<< 2016.11 江原道・慶尚道... 2016.11 江原道・慶尚道... >>

2016.11 江原道・慶尚道の旅part28 青松3 周王山

昭憲公園から、次に向かったのは、青松最大の名所である周王山。
f0152079_21581107.jpg

韓国の3大岩山のひとつで、韓国人にも大人気の山。数日前にリンゴ祭りは

終わった平日だというのに、駐車場にはこの通り、たくさんの観光バス。

f0152079_21581496.jpg

さすが、リンゴの名産地!?なんと自動販売機まで^^;

f0152079_21583585.jpg

駐車場でも、旬の青松リンゴの即売所がたくさん♪

f0152079_22002102.jpg

こちらも旬の「菊」の花を使った菊花茶の試飲も。

f0152079_22003233.jpg

名物のリンゴを浮かせたマッコリ。駐車場から山の入り口まで、ずらっとお店が。

f0152079_22010250.jpg

五味子@オミジャに似ているけれど、青い実の헛개나무@ケンポナシ。

二日酔いにも効くらしいけれど、英名がJapanese raisin treeだとは!?

f0152079_22012800.jpg

私も前に買った木でできたスチョや調理道具。

f0152079_22020096.jpg

手足指圧器だって^^

f0152079_22022376.jpg

いろんな鈴類。動物用もあるね^^

f0152079_22024110.jpg

綺麗に飾られたジョンも・・・

f0152079_22024723.jpg

취나물って日本語では?と調べてみたら白山菊・・・

日本ではあまり見かけない?キョンキョンが後で、なんだっけ?

なんだっけ?と何度も日本名を確認してたのがおかしい^^;

f0152079_22162149.jpg

벌나무(산청목)ってどんな木?日本語ではわからなかったけれど、

韓国サイトで効能は見つけた^^

>むくみ治療及び手足のしびれ改善、
出産後あるいは普段でもむくむ人は、

ボルナムを
粘り強く取れば症状が緩和されるようだ。

また
末梢神経を
刺激してくれるから

普段、手足の痺れが頻繁にある人にも効能があるようだ<

右は木蓮(辛夷花)のつぼみを乾かしたもの。花が開いてしまったり、落ちてしまうと

効能が少なくなるそうだ。味は辛いけれど、毒はなくて、

頭痛蓄膿症鼻が詰まること歯痛をましにさせる

五臓の旱熱(寒熱)(風邪)無くして頭を清くしてそばかすを 治療する

顔が腫れながら生じた歯痛船に乗ったようにめまいがする症状を治療する

知らないものがいっぱいの道で、ひっかるひっかる!特に好奇心旺盛の

Yuckyさん^^行きからこれでは、なかなかたどり着けない^^;

f0152079_22025284.jpg

これは行きだけど、帰りにもただひたすら打って切って・・・と

繰り返してククスを作っていたハルモ二。年輪を感じる姿だった。

f0152079_22030999.jpg

後ろ髪引かれながら、ようやくお店の道を抜けて・・・

飛び込んできた景色!やった~!

f0152079_22031456.jpg

周王山の入り口にある大典寺。

新羅の文武王12年(672年)に義湘大師により建てられたと伝えられている。

義湘大師の名前は、太白山浮石寺に行った時に、大師が土にさした

杖から花が咲いたという逸話で知ったけれど、全国津々浦々に縁のお寺があるようだ。

f0152079_22032101.jpg

新羅の時代には形が石の屏風のようだから、石屏山と呼ばれていたが、

統一新羅末からは周王山と呼ばれるようになったそうだ。

f0152079_22032739.jpg
f0152079_22032909.jpg

屏風と一緒に撮る構図ばかりが有名で、残りの建物が可哀想だから

こっちも撮ってみた^^

f0152079_22034942.jpg

ひとつ残念だったのは、お経がテープなのか、ずっと大きく流れていた事。

f0152079_22035360.jpg

お約束の、願いの塔も。

f0152079_22042791.jpg

順路以外にも、道があるようだった。

f0152079_22045000.jpg

雲ひとつない空に、見上げると奇石峰♪

f0152079_22050727.jpg

渓谷沿いにあった息子の岩。

f0152079_22053405.jpg

渓谷の水面に木々が映って綺麗^^

f0152079_22055311.jpg

f0152079_22063851.jpg

f0152079_22070976.jpg

しばし、奇石峰を見上げつつ・・・若い二人が、最年長の私が

遅れ気味なのを気遣ってくれて嬉しかった。

f0152079_22073035.jpg

渓谷にかかる橋を渡る途中・・・

f0152079_22074361.jpg

影を撮るYuckyさん^^さすがに、構図をよく考えてるなぁと感心した。

f0152079_22102970.jpg

f0152079_22110329.jpg

最初に見て、何だあれ!正面から見ても人に見える奇石峰^^

f0152079_22114329.jpg

両側から迫って来るこの岩場を抜けると・・・

f0152079_22131201.jpg
f0152079_22135752.jpg
f0152079_22172012.jpg

何段にも分かれた龍秋滝に到着♪マイナスイオンたっぷり^^

綺麗なこの滝まで行こうというのが、キョンキョンお勧めのコース。

f0152079_22174679.jpg

f0152079_22143056.jpg

下調べと違って、あちこちで道草をする私達だったので、すでに

午後も遅くなってきた西の空。

f0152079_22145601.jpg

傍を流れていた渓谷は「韓国の美しい河川100選」の渓谷なんだって^^

f0152079_22150239.jpg

西日に染まった扇の奇石峰。

f0152079_22152263.jpg

周王山にいるいろんな鳥の紹介かな?

f0152079_22153123.jpg

本物みたいに作られたレプリカの扇岩と、バックの本物^^

f0152079_22154931.jpg
f0152079_22182798.jpg

再度、大典寺に戻って来た。月が登り、もうすぐ日が暮れる・・・

焦っているようなキョンキョンを見つつ、人任せな私達、m(__)m

足は疲れたけれど、楽しい行程だった^^さて、次はどこへ?


by andegenni | 2017-03-17 23:48 | 2016.11 江原道慶尚道 | Comments(0)
<< 2016.11 江原道・慶尚道... 2016.11 江原道・慶尚道... >>