カテゴリ: 2010.5  慶州( 11 )

2010.5 ソウル part11

東大邸からのKTXは22時19分、ソウル駅着。

駅を出ると、そのままロッテマートへ。我が家の韓国のりの消費量はすごくて

機内持ち込み用の大きな袋を降り畳んで持って行く。中身はほとんど海苔だから

軽い^^今回も海苔売場へ直行!が、しかし。。。いつも買う、両班の海苔の

大きめの(30枚くらい入っている)小分け袋入りが見つからない・・・

日本人の会社員風のお二人を連れた韓国人男性も、あれ?と話していらした。

一番人気は、両班の板海苔。これも予備でいつも買うけど、すでにカットされてる

方が食べやすくて我が家の定番なのにない!韓国人の男性が売り場の店員を掴まえ

話をされていた。私も同じものを探しているというと、少し待っててくださいと・・・

戻って来た店員は、今は在庫もないと。。。また、いつ入るのか?と尋ねる男性。

もう一度待たされ・・・明日も無理だと・・・諦めて、勧められたお弁当用の

小分け海苔を買う。かなり割高だし、一袋に10枚しか入っていない。なんだかんだで

海苔だけで6万~7万ウォンも買ってしまった^^;初訪韓時の蚕室のロッテマートに

始まり、江辺のテクノマート地下のロッテマートも2回、ここ、ソウル駅のマートには

毎回のように来ているのに、こんなの初めてだ!まさか、製品中止じゃないよね(T_T)

ホテル着、11時半頃・・・すでに、預けた荷物は部屋に入れておいてくれた^^

翌日、のんびり起床して、一旦チェックアウト。また荷物は預かって貰う。

さて最終日・・・3時半ごろまで何をして時間を過ごそうか?

とりあえず、明洞の街へ・・・
f0152079_19666.jpg

よく通る道だけど、これってイ・チョニ?そうだよね?

娘に頼まれたパック類を買いに・・・娘の親友には塗って寝るだけでいいパックを。

3個買うと1つおまけだったのに、今回はおまけ分がBBクリームに変更されてた。

シートパックもいっぱい買う。会員カードまで作ったお店だったが最近移転して、

お店を探し探し・・・カードがあるといつも割引なので、便利^^

いつも覗く韓流ショップがあって行ったらお姉さんがいない。。。もうすぐ来ると

アジョッシに聞いて、まずはシンソンソルロンタンへ・・・階段で悩んでいる夫婦が

いて、おいしいのかなぁ。。。と^^;おいしいですよ^^と言うと、一緒に入る

ことに。。。しかも一緒に座ることに。。。食べ方やキムチの場所、切り方も説明し、

冬場は持ち帰りも便利だと説明<私は店員か!爆)旦那様が感激して、おいしいと^^

奥様と並んだ私を記念撮影まで。。。爆)「燦爛たる遺産」の影響か?それまでは

メニューにそれほど変化がなかったのに、めちゃくちゃメニューが増えていた。

でも、シンプルなのが最初から私はお気に入りだ^^お二人と別れて、また、さっきの

お店へ戻る(すぐ近く)。お姉さんは私を見つけると、あら~!と駆け寄ってハグ!

もう何回も立ち寄っているので。。。今回は誰の?と言われ、帰国後会う予定の友人に

チャン・ヒョクのカップを買い、ナムギルのものはないの?と尋ねたが、唯一のものは

小さな卓上カレンダーだけ。お姉さん曰く、「オンニはいつも流行先取りだからねぇ」

だって!笑)彼は善徳でブレイクしたけど、まだ日本ではあまり知られてないでしょうと。

今、放送されてるから人気出ると思うけど、もうすぐ兵役だからねぇ。。。少し待って

くれれば、夕方にはカップなら作ってあげられるよ^^と言われたけど、3時半までしか

いられないからと。今は、少しは増えたか?まだ定着する所までは行ってないからね^^;

また来るね!と別れて、乙支路駅方面へ・・・BOOK LIBEROにて、OSTが

いいと評判の「クリスマスに雪は降るの?」と「善徳女王」のOSTを買った。

雑誌はあれこれ探したがこれというものがなくて、ナムギルの出ているものを立ち読み^^;

地上に出るとにわか雨・・・傘はホテルに置いて来た!
f0152079_1954675.jpg

仕方ないので、社長さんから聞いていたcafe coinの2号店へ!開店前だったようだけど

入れてくださった。メトロホテルの近くのニ階。こっちも落ち着くインテリア。

雨がなかなか止まない・・・窓際に座って、通りを行く人々を眺めた。

小降りになったので、地下道を渡り、ロッテシネマへ。上映中の作品を見たが、これと

いって観たい映画がない。仕方ないので、隣のヤングプラザへ。パパと息子に色違いの

Tシャツをお土産に買った。また地下道を渡り・・・元AVATA今NOON SQUAREへ。

地下の永豊文庫を覗く。ここは便利だけど、鐘閣の本店に比べると余りに小さい・・・

上がって行くと・・・
f0152079_197455.jpg

あ、話題になってた善徳女王のベアだ!
f0152079_1971722.jpg

こっちにも・・・入ってみた。ベアと、ストラップ等がセットになっている。

ベアはいらないので、ストラップだけでは駄目ですか?と訊いたら、OKだった^^

なんと、最後のひとつで、5000ウォン!なんか嬉しかった<使うんかい?笑)

f0152079_1973086.jpg

明洞キルに新しいお店がオープンしていた。名前は「Holika Holika」

店頭のアガッシに何か買うとあげると、チョン・ヨンファのクリアファイルを貰い、

買わずに出る度胸はないので、アイライン(先が二本あって使いやすいという話で)

を購入。また羽ペンだのなんのと貰った。このお店、右隣りはヨン様、左隣はミノで

日本語ぺらぺらの店員さん。日本人目当ての買い物通りだわね。。。^^;

小学生の一団が歩いていて、どこへ向かうのかと思ってたら、この通りにナンタ劇場が

出来ていた。

f0152079_1974731.jpg

飛行機に乗る前に食べようと、お気に入りのキムガネへ・・・キムガネキムパッ購入。

f0152079_1975893.jpg

明洞劇場前。取材中のTV局はtbs。韓国にもtbsってあるのね^^

赤い衣装の方々は、街角に立って案内してくださる観光案内の方々。
f0152079_1981110.jpg

猫の着ぐるみの方。後で持っていらしたボードをよく読むと、cat cafeだ!

前から弘大とかにはあったらしいけど、この春、明洞にも登場したらしい。

近くのビルの上にあって、ボードによると、20匹の猫と一緒にお茶を・・・

ちょっと検索したら、レポが見つかり、8000ウォンで、猫好きが集まって

お茶しているらしい。世界的に猫カフェは静かなブームとか?

forever21とかも覗いたが、買い物好きな娘がいないから、私一人ではどうにも

ならない。。。そうこうするうちに、またにわか雨!また避難しないと。。。で、

今度はcafe coinの一号店へ!たまたま近くにいてよかった!coinさまさまだわ♪

そろそろバスの時間まで小一時間・・・映画を観なかったから、時間つぶしも大変!

f0152079_1981940.jpg

娘の大好きなEVISU。計4本も買った娘^^;
f0152079_1982829.jpg

こっちは、実は慶州のEVISU^^

最後の最後まで、屋台で靴下買ったり、あれこれ買ったり・・・で、スーツケースに

入れる物(重いもの&水気のあるもの)と、持ち込み用を分けて、お世話になった

ホテルを立ち去る。リムジンバスの中で、キムパッを食べ、仁川へ。。。

搭乗待ちの時、アジュンマの一行とちょっと話をした。一人なのが珍しかったようだ。

慶州へ行って来たというと、もう30回以上訪韓してるけど、一人旅は自信ないと。

お金と暇のありそうな一行だった^^;

帰りの飛行機、こんなの初めてというほど揺れた!気流の悪い場所を通りますって

アナウンスが入ったけど、身体が浮く感じで・・・成田は雨。。。。

無事着陸出来るだろうかと思ったけど・・・今までで一番ドスン!と着陸。

ま、こんなこともあるだろうさ!笑)一人なので、電車を乗り継ぎ、最寄りの駅まで

娘が出迎えてくれて、12時頃帰宅。

f0152079_1983797.jpg

このファイルにつられて買い物・・・NATURE REPUBLICではマニュキュアだけ!爆)
f0152079_1984624.jpg

善徳女王関連の買い物。ストラップは可愛いよ^^他に、OSTも買ったけどね^^

ちょっとお勉強♪

『선덕여왕』はどう読むでしょう?私、ちゃんと講座の先生に質問した^^;

선덕여왕 > 선덩여왕 >선덩녀왕 発音の法則で、このように変化♪

ソンドンニョワン「 ㄴ」は歯茎裏に舌がつくn「ㅇ」は、ズボンやボタンみたいに、

口を閉じないng ・・・ㄴとㅇの区別は慣れだけど、ㅇの後に、母音が来ると

隠れているgがリエゾンするから사랑해はサランゲと聞こえる。ウンチェを思い出すね♪

사랑のㅇを口を閉じないで言って、その後に해(애)を続けると実感できるよ^^



長々とひと月以上もかかった2010年5月の旅日記、これにて終了♪

お付き合いいただいたヨロブン、대단히 감사합니다 ~~~~emoticon-0152-heart.gif


by andegenni | 2010-06-22 20:03 |  2010.5  慶州 | Comments(8)

2010.5 慶州へ part10 石窟庵・仏国寺

一昨日の夜は娘とSEX AND THE CITY2を観に行った。

1は全世界で4億ドルの大ヒット!2は前売り券が、その時一番人気の映画を

越したそうだ^^;やはり、面白い~~~~!!!

オフィシャルサイト♪

ライザ ミネリが出て来た時は、え?本物?と思ったけど、64歳なのに

動きがシャープで足が綺麗!ペネロペ クルスもカメオ出演してて、なるほど

ハリウッドの女優達にもファンがたくさんいるのを実感出来る^^

久々、イクスピアリで観たけど、斜め後ろで綺麗なアメリカ人?の女の子が二人

観てて、何度も大笑いしてて・・・最後はエンディングに合わせて、踊りながら

出て行った・・・娘と、東大門で深夜「映画は映画だ」を韓国人ばかりの中で

観た時も感じたけど、アメリカも韓国も、映画を観る時、弾けて観てるなぁ・・・

日本人は、少しでも話してる人がいると冷たい目で見るし、「静かに鑑賞」が基本で

謙譲の美が賞賛される国だけど、明るい映画ならもっと弾けてもいいのになと思った。

久々行ったら、駐車場手前に「シルクドソレイユ」の劇場が出来ていた。今度は

こっちも観てみたいなぁ・・・「太陽をのみ込め」でも出て来たけど、あの舞台は

圧巻だった^^調べたらピーク時のいい席は16000円・・・でも見たいかも^^;

昨日は韓国では「ロードナンバーワン」の制作発表とショーケース・・・

記事がたくさんあがってるし、動画もいくつか観たし、昨夜のセクションTVも

観たけど、もう来週開始だ!昨夜のセクションは話題が豊富で、ロードのインタが

面白かった。キム・ハヌルはジソとのキスシーンはとてもよかったけど、ゲサンとの

キスシーンは嫌だったと!笑)三人とも大笑い。しかもゲサンが好きなのは

f0152079_1644479.jpg

ジソブ兄さんみたいだと・・・この後、사랑해요と言って、ジソは大笑い!

ともあれ、和やかそうなインタだった。他にも、

f0152079_16481327.jpg

チェ将軍とキム・スンスのファッションショー、それを観に来たヒョギ、あるいは

ミシル@コ・ヒョンジョンの初ペンミに出席したビダム@キム・ナムギルとか^^

あ、とにもかくにも早く、旅行記終わらせないと・・・笑)

では続きを・・・

10番バスに乗って、仏国寺へ・・・途中、工芸村も経由・・・
f0152079_3281552.jpg

着いてすぐに観光案内所へ向かった。石窟庵行きのバス停を尋ねる。

向かいの道路にあることを確認して、さぁ、食事だ!45分しかない・・・
f0152079_3284270.jpg

道を降りて行くと、全部屋根瓦のある何筋もの通り・・・お坊さんしか

見当たらないので、尋ねてみることにした・・・

「あの・・・ちょっとお尋ねしてもよろしいですか?」それに対する答が

「はい、なんなりとお尋ねなさってくださいませ」と最大級のお返事!さすが!

カルグクスを食べたいので・・・とお店を尋ねたが、お仲間で話されて、あるには

あるけれど、ちょっと説明するのが難しいと。。。では、スンドゥブチゲは?と

訊くと、一番近くのお店を教えて下さった。감사합니다, 승님♪
f0152079_329329.jpg
f0152079_3291870.jpg

もう2時なので、お店のアジュンマ達も食事中。食べていらっしゃったラーメンが

おいしそうだったけど、メニューじゃないと。。。笑)スンドゥブチゲを注文♪

魚介類も入ってて、とってもマシッタ~~~!上の左側の葉っぱ、名前を尋ねたが

忘れた・・・まんま葉っぱに味付けしてあって、初めて食べたけど、ちと苦手かも?

韓国語で会話したら、あれこれ訊いて来られて。。。仏国寺の駐車場のすぐ下の

お店だから日本人も多いと・・でも、アジュンマ一人で行ったのは珍しかったのか?

円からウォンはいくらで両替したかとか・・・ちなみに当時は100円>1270W

くらいだったけど、今はもっと円が高い。私はウォンを持ってたので今回は両替なし!

2時40分発の石窟庵行きのバスが停車中だったので乗りこむ。後から外人の女の人が

一人・・・出発する時も片手でも足りる人数^^;仏国寺から石窟庵までの道は

日光のいろは坂状態・・・行きは右側が景色がいいと(帰りは左側)調べていたので

右に座ったけど、食べたばかりで、ちと気持ち悪くなった・・・景色はだんだん登りで

とても綺麗。八重桜が満開&散り際でとても綺麗だった。5月にまた桜が見れるとは!

着くと、運転手さんが、4時だよ!って教えてくれて。。。外人の女の子にも教えて

あげると「ありがとう」と日本語が!カナダだったか?からの一人旅で、日本にも

しばらく来たことがあるとか・・・とっても旅慣れている様子。
f0152079_3293334.jpg

駐車場からすぐ見える鐘堂。階段をあがってチケット購入。数百人分のチケットを

買っている男性が・・・ものすごくカッコいい人で、俳優でもいけるんじゃ?と

思ったが。。。後で、先生だと判明!こんな先生がいたら女生徒に人気だろうな!
f0152079_3295068.jpg

さて入るか・・・ところが、わかってはいたが。。。
f0152079_330771.jpg

こういう緑が綺麗な道をテクテク歩くこと、約15分!綺麗だけどねぇ・・・

なぜに、入口から遠いのか?儒教が栄えて、仏教は山奥に隠されたという説も

あるにはあるけど、それにしても遠い・・・1時間で往復しないとならない・・・
f0152079_3301752.jpg

石窟庵下の広場から更に急な坂道を登り、ようやく到着!でも写せるのはここだけ!

内部は、ガラスで覆われて、写真撮影も禁止。国宝の中でも最大の国宝だからね・・

新羅の景徳王10年(751年)に宰相である金大成が設計、創建、彼の死後、国が

工事を引き継ぎ完成。高さ3.4mの釈迦如来坐像は花崗岩を丸彫りしたもので、仏教

美術最高の傑作だとか・・・本来の石窟庵は自然の湿気対策、換気が出来ていたが、

日本の統治時代に解体して建て直ししたが、元の状態がわからなくなり、今は、石窟の

周りをコンクリで固めてしまって換気が出来なくなり、ガラスに入れて人工的に空調

調整してるんだとか。。。超有名な観光地だから、内部は検索すれば出て来るよ^^

外人さんのツアーが来てて、メキシコだったか?とっても気さくだった^^
f0152079_3302518.jpg

少し下がった場所にあるお堂。ここは写してもOK♪
f0152079_3303950.jpg

補修の際に出て来た石。
f0152079_3305689.jpg

広場の様子。もう、どこもかも子供だらけ~!
f0152079_331794.jpg

一応、お約束のこれも♪

帰りは同じ道。外人さん達もほぼ一緒に・・・一人の外人さんが指さした先には

リス!怖がらないで、普通にしている^^子供たちの一行も追いついて来て、

外人さん達に、「ハロー、ハロー!」の連呼!私の顔も見るので「こんにちは」と

言ったら、「일본 사람이다」と・・・あちこちから「こんにちは!」と言われた^^

鐘の場所へ戻る。打つのは遠慮して駐車場へ。。。
f0152079_3312156.jpg

f0152079_3313322.jpg

高い場所にあるので、景色がとてもいい。残念なことに霞んでて、海は見えず。

反対側は、仏国寺や慶州市内を見渡せる。屋根瓦の一帯は瓦が揃ってて綺麗^^

4時前にバスが到着。先程の運転手さんが、笑顔で迎えてくださった^^

またグルグルの坂を、今度は下り・・・また若干気持ち悪くなり・・・

ようやく仏国寺へ戻る。ここも、駐車場から遠い(T_T)

f0152079_3314966.jpg

公園の中を進む。八重桜が散って、ピンクの絨毯状。。。
f0152079_33265.jpg

お約束(そんなのあるんか?笑)の石碑。若い男性が座って携帯で話し中で、

なかなか去ってくれなくて^^;ようやく写して、門の中へ。。。
f0152079_15161153.jpg


入ってから、あっ!と気付く^^;入口の一柱門を写すのを忘れた!柱が一字の

門で、煩悩を払い、一心で仏の元へ向かうという意味もあり、どんな人にも出入り

自由に門を開くという意味で、扉がない門。帰りでいいか?と進む。参道が綺麗!

f0152079_3321874.jpg

第2の門。天王門。前を歩いている方は作務衣を召していらして、関係者みたいで

門の前で、長く合掌してから入られた。私も一応合掌してくぐる。門の中には

持国天王と増長天王、広目天王と多聞天王の姿が。2月に行った永平寺を思い出した。

この仏国寺も石窟庵と同時に創建された世界遺産の仏教美術の傑作品。

国宝が6つある。

f0152079_3325291.jpg

紫霞門に上る階段が国宝に認定されている青雲橋(下の階段)・白雲橋(上の階段)。

でね。。。ここでも随分待ったの・・・と言うのも、この柵の前に女の子4人が座り、

向かい合って先生が座って、手で影絵の動物みたいなのをやってて・・・私ともう一人の

外人がカメラを持って待っているのに気付いた女の子一人が先生に言ったのに、先生は

気付かず、何回も言われて振り向いて。。。先生は夢中だったご様子で!爆)
f0152079_336689.jpg

立ち去る姿を写してしまった!爆)小学生も高学年になると可愛くてスタイルがいい!

お気に入りの子達に囲まれて、若い男先生は天国ねぇ~!爆)でもね、この先で一回、

写真を写しましょうか?って先生の方から声かけされて、気にはしてた様子!笑)
f0152079_3362920.jpg

多宝塔。4か所にあった置き物が盗まれて一か所だけになったとか。。。なんという!
f0152079_3365063.jpg

大雄殿もこの通り・・・どこへ行っても子供だらけで。。。^^;

仏国寺も検索すればいくらでも出て来るので、一応全部写したけど、割愛!
f0152079_337636.jpg

金の豚さんには触って来た。何か御利益があればいいけど~!笑)
f0152079_3372428.jpg

こういう人気が少ない所が嬉しいほど。。。
f0152079_337378.jpg

安養門に上る階段は蓮華橋(下)・七宝橋(上)でこれも国宝。掃除中だった^^;
f0152079_3375231.jpg

帰り道・・・子供がいなくて、爽やか~な緑の道。。。

家族連れの一行に追いついたら、可愛い赤ちゃんも一緒。息子さんがお母さんに

これからどこ行こうか?アナプチって所がライトアップされてて夜は綺麗らしいと

話してらして・・・孫も連れ、息子一家とお出かけで、いいなぁ。。こういうの^^
f0152079_338877.jpg

出たらこの門だった!あれ?一柱門は?係の人に訊くと、行きと帰りは道が

違うそうで、ずっと先だと・・・諦めたーー;

また観光案内所を覗いて、帰りのバス停を尋ねる。
f0152079_341189.jpg

慶州バスターミナル発の10番、11番バスのルート。主要観光地はこのバスで

ほぼ行ける。クリックすると大きくなるよ^^

目の前を、外人さんのツアーバスや、小学校の遠足?修学旅行?バスが出発して

行く。中には一校で7台のバスも!バス停にさっきいたカップルが見当たらない?

どうしたんだろう。。。と思ってたら、観光案内所のアガッシが来られて、

あの・・と言い淀んでいらっしゃる。バスは表の道路に止まりますって!爆)

停留所の建物は駐車場内にあって、駐車場側を向いている。バスは背中側の通りに

止まり、すでに一台か、二台行ってしまったようだ!爆)日本の感覚で、バスは

停留所の前に止まるとばかり。。^^;どうりでカップルがいなくなった筈だ!笑)

恥ずかしい・・・そう言えば行きも中までは入って来なかったのに、私ったら!爆)

行きと違うルートで帰りたかったので、また10番バスに乗った。

運転手さんに「皇南パンのお店に行きたいのでどこで降りたらいいか」と尋ねると、

駅の手前の빨우정ロータリーだと。。。バスは仏国寺駅(小さくて可愛い!)を経由し、

前日行った善徳女王陵の入口も通り、国立慶州博物館やアナプチも通り・・・

それにしてもめっちゃスピード出してて怖い・・・ループで運転してるから時刻表は

あるのか?ないだろうな。。。と思うけど、どうしてそんなに急ぐのか?

韓国人気質?笑)

ロータリーで降りて慶州パン本店までテクテク歩き、まずはアツアツのをひとつ試食!

おいしい~~~~!餡は甘過ぎず、皮は薄い。パンというより、大きめのお饅頭だ^^

20個入りを購入。まだ熱いからと蓋は閉めずに袋に入れてくださった。前日の日曜

だったら50分待ちだったとか?月曜に行って正解!その分子供には沢山会ったけど!
f0152079_3382074.jpg

慶州パン本店の角を曲がってみた。この通りは地元の若い子が多かった。いろんな

ブランドのお店もあって、花郎路では見かけなかったお洒落なお店もあった^^
f0152079_3383779.jpg

もう一度、市場へ。前日は表の靴屋さんだけだったので、通りから筋へ入ってみた。

列車の中で食べるものを買う。安い!さて、出発までまだ一時間近くある・・・

探したけど、表通りでは喫茶店が見つからない。。。ようやく、交差点の角の

薬局の地下にあるのを発見!いわゆるタバンだけど^^;
f0152079_3385490.jpg

ママさんは植え木に水やり中・・・女一人で入るのも珍しかったかも?笑)

他にお客がいなかったのが幸いだ。メニュー表に日本語も書いてあった。

日本人も数多く来ると・・・で、ジュースが全部ジウスになっている!

メモで、ジウスではなくてジュース、ユは小さいュだと説明したら、書いて

くれたのは日本人なのに・・・とママさん!もしかして、オルシンでしたか?と

尋ねると、その通り、ハラボジだったと。。。爆)二人で笑った!
f0152079_3493930.jpgf0152079_3495390.jpg
皇南パンの袋と、市場で買ったもの。左は干し柿。帰国して食べたがおいしかった~!

アルミの中はキムパッ。右端は揚げ物いろいろ。タレもカップでくれた。

茄子だと思ったのは、実はスンデの揚げ物!笑)揚げ物はこれだけ全部で2500W。

安い!









19時16分発のセマウルで慶州ともお別れ。市場で出会った外人の親子がホームで

キムパッ他を食べていた。白髪の混ざる両親と娘さんの3人は、大きなバックパック姿。

慶州はさすが、韓国でも一番の歴史の街だと思った。何しろ外人も多く、子供も多い!

綺麗な夕焼けを見ながら大邸へ向かう。大邸では同じホームにKTXが来るので便利

だった。ホームで抱き合ってるカップル。最近はこういうカップルもよく見かけるな

と思ってたら、彼の方が私の隣の席へ・・・遠距離恋愛中だったようで^^;

ご飯も食べ、爆睡しながらソウルへ戻った。。。慶州旅行、楽しかった♪

by andegenni | 2010-06-19 03:52 |  2010.5  慶州 | Comments(10)

2010.5 慶州へ part9 新羅ミレニアムパーク3・羅宮

砦を出て、ミシルの宮殿へ向かった。入口の前に竹の小道があって・・・
f0152079_12322590.jpg
f0152079_1232462.jpg

ミシルの宮殿で撮影されたシーンのパネルがあった。
f0152079_1233492.jpg

宮殿の入口。
f0152079_12332149.jpg

真ん中に橋があり、こちらは橋の右側。お花がとてもとても綺麗な館だ。
f0152079_12333470.jpg

橋の真正面。本殿といったところかな・・・
f0152079_12334945.jpg

橋の上から。欄干が怖い^^;左側は回廊になってて、結構広い。
f0152079_1234765.jpg

回廊に立つミシル。彼女、実際にも170以上あるけど、でかいね^^;
f0152079_12341841.jpg

端の方にはこんなのも^^子供が抱っこされて顔出してた^^

錬武場を出たあたりからずっとつかず離れずで一緒に回る形になった家族連れ。

雨があがったから不用になった傘を、3歳くらいの男の子が引きずって歩いてて

それがめっちゃ可愛い子でねぇ・・・可愛い家族連れだったわ^^話はせず^^;
f0152079_1234344.jpg

館を出て・・・この瓦、面白いね^^
f0152079_12344585.jpg

撮影場の横断幕のあった通りへ戻る。行きは時間が迫っててチラ見だけした壁に

事前に知ってはいたけど、善徳に混ざって「花より男子」のシーンも・・・
f0152079_1234588.jpg

ジフとチャンディが馬に乗ってるシーンだけ・・・この樹もちゃんと写ってるね^^
f0152079_12351979.jpg

ビダムの最終回のシーンもあったけど、撮影地はここじゃないと思うな・・・
f0152079_12354793.jpg

伽藍の滝。
f0152079_12355989.jpg

公演のあったメイン会場にあるエミレタワー。湖側は売店になっている。

こちらは反対側で、ちゃんとフォトスポットもある。国立慶州博物館にあった

聖徳大王神鐘(別名エミレの鐘)の約5倍の規模で作られた、ミレニアムパークの

ランドマーク。足元に、トレビの泉のように、コインを投げ入れる場所があった。
f0152079_1236123.jpg

ここは食事処。遠足だか、修学旅行だかの生徒がいっぱいになってきた。

向こうに見えるタワーは、後で写真載せるけど、ミレニアムタワー。

他にも野外公演場(立ち入り禁止でリハーサル中だった)とか、飛沫地とか

張 保皐公演場(御存知チャン・ボコ@海神)とかもあるけど、時間がなくて・・・
f0152079_12362728.jpg

看板がまんま・・・新羅記念品店^^;入ってみたが、買ったのはポストカード

のみ。それも、ミシルVSトンマンとキム・ユシンの写真の特殊加工された物。

ビダムのものは?と店員さんに訊いたが、ここではビダムは撮影されなかった

からか?何もなくて・・・5枚入りの写真だと、最初に

f0152079_13275382.jpg


これが入ってるけど、その一枚のみ・・・店員さんにこれでも撮ってくださいと

言われ、写したもの^^;;;
f0152079_12364061.jpg

処容の滝。なんだこれ?と思って撮ったけど、帰国して調べたら、これも伝説。

新羅の時代、東海に住む処容(コズチズ)が竜の子だと言って新羅にやってきて

王は家来にして美しい妻を与えた。ところが疫病神が妻を好きになり、人間の

姿に変わって妻と寝ている所へ、処容が帰宅。ところが怒らず、歌を歌って踊り

ながら部屋を出たので、疫病神は元の姿に戻り、処容の寛大な行動に、自分の行動を

恥じてもう二度とあなたの家には入りませんと言ったとか。それで、処容はその後、

大臣となり、国も国人も豊かになったのだと。それで、人々は処容の顔を描いて

門に貼り、邪気を払い、慶事を迎える習慣が出来たのだとか・・・へぇ~っ!
f0152079_12365224.jpg

入口の噴水の場所まで戻り、脇の坂を登って行くと、「羅宮」のお庭が見える

場所に出る。羅宮内は立ち入り禁止だけど、宿泊客は、宿泊中はミレニアムパークに

出入り自由だとか・・・

f0152079_123797.jpg

パークを出て、羅宮に向かう。この緩やかな坂を登ると塀が・・・

もしや、「花より男子」で、ジュンピョが覗きこもうとピョンピョンしてた塀では?

f0152079_1414304.jpg

その通りだった^^でもね・・・

f0152079_12372273.jpg

羅宮の入口に門が出来てて・・・向こうにエミレタワーが見えてるので、位置関係が

わかるね^^
f0152079_12373558.jpg

羅宮の玄関。ジフの家という設定の場所だけど、内部はきっとセットだと思う。

それにしても、ソウルの学校から慶州の郊外のここまで通えるわけがない!

学校は坡州(パジュ)の英語村にある。パジュはそれ以外でも一度訪れたい場所

なんで、いつか行こうと思ってるけど・・・ドラマのどこでもドアはここでも健在♪

あ、それとここはドラマ「食客」でも使われているよ^^

f0152079_14165818.jpg

ジュンピョの車位置があれ?当時は続きに壁があったのか?
f0152079_12375011.jpg

蹴った木はどれかな?と写してきたけど・・・
f0152079_14212348.jpg

塀が途切れた場所にある木だったわ^^;今はこの横に門がある。
f0152079_1238429.jpg

敷地は立ち入り禁止みたいなので、お利口さんな私(ほんとか?爆)は入らず・・・

代わりに。。。って・・・ジュンピョがピョンピョンと覗きこもうとしてた

塀越しに腕だけ伸ばしてパチリ!<どこがお利口さんじゃ!笑)

さて、帰りのバスから逆算すると、石窟庵を4時に出ないとならない・・・

10番バスで仏国寺まで行って、毎時40分発の仏国寺>石窟庵のバスに乗る。

石窟庵から仏国寺へは毎時00分発。食事時を過ぎてるので、仏国寺で先に

食事しないと・・・2時40分発に乗らないといけないので、ともかく移動。

ミレニアムパーク入口から左へ歩き、橋を渡ってしばらく進むと・・・
f0152079_12463562.jpg

慶州エキスポ公園がある。パークも、バスではここが最寄りの停留所になる。

あちこちでチラチラと見えていたミレニアムタワー。いったいどういう建て方を

すれば、ビルの間を繰りぬいて、こんな塔の部分が出来るのか?不思議~♪

さて、10番バスがやってきた。続きはまたね~♪

by andegenni | 2010-06-15 12:46 |  2010.5  慶州 | Comments(10)

2010.5 慶州へ part8 新羅ミレニアムパーク2

公演が終わると、湖をバックに集合写真を撮っている一行がいた。

お年寄りで足の悪い方用に係員が2台、車椅子も用意してあげてて・・・

雨はあがり、だんだんといいお天気になってきた。よかった~♪

あちこち写真を撮って移動し始めたら、おひとりですか?と話しかけられた。
f0152079_18771.jpg

次の会場は一番奥の場所で、「花郎の道」という公演が11時半から行われる。

この小道は、左右の足元にスピーカーが所々設置されていて、人が近づくと

カヤの音色が奏でられる。向こうに見えている先程の方々に追いつくと・・・

どこから来たのか、韓国語上手ですね(これは完全な常套句でお世辞!)に続き、

ご自分達は近くの街の教会仲間で、ここへ見学に来たと・・・ここから困った!

宗教は何?と・・・日本ではキリスト教はどう?だとか、教会は多いのかとか・・・

神様(これは日本語で)の方が信じられてるのかと。。。無宗教な私は^^;;;

小道が終わったら左手の方に何かありそうだから一旦離れようとすると、遠いから

時間までに来てね♪と・・・触れ合いは楽しいけど、話題によっては困る^^;
f0152079_182613.jpg

行ってみたら足湯だった^^
f0152079_183936.jpg

また元の道筋に戻ると、工房が集まっている区域になった。時間がたっぷりあれば

ガラス工房や染色工房・・・など覗いてみるのも楽しいかも^^体験もOK♪

ここは木工房@談木園だ。河回村の入口の風景を思い出した。
f0152079_1102112.jpg

向かい側にはユーモラスな土偶達。ちゃんとフォトスポットもある^^

土偶は三国の中でも新羅だけにあった独特のもので、当時の土偶は片手に

乗るくらいの大きさで、自然のままの模写が多く、土器の肩、口部分に乗せて

あるのが出土されたりしている。ちょっと調べたら、結構、奔放な土偶も^^;
f0152079_1103363.jpg

ここからが「善徳女王撮影場」だ。セットとして作られた場所^^
f0152079_1105175.jpg

右側にある家に入ってみた。グルッと回るとパネルがあって・・・

韓服の案内の女性が、私が日本人だと知ると案内してくださった。
f0152079_111768.jpg

パネルの写真はこの家の格子の前。中も撮影に使われたそうだ。
f0152079_1112398.jpg

この渡り廊下もパネルの位置。パネル以外にもあちこち撮影されたのかも?
f0152079_1113418.jpg

さっきの家と隣の家の間の道。
f0152079_1114747.jpg

「花郎錬武場」へ着いた。花郎公演場の垂れ幕のがでかい!

ユシンやトンマン達の錬武場として出て来たよね^^
f0152079_112261.jpg

公演の前にトイレへ・・・はて、このトイレどうやって開けるのか?

押せばよかった^^;中はいたって現代的で一安心^^;
f0152079_1121762.jpg

また席に敷くマットを渡された。親切~♪出演者達が錬武場内を回り、最後に

中央に勢ぞろい。ここで驚いたのはこの馬!ちゃんとお辞儀をしてくれた^^
f0152079_1123856.jpg

刀や槍の公演。みんな一緒の演武の後、一本の木を何か所も斬っていく・・・
f0152079_1124869.jpg

馬上から、まずは弓、次は槍を的に・・・ちゃんと当たった!

その後、馬上演技。それぞれの持ち味で演技してくれた。本音をいうと、

個人技ばかりだったので、水原民族村の馬上演技の方がすごいかも?
f0152079_113146.jpg

競技を終えて、厩舎へ向かう・・・実は、「花より男子」でジフとチャンディが

乗ったのもここの馬^^
f0152079_1131426.jpg

門前にあるパネル。真ん中のパネルは上でも見える階段前ね^^
f0152079_1133276.jpg

左のパネルは観客が残っていたこの部分。車椅子の方はここから見学されていた。

向こうに砦も見えてるね^^
f0152079_1134358.jpg

右の写真は錬武場のまん前。この角だ。ここら辺りはたくさん撮影されたと思う。
f0152079_113597.jpg

トイレの先を左に行くと・・・このパネル。
f0152079_14144033.jpg

左のパネルの木。
f0152079_1141282.jpg

真ん中のトンマンとアルチョン郎のシーン。
f0152079_1142743.jpg

右の花郎達の食事会はこの方向ね^^
f0152079_114465.jpg

楼から見える池。位置関係がわかるよね^^
f0152079_1145985.jpg

さて、後回しにしていた砦というか、ユシン達の住んでいた場所へ・・・
f0152079_1151142.jpg

入口にあるパネル。ここは数多く撮影されたよね^^
f0152079_1152338.jpg

入った中の様子。
f0152079_1153615.jpg

井戸の前にはこのパネル。
f0152079_1154854.jpg
f0152079_116333.jpg

階段のシーンや他、いろいろと思いだしたなぁ・・・

今日はここまでね♪

by andegenni | 2010-06-11 01:16 |  2010.5  慶州 | Comments(10)

2010.5 慶州へ part7 普門団地・新羅ミレニアムパーク

昨日はお台場へ行って来た。お昼前に集合し、久々の友人達と

モンスーンカフェでランチ。しばらく行ってなかったら、サイドメニューとして

サラダ、飲み物、デザート等がバイキングになって450円で嬉しい^^

海浜公園、レインボーブリッジを見渡しながらの個室で、のんびりとランチ。

夕方からZEPP東京で、チャン・ヒョクのチュノ中心のペンミがあったからだ。
f0152079_117237.jpg
f0152079_1172666.jpg

時間つぶしにまたまたお茶してお喋りし。。。ようやく会場へ。

一足先に向かった種ちゃん他は、TSUTAYAの特派員として10名の中に

選ばれて、記者会見見学、質疑応答も済ませた後だった。みんなが羨んだのは、

首から下げるネームプレートの写真。なんと一人ずつ、ヒョギとのツーショットの

チェキ写真が入ってて!結局、9名の参加だったらしいけど、そのうち3名が

知り合いでツーショット写真を見せて貰ったけど、こんな経験二度とないよね^^

上の写真は、会場内のサイン入りパネル。携帯写真なので画像悪くてミアン^^;

今回も喋り倒しそうなトーク中心のヒョギだったけれど、少し気にしてて、短めに

通訳さんを困らせないようにと、今から気をつけると・・・言った端から、長い!爆)

それでも、ごめん・・という気持ちを伝えたり、お願い・・・という気持ちが

伝わったりで、通訳さんとの掛け合いが面白かった。しかし、通訳さんはすごい!!

あれだけの長文をくまなく訳してくださって。。。恐れ入った!爆)

面白かったのは、田代さんの突っこみで腹筋が見たい人って所。みんなが反応して

しまい、仕方なく・・・恥ずかしいと言いながら、瞬間的に見せるから、見てねと

言って、後ろ向きになってチラッと(と言っても2,3秒)。大笑い!頑張ったね!

全体的にリラックスしてて、私には初めての歌2曲も歌ったし、ヒョギ宛のラブレターを

前もって送った人の中から2名選ばれ、本人の前で読み、二人をハグしたヒョギ。

二人ともすごくいい内容の手紙で、聞いてる私達も楽しかったし、彼も嬉しかっただろう。

俳優という仕事が好きで好きでたまらない彼は、一度も辞めようなどとは思ったことが

ないそうだ。いつまでも演技を通して楽しませてくれる存在でいてくれそうで、応援

してる方々も嬉しいよね^^最後に握手、集合写真も撮った^^

で、何を言いたいかというと・・・そのヒョギが、かつてインタビューの中で、

韓国でのお勧めの場所として一押しした『普門観光団地』。前から、いつか行こうと

思ってた場所だけど、今回、ようやく慶州へ行くことになり、それなら、普門に泊まろうと

思った次第だ。慶州の旅、続きをアップするね^^


自転車を返し、道を渡って、バス停へ向かった。行く前にお茶でも飲みたくて、並びを

探したけど見つからない・・・しかたなく直行。待っていると10番のバスがやってきた。

細かいバス停留所はわからないので、運転手さんにホテル名を告げると了解してくれた。

バスは市街地を走り、日中自転車で走った道を通る。芬皇寺までは同じルートだ。

橋を渡り、普門団地へ入る。道幅が広く綺麗な道路だ。着いたよと運転手さんに言われ、
f0152079_1153654.jpg

到着した今夜の宿。ちょうどホテル群の真ん中辺りに位置している。

バスはメイン通りのホテルそれぞれに停車するから便利だった。

このホテルは、変わった建て方で、全室、ベランダから普門湖が見渡せる。

予約した際、カードで支払い済みで、その予約書を印刷して持参したにも関わらず、

パスポートの提示を求められ、コピーまで・・・女一人で、荷物もないからか?笑)
f0152079_11532651.jpg

部屋の中。一人なので、ゆっくり寝ようとダブルにした。早速脱いだ靴!笑)

実は、スニーカーを買って履き換えたのに、自転車をこいでる最中、激痛が・・・

だましだまし予定を終えたが、靴を脱いでみたら、足の裏の水庖が潰れていた^^;

まずは治療・・・綺麗に洗って、持参のバンドエイド(自転車やさんに預けた方に

入っていたため、途中で貼れず・・・)を貼って応急手当て。

部屋は少し古いものの、十分な広さだ^^
f0152079_11534877.jpg

ベランダから見える湖。敷地の中を湖に向かって行くと、白鳥の遊覧船乗り場も

あるし、湖畔には韓食のお店もある。このホテルの湖越しの正面には、ビダム

一党が立て篭もった『明活山城』の城址がある。地図には今も城壁の印があるので

きっと残っているのだと思う。その山の下辺りに、善徳女王の父、真平王のお墓が

ある。位置的には、狼山の女王陵と父の真平王陵は割と近い。(といっても間は山)

山城の址を見に行くのはちと無理があったので、景色を眺めて、あそこにあるなと^^

慶州ワールドの観覧車も見えているし、回るにはレンタサイクルもあって、ボートも

乗れるし、施設があちこちにあるので、家族連れも楽しめるリゾート地のようだ。

さて、傷の手当ても済んだし、夕食を食べに行こう!一人だから、焼き肉や韓食は

無理・・・
f0152079_1154130.jpg

目指すお店はこの水車が目印。ホテル前の道を渡るとすぐ近くにある。

なるほど巨大な水車だけどどこから水が?説明文によると更に高度の高い場所に

あるなんたらいう湖から水を引いているそうだけど^^;水車の先の道を登ると・・・
f0152079_11541249.jpg

目指したお店、초가집はすぐにわかった。素敵な作りで、食事は小さな部屋毎に

食べるようになっている。私も左から二つ目の部屋に通され・・・
f0152079_11542748.jpg

頼んだのはキノコの石焼ビビンバ。サイダーも入れて9000ウォンは安い♪

とてもおいしく頂きました!慶州に来てから、とてもヘルシーメニューだわ^^;

7時半から野外公演場で公演があるというので行ってみることに・・・

f0152079_11544076.jpg

野外公演場はこの普門タワーが目印。
f0152079_11545587.jpg

踊りあり、演奏あり、歌あり・・・の一時間を堪能した。席は舞台に向かって

円形に作られた階段状のもので、みんな適当に座って観ていたけど、家族連れも

いたし、外人もいたし、その脇のスロープを自転車で走り回る人もいて和やか!笑)

公演が終わり、近くのコンビニで飲み物と朝食のパンでも買うかと行ってみると・・

なんと、日本人しかいない!大勢の日本人観光客が買い物してて。。。

終わると、待っていた観光バスへ・・・3泊4日?4泊5日?だったかで、韓国の

観光地を巡る旅って書いてあった。こういうバスツアーは、あちこちに点在する

韓国有数の名所を駆け足で回るんだろうな・・・もう9時近いのに、これから

宿へ向かうのか?私みたいに、時間を考えて航空券をとり、ホテルも予約し、地方も

自分で向かう旅は、実はかなり割高になる・・・それでも、はい、乗って!はい、

降りて!の旅は性に合わないから仕方がない^^;隣のコモドホテルの敷地を勝手に

突っ切って、ホテルへ戻った。
f0152079_11551087.jpg

ベランダからの夜景。隣のコモドホテル。建物の屋根は周りが電飾されてて綺麗だ。

浴槽にお湯を張る。コンコードの向かい側にウェリッチ朝鮮ホテルがあるが、そこは

温泉ホテル。コンコードも、温泉を引いていて、各部屋の浴槽は温泉のお湯が出る。

待っている間にTVを点けたら、一泊二日をやっていて、なんと、慶州も・・・

前の日記でも書いたけど、瞻星台の前での撮影風景だった!笑)

お風呂に入ろうとしたら。。。首筋もお化粧落とした顔も真っ赤っか!

ソウルでも慶州でもお天気がよくて・・・5月の紫外線は夏より堪えたようだ^^;

浴槽は長くて、身体をしっかり伸ばして入ることが出来て、ゆったり湯船で寛いだ。

疲れていたので、私にしては早寝で12時頃就寝。

朝、8時に起きる。旅に出て、8時間も睡眠をとるのは珍しい^^;コンビニで、

カップ入りのスティックコーヒーを買ってあったので、廊下の給湯器でお湯を入れて

のんびり朝食。それでも9時には暇になり。。。出かけることにしてチェックアウト。
f0152079_11552427.jpg

予報通り、少し小雨が降り始めた。街路樹が綺麗な、ホテル前の道。普門団地は

春は一面桜になるそうで、その時期に行ったら綺麗だろうなぁ。新緑もいいけど♪

f0152079_1155391.jpg

前夜も前を通った観光案内所。ミレニアムパークは10時開園なので、どこかで

お茶でもしようと喫茶店の場所を訊くが・・・そんな場所はないと。。。

そりゃ、そうだわ・・・ここはホテルだらけだ!向かう道筋ならヒルトンホテルが

いいと言われた^^;歩くと15~20分くらいかかるミレニアムパーク。

のんびり歩くか・・・
f0152079_11555020.jpg

途中にこれがあった。とても綺麗な場所だと思ったら、出来てまだ30年なのね。。。
f0152079_1156582.jpg

そして、ここを作ったのも、この石碑があるこの場所なのかな?

新羅の初代王の誕生を前にあげたけど、その時、出て来た六部村。この建物、

すごく綺麗な建物&敷地だったけど、慶北観光開発公社だ。
f0152079_11562120.jpg

観光案内所のお姉さんが言ってた交差点はここね^^右へ行くとヒルトンホテル。

左へ行くとミレニアムパークだ。ホテルは少し奥にあって時間的に少ししかない

ので、直行することに・・・道々、雨でも公演は中止にならないだろうかと心配。

正面近くに着いて、まだ少し時間があるので、周りを見渡すと、ミレニアムタワーも

見えていて・・・コンビニで、飲み物を買い・・・外のテーブルは濡れているし

困ったなぁ。。。と思ってたら、ここでよかったらと、建物の中の階段に座って

下さいと・・・少し休憩して、そろそろ10時なので向かうことにした。
f0152079_11563795.jpg

ずっと善徳女王のOSTが流れていて・・・入口はここ。左の坂は羅宮へ・・・
f0152079_11565214.jpg

チケット売り場へ向かう途中。。。いよいよロケ地も観れるね^^
f0152079_1157617.jpg

地図。クリックすると大きくなるよ^^右の一番奥が善徳女王ドラマセット場。

ホテルで20%引きの割引券をくれた。ラッキー♪
f0152079_11572110.jpg

入口。入口の女性二人と、10時半からの劇に出演される方がお話されてて、

写真を撮らせて頂いた。後でわかったがその方は王妃?神女?重要な役の方だった^^
f0152079_1251320.jpg

入ってすぐの噴水の先が、12神。3人?ずつ撮ったけど、全部一緒に!笑)
f0152079_11573880.jpg

10時半からの劇のメイン会場。夜には女王の涙という公演も行われるそうだ。
f0152079_1158289.jpg

時間が余ってるので、近くの建物を・・・ここは中国風?

時間前になると、係の人が出てきて、席に敷くマットも手渡してくれた。

雨避けに巨大なパラソルみたいなのもたくさんあって、濡れていない場所へ

各自座った。雨は霧雨程度に・・・さて、「天櫃の秘密」の公演時間だ。
f0152079_11581668.jpg

公演が始まった。あたり一面に薄靄がかかるようになってきて・・・

一艘の小舟が左から現れ、どこからともなく一人のレインコート姿の男性が現れ、

私のすぐ脇を歩いて、そのまま水に入って行ってビックリ!え?

向こうにある岩の陰に入り、出て来ると新羅時代の衣装に変わってて・・・

この劇は新羅時代の花郎ミシラン(笑)が英雄になって敵を打ち破るという内容。

特殊効果がすごくて、大がかりな舞台セットだった。
f0152079_11583023.jpg

彼の真下に岩があるけど、船からここに乗ると、エレベーターのように上がるの^^;

さっき、一緒に記念撮影した女性が出てきて、彼に家来?と刀を授ける。
f0152079_11584432.jpg

壁が動くと、民衆がお祭りしたり、和やかに暮らしてて、そこに攻めて来る敵。

それを、ミシランが追い払い。。。また攻めて来ると・・・
f0152079_11585689.jpg

今度は両者船での戦い。相手の船がひっくり返る。
f0152079_1159734.jpg

結局ミシランが勝ち、城門が開いて、王様他が登場。でね、おかしかったのは、

倒れた船べりにぶら下がった敵の兵士と、船から落ちた二人の兵士がずっと

そのまま・・・二人はあおむけで、死体のようにただ浮かんで流されてるのよ。。

終わると起き上がって、みんなに手を振るんだけど、それがおかしくてね^^

ほんと、ご苦労さまでした!今日はここまでね^^

by andegenni | 2010-06-05 11:59 |  2010.5  慶州 | Comments(20)

2010.5 慶州へ part6 国立慶州博物館・校洞・半月城・瞻星台

月曜日が休館なので、今日、行かなくてはと急いだ国立慶州博物館。

切符売り場ではなぜか無料だと言われ、ラッキー♪日曜のせいか?
f0152079_19284840.jpg

敷地はかなり広い。時間的に30分強しかとれなそう・・・駆け足になる。

本当は何時間もかけてじっくり観たかったのだけれど。。。
f0152079_1929361.jpg

時間の関係で今回は行けなかった金春秋@武烈大王のお墓も、こういう亀が

石碑を支えていて、石碑はなくなってしまったけれど、亀から彼のお墓だと

判明したとかで。。。
f0152079_2048984.jpg

後ろに見えている鐘は聖徳大王神鐘@国宝。エミレ―の鐘とも呼ばれている。

鋳造が巧くいかず、幼い女の子を人柱として作り直したら、いい音色が出たが

「エミレ―、エミレ―」(お母さんの古語)と聴こえるという悲しい伝説がある。

統一新羅時代の771年、子供、孫にわたり、聖徳大王の冥福を祈るために

奉徳寺に作られたが、変遷を経て、ここに移された。
f0152079_192956100.jpg

「家門の栄光」でもこの考古館の階段を降りて来るシーンがあった^^

時間的にあちこち回るのは無理なので、考古館にしぼって見学することにした。

「善徳女王」が被っていた王冠だけど、本当にあのままの金冠が出土してて・・・

他にも、細かい多数の金の板で作られたベルトとか、ドラマでも出て来たような

長いイアリング・・・1500年もの昔に、すでに鋳造技術や製造技術がここまで

あったというのもすごいなぁ・・・新羅は金が多く産出され、豊かな国だったのが

よくわかった。大急ぎで、それでも所々、じっくり見ながら考古館を後にした。
f0152079_19301948.jpg

敷地内には、いろんな塔や、こんな仏像があちこちに^^

出口付近にいた警備員さんに、この先の道が自転車で大丈夫かどうかを尋ね・・
f0152079_19303237.jpg

半月城の外堀のような川沿いを自転車で走ると。。。月精橋復元と書いてある。

ここにこの橋が出来るのねぇ・・・復元ということは、昔はあったのか・・・

その先の車が渡れる橋を渡る。右へ行けば校洞村。韓屋が数多く保存されている。

が、目指すのは左・・・橋のたもとで、左折して進むと見えて来た。
f0152079_19305192.jpg

재매정財買井。野原の中にある。キム・ユシンの実家があったとされる。
f0152079_19315100.jpg

これがその井戸。説明の看板には、今は井戸だけ残っているけれど、ここがユシンの

家だった場所で、月城から西側400mのところに南川があり、そのすぐ傍に位置

していると。「三国史記」に、百済に勝利して帰郷する時、また攻撃されるとの

情報で出戦する時、自分の家の前を通ることになったが、家には寄らず、兵士に

井戸水を汲ませ、「我が家の井戸水の味は昔のままだ」と言って発ったと書いて

あるそうだ。新羅の名将キム・ユシンは王以上にその名が残っているようだ。

財買井のもっと先に興輪寺址がある。新羅の初めての寺址だけど、時間不足で断念。

ユシンのお墓、春秋のお墓も、時間が足りず、断念・・・橋近くに戻ると・・・

f0152079_2243571.jpg

司馬所@文化財があった。朝鮮時代に科挙に合格した両班に儒学を教えたり、

政治の討論をした場所らしい。

せっかく来たので、慶州郷校を見て行こうと、校洞村へ。韓屋が多くなってきた。

詳細地図がないので、見渡すと、格式のありそうなお店が。有名な요석궁瑤石宮。

女将さんがお客を送りだしていたので写真は遠慮した。最も有名な宮廷料理店で

数々の貴賓もここでもてなされているらしい。少し戻ると四つ角から見えたのは・・
f0152079_19312335.jpg

ここ、校洞法酒。朝鮮時代の王様に献上されていた地酒で、三百年にわたって

崔家に秘法が受け継がれているそうで、今も製造されているけれど、一日に

わずか16本。それも販売は蔵元に限定されている貴重なお酒だ。
f0152079_19313891.jpg

隣の崔家の看板を見て、はたと気付く。独立有功者 崔浚先生の生家と書いてある。

全財産を寄付して現、嶺南大学校の基礎を作った人だとか・・・

でも、慶州で崔家?ちょうど、観光に訪れた女性たちに案内をしている男性が。
f0152079_19315947.jpg

もしかしてここは、ドラマの名家の場所ですか?と尋ねてみたら・・・

その通りだと^^日本でもドラマが観れるのですか?とその男性(家主?)が

驚いていらっしゃった。現在KBS WORLDで放送中だから、せっせと録画♪
f0152079_1932193.jpg

中の様子。崔家古宅として重要無形文化財になっている。
f0152079_19323169.jpg

崔家古宅を出て左へ行くとあった慶州郷校。ここは新羅神文王2年に国学が設置

されていたところらしい。通用門はもっと現代的で、角を曲がった所にあった。

高麗時代にも朝鮮時代にも学校として使われていたらしい。

自転車で半月城に戻ろうとしたけど、城に至る橋が工事中で右往左往・・・

なんとか脇を通れるのがわかり、ようやく半月城へ向かう。
f0152079_1932444.jpg

城へ登る坂をあがると・・・なんとも広い、公園のような城址。面積が

約19万8千㎡で全体が半月の形をしているので、半月城とも呼ばれている

新羅の宮殿の月城。みんな、各自遊んでいる。

トンマンが生まれた直後、ソファが連れて逃げる草原もここにあるらしい。
f0152079_1933177.jpg

ミシルがサダハムを思って立っていた場所。伽耶暦を貰ったのもここ。
f0152079_19331743.jpg

サダハムの木。人が多くて、いなくなるのを待てなかった^^;
f0152079_19332824.jpg

サダハムの木の向かいくらいにある石氷庫。天然氷を保管した場所で、記録では

506年に作られたらしいが、今のこれは朝鮮時代に作られたもので、現存する

中では最も完全な姿だそうだが、少し前は入れたのに立ち入りは出来なくなっていた。
f0152079_19333983.jpg

柵の間から写してみた^^;さてもう4時半だ!大急ぎで城からの坂を降りる。
f0152079_19335197.jpg

降りると、게림鶏林。トンマンがタクラマカン砂漠で故郷は鶏林らしいと言ってた

けど、新羅は当時、ソラボルの他に、鶏林とも呼ばれていたのよね・・・

この欅の古木のある林にも伝説があって・・・西暦65年、新羅第4代脱解王が

けたたましい鶏の声で森に入ると、樹の枝に金のつづらが下がっていて、その中には

美しい赤ん坊がいて、脱解王は子の姓を金とし、慶州金氏の系譜がここに始まったと。

13代王が金姓の初めての王で、以後37名の金姓が王位を引き継くことになる。
f0152079_1934671.jpg

鶏林を過ぎると、첨성대瞻星台が見えて来た。どこからでもよく見えるのに・・・
f0152079_193423100.jpg

一応、入場券を買って入る場所。正面は記念撮影の観光客だらけだったし、時間も

なかったので、外から^^;言わずと知れた、善徳女王が建てた(632~647年)

東洋最古の天文台。それでね・・・その夜、TV見てたら、「一泊二日」をやってて、

この前で一行が撮影してた^^集まった観光客の中から選んで、お国自慢というか、

自分の住んでいる場所のアピールをしろと・・・いきなりの話なのに、みんな、巧く

説明してたなぁ・・・スンギ人気もすごいけど、MCのカン・ホドンもなかなか^^
f0152079_19344490.jpg

瞻星台から大陵苑へ続く道。ここら辺りにも古墳があったけど、遺跡保護地域は

こうして公園になっているから、みんな、それぞれに遊んでいる。日曜だし、

家族連れもたくさんだ^^
f0152079_19345849.jpg

石碑のある手前。お昼頃、ここから左折したけど、グルッと一周したなぁ・・・

やはり、これはキャラクターなのね^^額、直してあげてよね~!笑)

また大陵苑の塀沿いの道を走る。途中、何度か遺跡なのか看板もあったけど、

もう時間がない・・・
f0152079_19351854.jpg

信号待ちの間に『皇南パン』本店を・・・ここも「ハナヨ」で紹介されていた。

慶州パンはあちこちで買えるけれど、皇南パンは、この本店と、高速バスターミナル、

慶州駅の販売所、東大邸駅の販売所でしか買えない。

皇龍寺址で会った彼女は、高速バスターミナル近くの自転車やさんでレンタルして

夜7時までに返却と言ってたけど、慶州駅前は5時だから早い・・・他もあたって

みればよかったかも・・・5時1分前に慶州駅前の自転車やさんに到着。ここまでね^^

f0152079_2484850.jpg


(クリックすると少し大きくなります^^)

スタートは①慶州駅。向かいの城東市場で靴を買い、自転車で回った順番。

②大陵苑 ③皇龍寺址 ④芬皇寺 ⑤미주랑 다래랑(昼食)⑥雁鴨池

⑦善徳女王陵(もう少し先の左の山の上)⑧国立慶州博物館 ⑨財買井

⑩校洞村(青い校洞の校の文字左に司馬所。校洞法酒、崔家古宅、慶州郷校)

⑪半月城(サダハムの木、石氷庫) ⑫鶏林 ⑬瞻星台 ⑭皇南パン

PS 善徳女王のラストでいつも流れているのは、③の九層の木塔と⑬瞻星台

兄山江を越えて、ユシンの墓と武烈王陵(赤い下線)へも行きたかったけど、

何しろ両方とも坂道だし、バスでは時間が足りないし・・・で断念・・・ーー;

by andegenni | 2010-05-30 19:36 |  2010.5  慶州 | Comments(12)

2010.5 慶州へ part5 皇龍寺・芬皇寺・雁鴨池・善徳女王陵

もうそろそろ 부황사『芬皇寺』近くの筈・・・・・・見渡すけれどよくわからず、

農作業中のアジョッシに訊くと・・・説明されて着いたのは。。。

なんと 황룡사지『皇龍寺址』それも、車のわだちでデコボコした農道を自転車で

ヨロヨロと!着くと、門が閉まってて(後で脇から入れるのを知った)グルッと

敷地の右へ行くとなんとか自転車で進める道を発見!ただただ、だだっ広い・・・

自転車で進める際近くまで行くと、低い石塀に腰掛けてる女性が一人。

事前の資料では、自転車で芬皇寺側からこの中を突っ切ってのルートが書いてあって

本当に通れるのか?と彼女も自転車だったので尋ねてみようと・・・

韓国語で話しかけたら、地図の中の漢字を見つけて私が日本人だとわかって^^;

彼女も日本人、それもペ・ヨンジュンの熱烈なペンだった!笑)

ちょうど、お昼ごはんを食べていらしたのに、お互いに挨拶^^

私は善徳女王の史跡(ここは真興王が着手した寺跡だけど)を追って来たと言うと、

彼女は本を取り出し、これの撮影地だからわざわざここを見に来たと。。。
f0152079_14544566.jpg

この『皇龍寺』は新羅の最大、最古のお寺跡。24代真興王の時代、ここに

城を建てようとしたのに、その場所から皇龍が現れたため、護国の願いを込めて

お寺を建てたと。総面積約2万坪で、完成するまで4代の王にまたがっている。
f0152079_14551127.jpg

話をしていたら遠くにセマウルの姿が!彼女も私も話を中断して写す^^

私が乗ったのと反対向きでこの時、仏国寺駅~慶州駅の間を走っている状態だ。
f0152079_1455356.jpg

まずは当初の目的を果たそう。645年に善徳女王が建てた、かつて新羅三宝と

讃えられた高さ80mの壮大な九層木塔の巨大な礎石だけが残っている。

1238年に蒙古軍の侵攻によって焼失したが現存していれば世界でも類を見ない

木造建築物になっていただろうと。。。あちこちに遺跡と思われる石がゴロゴロ。
f0152079_1459164.jpg

f0152079_1456062.jpg

昨年9月にソウルで、創刊されたばかりのこの本を購入したにもかかわらず、

表紙と裏表紙を飾るその場所がここだとは知らずに訪れた私・・・

だ~れもいないこのだだっ広い場所に一人でいた彼女は、まさか、話の通じる

日本人にここで会えるとはと^^しかも良く見たら、「4月の雪」のスタッフ

ジャンパーを着ていらっしゃったし。彼と同じ場所に立った彼女を写してあげた。

彼と同じジャンパーの後ろ姿^^一人では写せなかった写真が手に入り、彼女も

喜んでいたし、私も知らないまま帰って後で後悔する所だったから嬉しい出会い

だった。彼女、ものすごい人で、ハナヨ(本の題を略してハナヨと呼ぶらしい)を

辿る旅をしていらっしゃる。かなりの期間、韓国に滞在することになっているらしく、

後にブログにお邪魔したら、あちこち行かれていた。深夜バスでまだ暗いうちに

慶州に着いたとか・・・出会った時、すでに仏国寺、石窯庵は行って来たと言うので

驚き!どれだけ朝早くから活動してるのか?笑)
f0152079_14562231.jpg

帰国して、本を調べたら、この樹も写真集に出ていた。今もなお鳥の巣がある。
f0152079_14564717.jpg

遠くに見える『芬皇寺』事前に調べたルートの道は確かに真ん中に一本あるが

それに至る道が中断されているし、向こう側に抜けられるかどうかも?

仕方ないので、また農道を通って、遠回りして行くことに・・・
f0152079_14571936.jpg

道路から少し引っこんでいるので、さっきはわからなかった『芬皇寺』入口。

善徳女王3年目に建てられた寺。
f0152079_150591.jpg

入口を入るとすぐに鐘閣と木彫りの魚。
f0152079_1514352.jpg

国宝の芬皇寺石塔。今は3層だけど、本来は7層か9層だったと推定されるとか。

北側の2匹は獅子、西側の2匹はオットセイで、それぞれ北方からの敵と、

海からの敵を防ぐために置かれているのだと。開いた穴の左右にある仁王像は

新羅時代の彫刻の傑作だと言われている。
f0152079_152358.jpg

一見、座りたくなるベンチもどき・・・実は芬皇寺に滞在した高僧元曉を奉った

碑の台座で、正式名称を「和諍国師碑趺」と言うらしい。座るなと書いてある^^;

f0152079_1524886.jpg

この八角形の井戸は「三龍変魚井」。3匹の龍が魚に変えられ、持ち去られたが

妻の願いで戻されたという伝説がある。新羅に限らず、古代は神話だらけだ。

時間がなくて行けなかったが、「善徳女王」で出て来た井戸は蘿井(ナジョン)。

傍に異常な精気が漂い白馬が躓いていて、村長がかけつけると白馬は嘶きを残して

天へ駆け上がり、そこには大きな卵が残されていて。。。割ってみると中から

眉目秀麗な男の子が生れて、この男の子、朴赫居世(パクヒョッキョセ)が

13歳になると、新羅の初代王になって国号を徐羅伐(ソラボル)と定めた。

今から2000年前、当時は古朝鮮から南下した人々が慶州周辺に住み始め、

山間に作った6つの村を六部と呼ぶそうだ。ドラマではミシルの弟が、科学的な

装置で、大仏を井戸付近から出没させたり、それを見破ったトンマン達も真似。

人々の信仰心を利用した形にしてあったけど、文字を読めない民にとって、

伝説は語り継がれてるから、また。。。。と思わせる効果よね^^;

f0152079_153612.jpg

井戸の後ろにある普光殿。中に金ぴかの薬師如来立像があったけど、これは

朝鮮時代に復元されたもの。
f0152079_1532137.jpg

先程の農道、皇龍寺址に続く自動車道へ戻り・・・セマウルが通った踏切を越え、

月城路へ戻る。右へ行くと、アナプチ。そろそろお腹も空いて暑さも限界・・・

情報サイトの地図が間違っていて、目指すお店は地図の場所にない・・・

警備の警察の若い男性に訊くと・・・お店はこの先の交差点に集まってるから

そこだろうと・・・また先へ戻ると、先程、『大陵苑』先から左折した場所の

交差点だった。グルッと一周したわけね^^;目指したお店。一人なので、

名物のホッパプ(野菜包みご飯)は二人分からだと言うので食べられない。

f0152079_1533394.jpg

それなら一人でも食べられる野菜ビビンバで有名?なこのお店にしようかと・・・

この、野菜の量!右下にある金属製の入れ物のご飯を入れ、混ぜ混ぜ・・・

おいしかった!お腹もいっぱい!日本円で500円もしないなんていいのか?

壁に写真がいっぱいあって、知っている(^.^)もいっぱいだった!笑)
f0152079_1535677.jpg

先程、前を通過した안압지雁鴨池アナプチへ。ここは月城(あるいは半月城)と

今は月城路を挟んでいるけれど、元々は三国統一を果たした後、宮城内に

造成した池。月城の東に位置し、当時は月池と呼ばれて、王族達の宴会や

貴賓の接待場所、王子が住む東宮でもあった。その後、廃れて、雁や鴨が

住む池・・・となり、アナプチと呼ばれるように・・・財物は池に放られ膨大な量で

国立博物館に独立したアナプチ館があるほどだ。現在は臨海殿と呼ばれた建物も

含め、復元されている。遠く離れているにもかかわらず、実はドラマ『宮』での

宮殿の前庭のシーンは、このアナプチが使われているらしい^^
f0152079_1542966.jpg

入水路。先程、踏切からここへ至る道に綺麗な川があった。そこから引かれて

いるそうだ。これも発掘されて復元されたのだそうだ。
f0152079_1544758.jpg

池は人工的に作られていて、どこから眺めても全部が見渡せない作りになっている。

蓮の葉が育っていたが、花の季節には、とても綺麗だろうなぁ・・・

f0152079_155339.jpg

復元された臨海殿。夜にはライトアップされてとても綺麗だ。昨夜、見終わった

「家門の栄光」でもこの中の一つの建物に佇む二人の姿から、カメラがどんどん

引いていって、全景が夜景になるシーンがあってとても綺麗だった。
f0152079_1551541.jpg

入口に一番近い建物には建物の模型が展示されている。建物を結ぶ回廊もあって

贅沢な離宮だったことが窺える。写真は巧く撮れなかったので、そこからの眺め。

さて、もう2時を回っている・・・急げ~!で自転車をこぐ。

3.8キロ?とかいう表示の看板もあって、遠いなぁ・・・ようやく入口に着く。

小さく『善徳女王陵』の表示。だけど、この先、どう登るん?丁度、道路からの

入り口の家からハラボジが出てこられ・・・道を訊くと、この先だと。。。

案内板はあるかどうかを訊くと、あるというお返事だったので、自転車を押して。。
f0152079_1510489.jpg

もう一度、踏切(信号もないけど)を渡り、坂道を登ると『狼山』の表示が。

こんな陵もあり。。。
f0152079_15101962.jpg

こんなお墓も・・・月城どうたら・・・と書いてあるなぁと、やはりここは

霊気のある山なのね。。と写真を撮りながら登っていると、
f0152079_1513585.jpg

先程のハラボジが歩いて登ってこられた。記念に一枚。

そして、曲がり角を指差されるので曲がると、ここからは自転車は置いて行けと・・

ハハァ・・・坂だし、道が悪いからねと素直に従う。道幅は車一台がやっと通れる。

鍵をかけようとすると、そんなの必要ないと言われたが、自分のじゃないからと^^;

車の邪魔になるからと、自転車を土手に斜めに引っ張り上げる。言われた道を

歩き始めると、一緒について来て下さる。え?いいの?
f0152079_15141740.jpg

のどかな農道から、のどかな山道へ・・・案内版も一応あるが。。。
f0152079_1511471.jpg

曲がりくねった年月を感じさせる松林の向こうに、見えて来た!
f0152079_15112659.jpg

ドラマ最終回、ユシンとアルチョンが参っていたトンマンのお墓とは違う、本物^^

ちゃんと、チェサ用のお供え台もあった。記念に?お墓の雑草を数本抜いてきた!笑)
f0152079_15114222.jpg

お墓の全景。帰り路、ハラボジといろいろお話。83歳になられると・・・

少しだけ、日本語を覚えているとおっしゃって、聞くのはある程度わかるけど、

話すのは忘れたと・・・でも、お歳は「83歳」と日本語でお答えになった。

あ、最初に私の歳を訊かれたんだけどね^^;日本式?韓国式?と訊いたが、

龍だと。。。それなら、亡くなった父と同じお歳だ。行き帰り、結構な距離の道を、

一緒に歩き、足がお強いですねと褒めた私。暑いから、家に寄って、冷たいもの、

サイダーでも飲んで行きなさいと言われた。自転車を返す時間が5時までだし、

月曜は休館なので、どうしても今日、国立博物館へ行かなくてはならないことを

お話して、丁寧にお断りしたら、それならもう行きなさいと、手で行きなさいと

何度も何度も・・・優しいハラボジだった。こんな出会いが一番嬉しい・・・

今日はここまでね~♪

by andegenni | 2010-05-27 15:11 |  2010.5  慶州 | Comments(12)

2010.5 慶州へ part4 大陵苑

9日、日曜日朝。起きられないと困るので、一応モーニングコールを

頼んであったけど、その前に携帯の目覚ましでなんとか起床^^;

前夜、近くのコンビニで買ってあったおにぎりが朝食。しかし、夜の明洞の

コンビニって、どうして日本人だらけなんだ?笑)韓国人はさっぱり見ない^^;

7時半のKTXに乗るため、ソウル駅へ。15分前の改札開始時間前に到着。

今回は東大邸まで行き、セマウルに乗り換えて慶州へ。KRパスと共に

KTX、セマウルの往復をとったが、切符はなんと!少し幅広のレシート^^;

必要項目はすべて書いてある。東大邸で乗り換え時、20分ちょっと時間がある。

寝てしまって起きられないと困るな・・・と思い、携帯をマナーモードに設定して、

ポケットの中へ。いつの間にか寝ていたけれど、到着前に目が覚めた^^

トイレは駅構内にはなく、改札の外へ。ついでに駅の外へも出てみた。
f0152079_1685372.jpg

f0152079_16125589.jpg

広域市のひとつである大邸の街はどんな所かな・・・と想像しながらホームへ戻る。
f0152079_16132144.jpg

セマウル号が入って来た。このセマウル、実はソウルを朝5時55分に出発した

朝1番の列車。全部セマウルなら値段も安いが時間がかかるので、KTXで短縮♪

セマウル号に乗り換え♪行き先は釜山駅ではなく、釜田駅が終点。
f0152079_16133662.jpg

慶州駅に着いた。降りる人がいっぱい!なにしろ季節のいい5月の晴れた日曜日だ^^

漢字で駅名が書いてあるのは、駅の内部、ホーム側。ポイントを絞れば、日帰りも

可能だから、このセマウルで着く人は多い。10時43分着。

改札を出ると、すぐに駅の中の観光案内所へ向かい、地図をゲット。ついでに

必要なお店の場所も尋ねる。観光案内所は駅前広場にもある。

f0152079_1614343.jpg

駅を出ると、ハングル文字になっちゃったね^^;

f0152079_16144138.jpg

着いてすぐに、駅前の市場へ向かった私。列車内でも靴を脱いでいたけれど、

それでも、朝、靴を履いただけで痛くて・・・探す時間も惜しいので、観光案内所で

聞いた、通りに面した靴屋さん(というかシンバル@履物やさん)でスニーカーを

買って履き換えた。
f0152079_1615275.jpg

駅が面している道路は원화로、真正面にのびている市場がある通りは

화랑로(花郎路)だ。今でも慶州は、서라벌(徐羅伐)あるいは계림(鶏林)と

呼ばれていた時代の名称があちこちで見られる。徐羅伐小学校もあるよ^^

f0152079_16151755.jpg

駅を出て右側にひっそりとある皇吾洞三層石塔@文化財。獅子寺址から出た時、

崩れた状態だったものを慶州駅に移して復元したものらしい。
f0152079_16162285.jpg

駅前広場にある塔には電飾がある様子。歓迎と書かれた花の塔の上のキャラクター、

慶州のキャラクターなのか?他でも見かけた^^さて、駅から見て左側にある

自転車やさんへ。若夫婦が赤ちゃんと一緒にいて、好きな自転車を選ぶようにと。

赤、黄色と後で探しやすい色を見たけど、サドルの高さで、黄色に決定!

慶州の旅に出る前、出来るだけ荷物は少なくして、着替えの下着靴下と、パジャマ

替わりのロングTシャツ一枚だけをバッグに入れて来た。だから手荷物はないけど

靴も買ったし、余分なものは持参の携帯用袋に移して預かって貰う。回る地図も

頂いたけれど、準備した地図の方がわかりやすかった^^;駅前ではここしか

見あたらなかったけれど、高速バスターミナルを始め、あちこちに貸し自転車やが

ある。歩いても歩けなくはないけれど、時間短縮出来るし、少し遠出も出来る

自転車が慶州では大活躍のようだ。5時までに返却するよう言われて1万ウォン♪

f0152079_16164739.jpg

推薦コースは参考程度にして、最初に『芬皇寺』へ行こうと思ったけれど、東海南武線の

線路を横切る道がこちら方面しかないので、とりあえず대릉원『大陵苑』方面へ。

曲がり角近くにお土産に買う予定の『皇南パン』の本店があるのを確認♪

塀の外からも大きな古墳が見えている。塀沿いの道は街路樹が素敵♪慶州はどこへ

行っても、道に素敵な街路樹があって自転車で走るのも楽しい。若者が10数人、

同じように貸し自転車で通って行った。乗れない子もいるから二人用もあるみたい^^

f0152079_1617513.jpg

『大陵苑』到着。自転車はどこへ?と思ったら、綿菓子を売ってるアジュンマが

教えてくれた。さすが、自転車で回る人が多いせいか、ちゃんとラックまである。

f0152079_16172156.jpg

出来れば、中も自転車で回りたいほど広い^^;思えば、『皇南パン』前から

延々と続く塀沿いに走って来たわけだから、その分を歩いて回るわけだもんね^^;

木々までいかにも歴史を感じさせるような・・・

f0152079_16175084.jpg

古墳のある辺りにやって来た。今週で最終回を迎える「家門の栄光」で、慶州が

出てきて、その回を出かける前に見たばかり・・・キャプは面倒だったので

しなかったが、この場所も出て来た^^;ほとんどが無名のお墓の群れ・・・

f0152079_1618331.jpg

唯一、中が公開されている『天馬塚』中は写真禁止。出土品の展示。

誰のお墓かはわからないけれど、白樺の皮に描かれた天馬図が出て来たので天馬塚♪

外人がとても多い。家族連れもいっぱい。お父さんが、遺体の配置とかの説明を

子供にしてたり。。。のどかだ~!実は、このすぐ傍に天馬塚入り口があって、

簡単にここら辺りだけを見るなら、こちら側の入り口が便利だった!

『皇南パン』のすぐ先が入り口だったわ^^;傍のトイレで、幼い女の子が「先生!」

と、用を足せずに困ってて・・・出た私は、その子を入れてあげて腰かけさせてあげた。

トイレから出て来られた先生は、女の子にお礼を言いなさいと。。。韓国語で挨拶を

交わしたけれど、可愛い女の子だったなぁ^^慶州での子供との触れ合いの始まりだった。

f0152079_1618184.jpg

傍にある『皇南大塚』新羅古墳の中でも最大規模。珍しい二つ連なった古墳で、

北は男性、南は女性の夫婦の古墳で2万5千点もの遺物が発見されたらしい。

この塀の外にある『皇南パン』はこの古墳からとった名前だったのね^^

f0152079_16183575.jpg

こんなベンチに腰掛けて、「ヨボって呼んでよ~!」「出来ないわ」なんて

会話をしてた「家門の栄光」のお二人さん♪
f0152079_16193837.jpg

入り口までまた長い距離を歩いて戻る。自転車に乗って、出発しようとしたら

こんなのが道路際にあった^^;道を渡ると・・・
f0152079_16184814.jpg

これが。。。ともかく辺り一面がだだっ広い!みんな中に入って遊んでるし^^
f0152079_16195430.jpg

ただただ広いだけじゃなく、お花もあり。。。さっきの石碑の所から左折。

実は遠くに『瞻星台』もチラッと見えていたけれど後回しに・・・

慶州は都市自体が公園のようだ^^鉄道の高架下を通って道路わきを走る。
f0152079_1621217.jpg

目印の善徳女子高校。こっちは並びの善徳女子中学校。女王の名前も健在ね^^
f0152079_16202349.jpg

曲がり角近くにはこんな石材店がたくさん!済州島でも見かけたけど、あっちは

トルハルバン中心だったのに比べ、慶州の石材店は仏像も繊細で綺麗だ!

普門団地と書かれた案内版のある交差点を右折。もうすぐ『芬皇寺』だ^^

今日はここまでね~♪

by andegenni | 2010-05-23 16:09 |  2010.5  慶州 | Comments(10)

2010.5 ソウル part3 駱山・大学路

足が痛くて座りたいのに、地下鉄は混んでいて・・・

オボイナルだから、カーネーションを膝に置いた女の子の姿も・・・

鐘路三街で乗り換え。サムスンの二人が人波の中たたずんで話してた場所を

通り、1号線で東大門駅へ。5番出口を出ると、すでに階段途中まで、

バス待ちの列。先頭まで行って、行き先表示を確かめる。鐘路03番。OK♪

電話がかかる。今どこですか?・・・まだ東大門駅で、これからバスです・・・

すでに、待機十分態勢の様子の相手^^;ごめんね。。。4時半待ち合わせに

して、ナクサン観たらすぐに降りるからと^^;バスも満員!座りたいなぁ・・・

山を登るにつれて高層住宅だらけ!この辺りでようやく座れた^^

f0152079_13322054.jpg

終点の駱山公園に到着。遊び広場のすぐ下にバスは着く。少し戻ると、これが^^

見晴らしがとてもいい。公園は後回しにして、
f0152079_1334920.jpg

バスを降りて、登って来た方向へ戻り、すぐにある四つ角を右へ・・・

この、城壁が見えて、車止めのある通りは、東大門側から登って来るが、

数々のドラマでお目見えする道だ。最近では、「宝石ビビンバ」がこの地域に

家があるという設定らしく、この道も景色もよく出て来る。(家はセットだと

思うけどね^^;)昔なら「愛していると云ってくれ」で、この登ってくる道の

脇に家があったようだ。中でも一番有名な「パリの恋人」の家を探して行ってみた。
f0152079_13343026.jpg

坂道を50メートルほど下ると、駐車場があって、降りる階段がある。

駐車場は、スヒョク@イ・ドンゴンが一夜を明かした場所。階段は卵ぶつけの場所。
f0152079_13345150.jpg

テヨンが北村の実家が売られたことを知り、おじの住んでいた屋根裏部屋に・・・

黄色い部屋だった記憶があり、通りかかった地元の母娘に確認したら、

そうです、この建物ですよって^^今は、黄色は窓枠だけに残ってるようだ。

さっきの道も、キジュ@パク・シニャンが登ってきたり。。でよく出て来たよね^^

さて、ここだけ観て、ナクサン公園の遊び広場に行ってみることに・・・

駱山(ナクサン)は形がラクダに似ているそうだ。なので、낙타 (駱駝)の

낙と산(山)をとって낙산公園と呼ばれている。中でも遊び広場は一番高い場所に

あって見晴らしがいい。怖くなるほどの一段一段が高い階段もあったけど^^

f0152079_13351377.jpg

遊び広場の中にあるベンチ。キジュとテヨンが座った所。落書きがあるので

場所が特定できると調べたらそう言ってる人が多かったけど、落書きもいまや

薄れ・・・これかな?と思う所を写してみた。このすぐ下に下に降りる階段が

あるんだけど、一段が高くてねぇ・・・手をついて、恐る恐る降りたわ^^;
f0152079_13352858.jpg

降りた場所は・・・夜景じゃないからわからないかも。。。だけどね^^;

「カインとアベル」でチョインとヨンジが夜景を見た場所。すぐに探せた^^

というのも、切れ目があるのは、この階段部分だけ!笑)黄色いパーカーの

男の子が座ってて・・・ずっと携帯で話し中。どけ!とも言えないからねぇ^^;

f0152079_13355367.jpg

少し、前に進んで、夜景ではなく、昼間に見える景色を撮ってみた。

南山のソウルタワーまで見えるね^^恋人たちの夜景のデートコースになってる

のがよくわかる場所だったわ^^すぐ降りないで、左方向へ行ってみた。
f0152079_13361240.jpg

さっきの城壁の道は公園の外。同じ城壁を公園内で見るとこんな感じ。

実はこの場所、「千万回愛してます」を観てて、ウンニムが佇んでた場所。

困り果てたウンニムが夜景の中佇んでるシーンがあって、その時に城壁と後ろに

細長い丸いビルが写ってたので、ここだろうと見当をつけてたの。やはり・・・

丸いビルは東大門方向にあったのね^^
f0152079_13363479.jpg

そのまま下って・・・下の道に降りると駱山亭というあずまやがあった。

ここは見晴らしがとてもいい^^

昼でも、夜でも寛ぐには最高の場所よね^^また進むと、

f0152079_13365697.jpg

チョジカップルが夜景を観ていた階段の下に出る。左下に更に続く階段を下りる。

中央広場まで降りて来た。さすがに登りは足が痛くて無理だと判断してバスに

した。歩きたい人は、大学路からの方が近いけど、東大門(興仁之門)の近く

から城壁は残っているので、1.2キロ余りを歩くのも面白いかも?

東大門も南大門も、城壁にあった門で、今でもソウル中心部を取り囲む城壁の

一部は途切れながらもあちこちで見ることが出来る。下りは降りなきゃね^^;
f0152079_13371374.jpg

中央広場には展示館や売店、休憩場所もある。大学路方面から登るとここに

最初に着くけれど、そうすると、頂上の遊び広場までは、めっちゃ長い階段を

登ることになる。その時の私の足では。。。考えただけで怖いわ^^;
f0152079_13373221.jpg

さて下り・・・大学路から登ると、ここから入ることになる。
f0152079_13374991.jpg

下りの道すがら、清州のスアムゴルを思いだした^^アートがいっぱい^^
f0152079_1338598.jpg

下りの道だから、ゆっくり歩いてね♪ってことね^^
f0152079_13382015.jpg

目印の交番。この辺りまでアートしてる^^交番も可愛いよね^^

この先から、小劇場がいっぱい!最初に勧誘されたのは로미오 와 줄리엣

(ロミオとジュリエット)50%オフの10000ウォンでいいというチケット!

お笑い系のようだった^^ストーリーはわかってるから一応候補^^

次に考えていた총각네 야채가게(独身男の八百屋さん)のチケットブースへ寄った。

値段はS席で35000ウォンだけど、友人とこれから会って考えてみると言ったら

一人24500ウォンでいいと!アハハ、どこも現地調達がお得かも?笑)

f0152079_13383886.jpg

時間前に着いたので、アルコ美術公演場にいると話していた友人のMさん^^

ライブをやっててすごい人だかりだ!屋台も沢山出ている。
f0152079_1339049.jpg

マロニエ公園側を写していると・・・私を見つけて駆け寄りハグするMさん^^

土曜の公園は、若者で溢れている。小さなバスケットコートも大活躍だ^^

「冬のソナタ」で切羽詰まったサンヒョクからようやく逃れてこの公園のベンチに

座ったユジン。迎えに来たミニョン。あのシーンはこの賑やかさからは窺えない^^;

まずは食事しながら話そうと・・・チェックしていたお店の番号を見せて、

Mさんに電話をして貰う。番号だけで場所が?だったのだ^^;

f0152079_13391519.jpg

大学路からマロニエ公園への入り口のモニュメント。

つらつら歩いて、目指すお店へ・・・
f0152079_13393353.jpg

「사랑방 손님과 어머니」離れの客とおかあさん・・・韓国人なら誰でも知って

いる有名な話。映画化もされてるしね^^ここ、ある旅雑誌に紹介されてたらしい

けど、まあまあ評判がよかったので行ってみることに・・・さすが演劇の街、

お店の名前も洒落てるね^^一人だと韓定食は食べられないので^^;

손님定食17000ウォン、어머니定食25000ウォン。

せっかくだからオモニ定食にしてみた。
f0152079_13394990.jpg
f0152079_1340666.jpg
f0152079_13401735.jpg
f0152079_13403424.jpg

まあ、次々、出るわ出るわ・・・途中で写真やめた!爆)

一枚目、途中で気付いて、前菜のサラダと、カボチャスープが飲みかけ!ミアン!

私には少し量が多かったみたい・・・最後はアップアップでかなり残した。

とてもおいしかったんだけどね^^;食後は話をちゃんとしようと、喫茶店へ。

その前に、チケットを買おうと・・・Mさんがいろいろと割引券のセット持って

いたんだけど、彼女はどうしても帰らなくてはならないと・・・

一緒なら、少し難しいお芝居でも、後で解説してもらえるかなと思ったけど、

一人なら軽い出し物の方がいいだろうと、八百屋さんのチケットブースへ・・・

友達に会ったけど、地方から来てて帰らなくてはならず、一人だけど、さっきの

値段じゃダメよね・・・と交渉したら、一人でもいいよ、本当は土曜だから駄目

なんだけど。。。と、安くゲット!やったぁ!
f0152079_13404828.jpg

またマロニエ公園前を通ると、ライブはまだまだ続いていた。この方、10何年も

ここでやってるらしく、TVでも取り上げられる有名人とか^^:
f0152079_13411661.jpg

昨年5月に行った喫茶店。数々の素敵な喫茶店のある大学路の街だけど、ここは

落ち着いて話ができるんで^^;キウィの生ジュースを頼んだ。

窓は大学路に向けて、大きく開け放たれていて気持ちがいい。

久しぶりに会うMさん。12月に、うちの主人と娘がソウルで会って食事を一緒に

してくださったけど、その後、地方に仕事のために転居。それを知らないでいた私。

その日はわざわざ高速バスに乗って会いに来てくれたのだ・・・申し訳なかった・・・

体調もあまりよくないというのに。。。次回、時間を作って会いに行くからと約束。

早目に着いた彼女は、明洞でショッピングを楽しんでくれたようで、幸いだ・・・

大学路で演劇を観るにあたって、いくつか候補を考えていた。まずは、ペ・ジョンオク

主演の「欲望という名の電車」それと、クェート・パク@「ワンルンの大地」主演の

「たそがれの冬のソナタ」こちらは日本語の字幕を出してくれるというので助かる。

内容は、「冬のソナタ」とは全くの別物で、どうやらコミックが原作のようだ。

だけど、Mさん曰く、どちらもダブルキャストで、今日がどっちだかわからないよと。

またいつか機会もあるだろうし、一人ならミュージカルの方が楽しいかも^^
f0152079_13413412.jpg

劇場まで見送ってくれたMさんとお別れ・・・席の番号を見たら2列目。だけど、

1列目は空けてあるので、実質一番前!隣の女性は少し日本語の話せる方で、わかり

ますか?と気遣ってくださった。目の前で歌って踊るミュージカルは迫力があった。

これはずっと定期公演されている劇なので、役者も慣れているし・・・

この日は、ブルーの組だった。一番若いチョンガクが可愛いのなんの!爆)

台詞も多く、決してたやすくはないけれど、なんとか劇の流れは理解した。

9時過ぎの大学路の街をそぞろ歩く。夜になると更に素敵な街だ。何枚か撮った

けれど、やはり夜景は巧く撮れない・・・
f0152079_13415296.jpg

最後に、有名な喫茶店「学林」に行った。1956年オープンの歴史のある喫茶店。

さて・・・学林はなんと読むでしょう?アルファベットでも書いてあるけど、

実際の発音はハンニム。大学路だってテハンノだし、パッチムやㄹは変化するから

難しいよね・・・中は、その時間でもいっぱいで、ようやく空いている席に座って、

コーヒーを一杯♪ 写真も写したが、人だらけで修正が面倒なので紹介出来ない^^;

替わりに・・・学林の紹介記事をクリック♪
f0152079_13421144.jpg

恵化駅へ降りる。降りたらいろんな出し物のポスターが・・・

これを観たかったんだけどねぇ・・・残念!歩いていたら・・・

「マロニエ公園はどうやって行けばいいですか?」と尋ねて来る若者。「私、日本人

ですけど・・・」と言ったら、ハッとする彼^^;でも、「さっき行って来ました。

地図もありますよ」と地図を見せると・・・現在位置と出口を確認して、お礼を言って

去って行った・・・笑)

明洞に戻り、痛い靴を脱いで・・・汗をかいたから髪も洗い・・・TVをつけると

「個人の趣向」をやっていて・・・ミノが家を出るの、PCを忘れたのとやってる・・

あちゃ、「相婟材」ってさっき通ったあそこじゃん!時、すでに遅し。。。で就寝!

by andegenni | 2010-05-18 13:32 |  2010.5  慶州 | Comments(11)

2010.5 ソウル part2 北村散策続き

中央高校前で、ユジンの家の元家主のアジュンマとお喋り。

もうかなり前に手放して今は別の所に住んでいて、今は工事中だと聞いて、

道すがらに見に行くことに・・・角から、あの階段があった部分まで、全部

ひとつの大きな建物に変わるようで、大規模な工事中だった。

元ユジンの家からすぐ先にある↓この先の曲がった所が元ユジンの家。

f0152079_17563331.jpg


私はまだ観ていないドラマ「彼女がラブハンター」で出て来た所。

メニューも書いてあったので、喫茶店のようだ。もう一度、工事中の家の前の

道に戻り、中央高校から見て右側に続く坂を、登って行くと・・・

f0152079_17591550.jpg


なんとも見晴らしのいい!北村は高台にあるから、家々の間から、こんな景色が!

坂を下ると、北村で一番大きな가회로嘉会路へ出る。下って来た坂の手前に

「冬のソナタ撮影地」の看板も^^;こちらから入る人は、ここを登って

中央高校へ抜けるのね^^綺麗な大通りで、韓屋というより、お店も一杯で

散策するのに良さそう・・・なんだけど、私は、ひたすら坂を登る!

暑いのに。。。まだか?サウジアラビア大使館も過ぎて。。。

f0152079_1822214.jpg

あった!「悲夢」のイ・ナヨンの家。欄干が特徴的だ。ここは、「オンエア」の

イ・ボムスの事務所でもある。撮影地になる家はいろんな撮影に使われてるね^^

しかし、振り返れば長い坂を登ってきたもんだ。。。かなりきつい・・・
f0152079_182431.jpg

途中の嘉会路から写してみた。鐘路タワーがくっきり見える。

提灯がいっぱい!昨年のこの時期もそうだった。

「부처님 오신 날」仏様が来られた日。お釈迦様の誕生日は、一般的には

5月8日の旧暦で祝うそうで、今年は5月21日とか。。。行く先々^^
f0152079_1825868.jpg

坂を下りつつ、左側を見て歩く私。ハハ、これを探してたのだ!

「ソル薬局の息子たち」で弁護士役のスジン@パク・ソニョンが務めていた

弁護士事務所。実際にも法律事務所だ^^

また、坂を下りつつ、ギャラリーを探す・・・「悲夢」の元彼、元彼女、

イ・ナヨンの家・・・と来たら、最後はオダギリ ジョーのギャラリーでしょう!

チャン・ミョンスク ギャラリーだとしかわからず。。。
f0152079_1831659.jpg

韓屋のたくさんある坂の入り口、トンミ薬局も過ぎて・・・

ついにはこれが!北村美術館の印象的なオブジェ。道の反対側から撮ったけど

納得いかずに、横断歩道まで渡って撮り、また坂を登って戻る・・・

鶏のクッションやぬいぐるみがいっぱいある可愛いお店の奥さんが、お客を送りに

出てこられて、土地の人だからと尋ねると、もう少し行ったらあると言われ・・・

また法律事務所の前を通り・・・ない!もう一度、別のお店に入って尋ねると

前はあったけど、今はもうない、今はこっちに。。。と路地を指差して道なりに

行けと教えてくれた。???半信半疑だったけど、とりあえず行ってみると!

なんと、楽古斎に出てしまった!それは「悲夢」は「悲夢」だけど、違うじゃん!

何なんだ!全くの無駄足。。。

f0152079_183356.jpg


仕方ないから、嘉会路から楽古斎への入り口を載せておこう!

斎洞小学校の裏の壁だ。道なりに歩けば、楽古斎へ着く筈^^

f0152079_1834872.jpg


諦めきれない私・・・何回も嘉会路をアップダウン・・・ついに見つけた!

なんと・・・スジンの法律事務所の横の道を入った所にあった!

しかも、小さいけれど、法律事務所の脇に「張 明淑」の文字が!ガックリ!

もうあまり使われていないようなギャラリーで・・・しかも、期待していた

手の形のドアノブはセキュリティーのロックに変わってた。。。ガックリ!

元彼、元彼女、イ・ナヨンの家と回ったら、オダギリ ジョーの家で終わらない

とねぇ・・・しかし、疲れたーーーーーー

ようやく韓屋の入り口、トンミ薬局の角に向かえる。しかし、暑くて、喉も

カラカラ。すぐ傍にある喫茶店に入ることにした。
 
f0152079_1841239.jpg

若い女の子が二人、少し日本語の出来る男の店員さんと話していた。

隣に座ってたから聞くともなく聞いていたら、大阪から来たようだ。

日本人だとわかり、お互いに挨拶。まだソウルは慣れないようだった・・・

彼女達が立つと、すぐに男性の二人組が座った。また挨拶。北海道からと

言うことで、4回目だと。カメラのいいのを持っていらした。韓流でもない

だろうし、再訪するには理由が・・・と思ったら、街と食、文化が面白いと^^

お先に。。。と席を立ち、暑いのでカーディガンを脱いでいたら、さっきの

女の子達が坂を下って来て・・・あ、よかった!会えたと。。。

おしゃれなカフェやお店が並ぶ三清洞へはどう行ったらいいのかと^^

教えてあげてお別れ~♪さて、カーディガンを腰に巻き、本格的に登りだ!

f0152079_184287.jpg

メインの坂を横目に最初に向かったのはここ♪

「めっちゃ大好き」のナム・ボンギ@イ・ミンギの家だ^^行ってみたら・・・

「韓国の美をたどる旅」の看板。。。あれ?
f0152079_1844198.jpg

中に入ってみる。ここにも横断幕が!開放されてて、中の部屋でお茶飲みして

いる男性達もいた。帰国して韓国版の「한국의 아름다움을 찾아떠난 여행」を

開いてみたら、韓屋のひとつとして北村も訪ねている。ここだったのか^^

ペ・ヨンジュンは韓屋に住みたいそうだけど、彼ならいつでも住めるだろうに、

今はまだセキュリティーを考えると無理なんだろうか・・・

PS この家はkey to koreaで借りている「韓国の美をたどる旅」の事務所だそうだ。

似ているけれど、ミンギ君の家はここの筈なんだけど、近くにあるのか?

建て方はそっくりなんだけど、計器の管がない?変更になったのか、別物なのか?

行く人いたら近くを探してみるか、確認してみてね^^;
f0152079_184568.jpg


この家の角から坂を写してみた。↓の坂と同じ。一番上の左角の家が

「相婟材」だ^^;正面に蔦のからまる壁があるが、その壁も上の樹も出て来る。

f0152079_18394097.jpg

f0152079_23191837.jpg


なんともタイミングが悪く、この時点で、私は「個人の趣向」を観ていず・・

慶州が第一目的だったから、「善徳女王」を最後まで観て調べなきゃ・・・で

追われてて、他のドラマに、特にリアル視聴には手が回らず。。。

皮肉なことに、その夜、なんと、TVで「個人の趣向」をやっていて、途中から

なのに観ていて。。。この家が出てきて、辺りが出てきて、あれ?ここ、さっき

通った。。。ガク。。。となったわけで、ちゃんとした写真を撮っていない^^;
f0152079_185101.jpg

一番長くて、北村と言えばここ!という嘉会洞31地域の中でも一番長い坂。

もっと下から撮ると、もっと長いんだけどね^^「悲夢」でも、オダギリ君が

ここをジープで通ってた。ほとんどを北村で撮影した映画だったんだなぁ・・・
f0152079_1852650.jpg

この坂もいろんなドラマに使われてるけど、この家は・・・

李明博(이명박)大統領がソウル市長時代に住んでいた家。ここからすぐ傍の

青瓦台へ移ったわけなのね^^
f0152079_1853940.jpg

もう一軒。「パリの恋人」で帰国したら叔父さんが勝手に実家を売ってしまった

という話だったけど、ここがテヨン@キム・ジョンウンの実家の設定。

さて登るぞ・・・だんだんと足が重く、靴が痛くなってきてる・・・

坂の上まで登ると・・・
f0152079_1855787.jpg

右手にあった!住所は調べてあったんだけど31-15じゃどこだか?

まぁ、行けばわかるだろうと思ったけどね^^;GALLERY MIUM

この名前で調べたら、東方神起のユチョンが撮影した場所らしく、トンペンの間では

有名だったようだ^^私は、例のマチャミとイルグクのデート場所ということで!笑)
f0152079_1861122.jpg

二人と同じくらいの立ち位置で撮ってみたら・・・

なんと、右下の家は「相婟材」だった!爆)撮影時、このMIUMでソン・イェジンに

会った人もいたようだ^^撮影中はトイレはここだったらしい^^;ミノも来たかな?

北村の中で、玄関先に松の木を置いてあるのは相婟材だけだそうだ^^

右の路地を少し見て、相婟材の横から坂を見降ろし、さっきの坂だと引き返し・・・

今度はMIUMの左の道に・・・一筋目、目で見渡したけどなさそう。。。
f0152079_1862480.jpg

二筋目にあった!まずは赤い壁の家のこの階段。

「アクシデントカップル」邦題はなんだかなぁ・・・

「그저 바라 보다가 」ただ見守っていたがの方がいいよね^^

で、この階段は、ク・ドンべク@ファン・ジョンミンが猫と話をしていた所^^
f0152079_186389.jpg


少し下ると右側にドンべクの家^^虎と龍の扉、白い壁が目印で探してみたが。

少し扉が開いてて、あの四角い空が見たいなぁと思ったけど、子供とお母さんの

声がしてて、扉の正面辺りが建物がなくて空間があって。。。あれ?ということは

やはり、通りと門だけで、中はセットだったのね^^;

f0152079_2359845.jpg

ドンべクの家の通り。ブラブラと下ることにした。韓屋の通りは迷路のようだ。
f0152079_1864947.jpg

途中で見える景色。隣の景福宮も見える。正読(精読?)図書館の長い塀沿いも

歩いて・・・
f0152079_187041.jpg

この北村通りの交差点へ出た。右に見えるのはArt Sonjeセンター。

モダンないろんな出し物が展示されている。北村の韓屋はここまでかな^^;
f0152079_1871560.jpg

角にはインフォメーションがあって、坂を登ると正読(精読と記された地図と

正読と記された地図があってどっちだ?)図書館。大きな公園のような緑の多い

場所だった(入り口から見ただけ^^;)

北村通りを左へ進む。図書館の塀が途切れた辺りに・・・ある筈なのに!
f0152079_1875614.jpg

「犬とオオカミの時間」のタイレストラン。実際にはAfter the Rainという

レストランだと思って行ったのに・・・入り口脇の小屋みたいな場所で

数人の若い男の子がお菓子を食べてて、ここ、After the Rainでしょう?と

尋ねたら、なくなって、これに変わったと。。。あちゃ!
f0152079_1873184.jpg

このお店の右隣、並びにジウ@ナム・サンミが勤めていたという設定のギャラリー。

さて、時間も押してるし(待ち合わせ時間も遅らせてもらったのに、それでも

時間が足りず、昼食も摂れない・・・)北村はこれにて退散!

・・・・の予定が、安国駅まで戻ると、もうひとつ確認したくなり。。。

地下道で雲峴宮方面に渡り・・・この塀沿いは、ドラマの撮影の定番か?笑)

目指すは「宮」の宮殿の予定・・・

雲峴宮は前に行ったし、その裏側の徳成女子大学の敷地にあるということで、

雲峴宮を素通りしてその先の女子大入り口&駐車場へ。警備員さんがいて、

駄目だと言ってるようで。。。休日だから入れないということか?

f0152079_1881284.jpg

諦めきれない私は、雲峴宮側から一番見えるスポットを探してパチリ!

ようやく安国駅の階段を降りて次の目的地へ向かう私だった^^;足、ガクガク!

f0152079_19231679.jpg

一応、観光情報ではなく、回った撮影地を載せてみた。(クリックで大きく!)

①楽古斎 ②「銭の戦争」の師匠の家 ③「家門の栄光」ハ家 ④銭湯

⑤「悲夢」元彼女の家 ⑥「冬ソナ」中央高校 ⑦「ソル薬局の息子たち」分かれ道

⑧「彼女がラブハンター」 ⑨「悲夢」イ・ナヨンの家 ⑩「ソル薬局」法律事務所

⑪「悲夢」オダギリ ジョーの家 ⑫key to korea 事務所

⑬「個人の趣向」相婟材 ⑭韓屋通り(大統領の元家25番、テヨン実家28番)

⑮GALLERY MIUM ⑯「アクシデントカップル」猫の階段 ⑰ク・ドンベクの家

⑱「犬とオオカミの時間」のタイレストラン(元) ⑲ジウのギャラリー

⑳「宮」雲峴宮と後ろの宮殿

大体の位置で数字を入れているので^^;

おまけで、キム・ナムギルの映画「後悔なんてしない」でスミンが勤めていた中華

レストランは赤く囲んである공리。隣が派出所、向かいが数々の俳優達、お気に入りの

CAFE「ジンソン BOOK CAFE」だ。時間があったら、また三清洞にも行ってみたい。

by andegenni | 2010-05-15 18:00 |  2010.5  慶州 | Comments(14)