カテゴリ: 2011.6  清平・加平( 10 )

2011.6 ロケ地中心旅 part9 ソウル市内

最終日、帰国便は夜なので、夕方空港へ向かえばいい。

前夜、Kさんにどこを回るか訊かれ、朝は昌徳宮へ行く予定だと答えた。北村へ

泊まっている彼女もそこまで歩いてすぐなので、待ち合わせまで北村を散歩して

いるから時間が決まったらメールしてと・・・もう少し早く起きるつもりが、やはり

疲れが溜っていてなかなか起きられない。。。8時半頃起きて、ロッテマートで買った

パンと飲み物で朝食。荷物をまとめチェックアウトして夕方まで預かって貰うことに。

空港からはすぐ目の前の交差点、帰りは向かいの昌慶宮前に6月から空港バスが

停まるようになったらしく、教えて貰ってラッキー!それならソウル駅で早目に

チェックインはやめて、最後はここから仁川までバスで行った方が楽だ!

ホテルを出て、ブラブラ歩いてすぐの昌徳宮前で10時にKさんと待ち合わせ♪

f0152079_1330112.jpg

同僚の彼女は、宿近くのお風呂@コプとかで出て来たお風呂に行ったそうな^^

彼女は10回くらい訪韓してるので、一人で行動できるそうで、夕方漢江クルーズで

待ち合わせしたそうだ。Kさんは、河回村でもそうだったが、古い建物に興味がある。

早速、チケットを買って中に入る。私達はガイドもいない自由観覧で、ガイドと共に

入るなら、時間が決められているが奥の秘苑も観覧できる。時間も合わなかったし、

所要時間も多いので、この日は前部分のみで秘苑はいつかのお楽しみに^^

f0152079_13352095.jpg

経路があるので、こっちかな?と番号通り歩くが、あちこちにガイドさん連れがいて

こっそり、フムフム。。。と耳だけ傾ける私達!笑)昌徳宮についてはガイドブック

でも、ネットの情報でも詳しく出ているので、概要と、面白いと思って撮った写真

のみをあげようと思う。昌徳宮は1405年、景福宮の離宮として建てられた。

15代王以降は、こちらが政務の場所として使用された。以降、朝鮮王朝の最後まで。

離宮として造られたが、こちらの方が好きな王も多かったようだ。

f0152079_13425026.jpg

f0152079_13434545.jpg

さすが王宮だけあってだだっ広い空間が多い。下の写真は仁政殿。王が政治を

行った場所だ。手前には広い場所があって、臣下が位別に順番に座った。その位の

位置が今も石に刻まれて並んでいる。土曜なので、人出が結構多かった。

f0152079_1348048.jpg

王が座った玉座は建物の中。臣下の位置とはかなり離れている。建物の中に入れる

臣下はとても位の高い人達だけだったのだろう。普段は宣政門の中にある・・・

f0152079_13503162.jpg

こちらの玉座にいらっしゃったようだ。

f0152079_13513895.jpg

三蔵法師の一行を魔除けとして屋根にのせてあるが、雑像というらしい。

f0152079_13542714.jpg

傍を歩いていた一行のガイドさんが説明されていたけど、この瓦は子孫繁栄が

祈願されたモチーフらしい^^;続いてオンドルや煙突の説明も聴き耳ダンボ!

f0152079_1357666.jpg

こういう建物が重なっている部分がとても美しく感じられた。

f0152079_13583039.jpg

f0152079_145669.jpg

王と王妃が住んだ大造殿。普通は屋根に龍棟と呼ばれる棟瓦があるが、王は龍に

たとえられていたため、この建物にはそれがない。普段、王妃は右側の棟で

生活し、王が来られると左の棟を使用したとか(これも聴き耳^^;)

続く右側部分は韓国にとって苦しい調停が行われた場所だともガイドさんが。。。

すごい飾りのソファみたいな椅子や、ベッドも展示してあった。階段右下に

あるのは日時計。

f0152079_1461860.jpg

大造殿の向かいの、王の居室。朝鮮王朝の最後までがここということで、比較的

現代に近いので、調度も最近のものに近いね^^

f0152079_14104181.jpg

世宗大王(在位1418年~1450年)が大好きだったらしく、宮内には

あちこちに桜桃ユスラウメの木があった。花泥棒は罪にならないと言われるが、

実は?みんなで採って食べたけど~!爆)Kさんの家にもあるそうだ^^

f0152079_14144049.jpg

高楼とかもあって、道に迷うほど広い。この松の木と階段(土止めの為か?)の

位置関係が面白いねぇ。。。と話す。

f0152079_14163774.jpg

ここは世子の住む所。下が切れているが敷居の真ん中が開いている。敷居の上を

またがず、踏まず、この真ん中を通るようにと言われた。この門の扉を見て、

「うちの門もちょうどこんな感じよ^^」と言うKさん!え、古家とは聞いていた

けれど、こんな立派な古い門扉がある家なの?じゃ、古宅じゃないの!

聞けば、大学の教授が調査に来られて、少なくとも300年は超えていると言われ

維持が段々難しくなっていると・・・農家よ^^なんて簡単に言ってたけど、農地

だけじゃなく、家や果樹園の敷地まで合わせるとめっちゃ広い地主さんだ!井戸も

一年に一度、お父様が降りて掃除なさるそうだ。屋根の一部の修理だけでも、すでに

同じものがないからすぐに数百万、数千万単位の修理費になるようで、維持するには

先々公開して入場料をとるしかないのでは?と教授に言われたらしい。だから、維持

出来ない古宅が少しずつ姿を消しているのが現状だそうだ。いつか遊びに来てねと

言われたが、彼女は関東在住なのに?父に話しておくから。。。だって!笑)

f0152079_14255824.jpg

東宮殿ということだよね^^花嫁候補もここで生活していたと・・・勉強も生活も

ここ。後ろに見える高楼が素敵だ。この角度で撮ると、『スキャンダル』で出て来た

南山韓屋マウルの部屋を思い出した。子供が両親に会うのにも、何度も門をくぐって

行かなくてはならず、広い敷地では大変だなぁと思った^^;

f0152079_16501988.jpg

さっきみたいに苦労して採らなくても、橋近くにはこんなにたくさんのユスラウメ!

入口近くに戻り、今度は奥まった所を回ってみた。

f0152079_14303437.jpg

憶昔楼だなんて粋な名前ね^^ここら辺、迷路みたいで出口を見つけるのに苦労した。

この区域には、全州の慶基殿前にあった大銀杏の木に劣らない程の大きな銀杏も

あった。門を出て、すぐ脇の塀沿いを歩いて、北村一景の場所へ。

f0152079_14343362.jpg

北村には一景~八景まであって、ベストポイントの足元に写真スポットの表示がある。

これはそこから撮ったが残念なことに道の真ん中にあった駐車場部分が工事中。

f0152079_1437582.jpg

上の写真の工事中の部分に車を停め、この茶色の建物に入る。それが『恋人つくり~

Seeking Love』の撮影地だった。その主人公二人が今日結婚する。もう式は

終わったかな?

f0152079_14405119.jpg


このドラマは、穏やかに観ることが出来た。キ・テヨンの姉に恋していた彼の親友は

実際にはずっと年下で、今は歌手のペク・ジヨンの9歳年下の恋人♪ペク・ジヨンは

名前と歌は知っていたが、「私は歌手だ」というサバイバル番組で初めてよく見た。

『ファンジニ』『アイリス』『シークレットガーデン』『最高の愛』そして一番

最近では『姫の男』のOSTにも参加してヒットしているようだ^^ペク・ジヨンは

『シークレットガーデン』で그 여자 と그 남자 を歌っただけではなく、ドラマの

中でオスカーと一緒に踊るシーンで参加もしてたね^^二組ともお幸せに~!

私達と別れた後、もっと北村を回る予定のKさんを北村文化センターに案内した。

f0152079_1448234.jpg

ちょうど、マッコリ作りの実習をしていた。刺繍教室も大盛況^^詳しい地図入りの

本も頂けるし、素敵なお土産コーナーもある。

f0152079_14495276.jpg

手作りのレアものが多いのか?お値段は結構高いけど、素敵な作品がたくさんあった。

北村路(嘉会洞通り)に出て右折。坂を登って行くと・・・

f0152079_14555229.jpg

『欲望の炎』で出て来たカフェ。このお店、出てきてすぐに場所がわかった^^

f0152079_14565333.jpg

スンホ君が自転車で走り回った通りは嘉会洞通りだとわかったし、行ってみたら、

このお店の手前の角は前にも載せた場所。。。
f0152079_14583383.jpg

斎洞小学校裏の壁画の道。このまま道なりに行くと樂古斎に出る^^

f0152079_1512571.jpg

f0152079_1522231.jpg

スンホ君は、いろんな席に座ってたけど、この外人さんの席が多かったような^^

f0152079_1534927.jpg

私達はカウンターとは反対側に座った。右側にあるのは古いミシンを改造した

テーブル。ママさんは綺麗な方で英語がネイティブ並みにペラペラ!留学経験が

あり、やはりペラペラのKさんとはネイティブ同士のような会話だった!笑)

f0152079_1564966.jpg

ドラマによく出て来たカウンター側。注文したのは娘がティーオ―レ、Kさんが

キャラメルマキアートだったかな???そして私は・・・

f0152079_1584636.jpg

モカフラペチーノ!味は、感激するほどおいしかった!今までのカフェ中、最高!

トイレは地下で、降りて行くと・・・

f0152079_1512375.jpg

この右側にトイレ入口があるんだけど、必然的に階段や廊下も見ることになり、

その全てが素敵なもので溢れてて感激!この地下はギャラリーになっていて、

この時は世界の仮面の展示だった^^

f0152079_1516202.jpg

私の席から外を観ると、目の前の交差点、向かいの北村美術館、その傍の電柱に

至るまで全てドラマに出て来た。この店内の窓からシーンもあったしね^^

ロケ地だから行ったが、それでなくてもお気に入りのカフェになった^^

店内では「私は歌手だ」のリメイクした歌が流れてて。。。「ジョンヨプだ!」

と言ったら、ママさんが微笑んでいらっしゃった^^大のお気に入りの番組だから

私も娘も元歌、リメイク共にわかる^^外へ出て、北村美術館側に渡る。

f0152079_15211940.jpg

あの特徴あるベンチを接写!タイトルは「비스킷 나눠먹기」ビスケットを分けて

食べる・・・ベンチはビスケットだったんだ!そのまんまのタイトルね!笑)

トンミ薬局の場所を伝えて、ここでKさんとはお別れ。市場のいろいろを伝えたので、

もしかしたらまたバッタリ?なんてこともあるかな?と。。。

正読図書館の前を通り、アートソンジェの交差点を左折。ここからは徳成女子中学校と

高等学校の間の素敵な道になる。その道に入る前に・・・
f0152079_1552337.jpg

左側の路地を見ると、いつも並んでいるというモッシドンナ!トッポッキ、嫌いじゃ

ないけど、ラーメンまで入れて二人で完食は難しいだろうと諦め・・・
f0152079_1551520.jpg

木立の中を歩くと、しばし暑さを忘れた^^左側塀の切れ目の路地を左折。

f0152079_1612886.jpg

少し大きい通りにぶつかった角にこのお店Andrew's Eggtart & Coffeeがある。

f0152079_1651257.jpg

『母さんもきれいだ』のポスター撮りでも使われたそうだ^^

f0152079_166784.jpg

オリジナルタルトとカボチャのタルトを購入^^家まで持ち帰ったがおいしかった!

ただ、いつも食べてたクォン・サンウのお店TEA'USのエッグタルトも大好きで、

今回、このお店のビル全体が工事中で寄れなかったのが残念だ・・・

安国駅のバス通りまで出て、明洞までバスに乗って移動。前夜両替出来なかったので

まずは両替。多分、旅行中この日が一番レートがよかったと思うので次回用に^^

f0152079_1610352.jpg

辛いから無理だろうと、モッシドンナを諦めたのに、何故か結局、安東チムタク!笑)

「맵지 않게 해주세요」と言い忘れ、辛い(T_T)娘はこの近くの安東鳳家の方も

パパと食べたそうで、そっちの方が辛さが控えめだったかなぁ?と後から。。^^;

おいしかったけど、途中から胃が悲鳴!疲れもあったからね。。^^;

明洞キルを出た所にあるバス停で時間を決めて待ち合わせ。娘は買い物三昧!

って言ってもさほど時間があるわけでもなく、映画も時間が合わなくて断念・・・

結果、私もコスメショップを数軒覗き、前にも買った洋服屋さんでまた購入。

時間が余ったのでまたここへ・・・ところが満員で最上階まで登ることに。。。

f0152079_16192915.jpg

明洞では一番落ち着くCafe Coin1号店。今回、階段にバリスタをやっている

男性の写真というかポスターみたいなのが飾ってあって、よく見たら社長さん!

また会いたいなぁ・・・と思ったけど、最近は見かけないなぁ。。。

ソ・ジソブのカフェも昨日オープンしたそうで、51にちなんでイベントとか

彼がバリスタになり5人に淹れてあげるサービスとかがあったそうで、行けた人、

楽しかったかなぁ?  キウィジュースを飲み終わり、、そろそろ向かうか?

f0152079_1622588.jpg

明洞芸術劇場前。ここ、何気に『シティホール』のグクの最後の演説シーン^^

時間が足りなさそうだったので、ソウルレコードはやめにして、明洞の地下街で

「私は歌手だ」のCDを買った。4月に出た最初の7人の2枚組に続き、その直前に

出た次の7人の2枚組も^^今もお気に入りで、娘は車のHDDに全部入れて、

ハングルの読み書きは全く出来ないのに、一緒に歌ってる^^

娘と合流して乙支路4街までバスで移動。降りてみてわかったが、次のバス停の方が

近かったようだ。行き先は中部市場。ちゃんと折り畳みの保冷ケースも持参^^

目的は明太子^^掲示板で有名なドヒョンオンマの所で。3月に挨拶だけしたので。

おまけに「奈良漬奈良漬」と言いながら漬物をたくさんくださった^^;その近くで

ちりめんじゃこ、ドライバナナ、カシューナッツ、アーモンドも購入。市場の出口で

更にポップンジャ茶も購入。市場のアジュンマに、一方通行だからタクシーはどちら

向きに乗ればいいか?と尋ねたら、道を渡った側で乗りなさいと。。。

f0152079_16311699.jpg

道を渡って芳山市場側に。ここでタクシーを拾って、迂回してホテルに戻った。

荷物をパッキングして、昌慶宮の門まで行くが、それらしい空港バス停がない?

警備の方に訊くと、一応観光バスはその先に停まるけど。。。とよくわからない

みたいだった。宮前のバス停は道の中央にあったので、そこまで行ってみたら、

掲示板に空港バスの表示が!娘と、このセンターバス停でよかったんだね^^と。

ところが、先程の警備員さんがやってきて、ここじゃないと。。。で、私が

掲示板を指差すと、納得したようで、ありがとうと^^6月から停車するように

なったばかりで、まん前の昌慶宮の人も知らなかったようだ^^;

やってきたバスに乗って、明洞で買ったキムガネのキムパを食べ、最後のバナナ

ウユを飲み、後は爆睡!バスのいい所は気にせず眠れる所だ^^

空港で文化体験コーナーでも?と思ったが、6時でメインは終了。乗る前に

清州のMさんに電話。ソウルへ来たけれど、今回は時間がなくて連絡しなかったと。

言ってくれれば、今日(土曜)会いにソウルまで行ったのに~!と言われて^^;

今回は、結果的に3日間ともKさんと会ったし、時間も限られた短い旅だったので、

その由を話して、次回は是非、こちらから会いに行くからと約束^^

21時20分発、大韓航空。食事はイマイチだったけど、行きも帰りも情報で

おいしいと評判の「焼きコチュジャンありますか?」で結果4本ゲット!爆)

5本で500円で売ってる商品だから、お得だったかも~?爆)

帰りは遅延もなく、無事に羽田に到着。我が家着は1時頃。お疲れさん♪

帰国便の中から、靴下のゴム部分が痒いなぁ。。。と思っていたが、脱いでみたら

ひどい蕁麻疹!痒いと少し掻いたら、ふくらはぎ~足の指まで全部に広がった!

土曜の深夜帰国だったので週明けに皮膚科に行ったが、あまりのひどさにお医者

さんもこれはひどい。。。辛かったでしょう?と^^;きっと疲れが原因?

一週間程度で治ったけれど、今回の最大の貰いたくないお土産だった^^;

Kさんは別れた後、北村の嘉会洞を回り、一人昼食にいいよと教えてあげた

三清洞スジェビでお昼を食べ、北から広蔵市場>芳山市場>中部市場と回ったそうで

中部市場はきっとニアミスだったと思う。漢江クルーズも楽しかったそうだ^^

最後まで読んで下さったヨロブン、감사합니다 ~!

by andegenni | 2011-07-23 15:28 |  2011.6  清平・加平 | Comments(6)

2011.6月 ロケ地中心旅 part8 ソウル広場ドリームコンサート

京春線で上鳳駅まで行き、中央線に乗り換えて清涼里駅まで戻った。

途中、上鳳駅乗り換えで待っていた時、夕方曇って来た空から雨粒が!

あちゃ~!このまま降ったら、今夜の予定は中止か?実はこの夜、選択肢が二つ

あって、昌徳宮の夜限定開放日にあたっていて、キャンセル待ちに応募しようかと

思っていた。が、開始すぐに規定数に達したようで、選択肢はその時点でアウト!

予定通り、ソウル広場の国防軍のドリームコンサートに行くことに。きっと激混み

だろうと予想。。。コネストで4月だか5月にソウル広場でイベントというお知らせが

出て、そのホームページに飛んでみたら、6月17日にコンサートがあるのがわかった。

その後、6月に入ってコネストでもスケジュールが更新されていたが、何しろ記事が

下に落ちちゃって、検索する人もきっと気付かなかったと思う。ちなみに、9月まで

まだある予定だったのに、結局、この日のみのコンサートになったようでラッキー!

メールでKさんに教えてあげたら彼女も大喜びで、水原回りをする予定だから夕方に

広場で落ち合おうということになった。

駄目かなぁ・・と思いつつ、清涼里駅へ。一旦、外へ出ると雨は降っていなかった^^

f0152079_14584160.jpg

ロッテデパートの入口。『シークレットガーデン』ではLOELデパートね^^

デパート、デパートという先入観があったため、あの長い階段はデパートと

思い込んでいた私。。。吹き抜けのシーンもあったから一応。。。

f0152079_1513515.jpg

これじゃ何が何だか?だよね^^;で、長いエスカレーターはどこですか?と

店員さんに尋ねると、3階だったか?で一回外に出てくださいと?

デパートから外へ出ると。。。向こう側はロッテマートになっていてデパート

じゃない?そして、エスカレーターはそこから長~く登っていた!
f0152079_19225134.jpg

f0152079_1563918.jpg

ここから写したのではちゃんと3段?4段?になっているのが見えないし^^;

写すならもっと上の階に登って上から写さないとね^^;外へ出て、デパートの

中を移動して。。。時間のロスがあったため、もう時間切れ!

f0152079_1582180.jpg

傍のドアを出ると、階段があって・・・
f0152079_159071.jpg

さっき出て来た改札口のすぐ横に出た!なんという遠回りをしたんだ!

もうタイムアウトで7時から始まるソウル広場のコンサート、間に合わない!

地下鉄1号線に乗り換えて市庁前まで一本。さぞかし人が多いだろうと予想。。

が、予想に反してそれ程でもない?地上に出る前に音楽が聴こえてきた^^

広場の芝生も濡れてる様子はなくて、持っていたビニール袋(実はマートの袋)を

下に敷いて適当に座った。下に敷くものがない人は座マットも貸し出ししていた。

Kさんにメールをしたら彼女達も着いた所で、真ん中のカメラを挟んで私達とは

左右の感じ。同僚の方が気を遣うかも?と思い、終わるまで別々に座った。

f0152079_1516798.jpg

f0152079_1627455.jpg


ステージはこんな感じ。次に歌ったのはパク・ワンさん。私も見に行ったミュージカル

ジキルとハイドの「지금이 순간」、『王の男』のOSTも。オペラの曲も一曲。

f0152079_1629251.jpg


舞台の後ろにはもうイ・ジュンギさんとかが待機してますよ^^ってお話で。。。

舞台を撮ってもピンボケだし、隣にあるスクリーンを撮ってもぼやけるし。。。

f0152079_15241168.jpg

MCとして登場したジュンギ君は、붐を紹介。ジュンギ君は歌わなくて残念!

붐はセクションTVのレポーター時から知ってるけど、歌まで出来て出世したね^^

f0152079_15253434.jpg

MC二人が揃って、挨拶や紹介・・・

f0152079_15274191.jpg

神話のアンディ앤디。プロポーズって言う可愛い歌を歌って、ウシャウシャって

いうノリのいい歌を붐達と一緒に^^

f0152079_15305089.jpg

イ・ドンゴンとキム・ジソクがゲストで出て、ドンゴンの300日記念という

ことで、キム・ジフンがケーキを持って登場。左からジュンギ、ジソク、ドンゴン、

ジフン、붐。最大手の芸能プロダクションは国軍だという笑い話があるけど成る程!

f0152079_15342382.jpg

真ん中3人、ちょっと大きく・・・って、これじゃ何が何だか?だけどね^^;

f0152079_15354075.jpg

続いてパク・ヒョシン!1曲目と挨拶が終わり、次は「눈의 꽃」って言った!

娘と共に大喜び!!!生で聴けるなんて。。。じっと集中して聴いた^^

f0152079_15391774.jpg

その後は、お待ちかね~!みんなわかってるようですね^^というMCの言葉^^

どんどん席を立ってステージに向かって行く若者達^^プラカードや風船も^^

エピックハイとダイナミックデュオのステージ。観客も一緒に踊る踊る!

傍にいたおばあちゃん、ママ、坊やの家族連れ。4歳の坊やがノリノリで踊り、

クルクル回っては前の方に行ってしまうのでお母さんが捕まえるのが大変で!爆)

f0152079_15434197.jpg

可愛いし、ダンスはとっても巧いし、君は将来のスターかも^^

f0152079_15445623.jpg

ステージ前まで出て、プレゼントとかも貰ってる彼ら。最後はみんな一緒に!

パク・ヒョシンが自分の名前のプレートを振り回してノリノリで歌い踊ってた!笑)

Kさんと後で合流したら、ステージ前まで行ったそうで写真を見たら、ジュンギ君の

顔が大写し!爆)最初にあげた壁にあった大きな写真を撮って、さて帰ろうか?と

歩きだしたら、みんな出待ちしてて通れない!出る道の脇に並んでて・・・

出て来たバンに向かい、真っ暗で中見えないけど。。。と一枚撮ったら、なんと

オートでフラッシュが出たせいか、中がバッチリ撮れてて、ジュンギ君がこっち

向いてた!爆)これはもう仕事後ということで、あげられないけど^^;;

明洞で何か食べようかと、歩き出した4人。

f0152079_15542599.jpg

なんでソウルの中心部にこんなものが?!慶州にある善徳女王が建てた瞻星台!

なんでここにレプリカ?更に乙支路入口まで行くと、学費値上げ反対のデモ隊!

明洞まで来たが、そろそろ早いお店は店じまいの時間だし、何を食べる?

彼女達は私達も行った水原のカボジョンカルビでお肉を食べてお腹がいっぱいだと。

一方、娘はこの日の食事が乏しくて、お肉が食べたいと言うので、解散することに。

f0152079_15585699.jpg

結局いつもの본가へ行った。まずはサムギョプサルを。この後、ウギョプサル^^

お腹がいっぱいになった私達は明洞駅からソウル駅へ。恒例のロッテマートで

買い物をしてマート裏のタクシー乗り場へ。しかし、たくさん待ってて、ちっとも

来ないと。。。仕方なく、結構歩いて流しのタクシーを拾った。年配の運転手さんで

ホテル名ではわからなかったけど、원남동사거리と言ったらすぐにわかってくれた!

またも午前様帰りで、パッキングもあり~で就寝は2時?3時?お疲れ様~!

PS 動画を見つけた!

国軍放送ソウル広場ドリームコンサート


by andegenni | 2011-07-17 14:47 |  2011.6  清平・加平 | Comments(4)

2011.6月 ロケ地中心旅 part7 ナミソム

プチフランスから清平湖沿いを走りナミソムへ。途中、湖では様々な水上

スポーツが行われていて、涼しそう!変わった形のフェリーを見つけ、面白い形

ねぇ~!って話をしてたら、すでにナミソムの船着き場近くだった。

6年数か月前とは様変わり!背の高い塔のようなものがあって・・・

f0152079_1942740.jpg


f0152079_1952744.jpg

建物の下の説明を読むと、ロープに吊り下げられて、この上からナミソムへ渡る

ようだ!一回の利用が38000W!高い、安いよりもお金貰っても怖くて無理!

切符売り場からして立派になり、フェリーに乗り込む通路も立派に!ナミソムは

ナミナラ共和国とやらになったようで、入国料は1万ウォン♪でもなぜか、8千Wと

言われたので?だったが、外国人は割引の期間中だったようだ。

f0152079_1919451.jpg


いざ入国!船着き場へ向かう入口にちゃんとナミナラ共和国の文字も^^;

f0152079_19212936.jpg

ナミナラ共和国の船着き場。前よりも整備され、更に船の数、種類も多くなった。

f0152079_19225630.jpg

金曜なのに人が多い!乗りこむとすぐに出航!途中すれ違った船。タクシーの

中から見かけた面白い形の船だった^^ナミソム側の船着き場に着くと・・・

f0152079_19244047.jpg

こんな貸しボート?水上スキー?とかのお店。ナミソムの回りにたくさんあった。

f0152079_1942484.jpg

下船直後は人の波だったので、少し待ってから。

f0152079_19445097.jpg

傍にある歓迎の看板は何ヶ国語?さすが共和国!爆)

f0152079_19454115.jpg

奥に見えるツリーのモニュメントは、焼酎の空瓶で^^

f0152079_19472187.jpg
f0152079_19473885.jpg

トイレに行った娘を待っていたベンチ前にはこんなのが。地図は昔もあったね♪

未だに『冬のソナタ』を観ていない娘。だからこの場所に対する思いもたいして

ないようだ。だったら、ササッと回るか?母も前日の歩きで疲れたし・・・

入口付近には観光用の乗り物(確か5000ウォン?)もあって若い男の子が

何人も制服を着て乗ってたけど、私達は汽車を選択^^片道2000ウォンで

中心部のメタセコイヤの並木近くまで行ってくれると言うので。。。

前に来た時は1月末の極寒の日だったけど、木に水をかけただけの氷像を見て

凍った地面を踏みしめ、全部歩いたというのに、暑い最中、汽車とは!爆)

6年数か月前のナミソム♪2005.1.31

ブログ用じゃなかったから写ってて恥ずかしいけど。Mさんも미안해!

f0152079_20224953.jpg

途中にある劇場かな?マジックショーとか書いてあった。

f0152079_20243691.jpg

木立の中、三々五々散策する人々。各国の国旗があるのは共和国のせいか?爆)

途中、いきなり駝鳥がすぐ傍にいたり、木立の先に見える冬ソナの雪だるまの

ベンチの説明が流れたり・・・

f0152079_20281242.jpg

散策する人々を汽車からゆっくり眺めた。

f0152079_20295849.jpg

終点へ到着!運転手さんから切符は捨てないように、帰りにまた乗るなら追加

1000ウォンで乗れますと^^

f0152079_20341252.jpg

f0152079_20345570.jpg

前に来た時の恋歌カフェが全く姿を変えていた!アルミのお弁当は今はいずこ?

冬ソナPhoto Galleryは「追憶写真展示館」となっていた。追憶で追悼ではないけど

先日一周忌だったパク・ヨンハ。在りし日の彼が偲ばれる。

f0152079_20464957.jpg

f0152079_20502795.jpg

ドラマ時のいろんな写真がいっぱい!

f0152079_20515540.jpg

ギャラリーを出ると、広場の真ん中にはこんなものが^^可愛いね^^

f0152079_20532360.jpg

冬ソナの写真の石造りのモニュメントの横にはこんな門が!一緒にくぐる人없어!

f0152079_20555573.jpg

f0152079_20562515.jpg

傍にあった像の展示館が面白かった。塀の上にまで、おおらかな母子の像!

f0152079_20582856.jpg

お約束の二人の像も忘れてはなんねぇ!二人の間から顔を出し、両腕で二人を

抱いて写真を撮る人が多くて、しばらく待った。。。

f0152079_2103486.jpg

冬の枯れ枝のメタセコイヤではなく緑の綺麗なメタセコイヤの並木^^

f0152079_2114688.jpg

端まで歩いてみた。並木はそんなに長くはないけど、島の端まで続いていて・・・

f0152079_212549.jpg

こちら側、向こう岸にも船着き場があってボート遊びをしている人がたくさん^^

これ、大きな空気のクッション板みたいなのに人が数人くくりつけられてて

ボートが引っ張ってる。時々浮き上がって。。。面白いか?怖いか?

f0152079_2143542.jpg

こちら側から並木を見ると、少し上り坂になっていてこっちからの方が素敵^^

この並木道、最近観た、昔のドラマ『初恋』で最後のシーンで使われていて

それがとても印象的だった。チョ・ヒョンジェとチョ・アンと娘が歩いて行き

その後ろをカモ?アヒル?が横切って行くシーンがエンディングで^^

他にもナミソムを使ったシーンがあって、冬ではなく緑色のナミソムでは

こちらのドラマの方が思い出される。『欲望の炎』でも並木が出て来たけど

ユ・スンホとソウが歩いていたのはここかな?同じメタセコイヤだったけど。

f0152079_2193888.jpg

並木の左右は公園になっていて家族連れがボール遊びしてたり・・・でのどか♪

f0152079_21104923.jpg

並木道の入口に到着。ここには冬ソナでチュンサンとユジンが乗った二人乗りの

自転車がそのまま展示されていた。木にくくりつけられた黄色の自転車がそうだ。

f0152079_21124077.jpg

ヨンハを永遠に忘れないって書いてあるね。。。

f0152079_21145682.jpg

木とロープで作られた韓国語の道案内。

f0152079_21161412.jpg

貸し自転車も貸しバイクもあり、形も一人用、二人用、家族用と様々だ。

中心部を見終わったので、アイスと飲み物を買ってまた汽車に乗ることにした。

待ってる間、リスを何度か見かけた。人の傍に来ても怖がらない^^

f0152079_21185635.jpg

帰りはカメラをあらかじめズームしておいてカシャッ!ピンボケだけどチャンスは

一度だけ!テーブルの雪だるまが親子づれの陰になって残念^^;

f0152079_21211464.jpg

君達も帰りにカシャッ!

f0152079_21233100.jpg


船を待つ間、水辺近くで。ロープは先程のZIP WIRE。一本ではなくてコースが

あるようだ。

f0152079_21245758.jpg

さよなら、ナミソム!夜に予定があったため、駆け足だったけどね^^;

f0152079_21263269.jpg

f0152079_21265036.jpg

遠ざかる島を写してたら、すぐ上のWIREに人が!見るだけで怖いよぉ・・・

f0152079_21281567.jpg

ナミソムのある川の表示。「国家河川 北漢江」だって^^

駐車場を突っ切ってタクシー乗り場へ・・・

f0152079_2130926.jpg

そうだった!ここも春川市だった!どこで区別されるのか?プチフランスは

京幾道加平郡だけど、ナミソムはすでに春川市だから、名物はタッカルビ!

あ~!もっと早くホテルを出てれば、おいしくない昼食の代わりに、乗船前に

タッカルビ♪っていう選択もあったのになぁ・・・食べたかったなぁ・・・

タクシーで加平駅まではわりとすぐだった。値段も旧駅時よりも安かった。

駅前を写すのを忘れたので、駅のホームから・・・

f0152079_21534059.jpg

f0152079_21535986.jpg

新しい京春線に変わって、駅も軒並み新しくなったので、駅前には何もない!

悲しいことにまたも激混みの車内・・・上鳳駅まで立ったまま・・・((+_+))

今日はここまでね~(^^)/~~~

by andegenni | 2011-07-14 20:07 |  2011.6  清平・加平 | Comments(6)

2011.6月 ロケ地中心旅 part6 プチフランス2

元々、ここを知ったのは『ベートーベンウィルス』のロケ地だから。

入口にもこんな垂れ幕が・・・

f0152079_13323470.jpg

キャプをして照らし合わせたかったが、今、私のDVDは講座の先生の所へ貸し出し中。

先生はキム・ミョンミンのことを名品俳優とおっしゃって、お気に入りのようだ^^

なので、ロケ地ツアーとかでここがそうだよ!となっていた場所を調べて、後は

現地で確認した。そんなに多くはないので、それにまつわるこの場所の説明も同時に。

前にあげたシークレットとも被るので、それも同時に説明しながらあげてみるね♪

f0152079_141359.jpg

チケットを買って中に入るとすぐに気付く素敵な階段。最初にビニが降りて来た

階段だけど、この前辺りでゴヌとルミのキス(未遂?)シーン撮影。

このプチフランスはサンテグジュペリの星の王子様がモチーフ。あちこちに♪

f0152079_1337538.jpg

コンサートの打ち上げをやった場所。この手前が『シークレット』でビニが電話を

しながら出て来た場所で、花を指し出すゴヌ@グンソクに対し泣きながら去った

ルミは電話の位置奥、この右手の建物奥へ行った模様。右にある建物は、

f0152079_13544689.jpg

f0152079_144011100.jpg

f0152079_13551864.jpg

神戸北野にあるフランス館と同じようなコンセプトか?昔のフランスの浴室や

ベッドルーム、台所を再現してあるが規模が小さくイミテーションっぽかったemoticon-0125-mmm.gif

この広場?は最後にカンマエが立ち去る時にすれ違うシーンでも使われていたね^^

なぜなら位置としてこの先に彼の部屋があるし。この場所を中心に考えるとわかり

やすい。左手前の階段はビニが立ってライムの撮影を観てた所で、階段を降りると

食堂@会見場。ライムが戦ってた場所、そちら側からビニは会見場に入って来たが

f0152079_14115867.jpg

ここにはこんなCAFEがある。スムージーが名物なのか?パッピンスとかもあった。

娘も私もキウィのスムージーをオーダー♪作るのを見ていたら、キウィがボトルに

入ってて・・・生のキウィをすりつぶしたもの!あれ、欲しい!と後であちこちで

探したが見つからず。。業務用なのか?つぶしたての食感ですごくおいしかった!

f0152079_14164877.jpg

食堂前から登る階段。右側の上から二段目にビニが立ってライムを見ていた^^

さて、この広場の傍には・・・

f0152079_1421698.jpg


右側でビスケットを重ねて食べるルミ。左側でそれを見て笑うカンマエのシーン。

さて、ではここで一番有名なカンマエの部屋へ・・・

f0152079_14243890.jpg

人がいっぱいいすぎて全体像が撮れなかった((+_+))まずは左側から・・・

f0152079_142625.jpg

テーブルまで素敵ね^^結構広い部屋だった。

f0152079_14271775.jpg

ご自由にピアノも弾いて下さいと言われたけど、先客が。。。しかもかなり巧い!

f0152079_14301534.jpg

カンマエの椅子は大人気で、みんなが座って記念撮影をするので、いない時を

待って待ってようやく合間に撮影。入口入って右側には・・・

f0152079_1433264.jpg

出演者全員のサインがあった。更に上の階に登ると・・・

f0152079_14351717.jpg

休憩室としてドラマにも出て来た場所。ドラマがかかっていた^^

f0152079_14361881.jpg

窓からは清平湖がよく見える。ここの壁にもサインがた~くさんあって。。。

f0152079_14381228.jpg

あれ?ミノだ!ここで思い出した。『個人の趣向』のポスター撮り、ここだった!

確か階段だったような。。。と思い、いろんな階段を写して来たが。。。

次は、オーケストラの練習場所ね^^トイレが奥にあるので階段を降りて行くと

f0152079_14422841.jpg

f0152079_14434842.jpg

ホールの入口がある側。2枚目はトイレ側から、階段方向を写す。何度も出て来た

ホールの廊下。練習室として使われたホールは、時間で催し物が行われている。

f0152079_1446393.jpg

お客が誰もいないからリハ―サル?後で行ったら人形劇?のセットだけがあった。

廊下にはこの場所の写真が飾られていて、とても綺麗だったので何枚かご紹介♪

f0152079_1450121.jpg

f0152079_14504724.jpg

f0152079_14512859.jpg
f0152079_1452143.jpg

お花の写真とは少し場所が違うけど、廊下の奥のドアを出た場所には・・・

f0152079_14534872.jpg

ヘタっぴいの写真だけど、写真のお花と同じようなアングルで^^;

f0152079_1456689.jpg

清平湖も拡大して撮ってみた。カンマエの部屋からも見える同じ方向ね^^

この右手に展望台らしい建物があったので坂を登ってみた。

f0152079_14583354.jpg

展望台入口。その前には網の小屋があって・・・

f0152079_14595474.jpg

なんでか猫ちゃんが入れられててみんな揃ってお昼寝中^^
f0152079_1505673.jpg

展望台の上からはプチフランス全体がよく見渡せた。意外に狭いよね^^;

f0152079_1541449.jpg

f0152079_15122133.jpg


ビニが電話しながら出て来た所には、掲示板があって写真がいっぱい!

ドラマだけじゃなくバラエティでも撮影があったようで、知ってる顔がたくさん!

f0152079_158298.jpg

ここじゃないけど、スグンの写真もあったよ^^
f0152079_15132854.jpg

ここの鍵はソウルタワーとは違い、ベルに鍵がついたもの。きっと売ってるのね^^;
f0152079_15172043.jpg

f0152079_15154866.jpg
f0152079_1516599.jpg

ライムが着替えて出て来た階段。ギャラリーなので覗いてみた。

f0152079_1595273.jpg

階段をかすめての写真ばかりだったので、一枚ちゃんと♪時間で公演が行われる^^

さて、あの大階段を登って別エリアへ移動するか?

f0152079_15192781.jpg

f0152079_1520563.jpg

f0152079_15204534.jpg

ここのオーナーさんがお好きできっかけになったサンテグジュペリの館かな^^

彼って、作家以前にパイロットだったのよね。。。だから体験に基づいた小説を

書いたとか。。。星の王子様は亡くなる少し前に出版されたそうだ。

f0152079_15255273.jpg

そこを出るとお土産とかのショップスペースだった。マウスパッドとノートを購入。

f0152079_1528148.jpg

f0152079_1634315.jpg

お土産広場の写真の右下階段の向こうにあったオルゴール記念館。

古いオルゴールがいろいろと展示されている。で、帰国して調べてショック!
f0152079_154315100.jpg
f0152079_15433162.jpg

2枚目の写真は、手すりだけ写っている、このオルゴール館脇の階段だった!

テグジュペリの館側から降りて来たので、この階段は降りていなかった((+_+))

たくさん写して来たのに、なんとまぁ!1枚目の階段は写したどれかだろう^^;

もうほぼ見たので(ホテル部分以外)帰ろうかとバス停の時刻を見に行ったら

3時20分までない。その時、確か2時半過ぎ?そこで、チケット売り場の女性に

コールタクシーをお願いした。ナミソムの船着き場まで乗りたいと告げ、加平の

タクシーを呼んでくださいと。女性は電話をかけて、日本のお客さんで、ナミソム

までとか話して、ナンバーを書いて渡しながら、このナンバー以外に乗ると、私が

弁償しないといけないので、他の車には乗らないでくださいと^^;待っている間に

タクシーでここに来る人がいたが、彼女の言葉通りじっと待った。20分程で到着。

また清平湖(北漢江)を右に見ながらナミソムに向かった。清平駅~プチフランスと

プチフランス~ナミソムまでは時間も同じ20分くらい、値段も同じで日本円だと

1500円程度だった。6年数か月ぶりのナミソム。どう変わったかな?

続きはまた次回♪

by andegenni | 2011-07-10 16:07 |  2011.6  清平・加平 | Comments(2)

2011.6月 ロケ地中心旅 part5 プチフランス1

最近、娘と一緒に『マイプリンセス』を観ている。

3月に驪州の神勒寺まで『チュノ』の東屋を観に行ったが、その時にも祈願の

ソン・スンホンのサインがあった。今回part2で行った『コーヒープリンス』の

サンモトゥンイにも撮影の写真があり、知らずに行ったのに何かと縁がある。

それにドラマの中のへヨン@スンホンの祖父の家も、なんと『シークレット』の

ジュウォンの実家だった!城北洞の有名な豪邸で数々のドラマに出て来た家♪

f0152079_23364112.jpg

正門?の方がシークレットで母が孫だけ入れた門。シークレットでは平倉洞の

設定になってて、ライムが歩いたり、ジュウォンと一緒に入った喫茶店などは

実際に平倉洞にあるが、実家だけは城北洞。マイプリンセスでは右の門が出て

来たね^^他にも覚えているのは『雪の女王」のボラの家。ビニは再度!だった

のね^^;他に『家門の栄光』のガンソクの家、『ジャイアント』のマンボ建設の

会長@ジョンヨンの父の家・・・と最近、大人気の邸宅だ^^この邸宅と、これ

からKNTVで放送される『私の期限は49日』のチョ・ヒョンジェのお店の設定の

「HEAVEN」は、実はCAFE ANDOといい、同じ城北洞にある。二つは場所も確認

済みなので、他にも回りたい所が出て来たら城北洞にも行ってみたい。あ、現在

建設中?改装中?のヨン様の家もここだったね^^それはともかくとして^^;

それでは旅日記に戻ることにして・・・

6月17日 二日目の朝。寝る前に二人とも携帯でずらして目覚ましをかけたが、

何度鳴っても起きられない。。。ようやく9時頃、こうしてては時間が勿体ない!と

起き出した母。娘は2時頃寝た様子。私は1時半過ぎかな?二日分の睡眠だから

起きるのも大変だった^^;さっさと支度をして、ホテル前のバス停へ。この交差点

から先、鍾路へは一方通行で鍾路へ出るにはバスがある。帰りは遠回りになる((+_+))

10時頃のバスで鍾路3街へ。娘の希望で、一回食べたことのある「トゥッペギチプ」の

ビビンバがどうしても食べたいと。。。まだブランチにも早い時間なのでお客は数人。

いつも行列しているお店だからゆっくり食べられてよかった。二人ともテンジャンチゲ。

鍾路3街から一号線で地下鉄の清涼里駅へ。一旦地上に出て、地上の駅へ。初訪韓時、

まだ古い駅舎だった時に、この駅から京春線のムグンファを予約してナミソム・春川に

行った。現在は駅舎も新しくなり、京春線はここが始発ではなく上鳳駅からになった。

清涼里駅は中央線が通っているので、それに乗って上鳳駅か忘憂駅で乗り換え。

まずは駅の隣を写さないと!颯爽と、車で乗り付けるジュウォン!

f0152079_04374.jpg


f0152079_063393.jpg

実際にはここは駅前広場で車は入れないと思うけど~!笑)取り合えず、外観だけ

写して、駅へ。京春線が普通の電鉄になったので、T-MONEYで普通に乗れる。

乗り換え案内でドアの位置まで出たので、忘憂駅(망우駅ってすごい名前よね^^)

まで。中央線でそこまで行って、京春線に乗り換え。

f0152079_011197.jpg

便利になって本数も増え、時間も短縮されたけど、普通の電車だから混んでて座る

席もない(T_T)驚いたことに。。。シルバーシートの近くの床に、座れなかった

老夫婦がいきなり座りこんだ。しかも臆することもなく、座席に座っていた老人が

読んでいた新聞を夫の方に投げてあげて、それを下に敷く夫。妻は広告状の何かを

敷いていたが、靴まで脱いで寛いでいて・・・見ちゃ失礼だとは思いつつ、日本じゃ

老人と言えどもやらないよね・・・と娘とビックリ!途中で席が空き、夫は座席に。

シルバーじゃない席が空いたので、一旦座りかけた私は一応奥様に声かけしたが、

「나 여기가 편해!」みたいな返事で^^;そんなこんなで最後の一駅だけ座れた。

f0152079_0185367.jpg

着いたのは清平駅。ここも真新しい駅舎だ。取りあえず、暑いし・・・で若者が

改札を出た所の売店で買っていたので、真似してアイスを・・・駅前広場で座って

食べていたら観光案内所があった!「プチフランス」行きのシャトルバスのことを

訊いた。ところが一日4便しかなく次まで2時間以上あると。。。タクシーでも2万

ウォンはしないからタクシーで行った方がいいですよ^^と勧められ。。。

駅前で待ってたカップルの女性の方が流暢な日本語で話しかけてきて、彼らは近くの

ロッジ泊で同じ場所に行くようで、民宿の車が迎えに来ると。。。シャトルバスと

時間を合わせて来ないと、タクシー以外では行けないようだ。

帰国して3日ほどした時、ソウルナビに記事が出てビックリ!調べても情報が少なく

観光公社の情報で行ったのに、ナビは詳しい^^;駅前に停まっていたタクシーに

乗り、清平湖沿いをひた走る。すごく綺麗な湖だ。実際には湖というか、北漢江の

一部だと思うのだけれど。。。20分くらい走って到着♪道々、運転手さんに、この

先のナミソムに行きたい場合はどうすればよいかと尋ねると・・・値段は同じくらい

だから、バスの時間があわなければコールタクシーを受付で呼んで貰いなさいと。

その際に気をつけることは、清平地区のタクシーではなく加平地区のタクシーを

呼んで貰うことだと。時間は同じくらいで来るけど、清平地区のタクシーは帰りは

空で倍の距離を帰ることになるので、その分余計に請求されると。一番安いのは

道を走っている空車(빈차)だけど、そこに来るお客が運良くいなければ、まず

空車は走ってはいないからと・・・丁寧に教えて下さり、尋ねてよかった!

f0152079_03335100.jpg

娘と『ベートーベンウィルス』を観た時から、一度は訪ねたいと思ってたけれど。

その後『シークレットガーデン』を観たので、場所が同じだとすぐにわかった^^

旅行の間に一日は郊外に出る予定だったからちょうどいいね^^と迷わずここへ。

f0152079_037271.jpg

まずはチケット購入。一般は8千ウォン。地図も頂いた。見たい場所はロケ地!

一話限定なので、とりあえずたくさんキャプして持って行った。キャプと写真を

一組にしてある^^旬を考えまずは『シークレットガーデン』のロケ地から。

f0152079_0393753.jpg

f0152079_162231.jpg

キャプは話の流れの順番になっているので。電話をかけるチェリン。

f0152079_0404592.jpg

f0152079_182588.jpg

撮影隊のセッティング現場。いつもは陶器等を並べてあるお店^^

f0152079_042154.jpg

f0152079_192531.jpg

チェリンと共に倒れるライム。

f0152079_0571549.jpg

f0152079_1114596.jpg

監督と話すライム。ここで一番長くて印象的な階段を降りてくるジュウォン。

f0152079_0423024.jpg

f0152079_1154326.jpg
f0152079_11737.jpg

一旦ここを離れて、人違いがわかって再びやってくる二人。実はこの駐車場、

ライムと着いてまたもジャージの自慢@イタリアの職人云々をしてこちらに

向かって歩いて来てたけど、間にフェンスがあって鍵がかかっている。施設の

利用者は一様に、前にあげた入口でチケット購入しないと入れないシステムだ。

なので、写真はフェンスの隙間にデジカメのレンズを指し込んで撮ったもの^^;
f0152079_0424762.jpg

f0152079_1213635.jpg

ここは全てのドアがこういう房飾りなのでこれではドアは特定出来なかったが・・
f0152079_0431928.jpg

f0152079_1333427.jpg

f0152079_214207.jpg

キャプとこの写真を照らし合わせると、食器棚の右隣、上に非常口のあるドア

からジュウォンは入ってきたようね^^ここ、実際は外のCAFEの食べる所。

この施設で唯一?朝は韓定食とかも食べられるレストラン^^遅いお昼を食べた。

ポークカツレツとトマトスパゲッティ。味は全くたいしたことはないが^^;

f0152079_0433683.jpg

f0152079_1365060.jpg

一枚目のキャプと同じ場所のこちら側。

f0152079_0442018.jpg

f0152079_1381877.jpg

この辺りは『ベートーベンウィルス』とロケ地が被っている。
f0152079_0513650.jpg

f0152079_1394160.jpg

戦うライムに見とれるジュウォン。左下の建物が食堂。奥に見える清平湖。
f0152079_0521943.jpg

f0152079_0523216.jpg

f0152079_144328.jpg

着替えて出て来たライムを待つジュウォン。野外劇場の前のお店。

f0152079_0524583.jpg

f0152079_147652.jpg

歩いて行くライムの腕から血が滴っているのに気付くジュウォン。

とまぁ、こんな感じでキャプと同じ目線で写してみた。ここはどこもかしこも

お花がいっぱい!とても綺麗な場所だけど、回るとわかるがいかんせん狭い!

え、こんな広さ?と思うほどだ。上の方には宿泊棟もある。次回は最初に

撮影された『ベートーベンウィルス』とその他、この場所のご紹介を^^

by andegenni | 2011-07-07 02:24 |  2011.6  清平・加平 | Comments(4)

2011.6月 ロケ地中心旅 part4 駱山近辺

ロッテキャッスルアパート前から、来た経路で景福宮や光化門へ帰っても

よかったが、同じ経路では面白くないかと、別経路をとることにした。

降りたバス停から更に先に。今度は城北区の吉音洞ニュータウンまで乗車。ちょうど

退勤時間と重なったためか、バスはめちゃ混みで座れない(T_T)しかも、御存知の

韓国のバスだから、ちょっとやそっとの掴まり方では身体を持って行かれる・・・

お腹も万全ではなく、大丈夫か、私?状態だったけどなんとか길음뉴타운に到着。

実はこの日、仁川からリムジンで鍾路4街に降りて以来、ずっと鍾路区。広い!

ここだけは城北区になったけど、また乗り継ぎだけして鍾路区に戻る行程だ。

城北区も最近では豪邸が多くなったようで、時々ドラマにも登場。『49日』の1話

から登場している「HEAVEN」というお店は、実はCAFE ANDOという名前のお店で

城北洞にある。乗り継ぎをして昌信まで向かう途中、吉音の隣の駅、誠信女子大には

『花より男子』のチャンディがカウルと共にアルバイトをしていたお粥やさんがある

らしいので、バスの窓から、娘と左右の道路を観察。「本粥」だよ~!と探したが

見つからなかった^^;バスを昌信洞昌信市場前で下車。進行方向に少し歩くと、

昌信小学校があるので、その手前を右折。カメラ小僧で確認したがかなりの坂。

地図によっては途中までしか道がないけれど、薄く続いている地図もあったので、

このルートで決行!目指すは『シークレットガーデン』のキル・ライムの家だ。

駱山公園の一つ手前のバス停から、あるいは昌信駅から、あるいは東大門駅からと

他のルートも見てみたが、直線距離では一番近いかな?と思ったこのルートだが。。

甘かった・・・途中まではカメラ小僧で確認出来たこの坂だけど。。。

f0152079_14494685.jpg

登っている途中の坂&階段。道は途中で途切れ、その先は急な階段がクネクネ・・・

行く先の上を見上げると、空に聳え立つような鍾路総合社会福祉館の建物。

まるで「天空の城ラピュタ」のお城に登る感覚だった!階段も途切れて、なんとか

車の行き来できる道へ。階段下で一回、配達途中のお兄さんに道を尋ねたが、この

辺りでまた道で涼んでいる人に「청도수산はどこですか?」と尋ねてみた。この

先を行けばあると^^よかった!もうすぐだ!

f0152079_1457134.jpg

道なりに進むと、あった!いつもバックに映っていたこのお店!前は駐車場だ^^
f0152079_1525794.jpg

f0152079_155820.jpg

キル・ライムの家も、テープまでそのままの状態^^ドアが開いていて、住人の

アジュンマがドアを入った所で何やら作業中。失礼になるので、そちら側からは

写せない^^;夜だと駱山の城壁のライトアップが綺麗ね^^

f0152079_16332149.jpg

f0152079_15115059.jpg

f0152079_15102884.jpg

f0152079_15121362.jpg


何度も登場した階段と家に続く道。下から見上げた
f0152079_15135396.jpg

こんなんもあったね^^;

f0152079_1515591.jpg

f0152079_15155569.jpg

やはり、夜景は綺麗ね^^昼間だと電線が。。。

f0152079_15172687.jpg

f0152079_15202155.jpg

f0152079_15184884.jpg


ライムの家の並び@水産側にこの公園があった。夕方、もう7時近くの公園。

子供達が楽しそうに遊んでいた。公園からは東大門方向がよく見える。

さて、私達もそろそろ城壁を目指すか?ライムの家の後ろ側に見えていた駱山

公園につながる東大門からの城壁の道へ、どうやったら出られるのだろうか?

取りあえず、方向はあっているからと、水産前の坂を下って行った。途中、家の

前で草木に水やりをやっている男性がいたので、警察の場所を訊いた。道を尋ねる

場合、目印になる建物を決めて訊いた方が相手がわかりやすいと思って。案の定、

派出所かね?と^^そこで驚いたことに、めっちゃ急坂に面したその家のご主人は

先に立って坂を下り始めた。また家まで登ることを考えただけで足が萎えそうなのに

どんどんと先に進まれる。大変だから教えて下されば・・・と言ったけど、毎日

登り降りしてるから大丈夫だと。。。派出所への近道の路地の入口まで案内して

くださった。怖そうな顔のご主人だったけど、なんとまぁ、御親切なことか!

地図ではわからないアップダウン!昌信洞のこの一帯は、東大門駅から心臓破りの

坂道で、有名なタルトンネ。中心となるお店や派出所のある通りだけが平地に近い。

だから、昌信駅のバス通りから一旦急坂を登って頂上近くのライムの家に行った

私達は、坂を下って、メインストリートまで降りて来たわけで、駱山公園の方面には

また坂を登らなくてはならないわけだ。。。派出所の手前の薬局の角を曲がる。

地図も、狭い階段や道は書いてなかったり、細線だったりする。自転車も無理、

ましてや自動車も通れないような道が多いから、仕方がない。行ってみて納得^^;

f0152079_1534394.jpg

東大門から駱山公園に至る城壁沿いの歩道に出る為に、最後に登った坂。こんな坂を

普通に買い物袋を提げ、ピザの箱をお土産に持ち、米袋を肩に担ぎ・・して、平気な

感じで歩いている人々。東京で、ちょこっとの距離ですら自転車や車に頼る生活を

している自分を恥じた。こんな場所、3日も住めないと言ったら、娘に怒られた。

ここに生まれ住んでいる人達は、この坂道が普通の生活。それ以外の生活を知らない

んだから、そんなこと言ったら失礼だよって。。。反省m(__)m

それにしても、寝不足、暑さ、行程のきつさでもう、どうしようもないくらい苦しい!

f0152079_1539179.jpg

ようやく城壁の道へ。この辺りは『愛していると云ってくれ』で何度も出て来た。

『パリの恋人』でもギジュが車を停めてたっけ^^

f0152079_15413439.jpg

その『パリの恋人』のテヨンの家。最近、娘は小説を読んで、ドラマも観たばかり。

最近のドラマでは『富豪の誕生』でまた使われてたね^^

f0152079_15431132.jpg

家に続く階段。でね、スヒョクが卵をぶつけるシーンで使われた時、二人で笑った^^;

借金取りは家から降りて来た筈なのに、なぜか手前の道から降りてきて、スヒョクが

後ろから卵ぶつけ!反対だろ、それじゃ!と突っこみ^^;絵的にそうなったか?笑)

PS 後日。『私はチャン・ボリ』で、ミンジョンと母が住む家もこの屋上部屋。階段を

上がった所で、野菜売りのトラックの荷台から野菜を捨てられてたり。

f0152079_15454241.jpg

ようやく駱山公園の遊び広場に到着。このあずまや付近も『グロリア』で登場。

トンアがからまれて喧嘩するシーンだったかな・・・そして彼が蹴飛ばした

f0152079_1548493.jpg

こんな門も。これ、城壁の中側の道と外側の道をつなぐもの。

f0152079_1549672.jpg

遊び広場から展望台方向へ降りて行くと、トンアとユンソが初めて出会い、いつも

会っていた城壁部分があるんだけど、時間的に無理だったので方向だけ。

f0152079_15511477.jpg
f0152079_15512870.jpg

遊び広場にあるベンチ。『パリの恋人』でテヨンがスヒョクと、あるいはギジュと

座ったベンチだ。そのベンチのすぐ下に、『カインとアベル』で夜景を見に来て

座った場所がある。大学路方面に降りて行く階段の上だ。娘が初めてだったので^^

f0152079_15545662.jpg
f0152079_15551958.jpg

『グロリア』と反対側、東大門側の城壁の中側を降りて行くと、『燦爛たる遺産』で

姉弟が飛び降りようとした場所や、つい最近では『最高の愛』でトッコ・ジンが

エジョン相手にまたもわけのわからない「椿の花」のエピソード!爆)を話したり

するシーンで使われた場所がある。これもすぐにわかる場所なんだけど時間がなく

仕方なくパス!もうすでに7時をとっくに過ぎていて・・・8時に「サチュム」と

いうダンスパフォーマンスを予約してあってチケット交換が15分前目安。。。

疲れがピークだから、ダンスの間に寝ちゃうかも。。。と言う娘。私も同感^^;

こんな山の上なのでタクシーも来ないし。。。疲れたし。。。ところがタイミング

よく、バスの運転手さんが降りて休憩中!乗りたいと言うと、時刻表などないバス

だからすぐに発車^^鍾路三街に行きたいけど、どこで降りたらいいか問うと、

東大門か鍾路5街で降りてくださいと。。。ようやく座れた!なんという強行軍!

一昨年、河回村の芙蓉台でカップルに知りあって、屏山書院まで車に乗せて貰った

ことがあったが、その後も日本人のkさんとはメールで時々連絡を取り合っていた。

今回、久々に連絡が来て、訪韓日がバッチリ重なっていた!ダンスが趣味のkさん、

私達がサチュムを観に行くと話したら、彼女と同僚の女性も同じ日にとった模様。

楽園商街の劇場に開始直前に到着し、席に着くと、なんと真後ろの席だった!爆)

ダンス自体は、B BOYの方がレベルが高いような気がするが、とても面白かった。

私の席は中央の前から3列目の通路脇。舞台から何度も通路に飛び降りて来るので、

まるで頭の上(本当は横なんだけど感覚的に)を飛ばれているようでスリル満点!

おかげで寝ることもなく、最後まで堪能できた。疲れはピークだけど気力か?笑)

客席からも舞台に上げられ、それもこのお二人だったので、私達も大受け!爆)

終わると、出演者達と記念撮影。左の彼が主役のうちの一人^^

f0152079_20241485.jpg


せっかく再会出来たのだから、食事でも。。。とお誘いして、鍾路に鶏を食べに。

「오븐에 빠진 닭 」通称オッパッタといい、「オーブンへ落ちた鶏」の2号店だ。

頼んだのは、一番ポピュラーなクリスピーべイクとグリルドゥ・ロースト。

f0152079_16152270.jpg

いずれも油では揚げないで、オーブンで焼いてあるのでヘルシーだ。最初に

クリスピーと大根、ピクルスが来て、かなり食べた後にグリルドゥ・ローストが

来た。なのでこれは全量ではないけれど。ビール好きにはたまらないおいしさ♪

kさん以外は、みんなソフトドリンク。それもペットボトルで出て来るので持ち帰り

OKなのが嬉しい。ソースは好みで3種類選べたが、ソースなしでもめちゃおいしい。

食事の際の作法の違いか、日本人はみんな手に持ってかぶりつくのがおいしい食べ方

だと思ったのだけれど、回りの韓国人は全員、スチョを上手に使い、鶏の身を丁寧に

はがして食べていた。チムタクの時もそうだったけれど、手づかみはNG?

同僚の方はBIG BANGのファン。kさんもいつの間にかBBファンになったようで^^

翌日夜の再会を約束してお開きに。。。時刻はもうすぐ0時。北村のゲストハウスに

泊まっているという二人は散歩がてら歩いて帰ると。疲れていた私達は鍾路に出て

タクシーを拾おうとしたが、停まってくれないばかりか、停まっても乗車拒否!

仕方なく、鍾路2街~4街~원남동 사거리のホテルまで歩いて帰った。

f0152079_16253424.jpg

途中、鍾路2街の交差点。3月とはまた替わっていた^^

f0152079_1625375.jpg


大汗かいた一日だったのでシャワーを済ませ、髪をドライヤーで乾かすや否や、

倒れこむように意識がなくなった私・・・娘がいつ寝たのかも知らなかった^^;

by andegenni | 2011-07-03 16:39 |  2011.6  清平・加平 | Comments(8)

2011.6月 ロケ地中心旅 part3 平倉洞

バスで次なる目的地、平倉洞へ向かったが、その前に・・・

『最高の愛』の最終回まで観終わったけれど、最終回のロケ地に一目観て

わかる場所が!なんと、part1で訪れた場所だった!エジョンがピルジュと

最後に会うシーン^^橋からパンして行くんだけど瞬間的にわかった!

ソウル劇場とか、一目見てわかるロケ地とは違い、行ったばかりだから

わかったり、前に行ったことがあってわかったりすると何だか嬉しい^^

f0152079_1373341.jpg
f0152079_138483.jpg

f0152079_18153291.jpg

後ろにあるのはウンソンの家だ^^家の前の道路を隔てた城壁は、一旦

途切れて、道路をまたいで、今度はウンソンの家や教会の後ろを通って、

仁王山へ登っていっていた。その途切れた城壁の部分へは・・・

f0152079_147728.jpg

一応写真を撮ってきてあったんだけど、この坂を登って行くと、その場所に行く。

f0152079_1392481.jpg

結婚式のシーンはなかったけど、レポーター達が集まってた場所は・・・
f0152079_16354994.jpg

3年前に私が写した写真なんだけど、すぐにわかったインペリアルパレス^^;

f0152079_184454.jpg

サンモトゥンイから付岩洞全体を写した写真を再掲するとわかるけど、憎らし

かったセリがおとぼけキャラに変身して、最後にストーカー的に登った山は

仁王山だと思う。先程の城壁のある公園@清雲公園から登れるし、北岳山とは

違い、登山のための手続きもいらないので。。。山に関しては定かではないが^^;

それにしても、最後のトッコ・ジンの言葉「こんなドラマに出会えたことを光栄に

思え、(顔の前で手の平を開いて)克服~!」手を振ってバイバイって、笑った!

渋谷パルコで期間限定でチャン・グンソクのオフィシャルショップが開催されたが、

そのメッセージボードに、「ぼくにメッセージを書くのをゆるしてやる!!」と

グンソクのメッセージが書いてあったとか^^イケメンのテギョンといい、この

トッコ・ジンといい、カリスマある俺様スターが上から目線で言い放つ言葉が

憎めなくて心地よい^^それも内に秘めた純情さというキャラのおかげだけど^^


付岩洞住民センターから再びバスに乗り、今度はロッテアパート前で下車。

キャッスルと称すマンションで、高級アパートのようだった。前はここに

ホテルオリンピアがあって、冬ソナでサンヒョクがユジンを連れ込んだホテル。

今は地図を見てもないところをみると閉鎖したのか?確認して来なかったけど^^;

降りて道を渡ると、急な坂道があり、そこがカナアートセンターとかの美術館通りの

入口になる。急坂をまたも、えっちらおっちら登ると・・・

f0152079_2332864.jpg

アートセンターの前にあった!途中までひたすら嘘っ子のプレートでごまかしたり、

Moとnetと分かれて写るように撮影したりしていたが、途中からバレバレになった

ジェニーのカフェ。入口もよく出て来たよね^^

f0152079_2372038.jpg


f0152079_43133.jpg

f0152079_240953.jpg

これは9話だけど、もっと前の回で、俺はトッコ・ジンだ!と、見てはならないと

顔を自分でそむけさせたり~~のシーンでもここに隠れてたよね^^

f0152079_2404640.jpg

f0152079_2411241.jpg

印象的なこのお店の絵。
f0152079_2425998.jpg

f0152079_4112376.jpg

このお店の本当の名前のプレートと、偽のプレート^^;

外のテラスにも出てみた。
f0152079_2582023.jpg

この辺りのテーブルはしょっちゅう使われていたね^^私達は二人掛けの席へ。

4人掛けの席の椅子、これはどう見ても、『個人の趣向』でケインがデザイン

したという設定のリンゴ半分の椅子ではないかな?向かいの白い建物がカナ

アートセンターで隣の青い建物がオークションハウス。

f0152079_343215.jpg

f0152079_345811.jpg

お隣の男性達が立ち去ったすぐ後なので、ちとお見苦しいけど、同じ風景^^

f0152079_362095.jpg

頼んだのはケーキを一つと、ピーチティーとコーヒー。ミルクを頼んだら、

ちゃんと泡だてて小さなピッチャーで持ってきてくれた^^

お店の若い男性に、朝6時の飛行機で日本から来たこと、ここがロケ地と知って

訪ねて来たことを話したら、もう一人の女性が、半時間前までここで撮影して

いたと!通りかかったお客さんも、そうなんですよ^^って、嘘~~~!!!

半時間前なら、食べた時間も考えると、終了直後に来たのか>自分!

しかも、なんでか平日のこの時間に混んでるなぁと思ったら、店内には撮影

スタッフがたくさん!アハハ・・・ガックリ。。男性が、今は、トッコ・ジンの

家で撮影してるので、行ってみたら?と。え、そうなの?丁寧に、自分の携帯で

地図を検索して、カメラでそれを写せと言われ。。。持っていた平倉洞の地図を

出すと、道筋を書いてくれて、その場所(美術館)の名前も書いて下さった。

娘も大興奮!何しろ、5月に『シティホール』を観終わったばかりの娘^^

チョ・グクになら会いた~~~い!と母よりも興奮!急いで家に向かった。

近づくと、ロケ隊が・・・道に座ったり、待機したり・・・

f0152079_3144570.jpg

もう最終回も終わったから時効だろうと思うのでたった一枚だけ撮れた写真を。

この後、スタッフからカメラは駄目、声も駄目と言われてカメラをしまった。

f0152079_3163764.jpg

撮影していたのは、このシーン。30歳違いのトッコ・ジンとティンドン。

でも友達なんだよね^^大事なものを、その友達に託す、大事なシーン。

見ていたら、人垣が崩れ、トッコ・ジン@チャ・スンウォンとティンドン@

ヒョンギが見えた^^しかも、スンウォンssiは私達のいる側の柵にもたれて

一休み。娘が思わず、頭の上に手でハートマーク♡私もつられて♡そうすると、

それに気付いて会釈してくれた^^アハハ^^たった二人だけだったからね^^

この橋と彼の家という設定の김종영미술관が見えるこの位置は『49日』の

撮影場所でもあるそうだ。まだ最初しか見ていないので、見るのが楽しみだ^^

PS 後日・・・この橋の上は『49日』の6話の最後のシーンで出て来た^^

f0152079_3233637.jpg

橋の手前に美術館の入口がある。この時は撮影中だったので、黒いバン(これも

ドラマで何度も登場!)もあったけど、スタッフが見ているので撮れず。。。

美術館の横の道の建物の階段風景とか、玄関風景も撮りたかったけど断念・・・

撮影中断を待っている間、少し離れた場所のスタッフさんとお話したら・・・

『最高の愛』は日本ではどうか?と訊かれ、今はまだネットで観れる人、少し

韓国語がわかる人じゃないと観ていないだろうけど、KNTVとか M-netとかで

放送されたら大人気になると思いますよ^^と答えた。もうすでにKNで決定!

すごく早い決定で、驚いた^^;ずっと見ているわけにもいかないので挨拶して

美術館の家の前の家、2軒を撮った。

f0152079_3311694.jpg

『オールイン』『守護天使』で使われた家。隣は
f0152079_3323366.jpg

『美しき日々』のミンチョルの家として有名だけど、『天国の階段』『12月の

熱帯夜』『兄嫁は19歳』と何度も出て来た家。どこかで読んだ話だと、某テレビ

局のお偉いさんの別荘なんだとかでよく使われるとか?兄嫁で演技デビューした

ユン・ゲサン。向かいの家(本当は美術館だけど^^;)に住むトッコ・ジンの

家を訪ねるシーンがあったよね^^懐かしかったのでは^^

平倉洞がソウルで一番お金持ちの街っていうのは知ってたけど、なんとまぁ、あち

こちロケ地だらけの場所だこと!ジェニーのお店に行こうと思わなかったら、きっと

いつか~?で訪ねることも未計画だったろうから、いい機会になった。

f0152079_3374540.jpg

娘も立ち並ぶ超豪邸ぶりに驚いていた。こんな不思議な建物も^^

もう一度、Monetに立ち寄って、お店のお二人にお礼のご挨拶。写真は駄目だと

言われたと言うと、みんな撮ってたけどなぁ。。。だって^^;可哀想に思われた

のか、これでも写して行ってくださいと。。。

f0152079_340799.jpg

この日、14話の台本。この時の撮影は、夜の放送@14話分で、もう午後も遅いと

いうのに大変だなぁ・・・彼は、更に、翌日も、翌々日もMonetで撮影が入って

いるので、見に来たら?と誘ってくれたが、翌日は行く所があったので。。。

お別れして、向かいのオークションハウスの4階のMOTTEへ。

f0152079_34389.jpg

室内もあるが、ここは何と言ってもオープンテラス^^いろんなドラマの撮影地。

『1%の奇跡』で100日記念のカップルリングを渡すシーンや『お嬢様をお願い』

でも使われたとか。『コーヒープリンス1号店』ではユジュの展示会が開かれた場所。

最近観たドラマで、そっちじゃなくて・・・と恋人に景色がよく見える席に替わって

あげるっていうシーンを観たんだけど、思い出せない。何のドラマだったか?

f0152079_3463162.jpg

北岳スカイウェイがよく見える。八角亭の展望台だろうか?ジンの家の景色も同じ側。

f0152079_3453882.jpg

f0152079_3455375.jpg

男女の像。女性はふくよか>特に下半身。それに比べ、男性は細い!

f0152079_3501373.jpg

平倉洞は鍾路区の北の端。ソウルの北の端。後ろはもう北漢山だ!
f0152079_3494855.jpg

お腹がガボガボ(サンモトゥンイからカフェ3軒目)だったので抹茶のパッピンス♪

おいしかったけど、坂を下ってバス停に着く頃、ひどい腹痛に。。。

寝てない上に、炎天下歩き回り、暴飲して、ついに。。。どうしよう!カフェは

バス通りにはないし、丘の上は学校だし、飲食店に入るのも。。。で見渡すと、

ホテルが!キムス観光ホテル様、その節は本当にお世話になりました!フロントに

どなたもいらっしゃらなかったので、勝手にトイレをお借りいたしましたm(__)m

降りたバス停から今度は吉音ニュータウンまで。そこで乗り継ぎ、昌信洞へ向かう。

今日はここまでね~♪続きはまたね^^

by andegenni | 2011-06-30 02:13 |  2011.6  清平・加平 | Comments(4)

2011.6月 ロケ地中心旅 part2 付岩洞2

降りたバス停から少し戻って、左にカーブした坂道へ。

f0152079_15315581.jpg

すぐに特徴のある建物CLUB Espresso。味には定評があるので、いつか入りたい。

20年以上経っているらしいけど、本格的なカフェの草分けで、値段も高いけど

味はソウル1かもという評判♪建物の左後ろの道を入って行くと・・・

f0152079_15385345.jpg

キム・サムスンが我慢できずにおしっこをしちゃったトンネル。実はここ、

f0152079_15395622.jpg

後ろの彰義門に続いていて、上を通る道の下のトンネル。しかも、この上の道は

さっき行ったウンソンの家の前の道路で、橋の右に見えたのがこの彰義門だった。

それに、橋の下は川ではなくて、景福宮から来た時のバス道路をまたいでいた。

城壁が続いていたのだから当然と言えば当然の門^^;家に行く坂道の名称も、

창의문로3길(彰義門路3道)だったわけだし^^ご飯は~?と娘が言ったが、

f0152079_1544186.jpg

待たせておいて、門の中の見晴らし台に登ってみた。景色が綺麗だ^^

ここから北岳山の城郭巡りも出来る。反対側は成均大の方からになる。

城北洞にある臥龍公園から歩くと、終点がここ、彰義門になる。

f0152079_15464649.jpg

城郭の案内板があったが、何しろ鏡状・・・後ろに移っているのが展望台や

彰義門の楼閣に登る道。身体をずらして撮ったけど、私のカメラのすぐ傍が

この門。下に南山があり、その左上に崇礼門(南大門)が。傍にソウルタワーの

絵や国立劇場の文字が。右には駱山があって駱山の下にあるのが興仁之門(東大門)

で上にあるのが恵化門。この彰義門の下辺りに仁王山、この城壁が登って行くのは

北岳山で、城壁沿いに粛靖門(北大門)がある。撤去された敦義門(西大門)も

再来年くらいを目安で98年ぶりに復元されるという記事を読んだ。北側の城郭を

いつか歩いてみたいけど、パスポート持参で2時間くらいかかるらしい。夏は無理だ!

『一泊二日』で鍾路区を旅すると言うテーマがあって、イ・スンギは駱山の途中、

恵化洞の路上美術館、カン・ホドンは広蔵市場、キム・ジョンミンは北村八景の撮影、

ウン・ジウォンは農村の小川でカエルを掴まえて撮影、そしてイ・スグンがこの城郭

巡りの指令だった。最近、入ることが出来るようになったが、前は眺めるだけだった

北側の城郭。欠けている区間も今後復旧予定だそうだ^^


ここでちとマニアックな話題>『最高の愛』より・・・国宝少女の一員だったエジョン

@コン・ヒョジンと国宝の話をするピルジュ@ユン・ゲサン。南大門が国宝1号だと

言うのは知ってて、だったら2号は?東大門だと思っていたエジョン。同じく一員

だったセリ@ユン・インナ(シークレットガーデンではアヨンで可愛かったのに、

こちらでは、まあ憎たらしい!)も同じように思ってたことがわかり、ピルジュは

ため息・・・東大門は宝物第一号なのだそうだ。国宝と呼ばれていたのに、国宝には

興味がなかったのね^^;南大門消失は復元されたとしても惜しい事件だったよね・・・


この彰義門は別名자하문紫霞門と言い、だからCLUB Espresso前の交差点は

자하문사거리(紫霞門交差点)と言い、これから向かうマンドゥのお店も

자하손만두(紫霞手造り饅頭かな?)なのね^^

f0152079_1695276.jpg

またトンネルをくぐり、右へ行くと、超有名だというこのお店に。平日のしかも

1時はとっくに過ぎてもう1時半も過ぎ?くらいなのに、右奥にある駐車場から

何台も車が降りて来る。中に入るとほぼ満員の店内。2階の窓際の席を見たいと

リクエスト。なんともラッキーなことに、この二人掛けの席だけ空いていた!

f0152079_16133237.jpg

『恋愛時代』でソン・イェジンとカム・ウソンの元夫婦が亡くした子供のお墓に

参った後、立ち寄ったカルグクス屋という設定でここが使われたが、実は饅頭屋♪

窓からは付岩洞の街がよく見えるし、背後の窓からは登って行く城壁が見える。

f0152079_1619549.jpg

頼んだのは向こう側の만두국と떡만두。饅頭と言うと日本人はいわゆる饅頭を

思い浮かべるけど、韓国の食堂で言う饅頭は餃子のこと。餅入りの手前の方は、

人参、ホウレン草、ビートで味をつけた饅頭に小さな雪だるまのお餅(仁寺洞の

耕仁美術館前の「宮」というお店と同じ^^)が入っていた。味はめちゃくちゃ

自然なやさしい味。取り出して、タレにつけて食べてもおいしかった^^

この味を求めてか、奥の駐車場に自家用車がいっぱい!店内も満員で食べている間も

次々と入れ替わりに入って来た。常連客?が食べていたのは暑かったせいもあってか

蒸し饅頭やピンデットッ(緑豆のチヂミ)等。わざわざ来てるんだぁ!と感心。

耳寄りな情報をゲット。わざわざここまで行かなくても、明洞のすぐ傍、新世界

百貨店本店の10階、専門店食堂街でも食べられるそうだ^^景色を見るなら本店

だけどね^^韓国の饅頭@餃子は日本に比べると大きくて、とてもジューシ―だ^^

f0152079_16381631.jpg

暑いから外のテラス席は空いていた^^奥が駐車場。

f0152079_16385897.jpg

階段脇にはこんな大きな甕も。娘があの中にテンジャンとかコチュジャンが入って

いるのかなぁ?大きいね~!と^^さて、元の道に戻り・・・大きな道は

そのまま北岳スカイウェイになってて八角亭につながっている。ガードレールの

下にある小さい道に降りて。。。休んだけど、やはり暑い。。。タクシーは

来ないかなぁ。。。駐車場から出て来た車、乗せて貰えないか?←あり得ないけど!

などと儚い願望を抱きつつ、登り坂20分の行程にチャレンジ。

f0152079_16504255.jpg


この区間の地図を載せてみた。산모퉁이とは、辞書にも出ているけど、山裾の角地。

f0152079_170514.jpg

『コーヒープリンス1号店』でウンチャン@ユン・ウネやハンソン@イ・ソンギュンが

犬連れで走っていた道の一部かな?ソウルっ娘らしい3人組も私達とほぼ一緒に

登って行った。彼女達はサンダル履きで登り20分はきついのでは?と^^;

C.C.Cという印象的な学校かと思える建物(某サイトの地図ではブックセンターと

なっていたが)や素敵なレストラン、ギャラリーや公演場も見かけた。

途中で北岳山の城壁が見えて感激!

f0152079_1763714.jpg

なんという高い場所まで登っていることか!

f0152079_178268.jpg

ようやくサンモトゥンイに着いた!表札もまだ최한성のままだ^^

平日だと言うのに、饅頭屋と同様、店内は満員状態!みんなタクシーなのか

歩いて来たのか?シスターまでいらした!

f0152079_17134663.jpg

f0152079_17143122.jpg

壁にはドラマの出演シーンやオフショット、サイン等がいっぱい!この楽器の

セットも印象的だったよね^^

f0152079_1716734.jpg

f0152079_17172575.jpg

f0152079_17182380.jpg

あら、『マイプリンセス』でも使われてたんだ!まだ最後まで観ていないけど、

近々全部揃う予定(感謝^^)なので、観てみないと^^

f0152079_17494124.jpg

レジ横の手書きの道案内。頼んだのはチーズケーキ1つとカフェラテ&抹茶

ラテ。暑さときつさでバテバテだったため、すぐ飲んでしまい、画像なし!

f0152079_1756476.jpg

外へ出る階段を降りると、すぐ脇にはこれ^^ウンチャンが乗ってたよね^^

f0152079_17573646.jpg

お庭は現在こんな感じ。お子様用の乗り物もあって、すっかり観光地だね^^;

f0152079_18139100.jpg

2階の部屋@ドラマで出て来た部屋はこんな感じ。この外にもテラス、他にも

北岳山を臨む側にもテラス、3階にも部屋とテラスがあった。最上階から撮ると・・

f0152079_184454.jpg

付岩洞全体を見渡せる。仁王山側のこちらも北岳山側の方も夜は城壁がライト

アップされて綺麗だそうだ。左端をズームで撮ると・・・

f0152079_18153291.jpg

真ん中辺りにあるのがウンソンの家。右に教会があって左に城壁だからすぐわかる。

左下の城壁の感じから、さっき行った饅頭屋さんは赤い屋根の辺りかな^^

f0152079_18203879.jpg

f0152079_18222441.jpg

あちこちに珍しい、可愛らしいものがいっぱい飾ってある。地下はギャラリー。

f0152079_18233498.jpg

f0152079_18241990.jpg

ちょっと可愛いやらし系?爆)のものが多く、昔あった懐かしい系のものも

あって、オーナーさんの趣味なのだろうか?

f0152079_18274150.jpg

トイレのドアからトイレの中までコンセプトは同じだった!爆)

外へ出ると、地図によってはここが行き止まりだったりするけど、実際にはもっと

先に道が続いていて、素敵な家だか、ギャラリーかペンションだかが建設中だった。

その先を行くと、急に小川の回りの農道って感じになってきて、ウン・ジウォンが

行ってカエルを掴まえた場所になる。白沙室渓谷と言い大統領もお好きな散歩道

とか。警戒区域が近いし施設もあるようなので、むやみに逸れた場所には行かない

方がいいけど。帰り道の下り坂・・・道に停まった車の列に模範タクシーがいて、

運転手さんが客引きをしていた。どちらへ行かれますか?と日本語で。カナアート

センターへ行きますと答えると、その先は?と。。。ずっと乗せたいという意向

だったので泣く泣くお断りして歩きだす。登って来るタクシー(サンモトゥンイ

までのお客)とはすれ違ったけど、きっと市内中心部からのお客で、付岩洞では

空車は一台も見なかった((+_+)) 

f0152079_18365583.jpg

途中、死んだように昼寝をしている犬。君も暑いのか?私達もだ・・・

一番最初に降りたバス停まで戻り、同じ路線でもっと先まで行くことに・・・

続きはまたね~♪

by andegenni | 2011-06-26 18:40 |  2011.6  清平・加平 | Comments(0)

2011.6月 ロケ地中心旅 part1 付岩洞1

国内の予定の旅をやはり韓国に・・・という娘の希望もあって決めた旅。

震災も落ち着いていないこの時期に。。。と言う思いもあったが、我が家で出来る

範囲の義捐金も公私にわたって出したので、ずっとふさぎがちだった気分も転換

する意味で。たった三日しかとれない娘の休みに合わせて目いっぱいの滞在時間

優先で、某有名(悪名も高い?)旅行社の格安パック利用>6月16日~18日。

羽田朝6時25分発>仁川。帰国は仁川21時20分>羽田23時30分着なので、

車族、あるいは送迎、タクシーでないと難しいスケジュールだ。ホテルは出発の

5日前に古宮ホテルに決まった。昌慶宮と宗廟の間にあるホテルだ。送迎なしプラン

なのに、出発2時間前までに集合って。。。。羽田なのに、なんという無駄!

講座から帰宅して、10時に寝たが、目が冴えて眠れない。。。結局1時に起き、

ギリギリに娘を起こして羽田へ。5年ぶりにツアーを使ったがもう使わないぞーー;

車の中、出発ゲートと寝ようと試みるも失敗。。。結局、機内食を食べた後に、

到着までウトウトしただけだった。リムジンでも眠れず。。。目は閉じていたから

いくらかでもいいが、眠れた娘も、家から継続して小刻みで疲れたと^^;

韓国の梅雨は6月後半。16日~18日の日程だとギリギリ梅雨前か?

羽田の管制塔のシステムエラーで離陸がほぼ一時間も遅れて、ようやく着いた

仁川は快晴だった。9時前に到着する筈が少し急いでくれたけど、それでも40分を

とっくに回り・・・T-MONEYにチャージだけしてリムジンへ。この某ツアーは

ホテル名、住所、電話番号しか書いてくれていなくて、自分で調べた道順では2つ

候補があり、安国駅の交差点は横断歩道がない場所もあるので、鍾路4街で降りる

ことにした。ともかく情報が少ないホテルで、後で聞いたら、ネット予約は現在受けて

いないと・・・だからだったんだ・・・納得^^;ホテル着はもうすぐ12時くらい。

3時からのチェックインだから荷物だけ預けるつもりだったのに、15分待てば

チェックインできるそうなので待つことにした。待っていたロビー。

f0152079_18494293.jpg


f0152079_18512678.jpg

ホテルの部屋からの眺め。右奥はソウル大学病院の建物。正面の木立は昌慶宮。

この交差点は원남동사거리といい、左へ行けば昌徳宮~安国駅、右へ行けば

大学路(恵化駅も徒歩10分ちょっと)、下へ行けば(一方通行なんだけどーー)

鍾路4街、上に行けば昌慶宮~成均館大学へと続いている。荷物を置いて出発♪

すぐ傍にあるお店で棒アイスを買い、向かいの道へ・・・

f0152079_1901456.jpg

ホテルの全景。私達の部屋は並んだ窓の最上階のどれか?気づかなかったけど、

写真を見たら、右端にソウルタワーがちょこっと!笑)昌慶宮の塀に沿って

坂道を登りながらアイスを・・・暑いのですぐに溶けてしまう。反対の宗廟の

側は工事中だった。知らなくて鍾路で降りたが、安国にしなくて正解だった^^

昌徳宮前の辺りから暑さで帽子なしはきつく、ええい!と3段の赤い折り畳み傘を

広げて日傘代わりにした私^^;カッコ悪いよ、オンマ・・・と二の足を踏んで

いた娘だが、安国駅を過ぎる辺りから、同様にしている人多数!爆)娘もついに

サーモンピンクの折り畳み傘を広げ、この先のお伴となった!笑)

f0152079_197438.jpg


衛兵も暑そうな光化門前も通り・・・オンマ、どこまで歩くの?の娘の声も無視!

実は景福宮駅前からバスに乗るつもりだったのだけれど、安国まで歩いて地下鉄で

一駅っていうのも面倒で、ならば歩いちゃえ!ってことで。。。

バスの乗り場は景福宮駅の3番出口の先。バス停に娘を待たせて、私はすぐ先へ♪

f0152079_19121511.jpg

f0152079_19123023.jpg

『オンリーユー』のレストランOliva。人形の位置はこの時は左だった^^;

バス停に戻るとちょうどやってきたバス。複数経路が行くので娘に伝えてあった。

バスの進行方向左側に乗り、いつでも写せるようにデジカメの電源を入れた。

f0152079_19192074.jpg

『個人の趣向』でケインの作った料理にあたり、ジノ@イ・ミノが駆け込んだ薬局。

バスに少し乗っていると、段々と山道を上がって行く感じ。市の中心部からほんの

10数分でこんな景色になるんだ!と驚いた頃、付岩洞住民センターのバス停到着。

まずは昼食前に近場から・・・進行方向とは逆に少し戻り、横断歩道を渡って

Stuart'sというお店の横の坂@창의문로3길を登って行った。

f0152079_19285630.jpg



右側に14番の家がある場所で、左側に表示がある。

f0152079_19292533.jpg

矢印の方向が?だけど、このまま登ると駐車場に出て、その先にある家が目的地。

f0152079_19343311.jpg

f0152079_2011991.jpg

すぐにわかる人も多いと思うけど・・・『燦爛たる(華麗なる)遺産』のウンソンの

家が最近では一番有名かな?他にも『銭の戦争』のジュヒの家、『白い巨塔』の

ドヨンの家、最近終了した『結婚してください』のテホ一家の家、他にも

『天国の扉』のサノの家・・・と羅列するだけでも大人気の家だ^^;

f0152079_19414098.jpg

道を挟んだ向かいには城壁が・・・どこにつながっているのか?興味があり。。

f0152079_19434965.jpg

家を背に左側を見ると、橋の右側に何やら東屋風の建物が見えた。

道を右に辿って行くと、清雲公園なのか?(『49日』でも出て来るらしい)

f0152079_19461432.jpg

こんな東屋があって、地元のアジュンマ達が休憩していた。あるブロガーさんの所で

ここで華麗なるチームがミニ打ち上げをしたとかいう情報ゲットしていたので。

f0152079_19482441.jpg

東屋付近でズームで撮ったがソウルの中心部がよく見える。東屋前に立つと、

右側には仁王山、左側には北岳山。いずれも城郭が山の上に延びていてすごい!

バス通りに戻って、坂を下って行くと、降りたバス停側は素敵なお店がいっぱい!

第2の三清洞とか言われるようになってきたらしく、付岩洞も今や高級住宅街だ。

元々は、2メートルくらいの大きな岩があって、子供が欲しい人が小石を当てると

くっついたことから付岩洞と呼ばれたそうだ。今はその岩石はないけれど。。。

東屋で休んでいた地元のアジュンマ達もお金持ち奥様達なのかもしれない^^;

f0152079_19545295.jpg

『ヌグセヨ』で父親のガールフレンドが経営していたお店。向かい側で踊っていた

お父さんを思い出した。少し外出するという表示があった。更に坂を下ると・・・

f0152079_19564939.jpg

付岩センターと書かれた東屋。『私の名前はキム・サムスン』で何度も出て来た。

サムシギが座って待っていたり、サムスンが小麦粉をかけられたり・・・

この左奥に付岩洞住民センターの建物がある。車はその駐車場のもの。

f0152079_19592464.jpg

バス停はソウル中心部へ帰る時に乗る所で、ここもサムスンの出勤シーンでよく

出て来た。この先、坂を20分くらい登るとサムスンの家があるのはわかって

いたが(途中にある『プラハの恋人』の叔母の家、『キツネちゃん、何してるの?』

の家、その家の脇の『90日間愛する時間』の階段も調べたが)寝不足と暑さで

疲労も限界・・・娘に、「オンマ、顔が真っ赤だよ!休んだ方がいいよ!」と言われ

そこはいつかまた。。。と断念した。サムスンの家は今は白く塗られているそうだ。

同じ家が『戻ってきてスネさん』でも使われていたね^^付岩洞はロケ地の宝庫だ!

横断歩道でジャハ・ソンマンドゥの場所を若い女性に聞いたら、燦爛たるの路地の

反対側の道路を上がると。。。そこは超有名店だけど、ヌグセヨのお店の並びに

今、イタリアンレストランを作っていてそこも良さそうなので、今度食べてみて

くださいと言われてしまった^^;地元のお嬢さんならではのお勧めだ^^

続きはまた~・・・

by andegenni | 2011-06-24 15:04 |  2011.6  清平・加平 | Comments(6)

ただいま~です^^

昨夜11時半に羽田到着。日付が変わって今日帰宅♪

今回は2泊3日という短い旅行だったけど、目いっぱい回って楽しんで来ました。

ロケ地を回る旅に娘も付き合わせ、偶然にも撮影現場に行ったり。。。

ロケ隊の人とお話したり^^撮影中だったので、カメラは駄目と言われて、

目的の家は撮影出来なかったけど、「最高の愛」14話放送日の午後、撮影合間に

トッコ・ジンとティンドン君も見れたし、離れていたので娘が頭の上にハートを

作ったら、会釈して貰ったし^^でなんか嬉しかった^^

一昨日の夜はソウル広場でドリームコンサート。日程を選んだわけではなく、娘の

仕事の都合優先で休める日を確保し、それに合わせて行き先も決めてやはり韓国!

という希望で急遽決めた旅だったのに、その日にあたってすごくラッキーだった^^

f0152079_205262.jpg

出演メンバーは彼ら♪MCはイ・ジュンギとプム。この中にはいない気がするけど?

キム・ジフンもいた。ジュンギ、キム・ジソク、イ・ドンゴン、キム・ジフン、プム

その5人が並んだ時は、やはり、韓国最高の芸能事務所は軍隊では?と思った^^

パク・ヒョシンが出てきて、2曲目の紹介で、「눈의 꽃」って言った時は、娘と

二人でめっちゃ喜んだ^^なかなか聴けない生歌を無料で聴けて、いろいろ観れて

楽しかった~♪最後はDynamic Duo とEpic Highのノリノリのステージに観客も

ステージ前に押し寄せて一緒に踊り~ので、楽しいステージだった^^

合わせたわけでもないのに、こんなラッキー、なかなかないなぁ!の旅だった。

旅日記はもうちょっと落ち着いてゆっくりあげるつもりなので、よかったら

またお付き合いくださいまし(*^_^*)

by andegenni | 2011-06-19 21:02 |  2011.6  清平・加平 | Comments(4)