、ビックリ・・・

ラオス編のヘテ@ソン・ホジュンは売れない頃、東方神起の

ユノの家に居候してて(二人は光州時代からの友達)、ユノが

3か月日本に行く時は、彼が飢えないようにと、ラーメン50個、

パックごはんを100個?200個?置いて行ってくれて、それで

しのいだんだとか・・・ユ・ヨンソクも、最近おかあさんに自分のカードを

ようやく渡せて、好きに使ってと。それなのに、初めて使った金額が

7000ウォンの食事代で、それまでは5000ウォンまでしか頼まなかった

おかあさんが、息子のおかげで7000ウォンの食事ができたんだって。

バロだって、夢は両親に家を買ってあげることって・・・

そう言えば、アフリカ編の彼らもそうだったなぁ・・・

ボゴムは父の借金の返済をようやく済ませたみたいだし、

リュ・ジュニョルも、お金がまとまって入ったらどうしたいか?と

お父さんに尋ねたら、借金を返したいと言われたとかで・・・

今、韓国は大変な状況だし、この先、彼らの生活が

良くなるといいなぁ・・・

ユ・ヒヨルとかユン・サンなんて、お坊ちゃんかと思いきや・・・

父親がいなかったなんて話も出て来て。

うちは、親世代も戦争へは行っていなくて、戦争は体験したものの

戦後の就職だったから、生活に困ったことはない。

特に豊かでもなかったけれど、定年まで勤めたサラリーマンだったから。

それにひきかえ、韓国の人って、朝鮮戦争もあったし・・・

景気が良くなってもIMF危機もあったりで、

すぐ前の世代は苦労した人が多いようだ。

応答シリーズで父役のソン・ドンイルなんて、『アッパオディガ?』で

子供時代の話が出て来てビックリしたことも。お姉さんと二人、

間借りした部屋で、小学校にも通えず、全国を回る旅商人だった母とも

1年に数回しか会えず。。。両親が結婚して定住するまで、自分の名前すら

なかったんだとか・・・その間借りしていた家を、お姉さんも一緒に

訪ねる回があって・・・そんな辛い子供時代だったのに、

とても懐かしがってて・・・


旅番組ばかり観ていて、ドラマ視聴はたったの2番組だけ。

f0152079_20005097.jpg
『月桂樹洋服店の紳士たち』と、

f0152079_18473300.jpg

『ディアマイフレンズ』のふたつ。

まだ視聴中だけど、出て来たロケ地でわかった所だけを。

まずは、メインロケ地である月桂樹洋服店を。

f0152079_20030347.jpg


ここ、探したらすぐわかった。それと言うのも、DAUM地図に

なんと、「月桂樹洋服店の紳士たち撮影地」で出てる!爆)

f0152079_20063755.jpg

f0152079_20080902.jpg


ヨンシルの住んでいる屋上部屋は、この前の訪韓で再訪したこちら。

f0152079_20121078.jpg


最初に行った時に写した、教会との間の道も、度々登場。

厚岩洞は、最近よく出て来るし、このオクタッパンは定番中の定番。

この家に送って行く時に、言い訳でコンビニに行くって言ってたけど

f0152079_20152621.jpg


コンビニ、あるのにいいのですか?とヨンシルが尋ねたコンビニはこちら。

二人はこの左脇の坂を登って行ったっけ。屋上部屋には、前回は

『華麗なる誘惑』と『気分の良い日』で出て来た為に訪問。

で、このすぐ1本左の坂を登ると・・・

f0152079_20174998.jpg


『気分の良い日』で、最初に母娘が住んでいた家に続く坂で

コンビニを通りすぎて真っすぐ進むと・・・

f0152079_20265692.jpg


『気分の良い日』で出て来た出版社社長の家が下にある、

陸橋の上に出る。どこも近場なので、まとめて歩くと面白い地域だ。

で、ここは厚岩洞だけど、読みが似ている付岩洞でよく出て来るのが・・・

f0152079_20584626.jpg

f0152079_20585330.jpg

こちらの付岩洞、紫霞スーパー。

f0152079_21055837.jpg


アイスランド編で出て来たチョ・ジョンソクと

チョンウ(応答せよ1994も)が出ていた

『最高だ、イ・スンシン』の家を訪ねた時の写真。


こちらのスーパーもロケ地の定番で、最近また見たから、2つのドラマの

どっちかで出て来たと思う。スーパーの名前は変えてあったけれど。

で、『ディアマイフレンズ』で最近の9話で出て来た所は・・・

f0152079_21181703.jpg


『優しい男』のカン・マルの家。あちこち家を探すシーンで。

で、結果的に決めた家は・・・すぐ近くの『野王』で

ダヘ@スエが住んでいた家。

マルの家に向かう坂道もドラマに出て来る。こんなきつい坂の上の

家なんて・・・って、友達に反対されながら、決定した家。

数々のドラマにこの辺りは取り上げられているので、あ、まただ!と

わかるのが嬉しい。さて、また視聴に戻るかな?

PS その後、かつて初恋だったカップルが行った場所は・・・

f0152079_22580425.jpg

旌善のテチョンマウル^^前の旅で行って来たばかりだったので

回りの景色でわかった。でも、この飛び石は、三食ご飯のメンバーが

渡り、ウォンビン&イ・ナヨンが結婚式をあげた野原に続く方ではなく、

玉筍峰を回りこんだ向こう側にある。帰りに乗った徳雨里のバス停の

方から行けば近いと思う。


by andegenni | 2017-02-22 21:55 | 韓国ドラマ | Comments(0)

最近観ているいいドラマ

放映順に観た方がいいのはわかっていながら、

『応答せよ1988』と『花より青春アフリカ編』を

先に観てしまった私。原点に戻り・・・
f0152079_18463453.jpg

ずっと前に録画してあったけれど、未見だった1997と

f0152079_18563136.jpg

続いて1994を視聴完了!この二つは、特に2作目の1944には

1997の出演者が何回も登場して笑ってしまった^^

1988のメンバー達は、1994を観てファンになり、出演したくなって

オーディションに参加したらしく、『花より青春アフリカ編』の

中に、そのオーディション時の映像が入っていた。

『一泊二日』を生み出したナPDが、この一連の応答せよシリーズの

PDと親しいことから、1994では、なんとカメオ出演していて

『一泊二日』名物のカナリ入りの福不福をやってたし!爆)

それ以外にも、『アッパオディガ?!』繋がりから、3作連続で父役の

ソン・ドンイルの息子ジュンや、ユン・フの父、ユン・ミンスまで

出てて、そのカメオ出演にも爆笑した^^

視聴率は作品ごとにうなぎ上りで、1988では遂にケーブル局では

最高視聴率を取るほどになっているが、冷静に考えると、

完成度は1994が一番いいかもしれないと思ったりも・・・



1994のOSTは、知っている曲も多く、それも本人が歌っているので

それがめちゃよかったし。김동률 @キム・ドンニュルを初めて聴いた時、

この人の作る歌って、単なる歌というジャンルを超えていると感じた。

メロディラインも複雑で、壮大で、それでいて滑らかで。清州の友達に

好きな歌手を訊かれて、彼の名を答えたのが懐かしい。

彼を知らない人でも、彼が作ったのを歌いたいと言われて

提供したインスニの『ガチョウの夢』はきっと知っているのでは?

大好きな취중진담と、ピッタリのシーンでドラマのバックに

流れた다시 사랑한다 말할까 の2曲バージョンを。

これは、ユン・ドヒョンの「ラブレター」だけど、KBS WORLDに

契約して以来、ラブレターとヒヨルの「スケッチブック」は全て録画した。

ただ、膨大な量なので、残したい曲だけを編集カットして残してある。


KBSから移ったtvNでも次々にヒット作を生み出しているナPD。

『花よりお姉さん』『花よりおじいさん』『花より青春』シリーズ、

『三食ご飯』シリーズもそうだし・・・彼の企画はいつも面白い。

結果的に、おじいさん編に続き、青春編も全制覇することに

した私^^;まずは、1994繋がりで『花より青春ラオス編』から。

すでに、40代編@ペルー編と30代編@アイスランド編もゲット済!

f0152079_18471772.jpg
『三食ご飯』でのソン・ホジュンがとても内気だったので、

1994でのヘテが真逆でなんだか新鮮だったっけ。

彼の素がもっと観れるだろうし^^仲良しの友達同士の

ユ・ヨンソクも一緒だしね♪もう一人、実生活で仲良しなのが

東方のユノだって。もし、結婚することになったら、

歌はユノに、司会はヨンソクに頼むんだって^^

ピングレ@バロはかなり年下だから、ヒョン達に可愛がられてるかも?


その前にと。。。録ってあった中で見始めたドラマがあって・・・

f0152079_18473300.jpg
それがこちらの『ディアマイフレンズ』

KNTVで現在8話までだけど、このドラマすごい!

何がすごいって、韓国を代表するような女優達が主人公で、

それぞれが主役を張れるレベル。『善徳女王』で貫録十分だった

ミシル様@コ・ヒョンジョンでさえ、霞むほどのおばさま、おばあ様方!

ましてや、その元恋人のチョ・インソンなんて、彼でさえ、一登場者、

シン・ソンウもしかり。毎回、彼女達に笑わされ、泣かされ・・・

中の一人、女優役のパク・ウォンスクが壮絶な人生を生きている設定

なんだけど、実際の彼女の人生も、知ってみれば半端ないとわかった。

それぞれの女優達も、それぞれに過ごして来た人生が波乱万丈で、

そんな経験の重みが演技に出るんだろうなと思える。

わかってみれば、脚本がノ・ヒギョン。『その冬風が吹く』と

『大丈夫、愛だ』の関係でインソンも出たんだなぁと^^

このカリスマ脚本家だからこそ、キャスティングできたドラマだ。

数々の作品を観たけれど、やはりな・・・と思った。

まだ半分までなので、続きを楽しみにしつつ、旅行編も観るかな?

『一泊二日』だけは、貯めない様に観ていたのに、ついに

『製パン王キム・タック』のユン・シユンが新メンバーになった回から

途中途中の飛ばし見になってしまい・・・ちゃんと観なきゃ・・・

最初から全部あるので、こちらも膨大な量だ。この先、大量のDVD,BDを

どうするか?が課題になりそうだ^^;



by andegenni | 2017-02-17 20:10 | 韓国ドラマ | Comments(0)

『雲が描いた月明り』のロケ地


ずっと放置状態だったブログ。昨夜、ようやく観終わったドラマは

『応答せよ1997』に続いて、『応答せよ1994』。

これ、両方観ると、繋がっているのがよくわかり、やはり制作順で観て

正解だった。最初に『応答せよ1988』を観たから、1994との絡みが

一部だけあったけれど、1997と1994は沢山絡みがあった^^

で、観終わってから、一つだけ観残していた

『雲が描いた月明りスペシャル~150日の記録』を観た。

f0152079_13252247.jpg

私が一番興味があるのは、いつもロケ地で、出て来る度にここは

あそこだ!とわかるのが嬉しかったけれど、一部、ここは

どこだろう?とわからなかった場所があって・・・

最後のロケ地紹介で、その疑問が解けた。で、わかってみれば

紹介されたロケ地を大公開編は、ほとんど行った所ばかりだった^^

実際に行った旅日記をリンクしながら紹介。

ネタバレになるので、未見の方はスルーしてね♪


☆1 「南原 広寒楼」

 ホン内官が公主と舟に乗っていて落ちた場所。

ここ、橋も有名な場所なので、観てすぐにわかったけれど・・・


数々のドラマや映画でも使われた有名な場所^^

池の中に飛び込んでからのシーンは、プールで別撮りしたそうだ。

☆2 「扶安 映像テーマパーク」

ラオンが初めて女性の姿で登場する舞のシーン他。


宮殿のシーンで、王座が出て来た時、柱も含めて、すぐに

ここだとわかった。KBSなので、ドラミアは使っていないから

そこから類推すれば、すぐにわかる場所だった。

☆3 「昌徳宮」

かなりの時間をかけて交渉したのだそうだ。東宮として登場。


旅日記は、昌徳宮だけでなく、今はもうないロケ地もあるので

参照にして頂ければ・・・と思う。

☆4 「高敞邑城」

宮殿の全景が見えて、夕陽の美しいシーンで登場。


城壁部分を使い、景色は現在の街をCGで編集したそうだけど、

『ファンジニ』でジニが舞を踊り、グンちゃんが魅了されたシーンを

撮った東門は別名「登陽楼」なので、ドラマで使われたのは、

『推奴』で3人が休んでいた西門で夕陽撮影したのだろう。

☆5 「全州郷校」

3人のアジトである「資法堂」チャヒョンダンは、「明倫堂」


全州郷校への2度目の訪問。1回目は工事中の場所があって再訪。

ここも、出て来た時、すぐにわかった^^

『成均館スキャンダル』のコロの木もドラマに出て来たし^^

☆6 「扶余 ドラマセット場」

市場のシーンを撮った場所。扶余のセット場と言えば

『ソドンヨ』のセット場が有名だけど、そこだろうか?

f0152079_15262986.jpg


こちらは行き難い場所にあると思っていたが、いつか行けるかな?

☆7 「水原 華城行宮」

宮のシーンでよく出て来た場所で、最初に東宮から蹴りだされた

シーンや、ティーザー映像のダンスシーンを撮った場所。



一度目は韓国へ行き初めの頃、シティツアーで行ったのだけれど、

行宮だけ行っていないというtちゃんの希望で再訪。

ここもドラマで定番のロケ地だよね^^

☆8 「順天 楽安邑城」

f0152079_15120559.jpg

幻想的な風灯飛ばしのシーン。願い事を書いて飛ばしたが

ヨンの想いと、ビョンヨンの願いが切なかった。

で、ここはどこだろうか?とわからなかった場所。


わかってみると、順天シティバスツアーで行った場所だった^^

この時の風灯飛ばし、スタッフが総出で撮影したんだとか。

出演したスタッフ、迷惑をかけないように、落下地点で風灯を

拾い集めたスタッフ。舞のシーンも3日かかったそうだけど

需要なシーンの撮影は大変だなぁと思った。

これで、屋外の重要シーンの紹介は終わり。内部のシーンは

セットだけど、いろいろ考えて造られてるなぁとスペシャル番組を

観てわかったことも多かった。

これで、『雲が描いた月明り』は끝♪


by andegenni | 2017-02-14 15:27 | 韓国ドラマ | Comments(0)

最近嵌っていたドラマ

今日からANAの優先発売で、3月末~4月にかけての航空券を取った。

母のおそらく最後になる帰省に同行する旅。桜の季節に来てね~と

言われたけれど、90歳をとうに越した伯母がこの先、桜の季節を

何回迎えられるかわからず、早いうちにと・・・

山口県育ちの母だけど、なんと有名な桜の名所である錦帯橋には一度も

行ったことがないそうで、従姉の提案に大喜びの私達^^

前から気がかりだった友人にも会うことになり、子供時代の友人にも

会うことになりそう。中学校から東京の私なので、本当の幼馴染だけど。

最近の日韓問題は、毎日心が痛くて、わかってはいたけれど、

難しいなぁ・・・どうにもならないし・・・

そんな中、チングが先週末「大邱」デビューして、日曜朝に

「名家」で写したイチゴケーキの写真をLINEで送って来た。

「金光石通り店」だったけれど、彼の誕生日だったみたいで、

通りではイベントが行われるようだったと。

ということで、ニュースを見つつ、それでもドラマは見つつ・・・

最近観終わったドラマの中で・・・

f0152079_19315477.jpg


めちゃ可愛かったこのドラマ『運勢ロマンス』の

リュ・ジュニョル@柳俊烈と

f0152079_19320456.jpg


つい先日観終わったなかなか面白かったこちらの『嫉妬の化身』の

コ・ギョンピョ@高庚杓と

f0152079_19322407.jpg


今週末終わる『雲が描いた月明り』の

パク・ボゴム@朴宝剣が一緒に出たドラマは・・・

f0152079_19323439.jpg


『応答せよ1988』通称『ウンパル』♪

『応答せよ』シリーズの最終作であるこのドラマ、その後の彼らの

活躍を見て、知ってはいたものの見ていなかった1988を本格的に

観ることにしたら、1話が長い!2話で3時間半位あるし・・・

それでも、毎日頑張って最後まで観終わった。いやぁ面白かった!

何と言ってもOSTがいい!『새월이 가면』は『私は歌手だ』で

歌ったキム・ヨヌのバージョンでかなり好きになっていたが

キヒョンがカバーした1988バージョンもとてもよかった。






f0152079_20252656.jpg

『私は歌手だ』@ナガスは家族で観ていて(聴いていて)

歌の感動は国籍を問わず感じるものだと実感した番組。

アルバムも訪韓の度に買いに行き(今は移転したソウルレコードへ)、

並べてみてビックリした。5枚目までで、「나는 가」まで。

ところが、その後が発売されず、シーズン2の最初になってしまったのが、

隣のアルバム。廊下にDVDやBDやアルバムサイズの薄型で

背高のラックを頑張って組み立てた私。これで、実は4つ目のラック。





同じように『ナガス』で知った「이젠 그랬으면 좋겠네」

@박정현[Lena Park] バージョン。

下は本家の、『応答せよ1988』の挿入歌@ 조용필 。

昔の韓国の歌って、やっぱりいいなぁ・・・金光石も好きだし。


コネストのスタッフさんも嵌ったようで、

懐かしの名曲が蘇ったのも嬉しいドラマだった。

で、その彼らがドラマ終了後に南の島にお疲れさん旅行に行ったんだけど、

その場からなんと連れ去ってしまうナPD!

その朝、収録(ミュージックバンクのMC)の為にひとり

ソウルへ戻ったボゴムも収録後に拉致されて・・・

f0152079_19324209.jpg

それが『花より青春 アフリカ篇』の始まりのいきさつで^^

『応答せよ1988』を観終わって、次はこちらに突入!

いやぁ、ドラマのキャラもよかったけれど、素の彼らもいいなぁ・・・と

いうことで、また視聴に戻ろう!



by andegenni | 2017-01-24 20:41 | 韓国ドラマ | Comments(2)

推奴 撮影地 INDEX5 済州島

『推奴』版、『韓国の美をたどる旅』もいよいよ済州島で終わる。

2015年春ひとりで、2泊3日で済州島ロケ地巡りに行って来た。

行った順だと、横並びになるけれど、せっかくだから

ドラマの流れ順でアップしたいと思う。

★安徳渓谷

f0152079_19302625.jpg

f0152079_19530135.jpg


ドラマの中では、テギルは済州島に行っていないけれど、

チャン・ヒョクも済州ロケに参加したようだ。ペッコの身分札を見て

逃げたオンニョンの兄の居場所へ行こうとするテギル。同行したソルファ。

川辺で一夜を過ごした場所。ここは『九家の書』の聖獣の家でもあり

後でわかった為、奥まで行かなかったことを、めちゃ後悔(T_T)

★済州民俗村

f0152079_19213130.jpg

f0152079_20085349.jpg


済州島では、ハンソムに一番思い入れがある私^^

せめて、身分を隠しながらもほのぼのしてた時の画像を^^

済州島に島流しにあった王孫ソッキョンを守る宮女と護衛。

亡き者にしようと迫るチョルン達。逃げるハンソム、それを追う

チョルン、更にテハ達と、ここでは沢山のシーンを撮影。
★갯깍(ケッカク)柱状節理

f0152079_19291540.jpg


幽閉されていた家から逃げて、ずっと王孫を抱いていたハンソム。

宮女はその後をわけもわからず追い、ここで靴を落とす。

それを追うチョルンが見つける。途中で説明して納得した宮女。

f0152079_20582392.jpg


ようやくこちらの洞窟で一休み。詳しい事情を話すハンソム。

同じ場所にありながら、見落としてしまった私(T_T)

f0152079_20582941.jpg


続いてテハ達も靴を見つける。庇って怪我をしたテハを治療する。

置いて行ってくれというヘウォンに、連れて行こうとするテハ。


★다랑쉬오름(タランスィオルム)

f0152079_21074661.jpg

f0152079_21083526.jpg

f0152079_21091908.jpg

f0152079_21081421.jpg


洞窟のシーンの後、お互いの名前を告げようとするホノボノシーンが

一転して・・・チョルンの作った木の槍で殺される宮女。

ここ、めちゃ可哀想で泣いた(T_T)

この後、オンニが殺された手下を岩場の海岸に埋めてあげるシーンが

あったけれど、済州島だとどこでも見かけるので、特定できず。

一方、伝令で送った部下も、毒殺されてたよね・・・


쇠소깍(セソッカク)

f0152079_21173638.jpg

f0152079_21171642.jpg


ここは、ゴツゴツの岩の渓谷。王孫を抱いて逃げるシーンで

使われたんだけど、戦いのシーンは別の場所にワープ。

f0152079_19230483.jpg

f0152079_19242457.jpg

f0152079_21172897.jpg

岩場の渓谷は、深い淵と続き、最後は海へ。

戦いの後、一度はやってきたテハだけど、ヘウォンを迎えに

もう一度戻ってしまい、待っているシーン。宮女を亡くした

ばかりなので、ハンソムが憐れだったシーン。
ここで、豆情報♪命がけで守った王孫だけど、

f0152079_21253633.jpg


王孫イ・ソッキョン役だったキム・ジヌ君。めっちゃ可愛いし、

泣かず、おとなしくてすごい子役だと感心してた。

f0152079_21254776.jpg


いろんなドラマに出ているけれど、こちらは『奇皇后』の

アユ皇子。彼は2006年3月20日生れなので、この時は

6歳位かな?で、今はどうなってるんだろうと・・・

f0152079_21255780.jpg


こちらが現在の所属社のプロフィール写真。

衛星劇場で昨晩6話まで放送されたドラマ『シグナル』で

イ・サンヨプの子供時代を演じているようだ。

それにしても、成長過程もめちゃ可愛い♡

★龍頭海岸丘陵

f0152079_19315114.jpg
f0152079_21444871.jpg
王孫とハンソムを追うテハ達。ヘウォンを残して先に

行ったテハ。武士が刀を置いて行くのは、必ず戻るという印と

いう洞窟のシーンの言葉通り、刀を置いて行ったテハ。


★龍頭海岸
f0152079_19340055.jpg
f0152079_21501735.jpg
セソッカクからワープした戦いのシーン。

素手で刀を受ける所まで追い込まれていたハンソム。

ようやくテハ登場。それも刀なしでどうするつもりで?

ハンソムがいたから刀があったわけで・・・ま、ツッコミは

ここまでで^^;ハンソムを先に船のある場所(セソッカク海岸)へ

行かせ、後から行くテハ。やって来た官軍をなぜか皆殺しにする

チョルン。船の場所に行って、もう一度丘陵に戻って来たテハと

気持ちを確かめ合う二人のシーン。
★榧子林(ピジャリム)
f0152079_21592935.jpg
f0152079_22003165.jpg
f0152079_22003601.jpg
済州島編の最後は、済州島には来ていない筈のテギルの

シーンで終わったんだけど、その撮影シーンは、オンニョンが

テハと結婚したと聞いて、酒浸りになり、幻まで見てしまうシーン。

この榧子林と、다랑쉬오름はわりと近いんだけど、私が回った

ルートからは外れていたので、パスしたロケ地。

f0152079_22041308.jpg
済州島の地図に、ハングルで書きいれた。(クリックで拡大)

で、この地図に書くために、DAUM地図で住所を検索してたら、

ソプチコジの南に、なんと新空港を建設中だって@@

行きたいロケ地がいくつかあって、そこから始まった

『推奴』のロケ地回りも、これにて終了、끝(*^^)v



by andegenni | 2016-11-02 00:15 | 韓国ドラマ | Comments(0)

推奴 撮影地 INDEX4 慶尚道

丹陽から西海へ行き、そのまま南下して全羅道をアップしたが、

実は丹陽のすぐ傍は慶尚北道。まずはすぐ近くの栄州から。

★영주 소수서원 栄州 紹修書院

f0152079_22333836.jpg
f0152079_22334586.jpg

タクシーでソンビマウルに着いたら、チケット売り場は紹修書院側だと

わかり、再度戻って入口へ。テハの尊敬するソンビの家のある場所だけど

それだけではなく、あちこちロケをしているので、↓の旅日記を参照に。

たまたまいらしたこちらのお偉い方に、撮影時のお話も伺えてよかった^^

★선비촌 栄州 ソンビマウル

f0152079_22403140.jpg


テギルの実家を含め、数々のシーンを撮影した場所。

夕暮れが迫り、体調が悪い仲間もいたので、

あまり検証して来なかった私達。

ソンビ村検証がすごい!

めちゃすごい人がいたので、↑を参照に。

紹修書院からソンビ村へと歩き、更にその先にあるのが・・・

영주선비문화수련원 栄州ソンビ文化修練院

f0152079_22502161.jpg


こちらへは、元気がなくて行けなかったが、

馬番のシーンや、鍛錬のシーンで使われたそうだ。

修練院だけど、建物の造りは、成均館と同じように作ってあるとか。

他にも数々のドラマが撮影されているけれど、ニュースを読んで

微笑ましかったのは、『太陽を抱く月』で子役たちが

蹴鞠というかサッカーをしているシーンの撮影時、

大人役のキム・スヒョンも見学に行ったとか^^


영주 무섬마을 栄州 ムソムマウル

f0152079_23102959.jpg

f0152079_23091585.jpg

同じ栄州だけど、中心部を挟んで反対側、南へ下った場所。

長年、行きたいと思いつつ、ついに行けた場所。いろいろと

撮影したみたいなので、↓の旅日記も参照に。


★예천 회룡포 醴泉郡 回龍浦

f0152079_23324233.jpg


ここでも撮影があったという情報があるけれど、河回村、ムソムマウルと

同じような景色なので、真偽の程がわからず、どんなシーンかも

見つけられなかった。

문경새재 聞慶セジェ(第2関門)

f0152079_23444603.jpg

f0152079_23445535.jpg

今みたいに、電気自動車も走っていなくて、ここまで歩いた私達。

第1~第2関門は3キロ、往復で6キロ以上の道のりをテクテク・・・

でも、疲れたけれど、なかなか素敵な道だった聞慶セジェ。

문경새재오픈세트장 聞慶オープンセット場(KBS撮影所)

f0152079_23542214.jpg

f0152079_23523253.jpg

『成均館スキャンダル』などのドラマで伴村として出て来た所だけど、

ここに『推奴』のセットもあったそうだ。当時に行かれた方から

写真はお借りした。すぐに撤去されたようで、すでになかった(´・ω・`)
★안동하회마을 安東 河回村

f0152079_00070381.jpg
f0152079_00070911.jpg

求礼の四聖庵から逃げて、船に乗ったテハ達を見つけたのは芙蓉台の下。

このシーン撮影は、実は河回村訪問1度目の数日後だったと、後で判明。

旅日記に書いたのは、2度目の訪問時だったので、それを。




병산서원 屏山書院

f0152079_00164913.jpg

写真は初訪問時(2009年9月)のもの。

f0152079_00143085.jpg


テハの先輩の家として出て来たこちら。いろんなシーンは撮られて

いたけれど、テギルにとっては、辛いシーンが多かったかと・・・

旅日記に書いたのは、2度目の訪問だったので、↓を参照に。


★대구 달성군 비슬산 大邱達城郡琵瑟山

f0152079_00405460.jpg

f0152079_00254751.jpg

前から、山は無理だと諦めていたのに、行けるとわかって

俄然行く気に・・・なんとか辿り着いた琵瑟山(ピスル山)。

撮影時の写真は、看板に♪

f0152079_00480594.jpg


実際、撮影隊が動く場合には、あまり遠くない距離ではあるけれど

私は、一体何回に分けて訪問したんだろう?と思ってしまった。


by andegenni | 2016-10-31 06:00 | 韓国ドラマ | Comments(0)

推奴 撮影地 INDEX3 全羅道

錦江まで南下し、向こう岸は全羅北道の群山。

その群山とセマングムを挟んでいる辺山半島から、次はスタート。

부안영상테마파크 扶安映像テーマパーク
f0152079_20262263.jpg

f0152079_20154438.jpg

こちらへは『根の深い木』のオープニングがここだと知り、訪問した。

『推奴』では仁祖のシーンをこちらで撮影。他、数々の作品の撮影地。

扶安からここまでバスとタクシーを乗り継いで来たけれど、

次の目的地までは再度扶安まで戻る必要があり、タクシーの運転手さんと

交渉の末、なんと50キロ程ある距離を5万ウォンでOKして下さった^^

地方はバスで回ろうとすると交通の便が悪く、ひとりだとめちゃ割高。

同行してくれたtちゃんに本当に感謝♡

ここから2泊3日の全羅道あちこちロケ地巡りの開始(^^♪


★익산 구룡마을 대나무숲길 益山クリョンマウル 竹林の道
f0152079_20354508.jpg

f0152079_20355070.jpg

私達は群山の南の辺山半島へ向かったけれど、群山の東にある

益山に有名な竹林があるようで、そこでも撮影されたようだ。


★고창읍성 高敞邑城
f0152079_20594717.jpg

f0152079_20595390.jpg

タクシーで向かった先は高敞バスターミナル。

上の写真は、東雉から写した東門。『ファンジニ』で若い時の

ジニが踊った場所。下のテギルがいる所は西門。

f0152079_21110428.jpg

邑城の中にある客舎「牟陽乃館」前ではテギルが馬を強奪したシーン。

ここも、ロケ地の宝庫なので旅日記を参照に。

限られた時間の中、案内して下さった観光案内所の日本人女性の

方に感謝(人''▽`)ありがとう☆

★화순 운주사 和順 雲住寺
f0152079_21200927.jpg

f0152079_21202159.jpg

門も出て来たし、門からの道も、それ以外もロケ場所満載のこのお寺。

f0152079_21202796.jpg

中でも、臥仏が起き上がると千年の平和が訪れると言われているという

この言い伝えがあるからこそ、ここを集合場所に選んだと思うし。
あちこちで撮影しているので、↑の旅日記を参照に。


★고천암의 갈대숲 海南 古川岩葦畑
f0152079_22412987.jpg
f0152079_22413443.jpg
f0152079_22414006.jpg
和順郡から南方(西寄)に下ると、海南郡。ここは、多島海海上国立公園に

繋がる(向かいは珍島)古川岩湖という場所で、ここも渡り鳥の飛来地。

テギルとテハの戦いのシーンを撮った場所。ここも錦江と同じように

冬の間、トモエガモ@가창오리の群舞が観られる。

映画『西便制』邦題『風の丘を越えて』や、

『殺人の追憶』もここで撮影したようだ。

f0152079_22414780.jpg
古川岩のトモエガモの群舞。


★해남 달마산 海南 達磨山
f0152079_22410240.jpg
海南ではもう一箇所、険しい岩山。
f0152079_22411296.jpg
f0152079_22412239.jpg
テハとヘウォンの逃避行中、ここどこだ?!と思った絶景。

テギルも追いかけて・・・
f0152079_22410716.jpg
達摩山にある도솔암兜率庵も登場した。


★완도 莞島『海神』ロケ地 
f0152079_22405351.jpg
f0152079_22405784.jpg
険しい山を越えて向かった先は港。ここから小船で莞島に向かい、

そこから大きな船で済州島に向かうという設定。だけど、ここは

実は莞島の『海神』セット場^^
f0152079_21560519.jpg
小舟を借りようとするテハ達。追いかけて来たテギル達。

百虎の最期の地もここだったと思う。


★순천만 順天湾
f0152079_01002954.jpg
f0152079_01003601.jpg
小舟を借りたテハとヘウォンは莞島へ向かったんだけど、

実際は莞島から海岸線を東へずっと行ったここ順天湾のシーンへ。

このシーンの場所が出て来た時、特に一枚目のシーンが出て来た時、

なにがなんでもここへ行きたいと思い、調べて調べて計画した場所。

自分が写した高台からの写真は、これほど美しくないので割愛。

でも、苦労の末、それなりに撮れたと思う。
扶安から南下して来て、海岸線を東へ移動したけれど、今度はまた

順天から北へ。


★구례 사성암 求礼四聖庵
f0152079_01192115.jpg
なんともすごい建て方のお寺で、実際に行ってみても@@
f0152079_01192757.jpg
f0152079_01193142.jpg
怪我をしたテハを看病していた洞窟や、お寺がある。

カメオ出演ながら迫力のあった和尚さん^^

怪我の癒えたテハとヘウォンが一緒に逃げることになるスタートの場所。
全羅道は、『推奴』にとっても重要なスポットが多く、出来るだけ

回ってみたが、このドラマの「場所」へのこだわりはすごいと感じた。

f0152079_16580815.jpg


by andegenni | 2016-10-30 06:00 | 韓国ドラマ | Comments(0)

推奴 撮影地 INDEX2 江原道・忠清道

江原道

★철원군 고석정 鉄原郡 弧石亭
f0152079_23525790.jpg

京畿道抱川のすぐ北にある鉄原はすでに38度線以北で、江原道。

鉄原から流れている漢灘江。

f0152079_23210521.jpg

f0152079_23214229.jpg

★旌善 九美亭付近

f0152079_19343501.jpg


f0152079_19344191.jpg
f0152079_19344671.jpg


f0152079_19345217.jpg

最終話の戦いのシーン。すでに大ヒットしていた『推奴』だったので

秘密裡に撮影することになったそうだけど、どこからか聞きつけて

山奥なのに観客もいたという地元の記事を読んだ。

テハをオンニョンと共に行かせて、ひとり戦いに挑むテギルの

壮絶なシーンって、ここだったんだ・・・

江原道のロケ地はひとつも行っていなかったので、全てネットで

画像はお借りした。

f0152079_14514108.jpg
忠清道

★丹陽八景 嶋譚三峰 石門

f0152079_00034942.jpg


f0152079_00050170.jpg


f0152079_00062319.jpg

求禮の四聖庵から逃げたテハとオンニョンが、なぜか次には

ワープしてここ、丹陽へ。チュノのいつものパターンだけど。

★丹陽 道楽山中

f0152079_00511771.jpg

丹陽八景の中の上仙石の近くの道楽山中で、撮影があったという

地元の記事を読んだ。寒かっただろうね・・・

★堤川 清風文化財団地 SBSイルジメセット場(撤去)

f0152079_00145425.jpg


f0152079_00181932.jpg


f0152079_00181488.jpg


f0152079_00182750.jpg


f0152079_00183189.jpg

ここに行きたくて準備中に、閉鎖の紙が貼ってあるという情報を得て、

直接、文化財団地の事務所に電話したら、すでに撤去したと言われ

とっても残念だった場所。

★映画『神機箭』のセット場@月岳山のセット(撤去)

f0152079_00211659.jpg


f0152079_00270272.jpg


清風文化財団地から堤川方面に向かった山側にあった映画のセット場が

月岳山のセット場だったようで、そっちも行きたかった(T_T)

映画『神機箭』のセット場

まだあるうちに行かれた方のブログに、懐かしいシーンがいっぱい!


それでも、近くに行ってみたくて、行って来た旅日記。

신두리해안사구 忠南 泰安郡 薪斗里(シンドゥリ)砂丘

f0152079_01134473.jpg


f0152079_01140932.jpg


ドラマの最初に出て来たシーン。朝鮮半島と、中国の境にある

鴨緑江(アムノッカン)を越えようとする奴婢を捕まえに行く推奴たち。

砂漠のシーンらしく、砂丘を使って砂嵐も^^

파도리해수욕장 泰安郡 波涛里(パドリ)海水浴場

f0152079_01210720.jpg


同じ泰安郡の薪斗里海水浴場の更に南にあるこちらは・・・

f0152079_01251321.jpg


昭顕世子が清に連れて行かれるのを救おうとして、テハ達が

襲撃するシーン。

★신성리갈대밭 舒川郡新城里葦畑

f0152079_01284244.jpg

脱走した馬番の奴婢たちが隠れたりしていた葦畑。で、

ここは映画『JSA』の撮影地としても

有名らしいんだけど、ビックリしたのは・・・

f0152079_01442207.jpg

なんと、『ごめん愛してる』で出て来た、あの場所だったこと^^

この葦畑のある川は錦江。対岸は群山だから、全羅北道。

前に扶余に行った時も、多くはないけれど、夕暮れ時に飛んでいた

トモエガモ。群山に行った時には、冬だったら、夕暮れ時にいつでも

群舞が見れるよと教えて貰ったけれど、その鴨たちも休む場所なのかも。

f0152079_02045466.jpg

舒川郡のサイトにあったトモエガモの群舞。

f0152079_15314837.jpg


by andegenni | 2016-10-29 06:00 | 韓国ドラマ | Comments(0)

推奴 撮影地 INDEX1 京畿道

f0152079_21395862.jpg


韓国の旅日記の中で、何年にも渡り、ずっと追い続けていたテーマがあり、

それがドラマ『推奴』の撮影地。ドラマをリアルタイムで、韓国KBSで

ネット視聴しながら、直後に、ああでもないこうでもないと、

視聴した仲間とあれこれトークした頃が、このブログの一番

楽しかった頃かもと思うこの頃。
まだまだ、今よりもずっと韓国語に慣れていない時期だったのに、

リアルで観てわけわかめ?でモヤモヤしている友人たちの一助になればと

間違いだらけの聞き取りだけのレビューを直後にあげて、毎回毎回

話し合ったのが、実は大変だったけれど、とても楽しかった。

仲間は、あちこちで知り合ったメンバーで、実はお互いに知らない人も

私のこのブログで知り合いになって、ブログ主無視で会話してたりで^^

このブログ立ち上げのきっかけになったのは『ありがとうございます』の

プルン島に行こう!と決心したことから。その前は、某公式サイトからの

流れで、流れて流れての会員制サークルのごく親しい仲間うちでだけ、

旅行記をあげていた。その前に、韓国ドラマを観るきっかけになった

『冬のソナタ』で検索しまくって、有名なサイト(今はない)の

Sの小部屋で知り合った仲間もいたし・・・

『ごめん愛してる』でジソ関連のサークルにも出入りするようになり、

DAUMのカフェでも知り合った仲間たち、沢山観たのにそれまでは全く

興味がなかったのに、急に彼いいかも?・・と思い、知り合いになった

ヒョギペンのみんな。『ありがとうございます』の時はtちゃんの

ブログでリアル後のコメントしたりしてたっけ。

プルン島の旅行記はみんなが観たいだろうということで始めたこのブログ。

ヒョギのイベントでは、いつも仲良くしてくれていた二人と一緒に

行ったら、ファン代表でその二人が選ばれ、舞台上でヒョギに

コーヒーを淹れて貰い、エスコートして貰うなんてことも^^

『推奴』の日本公開時の代々木のイベントでは、主役3人と握手もした。

そんな『推奴』だけど、刀を残して行った済州島のシーンまでは

なかなか好評だったけれど、それ以来は、なんか感性が違う、

なんか変・・・で、仲間内では酷評の嵐!爆)

そうは言っても、全国津々浦々の素晴らしい場所を選んで、

わざわざ撮影されたドラマなので、その軌跡を追うのは楽しかった。

仲間は韓流アジュンマと呼ぶのは申し訳ない程の情報通が多く、

イベント後のカフェでは、そばにいた雑誌社の方から話しかけられたりも。

今もまだ会っている友人達もいるけれど、かつて韓国映画もドラマも

韓国にもめちゃ詳しかったのに、離れて行った友人たちが懐かしい。

もう『推奴』ロケ地は終わりにしようと思い、INDEXを作ることにした。

判明した場所の内、旅日記がくっついている所は実際に訪ねた場所。

思えば、どんだけ全国あちこちに行ってんだ>私^^;

かなりお付き合い頂いたtちゃんにも感謝(^_-)-☆

まずは、ソウルの近郊の京畿道から。

<京畿道>

★抱川 비둘기낭 폭포

f0152079_23343613.jpg
f0152079_22353472.jpg

怪我をしたオンニョンをテハが介抱するシーン。


武士が刀を置いて行くのは、必ず戻るという印という

伏線がここで出てきたっけ。

★남한산성 南漢山城

f0152079_22420249.jpg
f0152079_23015831.jpg
f0152079_23020489.jpg
f0152079_22490549.jpg

ルート的に、高敞邑城だと思い観光案内所の方とも検証したけれど

違うと判明。結果的に、南漢城だった。紅葉の写真はネットから。

ここはまた・・・
f0152079_23095096.jpg
昭顕世子とテハが清に人質として送られる前に歩いていたシーンも。

近いので、一応調べおいたが、いつでも行ける場所は後回しに。

★여주 신륵사 驪州 神勒寺
f0152079_23373682.jpg
f0152079_23165238.jpg
ここは、何度も何度も出て来て、メイン撮影地のひとつ。

テギルがテハを追うように頼まれたり、連行したり、オンニの

手下が毒殺されたりと・・・

思いついたり、実際に訪ねたりした京畿道はここまで。

思い出したら、また追加予定。PS 早速追加↓

남양주종합촬영소 南楊州総合撮影所
f0152079_15312990.jpg
行った時には、なかった看板。どのシーンで出てきたのかは

覚えていないけれど、ここは?と思って調べたら出て来た一覧画像。

調べれば調べるほど、いろいろ細かい撮影地も判明。

★양평 설매재 楊平 ソルメジェ
f0152079_22243238.png
f0152079_22244162.jpg
f0152079_14361050.jpg


by andegenni | 2016-10-27 23:22 | 韓国ドラマ | Comments(0)