最近観ているいいドラマ

放映順に観た方がいいのはわかっていながら、

『応答せよ1988』と『花より青春アフリカ編』を

先に観てしまった私。原点に戻り・・・
f0152079_18463453.jpg

ずっと前に録画してあったけれど、未見だった1997と

f0152079_18563136.jpg

続いて1994を視聴完了!この二つは、特に2作目の1944には

1997の出演者が何回も登場して笑ってしまった^^

1988のメンバー達は、1994を観てファンになり、出演したくなって

オーディションに参加したらしく、『花より青春アフリカ編』の

中に、そのオーディション時の映像が入っていた。

『一泊二日』を生み出したナPDが、この一連の応答せよシリーズの

PDと親しいことから、1994では、なんとカメオ出演していて

『一泊二日』名物のカナリ入りの福不福をやってたし!爆)

それ以外にも、『アッパオディガ?!』繋がりから、3作連続で父役の

ソン・ドンイルの息子ジュンや、ユン・フの父、ユン・ミンスまで

出てて、そのカメオ出演にも爆笑した^^

視聴率は作品ごとにうなぎ上りで、1988では遂にケーブル局では

最高視聴率を取るほどになっているが、冷静に考えると、

完成度は1994が一番いいかもしれないと思ったりも・・・



1994のOSTは、知っている曲も多く、それも本人が歌っているので

それがめちゃよかったし。김동률 @キム・ドンニュルを初めて聴いた時、

この人の作る歌って、単なる歌というジャンルを超えていると感じた。

メロディラインも複雑で、壮大で、それでいて滑らかで。清州の友達に

好きな歌手を訊かれて、彼の名を答えたのが懐かしい。

彼を知らない人でも、彼が作ったのを歌いたいと言われて

提供したインスニの『ガチョウの夢』はきっと知っているのでは?

大好きな취중진담と、ピッタリのシーンでドラマのバックに

流れた다시 사랑한다 말할까 の2曲バージョンを。

これは、ユン・ドヒョンの「ラブレター」だけど、KBS WORLDに

契約して以来、ラブレターとヒヨルの「スケッチブック」は全て録画した。

ただ、膨大な量なので、残したい曲だけを編集カットして残してある。


KBSから移ったtvNでも次々にヒット作を生み出しているナPD。

『花よりお姉さん』『花よりおじいさん』『花より青春』シリーズ、

『三食ご飯』シリーズもそうだし・・・彼の企画はいつも面白い。

結果的に、おじいさん編に続き、青春編も全制覇することに

した私^^;まずは、1994繋がりで『花より青春ラオス編』から。

すでに、40代編@ペルー編と30代編@アイルランド編もゲット済!

f0152079_18471772.jpg
『三食ご飯』でのソン・ホジュンがとても内気だったので、

1994でのヘテが真逆でなんだか新鮮だったっけ。

彼の素がもっと観れるだろうし^^仲良しの友達同士の

ユ・ヨンソクも一緒だしね♪もう一人、実生活で仲良しなのが

東方のユノだって。もし、結婚することになったら、

歌はユノに、司会はヨンソクに頼むんだって^^

ピングレ@バロはかなり年下だから、ヒョン達に可愛がられてるかも?


その前にと。。。録ってあった中で見始めたドラマがあって・・・

f0152079_18473300.jpg
それがこちらの『ディアマイフレンズ』

KNTVで現在8話までだけど、このドラマすごい!

何がすごいって、韓国を代表するような女優達が主人公で、

それぞれが主役を張れるレベル。『善徳女王』で貫録十分だった

ミシル様@コ・ヒョンジョンでさえ、霞むほどのおばさま、おばあ様方!

ましてや、その元恋人のチョ・インソンなんて、彼でさえ、一登場者、

シン・ソンウもしかり。毎回、彼女達に笑わされ、泣かされ・・・

中の一人、女優役のパク・ウォンスクが壮絶な人生を生きている設定

なんだけど、実際の彼女の人生も、知ってみれば半端ないとわかった。

それぞれの女優達も、それぞれに過ごして来た人生が波乱万丈で、

そんな経験の重みが演技に出るんだろうなと思える。

わかってみれば、脚本がノ・ヒギョン。『その冬風が吹く』と

『大丈夫、愛だ』の関係でインソンも出たんだなぁと^^

このカリスマ脚本家だからこそ、キャスティングできたドラマだ。

数々の作品を観たけれど、やはりな・・・と思った。

まだ半分までなので、続きを楽しみにしつつ、旅行編も観るかな?

『一泊二日』だけは、貯めない様に観ていたのに、ついに

『製パン王キム・タック』のユン・シユンが新メンバーになった回から

途中途中の飛ばし見になってしまい・・・ちゃんと観なきゃ・・・

最初から全部あるので、こちらも膨大な量だ。この先、大量のDVD,BDを

どうするか?が課題になりそうだ^^;



# by andegenni | 2017-02-17 20:10 | 韓国ドラマ | Comments(0)

『雲が描いた月明り』のロケ地


ずっと放置状態だったブログ。昨夜、ようやく観終わったドラマは

『応答せよ1997』に続いて、『応答せよ1994』。

これ、両方観ると、繋がっているのがよくわかり、やはり制作順で観て

正解だった。最初に『応答せよ1988』を観たから、1994との絡みが

一部だけあったけれど、1997と1994は沢山絡みがあった^^

で、観終わってから、一つだけ観残していた

『雲が描いた月明りスペシャル~150日の記録』を観た。

f0152079_13252247.jpg

私が一番興味があるのは、いつもロケ地で、出て来る度にここは

あそこだ!とわかるのが嬉しかったけれど、一部、ここは

どこだろう?とわからなかった場所があって・・・

最後のロケ地紹介で、その疑問が解けた。で、わかってみれば

紹介されたロケ地を大公開編は、ほとんど行った所ばかりだった^^

実際に行った旅日記をリンクしながら紹介。

ネタバレになるので、未見の方はスルーしてね♪


☆1 「南原 広寒楼」

 ホン内官が公主と舟に乗っていて落ちた場所。

ここ、橋も有名な場所なので、観てすぐにわかったけれど・・・


数々のドラマや映画でも使われた有名な場所^^

池の中に飛び込んでからのシーンは、プールで別撮りしたそうだ。

☆2 「扶安 映像テーマパーク」

ラオンが初めて女性の姿で登場する舞のシーン他。


宮殿のシーンで、王座が出て来た時、柱も含めて、すぐに

ここだとわかった。KBSなので、ドラミアは使っていないから

そこから類推すれば、すぐにわかる場所だった。

☆3 「昌徳宮」

かなりの時間をかけて交渉したのだそうだ。東宮として登場。


旅日記は、昌徳宮だけでなく、今はもうないロケ地もあるので

参照にして頂ければ・・・と思う。

☆4 「高敞邑城」

宮殿の全景が見えて、夕陽の美しいシーンで登場。


城壁部分を使い、景色は現在の街をCGで編集したそうだけど、

『ファンジニ』でジニが舞を踊り、グンちゃんが魅了されたシーンを

撮った東門は別名「登陽楼」なので、ドラマで使われたのは、

『推奴』で3人が休んでいた西門で夕陽撮影したのだろう。

☆5 「全州郷校」

3人のアジトである「資法堂」チャヒョンダンは、「明倫堂」


全州郷校への2度目の訪問。1回目は工事中の場所があって再訪。

ここも、出て来た時、すぐにわかった^^

『成均館スキャンダル』のコロの木もドラマに出て来たし^^

☆6 「扶余 ドラマセット場」

市場のシーンを撮った場所。扶余のセット場と言えば

『ソドンヨ』のセット場が有名だけど、そこだろうか?

f0152079_15262986.jpg


こちらは行き難い場所にあると思っていたが、いつか行けるかな?

☆7 「水原 華城行宮」

宮のシーンでよく出て来た場所で、最初に東宮から蹴りだされた

シーンや、ティーザー映像のダンスシーンを撮った場所。



一度目は韓国へ行き初めの頃、シティツアーで行ったのだけれど、

行宮だけ行っていないというtちゃんの希望で再訪。

ここもドラマで定番のロケ地だよね^^

☆8 「順天 楽安邑城」

f0152079_15120559.jpg

幻想的な風灯飛ばしのシーン。願い事を書いて飛ばしたが

ヨンの想いと、ビョンヨンの願いが切なかった。

で、ここはどこだろうか?とわからなかった場所。


わかってみると、順天シティバスツアーで行った場所だった^^

この時の風灯飛ばし、スタッフが総出で撮影したんだとか。

出演したスタッフ、迷惑をかけないように、落下地点で風灯を

拾い集めたスタッフ。舞のシーンも3日かかったそうだけど

需要なシーンの撮影は大変だなぁと思った。

これで、屋外の重要シーンの紹介は終わり。内部のシーンは

セットだけど、いろいろ考えて造られてるなぁとスペシャル番組を

観てわかったことも多かった。

これで、『雲が描いた月明り』は끝♪


# by andegenni | 2017-02-14 15:27 | 韓国ドラマ | Comments(0)

愛されてるなぁ パク・ボゴム♪


f0152079_19323439.jpg
『応答せよ1988』を観終わるや否や
f0152079_19324209.jpg
引き続き、一気に観終わった『花より青春アフリカ編』

f0152079_21581554.jpg

その余韻も冷めやらないうちに録ってあった『一泊二日シーズン3』の

堤川編『ボゴムツアー』まで観終わった。

この回は、『雲が描いた月明り』の撮影中の参加だったボゴム。

被っている帽子は、あの因縁の帽子^^



乗り継ぎの空港で、のんびり買い物して、よく食べるなぁと初めて

思った食事をして、乗り遅れたボゴム。

アフリカでも様々な失敗をしでかすんだけど、共演した兄貴(형)達の

ボゴムへの愛情がすごい!まさに、名前通り、最強の宝剣の持ち主だ^^

ともかく、みんなべた褒め。可愛くて仕方ない様子で。

ウンパル時のメンバーだけど、横丁の5人組は同じ年の設定だったけれど

実はバラバラ。ヘリが一番若くて、<当時>は21歳。

『タンタラ』の後の出演。

次はボゴムで22歳、次いでコ・ギョンピョ25歳。

そして、リュ・ジュニョルが29歳。

長男役のアン・ジェホンも同じ29歳で、かろうじて次男よりも早い。

最年長はアフリカには来なかったイ・ドンフィ30歳。

20代編でもあるので、アフリカ編には、写真の4人で行ったようだ。

ところが、将棋以外のことが全くできない純粋培養のテクに対しては

同じ年のメンバーはみんな弟のように接し、実際には年下のヘリまで

面倒をみて、まるで弟のようだったっけ。ギョンピョとは、映画

『チャイナタウン』での共演もあり、兄弟のようだった^^

PS ちなみに、WOWOWで3/7 5:00~邦題『コインロッカーの女』

として、放映されるようだ。録画しなきゃ♪

みんながみんな、「本当にいい子なんです」って言うから、素のボゴムは

どんな子なんだろう?と思ったけれど、ミュージックバンクの終了後に

拉致しに来た人達にも飲み物の蓋まで開けてあげてめちゃ親切で、いつも
f0152079_22504578.gif
ばっかり言う子なので、アフリカでの合言葉「감사하다」が生まれたっけ。

インタビューだけなら、作ることもできるけれど、

長旅だとどうしても素が出るものだ。

ヒョン達の洗濯物を畳んだり、ごみの片付けはいつもボゴム。習慣なのか?

『一泊二日3』はゲストなのに片づけてたし^^;

会う人会う人を大事にしているというボゴム。スチュワーデスさんにも

大人気で、リュック一つで参加だったのに、

途中で大量のプレゼントも貰ってたし^^

アフリカ編と『一泊二日3』の両方で言ってたけれど、

芸能界入りのきっかけは「シンガーソングライター」になりたくて、

ピアノの弾き語りを有名プロダクションに送ったことから。

全社から返事が来て面接し、最初に採用が決定したのが

今の事務所なんだそうだ。

で、君は歌手より俳優向きだと言われたのだそうだ。

そのきっかけにも原因があり、中学校時代に父が巨額の借金をして

事業を始め、その保証人にボゴムの名前も。

日本じゃ考えられないけれど、我が子、それも

中学生の子を保証人だって!

その事業が高校時代に失敗して、借金だけが残り・・

自分が一家の大黒柱になろう!と決心しての応募だったんだと。。。(T_T)

幼い歳での保証人だからと後に算定して、芸能界入りしてから

彼の分は返したんだそうだ。あまりにしつけのいき届いたいい子だし、

ピアノも弾ける環境だったから、いい家の子かと思ったら、

母は小学校時代に亡くなったそうで、兄と姉がいて末っ子。

甘え上手なのは、それもあるだろうけれど、

マンネにしてはしっかりしている。

回りに対しての気配りもめちゃすごくて、よく動くし、

チャレンジ精神も抜群で怖い体験でも楽しんでいたし、

結構負けず嫌いかも?何しろめちゃくちゃ食べるし^^;

お父さん、ひどい!とか思ったけれど、電話での会話を聞くと

最後に「ぴょん」とか言ってるし、家族仲もいいようだ。

最初に注目したのは『本当にいい時代』でイ・ソジンの高校時代の役を

やった時。思わず、名前を調べたし、ロケ地も沢山訪問した。

次に、何気なくひかりTVを点けたら、前の録画が

KBS WORLDだったようで



これ、可愛すぎでしょ^^

結果的に、最初にやりたかったことも実現できているボゴム^^



ピアノの弾き語りも出来てるし^^高校時代に応募した動画も

途中にあるね^^アフリカ編で出て来た。

後から彼の経歴を検索してみたら、
f0152079_23090838.jpg
ツアーイン春海が永登浦区庁駅にできた時、オープン前に泊まりに行って、

春海さんに駅ビルまで車で送って貰って観た映画『最後まで行く』の

あの若い警察官も彼だったのか・・・映画『ブラインド』も観てるし・・・

次に春海さんのゲストハウスに行った時、次女さんの自転車を借りて、

コストコと、木洞回りをした私。ボゴムの出た小学校・中学校の

すぐ近くまで行ったんだなぁ・・・緑の○が行った所。で、高校まで

全部地元だったんだね^^;現在、忙しくてもよく通っている明知大学も

そんなに遠くないし。大学繋がりのアフリカのヒョン達に転校すれば?

なんて言われてたけどね^^;

しっかり注目し始めたのは『君を憶えている』の役で。

一度に二つのことに集中できないから、仕事と恋愛は両立できないと


言うボゴムの、初めての熱愛報道が出て、その相手が

チャン・ナラだって!いくら彼女が

童顔美女だとしても、年上すぎるっしょ^^;

『明日もカンタービレ』は持ってるけれどBS版で吹き替え。あ、これには

ギョンピョも出てるから、いつか観るかな?デビューして

間もなくのドラマスペシャル『スチール写真』もあった筈。

ナムグン・ミンの若い頃の役だったようだ。探してみるかな?

『チャ刑事』もあるけどまだ未見。『プロデューサー』は観て、

まんまミュージックバンクのMC役だったっけ。

今週末、『雲が描いた月明り』の150日間の制作記録があるので、

これで、ボゴム祭りもひとまず終了かな?

f0152079_23204013.jpg
『一泊二日』で新PDに食べ物を勧めただけで、作品名「ボゴムの祝福」

なんていう天使にさせられてたっけ。高所恐怖症で2年前には泣いて

嫌がったアトラクションに、ボゴムマジックで乗ってしまった

キム・ジョンミン。体重があるから躊躇していたデフコンも

誘われてパラグライダーに乗ってたし。

ボゴムツアーの場所、2015年秋にtちゃんと回った清風団地と、丹陽で

泊まった時の向かい側の山のパラグライダーと

島譚三峰だから懐かしかったし。



これで見る限り、顔は天然みたいだ^^

真面目な顔をするとチョ・インソン系にも見えるけれど、

いたずらした時の顔が可愛いし、もっとスウィートで

ラブリーなのが、ボゴムの魅力だと思う。



『雲が描いた月明り』で放送前のティーザー映像を撮った光化門前広場。

このダンス、去年日本公開で見た映画『華麗なるリベンジ』で

カン・ドンウォンも踊っていたけど、ノリがいいよね^^

雲が~の最初は、みんなが忌避する糞宮(東宮)の傲慢な世子だったから

生意気そうな顔で踊っているよね^^

光化門の他に



ドラマセット場バージョンも^^



俳優だけじゃなく、OSTで参加も。ほんと、今一番旬の俳優かも^^



ついでに、これまでの出演作の変遷も。

あ~!ボゴム祭り楽しかった♪

実は、『応答せよ』シリーズと、『花より青春』シリーズに

嵌ってしまい、全部そろえてしまった。ラックがすでに4つあるのに

収集癖がとまらない私。どうすんだ、こんな大量のDVDとブルーレイ。

そのうち、床が抜けるんじゃないかと心配だ^^;



# by andegenni | 2017-02-03 00:13 | 韓国俳優 | Comments(0)

ソンフンのペンミに行って来た♪

先週末に、nちゃんから久しぶりのLINE。

懸賞によく応募しているnちゃん、今度は

ソンフンのペンミが当たったと!

f0152079_14284852.jpg



急だけど・・・と誘ってくれて、昨夕行って来た♪

ソンフン公式サイト

 動画もある^^

彼の作品は『新妓生伝』(邦題『芙蓉閣の女たち』)

『オーマイビーナス』『子供が5人』の3作品を観た。

nちゃんは『信義』の白装束姿が彼だったんだと

言っていたけれど、持っているのにまだ未見^^;

最初の作品時は貴公子っぽかったし、ビーナスではプロボクサー、

子供~ではプロゴルファーの役で、どれも違った印象だった彼。

素はどんなかな?との期待もしつつ・・・

3作品共に、ポイントでロケ地回りをしているので、

興味のある方は、右側にある検索窓で検索して頂きたい。

ドラマ毎のインデックスは作っていないものが多いので。

f0152079_14361974.jpg



渋谷駅からさくら通りの坂を登って、会場の大和田さくらホールへ。

ホール入口で待っていてくれたnちゃんと無事に合流♪

f0152079_14404986.jpg



ペンクラブの人達がお花を贈るイベントをしていたようで、

綺麗なお花♪

WOWOWのパンフが置いてあり、現在『子供が5人』は放送中だと。

で、nちゃんに尋ねると、招待もWOWOWからで、3組6人だった!

始まるや否や、真ん中通路から歌いながら踊りながら登場した彼。

え、歌えるの?踊れるの?状態の私達^^;前の方はペンクラブ席で

お揃いのペンライトも持っていたので、

ペンの人には良く知られたことだったのかも。

それもノリノリで、司会の古屋正亨さんも、その弾けっぷりと

お茶目な仕草に本気で笑っていらした。こんな面白いいたずら好きな

性格だったとはビックリで、嬉しい驚きだった^^

事務所の後輩の男の子がゲスト出演した時のポイント登場にも爆笑!

質問コーナーもとても面白かった。

共演女優には本気で恋するようにしていると。

スタッフにも、あの二人本当に付き合ってるんじゃ?と

思われる程度なら上手く撮影できると。

それで、共演女優との熱愛報道が毎回出る訳ね^^;

子供~のキム・ソンミン役はとっても面白い性格だったけれど、

それが好評だったようで、本来の出番はそんなになかったのに

反響が良くて、出番が大幅に増えたんだとか。

f0152079_19454789.jpg


前回の訪韓時に、キム・ソンミンがいつも待ってた

この階段へも行ってきたっけ^^

これからは、完全事前撮影されたラブロマンス系のウェブドラマが

4月中旬に配信決定されて、現在撮っている

ゲームキャラクターのドラマも4月目途に公開されるようだ。

『オーマイビーナス』時の話が聞けるかも?と期待したが、

それはなかった。

ただ、歌だけじゃなく、pioneer djという機器を韓国から持ってきて

DJプレイまでしてくれて、後でプロフィールを見ると、

水泳選手だったそうで、怪我でやめて俳優になった経緯、

身体を鍛えている点、歌の好みの傾向などジソブと重なる点が多く、

きっと気が合う後輩だったんでは?と思った。

何しろ、お茶目で可愛くて、意外な驚きだった!

なんでも全力疾走タイプだし^^

ハイタッチも、一回胸の前で大きく手を打って、

こちらの手と声を出してハイタッチというノリの良さで^^

ペンクラブの人とはその後ハグ会も

あったようで、なかなか面白いペンミだった。

ホールの並びのファミレスで軽い食事とデザートを

食べてnちゃんとお喋り。

坂を下って、JR改札口でお別れした。その後、私は地下鉄方面へ。

f0152079_14405779.jpg

久々のハチ公♪


f0152079_14410598.jpg



1月なのに20度越えだった昨日だけど、夜には冷え込んで来た。

にも拘わらず、全力で路上ライブもやっていた^^

楽しいイベント、誘ってくれたnちゃんに感謝(^_-)-☆



# by andegenni | 2017-01-31 15:13 | 韓国俳優 | Comments(2)

懐かしい高校時代

昨日は高校のクラス会だった。何年か前から、不定期に集まり始めた

クラス会。私も3回目の出席で、午後、国立駅に降り立った。

f0152079_14042789.jpg

今の国立駅。昔は北口に行くにも大変だったから、高架下を通り抜けできる

ようになったのは嬉しいし、駅内部、続くショッピングモールには

前回もビックリしたっけ。

f0152079_14043415.jpg

昔は、こんな可愛い駅舎だった(画像はネットから)。バックに高層の

マンションがあるから、比較的最近の画像かと。原宿駅と同様、

可愛い駅だったのに、なくなってしまったのは寂しい。

同様に思う人は多かったようで、旧駅舎はちゃんと保管済みで、

現在工事中の囲いの中だろうか?に移して復活するようだ^^

計画的に作った街なので、一橋大学前の道路は幅広く、左右に並木の

ある歩道も広く、季節毎に綺麗だった。その道路をまっすぐ進むと、

谷保駅に着き、当時は谷保からもこの駅舎が見えたっけ。

毎朝、高校までの道を歩くと、左側に一橋大学のテニスコートがあって

うちのテニス部はそこのコートを借りて朝練とかしていた。

制服のない高校だったので、つわもの達は早弁して、お昼は大学の

学食に食べに行ったりも。クラブの先輩に、小中高と並びの学校に通い、

大学も地元の一橋なんていう人もいたり。

高2までは普通に授業し、高3になると3,4時間目だけが一緒の授業で

1,2時間目と5,6時間目は各自志望校に合わせての選択授業だった。

フランス語、ドイツ語も選択でき、大学別の傾向と対策に合わせても

細かいゼミ的な授業を選択できた。私は、高校受験までは数学は得意だった

けれど、数Ⅱ段階で、理数系は断念。私立文系に絞ったから、選択科目が

少なくて、1,2時間目がない時は早朝ボウリング、5,6時間目がない時は

クラスメイトだった映画研究会(映研)の部長から貰ったタダ券を

利用して国立スカラ座(今はもうない)で映画を見たり・・・と、

高3にも関わらず遊びも結構していたなと・・・

駅前にあった白十字で帰りにケーキを食べたこともしょっちゅうで、

名物女先生に見つかり、「あんた達、もう夕方だから

帰りなさいよ~」なんて注意されたのも思い出。



高校全体の同窓会も前に盛大に行われて、結構話題になったっけ。

うちの学年は出席率が悪く、クラス会の言い出しっぺの彼女から

この時の話はまた聞きしたっけ。

「高校文化祭日本一」という言葉もこの大同窓会時の動画を検索していて

初めて知った。私達の時代も文化祭はしっかりやったけれど、

今の文化祭事情にはビックりしたっけ。

各演目毎にプロモーション動画も作っているし。



上の動画は昨年の文化祭前日の様子のレポ。動画は沢山あるので、

興味があれば探して観て欲しい。脱高校級のPVもあるし。

高3夏休みは演劇の練習も一生懸命やって、2学期初めの文化祭にて、

受験モードに切り替えするようだ。11月まで適当な勉強しかしていなくて

合格率20%だった私。その後の詰め込みで2月には90%に持って行ったから

私に比べれば、まだ余裕の日程だけど、昨日の話では偏差値が更に上がった

ようで、最近の子達、勉強だけじゃなく、切り替えが上手いなぁと思う。

卒業後に都立高校として初めての甲子園にも行って、全都立高校在学、

卒業生から巨額の寄付が集まったのに、すぐに負けてしまい、

それで作って送られてきた名簿も懐かしい。クラブ活動も盛ん♪

学校群受験だったから、立川高校になる可能性もあったけれど

場所的には、国高でよかったと思った。ちなみに、国立高校は

男子2対女子1、立川高校は男子3対女子1の割合の共学だった。

しかも国立高校は文系、理系というクラス分けもなかったから

文系の私の隣が医学部志望なんてのも普通の状態で、面白いクラスだった。

駅からまっすぐの道の他、駅前から左斜めに走る道路は旭通り。

逆側は富士見通り。名前通りの朝日と富士山にちなんでいる。

帰りに寄った数々のお店も懐かしい。そんな通りにあるお店の2階で

今回も卒業時のクラス会。初めての顔もあり、近況報告だけでも

めちゃ楽しかった。ツッコミを入れつつ聞き入るクラスメート達。

毎回思うけれど、うちのクラスの男子ってすごいなぁ・・・

未だにクラス会では○○君付けで呼ぶ女子達だけど、男子もそれを

不思議に思わない雰囲気で。

何がすごいかって言うと、10人前後の男子の中に、大学教授が数人、

会社社長、医師会会長、大きな会社のお偉いさん等々・・・

君付けは彼らにとって、めちゃ珍しいだろうけれど、

懐かしさと共に、高校時代に戻ったようで嬉しいのかも?

今回初参加の男子は、実は中高一緒の幼馴染で私が誘った。

商社マンだった彼は、中学校の同窓会で再会した時は上海から来たと

言っていたけれど、今回どこどこに赴任したかちゃんと聞いたら、

在職中はトータル6年程度しか本社にいなくて、後は、アメリカ数か所、

ヨーロッパ数国、最後がアジアだったようで、ほぼ海外生活だったそうだ。

911のテロ時はニューヨークにいて、道路閉鎖で戻れず、社員の家族にも

連絡が付かない人がいて、かなりのパニックだったようだ。

他にも海外勤務経験者が多数いて、海外話と、歳には勝てない病歴話で

大盛り上がり。高校時代の話も勿論沢山出て来て、ひとりにあの時の言葉が

忘れられないと言われた私。本人完全に忘れてるのに、しっかり覚えていて

くれたのにも驚きと感謝だ。彼は3年間一緒でクラブも一緒だったせいも?

2次会では人数が減ったせいで、結構突っ込んだ話も。

まずはipadでプロフィール写真探し。重役や教授クラスになると

会社概要などで写真が掲載されてるから、本人前にして

みんな言いたい放題!仕事モードだから顔が硬い!とか^^;

その後は、最近の若者の就職面談の話。最終面接を彼らがするんだけど

昔とはかなり情勢が変わって来て、終身雇用制度がもう常識ではないと。

そして、大企業のお偉いさんが、「韓国は鬼門」だと。今は、もう接触さえ

憚られる雰囲気で、交渉台にも乗せないと。私の韓国通いを知っているから

しばらく行かない方がいいよ、心配だと・・・一般人で、温和な彼らまで

そう言うようになったかと・・・それはそれで、ちと複雑・・・

解散後、偶然にも高校大学一緒の二人と途中まで。

お偉いさんは車で送迎だから、久しぶりの電車。もう一人は大学の教授兼

九州にある附属中高の校長なので、週に何回も九州に行っていて、

カードステージが最上級になって久しいそうだ。ラウンジOKだから

いいなぁと。私はカードラウンジのみだからなぁ・・・

それでも、その校長、私と同じようにインフルエンザに罹ったそうだし

癌も克服したそうで、病気は公平なようだ^^;

明けて今朝、1年の時からの仲良し女子グループの一人から久々の電話。

40歳の時、赴任先のベルギーから帰国してすぐに、癌で亡くなった仲間が

ひとりいて、そのお葬式で残された3人の子を思って涙し、

桜の時期にお墓の前で集合して、国立に移動してダベッタ時以来で、

超久しぶりに集まろうと。その時に、

「次回はこんな悲しいことで集まるのはよそうね・・」と誓ったから

いい機会だけど、まさかのクラス会の次の朝で、その偶然にもビックリ!

3月に会うことになりそうで、久々の仲良しグループ集合で楽しみだ^^

頭の中が高校時代モードになっていて、懐かしさ満点の状態だ。


# by andegenni | 2017-01-29 15:19 | 四方山話 | Comments(0)