この2週間の出来事

最近、ブログを開くことすらままならない怒涛の日々・・・

実は、2週前の月曜の朝、主人が職場で倒れて救急搬送・・・

心臓からの血栓が脳に飛び、カテーテルでの除去手術は成功したものの、

夜に脳内出血を起こして、10日後の木曜夜に、一度も意識が戻ることなく

旅だってしまいました。

土曜のお通夜、日曜の葬儀も終わり、家にある祭壇にお線香をあげた後、

ようやくブログを開いたところです。

倒れた朝は、娘の家の仮契約の日で、終わっていれば1割と諸経費分は

戻って来ない所だったけれど、それはなんとかキャンセルでき、

主人を迎え入れるのは、私だけでは物理的にも心身ともに無理だと

判断した娘と将来の婿が同居してくれることになり、たった48時間で

新築の3階建て物件を購入することに決定。現在も交渉中です。

主人は遺影のみの同居となりましたが、残された家族と、新たに

生まれる孫と共に生きていくことになりそうです。

介護が必要な家族がいるので、今までの旅行時は、主人と娘が

看てくれていましたが、それももう出来なくなりました。

落ち着いたら、最後の旅日記の続きと、日本にいながらにして

調べたロケ地などをアップしたいと思います。

取り急ぎ、ご報告だけのアップです。

PS

コメント欄だけではなく、LINEや電話で繋がっている方からも

たくさんの励ましを頂きました。ありがとうございました。

明日は、新しい家の契約日です。今の家には愛着がありますが

来年初めにはお別れで、暇を見つけて、引っ越し準備もしなければ。

本籍地のお役所とのやりとり、地元の区役所、法務局、年金事務所等と

公的な手続き、49日の用意等も山積していて、何かと忙しくしています。

朝晩、お線香をあげながら、突然だったので、キツネにつままれた感じで

過ごしています。落ち着いたらしみじみ実感する日が来るかと。。。

落ち着いたら、またアップすると思いますので、その時はよろしく

お願いいたします。途中経過のご報告です。 10月14日土曜日



# by andegenni | 2017-10-02 12:00 | 四方山話 | Comments(16)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part19 薯童謡テーマパーク4

娘の結婚だけじゃなく、オメデタまで加わり、うちのマンションの

空き部屋が出たと同時に契約・・・中古マンション市場って

すごいなぁ・・・なんと、最初の販売価格の1.5倍だった!

リフォームも自分たちでするから、銀行巡りや業者巡り、

不動産屋さんとのやりとりで、めちゃ忙しい!
f0152079_20050964.jpg
機織りの機械が並んだ場所を反対側から。
f0152079_20051568.jpg
続く場所にはこちらの案内板。制作陣との撮影シーンも。
f0152079_20060435.jpg
f0152079_20061287.jpg
f0152079_20065822.jpg
f0152079_20570169.jpg
『雲が描いた月明り』では、イ・ヨン世子の就寝場所として登場。

そして、最近のドラマなら『猟奇的な彼女』の公主の部屋としても

登場したっけ。
f0152079_20083791.jpg
部屋の前から見た景色。
f0152079_20084478.jpg
ね、同じでしょ^^CN BLUEのジョンシンチングの後ろ姿^^
f0152079_20093805.jpg
度々登場したこちらを後にして・・・
f0152079_20100606.jpg
王座のある建物へ移動。
f0152079_20102450.jpg
数々のドラマに登場した、こちらの王座。
f0152079_20104091.jpg
見上げた天井部分。
f0152079_20110135.jpg
靴を脱いで上がる形で、ここへ続いていた回廊と・・・
f0152079_20115315.jpg
f0152079_20120201.jpg
f0152079_20121050.jpg
ここから見下ろした左、真ん中、右側。
f0152079_20124006.jpg
王の所へ向かうシーンでこの辺りも度々登場。
f0152079_20130177.jpg
靴を履いて、振り返って。
f0152079_20132158.jpg
再度、こちらへ。猟奇・・・でキョヌ達が歩いて戻った所。
f0152079_20142612.jpg
王宮の左右にある塔の近くには竹が。
f0152079_20144510.jpg
下の部分も逃げるシーンなどで使われる所。
f0152079_20150536.jpg
f0152079_20151240.jpg
f0152079_20153546.jpg
さらに奥へと進んで行くと・・・
f0152079_20154943.jpg

f0152079_20160872.jpg
奥にも建物。簡易的な責め具も。
f0152079_20163112.jpg
f0152079_20165755.jpg
隣の青少年修練所のいろんな設備と建物。
f0152079_20171896.jpg
f0152079_20181781.jpg
f0152079_20182488.jpg
ここは、太子宮と書いてあった。
f0152079_20184742.jpg
f0152079_20185970.jpg
中殿がラオンの頬を殴った所。
f0152079_21100996.jpg
亀のいる池があったけれど、何か意味があるのかな?
f0152079_20195771.jpg
再度、中心部へ戻って・・・
f0152079_20202825.jpg
王宮を正面から。

f0152079_21280888.jpg
こんなシーンもあったっけね・・・
f0152079_20204639.jpg
世子も降りたこちら、王宮正面の門を出て、階段を下った。
f0152079_20210778.jpg
再び、市場へ。こういう階段や、掲示板も角度を変えたりして

セットされるんだろうね^^
f0152079_20212377.jpg
f0152079_20213950.jpg
f0152079_20215370.jpg

f0152079_20215862.jpg
入口近くにある豪族の家。
f0152079_20221502.jpg

f0152079_20223450.jpg
これで全部回れたかな?
f0152079_20231161.jpg
f0152079_20231767.jpg
再度、入口近くの建物を角度を変えて・・・
f0152079_20233556.jpg
f0152079_20235458.jpg
f0152079_20251443.jpg
5時半に荷物を取りに来てと言われていたので、階段に座って

ブログを書いたりして時間をつぶし・・・

荷物を受け取ると、入口のゲートを閉め始めた管理人さん。

座ってていいよ~と言われて、30分ほどipadで書いたりしていると

さ、行こうか!と、上の道の向こうに停めた車に案内して下さった。

道々、貯水池の説明も。かなり広くて奥が深かった。

この日はひとりで管理だったけれど、週末には2人になるとか。

扶余に近づくと、宮南池の横を通って、咲いている大きな蓮の花に

ビックリ!それでも、今年はイマイチとか・・・前々日に

薯童謡祭は終わっていたけれど、地元の好意で、蓮の花がある間は

夜もライトアップされると思うから、後で来てみてねと・・・

車でも数十分かかる距離だから、確かにコールタクシーは往復で

かなりかかるだろうに、お金はもちろん受け取って下さらなくて。。。

将軍像のあるロータリー脇の銀行へ行かれると言うので、そこで

降ろして下さった。目当ての宿へは歩いて行けるからと。

思いがけないご親切で、明るいうちに宿へ行けて嬉しかった。


# by andegenni | 2017-09-15 21:41 | 2017.7水原・扶余 | Comments(2)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part18 薯童謡テーマパーク3

民家の一画から、宮のある場所へ。
f0152079_21034521.jpg
f0152079_21060634.jpg

『ソドンヨ』の案内板があり、宮殿の入り口へ続く場所。

『雲が描いた月明り』ではチョン若様(トリョンニムだけど

面倒なので、若様表記で)が科挙に合格して宮に出廷して

妹公主に会うシーンで登場した。

f0152079_22151798.jpg

で、わかってみると・・・宮廷の踊りのシーンは、ここではなくて

扶安の映像テーマパークで撮影されたんだけど、ひとりで踊った

踊り子が気になって探し、この階段の上に世子が立っていた時、同様に

心配していたユンソンと共に、笹の茂みの中に隠れていたラオン。

2箇所での撮影がシーンとして自然に繋がっていたっけ。

ふたりに気づかず、階段を降りた世子^^

f0152079_21061271.jpg

左側には、刑場。

f0152079_21063117.jpg

『ソドンヨ』のシーンの案内板。このセット場で撮られた作品で

刑場シーンがあるなら、ほぼここかな?

f0152079_21104310.jpg

刑場の門を出て・・・

f0152079_21110590.jpg

宮の門の左側と・・・

f0152079_21112213.jpg

ラオンたちが隠れていた右手の茂みとその先の門。

f0152079_21112864.jpg

右手の門の右側には、庶民の区画に抜ける門も。

f0152079_21120307.jpg

右手の門の先へ行ってみると・・・

f0152079_21121032.jpg
f0152079_21123652.jpg

こちらの区画。

f0152079_21124333.jpg
f0152079_21131998.jpg
f0152079_21134900.jpg
f0152079_21135699.jpg

敷地内の堀もあって、角度を変えて、使われてるんだろうなと・・・

f0152079_21140296.jpg

続いて『ソドンヨ』での大学士(大提学の別称)の学習シーン。

f0152079_21144272.jpg
f0152079_21150282.jpg
f0152079_21171903.jpg

この建物を中心に撮影されたのね^^

で、この建物前の広い空間は、『雲が描いた月明り』では

新入りの内侍(宦官)が試験を受けたシーンで登場。

試験を受ける者の中に、ラオンを発見した世子は

チャン内官に服を脱ぐように強制したっけね^^

f0152079_21152781.jpg

で、外へ続く門があったので、出てみたら・・・

f0152079_21162510.jpg
f0152079_21171099.jpg

やはり湖と言いたい位に大きな貯水池。この景色なら、史劇で

使っても、違和感ないよね^^

f0152079_21174188.jpg

水辺の道から見上げた宮の外側。


f0152079_21180886.jpg

塀の上から見えたこちら。

f0152079_21185251.jpg

さらに散策・・・

f0152079_21190944.jpg

宮の中の塔が見えて来た。

f0152079_21192512.jpg

無造作に置かれていた台車?それとも牛や馬に引かせるの?

f0152079_21194485.jpg

この楼閣は幼い世子と亡き母の思い出の場所。この場所を見つめる

世子の目に、8年前の母子の姿が浮かぶんだけど、

ボゴム、いい眼差ししてたっけ^^

f0152079_21243781.jpg

渡り廊下は、どこがどこだか?位度々登場。

f0152079_21244489.jpg
f0152079_21245112.jpg

こちらの渡り廊下と高い塔側の間には段差があり

f0152079_21245801.jpg

堀越しに向こう側を見る形に。踊った後で、ラオンが逃げる

シーンで、低くなった場所が使われていた。

f0152079_21250593.jpg

で、この向こう側、渡り廊下に世子、下にラオンがいたシーン!

f0152079_22573287.jpg

まさに、手話でラオンに告白したシーンであり、

f0152079_22482739.jpg
f0152079_22483350.jpg

こちらの撮影場所でもある^^

f0152079_21254895.jpg

さらに進むと、こちらの建物。右後ろに홍살문(紅箭門)みたいな

物が見える場所。撮影時はこの前に旗や矢が立てかけられて、

世子の武術の練習シーンで使われた場所。何度か登場した所。

f0152079_21263594.jpg
f0152079_21264327.jpg
f0152079_21270853.jpg
f0152079_21271681.jpg


f0152079_21274817.jpg

近くの建物を写してから

f0152079_21275448.jpg

楼閣の脇を通ろうとしたら・・・

f0152079_21282095.jpg
セット場の塀越しに見えた台。飛び込み?バンジー?

隣が青少年修練所なので、たくさんの設備があった。
f0152079_21280137.jpg
曲がり角には、こちら。糸紡ぎの道具かな?

長くなったので、続きは次のpartにて。


# by andegenni | 2017-09-09 00:00 | 2017.7水原・扶余 | Comments(0)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part17 薯童謡テーマパーク2

枚数が多すぎて、どれを省けばいいのか・・・

で、重なっているかも?だけど、せっかく写して来たので

今度出て来たらわかるように、一気に!

f0152079_19471242.jpg

両班の屋敷の逆側の門から出て・・・

f0152079_19463911.jpg

市場の中を散策。朝鮮時代、宮の近くにあった

雲従街と呼ばれた市場だと思うが、今でいうなら

鍾路一帯。大商人もいて、朝鮮一栄えていた場所。

『客主』で出て来た六矣廛(ユギジョン)もこの場所に。

f0152079_19474560.jpg

お店の名前が漢字で書いてあるから、日本人にはわかりやすい。

f0152079_19475869.jpg

f0152079_19481151.jpg

f0152079_19483062.jpg

f0152079_19521706.jpg

f0152079_19523532.jpg

f0152079_19530482.jpg

f0152079_19532738.jpg

楼閣の下は、商人たちがワッタガッタ・・・

f0152079_19533987.jpg

タル(仮面)も。

f0152079_19543516.jpg

f0152079_19544741.jpg

f0152079_19552711.jpg

f0152079_19563916.jpg

ここ、宿屋みたいだから、『猟奇的な彼女』で出て来た所かも?

f0152079_20041971.jpg

セットだから、ひとつの建物の4つの面ごとに使っていて、

宿屋の角を回りこむと・・・

f0152079_20435242.jpg

『雲が描いた月明り』で世子がカップルパンジを買った所。

f0152079_20042563.jpg
f0152079_20045270.jpg

その先には高い塔や藁ぶき屋根が。

右手にある下がピンクの布の場所が気になる・・・

f0152079_20045922.jpg

f0152079_20052734.jpg
f0152079_20080725.jpg

両班のお屋敷の中を外から。


f0152079_20092900.jpg

竈の形も、次に出て来たらここだとわかるかな?

f0152079_20094418.jpg

市場のシーンはこの角度で撮られることが多く、

『雲が描いた月明り』でも、『猟奇的な彼女』で一緒に逃げる

シーンでも何度も登場していたっけ。

f0152079_20102320.jpg

あ、やっぱりそうだ!ユンソンが、ハヨンとお茶を飲んだ

2階の席はこちら。

f0152079_20104847.jpg

この先、瓦屋根から茅葺屋根の庶民の一画に。

f0152079_20110035.jpg
f0152079_20112414.jpg

左側を見ると、薬屋の先は、ここ刑場みたい。後で覗こう♪

f0152079_20115494.jpg

掲示板かな?史劇の定番の場所かも?

f0152079_20120890.jpg

瓦屋根の終わる手前は、左へ行くと宮。

f0152079_20122570.jpg

『猟奇的な彼女』で馬に蹴られそうになった公主を

助けたキョヌ。この辺りかと・・・

f0152079_20131679.jpg

それともその先のこの辺りかも。

f0152079_20145470.jpg

入口の上に渡してある葉っぱが特徴的。

f0152079_20155887.jpg

f0152079_20161691.jpg
f0152079_20165073.jpg

どこからもよく見える物見台。雲が・・・で、パルチ@腕輪を

買った後、ビョンヨンが何者かに追われているのを見かけた世子。

思わず、助けに入って、この物見台が見えるあちこちの路地で

立ち回りのシーン。彼には何も問わず・・・

「ビョンヨン、世界で私がたった1人だけを信じなくてはならないと

したら、それはお前だ。知ってるだろう?」と。

f0152079_20165858.jpg

藁ぶき屋根の家々を抜けると、目の前に湖が。

f0152079_20173237.jpg
f0152079_20173958.jpg

後で、湖ではなく貯水池だと教えて貰ったけれど、かなり大きい。

f0152079_20183171.jpg

そこに面したこの家が、ソドンヨの家だろうか?

f0152079_20192410.jpg

そうだと信じて、中へ。

f0152079_20200060.jpg

隣の家から、やはり見える物見台。

f0152079_20215634.jpg

こちらの家の中から見える湖。

f0152079_20201410.jpg

その先は宮の建物。

f0152079_20202890.jpg

手前に井戸。

f0152079_20211548.jpg

井戸から湖に面した家々を。

f0152079_20222101.jpg
f0152079_20223988.jpg
f0152079_20230303.jpg
f0152079_20231136.jpg
f0152079_20241194.jpg

f0152079_20242974.jpg
f0152079_20244638.jpg

f0152079_20252341.jpg

藁ぶき屋根の庶民の家の区域はキャプがない場合、

ジャストポイントで探すのは難しい(>_<)

f0152079_20260923.jpg

さすが、名前がついているテーマパークだけあって、

『ソドンヨ』だけは、どこがどこだかの案内板があった。

f0152079_20270272.jpg
f0152079_20262441.jpg

枚数、多すぎだけど、ここまで読んでくださった方、

f0152079_21144740.gif



# by andegenni | 2017-09-06 21:19 | 2017.7水原・扶余 | Comments(0)

2017.7 古宮と蓮の花を巡る旅part16 薯童謡テーマパーク1

お世話になった益山の運転手さんは、扶余郡青少年修練院の建物の

車止めで降ろして下さった。この大きな建物には自販機や食堂もあり

撮影隊も困らない位置関係のようだ。
f0152079_19505499.jpg

こちらが地続きの薯童謡(ソドンヨ)セット場。

小さな小屋みたいな場所がチケット売り場。チケット2000Wを買い、

帰りのバス便のことを確認。このソドンヨセット場へは、扶余からは

1日に4便だけバス便がある。扶余のKT&G停留所から105番バスで

f0152079_20580026.jpg

往復できるけれど、停留所が多くて時間がかかりすぎ!

それでもバス!と言う人には一応調べた時刻を。

6:10 9:20 13:30 17:15 始発がどこだかは?

f0152079_20381606.jpg


それで、威悦駅からのタクシー利用。でも帰りは扶余中心部までは遠く、

コールタークシーは扶余からになるから、かなりお金も時間もかかると。

4便目のバスがテーマパークの最寄り停留所を出る時間を確認すると、

18時30分頃だと言われ、それでも仕方ないかな・・・と

思っていたら。。。。。

18時にここは閉めるから、その時間までいるなら、扶余に住んでいるから

乗せてってあげるよ~♪とめちゃ嬉しいご提案!荷物も預かって頂き、

17時半には売り場を閉めて、テーマパーク内の見回りに出かけるから

荷物はその時間までに取りに来てと。嬉しくて(T_T)

f0152079_19510991.jpg

f0152079_19521362.jpg

なんと言っても印象的だった『雲が描いた月明り』のセット撮影♪

f0152079_19523367.jpg

他にも『イサン』

f0152079_19524811.jpg

『チャクペ』

f0152079_19530239.jpg

『六龍が飛ぶ』

f0152079_19533198.jpg

水原に続き、『麗~花萌ゆる8人の皇子たち~』も♪

f0152079_19534399.jpg

『風の国』

f0152079_19535893.jpg

『トンイ』

f0152079_19540991.jpg

『帝王の娘スベクヒャン』

f0152079_19542391.jpg

『剣と花』

f0152079_19545365.jpg

なんと言ってもセットとしての名前を残す『ソドンヨ』と

『大風水』と『階伯』。百済を扱ったドラマとしては、『ソドンヨ』以来

久々だった『階伯』。このふたつのドラマをここで撮るのは当然かな^^

f0152079_19551965.jpg

イ・ジュンギは『朝鮮ガンマン』も♪

で、少し前に観終わった『猟奇的な彼女』もたくさん撮影されていたが

行った時にはまだ看板はなかった。

f0152079_19553641.jpg

入った所。

f0152079_19555959.jpg

南楊州の撮影所でも同じだったけれど、TV局でよく使う手法で

背景をカラーにしておいてCGでバックを構成するようだ。

f0152079_19563028.jpg

朝鮮時代だから、漢字で表示してあり、日本人にはわかりやすい。

f0152079_19563566.jpg

あの2階はいろんなドラマで出て来た。「茶」という紙がたくさん

下がっていたけれど、商人が行き来したり。

『雲が描いた月明り』では世子がチョン・ヤギョン(丁若鏞)を

訪ねて行き、あの上で話すシーンでも使われた。

カクシタル仮面がビラを撒いたのもあの上から。

f0152079_19565028.jpg

市場の通りは、朝鮮時代のソウルの宮の近くの設定。

f0152079_19571557.jpg

開いていた門の中へ。

f0152079_19572121.jpg

f0152079_19574479.jpg

f0152079_19575297.jpg

f0152079_19581203.jpg

キム・ホンの家として出て来た場所だった。

f0152079_19584485.jpg

その奥にある門。その先には

f0152079_19590717.jpg

f0152079_19591387.jpg

闘いのシーンとかで使われるのか?こんな場所も。

f0152079_19594823.jpg

個人の家としてはめちゃ大きな家。先には赤いホンサルムン紅箭門も。

f0152079_20000906.jpg

門の内側。

f0152079_20002183.jpg
f0152079_20003516.jpg
f0152079_20010321.jpg
f0152079_20011023.jpg
f0152079_20012358.jpg
f0152079_20014181.jpg
f0152079_20020495.jpg
f0152079_20021128.jpg
f0152079_20025527.jpg

広いお屋敷をあちこち写して。。。今度出て来たらわかるか>私・・・

再度、市場へ出て。写真が多くなったので、次のpartで。



# by andegenni | 2017-09-03 22:15 | 2017.7水原・扶余 | Comments(2)