カテゴリ: 2012.4 順天鎮海聞慶( 13 )

2012.4 part13 最終日ソウル市内

最終日、前日から体調の悪かったtちゃんはチェックアウトまで休むと・・・

元気なyさんは朝から近場を散歩してきたり・・・私も起きだして、取り敢えずチェックアウトの

時間までに市場へ行こうと・・・お腹が空っぽで少しフラッとしたものの、すぐに普通に

歩けそうだと判断^^ホテルを出て歩いていくことにした。

f0152079_15301323.jpg


今回2泊したサットンホテル。清渓川に面した新しいホテルで、鍾路3街、乙支路3街の

二駅、地下鉄は4線利用できるし、歩きたくなければホテル前のバス停から明洞までは

すぐだ。歩いても10分程度しかかからないし、明洞、仁寺洞、広藏市場、中部市場、少し

あるけど東大門市場も徒歩圏内だった。

f0152079_1534911.jpg

ホテル前から右側の清渓川。少し先にある小さな橋を渡ると2号線の乙支路3街は近い。

f0152079_15344276.jpg

左側の清渓川。向こうに見える橋を左折で鍾路3街、右折で乙支路3街。

f0152079_1537422.jpg

遠くからでも特徴的なホテルなのですぐにわかる。近くには小さな電機器具とかの

小売店がいっぱいあり、数軒尋ねて回った。変換プラグイッソヨ?2,3軒目で日韓

反対バージョンが見つかり、そりゃそうだ・・・韓国の電化製品を日本に持っていく人は

こっちが必要だもんね。。。と納得^^;その次のお店で、無事にSEタイプをゲット^^

一個500ウォンだったので、携帯とカメラ用に2個買った。携帯は充電器が日本仕様

だったので、この旅行前にドコモで100~240Vの充電器を買ってきた。これなら

変換器を使わなくても、簡単なプラグだけ(差し込み口の形状を変えるだけ)でも

使用できるので。最近買ったカメラ類は、デジカメも一眼カメラもその仕様だった^^

f0152079_15444655.jpg

清渓川にある橋から、世運電子商街を。昔からあるソウル中心部の電機街だけど、

最近はすっかり龍山とか、テクノマートにお客を取られてる感じよね^^;

中部市場まで歩いて行って、また同じオモニのお店、儒城商会に行ったら、ちょっと

したエピソードがあったので、それで思い出してくれて、買い物している間中、

再訪を喜ばれ「アイゴ~イェッポラ~キッポラ~コマウォラー」をずっと繰り返してくれた。

なんとまぁ、可愛いこと、嬉しいこと、ありがたいこった。。。ってところかな?

また明太子の一番いい所と、切干大根のキムチを買った。乾物屋ではふりかけ海苔、

それとパパの必需品のちりめんじゃこ。これは、今回は最上品と、一ランク落としたものを

買って、そのまま食べるのと、高菜と一緒に胡麻油で炒めて食べることにした。

f0152079_15524525.jpg

体調もイマイチだし、タクシーに乗ろうと、市場の反対側へ渡ったが、まるで駄目・・・

来ても誰かが乗ってて相乗りもさせてくれないし。。。で仕方なくバス停へ。

たった二つ?だかで乙支路3街のバス停で降り、路地を北へ北へと抜けると清渓川に

出るので、また水標橋?を渡ってホテルへ。もうすぐチェックアウトなので出ようとしていた

二人^^間に合った~!急いでスーツケースにしまってチェックアウト。yさんと私は

夕方まで荷物を預け、A'REXで帰りたいというtちゃんの為にタクシーを捕まえようと

したけれど、ホテル前は全く駄目・・・で、結局鍾路3街の駅まで歩いて1号線に乗ることに。

翌日まで江南でもう一泊するyさんとそのまま帰国するtちゃんとはそこでお別れ^^

歩いてソウルレコードまで行き、ナガス(私は歌手だ)のCDを4まで持っているけど、

その先は出ていますか?と尋ねた。5を出してくれたので購入。1月に出たもので、

その後はナガス1の放送は終了したため、CDも出ていないと・・・帰国後、聴いてみたら、

娘が一番聴きたかったスリヤ・・・っていうチャン・ヘジンさんの歌が入っていないと・・・

もう一度、家にあるCDを確認したら、最初のCDには番号がなく、2番目から1、2・・・と

番号がついていたので、4が抜けていたのだ。仕方なく、ネットで注文したら、なんと

ソウルから送られてきた^^;値段はソウルレコードの倍近くしたけど^^;

f0152079_1645041.jpg

バスで移動しようと、ソウルレコードの先の交差点へ。さっきあげた世運商街の鍾路側の

入口。最初に来た時はとってもうらぶれた感じの所だったけど、公園にして綺麗になって

ずいぶんとイメージが変わった。『映画は映画だ』の中で、映画を撮るシーンで登場^^

f0152079_1671189.jpg

宗廟側に渡って、反対側のお店を。真ん中辺りにある赤くて上下が黄色の看板のお店が

ソウルレコード。めちゃくちゃ有名なお店だけど、意外に小さいよね^^

262番のバスに乗って、北倉洞で降り、反対側の南大門市場へ。久々の南大門だ^^

なんだかんだ。。。この旅では、東大門市場、通っただけだけど広蔵市場、買い物した

中部市場、間を抜けた芳山市場。。。とあちこち回ってるなぁ?笑)2日しかソウルに

いなかったのに、ソウル駅、龍山駅、南営、鍾路、アックジョン、漢南洞、明洞、往十里、

東大門~鍾路、東ソウルターミナル、帰りの高速バスターミナル、それにこの日動いた

行動範囲がプラスで、まぁ、たくさん回ったこと♪

f0152079_16124064.jpg

毎度お馴染み、C棟2階のセボサのお姉さん^^もう一枚、ピースしたのもある^^

f0152079_16143492.jpg

最初の頃は毎回来ていたけど、しばらく行っていなかったら、新作も出てて、少し購入。

そこから2階をずずっと奥まで歩いて行き、E棟のレンタンアクセサリー商街へ。

ここ、娘と来ると、娘が動かなくなる場所。。。目がチカチカするほど眩しいアクセサリー。

ネットで紹介してもいいかどうかを近くのお店の方に訊くと、事務所で訊いてくださいと・・

上の階の事務所を訪ね歩いて、なんとかその中のお一人と会うことが出来た。

旅行社ですか?って訊かれたけど、いえ、単なる旅行者ですって。。。私が記者に

見えるとでも?爆)それでもいいことだからと快く承諾してくださり、健康飲料(オロナミン

みたいなの)もくださった。許可を得たので何枚か写してきたけど、ここで選ぶのは

大変だ・・・基本的に業者向けだけど、個人にも売ってくれるお店もあるので、根気良く

トライすれば、市価よりずっと安く買えると思う。事務所の女性は、471店舗がすべて

個人のお店でデザイナーもいるので売る売らないは個人に任せてあると話された。

f0152079_16232269.jpg

一般人も買いに来てるようだ。赤ちゃんはさすがにまだ興味ないと思うけど^^;

f0152079_16235875.jpg

皆さん、熱心に作業中・・・

f0152079_16245118.jpg

f0152079_16252761.jpg

こんなに並んでたら、目が目が・・・

外へ出て、まずは娘の頼まれ物のパックを買いにNATURE REPUBLICへ。

南大門店、オットケ~のサービスで驚いた・・・10枚セットをいくつか買ったんだけど、

それと同じ枚数のカタツムリだかなんだかの日本語が入ったオマケをくれた^^;

近くの韓流ショップの店先にたくさん積んであったカレンダー。アジョッシが、もう4月

だから、格安だよ~♪と言うので、CDを買ったのに残念ながらサイン会が外れたCNの

カレンダーをyさんにお土産に買った。続いて、文房具やさんへ。

f0152079_16301292.jpg

情報で、この場所にたくさん韓服カードがあるというので行ってみたけど、すごい数♪

何枚か買い、改築中の南大門へ。

f0152079_1632426.jpg

すっぽりと覆われちゃってるねぇ・・・右側の壁に崇礼門の画像がある。

f0152079_1635054.jpg

雨が降り出した南大門市場。ずっと晴れてたのに、最後に雨が^^;

f0152079_16362385.jpg

二つの薬局の間にオモニ達の屋台が数軒あった。これは出口右側のオモニ。綺麗で

上品な感じのオモニで、写真を撮ってもいいですか?と尋ねると、恥ずかしそうで・・・

居合わせた女性のお客さんに、「オモニ、光栄だよね^^」ってからかわれてたし^^;

ここでは、砂糖づけの果物と干し柿を買った。量的に多くなく、二つで1万ウォンは

お買い得だったかも。。。干し柿はあっという間に帰国後なくなった^^;

f0152079_16402173.jpg

明洞へ向かう途中に見える中央郵便局。まさしく、バルタン星人だ!爆)

f0152079_164237100.jpg

さっそくグンちゃん♪明洞は日本語表記、日本語も飛び交い、どこの国?だ。。。^^;

f0152079_16435288.jpg

またいらっしゃいオンニの新バージョン^^;メガネ屋のオンニはメガネかけてまんねん♪

f0152079_16455791.jpg

飲まず食わずで、体調悪いのに歩き回ってしまい、休むためにいつものこちらへ。。。

階段上がろうとしたら、社長さんとお会いした。挨拶したら、前にもお話しましたか?と

尋ねられ、はい、結構たくさんお話しましたと答えると、男の子に、ヨーグルトアイスを

お出ししてと指示され。。。話の内容までお話しなかったので忘れられたか?いろんな

人とお話なさるだろうから・・・話の内容を話したら、思い出されるかも?笑)

f0152079_1649588.jpg

ゆったりした2階の窓際の席へ。壁際に南大門で買った戦利品を並べて写真を撮った^^

f0152079_1714591.jpg

ソウルレコードで買ったナガス「私は歌手だ」の5集。

f0152079_16524171.jpg

リバーシブルの風呂敷と、10個セットだけど1個しかいらないと言ったらバラして

売ってくださった豚うさぎのストラップ。オマケの袋^^byセボサ。

f0152079_1655074.jpg

顔用パック(実際には20枚購入)と、目元用パック(こちらも20枚)と足の裏用パックを

買ったら、おまけで貰った同じ枚数のカタツムリパック。もっとあったので重かった!

f0152079_16571830.jpg

使う機会があるやなしや?だけど、記念に買ってしまったカード。ハングルシールも^^

f0152079_16583145.jpg

オモニの屋台で買った二品。干し柿、美味しかった^^砂糖漬けは美味しいけどちと飽きた。

f0152079_1702654.jpg

前夜から、ポカリしか口にしていなくて、大丈夫かな・・・と思いつつ注文したけど・・・

f0152079_172247.jpg

美味しそうなヨーグルトアイスまでサービスで頂いて。。。意を決して(大げさな!)

食べたけど、とりあえず、無事だった^^よかったぁ~^^

f0152079_1743423.jpg

また明洞の通りへ。大人っぽいトンバン^^地下の永豊文庫で本を買い、そのまま

地下道を抜けて、ロッテ免税店へ。娘に頼まれた外国の化粧品を購入。

バスに乗って、雨の鍾路を通り、鍾路2街で下車。だって、お約束のここに行かねば・・

f0152079_1773657.jpg
f0152079_1775089.jpg

訪韓ごとにあげているお約束の?GIORDANO^^清渓川方向に歩き、スシローの

角を曲がって、サットンホテルへ戻った。荷物を受け取り、パッキング。

f0152079_17104720.jpg

ロビー横にある軽食喫茶コーナーは、すでにチェックインタイムも一段落したのか

誰もいなかったので、遠慮なく使わせていただいた。

f0152079_17124851.jpg

買ったのはリビングセンスという雑誌だけど、欲しかったのはオマケの方で^^;

f0152079_17133173.jpg

オマケだけ抜いて、雑誌はフロントのお姉さんに差し上げた。オマケだけ欲しかったと

いうと、私たちもそういう時、よくありますと^^2泊、お世話になりました~♪

f0152079_17155356.jpg

駅の近くまでガラガラとスーツケースを引いて・・・ソウル劇場と、お世話になった隣の

コンビニをパチリ♪

f0152079_17172437.jpg

リムジンバスの乗り場の少し先にあるこのパン屋さん^^美味しそうなパンが並んでいた。

いくつか買ってバス停に戻ると、さっき並んでいた人がいない・・・あ、行っちゃったか?

f0152079_17241669.jpg

仁川に着き、チェックインした後に、買ったパンを写しておいた。私は食べられるのか?

f0152079_17271262.jpg

f0152079_17352171.jpg
f0152079_17355785.jpg
f0152079_17363528.jpg

やってきました、御一行♪みんな写しまくり~!爆)最後の写真は、免税品を受け取りに

行った2階からなので、ちとピンボケ。。。

搭乗してからは、前夜眠れなかったせいもあり、食欲も皆無だったため、薬を飲むために

お水のカップだけを頂き、後は拒否して毛布をかぶって成田まで寝ていた。

なんとか、最寄りの駅まで戻り、娘に迎えに来てもらって帰宅。結局、翌日の夜まで

絶食だったので、少し痩せたか?と思ったのに、体調がもどるや否や元通り♪爆)

長々だらだらの旅日記、最後までお付き合いくださったヨロブン、f0152079_17404766.gif

by andegenni | 2012-06-20 18:04 |  2012.4 順天鎮海聞慶 | Comments(4)

2012.4 part12 栄州ソンビ村

食事が終わってすぐに聞慶セジェ入口から店村バスターミナルまで。

山道をタクシーで、結構なスピードで走り到着♪しかし、降りると、気分の悪くなったtちゃん。

食べてすぐに揺られた為か、旅行の最後に疲れが出たのか?それでも、処置して

少し楽になったと言うので、予定通り栄州までのバスに乗った。路線バスのようで、

しょっちゅう停車するので、距離はさほど・・・じゃないのに、1時間半もかかった。

栄州バスターミナルからは市内バスもあるけれど、閉園時間まであまりなかったので

タクシーでソンビ村まで移動した。運転手さんったら、間違えたのか、先にある施設に

連れていってくれて・・・あれ?チケット売り場は?と探したら、間違いに気づいたようで

もう一度乗れと・・・手前にある紹修書院側の入口まで戻ってくれた。

f0152079_1421612.jpg

チケット売り場。左側のキャラクターは영주도령栄州の坊ちゃん^^チュノ満開ね^^

f0152079_1444769.jpg

道なりに歩いていくと、右側にこの東屋が・・・

f0152079_14115953.jpg

後で、もう一箇所、池を撮ったのがこちら。これって・・・

f0152079_14131177.jpg

このシーンとかで出てきた池かなぁ?実はキャプしたのは帰国してから。行く前に

キャプって行って、照らし合わせればよかったと後悔・・・・

明らかに古い木>保護樹と書かれた木とかを見ながら進むと・・・

f0152079_14163816.jpg

さっきの池を見降ろす東屋と紹修書院の石碑があった。さて、入ってみよう^^

f0152079_14184390.jpg

この一画にはいくつかの建物があったけれど、真ん中にあるこれが書院。

f0152079_14245745.jpg

f0152079_1426303.jpg

このシーンで、使われたんだけど、さすが、ロケ地にこだわったチュノ、師匠を

座らせた場所が、ソンビがたくさんいた栄州、しかもその中心とも言えるソンビ村の

紹修書院を使うとは、さすが^^で、三つ巴のシーンはどっち側?と探し・・・

f0152079_14302232.jpg

f0152079_14323199.jpg

反対側のこっちだよね^^左奥の門から入ってきたテギル。この後は三つ巴シーンへ。

現代のものが、あれこれ時代物で隠してあるけど、CGなのか、実際に置いたのか?

で、笛の音を聴いて、その場を離れようとするテハ。追いかけるテギルのシーンで

塀を超えてたんだけど、笹の群れがCGなのか、実際なのか???

f0152079_14385581.jpg

f0152079_14394770.jpg

f0152079_1722252.jpg

CGじゃなければ、ここかな?動きがある部分はキャプが上手くとれないーー;

で、この時、ちょっと偉そうな方に声をかけられた。胸のプレートの名前をちゃんと確認

してはいないんだけど、ここのお偉いさんか、学術委員さんか?そんな方だった。

日本から来たこと、『チュノ』のチャン・ヒョクのファンであることを告げると、それでは、

こちらへ・・・と案内してくださり、英語で説明しましょうか?それとも韓国語で?と

尋ねられたので韓国語でお願いした。もう一度、古木のある方へ行き・・・

f0152079_14475284.jpg

この上へ案内された。この上の左側には・・・

f0152079_14485861.jpg


こんな岩があって、亀のようだと。で、この丘全体も亀の形になっているそうで、ここの

ことを영귀봉(靈龜峰)と呼ぶようで、ノートにハングルを書いていただいた。周りに

ある木は学者の樹だそうで、看板もあったようだ^^;で、その方が説明されたのは

場所のことではなく、この亀の頭部分の近くから、ヒョギが一時間くらいも、何度も

飛び降りていて、額も胸も汗が流れていたと・・・戦いの相手は武士みたいだったと^^

撮影中は関係者以外立ち入り禁止だったので、関係者としてそれを見ていらした

ようで、貴重なお話を聞けてよかった。

f0152079_14594529.jpg

塀を超えた後、二人はこの上にやって来て、その後飛び降りたようだ。飛び降りる

シーンはキャプったけど流れて上手くとれなかった^^;お礼を言った後、tちゃんが

この塀って・・・

f0152079_1561526.jpg
f0152079_1562526.jpg

f0152079_1583363.jpg

この塀はここの先を行った辺りだと思う。屋根がテギルが入ってきた門の後ろにある

建物の屋根みたいだったから^^

f0152079_16525335.jpg

後始末を頼まれたオンニ達のシーンもこの林だったね・・・

f0152079_151911100.jpg

立ち去る前に、紹修書院の説明板を。他にもたくさんの建物があったけど、省略。

f0152079_15204285.jpg

進んでいくと、先ほどの丘と同じ名前の井戸があった。영귀천(靈龜泉)。

f0152079_15234912.jpg

紹修書院とソンビ村を繋ぐ道では屋外展覧会が・・・お天気がいいから出来る展示^^

f0152079_15262016.jpg

二つの間にある川。名前は後で確認したら축계천という川らしい。

f0152079_15283297.jpg
f0152079_152922100.jpg

ソンビ村に入った。
f0152079_15293817.jpg

この武神?慶州のミレニアムパークでも見たけど、あちこちにあるのね^^

f0152079_15325182.jpg
f0152079_15331136.jpg
f0152079_15333196.jpg

順不同で、顔出し撮影スポット集めてみた・・・^^;

で、キャプってないから、どこがどこだかわからず、お店で取り敢えず『チュノ』の

トリョンニムの家はどこかを尋ねてみた。ここをずっと行ったところだと仰るので、

案内板があるかどうかも訊いたらあるというお答え。それならと歩き出した。

f0152079_15363647.jpg

この牛はホンマもんですたい^^大人5000W,子供3000Wで牛車に乗せてくれる^^

でも今日のお仕事は終わりのようで、アジョッシに綱を引かれて帰っていった。

f0152079_15385530.jpg

オン二ョンが壺の傍にいるシーンあったけど、ここかな???

f0152079_15401142.jpg

オイラはカッチャ ソ エヨ^^;

f0152079_15412773.jpg

こんな場所見る度、ここがトリョンニムの部屋かも?台所かも?とか騒ぐ我々・・・笑)

f0152079_1543898.jpg

壺のある家はそれこそ、あっちにもこっちにも。。。で、やはりキャプが必要だったーー

あてもなく歩いていると、ついに行き止まりに。。。で、あると言われた看板も見当たらず。

最後の隅っこに見つけたのは・・・

f0152079_15471048.jpg
f0152079_15472222.jpg

家の後ろに捨てられていた(片付けられていた)これ・・・そりゃ、韓国人の興味の

移り変わりが激しいのは承知してるけど、チュノは比較的最近なのに悲しい(T_T)

f0152079_15561527.jpg

f0152079_15563553.jpg

それでも諦めきれず、ここかなぁ?とか思いつつ写真は写しつつ戻った。

f0152079_15575747.jpg

で、tちゃんがここは・・・と言い出した場所。

f0152079_164381.jpg
f0152079_1643234.jpg

tちゃん、ピンポーン^^チョンダビミダ^^

f0152079_16111252.jpg

この撮影したシーンの看板はまだあった。でも結局テギルの実家がどこかは???

f0152079_16132119.jpg
f0152079_16135797.jpg
f0152079_16144661.jpg

テギルの実家はどこじゃ~(T_T)

f0152079_16154788.jpg
f0152079_16165374.jpg
f0152079_1617142.jpg

こんなんもあんなんもここだと思うので、キャプって行けばよかった~(T_T)

そんでもって、もうひとつ、心残りなのが、この場所、紹修書院+ソンビ村+士文化

修練院の3箇所が一緒になってるんだけど、看板が片付けられてた向こう側、川を

挟んだ向こう側がその修練院で、行かなかったらそこがチョルンが勤めていた場所

すなわち、訓練場所があった所で、そちらも撮影に使われてたって後で判明(T_T)

なんか悔しい結果になってしまった。今度から事前の準備をしっかりしなきゃね^^;

そうそう、その文化修練院では『太陽を抱く月』の子役たちの時代の撮影や花トリョン

4人衆の撮影も行われたようで、スヒョンがビックリ訪問したって記事も出ていた。

準備不足で、せっかく行ったのに惜しいことをしたなぁ・・・

お店のある一画を抜けて外へ。。。

f0152079_16243050.jpg

中からは橋を渡った場所にあった楼閣。外から写してみた。

f0152079_1627629.jpg

ソンビ村の全景。

f0152079_1629783.jpg

ソンビの像。

f0152079_16301118.jpg

帰りはソウルへ戻るだけなので、バスに乗ろうと、幹線道路へ。ソンビ村入口。

f0152079_16311694.jpg

道路へ出て、左に進むと、バス停が。このバス停もちょっと凝ってるよね^^

バスに乗って栄州バスターミナルまで戻る予定が、行き過ぎて気付いたtちゃん!

慌てて降りて戻った。バスは清涼里から出ている中央線沿いの駅も経由してたから

おそらく、行き先はターミナルではなく栄州駅だったようで、ターミナル前には停車

しないので要注意!万が一乗る場合は、行き先を運転手さんに告げておくことだ^^;

降りたら、また気持ち悪くなったtちゃん・・・それでもなんとか、ソウルへ戻らないとと

いうことで、ソウル行きのチケットを購入。ところが、何だか私も胃がムカムカしてきて、

ソウルまでの高速バスの中は時間との戦いだった・・・1分毎に時計を確認しながら

高速バスターミナルへ到着。もしかして、何かにあたった?とか思ったけど、朝も

お昼も3人で同じものしか食べていないので、少し長旅で身体も胃も疲れていたの

だろう。夕食どころじゃない二人はまっすぐホテルへ帰ることに。元気なyさんは

夕食を食べて戻ることに。帰る途中、コンビニでアイスと飲み物を購入。が、部屋に

あった冷蔵庫は冷凍庫部分がなくて、仕方なくアイスはすぐに食べることに・・・

その晩は、それも災いしたのか、一晩中吐きくだしで参った・・・

旅で一番気をつけるべきは、体調管理だと実感した^^;今日はここまでね~^^

by andegenni | 2012-06-16 17:14 |  2012.4 順天鎮海聞慶 | Comments(2)

2012.4 part11 聞慶KBS撮影所

王建橋を渡って、チケットを購入してKBSセット場へ入ると、王宮の後ろになる。

裏側から入った形なので仕方ないけれど、いささか変な回り方になってしまった。

f0152079_18214672.jpg

渡る前に写した王建橋の全容。

f0152079_18225156.jpg

撮影場案内図。今いる所は右下の部分。史劇のセット場としては国内最大級だそうだ。

建物は景福宮を模して作られているので、奥側から入るとプライベート部分からになる。

王宮部分は赤、真ん中の青い一画は瓦屋根の韓屋、川を挟んで左側は茅葺き屋根の

一画で、伴村としてもよく使われる場所。

f0152079_18262092.jpg

康寧殿(강녕전カン二ョンジョン)。王の寝室。

f0152079_18304154.jpg

迎生殿。ここはなにする所だか???

f0152079_1934498.jpg

康寧殿の一画の門の中から見えていた場所。ここ、『王女の男』で、首陽大君が

7代王世祖になった後、王宮のシーンで後ろに映ってた場所だ^^特徴あるもんね^^

好奇心にかられて、階段を登って門の中に入ったら・・・

f0152079_1951987.jpg
f0152079_195565.jpg

こんな建物があった。これも何かの史劇で使われてると思うけど^^;

f0152079_191727.jpg

交泰殿(교태전キョッテジョン)。康寧殿の後ろにある王妃の寝室、生活の場、中宮殿。

f0152079_19215221.jpg

千秋殿(천추전チョンチュジョン)。学問を論じる場所で、世宗大王はよくここで勉強

されたとか・・・実際の景福宮にある千秋殿は世宗の頃のものは失われ、建て替え。

f0152079_19284388.jpg

思政殿(사정전サジョンジョン)。勤政殿の後ろにあり、王が日常執務するところ。

御前会議などもここで・・・史劇の建物としてはよく出てくる場所だよね^^

f0152079_19341325.jpg

勤政門。勤政殿(근정전クンジョンジョン)はいずこに?門だけあるけど、後ろは思政殿?

見落としたか、省略されたか?笑)敷地内に鍵がかかった建物があって、気になって・・・

f0152079_19385044.jpg

案内板では台所。塀の上に手を伸ばして撮ってみたら・・・お祭りの品物かな?

f0152079_19394783.jpg

他にも小道具、大道具がたくさん^^

f0152079_19412535.jpg

f0152079_19432354.jpg

中から見た光化門。『チュノ』でオッポギがテーガン達を撃ち、取り押さえられて、門が

閉まるのを見た場所。左にある階段と鐘楼。ここは、『根の深い木』で、階段上に

ムヒュルとチェヨンが立っていたり、チェヨンが一人で立っていたり。。。特徴あるね^^

f0152079_19483376.jpg

光化門の天井。

f0152079_19502220.jpg

オッポギの仲間が、門が閉まってオッポギが見えなくなるのを見守った門。

門前の刑場でドラマが撮影中だったので、これだけ大急ぎで。。。『根の深い木』でも

チェヨンの仲間の二人が立っていたり・・・と、何かとよく登場している。その刑場も

見える場所にあるので、敵側の一人が自首したのをここから見ていた二人^^

f0152079_19535733.jpg

撮影中だったので、映るから移動してくださいと言われ、下がった所から隠し撮り^^;

多分、ケーブルTVの『仁粋大妃』かと・・・日本でお目にかかること、あるんだろうか?

王宮の中には広い場所もあったけど、『根の深い木』のオープニングはここかなぁ?

そう訊くと、tちゃんがここじゃないみたいと・・・あちこちのセット場を掛け持ちして

撮影しているみたいで、シーン毎の移動は大変そうだ。撮影の邪魔をしないように、

川沿いの建物の裏手を回った。お昼休み、12時からかな?と、tちゃん・・・

f0152079_20141818.jpg

川沿いの道を歩いていると・・・

f0152079_20151815.jpg

yさんと同時に狸かと思って驚いた切り株。遠くから見たら、絶対そう見えるってば^^;

f0152079_20173053.jpg

一番北側に王宮。そしてこの辺りは瓦屋根の韓屋。昔の生活様式がそのままセット^^

f0152079_20192591.jpg

韓屋越しに光化門。たくさん撮ったけど、みんな同じようなので一部だけ。この辺の家や

道は『チュノ』でオッポギ達が両班を攻撃して火をつけたりした場所で使われたみたい。

f0152079_20273674.jpg

tちゃんの予想通り、12時になったら休憩だった^^一般の観光客と撮影中の衣装の

俳優たちが一緒に歩いている光景はなんだか面白かった^^

f0152079_20221284.jpg

家の中の屏風絵とかあって、何だか由緒ありそうなセットの家。表に回ってみたら・・・

f0152079_2030248.jpg

この門で、後ろに屏風絵のある家なんだけど・・・

f0152079_20322135.jpg

こっちと酷似していて、同じ建物の別の門?こちらの家は『済衆院』の済衆院の建物^^

f0152079_2041655.jpg

撮影中だったので、行けなかった部分へ。光化門を背にして右へ行った場所。

ここ、実は遠目に見て『王女の男』の家?と思って近くまで行ったんだけど、違ってた。

『根の深い木』の門の前のシーンで時々、この家も映りこんでいた。

f0152079_2044404.jpg

脇から見た刑場。

f0152079_2047129.jpg

直前まで撮影してたのに、もう看板が・・・육조六曹と書いてあって、お役所なのね^^

中には上の写真の折檻する道具が。。。『根の深い木』で誰かさんが自首してた^^;

『済衆院』ではジョンが折檻されてたよね・・・

f0152079_20511843.jpg

光化門前は、実はこの状態・・・バスは入れないけど、トラックやバンは必要だもんね・・・

f0152079_2052402.jpg

一際、門構えの立派な家。入ってみよう♪

f0152079_2053257.jpg

f0152079_20532967.jpg

やはり、ここだった^^『済衆院』のソンナンの家。お父さんが通訳で、ここの家では

たくさんのシーンが撮影されたよね^^お庭での宴会も・・・ソグンゲが見初めたのも・・

f0152079_2103916.jpg

ソンナンとドヨンが手紙をやり取りしてた木。ちゃんと穴があるのが見える?

tちゃんは、『済衆院』は観てないそうだけど、他のドラマでも出てきた家だって^^

f0152079_2132358.jpg

あの門の向こうは?と近づいたら、中からかんぬきがかかってて・・・案内図で見ると

一番上の赤い一画。門の隙間から覗いたら、イ・テゴンが見えた!

『広開土太王』のまさに撮影中で、こちらはオシテいるのか?お昼休みも取らず続行中。

この一画は撮影中だったため、入れなかった^^;左に曲がって、川沿いの道へ・・・

f0152079_21134757.jpg

f0152079_21233290.jpg

ここ、『トキメキ☆成均館スキャンダル』でソンジュンとユニが走ってた?

f0152079_21181190.jpg

橋の手前の左側にこの特徴ある物体があって、この前に、休憩中のヒョギやギバンが

いた写真を後で見た。川の反対側から写した写真で、ペンの御一行が陣中見舞いに

行ったようだ。そして、この右側にある塀の先にある門は・・・

f0152079_21242777.jpg

f0152079_2125524.jpg

成均館から伴村へ抜ける門。向こう側にある橋も度々登場したよね^^この門の前に

ある大事なものをユニが・・・観た人はわかるよね^^成均館も、全州の全州郷校にも

行ったけど、あちこちのロケ地を使ってるのねぇ~^^

ところで・・・橋の欄干は発泡スチロールだった!笑)

f0152079_21282817.jpg

橋を渡り、振り返って、成均館の門を・・・

f0152079_21301428.jpg

川の向こうの伴村は、成均館に付属した村で、いわゆる治外法権もあったようなこと、

成均館でも出てきたし、根の深い木でも出てきた。成均館の方はここの伴村を使った

ようだけど、根の方は、どうも違ってるような・・・根で出て来た家々は、塀の部分に

編んだ藁は乗っていなかったのよね・・・他の撮影所で写したのかな?

それと、この伴村には、『チュノ』の撮影時には、廃材で作ったような建物がセットで

あったそうだけど、終了したら撤去されちゃったようで、残念だった・・・

f0152079_21344712.jpg

f0152079_21483596.jpg

多分、『済衆院』のソグンゲの実家。

f0152079_2143513.jpg

『成均館』のユニの実家。

f0152079_21445165.jpg

村の広場みたいな場所だけど、撮影がない時は片付けてあるのね^^;

f0152079_21462273.jpg

食事したり、お酒飲んだりのシーンでまたお目にかかるかもね^^

f0152079_21472481.jpg

そして、一番奥にある城門だけど・・・

f0152079_21492717.jpg

門の形状と、その前にある建物の様子から、『王女の男』のシーンに間違いないと・・・

息も絶えだえの状態で山中に捨てられたスンユが、フラフラ歩いてたどり着くと、人々が

怖そうに見上げているもの・・・それを見て驚愕するスンユ。で、そのまま、首陽の家に

向かうんだけど、ここは聞慶で・・・ボロボロの状態で向かった家は・・・

f0152079_2213058.jpg

f0152079_228544.jpg

この家だよね^^実は安東君子マウル(오천군자마을鳥川君子マウル)にある

후조당(後彫堂)という建物だって・・・調べてみたら、この鳥川君子村は・・・

ここは、安東ダムの建設によって水没地域となった光山金氏 禮安派の所有の

文化財を烏川里に移して造成した遺跡地なんだって。市内からも離れているので

なかなか行くのは大変そう・・・で、この画像はまたカメラ小僧に出動要請^^;

スンユはここで、単独、怒りに任せた行動をとろうとして、愛する人の素性を知る。

ワンシーンワンシーン、似つかわしい場所で撮影してるのがわかるなぁ・・・

そう言えば、この君子マウルのこの家、「根の深い木」でも出てきたよ^^

儒教の教えを守る勢力の密本(ミルボン)の本拠地として・・・

f0152079_053843.jpg


一番奥の城門の脇から川と橋を写しておいたら、この橋も『済衆院』で出てきたね^^

伴村を後にして、前の方の入口へ向かった。

f0152079_22123098.jpg

この赤提灯の通りもよく出てくるよね^^成均館の学生たちが飲んでいた通り・・・

姫の男でも、街中の通りとして時々登場した。

f0152079_22145275.jpg

f0152079_22153544.jpg

四つ角。真正面が光化門。上の画像は左側(イ・テゴンのいる場所へ続く)。

下の画像は撮影所入口の橋へ。『根の深い木』のKN版が今週の日曜に終わった

けど、最終回は、ここKBS撮影所がてんこ盛りで、嬉しかった^^伴村へ続く橋も

その橋下も出てきて、川は清渓川という設定になっていたし、最終回のセリフで、

『王女の男』との時代の繋がりが出てきて、へぇ~!と思った^^憎い演出だったなぁ^^

f0152079_22172797.jpg

橋を渡りながら、王建橋と山側を見て・・・

f0152079_22191868.jpg

入口のチケット売り場。

f0152079_22222147.jpg

f0152079_2223953.jpg
f0152079_22225012.jpg
f0152079_22234688.jpg

最初にあげた『広開土太王』と、ここで撮影された作品達。まだ看板はないけれど

これに『チュノ』『姫の男』と『根の深い木』も追加しないとね^^入口までもう少し歩こう♪

f0152079_22265085.jpg

博物館とかもあったけど、時間が足りずパス^^;

f0152079_22281762.jpg
f0152079_22283460.jpg

聞慶の特産物は?一つ目はリンゴ♪お土産にリンゴチップを買った。二つ目は五味子。

みんなで五味子ジュースを注文♪飲みながら、車止めの先にあるお店を物色・・・

f0152079_22315367.jpg

店先で、アジョッシが美味しそうに焼いていたお店で・・・

f0152079_22325115.jpg

もうひとつの特産物、薬石豚(약돌돼지)を食べた。薬石豚っていうのは・・・

>聞慶薬石豚はゲルマニウム(Ge) 、セレニウム(Se) 、セリウム(Ce) 、ホルミウム
(Ho)などの特殊技能成分を含んだ Pegmatite (薬石)を添加した試料で飼育した豚で、
しっかりした肉質、さわやかな口当たりとともに豚特有のにおいがないことが特徴で、
飼育している時薬品を少しだけ使った清浄豚で、聞慶市農業技術センターで研究開発
したブランド肉だ。薬石豚は特に私たちの体によい不飽和脂肪酸と必須アミノ酸が含有
され、現代人の健康に良い。<聞慶市のHPより


バスの時間が合わないので、オモニにタクシーを呼んで貰った。店村バスターミナルまで

3万ウォンでOKだと・・・

店先には大勢のサインがあって。。誰が来ましたか?と尋ねると、많이マーニだって^^

タクシーに乗ると、オモニが焼いてホイルに包んだカムジャもくださった。

食べ終わったばかりで、タクシーに乗って、山道をガンガン飛ばし・・・店村に着いた。

今日はここまでね~♪今日も長くて・・・ここまで読んでくださった方 f0152079_2331992.gif

by andegenni | 2012-06-03 22:57 |  2012.4 順天鎮海聞慶 | Comments(2)

2012.4 part10 聞慶セジェ

4月9日の月曜日。朝、早起きして、2号線の乙支路3街駅へ。

東ソウルバスターミナルの聞慶行きの始発6:30に間に合うように、江辺駅へ。

江辺駅は何度か利用したことがあるし、友達二人も初めてではない駅だったので、

その前にあるバスターミナルで私がチケットを買っている間に、その近くのお店で

キムパッの朝食を仕入れてきてくれた。安東に行って以来の東ソウルバスターミナル♪

f0152079_22541328.jpg


江原道へも多くのバスが出ているここ、ソ・ジソブの道もちゃんと案内してたよ^^

f0152079_2256144.jpg


飲み物も買って、聞慶経由の店村行きの始発に乗り込んだ。早速バス内で朝食タイム^^

調べていたら、聞慶ではターミナル内に入らず、その前の道路で降ろされた人もいたよう

だったが、ちゃんと聞慶バスターミナル内に到着。すぐ発車もしなかったので、時間調整の

為にそういうこともあったのかも・・・と思った。2時間ほどで到着した^^

市内バスの時刻も見たが、3人ならタクシーでも大差ない?と、ターミナルの後ろに

並んでいたタクシーで聞慶セジェ入口まで行って貰った。

最近、史劇を見ているとよく登場する城門、あるいは木立の中の道。どこだろう?と思って

調べると、史劇専門の撮影所も多数あり、撮影所ではないものの、よく登場しているのが

ここ、聞慶セジェ道立公園だった。近くにKBS撮影所もあるので、撮影所の外で撮影時も

よく登場しているみたい・・・새재セジェって何?tちゃんがブログで説明してたけれど、

「鳥も飛んで越えるのが難しい峠」という意味^^その険しい鳥嶺山には3つの関門がある。

で、聞慶の説明は任すって。。。オイ005.gif

では、リクエストにお答えして・・・爆)慶尚北道の聞慶の謂れを・・・

昔、両班(海苔じゃないよ^^;)の子弟は、役人になる為、科挙という試験を受けに上京。

釜山からソウルへ行く時、ちょうど半ばにあるこの峠の道を越えて行かなくてはならなくて、

帰りも同様に同じ道を通って帰った次第。そうなると、科挙試験の結果を峠を越えて来た

子弟から最初に聞く土地になるわけで、喜ばしい知らせを聞く土地という意味で、聞慶と。

鳥嶺山を越える聞慶セジェは韓国で一番高く険しい峠だったそうだ。出来たのは太宗の

時代(15世紀初め)で、その時に開拓され、1925年に新しい道ができるまで使用された。

関門と城壁は壬辰倭亂以降に作られ、楽安邑城と同じように国防の為だったのね・・・

間もなく、セジェ入口のお店が並んだ辺りの車停めの場所に到着♪さぁ、歩くぞ~♪
f0152079_3383550.jpg


最初に目に付いたソンビの像。何度も書いてるけど、ソンビって、儒教の教えを守り、

一生勉強に励み、礼節を重んじ、富裕栄華を貪らない。官僚になることがあれば、

王を助け、王と意見が違えば未練なしに宮廷から出たとWikipediaに書いてある。

士農工商の分け方なら士(士大夫サデブ)の部分にあたり、科挙試験を受ける層。

士大夫と両班(東班+西班という官職)の違いは、士族が科挙に合格し、両班へと

いう流れだったようだが、両班を生み出す母体が士族ということで両班=士大夫と

いう解釈もあったようだ。科挙=官僚登用試験を受ける資格は賤民以外の良民なら

受けることができたが、実際には経済的にゆとりのある士族だけが合格したようだ。

ここらあたりは、実は現在KNでも放送中の『根の深い木』でも出てくる。サデブという

言い回しもこのドラマでは頻繁に使われてるよね^^と説明はここまでで。。。

f0152079_23252431.jpg

ソンビ像を取り囲むレリーフには、それぞれソンビの姿が彫られている。

f0152079_2327819.jpg

聞慶セジェ入口にあるステージ。このセジェではいろんな催し物が行われていて、

春の桜時期には夜歩きの会とか、秋にはリンゴ祭りとか。。。立派なステージね^^

f0152079_23313891.jpg

その手前には数台のバスが・・・バスの前には광개토태왕広開土太王の文字が^^

他にも인수대비 仁粋大妃だったかなぁ。。。うろ覚えだけど、確かそうだったような?

撮影中なのね~^^後で見れるかも。。。と先に進んだ3人^^

f0152079_23374449.jpg

現在地は一番下。鳥嶺山を超えると、もう忠清北道になるわけで、こんな距離は到底

無理なので、第2関門まで行くことに・・・それでも第一関門から第ニ関門まで3キロ!

説明の写真とかはクリックしてみてね^^画像が画面いっぱいになるので見易いかも^^

f0152079_23405552.jpg

絵になってるとわかりやすいかな?この地図では見れないけど、地図の右上辺りに

月岳山ウォラク山がある。チュノで重要な山^^そう話したら、tちゃんが嬉しそうだった^^

f0152079_23445286.jpg

새재碑を見て、川沿いに歩いていく。まだ朝早いので、人が少なくて独占気分^^

f0152079_23505510.jpg

橋の向こう岸には小さな動物園もあるようで、ここの動物達って、もしかして、史劇に

登場するのかも?とか言いながら歩いた。日韓で呼び名が違う島の韓名を言う

九官鳥もいるとか^^;

右側には史劇で使う道具類なのか、瓶等がたくさん。。。それも小屋まで昔風に。

f0152079_23531120.jpg

ようやく見えて来た第一関門。手前には「聞慶セジェ 科挙の道」という碑があった。

f0152079_23555717.jpg

左側には史劇の戦闘シーンで使われる昔の戦闘車(?)

f0152079_23585199.jpg

第一関門は主屹関と呼ばれ、門の前は広かった。ここで撮影されたシーンは・・・

『善徳女王』の最後、善徳女王が幼いトンマンとすれ違い、トンマンを抱きしめたシーン。

あるいは、『済衆院』でソンランが自転車で走り回った市場。『最強チルウ』でも出て

来たそうだけど、持っているのに、まだ観てないので、どのシーンだか?

f0152079_061034.jpg

近づくと、手前に橋が・・・

f0152079_071649.jpg

主屹関という文字がわかるよね^^

f0152079_0810100.jpg

門の天井。怖いのか可愛いのか?韓国の仏像とか絵ってどこか可愛いような・・・

f0152079_095519.jpg

内側から見た門。嶺南第一門って書いてあるね^^史劇にはいろんな城門が出て

くるので、数多く見ると、どの門を使ったのかな・・・という好奇心も^^;

門の手前から門の中に赤い車が見えてたんだけど、それも広開土太王のバスだった。

f0152079_0151939.jpg

その先の川向こうには、茅葺き屋根や、韓屋があって、ドラマの衣装?と思われる

服を着た人達も見えた。あ、ここがKBS撮影場なのね^^だから近くにバスが。。。

f0152079_018147.jpg

わ!まさに撮影中の広開土太王だ!パネルにはまだなってなくて、旬だよね^^

f0152079_0213822.jpg

ここにチケット売り場があって、橋を渡るとKBS撮影場。帰りに見ることにして

先を急いだ。ヨイド公園とかにもある裸足で足踏みの石もあり・・・横目で見て進む。

f0152079_02358100.jpg

私達が歩いた道だけど、こういう道で馬に乗るシーンを撮影。例えば、『済衆院』で

ドヤンがアレン院長と馬で走るシーンとか・・・

f0152079_027594.jpg

f0152079_0343161.jpg

川向こうに砦?何のドラマかなぁ・・・その先には、史劇でよく出てくる戦の時の

陣地のテントも見えた。広開土太王かなぁ?川の水、とっても綺麗よね^^

KBS撮影場は元々『太祖王建』の為に作られたもので、その後、変遷を重ねている。

現在BSで放送中なので、録画してCMカット編集しているんだけど(観てないけど^^;)

チラチラ観るだけでも、この辺がたくさん出てきてる。

f0152079_0301415.jpg

山には巨岩が多く、名前のある岩には標識の案内もあった。

f0152079_0353180.jpg

見覚えのある橋^^『済衆院』でファン・ジョンが渡っていた橋だ^^

f0152079_037288.jpg

残念ながら、通行禁止。止め方まで史劇風よね^^

f0152079_0385311.jpg

鳥宿亭。ドッコラショっと・・・一休み・・・って、こういう建物、『ありがとうございます』でも

出てきてたけど、名前はなんていうのかなぁ・・・

f0152079_0414295.jpg

標識のある橋は渡れたので行ってみた。

f0152079_0425310.jpg

この建物があった。その近くに・・・

f0152079_0433399.jpg

木人?これってヒョギがよく練習してる木人に似てない?これもドラマに出てきた?

f0152079_045854.jpg

鳥嶺院址。 出張官吏に宿食を提供するために駅と駅の間に設置した旅館のようなもので

現在は 石垣だけが残っているということだったけど、中に建物がある。ということは

それもセット?

f0152079_0482197.jpg

『茶母』で、ソンベクの根城だった場所。歴史的遺跡であるこの石垣の上に立って

いた仲間。『済衆院』ではみんながこの門をくぐってたよね^^

f0152079_0504841.jpg

しかもこの建物に種痘を作るための牛を入れてたし、前庭では格闘してたし。。。

更に道を進むと、左右に巨岩の説明が増え・・・あれか?とイチイチ写真撮ったけど

省略^^;

f0152079_0543362.jpg

それより、自然に行動しているリスの方が可愛いよね^^

f0152079_2322428.jpg

レトロな音色が聞こえて来たら、休憩所と書いてある喫茶店のようだった。
f0152079_0555376.jpg

f0152079_0564818.jpg


旅人の宿かな?食事ところか?ここも絶対何かの撮影に使われてたと思う。

물박달나무和名ヤエガワカンバっていう白樺みたいな白い幹の皮がバリバリ破れる

木がたくさんあった。

f0152079_162839.jpg

ようやく交亀亭 >慶尚道新旧観察使の官印を引き継ぎする場所へやってきた。

f0152079_114359.jpg
f0152079_115913.jpg


この前辺りには龍湫薬水という湧き水があった。川には大きな石が増えてきた。

建物手前に龍湫松という枝が曲がった松があるけど、それ、覚えておいてね^^
f0152079_222509.jpg

龍湫松下古井という名前なのね^^
f0152079_1221585.jpg

『根の深い木』でハンジッコルのトルボギが、父の紅を拭いてやったりしたのも

この辺かなぁ・・・と言うtちゃん^^そんなシーンがあってもおかしくない川の景色。

f0152079_1242888.jpg

f0152079_1312412.jpg

だけど、実際にはこのシーンが撮影されたのね^^後で紹介するけど、ここでyさんが

あ~、ここは!と・・・『ファミリーがやってきた』のチャン・ヒョクとチャ・テヒョンの回!

二人は五味子を採らされていたんだけど、まだ寝てる朝、食事当番のメンバーが

ここで、王建@チェ・スジョンの真似を・・・爆)そう言えばそんなシーンがあったような?

状態だったんだけど、帰国して、ズバリのシーンを見つけたとyさんからメールが!

ぺミリーはほぼ全部ダビングして持っているので、探せばあるけど、面倒だったので

丁度よかった^^ありがとうね~♪ちなみに、トルボギのシーンは・・・

聞慶八景

この中の雲達渓谷ってとこをクリックしてみてね^^アボジにお酒を手向けるシーンでは

多分、ここが使われたのでは。。。と思ったけど^^八景それぞれ、いろんなドラマに登場

している気がする^^

さて、道に戻り・・・기도굴神父が祈祷する洞窟とかも横目で見つつ・・

f0152079_1352585.jpg

こんな色の水なのに、どじょうとかが住んでいるって書いてあったけど、ほんと?

f0152079_1363583.jpg

お約束の石積み。家族分、積んできた^^

f0152079_1455574.jpg

これも『根の深い木』と関連してて、世宗大王が制定したハングル文字。これは、

>正祖の時、庶民に火の用心を強調した山林に関して最初のハングル碑と推定、

自然保護の試金石だと言える<って^^今なら산불조심だけど、少し違うね^^

f0152079_261736.jpg

足元にいてビックリしたカエル!動かないから、踏まれなかっただろうか?と

心配したけど、帰りにはいなかった^^

f0152079_275729.jpg

水が落ちてこないので止まっていた水車。水樋がずっと続いていたけど・・・

f0152079_295253.jpg

その先にあった조곡폭포。조곡ってどういう意味なのか?3段になってるから組曲?

곡って谷だから、조谷滝なのかもしれない^^;

f0152079_219403.jpg

滝の前にはちゃんと、撮影スポットも。それなら、もう一枚♪
f0152079_2243368.jpg

滝の水の落ちる場所では、係の方が木の葉のお掃除もされていた。

f0152079_2272179.jpg

木立の向こうに赤い橋と対岸にお店らしき場所が・・・休憩所に続き2箇所目だ。

f0152079_2352646.jpg

そこを過ぎると、ようやく第二関門に着いた。第一関門から3キロ・・・よく歩いたね^^

f0152079_2382572.jpg

聞慶八景セジェ渓谷の碑もちゃんとあった^^

f0152079_23781.jpg

橋の名前は鳥谷橋。

f0152079_240248.jpg

そして、第ニ関門の名前は鳥谷関。

f0152079_241325.jpg

門の天井は色鮮やか~!人が向かっている場所があって・・・

f0152079_2435817.jpg

行ってみたら조곡약수。滝と同じ名の조곡薬水。汲むための柄杓まで置いてあった。

それを見たyさん、ここだわ!ぺミリーの朝食当番達はこの水を汲みに来たのね^^



しばし、彼らと、私達も歩いたコースをお楽しみくだされ~^^

(ヒョギはこの時期、『チュノ』の事前撮影中。聞慶でも撮影してたから、その流れかと?

2009年10月の放送だけど、2009年9月末に河回村へ母娘で行ったんだけど、その

直後に芙蓉台の下の洛東江で、舟を弓で射るシーンの撮影をしたから、すぐわかった^^)

※右下にあるマークで全画面にできるよ^^戻るときはEscキーを押してね^^



f0152079_250225.jpg

門の内側の文字は嶺南第ニ関。左側の石段を上がってみると・・・
f0152079_325015.jpg


『チュノ』の一話で、捕まえてきた奴婢達をナウリに渡し、謝礼金を受け取るシーン。

この時、テギルは城壁に腰掛け、後ろに鳥谷門の文字が見えてたんだけど、こちらは

そんなに違和感ないけど、表側から見ると、めっちゃ高い城壁で、ビックリ・・・

しばらく、この場を離れたくなさそうだったtちゃん^^苦労してここまで歩いたもんね^^

f0152079_335094.jpg

下を見なきゃ、それほど高い城壁じゃないんだけど、実際に座るのは遠慮したい^^;

この第二関門は、実は史劇では超人気の門^^『チュノ』以外でもたくさん登場♪

『チャミョンゴ』では表が高句麗、裏はウンポ関。『善徳女王』では戦さのシーンで

登場し、『成均館』でも出てきた。他にもたくさんあるかもしれない^^

f0152079_392521.jpg

帰り道、行きに見かけた休憩所へ。새재주막セジェ酒幕(本来の意味は宿屋を兼ねた

居酒屋)って、小粋なネーミングのお店へ^^赤い橋のたもとに、行きに見かけた車が

停っていた。実は、行き帰りで3台だけ、車を見かけた。許可された車しか入れない

ようで、一台はここの女将さんの車。もう一台は土埃よけだろうか、散水車。そして

もう一台は、横のスライド扉を開いたまま、カメラで渓谷を撮っていたTV局の車。

他の人たちは、テクテクと歩くしかない。バスを降りて以来、初めての休憩♪

f0152079_3153454.jpg

トイレをお借りして、各自飲み物を頼んだ。冷たいものはケースにあるけど、私は

温かいコーヒーを。と言っても、インスタントコピだけど^^;休むと重くなる腰をあげ・・

f0152079_3172082.jpg

帰路を急ぐ。この辺りの川、絶壁の岩がすごい。今、『武士ぺク・ドンス』も観ているん

だけど、もしかして撮影はここかな?それとも、八景のどこか?聞慶に向かう途中、

スンホ君が事故に会ったとかいう記事を読んだけど、ぺク・ドンスもここ聞慶で撮影

されたのよね・・・今回は時間が足りなくて行けなかったけど、聞慶にはもう一箇所、

石炭博物館そばからモノレールで上がって行くと、加恩オープンセット場(SBS)が

ある。ここはSBS淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)のセットとして作られたんだけど、こっちの

城門もあちこちのドラマに出てくる。『善徳女王』のビダムの最後のシーンもここだ^^

いつかそっちも行ってみたい。KBSに比べると小さいようだけど。イ・テゴンは今は

KBS撮影場で、前はヨンゲソムン役で加恩で。。。と聞慶とは縁が深いのね^^

f0152079_328294.jpg

KBS撮影場には、裏手にあたるこちらから入った。王建のセット場として作られ、

現在の韓国では最大の史劇撮影場だと言われているこちら。

さて、その名もずばりの王建橋から、入ってみよう♪

PS 何しろここでは膨大な写真を撮ったので、一気にご紹介。。。疲れた・・・

ここまで、長文の旅日記を読んでくださったヨロブン、f0152079_15244110.gif

by andegenni | 2012-05-29 07:07 |  2012.4 順天鎮海聞慶 | Comments(4)

2012.4 part9 ソウル市内

お知らせ>画像が表示されない場合はpartの記事毎にお読みください^^


翌日の朝、ゆっくり起きてチェックアウト。その前に、近くのコンビニから

宅急便を出そうと外出した私。泊まったホテルはカヤ観光ホテル。

このホテル、最初に泊まった時は、南営駅から大通りまで出て右折し、通り側から一番

奥まった場所にあるフロントへ行ったんだけど、実はフロントの右側に裏手に出るドアが

あり、そこから出ると、右へ行って左折すると改札口というなんとも駅近のホテルだった。

一泊目はツイン、釜山から帰ってからは3人なのでオンドルにしたけど、ソウル駅からも

散歩がてら歩けるし、4号線の淑大入口も5分くらいで、2線使えて便利だった。

龍山駅へもタクシーが停っていてすぐだったし、安いし、KTX利用の時はまた使うかも^^

すぐ傍にあるコンビニは日曜だからか閉まっていて(っていうか、ここ早朝も深夜も開いて

なかった^^;)大通りの角のコンビニまで・・・

f0152079_13384431.jpg

あれ?ホテルの並びにこんな所が・・・提供したドラマなのだろうか?クリックしてね^^

f0152079_1342479.jpg

Andre' Kim JEWELRYって、しかもDUTY FREEって!故キム氏の宝石店?

角のコンビニで宅配をお願いしますと言ったら、中身を聞かれ、DVDだと素直に答えたら

壊れると保障できないからDVDは駄目だと言われた・・・ケースに入れて、周りにドリップ

コーヒー1杯用の袋をギッシリ詰めて、小さなダンボールに入れてあるので壊れる心配は

ないのになぁ・・・と思いつつホテルへ。3人揃ってチェックアウト。タクシー移動も考えたが

ホテル正面からだと反対方向、しかもトランク3つだと1台では無理なので、地下鉄移動。

南営駅、鍾路3街共に、階段だったのはちときついけど、まだ何も買い物していないし、

yさんが協力してくれたので、大丈夫だった。ガラガラ押して、サットンホテルへ。

オープン当時は見切り発車状態で心配したけど、もう落ち着いて来たようで安心♪

チェックイン時間前なので、荷物を預けて、今度は乙支路3街駅へ。4線使えて便利!

3号線でアックジョン駅へ。モッシドンナに行きたいというyさんの希望でアックジョン店へ。

f0152079_1621968.jpg

f0152079_16233978.jpg

さぁ、出来上がったかな^^먹자 ~♪味は、私にはやはり少し辛め・・・美味しいという

人が多いけど、コスパに見合う味かな^^食べたいという人がいれば付き合うけど、

自分だけならもうリピはないかも^^;

f0152079_16332675.jpg


さすが、アックジョン店!いろんな人が訪れているのね~^^

斜め向かいにあったコンビニから、中身はコーヒーだと言って宅急便を手配。日本なら

メール便でいくらでも送れるのに不便だよね^^;

お店に行く前に前を通ったA TWOSOME PLACE by51Kに戻り、食後の休憩。

f0152079_16343831.jpg
f0152079_163535.jpg

前にもここで『ただ君だけ』の本を買ったんだけど、今回はSONICeを・・・オーダーの

仕方で何か貰える特典があったけど、ジソも好きらしい飲み物をオーダー。

f0152079_1637982.jpg

私とyさんは熟柿のスムージー、柿が苦手なtちゃんのは葡萄?どこへ行こうかと相談して

歩いて散歩がてら島山公園方面に行くことに。。。またモッシドンナの前を通り・・・

f0152079_1640676.jpg

河本&オダギリ同級生二人が待ち合わせした鳥山公園。

f0152079_16415189.jpg

その前のGORILLA。お店の前にモニュメントが増えた?この時、上階に読み物を持ち

座る人物が見えたんだけど、あれは誰?と3人で~じゃない?と意見交換・・・爆)

次はtちゃんが好きだったドラマ『パスタ』のお店へ・・・

f0152079_16465284.jpg

日曜はお休みなのか???お昼時なのに外にメニューも出ていなかった^^;

f0152079_1648146.jpg

f0152079_16483747.jpg

f0152079_1649958.jpg

外にあった『パスタ』の横断幕ももうなくなっていた。地下の駐車場へ入って、よく

出てきてたドアやゴミだししていたスロープ、後ろに映っていた黄色いお店などを^^

f0152079_16512737.jpg

ジソがよくTAKE OUTしてたのは、一番近いここかな?と、このお店を写していたら・・・

f0152079_16555519.jpg

お店の前に人だかりが・・・誰がいるのか?を尋ねたら。。。JYJのジュンスだと^^

え?2時からミュージカル『エリザベート』の筈だけど・・・と言うと、その前だからだと^^;

次の瞬間、いきなり出てきたので、鮮明な写真は撮れず・・・顔写ってないし^^;

tちゃんのために、アックジョンの見所ツアー状態が続く・・・

f0152079_1702413.jpg

前にもあげたけど、いろんなドラマに場所も、GOODSも登場しているMACOS ADAMAS♪

続いてロデオ通りへ・・・

f0152079_1741959.jpg

あれ?『天国の階段』のPASCUCCI、入り口のドアに撮影地の文字だけじゃなく、ついに

「天階の席」っていう文字まで窓に書いたのか?爆)クリックして見てね^^

f0152079_1773488.jpg

あ、スケジューラー@49日だ!イル君、感じいいよね^^

f0152079_1710187.jpg

すぐ近くにはグンちゃんも^^

f0152079_17111934.jpg

ロデオ通りに来ると、最近はここへ。『コーヒーハウス』のCaffe bene。サイダス関連の

場所でもあるし^^

f0152079_17133772.jpg

beneのお約束の時計。最近、beneはいろんなドラマに協賛してるので、すぐわかる。

f0152079_17145450.jpg

あれ?ロデオ通り店だとすぐにわかったカラフルなアルファベット文字がなくなってる!

『コーヒーハウス』でカウンターだった所も、その奥のミーティングスペースだった所も

すべてなくなっていた。韓国って、移り変わりが早いよね・・・そろそろ時間なので

ギャラリア側に渡ってタクシーを拾ったけど、BLUE SQUAREを知らないって・・・

結構若い運転手さんだったけど、漢南洞はわかるけど知らないというので、とりあえず

漢江鎮駅の前まで行ってくださいと・・・途中で建物が見えたのであそこ!と。NAVIで

確認して文字を見て納得してた^^;Uターンして正面につけてくださった^^

f0152079_17302596.jpg

f0152079_17305133.jpg

帰りがけに撮ったものだけど、当時はこの2公演を上演中だった。ネットで時々確認して

いたけど、万が一にでも当日一枚くらいはあるかも・・・と期待していたが、やはり、

ジュンスの回の「エリザベート」は完売・・・パンフレットだけ買った。
f0152079_0395893.jpg

ジュンスに見えなかった等身大のパネル。盗まないでくださいって注意書きが^^;

f0152079_17333683.jpg

f0152079_17344428.jpg

ジュンス観たかったなぁ・・・でも、ソン・チャンウィもオク・ジュヒョンも、ベテランの

リュ・ジョンファン(前に『ジキルとハイド』を観た)もキム・ソンヨンも観たかった。

他の二人は『あんぱん』でお気に入りになったパク・クァンヒョンの初ミュージカルを

観たいと言っていたので、当初の予定通り『キャッチミーイフユーキャン』へ。

2時からのエリザベートが始まったので、二つの会場を繋ぐ廊下に出ると・・・

f0152079_17421349.jpg

他と比べると少なめ・・・^^;でも初挑戦だからガンバp(*^0^*)q他はトン単位もあり

ビックリ。。。少女時代のSunnyなんて、4トンだよ、4トン!

f0152079_17471384.jpg

『宮』のユル君@ジョンフンも初挑戦だったけど、日本のファンクラブからのお祝いも

この他にあって、人気あるんだなぁと思った。

f0152079_1749153.jpg

SHINEEのKeyや、スーパージュニアのキュヒョンも・・・

f0152079_17533952.jpg

公演の場所はBLUE SQUAREの中のサムソンカードホール。右手がチケット売り場。

当日券の場合、チケットランクを告げると、空いている席を見せてくれて、席を選べた。

普通、土日は高くなるしFirstは13万ウォン・・・なので、Economyの7万ウォンで^^;

ところが、空いているのがいいのか不幸なのか?だけど、前から3,4列目の端の席が

取れた!すぐ隣はお高い席って、めっちゃお徳じゃない?開始前に隣の建物のトイレに

行くと、スピーカーから「エリザベート」の公演中の声が流れてきて・・・外の廊下の椅子に

座ると、そこでもスピーカーで流してて、なんとさっき見かけたジュンスの歌も聴けた^^;

f0152079_1872271.jpg

フランク役の5人。本当はベテランのオム・ギジュンで観たかったけど、日程が合わず。。

あちこちに等身大のパネルが立っていて、会場へ繋がるEVもフランク仕様^^

f0152079_1894273.jpg
f0152079_1810139.jpg
f0152079_18101846.jpg


ミュージカルは、映画を観たのでストーリーはわかっていたけれど、予想に反して、両方の

サイドに日本語字幕が出た!なるほど、前の席だと、すぐ傍の字幕が見れなくて、反対の

字幕だと遠くなるからお得な席なのか?と思ったけど、字幕はほとんど観なかったので^^;

公演は観客も参加させながら、通路も使いながら、楽しかった^^某サイトで、偉大なる

B級ミュージカルだと称されていたけど、確かに正統派ではないものの、面白かった^^

なにしろ、初挑戦なので、大丈夫だろうかと母心になってハラハラしたクァンヒョンが

可愛くて、Sunnyとのカップルも可愛い系で似合っていたし、刑事役の方が渋くて

それも二人がいい感じでマッチしていた。クァンヒョンの歌は、亡きヨンハに捧げた歌、

日本でのペンミ時の歌をTVで見たけど、歌えるものの、格別巧くはなかったので、実は

心配していた私^^;でも初挑戦、巧くいったようだ。パギョンハの葬儀の時は、ジソばかり

目だっていたけど、実は彼もヨンハの親友で、1周忌は彼が挨拶してたよね・・・

f0152079_18221878.jpg


f0152079_18204911.jpg

当日のキャストと、刑事役が案内してる看板。日本人も多いんでしょうね^^;

f0152079_19143317.jpg

GOODS売り場。ここでもパンフを買った。ジソの本と合わせて3冊。。本は重いーー;

f0152079_18231976.jpg

EVの床までこれって、すごく凝ってない?

BLUE SQUAREを後にして、行きたかったPASSION5へ。

f0152079_18433998.jpg

何枚か撮った中に、ビルに漢南洞の代表的ホテル、丘の上にあるグランドハイアットが

写っていた^^赤い鳥が目印のファッショナブルなこのビルが、近頃話題のビルで

スウィーツの館だなんて、外観からじゃわからないよね^^二つのビルの間の入り口で

この後、なんと指を挟んでしまった・・・出てくる人がいたので、何気なく閉まりかけの

ドアを押さえたら、予想外にすご~く重いドアで、そのまま閉まってしまい・・・一瞬、

骨が折れたかと思ったけど、腫れただけで大丈夫だった。結構痛みはあったけど、

yさんの応急処置が効いたようだ。実は鈍い痛みは今も残ってはいるんだけど^^;

中は絶対撮影禁止だというので、各自選んで買った品を持って、2階の席へ。

f0152079_19153965.jpg

2階席も素敵^^一階席は手軽だけど、日曜の夕方のせいか、満席だった。

f0152079_19165039.jpg

各自選んだケーキ類と飲み物。このハーブティーがめっちゃおいしかったそうだ。

私とtちゃんは、人気のミルクプリンも^^帰り際にメレンゲのお菓子をお土産に買った。

タクシーで明洞へ移動。世宗ホテル前で降ろしてもらい、明洞の中を散歩。

f0152079_19264794.jpg

ガソリンスタンドや、携帯電話のお店の「いらっしゃいませ」ガールはよく見かけるけど

韓服バージョンもあるのね^^

f0152079_19281988.jpg

先ごろ、結婚したばかりのコス。でっかい看板!

f0152079_19294449.jpg

Mプラザに行こうと思ったら、彼?彼女?が・・・大変だよね、ご苦労様♪

地下にあるjetoyのお店へ。文房具大好きなtちゃんに見せてあげたくて^^

次は、yさんの目的のお店へ。場所はよくわからないらしかったけど、多分この近くだと

f0152079_19343985.jpg

思い、ヤングプラザ前に行くと、予想通りバッチリ!

f0152079_19354523.jpg

f0152079_1936431.jpg

Super Juniorのイェソン君がパパにプレゼントした眼鏡屋さん^^

また来ますと行って、写真撮らせて頂いたので、また行かなきゃね^^;

f0152079_19385171.jpg

国民の代表とも言える好感度NO1の二人が揃ってKBの宣伝♪

乙支路入口から、今回はソウル駅のロッテではなく、往十里のEマートへ。

f0152079_1942147.jpg
f0152079_19423085.jpg

往十里のショッピングモールで見かけた彼女・・・顔が本物みたいでビックリ!

マートでの買い物を済ませ、そろそろお腹も空いてきたので、東大門へ移動。

f0152079_19442472.jpg

歴史公園駅から歩いて、初めてだという二人を案内していつものタッカンマリのお店へ。

f0152079_19451986.jpg

いっただきま~す^^その後、東大門の駅に戻るのも逆方向だし、えい、散歩がてら

歩くか?ということになり、タッカンマリ横町をそのまま進み、大通りを渡って、次は

広蔵市場へ。日曜だから閉まっているお店も多くて。。。

f0152079_1948431.jpg

麻薬キムパのお店も滅多にない休み時間・・・最後は清渓川沿いに歩き、ソウルタワーが

時間で色が変わるのを発見しつつ、サットンホテルへ到着♪そういえば、部屋を全く

写してなかった^^;翌日早いから、早く寝なきゃと言いながら、深夜になってしまった。

トリプルの部屋は、コンパクトで狭いけれど、さすがに新しくて綺麗だった。

ソウル市内は、この日しか回れないtちゃん、あちこち行ったけど、充実した一日に

なったかな?翌日の持ち物の準備をして、さっとお風呂に入って、おやすみなさい~♪

長い一日、長い日記をここまで読んでくれた方、f0152079_20181248.gif

by andegenni | 2012-05-20 20:18 |  2012.4 順天鎮海聞慶 | Comments(6)

2012.4 part8 釜山 南浦洞界隈

太極道マウルから土城駅へ戻って、今度は南浦駅まで地下鉄で移動。

f0152079_1655159.jpg
f0152079_16552862.jpg

南浦駅のホームのこのコンセプトは何だろう?よくわからない飾り^^;

駅を出て、龍頭山公園方向へ。登りのエスカレーターに乗る前に近くのcaffe beneへ。

f0152079_16593273.jpg

鎮海>釜山へバス移動>地下鉄で土城駅へ>マウルバスで太極道マウルへ・・・

マウルを歩き回り、来たバスに飛び乗って地下鉄駅へ>地下鉄で南浦駅へ・・・

そんなこんなで、落ち着いて座って休むこともなかったので、ちょっと休憩・・・甘いものが

欲しくて、beneではいつも頼むヨーグルトジェラートを食べ、飲みきれなかった飲み物

モカフラペチーノは持参して、お店を後にした。

f0152079_174128.jpg

お店がある光復路。右手を見ると、その先に新しくできた(前回は工事中だった)

ロッテデパート光復店が見えた。

f0152079_176417.jpg

前にも登った龍頭山公園へ続くエスカレーター。

f0152079_1771633.jpg

タッチャでゴヌが初めてデートした場所へ、tちゃんを案内。今でこそ、すぐにわかるけど

最初に行った時は、キャプを見ながら、似顔絵描きのお兄さんにまで協力して貰って

位置を特定したっけ^^;キャプがこの写真通りなら一発でわかった筈なんだけどね^^;

f0152079_1710348.jpg

公園の石碑、釜山タワー、李舜臣像を全部一緒に^^像の前の花時計が綺麗だった。

まだ釜山タワーへは登ったことがなかったので、登ることに・・・タワー入口の前には、

f0152079_17133081.jpg

ハングルだけなので、ちゃんと読んでないけど、龍頭山の謂れかなぁ???

f0152079_17142146.jpg

入口脇のベンチには彼女が・・・一緒に座って写真撮る人、多いのかなぁ?

似てると思う?あんまり・・・な気がしたけど^^;ナミソムの像よりはマシかな?

彼女、生まれは坡州だけど、小学校から、高校、専門学校まで釜山なのよね^^

f0152079_17245273.jpg

チケット購入後、タワーまで高速で登るエレベーターへ。前にあるお土産売り場。

撮ってもいいですか?と聞いて。。。河回村の仮面劇、別神グッ劇を思い出した。

いろんなお面があるけれど、河回村のお面は独特で、顎の部分が動くようになって

いるので、表情が豊かに表現できる。この中にもいくつか、そのお面があるね^^

EVが着くのはまずは喫茶部分で、展望台へは階段でもう一階上へ。

f0152079_17315281.jpg

ガラス越しにまずは山側を・・・おや?なんだか、太極道のような場所があるけど・・・

(一眼レフで写した横長の写真はクリックすると全画面になるので、よく観たい

写真があったらクリックしてみてね^^)

f0152079_17332588.jpg
f0152079_17334336.jpg

海側。2枚目に、この後向かう予定のロッテデパートが・・・足元には一部龍頭公園。

f0152079_17361565.jpg
f0152079_17363443.jpg

目で観て、気になったので、望遠で撮ってみたけど、やはり、こちらも傾斜面の家々は

太極道マウルのよう。。。もしかして、そこが成功したから次々に?それとも「夢見る

釜山のマチュピチュ」プロジェクトは釜山のあちこちで実施されたのか???

f0152079_17385134.jpg

後で行く予定のチャガルチ市場。右下に見える建物が船のような、市場の建物だ。

f0152079_17411293.jpg

下に降りると、可愛いモニュメント^^ここも、ソウルタワー同様、鍵がいっぱい^^

それにしても、韓国って、あちこちにカップルの為の♥ポイントがいっぱいねぇ^^;

f0152079_17435688.jpg

山側に看板発見!行ってみると、「알록달록 예쁜마을」 @대청동 색채마을

アルロクタルロク(斑点や縞模様がまばらにまだらな様子by辞書)の 綺麗な村と

紹介されていて、2010年9月~2011年12月に作業されたようで出来立てホヤホヤ?

太極道が2009年のプロジェクトなら、引き続きあちこちで実行されているのか?

f0152079_17521013.jpg

看板傍から写したマウル。下からだと、木が若干邪魔っていうか、焦点、木だし^^;

公園からは、前回教えてもらったルートで降りると。。。銀行やホテルの多い通りに出る。

f0152079_1811598.jpg

その通りの出口にある像。

f0152079_18123254.jpg
f0152079_1813570.jpg

逆光だったので、ロッテデパート側を背にして撮った光復路の入口と入口の像。

大通りを渡るには、地下へ一旦降りて・・・地下商店街を抜けて、そのままデパートへ。

f0152079_18153047.jpg

f0152079_18273050.jpg

ロッテ光復店の目玉、アクアティックショー^^後で観ることにしてまずは屋上へ。

屋上へはちと複雑な登り方・・・登った後も、2箇所に分かれていた。

f0152079_18403622.jpg
f0152079_1841211.jpg

風よけ、転倒防止の為にか、結構高い壁があって、写真を撮るには不都合・・・

私のカメラ選びのポイントの一つで、液晶画面がチルトになっていることが嬉しい。

手を塀の上に伸ばして、チルトした液晶で確認しながら撮ってみた^^

もうすぐ日暮れ。。。それにしても風が出てきて寒い・・・

f0152079_18454014.jpg

暖をとりに、Angel-in-usに避難しに行ったり・・・tちゃん、付き合わせて미안해!

f0152079_18471931.jpg

f0152079_18513928.jpg

そうまでして撮りたかった日没写真なのに、ちとピンボケ^^;釜山タワーも哀しい^^;

本当は日暮れ時~街に灯りが灯る頃が撮りたかったけど、寒くて限界!

下に降りて、アクアティックショーの時間を訊くと、もうすぐだと・・・最前列に座れた^^

f0152079_18572323.jpg

コンデジまで使ってた~くさん、撮ったけど、どれもイマイチ・・・動画を撮ればよかったと

tちゃんと話したんだけど、見つけたのでご紹介♪水のカーテンにホログラムとか凄かった!



終わると、テクテクと寒いので地下街を歩いて、チャガルチに近い所まで・・・

途中のアジュンマ達が、ヌタウナギを処理してた所とかはもう閉まっていた。

前回訪問時のチャガルチ市場

釜山タワーから見えた市場へ到着♪前回の渡辺屋さんに行こうか?ご主人がいらっしゃれば

そうしようか・・・最近、セットメニューになったそうなので、どうしようか?と悩みながら入口へ。

f0152079_1933726.jpg

入ってすぐには、밀양상회。ここ、旅行サイトで釜山在住の方が紹介してくださってたとこだ!

f0152079_196354.jpg

さっそく、元気のいいお兄さんの勧誘。自分で「釜山のヨン様です♪」って・・・爆)

「チャガルチのヨン様くらいにしといたら?」と私^^;;;もしも渡辺さんがダメだったら来ようと

後で来るかも・・・と言って一旦離れた。しかし、渡辺屋さんにはご主人はいらっしゃらなくて、

アジュンマに尋ねると、いきなり電話をかけて、私に携帯を渡され・・・え?え?え?・・・

前に食べに来たこと、また来たけど、お会いできずに残念なこと、また来ますと挨拶。

最近のクチコミに賛否あって、ご主人のいない時はちと・・・というのがわかっていたので、

申し訳ないけど、もう一度さっきのお兄さんの密陽商会へ。

f0152079_19111023.jpg
f0152079_19112247.jpg
f0152079_19113218.jpg

お兄さんお勧めの平目一匹、アワビ2個、生きた蛸1匹を選んだ。どれも1万ウォンって!

お兄さんとアジュンマがさっさとお刺身にしてくれて・・・それを持って2階の空いた席へ。

f0152079_19141586.jpg

あ、この辺はカメラで写すのが恥ずかしくて、全部コンデジで撮影。

バンチャン(ご飯も)+席代で一人4000ウォン♪

しめて、二人で 38000ウォン(3千円弱くらい?)って、どんだけ安い!

サンナクチを初めて食べるtちゃんに、ヨンシンがプルン島で採ってた蛸だよと言うと、

嬉しかったようで^^吸い付くけど、美味しかった^^二人では余ったけど。。。

お腹がいっぱいになり、お土産の剣先スルメもゲットして、デッキに出てみた。

前に「1泊2日」でチャガルチにやって来た時、市場の氷運びをしたり、デッキでお湯を

沸かして、コーヒーを淹れて、市場の人に配ったりしていたね^^

f0152079_21133470.jpg
f0152079_21135240.jpg

デッキから眺めた釜山港。夜景の撮り方は相変わらず難しいーー;

f0152079_2115465.jpg

see you again♪ネ~、アルゲッスミダ^^

f0152079_21171421.jpg

前回来た時、PIFF広場だったここ、どうやらBIFF広場にしたいらしいけど、英語表記

ってなんだか変!だって釜山は発音がPUSANなのに、BUSANにするわけで、どうよ?

f0152079_21284749.jpg

写真撮り忘れたので、カメラ小僧に行かせたstore&cafe BoDA。BIFF広場の近く。

ここも密陽商会と同じ人が紹介してくださってた所で、tちゃんが大の文房具好きなので

行ってみた。二人ともルンルンで、小さなカードからノートまで買い漁ってしまった^^;

安いし、可愛いものがいっぱいあって時間を忘れるほど・・・最初、2時に釜山に着いて

22時半頃のKTXでは時間が余るだろうから、早い便に変えようか。。。とか思ってたのに

すでに9時も回ってるし・・・爆)最後に「一泊二日」で別の旅で釜山が出てきた時、(多分

広域都市特集で、スンギ君が釜山担当だった記憶があるけど・・・)スンギ君が食べた

ホットックを食べようと。。前にもこのBIFF広場で有名なナッツ入りのホットックを食べた

けど、どう違うのか?検証も兼ねて・・・

f0152079_21374025.jpg

一泊二日のスンギの看板の前に並んだつもり・・だったのに、なぜかこの屋台、動き出し

あれれ?片付け始めていたらしく、並んだ時は電気が点いていたのに。。。列は隣の

f0152079_21394491.jpg

こっちの列だったようで^^;ま、同じようなものだからいいか^^;カップに入れてくれて

写したんだけど、超ピンボケで却下・・前のと同じ感じでヒマワリの種やナッツ類が多い♪

f0152079_2142212.jpg

チャガルチって、漢字で書けないよね・・・ようやく地下鉄で釜山駅へ。

f0152079_21431757.jpg

f0152079_21435147.jpg

駅前のモニュメント。ここでもBUSANを強調?PUSANでいいと思うけどなぁ・・・

f0152079_21444179.jpg

結局、予定通りのKTXの特室でソウルへ。乗るやいなや、それも予定通りの爆睡!笑)

1時頃にソウル駅着。タクシーもそんなには混んでいなさそうだったけど、二人だからと

歩いてホテルへ。隣の駅のホテルをとったから、それも予定通り。

夜中に、先にチェックインしていてくれたyさんと合流。彼女はオリンピック公園の

イベントに行って、それでも私達より早く戻ってきたそうだ。3時頃までお喋りして

オンドル部屋に3人で川の字になって就寝・・・

by andegenni | 2012-05-14 22:14 |  2012.4 順天鎮海聞慶 | Comments(2)

2012.4 part7 釜山 太極道マウル

鎮海市外バスターミナルから、1時頃のバスで釜山へ向かった。

1時間くらいで沙上西部バスターミナルへ到着予定。途中ノンストップかと思いきや

結構あちこちで停った。特に多く降りた所はハダンとか言う場所。私達は沙上まで・・・

f0152079_1171912.jpg

少し前まで工事中だった沙上バスターミナル。綺麗になってオープン♪慶尚南道、全羅道

へはこちらから。もうひとつある高速バスターミナルからは、北へ向かうバス。

地下鉄の駅がよくわからず、ショッピングセンターらしき場所の中を通って・・・

f0152079_121629.jpg

沙上駅は緑の2号線。2号線の27番の駅。この表示の仕方はソウルの地下鉄と同じ^^

2号線で8つ目の西面(釜山で一番の繁華街)でオレンジ色の1号線に乗り換え・・・

途中で、路線図を見ていてギョギョッと発見!なんということだ・・・目指した駅は・・・

f0152079_1245824.jpg

チャガルチの一つ先の土城駅。で、たくさんの人が降りていたハダンってどこだろう?と

気になって路線図を見ていたら、なんと同じ1号線の102番駅が下端だった!

そこで降りていれば、こんなに遠回りしなくてすぐだったのに・・・ハダンだなんて、すごい

名前の場所だなぁとしか^^;必要な場所しか書いていかなかったから、路線図も持って

いなくて(T_T)時間は予定よりずいぶん早く釜山へ移動できたから、ま、失敗も経験・・・

f0152079_1301798.jpg

このまま乗ってれば下端だよって表示もなんか悔しいけど~^^;

土城駅の6番出口を出て、すぐ右折。病院の前からマウルバスに乗る・・・と下調べ。

で、やってきたソグ2番のバスに乗る際、ずっと使えていたT MONEYじゃなく、小銭が

重くなっていた私は小銭で払おうと・・・先に乗ったtちゃんがT MONEYで200ウォン

だったので、同じように200ウォン入れたら、ダメだダメだと運転手さん、持っていた手の

中から更に700ウォンを取り、料金箱へ。ハタと気づく私^^;そっか、ここもソウルと

同じように地下鉄+バス(あるいはその反対)は通し料金だからだ・・・それも気づかず、

わざわざ小銭で払おうとして損した私!爆)なんだガックリの2連発^^;;;

掴まってくださいと声かけして動き出したマウルバス。普通に掴まっていたら、身体を

もっていかれて倒れそうに・・・マウルバスの小ささで気づくべきだった・・・小さなバス

しか登れないような、対向車が来たら道を譲り合うようなそんな細い急坂をグイグイと

登っていくバス。しっかり両手で掴まえていても倒れそうに・・・どんどん登っていった

バスが終点に着いた。甘川小学校前。

f0152079_140551.jpg
f0152079_1411047.jpg
f0152079_1412929.jpg

早速アートしている小学校の塀に感激して、その辺にある看板とか何も見てない^^;

もろに適当に歩いていくと、急に視界が開け、目の前の光景に感激して・・・

f0152079_143298.jpg

最初に目に飛び込んできた景色。クリックして全画面で観てみてね~^^

f0152079_1455313.jpg

f0152079_1463599.jpg

電線やら足元の建物やらが入るのも構わず、右から左へと写した景色。

ここは、太極道テグットマウル(태극도마을)と呼ばれる、甘川2洞。朝鮮戦争時の避難村

だったようだけど、太極道と呼ばれる新興宗教の集団とも呼ばれている。が、空家も

目立ってきた2009年に釜山市のプロジェクトで蘇った場所だ。

名づけて「夢見る釜山のマチュピチュ」世界遺産にもなっているペルーのマチュピチュを

意識して、空家は創作スタジオに活用したりして、街全体を再生するプロジェクトだ。

ギリシャのサントリーニに例える人も多い。最近、アマチュアカメラマンに人気がある所。

政府の援助で、空家を創作スタジオにしたり、街中にいろんなオブジェを作ったりする

1億ウォン規模で全体をアート化するプロジェクトは成功したようだ^^

甘川文化村とも呼ばれるこの地域の、本当のスタート地点は別にあり、まず訪れなくては

ならないのはインフォメーションセンター総合案内館で、そこで地図を貰ってスタンプラリー

終了後にポストカードも貰えるらしい。帰国後にそれを知り、時間あったから、やれば

よかったなぁ。。。見所は全部それに出てたらしいし・・・と後悔したけど、ま、気分の

向くまま散策も楽しかったからいいか^^;韓国の女の子も写真を撮ってて、会話の中で

ヒーロー、映画と聞こえたので、アジュンマな私は思わず、そうです、ここでキムタクの

映画を撮ったようです。階段はあれかも・・・と指差し・・・

f0152079_2212052.jpg

これだろうと、(心の中で、上に赤い屋根の家あるけど、ちと離れているような?と思い

つつ・・・)と、異国で大嘘教えちゃいました。反省f0152079_226737.gif

映画「HERO」でキムタクと松たか子が登っていって訪ねた家は・・・
f0152079_2584045.jpg

全景3枚目でも、この写真でも左端の真ん中・・・
f0152079_495839.jpg

拡大しても、真ん中左にある赤い屋根の家。階段を見るためにはもっとずっと左に移動

しなきゃならなかったようで^^;そんな帰国後の発見はつゆ知らず、少し散策する私達^^

f0152079_323451.jpg

可愛いお魚さんのある方へ下り・・・

f0152079_335465.jpg

そちら側から見える甘川港望遠で撮ったり・・・手前に見える大きな青屋根が太極道

本部かなぁ・・・と思ったり・・・せっかく来たから、少しマウル内も・・・と降りてみることに。

f0152079_362551.jpg

途中で出会ったネコちゃん(=‘x‘=)寄り添っちゃって可愛いけど、怪訝な顔つき^^;

一番下の道に降りたら、上からハルモニが荷物を持って降りてこられて・・・

可愛いね、レゴブロックみたいね^^なぁんて、呑気に写真写してたけど、実際にこの

タルトンネで生活してる方とお会いすると、その大変さに申し訳なく思った。バスは

終点の甘川小学校までなわけで、ここにある家に帰るにはそこで降りた後、一番底に

ある道まで降りて、対面の家ならば更に今度は登らなくてはならないわけで・・・

底にあたる部分の道は少し広くて、車も通れるし、お店も何軒か見かけた。

f0152079_317204.jpg
f0152079_317233.jpg

さっき書いた階段が、HEROの階段だと信じていたので、そこまで行ってきた私達。

tちゃん、お付き合いさせて、本当に미안해・・・ 잘못했어요・・・f0152079_226737.gif
f0152079_3251243.jpg

印象的なコーヒーカップの家はやはりプロジェクトの一環でBOOK CAFE^^

カップの斜め右下の家はホルスタイン模様ね^^

f0152079_3274019.jpg

甘川小学校のバス停まで戻るには、また登らなくては・・・行きと違う道を選び・・・

f0152079_3285170.jpg

塀に植えた植物。これもアートのひとつ?

f0152079_3313690.jpg

小学校前にすでにバスがいたので、飛び乗ってしまい・・・乗った後でこの道を見つけ

慌てて撮った写真。奥に建物の横に絵があるビルが見えるけど、ここではとても

有名な建物で、ここへ来た人は大抵あげている場所。手前の建物の屋根からは

人面鳥がたくさんいて見下ろしているようだ。後でカメラ小僧で調べたので・・・

f0152079_3503198.jpg

総合案内館はこの通り沿いのここから上がり、トイレ脇の階段を登った所。

そんなこととは全く知らず、目に飛び込んできた光景だけでも感嘆!だったけど、

今後ゆっくり時間が取れる方は探検してみてね~♪

f0152079_3534655.jpg

バスからは、行きとは違う、駅の出入口付近で降ろされた。可愛いマウルバス안녕♪

by andegenni | 2012-05-10 10:13 |  2012.4 順天鎮海聞慶 | Comments(4)

2012.4 part6 鎮海軍港祭

馬山駅前のアリランホテルを朝早く7時頃にチェックアウト。ホテル前の

ロータリー部分には、観光バスが何台も停っていて、人もたくさん集まっていた。

鎮海の軍港祭なら、同じ市内だから自分で行けるし・・・考えてみたら、同じ日が珍島の

海割れの日だったので、おそらくそちらへ向かうバスだったのだろう^^

f0152079_15321579.jpg

馬山駅も他のKTXの駅同様で、みんな同じような骨組みとガラス張り。駅前のバス乗り場で

ハルモニがお二人、座っていらっしゃったので、前夜見かけた鎮海行きのバスのことを

尋ねたら・・・わりと頻繁に来るらしいので安心したが、それにしても、慶尚南道の訛りは

本当に聞き取り難い・・・そう言えば、前日、ガイドさんが仰ってたけど、全羅南道と慶尚南道の

訛りの境界線は順天辺りらしい。そうそうキムタックのユン・シユンって順天出身だったのね^^

待つこともほとんどなく、間もなく鎮海行きのバスがやってきた。ここでビックリ発見!

一応小銭も用意したんだけど、tちゃんが、T MONEYの表示を発見!なんと、使えた!

ソウルから一番遠い地域でも使えるなんて、T MONEYも全国区になったのねぇ^^

鎮海駅で降りる予定が、ここで降りろと言われた場所はかなり遠くて、歩いて戻った。

f0152079_15441271.jpg

とっても可愛い鎮海駅^^中には入らなかったけど、日本式ホームが残っているらしい。

駅前の交差点を渡って左へ。そこにあるバス停から、まずは慶和駅へ。

どうやって鎮海を回ろうかと考えた際に、帰りが南にある市外ターミナルからのバスに

なる為、北側から回ることにした。慶和駅を通るセマウルは8:55に鎮海駅に着く。

それで、それを一番目に観る事にして、8時頃鎮海駅に着くように逆算して出発した。

バスは10分程度で、一駅手前の慶和駅に行けることは調べてあってバス番号も調べて

あったが、バス停からちょっと離れた場所に停った別の番号のバスに慶和駅と書いて

あるのをtちゃんが発見!すぐに乗れて、簡単に移動できた^^tちゃん、ナイス^^

f0152079_15541659.jpg

慶和駅には駅舎はない。普段は普通に通過するだけの駅だ。軍港祭の間だけは

徐行運転をしてくれる。まだ列車が通るまで時間があるにもかかわらず、すでに大勢の

人が集まっていた。ここはドラマ『春のワルツ』映画『少年天国へ行く』のロケ地だ。

f0152079_15564557.jpg

f0152079_15565661.jpg


1枚目は鎮海駅方向。2枚目の桜のトンネル部分を抜けてセマウルはやってくる予定。

f0152079_1612321.jpg


少し高い撮影スポットも設置されてはいたけど、すでにカメラマンが場所取りしている。

みんなカメラで記念撮影していて、線路内も線路脇も人でいっぱい^^

f0152079_1622657.jpg
f0152079_1624095.jpg

f0152079_1635886.jpg

f0152079_1661574.jpg

まだか、まだか・・・と何度もカメラを構えていたら、とうとうやってきた^^

鎮海着最初の列車はかなりブサイクな形のセマウルだったけど、警笛を鳴らしながら

ゆっくりと進んでくれた。

f0152079_1682737.jpg

f0152079_1610311.jpg

後ろ姿まで、徹底してブチャイク・・・あ、ミアン^^;それでも大人気だったね^^

偶然お会いした日本人のご夫婦(釜山から朝、バスで来られた)とお話したんだけど、

帰りのバスも一緒になったので、ご一緒に余佐川へ向かうことになった。鎮海駅で

バスを降り、少し先の交差点を右折すると、川沿いの桜が見えてきた。

f0152079_16123449.jpg

一つ手前の橋からドラマ『ロマンス』の橋を写した。ここまでの写真は焦点が合わなかった

のかピンボケだらけ(T_T)川沿いの菜の花が咲いた状態だと、黄色と桜のピンクでとても

綺麗なのだが、今年は両方とも寒さで足踏み状態だったようで、菜の花はまだ開花を

始めたばかりの様子で、残念だった。ここで、ご夫婦とはお別れ・・・

f0152079_1619311.jpg

f0152079_16195934.jpg

ちゃんと、ロケ地の案内板があって、手前には撮影スポットもあった。ライトアップ用の

飾りもあって、夜も綺麗だろうね^^さすが、ラブスポット、カップルが多い。以前、ある

旅行サイトでお聞きした話だと、夜、ライトアップされたこの橋で「オレの息子を産んで

くれ」とプロポーズしていたのを目撃されたとか^^夜はそんなロマンチックな雰囲気に

なりそうよね^^

f0152079_16252099.jpg

ロマンスの橋の上から写した光景。

f0152079_16262861.jpg
f0152079_16264058.jpg

近くの広場には屋台がたくさん並び、川沿いにも屋台が増えてきて・・・

下のココナッツには驚いた!日本では見かけないよね?ストローを挿して飲むそうだ。

f0152079_16285721.jpg

もう一度、鎮海駅へ。駅前のモニュメント^^観光案内図も撮ったけど、小さいので省略。

f0152079_16304048.jpg

駅前からまっすぐ下ると、中園ロータリー。50回目の軍港祭、歓迎しますの看板。

向こう側に見える三角テントの群れがある所がロータリーだ。駅前でタクシーに勧誘

された。全部歩くと4.5時間かかるからどうですか?と・・いえ、それでも歩くつもりです!

f0152079_16341150.jpg

中園ロータリーをグルッと回って、鎮海郵便局を探した。あった!カメラを構えている人が

数人。映画『ラブストーリー』で出てきた場所で、ロシア建築だと書いてあった。

f0152079_16373749.jpg

駅方面からロータリーに入り、時計と逆回りして4分の3周すると見えてきた帝皇山。

365段の階段を登り、その上にある展望台へ・・・ケーブルカーが見えた途端、断念^^;

f0152079_16411612.jpg

眼下に階段を見下ろしながら登るケーブルカー。1台待っただけで乗れた^^

頂上に着いたら、そこからまた階段で展望台へ・・・一応EVもあるにはあるけど、乗れずに

結局上まで歩いたので、365段はやめて正解だったかも^^

f0152079_16442066.jpg

f0152079_16462174.jpg

360度見渡せる展望台@鎮海タワー。鎮海湾も・・・お天気が良すぎて反射する海^^;

f0152079_16483913.jpg

鎮海駅の可愛い駅舎と斜め後ろの余佐川も見渡せた。

f0152079_16493492.jpg

足元には中園ロータリー。八方向へ放射線状に道が伸びている。左下部分が郵便局。

後で知ったが、真ん中のステージでは、この日の午後、スーパージュニアが出演した

らしい。午後には海軍士官学校のパレードもあるのは知っていた。それも『ロマンス』で

出てきたよね^^ここでまた先ほどのご夫婦と遭遇^^同じコースで回っているからね^^;
f0152079_18101526.jpg

f0152079_1655181.jpg

下に降りて、展示室を覗いて外へ。展望台の前には可愛いモニュメントがあって、若い

人ばかりではなく、年配のご夫婦までいろんなキメのポーズを撮って撮影されてて・・笑)

f0152079_16563642.jpg

ケーブルカーの降りばの傍の桜。手が届く位置にあったので接写^^;遠く見下ろす山々は

もう少し咲けば満開でピンク色に染まるはずだったけど、なんとなくピンク止まりで残念・・・

ケーブルカーを降りたら、建物の中だけじゃなく道路まで長蛇の列。早く行って正解♪

f0152079_16593455.jpg

南園ロータリーの先からシャトルバスが出ていると調べて行ったので、途中で警備の人に

訊いたら、もっと先に歩いてと・・・なんと、結局、海軍士官学校の敷地内からの発車だった。

f0152079_1714614.jpg

海軍 技術行政学校。そう言えば鎮海駅でもたくさんの水兵さん(セーラー服で可愛い)

とか、海軍の制服の人を見かけたけど、担当者以外は、みんなも祝祭でお休みかな?

f0152079_175571.jpg

看板の左後ろにチラッと見えていたシャトルバス。市内バス同様、T MONEY使用可^^

f0152079_1755067.jpg

バスの中から見えていたので、少し戻って撮影。校訓「真理を求め、偽りを捨て、

犠牲になろう」って、合っていたらすごい校訓・・・・モニュメントの後ろ側に降りたら・・

f0152079_1715275.jpg

綺麗な海^^斜めにコンクリで作ってあるということは、ここも訓練で使われるのだろう。

f0152079_17172655.jpg

後ろ側は校舎。ともかくシャトルバスが必要なくらい、入口からここまで遠いし、広い!

この写真見て気づいたけど、この時だけ?なんか白バイがいっぱいいたのねぇ^^;

f0152079_17202323.jpg

海沿いに進むと亀甲船が・・・中を見学してみよう^^その前に。。。なんだか人だかりが・・

f0152079_1722501.jpg
f0152079_1723126.jpg
f0152079_17232179.jpg

いろんなイベントがある中で、人気だった制服体験^^ネットにあげるね^^と了解済みの

女の子^^男の子も可愛いよね^^

f0152079_1725446.jpg

f0152079_1726925.jpg

さて、乗船♪tちゃん曰く、下っ端役人がお出迎え・・・笑)

f0152079_17272492.jpg

f0152079_17275093.jpg

大砲は船の側面の穴から。船長と、お偉いさんの部屋も個別に。下層には台所や、

個別の寝棚もあり、コンパクトに出来ていた。トイレは穴だけで、海へ落ちるように^^;

f0152079_17303396.jpg

船の見学が終わり、外へ。博物館みたいなのもあったけどパス^^;グッズ売り場。

子供用のTシャツが可愛い^^写真がピンボケになったので却下したけど、桜饅頭を

買って食べた。少しすっぱ甘い餡が入ったカステラ饅頭で美味しかった^^

f0152079_17333135.jpg

水陸両用戦車。傍には戦死者の慰霊塔もあった。

f0152079_17365145.jpg
f0152079_17371281.jpg

突端にマストのモニュメントがある所まで歩いてみた。途中の碑には

「どうしても生きようとすれば死ぬし、必ず死のうとすれば生きる」と漢字で書かれている。

f0152079_17403229.jpg

f0152079_17411146.jpg

そこからの海側の景色と学校内の景色。ともかく海が綺麗だった。

またシャトルバスに乗って、入口まで戻ったが、帰り際に入口前近くにレンタサイクルが

あったのに気付いた。そっか、貸し自転車という方法もあったのね^^

f0152079_1744362.jpg

鎮海市外バスターミナルまで行くと、前に中華料理のお店があった。tちゃんは、まだ

チャジャン麺を食べたことがないと言うことだったので、初体験を・・・海鮮チャジャン麺を

注文したが、海鮮がたくさん入っていて、美味しかった^^

f0152079_1745295.jpg

壁にあるメニューの삼선짜장の삼선がわからなくて、注文を取りに来た男の子に尋ねた。

お店の名前?と訊いたら、お店の名前は○○で、それは해물海産物のことですと・・・

몇학년이에요?何年生?と聞くと、 육년6年という答。土曜日でお祭りだから家の

手伝いをしているようで、可愛くてちょっとキムタック風でいい子だった^^帰りに残って

いた季節限定のイチゴチョコをあげたら、オンマと一緒にお礼を言ってくれた^^

f0152079_1754419.jpg

鎮海市外バスターミナル。釜山へはたくさんバスが出ているので、すぐに乗車出来た。

朝早く出発し、バスもケーブルカーも順調だったので、予定より早く1時頃出発♪

今日は、一気に鎮海を紹介。枚数が多くなったので、ここまで読んでくださった方、

本当にお疲れ様&
f0152079_1756871.gif

by andegenni | 2012-05-06 17:57 |  2012.4 順天鎮海聞慶 | Comments(5)

2012.4 part5 順天湾

バスは最終の目的地、順天湾へ・・・

元々、ここへ来たくて申し込んだシティツアーなので、展望台へ行かないと意味がない。

しかし、ガイドさんの話だと、集合時間までにそこまでは往復できないと・・・・

でも、それじゃ意味がないと訴えると、それなら、次善の策で、展望台へ行く途中に

もうひとつの展望台があるので、そこからでも結構見えるから、そこで引き返してと・・・

f0152079_1556352.jpg

順天湾自然生態公園案内図・・・ミシュラングリーンガイドで三ツ星。ラムサール条約も

締結した所で、自然生態の保護を行なっている場所だ。

ところが、どっこい!展望台は遥かに遠い!急がねば・・・

f0152079_161314.jpg

入口。ガイドさんが、上の地図の真ん中辺りにある橋の所まで引率してくださった。

f0152079_1632145.jpg
f0152079_1641058.jpg

公園内にはいろんな施設やレストラン、こんな汽車も走っていた^^

f0152079_16679.jpg

この橋の手前でガイドさんとはお別れ。急いでくださいね~♪ハイ・・・

f0152079_1674384.jpg

f0152079_1694490.jpg

この橋がかかっている場所は、かなり大きな川で、船も運行していた。

鳥さんもいた^^そこから枝分かれしている水路のどれか・・・

f0152079_16105475.jpg

f0152079_16114116.jpg

『推奴』ではこんな所を通って、テハとへウォンは小舟で莞島へ向かった。

f0152079_16163778.jpg
f0152079_16164881.jpg

湿原の葦の色は、夏には緑、秋から冬にかけては赤く染まる。季節的にはちょうど

枯葉状態で、残念・・・丸く刈り込んだり、橋の向こう側はハートになっていたり・・・

f0152079_16215498.jpg

この船、どうやって停めてあるのか?疑問だったけど、tちゃんの調べたところ、日に2回

水が入ってくるようだ^^って、問題はそれじゃなく、向こうに見える山。クリックして見れば

わかると思うけど、向こうの山の右端が全部見渡せるヨンサン展望台。私達が目指したのは

途中にあるちょうどふたコブ駱駝のコブの間のような場所にある展望台。かなり遠い・・・

さっきのテハ達の船のシーン、この近くかも・・・向こう側に見える山と、傍の葦の感じ・・

f0152079_16283564.jpg

湾の最後にこの吊り橋を渡って、山道に入った。分かれ道情報で、左は緩やか、右は

険しいと知っていたので、回り道でも緩やかな方へ・・・それでも途中から息があがって

苦しいのなんの・・・本気で普段から体力づくりのため歩こうか・・・と考えたほど^^;

f0152079_16312042.jpg

それでもある程度登ったら、下界(そんな感じ^^)の景色が。。。

f0152079_16343531.jpg

さっき通って来た、湾の中の木の道も見えた^^ハート型の刈込も^^先に行っていた

同じツアーのアジュンマ達が、吊り橋から展望台まではかなりかかるらしいから、もう

時間がないからやめて引き返したほうがいいと・・・でもガイドさんは途中の展望台なら

大丈夫だと仰っていたからと、頑張ってここまでやってきた。で、もうここまででいい

かな?と思っていたら、莞島の若いママさんが下ってきて、あと少し行けば途中の

展望台ですよ♪と教えてくれたので、最後の力を振り絞り・・・

f0152079_16404534.jpg

f0152079_1644388.jpg

ようやく、あちこちの順天観光で見かける順天湾らしい景色が撮れた^^

f0152079_2162795.jpg

f0152079_16452198.jpg

元々、チュノのこのシーンを見て、「どこだろう、ここ・・・」という疑問で始まり、自分の

目で観てみたい・・・に続き、ついに肉眼で観ることができた。ヨンサン展望台から

映したであろうドラマのシーンには劣るけど、ツアー内の限られた時間で、往復

頑張って歩いてよかったね>お付き合いありがとう!tちゃん♥

f0152079_16485416.jpg

帰り道は、時間内に戻るだけ^^後ろにまだツアー仲間がいるのがわかっていたので

途中途中で、行きに撮れなかった写真を。。。なんとまあ、長閑な景色と青い空♪

順天湾自然生態館とかもあって、プルン島(증도)の同じような生態館を思い出した^^

時間が少しあったので、展示館を覗いたら、もうすぐ始まる麗水のEXPOにちなんで、

(行き帰りにここにも集客したいようす)、日本の庭構想なども見せてもらった。

最後に、文化の街(古い骨董とかを集めた所)に寄りたいかとガイドさんに尋ねられ、

母娘の二人が挙手。私達は市外バスターミナルに行きたいと言っていたんだけど、

ガイドさん曰く、本当は出発地点の駅で解散ですが、今日は特別に運転手さんの

ご好意で、最後にバスターミナルへ行きますって・・・やった~!駅から15分くらいは

歩くのを覚悟してたんだけど^^;きっと、私達に気を遣ってくださったんだと感謝^^

順天市の観光課の皆さん、ツアーの運転手さん、一緒に参加した皆さん、ありがとう♥

結果、韓国の方も何人か一緒に降りられて、馬山まで思っていたより早いバスで

移動できることになった。釜山まで帰られるという、ツアーで一人旅だった男性と

一緒になり出発時間まで撮られた写真を見せていただいた。身軽な方で、仙巌寺では

河原に降りて、昇仙橋越しに降仙楼を撮っていらしたり、順天湾では、なんとヨンサン

展望台まで早足で行ってこられたようで、湾全体を撮った写真が・・・羨ましい。。。

釜山から、前日に全羅南道のどこそかの山へ行かれ、春を告げる黄色い花が満開!

木だったので、ケナリではなく、多分サンシュユだと思う。山歩き用のストック状のものを

持参されていたので、歩き慣れた方のようだった。それにしても、失礼だけど外見からは

想像もできないほど、繊細な写真たち・・・それも大半が花の写真で、素敵だった^^

時間になってお別れして、一路馬山へ。2時間ほどで到着。まずは街の位置調べから・・・

ところが、驚いたことに、馬山は都会だった!大通り沿いにはソウルで見慣れた有名店が

並び、ANGEL IN USなんか歩いているうちに2店舗見つけ・・・

f0152079_17183891.jpg

馬山駅前にあるアリランホテルに一旦チェックイン♪馬山、昌原、鎮海は昨年合併して

昌原市になったけど、ホテル予約出来る所が限られていて、順天からだと、鎮海の

手前になる馬山を選択。ホテル探しに始まり、予約できるサイトを一箇所だけ

見つけて予約^^結婚式場とかも併設された結構大きな観光ホテルだった。

f0152079_172326.jpg

荷物を置いて、買い物(tちゃんのリュック)と食事をしに街へ・・・地下街も長く大きく

立派だった!映画館も歩いていて2箇所見っけ♪何を食べようか・・・バスを降りて

ホテルまでの間に見かけた屋台で、ホドグァジャや鈴カステラみたいなお菓子を

買ったり・・・あちこち散歩がてら歩いて・・・

f0152079_17244674.jpg

結局、前から食べようと思ってて、まだ未経験だったコンプルへ・・・

f0152079_1727947.jpg

コンプル、名前の通り、大量のコンナムル(もやし)のプルコギ^^もやしとサムギョプサル♪

f0152079_17284815.jpg

慣れない私達のために、店員さんがつきっきりで作ってくれた^^辛いので、お約束の

クルピス(モモのカルピス)も^^辛いけど、美味しい・・・でもやはり辛い・・・少し残して

f0152079_17303442.jpg

ポックンパにしてもらったんだけど、ご飯だけかと思いきや、なんだかオカラ状のものや

もしかしてツナ?みたいなものが混ざってて、あれ???出来たものは、残念ながら

あまり口に合わなかった・・・ソウルでコンプルのお店を通りかかっても、最後のご飯は

白飯みたいなので、このお店特有のものなのかも?みんな食べてたから韓国人の口には

合うのね、きっと^^ホテル近くでキムパを朝食用に買って、飲み物も買ってホテルへ。

フロントの方に、鎮海行きのバスのことを尋ねたけど、私の情報でたくさんあるバスの

乗り場、新世界デパートは駅からはかなり遠いらしく、もうひとつの情報の番号を調べる

為、一緒にホテルの外へ出てみたら偶然そのひとつが通りかかって、駅のターミナルからも

出ているのを夜のうちに確認できてよかった^^

f0152079_1734876.jpg

部屋はこんな感じ・・・田舎の観光ホテルだけど、フロントは日本語できるし、親切だし、

なかなかよかった^^髪も洗って、サッパリして、おやすみなさい・・・・

by andegenni | 2012-04-30 17:53 |  2012.4 順天鎮海聞慶 | Comments(4)

2012.4 part4 楽安邑城民俗村

満腹で、バスに揺られ、ウトウトしていたら到着していた楽安邑城民俗村。

tちゃんに何時集合?と聞き漏らしたので尋ねてバスを降りた。
f0152079_22392330.jpg


早速、楽安邑城と書かれた장승長栍がお出迎え。村の入口でよく見かける長栍だが、

将軍標장군표とも呼ばれ、村の道祖神だ。将軍장군、大将軍って文字が特に多い。

f0152079_15171269.jpg

河回村でも村の入口にたくさんあったけど、ここにはもっともっとたくさんあった^^;

ソッテ(天と大地を繋ぐ鳥)も一緒に・・・^^

f0152079_224428.jpg

前後するけど、途中で見つけた楽安女将軍、これ特徴掴んでて気に入った^^

f0152079_15203615.jpg

日本語の説明もあるので、クリックして全画面でどうぞ♪

f0152079_1521486.jpg

北の方に官庁関係の瓦屋根の建物が並び、南の方が住民の住居だ。グルリと城壁。

実は、順天には16世紀末に慶長の役で小西行長が築いた順天倭城も跡が残って

いる。豊臣秀吉の朝鮮出兵で、全羅南道、慶尚南道辺りにはその足跡が多い。

一時は忠清道、京畿道まで進出したが、彼の死によって、朝鮮からは撤退した。

その戦いのひとつ、文禄の役で日本軍を撃退したとされる李舜臣は今でも英雄だし、

その彼も麗水沖の戦いで、島津義弘らに勝利するも、撤退中の日本軍を追撃中に

流れ弾に当たって戦死。考えれば、この楽安邑城もそういう倭寇からの襲撃に備えた

ものであるわけで、隣り合わせた両国の歴史、いろいろあったんだなぁと・・・

f0152079_15451948.jpg

観光案内所も中の住居と同じように作られていた。観光課の女性がここにも勤務していて

一緒に歩いてくださった。

f0152079_15473047.jpg

楽豊楼と書かれた門から入るツアーの一行^^お土産屋さんも同じような家の造りだった。

f0152079_22444648.jpg

ちょっとカッコいい、ソンビ風のハラボジ長栍^^出会いの広場だって^^

f0152079_15505944.jpg

ギョギョッ・・・あ、作り物の牛でした^^;

f0152079_15533094.jpg

林慶業将軍の碑。

f0152079_1557293.jpg

楽安の館。

f0152079_1558198.jpg

北にある山はお金の山とかガイドさんが仰ってて、お金持ちになれる山だそうだ。

登って、宝くじとか買うと当たるかもって。。。

f0152079_1602117.jpg
f0152079_1601814.jpg
f0152079_1605511.jpg

民俗村ではお馴染みの光景、こんな風に作ってあるので、わかりやすい。カップルの

男の子が、人形とおどけてポーズをとって、女の子が楽しそうに撮っていた^^;

f0152079_163419.jpg

ガイドさん曰く、日本の人がここで、一番来たがる場所ですって・・・

『チャングム』で、疫病が流行った時にここで治療した場所だって^^

f0152079_165219.jpg

太鼓のある高楼。楽安亭かな?

f0152079_1683058.jpg

f0152079_16103212.jpg

f0152079_1612432.jpg

西側の出入口付近(今はここで一旦城壁を中断して道路が出来ている)から登り・・・

f0152079_16125371.jpg

f0152079_16135397.jpg

城壁からの景色を撮りつつ・・・次に止まった所は・・・

f0152079_16152529.jpg

f0152079_16164219.jpg

村の間にある道みたいに城壁が下って続いている場所。見晴らしがとてもいい^^

ここからは城壁が少し低くなっているのね^^少し先に南門が見える。さぁ、降りてみよう!

f0152079_1251134.jpg

左側の家になんか看板が。。。ガイドさんに訊くと、まさにチャングムの救出された家!

他の一行と別れて、私達二人と、観光課のお二人の4人で、階段脇の更に狭い階段を

降りることに・・・

f0152079_1619403.jpg

f0152079_16223466.jpg

f0152079_16225637.jpg

f0152079_1620178.jpg

焼けた家はもうないけれど、疫病で隔離されたこの場所へ、彼女を助けに来た

ミン・ジョンホ様♥ガイドさんもここで撮影された全ては、どこだかわからないそうだった。

子供時代のチャングム、父親が相撲大会に出たのもここらしいけど・・・

『トンイ』では幼いトンイの前を父と兄が逮捕されて護送されるシーン、それを助ける

チョンス達が、爆破したシーンとかはこの村で撮影されたようだ。『イサン』では、

幼いソンヨンが弟を背負ったりしたシーン、サンと逃げ出した時もここかな?

f0152079_16271151.jpg

ギョギョッ!このお尻見えてる馬も偽物^^;

f0152079_16282245.jpg

チャングムで出てきたのか、ガイドさんが連れて行ってくださった水場。ここ、済州島の

民俗村でやはりチャングムで出てきたと言われた場所と酷似!同じような造りなのか?

疫病の原因が水ではないかと、チャングムが調べに来たところだそうだ^^

f0152079_16311352.jpg

急に立ち止まって、イサンは一番最初にここで撮影してました!って。。。言われなきゃ

何が何だかわからない普通の路地・・・一応、写真撮っておいた^^;

f0152079_1633639.jpg

お土産屋さんで写真を撮ってたら、なんで?という顔のガイドさん。だって、コチュが・・・と

言ったら、ヤ~ダ!と笑ったガイドさん^^;

f0152079_22463167.jpg

観光課の若い女性に別れを告げて、バスの方へ・・・tちゃんがあれ!って指差す看板には

順天市立「根の深い木」博物館の文字が・・・150メートルか・・・行ってみたいと思ったけど

集合時間だったので、諦めた。。。さて、次はどこかな?

by andegenni | 2012-04-25 16:57 |  2012.4 順天鎮海聞慶 | Comments(9)