<< 2015.11 忠北・京畿道の... 2015.11 忠北・京畿道の... >>

ドラマも新旧交代時期

先週末、KNで放送していた『華政』が終わり、今日は『夜を歩く士』の放送が

最終回を迎える。どちらもMBCで制作されたもので、今、中断しているけれど

旅日記のMBCドラミアで撮影されたドラマだ。『華政』は欠かさず観ていたが

『夜を歩く士』は録画したまま、まだ未見。イ・ジュンギの前に出演したドラマ

『アラン使徒伝』と似ているようで、ファンタジー史劇だろうと思うと、ちょい

見始めるのが億劫になり・・・でも、年末の演技大賞ではいくつも受賞している

みたいなので、ドラミアを思い浮かべつつ、後で観てみようと思ってはいる。

f0152079_0382253.jpg

『華政』のキャストで、初めての悪役を演じたキム・ジェウォン。最初のうちは

よくもまぁ・・・と思う程の悪役ぶりで、新境地開拓したなと思った。光海君@

チャ・スンウォンは、よく暴君と称されるけれど、最近は『王になった男』他、

そうではなかった部分を取り上げられているように思う。仁祖の性格を表す言葉

では、疑心暗鬼がまさに当てはまるみたいに感じるけれど、『推奴』でも毒殺

されていた昭顕世子。光海君の場合は彼を愛するあまり、あるいは利用しようと

思う周りの人間が彼に代わり邪魔な存在を消し、仁祖も彼に代わり、欲を抱く

周りの人間が悪事を行ったとドラマでは描かれていた。時代が変わっても、王の

上に君臨するのが望みの人間が表れてくるのが世の習わしであるが、それに対抗

していく勢力もまた存在し続けるであろうという終わり方は、なかなかいいエン

ディングだったかも。最初は悪い勢力側にいたチャングムの王様@イム・ホと

善徳女王のアルチョン郎@イ・スンヒョ。

彼らがどうして?と最初は思ったんだけれど、やはり・・・の結末だった^^

公主を愛した3人の男たちに関しては、華はあるけれど、ずっと生きたい様に

愛したいように生きられたホン・ジュウォン@ソ・ガンジュン。王女と知った時

から、守りに徹したジャギョン@コンミョンと生れに翻弄されるカン・イヌ@

ハン・ジュワン。3人とも美男だけれど、誰に一番心が動いたかと言えば・・・

やはり、心のままに生きられなかった、いつも父の存在に苦悩したカン・イヌ

だったかもと思う。ハン・ジュワンは、最初に知ったのが『王ワン家の家族たち』

でのサンナム。目元涼しく、目だけならヒョンビン似なのに、顔の下半分が動くと

妙に可愛くて、まるで小動物のようで・・・可愛いなぁと思って見ていた。

ソ・ガンジュンも翌年の同じKBSの週末ドラマ『家族なのにどうして?』に出演。

彼はその前に『怪しい家政婦』と『ずる賢いバツイチ女』で知っていたけれど。

二人は幼馴染の設定だったけれど、実際には1986年と1993年生まれで

ハン・ジュワンの方が7歳も年上^^;

f0152079_215524.jpg

『華政』の後に昨日から始まったのが『六龍が飛ぶ』。六龍は『根の深い木』の

続編ではなく、前編とも言えるドラマで、朝鮮の始祖、イ・ソンゲの建国前の

時代からの史劇。イ・ソンゲの5男であるイ・バンウォン@ユ・アインを中心に

六龍と呼ばれる6人の主人公が織りなす物語だ。

チョン・ドジョン鄭道伝@キム・ミョンミン、イ・ソンゲ李成桂@チョン・ホジン、

イ・バンウォンに加えて上の2人は実在の人物。そして、『根の深い木』でも

出て来たムヒュル無恤@ユン・ギュンサンと、イ・バンジ李方地@ピョン・ヨハン、

そして新たにイ・バンジの妹プンイ@シン・セギョンの3人は架空の人物で、彼等

3人を加えて六龍となる。ユ・アインとシン・セギョンは『ファッション王』での

共演があったので、お互いに演じやすかったようだ。ムヒュルのユン・ギュンサン

は『根の深い木』のムヒュル@チョ・ジヌンに憧れていたそうだ。チョ・ジヌン

は、数々の映画に出ていたようだけど、『ソル薬局の息子たち』で初めて印象に

残った俳優なので、ずっと本名ではなくて、役名のブルータスで呼んでいたが、

どんどんいい役者になって来たと思う。最近は悪役もやるようになり、永登浦で

観た映画『最後まで行く』では、何度やっつけても起き上がってくる怪物ぶりに

驚かされた。役によってはダイエットして、前年の『推奴』の時よりもムヒュルの

時は痩せてかっこよくなっていたし^^ユン・ギュンサンを初めて意識して観た

のは、『ピノキオ』で殺人者になってしまった可哀想な兄役だった時。次いで

『君を愛した時間』でピアニスト役だったっけ。随分、印象が違っていたけれど。

『根の深い木』繋がりでは、六龍で唯一の女性のシン・セギョン。根~では特殊な

才能があって、世宗大王がハングル文字を作るのを手伝っていたけれど、六龍では

そういう特殊な才能はないそうで、得意技は腕に噛み付くことなんだそうだ^^

イ・バンウォンは後の3代王太宗テジョンだから、世宗中心のドラマ『根の深い木』

でも父親として登場した、あの王だ。遡って、その太宗の子供時代から、六龍は

始まる訳で・・・子供時代の子役もいいし、今、一番楽しみなドラマかも^^

『華政』で出て来たイ・スンヒョも出ているし、『根の深い木』で廣平大君だった

ソ・ジュニョンがバンウォンの師兄役で出ているし。

ユ・アインとの出会いは、ひかりTVを契約したころ、夕方、何気なくつけていると

よくやっていた成長ドラマ、パンオリム?だったかな・・・まだ少年だった彼が

少女だったアラと共演してて、可愛い二人だった。それが、成長して『成均館

スキャンダル』のコロとして登場した時、男っぽく成長しててビックリした@@

映画もいろいろ観ているけれど『ワンドゥギ』『カンチョリ』で泣かされた。

『思悼』もよかったよね・・・しかしながら、六龍が始まる前から流れているMVは

ユ・アインではなくて、イ・バンジと、良い暮らしの女性になってしまう幼い頃の

恋人とのMV。制作日誌でも、今、一番注目株だと言われていたピョン・ヨハン。

実は、今、彼の作品を他にも観ている。遅ればせながらBSで見始めた『未生』と

初主役の『元カノクラブ』。元カノは来週で終わり、『未生』はたまたま、アジア

ドラマテッィクTVで集中放送が始まったので、昨日、6話まで観た。今年30歳の

彼は、元々はインディーズ映画のスターで数十本に主演していたけれど、ドラマの

デビューとなった『未生』で主役を食う?と言われるほど、個性的なチャラ男役で

ブレイクした。特徴的な真ん中分けヘアで話し方からオーバーな演技まで軽い感じ

だけれど、元カノでは髪を降ろし、漫画家だけど、彼女一杯いたけれど、どこか

純情な役。同じ人とは思えない変身ぶりだった。興味を持って、まだHDDにあった

WOWOW映画録画を探して『監視者たち』と『泣く男』を観てみた。『監視者たち』

ではバンの運転手だったからいくらか出て来たけれど、『泣く男』は写真?それと、

暗闇でいきなり殺される役で、出演作と言える?メジャー映画はこれからみたいだ。

そして、今度は六龍で史劇に出てまたも変身。さらに、次はミュージカルだそうだ。

f0152079_1836742.jpg

プロフィール写真ではいい感じなのに・・・

f0152079_1837564.jpg

『未生』のインターン合格者達との変顔写真ではこの通り。

f0152079_219078.jpg

『元カノクラブ』では元カノ達に囲まれて・・・髪を下して。

f0152079_18363527.jpg

で、『六龍が飛ぶ』では渋い剣客。『根の深い木』のイ・バンジとは全く感じが

違うけれど、今までの彼とも違うなぁ・・・殺陣の練習も沢山したみたいだ。

そして、先週読んだ記事がこちら。

f0152079_18422850.jpg

なんと、ミュージカル『ヘドウィグ』での変身!彼が出るのは、何かいいのが

あるかな~?とミュージカルを調べていて知っていたが、主役の中には彼の

写真があるものの、現在まで出ている日程表にはまだ彼の名前はない。出れば

チョ・スンウに次ぐ即売り切れかも・・・歌の実力は知らないけれど、演技力

には定評のある実力派なので、観てみたいなぁ・・・

あ、それと、ようやく番宣が流れ始めた『客主』も楽しみ^^『根の深い木』で

主役だったチャン・ヒョクの久々の長編史劇。また聞慶セジェとかも出て来る

だろうし。

f0152079_22293021.jpg

そうそう、衛星劇場で始まった『プロデューサー』も面白そう。チャン・ヒョクが

イェジン@コン・ヒョジンの元カレ役で出演するとか・・・二人は『ありがとう

ございます』で共演したから、あちこちにあるクスグリ伏線の一つなのかな?

今日は、ドラマと俳優について語ってしまった。あ、同じ衛星劇場で4月開始の

ソ・ジソブのの『オーマービーナス』はまだ先だけど、それも勿論楽しみだ~♡

by andegenni | 2016-02-28 18:49 | 韓国俳優 | Comments(0)
<< 2015.11 忠北・京畿道の... 2015.11 忠北・京畿道の... >>