<< 2017年春 写真で綴る山口の... 2017年春 写真で綴る山口の... >>

2017年春 写真で綴る山口の旅part2

春雨じゃ、濡れて参ろう・・・を実践して、

近所の桜の名所へ。明日はもっと降るらしいので、

今年はこれで見納めかな?
f0152079_19245173.jpg
f0152079_19250634.jpg

近くにあるテニスコートで、20代から週に2回テニスをして

いた関係で、すぐ近くのこちらは、みんなの子供の遊び場でもあった。

屋台もたくさん出ていて、満開散り際の桜が今年も観れて♡


また、山口の旅の続きを。

★下関「関門トンネル人道」
f0152079_19512794.jpg
f0152079_19575220.jpg
f0152079_19575912.jpg

下関側はみもすそ川町。上には関門大橋、昔からある関門トンネルの

車道は、大阪から続いている国道2号線。
f0152079_19583146.jpg

ここから人道が始まっている。→門司からスタート。

従姉の孫の3歳児も一緒に往復^^
f0152079_19584423.jpg


人道は最短距離で繋がれている為、全長780メートル。

f0152079_19585644.jpg


海底だけど、このラインが県境。なんだか感激^^

f0152079_19590389.jpg
f0152079_19591091.jpg


福岡県側からも一枚♪

f0152079_19591823.jpg


門司側のホール。下関側もほとんど造りは一緒。

f0152079_19593190.jpg
f0152079_19593785.jpg

地上へはエレベーターで。関門大橋の下に鳥居。

場所を訊いたら、こちらのお宮。回り込んで行くため、待たせていた

母が気がかりで、上から写真だけ。

f0152079_19595053.jpg


門司側から下関側を。

f0152079_19595644.jpg
f0152079_20005775.jpg
f0152079_20011895.jpg


門司側は、福岡県のいろいろを展示。

f0152079_20013227.jpg
f0152079_20125969.jpg


再度、人道を歩いて、戻って来た下関側。向かいの公園は・・・

★下関「みもすそ川公園」

f0152079_20131448.jpg
f0152079_20135516.jpg
f0152079_20144376.jpg
f0152079_20152429.jpg

幕末の下関戦争時、長州藩の砲台があった場所。

1台だけ、コインを入れると、砲撃音と煙が出る仕掛けになっていた。

f0152079_20155283.jpg
f0152079_20161466.jpg

すぐ前は壇ノ浦。壇ノ浦古戦場と言えば・・・

源平合戦!

f0152079_20163659.jpg
f0152079_20164281.jpg

源義経は八艘跳び、平知盛は錨を担いだ姿で向かいあっていた。

f0152079_20164943.jpg

大河ドラマで、平資盛を演じた小泉幸太郎の手形。

f0152079_20165636.jpg

源義経を演じた滝沢秀明の手形。他にもあったけれどパス!

f0152079_20170444.jpg

像の間には、説明板。

★下関「火の山」

f0152079_20180847.jpg

駐車場から見上げた火の山とロープウェイ。

この日は3月31日。29日に開花宣言があった下関。かすかに

ピンク色の所があるけれど、満開だと、それはそれは見事なんだとか。

お茶しに、車で登ってみることに。

f0152079_20183172.jpg
f0152079_20184033.jpg
f0152079_20192788.jpg

温泉好きの従姉一家。ここ「満珠荘」もよく来るそうで、写真を

写していたらケーキがある所へ移動すると。関門大橋がよく見えていた。

夏には、下関と門司、同じ日に海峡を挟んで花火大会があるそうで、

両方見える高台の施設は、予約が大変らしいけど、それは見事だと。

f0152079_20193655.jpg

満珠荘脇の桜。少しだけど、咲いていてよかった♡

f0152079_20194409.jpg
f0152079_20195279.jpg

移動したのは、隣の「海峡ビューホテル」。

f0152079_20200641.jpg

カフェラテと、温かいリンゴとサツマイモのパイ。美味しかった~!

これで下関とはお別れ。夜は従姉宅近くのフレンチレストランへ。

オープン前から知り合いで、超がつく常連だそうで、唐戸市場で

買ったフグの白子も持ち込んで調理して頂いた。

従姉のご主人が釣った大物の魚も、半分差し上げて、半分お刺身にして

貰ったりと、融通が利くようだ。フルコースは量が多くて・・・

母は途中でギブアップ。途中から、皿数を減らして貰ったりも。

最初のフランスパンから、最後のデザートまで、とても美味しかった。

太りに帰ったかのような故郷の旅、まだまだ続く・・・


by andegenni | 2017-04-08 21:28 | 四方山話 | Comments(0)
<< 2017年春 写真で綴る山口の... 2017年春 写真で綴る山口の... >>