2017年 06月 09日 ( 1 )

2017.5ギリシャ・ドバイの旅 part11 メテオラ2

『花よりおじいさん ギリシャ編』より、空からの写真2枚のキャプ。
f0152079_00022925.jpg
「空中修道院メテオラ」
f0152079_00023549.jpg
「神と人間の境界が最も曖昧な」
f0152079_23275604.jpg
下から見上げたメガロメテオロン(メタモルフォシス)修道院。

この柱のような塔の部屋は、下界からの荷物を滑車を使って引っ張り

上げている場所。当時は、今の様に階段もなく、周りは絶壁だから、

人もこれで吊り上げてたのだろうか・・・
f0152079_23280588.jpg
途中にあった小さな祭壇。
f0152079_23283058.jpg
こちらも同じ。
f0152079_23284906.jpg
番犬のように寝そべっていた大型犬。人慣れしているせいか、

人に全く関心がなさそう。ようやく振り向いてくれた貴重な一枚。
f0152079_23315925.jpg
隣にあるヴァルラーム修道院。間には深い谷。
f0152079_23292498.jpg

正面に見えて来た。見る角度によって形が違って見えた。

f0152079_23324909.jpg
f0152079_23350266.jpg

途中の岩に埋め込まれたイコン。

f0152079_23354609.jpg
ぜいぜい言いながらも、ようやく到着♪ベンチもあった。


f0152079_23372011.jpg

バスを降りたのは、向こう側の右手、車のある場所。

一旦降りて登るから大変だったけど、ここはほとんどの観光客が

頑張って登って来る、メテオラ最大のメタモルフォシス修道院。

「14世紀にアトス山から来た修道士アタナシオスによって建てられた。

プラティ・リトスPlatys Lithos(幅広の岩)の上にあり、

その高さは613メートル。中にはイコンの部屋、博物館などもある。」

地球の歩き方からの引用。

f0152079_23380288.jpg
f0152079_23381118.jpg
f0152079_23385148.jpg

下から見上げた時の塔部分。滑車や荷物用の篭も置いてあった。

高所恐怖症気味なので、先の柵までは行けなかった^^;

f0152079_23382186.jpg

観光客が多いせいか、みんな無造作に投げ込んでいく。

ギリシャの修道院は、女性の短いスカート、パンツ姿は厳禁なので、

チケット売り場傍で腰にこれを巻いて入る。

f0152079_23421360.jpg

さて入るかな・・・最初は修道院の作業室のような場所。

f0152079_23422786.jpg

いろんな道具類。

f0152079_23423854.jpg

入口には作業時の修道士の衣装。

f0152079_23424888.jpg
f0152079_23432783.jpg
f0152079_23435552.jpg

ここを出ると・・・順番待ちしている場所があって・・・

f0152079_23440406.jpg

覗き込んだら、ハラボジ達も観ていたこちらの納骨室。

強烈なので、小さくして2枚続きに。右側に足?の骨も。

みんな写真を撮っていて。。歴代の修道士たち、現状をどう思うかな・・・

ギリシャではまだ一人も日本人旅行客に会っていなくて、ここでは

ツアーの韓国人一行と遭遇した。

f0152079_23441154.jpg

f0152079_18595637.jpg

たくさんの宗教画も。

f0152079_23445376.jpg

一旦中庭へ。

f0152079_23454614.jpg

f0152079_23460513.jpg

中は撮影禁止♪

f0152079_23461991.jpg

中庭から見下ろした場所に展望台。右側奥で、自撮りしている男の子が

同じ宿のひとり旅の子。降りてから挨拶し、撮ってあげましょうか?と

言うと、喜んでいた。私達はここから歩いて回るけど、どうするの?と

尋ねると、お天気がいいから僕もそうするつもりだと。

f0152079_23470139.jpg

展望台からの景色。崖のあちこちにある洞窟や裂け目を修練の場として

選んだ最初の隠遁者たち。それが11世紀に入ると集団で生活するように。

f0152079_23480909.jpg

この子猫、まさに断崖の上にいるんだけど、怖くはないのだろうか?

f0152079_23483748.jpg

となりのヴァルラーム修道院。こんな所によくもまぁ・・・

角度によってはどう登るんだ?と孤立しているようにも見えるけど

現在は谷の部分に橋がかけられている。

f0152079_23492456.jpg

もう一度、中庭に戻って・・・

f0152079_23510438.jpg
f0152079_23503083.jpg

綺麗に整備されているお庭には、あちこちに鐘楼も。

f0152079_23513730.jpg

あの尖っている屋根の下がメインの場所かな?


f0152079_23512063.jpg

f0152079_23523688.jpg

お話中だった修道士さんに、撮ってもいいのかどうかを

確認して。大聖堂と博物館以外は大丈夫そうだった。

f0152079_23514587.jpg

いよいよ大聖堂へ。

f0152079_23521654.jpg

磨き抜かれた廊下が右手に。左のドアは、イコンやロザリオ、

絵葉書等のお土産ショップの入口。

f0152079_23572188.jpg
f0152079_23572918.jpg
奥に進むと燭台があり、ここまでは写真OKだと確認して、

お布施を入れて、蝋燭に火を灯して燭台の所へ刺した。

左がメインの大聖堂。中はめちゃ精巧な装飾だらけで、ロザリオや

法服もそうだけど、手の込んだ芸術品のようなものばかりで@@

ここだったか?他だったか?記憶が飛んでしまっているけれど、

記帳する所もあって、祈って欲しい人を書くようで、うちの家族4人と

両家の家族名、娘の彼の名前を書いて来た。

大聖堂も、どの修道院だったかで聖歌を歌っている一行に遭遇したんだけど

それはそれは素晴らしいバリトンの声の方がいて、聞き惚れてしまった程。
f0152079_23582390.jpg
最後に台所の道具類を見て、元の駐車場へ戻った。
f0152079_00001548.jpg
最後にもう一枚、こちらから写して・・・
f0152079_00002496.jpg
あれ?君も登って来たの?さっきの子だよね^^
f0152079_20005335.jpg
メタモルフォシス修道院へ行って来た一行。

f0152079_00042777.jpg
f0152079_00072354.jpg
駐車場は車と人が多く、大体この辺りという位置を撮って来た。
f0152079_00005183.jpg
駐車場から次に行くヴァルラーム修道院。じゃなく、すぐ下にある

東屋みたいなのがある所・・・その先の岩の上で写真を撮る人達・・・

怖いなぁ・・・みんな高所恐怖症はないんだろうか?続きは次のpartで。


by andegenni | 2017-06-09 00:05 | 2017ギリシャ・ドバイ | Comments(0)