2017年 06月 19日 ( 1 )

2017.5ギリシャ・ドバイの旅 part16 アテネ~サントリーニ

前夜、シンタグマ駅で空港行きの時間を確認。

毎時06分と36分。サントリーニ行きの便は10:10だから

少なくとも8時過ぎには着きたい。ならばバスよりも時間が

確かな地下鉄にしようと・・・7:06に乗ることにして・・・
f0152079_19025002.jpg

朝食後にすぐ出るからと、フロント前に荷物を置かせてもらい・・・

大きなスーツケースにananの折りたたみスーツケースを入れてあり、

それとACEの機内持ち込み用のスーツケースを持って行くことに。

f0152079_19032956.jpg

一階上の朝食スペースは6時半からで、少しロビーで待った。

f0152079_19035118.jpg

お花は全部生なんだけど、これって、カラーとチューリップ?

どっちも似てはいるけれど、どう見ても葉っぱが違うなぁ・・・

f0152079_19052299.jpg

時間丁度に上に上がり、急いで朝食。この日も外から騒がしい音。

が、楽隊ではなくて、デモだった@@

リムジン乗り場も近いけれど、駅も近いから時間がわかっていい。

地下鉄は途中までは普通の3号線なので、通勤の人達で結構混んでいた。

途中から空港線に。なんとか座れたのでよかったけれど。

f0152079_19061170.jpg
f0152079_19054287.jpg

空港線から出て来た所。アテネの空港は、それほど広くはない。

国内線とユーロ圏に行くBエリアと、それ以外の国際線のAエリアに

分かれていて、サントリーニはBエリア。

その前に大きなスーツケースを預けに、Aエリアの入国フロアの

一番奥にある手荷物預かり所へ。
f0152079_20133908.jpg

私が予約したオリンピック航空(エーゲ航空)は往復二人で

たったの17923円!だけど、上のように機内持ち込み用のサイズで

8キロまでの限定。それ以上の荷物は、23キロまで預けられるけれど

ひとつ5000円以上の別料金だった。なので、折りたたみのスーツケースを

入れて持って行ったんだけど、鍵がなくて、アテネの空港で一応購入。

これが助かった!と言うのも、機内持ち込みなのに、無料で預け荷物

扱いにされたため。エミレーツは、無条件に預け荷物にされるので、

荷物が増えた場合は預けるつもりで買ったんだけど。

身の回りの小さなバッグの部分で、リュックは?と心配だったけれど、

何も言われずOK!

チェックインは簡単だった(夏用のスカーフが邪魔だった位・・・)。

Bフロアにはユーロ圏に行く人達が多いので、免税店も充実してて

興奮しながら、娘はバッグ、化粧品、サングラスetcを購入。

f0152079_19063871.jpg
f0152079_19070786.jpg

サントリーニ行きの飛行機へは、バスで移動してタラップを登る。

しかも、プロペラ機だし、荷物は自分で運ぶし・・・

機内では、小さなお菓子を頂けた。離着陸時間を含めて45分の旅♪

サントリーニ空港は、軍も使用しているので、写真は全面禁止!

f0152079_19071754.jpg

空港の外にあったバスの時刻表。と言っても、撮っていたら

すぐにやって来た^^

f0152079_19081816.jpg

バスの中から撮った空港の外部分。タクシー乗り場と、

あちこちのホテルからの送迎車がたくさんいた。

同じギリシャでも、本土とは建物が違うし、木も違って、バス風景も

楽しかった。間もなく、サントリーニの一番の中心地フィラに到着♪

f0152079_19083020.jpg

バスターミナルの窓口に貼ってあったこちらの時刻表。

ただし、チケットはここで買うのではなく、バスの中で買うシステム。

降りて食事して移動するかな?と思っていたら、イア行きのバスが

もうすでに待機していたので、そのまま荷物を移して乗り換えた。

途中の景色は圧巻!カルデラ側は、高くなっていて見えず、右の座席に

乗るといいとの情報で座ったら、右手はなだらかな傾斜で海に。

途中、左右が見渡せるところもあって、目を奪われる景色!

調べて来たサントリーニのいろいろを景色を見ながら、娘に説明。

楽しみながら、今度は、フィラに次ぐ大きな街、イアに到着♪

f0152079_21014841.jpg
翌朝の散歩時に撮ったものだけど、こちらがイアのバスターミナル。

で、降りたら、前の席に多分日本人?と思っていたご夫婦が

いらしたんだけど話しかけられた。ギリシャに来て、初めての日本人!

前の席で、私が娘に説明しているのを、ずっと耳ダンボで聞いていらした

そうで、いろいろ教えて下さいと。記者さんとお医者さんのご夫婦で、

ロンドンに1年間住まれる予定で、ギリシャへは仕事&休暇でいらしたと。

LINE交換をして、時間が合えば、夕食をご一緒することになった。

狭い路地を抜けてみんな進んで行くので、私達も。

f0152079_19110495.jpg
f0152079_19111227.jpg
どれもめちゃくちゃ可愛いお土産。娘に買いたい!と言っては、

却下されてしまったけれど、今でも、プラカとここで見た

お土産は買えばよかった・・・と後悔・・・
f0152079_19112087.jpg
お店のお庭もこんなに素敵!
f0152079_19114723.jpg
路地を登ると、中央にあるこちらの教会前広場に到着♪

この広場前にある通り(写している私の後ろ)は、カルデラ側を

見下ろせる通りで、イアのメインの通り。そこを右方向へ。
f0152079_19525808.jpg
今回は、急遽変えたホテルだったけれど、bookinn comのアプリを

DLし、予約書なしで、WALLETに入れてあったので、楽だった^^

で、カルデラ側(崖側)にある宿は、各宿でチェックインカウンターを

設けるのは難しいため、通りの途中下右にあるこちらのツーリスト

カウンターでチェックイン、チェックアウトを行うシステム。

まだ時間前だったのに、もう掃除が終わっていたのか?すぐに

ポーターを呼びますと。5分程で、可愛くてスリムな黒人の男の子が

やって来て、鍵を受け取り、2人のスーツケースを持って移動。

何度も振り返って確認してくれたけれど、アップダウンと階段で

それこそアップアップしながらの到着。こりゃ、自力で運ぶのも

見つけるのも無理だわ・・・と、どうしてそういうシステムになったかを

納得した。2ユーロのチップで良かったのだろうか?
f0152079_19132326.jpg
f0152079_19135702.jpg
部屋の前で、鍵を開けてくれて、彼とはお別れ。翌朝の

チェックアウトの荷物のピックアップ時間を打ち合わせして。

そこから見えた素晴らしい景色!
f0152079_19141442.jpg
降りて来た階段。途中、狭い部分もあって・・・
f0152079_19162910.jpg
f0152079_19163900.jpg
カルデラに面している部分は、ほとんど階段から階段で移動。
f0152079_19142458.jpg
私達の部屋へ~♪
f0152079_19143800.jpg
入ってすぐに、可愛い♡やはり、ケーブ(洞窟)ルームにして正解!
f0152079_19165589.jpg
奥のバスルーム。
f0152079_19174350.jpg
ここ、実はファミリールームで、3人泊まれる部屋。

なぜか、安くなっていた日があって、泊まりたい!と即変えた^^
f0152079_19181737.jpg
小さな台所も。煮炊きは出来ないけれど。朝食は別料金で可で

どこか近くに食べに行くシステムだったけれど、何か買って来て

済ませようか?あるいは、ターミナル傍のあの可愛いお店に食べに

行こうか?と思っていて。。。あると思っていた電気ポットが

なかった・・・せっかくコーヒーと紅茶は持参したのに。

(後で、事務所に寄ったら貸してくれたので解決♪)
f0152079_19182887.jpg
さて出かけるかな・・・と、外へ出たら、この子が^^

後でわかったけれど、私達の部屋の前には大抵3匹の猫がいた^^;
f0152079_19185843.jpg
ここは、イアの港で、長い階段を降りて行くと、レストランもあるし

観光船も出ているそうだ。自力で上り下りはきつそうだけど。
f0152079_19230706.jpg
私達の部屋の下は、途中で道が無くなる。階段だけど、縁が白く、

真ん中は色が付いていた。踏み外さないような工夫なんだろうか?

階段そのものは、かなり段が低く作ってある所が多かった。
f0152079_19231865.jpg
覚悟を決めて登って・・・真ん中にあるピンクベージュの広い場所は

後で夕陽を見る為に椅子を並べた下の建物の屋上。部屋はその左下。
f0152079_19241562.jpg
見上げると、こちらの鐘楼とギリシャ国旗♪
f0152079_19424195.jpg
どこを写しても絵になる風景だけど、登りは更にきつい・・・
f0152079_19431457.jpg
上の通りからの降り口。書いてあるのはこれだけ。これじゃ

自力では降り口さえわからない・・・

私達のホテルの、VIPスィートなんて書いてないし・・・
f0152079_19433478.jpg
すぐ下の左側にレストランがあったので、それも目印♪

さて、ようやく上の通りへ。

念願だったサントリーニの探索開始♪


by andegenni | 2017-06-19 00:00 | 2017ギリシャ・ドバイ | Comments(0)