<< 2016.11 江原道・慶尚道... 2016.11 江原道・慶尚道... >>

2016.11 江原道・慶尚道の旅part33 釜山ロケ地回り2

金水寺からの高台の道は、散歩には最適♪
f0152079_20582806.jpg
f0152079_20585602.jpg
眼下には、イバグキルの街も見えて・・・
f0152079_20574627.jpg

この山際の道は山腹道路と言うようだ。ギャラリーも。

f0152079_21261353.jpg
f0152079_20590162.jpg

目指した場所に到着。草梁イバグ工作所。

この草梁イバグキルを知ったのは、ワッタカッタさんとオルネリョさん

ご夫妻のブログを読んで。オルネリョさんが行きたがったお店が

168階段の上にあって、夜景は綺麗なものの、大変な登りだったようで。

その後、釜山ナビで特集記事が出て・・・

草梁イバグキル(物語の道)を歩いて

ますます行きたくなった場所。前は大変だったみたいだけど、最近、

素敵な移動手段が登場したそうだ。

f0152079_21153306.jpg

f0152079_21174728.jpg

まずは、階段を下り・・・観光案内所で、イバグキルのパンフを頂いた。

f0152079_21185567.jpg

こちらがイバグキル工作所。日暮れが近づいていた為、見学はパス。

f0152079_21223297.jpg
f0152079_21235125.jpg
f0152079_21235679.jpg
f0152079_21240129.jpg

工作所の下の道、168階段を登り切った道にモノレールが登場♪

その乗り場近くからの景色。階段の途中に展望台もあるようだ。
f0152079_21272848.jpg

こちらが上側の乗り場。景色の写真は、こちらで撮った。

f0152079_21273933.jpg

オルネリョさんが頑張って登られたわけは、この通りにある

6.25マッコリという、トンネのオルシン達が運営されている

お店に行くためだった。通り沿いにあった筈だけど、確認忘れ。

この建物も、味があっていいなぁ・・・と。

名前は、イバグ充電所?DAUMで調べたら、ゲストハウスのようだ。

今度は、この脇の道を登って・・・

f0152079_21513854.jpg

上の道路から振り返った所。

f0152079_21522919.jpg

上にはバス停。途中に工作所へ降りる階段があり、前はバス停名も

工作所だったような?今は、向かいにあるアパートの名前で

トンイルパークマンションという名前に。

f0152079_21523585.jpg
草梁イバグキルという名前の下に、Story the wayの文字。

釜山ナビはそのままの名前でレポしたんだね^^

f0152079_21571586.jpg
雨が止んだので、そのまま先へ歩いて、次の目的地へ。

一度観たら、忘れられない道♪

カーブミラーの右下にある変わった屋根の建物はコモドホテル。

映画『カンチョリ』で壮絶なラストシーンが撮影された場所。

その後に続いた車のシーンも、この辺り一帯が沢山登場。

カンチョリが呑気にバイクを走らせていたのも、山際高台のこの辺り。

ドラマ『海雲台の恋人たち』でも、メインのロケ地として登場。

今回、訪れたのは、『タンタラ』のこのシーンの為。
f0152079_21594681.jpg
f0152079_22031354.jpg
呆然と歩くハヌルの後を着いていくソクホのシーン。
f0152079_22042491.jpg
f0152079_22063525.jpg
f0152079_22064138.jpg
彼らと同じ歩道を、反対側から歩いてみた。
f0152079_22083023.jpg
f0152079_22083567.jpg
f0152079_22085686.jpg
もうすぐ日暮れ。街に灯りが灯り始めた。

f0152079_22121324.jpg
この印象的な高台の歩道の向かいには、こちらのCafe DIO。

このカフェは、『カンチョリ』で出て来た時に調べてあり、そのおかげで

印象的な歩道がどこだか、すぐにわかった私。さて入ってみよう♪

f0152079_22404424.jpg
こちらがカウンター。女の子に、大邱で買って、後生大事に

ここまで持って来た、ビーツの入ったお花のようなキムパッを

ここで食べていいかどうかを確認。OKが出たので、飲み物を注文。

実は、こちらDIOのオーナーさんは、『カンチョリ』でソウルから来た

女の子が滞在していたゲストハウスのオーナーとして、特別出演♪

残念ながら、この時はいらっしゃらなかったけれど。

wifiも使える(ただし、番号を教えて貰うこと)。

f0152079_22154362.jpg
f0152079_22405388.jpg
f0152079_22410008.jpg
許可して下さったのも、誰もいなかったからかも?

途中で、地元のマダム達が食後のお茶をしに来られたけれど。
f0152079_22445511.jpg
f0152079_22450117.jpg
私が選んだ窓際の席。さっきの歩道が見えていた。

実は、この2階は、『カンチョリ』で、カンチョリとオンマが

ソウルから来た女の子と会ったカフェ。前の釜山では

かなりカンチョリのロケ地を回ったのに、ここは時間切れだった。

f0152079_22470953.jpg
お店の前から登れる展望台へ。

f0152079_22492790.jpg
f0152079_22495432.jpg
2014年5月に開通した釜山港大橋。刻々と変わる

ライトアップがとっても綺麗だった。

f0152079_22532764.jpg
眼下に見えているのは、こちらも新しくなった

釜山港国際旅客ターミナル。

f0152079_22551031.jpg
f0152079_22552785.jpg
f0152079_22555833.jpg
さて、降りるかな。途中、こんな場所も。

ここは、きっとデートスポットだなと思った^^

f0152079_23330790.jpg
高台に見えている中央公園の忠魂塔にも灯りが。

f0152079_23362436.jpg
そのまま下って振り返った所。

f0152079_23372462.jpg
途中の階段。塔のある中央公園に登る階段。沢山、登り口は

あるようだけど、どこも急傾斜で、登る気にはなれない^^;

東亜アパートというバス停でバスを待っていると、めっちゃ可愛い

小学生の女の子が。スタイル抜群、ロングの髪もサラサラ。

顔も小顔で整っていて、服装も抜群♪この子なら、整形なしでも

十分に売れるのでは?と思った。で、先に来たバスに乗ったんだけど、

私が後からのバスで行ったら、途中のバス停からまた乗って来た^^;

あれ?と言うと、会釈してくれたけれど、隠し撮りしたくなる

可愛さだった。なぁんてね^^;続きは次のpartで。


by andegenni | 2017-04-26 06:00 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(2)
Commented by yukiful-xmas at 2017-04-26 23:25
このカラフルな屋根、釜山だなぁって光景ですね。
イバクギル、行きたいと思いつつまだ行けていなくて・・・
久しぶりに釜山をプラプラしたくなってます。
一人旅も最近していないしな~と。
なんとなく初期の頃の旅行が懐かしく思える今日この頃です。
Commented by andegenni at 2017-04-27 01:39
今、気づいたので、遅くに返信♪
ずっと、地図とにらめっこしていました。
英語じゃない文字だから、翻訳機にもかけながら。。。
もう半年近く前の旅日記ですが、まだ引きずっています。
釜山レポは、Yuckyさんとサヨナラした後に移動したわけで^^;
カラフルな家々、これぞ釜山!ですよね^^
大邱もいいけど、釜山も捨てがたい魅力がありますね^^
また、韓国にも行きたくなりました。
早く、情勢が収まると家族に心配かけずに行けるのですが・・・
<< 2016.11 江原道・慶尚道... 2016.11 江原道・慶尚道... >>