<< 2017.5ギリシャ・ドバイの... 2017.5ギリシャ・ドバイの... >>

2017.5ギリシャ・ドバイの旅 part27 ドバイ2

オールドスークと呼ばれるのは、ドバイの昔からの地域。

スパイススーク&ゴールドスークと共に、見に行こうと思っていたが、

間にはドバイクリーク(運河)があって、今もなお、アブラという

渡し船で渡るのが一般的。往復渡るのも・・・と思って、

運河の手前側は後回しにして、一気にスパイススークまで

タクシーで行って貰った。途中、造船所だろうか?大きな船が

沢山いる港の傍とかも通って。
f0152079_20081997.jpg

タクシーを降りたのは、スパイススークの入口。

すぐ傍には、ドバイクリーク@ドバイ運河がある。

f0152079_20340104.jpg

ジュメイラ・モスクのイスラム体験ツアーを終えた後、あまりに

暑いのでスマホでチェックしたら、すでに38度!夏になったら

きっと外歩きは覚悟しないと自殺行為になりかねない。。。

f0152079_20083987.jpg

こちらがスパイススーク(スパイス市場)の入口。

f0152079_20090962.jpg

さっそく、各種のスパイスの匂い・・・それにしてもすごい眺めだ!

f0152079_20092219.jpg

ランプだろうか?灯篭のような形。

f0152079_20093754.jpg

きらびやかな小物がたくさん!

f0152079_20101164.jpg

ドレスもたくさんあって、スパイススークは、スパイスだけじゃなく

ごった煮市場だった。どうしてか?日本人だとわかるらしく、

日本語で勧誘されたし、娘がモスクで説明して下った女性が

アバヤ(イスラムの衣装)の下に履いていらして涼しげなパンツが

欲しいと言うので、一軒のお店であれこれ見せて貰うことに。

英語で安いよ~としか言われなくて、値段がいっさい書いてない・・・

2本買えばさらに安いともちかけられ、それなら私の分も・・・と

思ったら、キャメルの毛のストールも一緒にどうか?と。。。

ようやく3点で値段1200AED@37000円と言われたけれど、

どう考えても高すぎ!と思い、買わないと言うと、いくらなら買う?と

どんどん下がって、250ならいいかと・・・それでもいらないと言うと

最後は150だって・・・4600円なら、勉強したと思ってもいいかと

結果購入。このシステム、騙される人が多いのでは?

最後まで突っぱねても良かったけれど、最初から他で再交渉も疲れるし。

f0152079_20103175.jpg

スパイスと衣類やお土産が雑多に並んでいるけど、

スパイスの匂いは大丈夫なのかなぁ?

f0152079_20111049.jpg

スパイススークを後にして、あちこちの小さな市場を通り抜け・・・

f0152079_20112487.jpg

辿り着いたゴールドスーク。

f0152079_20120555.jpg

途中の通りからも、あちこちに見えるモスク。

f0152079_20124438.jpg
f0152079_20131882.jpg

こちらの市場は、世界中で一番、金が安いそうだ。

ハラボジ達もやって来て、覗いていたっけ。だけど、あまりに沢山

並んでいると、じっくり見る気が失せてしまって・・・私だけ?

f0152079_20135057.jpg

スパイススークと違い、通りに屋根があるし、各店舗はエアコンが

効いていて、入口前を通ると涼しかった。

f0152079_20135896.jpg

小物だったら手が出た?興味湧かなかったけど^^;

f0152079_20140494.jpg

サントリーニ同様、こちらでは駱駝の縫いぐるみ。サントリーニのロバは

可愛かったなぁ・・・これは娘に却下されるまでもなく^^;

f0152079_20142174.jpg
f0152079_20160819.jpg

どのお店も金金金!だったけれど、この写真のお店ではみんなが

写真を撮っていた。クレオパトラみたいだし^^なかなか順番が来なくて、

しかもこの女性の自撮りが果てしなく続くので、諦めた。

f0152079_20165288.jpg

端まで歩いて、見上げるとモスクの塔。

f0152079_20170168.jpg

スパイススークの入り口前に、アブラの乗り場があったなと

市場を抜けずに、普通の通りを戻っている所。前を歩いている黒い服の

男性に@@ すぐ近くを歩いているのを見かけたら、アフリカの像で

背が高く、手足が長いガリガリスリムな像を見かけたことがあったけれど、

こんな人間いないよな・・・と思っていたのは認識不足だったようだ。

像は誇張はされているものの、彼は小さな頭にハンサムな顔、

手足がめちゃ長くてスリムな黒人男性で、世界は広いと思った・・・

そうそう、市場と平行な通りでは、韓国製品をたくさん見かけた。

まるで、リトル東大門、南大門みたいなビルもあったりして。

f0152079_20181209.jpg

アブラ乗り場に到着♪

f0152079_20194782.jpg
歩いて来た通りを振り返って。
f0152079_20183428.jpg

アブラ乗り場の標識。

f0152079_20190936.jpg

小さなアブラばかりじゃなく、観光船みたいな船も。

f0152079_20195084.jpg

人が集まると出航するアブラ。私達を乗せるとすぐに出航♪

f0152079_20211885.jpg

ハラボジ達も乗っていたアブラ。庶民の足だから、たったの2AED。

それでも、最近1→2AED(62円)に値上がりしたようだ。

f0152079_20214487.jpg
f0152079_20223662.jpg

船着き場はたくさんあって、私達はオールドスークへ。

f0152079_20233517.jpg

船をこちらへ戻しているようだった。

f0152079_20243581.jpg

対岸にはいくつもの船着き場。

f0152079_20250712.jpg

旧市街地に青い陶器のようなモスクの屋根が見えた。

Ali Ibn Abi Talib Mosqueだろうか?

f0152079_20260003.jpg

オールドスークの船着き場へ到着。隣に座っていたアラブの男性は、

私達が日本人だと知ると、一緒に乗れて嬉しかったそうで、

降りてから一緒に写真を撮ってくれと・・・日本人って、

市場ではカモ?とか思ったけれど、どこへ行っても、愛想よく

してくれて、ギリシャでもドバイでも、笑顔で話しかけられた。

f0152079_20262187.jpg

降りた所の広場にあった地図。係の女性がいたので、

地図を頂けますか?と言ってみたら、デスクの鍵を開けて、

Royal Blue Tourと書かれた同じ地図を下さった。

f0152079_20270255.jpg

近くにいたのは、赤い2階建てのバス。暑いドバイでは、バスで

観光名所を回るのが効率的かも・・・

f0152079_20271971.jpg

広場の様子。運河に面していて、暑くさえなければ素敵。

左隣の建物は、運河沿いにずっと続いていたショッピングモールの

ような場所だった。

f0152079_20272821.jpg

クリークのこちら側は旧市街地で、博物館や大きなモスクもあって

街歩きしたかったけれど、38度では無理!倒れそうだ・・・と娘。

仕方なく、生ジュースで休憩だけして、地下鉄の駅へ向かった。

f0152079_20275295.jpg
まだまだ工事中の駅近くの広場。
f0152079_23055448.jpg

これから乗るのは、グリーンラインの24番の駅。

向かう先は、朝降りたレッドの22番を過ぎた先の

25番。ブルジュハリファ/ドバイモール駅。

途中、2つ目のBurjumanでグリーンからレッドへの乗り換え。

f0152079_20284126.jpg

Al Ghubaliba駅は茶色が基調だから、地球のイメージ。

f0152079_20285484.jpg

f0152079_20291494.jpg
f0152079_20292130.jpg

アラブらしい写真満載の綺麗な駅だった。

で、地下鉄に乗ってビックリ!なんと、女性が1人もいなくて・・・

近くの男性たちが一斉に立つし・・・思わず、男性専用ですか?と

訊いてしまった私。1人の男性が、女性はどこでも乗れますと

英語で答えて下さった。女性専用車両があるのは知っていたが

全員男性で戸惑ってしまった・・・で、席を譲ろうとする人だらけで

2つ目で降りるからいいと言っても、ダメだと座らされた私達。

これって、イスラムのせい?まさか、老人扱い?娘もいたのに?

よくわからないけれど、メトロは日本企業が作った所為もあってか、

親切だったのだろうか?基本的にメトロは、外国人の労働者と観光客が

多いとは知っていたけれど、ビックリ体験だった。

f0152079_20294013.jpg

乗り換え駅はブルー。番号で乗り換えがどちらかわかるように^^

f0152079_20295885.jpg

乗り場はこんな感じ。

f0152079_20305367.jpg
f0152079_18584017.jpg

昔の、漁村だった時代のドバイクリークや海辺の写真。

次は、ドバイ最大の目的地である、ドバイモールとブルジュ・ハリファへ。


by andegenni | 2017-07-10 00:00 | 2017ギリシャ・ドバイ
<< 2017.5ギリシャ・ドバイの... 2017.5ギリシャ・ドバイの... >>