<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>

2015.5 慶尚・済州の旅 part67 済州島26 東門公設市場

済州東小学校前の道は東門路。左に向かうと坂道に。

f0152079_18211293.jpg

f0152079_18222570.jpg

だんだんと下って行く坂道の途中には写真や地図があった。漢拏山の噴火口、

白鹿譚の写真。雲がかかって、まるで今も噴火している煙のようにも見えた。

f0152079_18301666.jpg

この地域の地図。現在地には赤い●。(クリックすれば全画面になる)

七星路を通って、海まで歩いても、散歩程度の距離だとわかった。

f0152079_18335616.jpg

写真のある坂道を下から。手前の写真はすでに行った山房山と菜の花。

済州島といえば、菜の花を思い浮かべる位、あちこちにあるけれど、韓国名が

유채꽃と言うのは、初めて知った。유채って漢字で油菜。アブラナだから、日本

でもそう呼ぶ時もあるから、油菜の花って綴りなのは、当然と言えばその通り

なんだけど、菜の花って言う方が可愛いよね♡

f0152079_18375916.jpg

東門公設市場の入り口に到着♪早速中に入ってみよう♪

f0152079_1993651.jpg
f0152079_1910176.jpg
f0152079_191171.jpg

この市場は天井部分に万国旗。ちゃんと日本もあるのが嬉しかったりもする。

ドラマで出て来るように、頭に乗せて運ぶアジュンマもいたり・・・

f0152079_1913814.jpg

特産の入ったチョコレートは、ほぼ統一された価格。後でマートでも見たが

市場の方がずっと安かった^^私も、大箱、小箱合せて沢山お買い上げ~♪

f0152079_1918746.jpg

撮った時は気づかなかったけれど、통닭@鶏の丸焼きの上に코끼리@象って

お店の名前だとしても@@

f0152079_19214397.jpg

済州島でソウルトッポッキ^^粉食は小腹が空いた時の強い味方だよね^^

f0152079_1923757.jpg

済州島での初めての食事だった甘鯛がとても美味しかったので、覗いてみた

けれど、옥돔@赤甘鯛の真空パックはかなり高かった・・・(´・ω・`)

f0152079_19262080.jpg

豚足も沢山並んでいると壮観。スンデとトンソクだけは、私にとっては当たり

外れがあるので、手が出せない^^;美味しいお店もあるんだけどね^^

写真はないけれど、ごま油を絞っているお店で、ごま油を購入した。

国産は中国産の何倍もしたんだけど、勧められて、国産を2本買った。

f0152079_19285278.jpg
f0152079_19292268.jpg

衣類の通りに来たようだ。市場が広くて迷いそう・・・

f0152079_19301751.jpg

ハルラポンを絞ったジュースは間違いなく美味しいはず。トルハルバンの形の

カステラを見て、先月行ったコキアの公園のクマを思い出した。ご当地版♪

f0152079_19324420.jpg

この旅は一人だったから食べられなかった済州島名産の黒豚。食べたかった・・

f0152079_19342155.jpg
f0152079_19344846.jpg
f0152079_19351997.jpg

f0152079_19401970.jpg

食べ物の通りは活気がある。甘鯛もお土産用の真空パックではなく、こうして

ざるに並べられていたので、値段を聞くと、10枚位で3万ウォン。さっきの

お土産用は確か2枚でその値段。持ち帰れるかどうかを訊くと、一枚ずつ包み

保冷剤を入れて冷蔵パックに入れれば大丈夫だと。それを買って帰ったけれど

最初の食堂で食べた味には劣っていた。1枚330円なら、めちゃ安いわけでも

ないので、ちょっと失敗したかも・・・

f0152079_1941929.jpg

名産の太刀魚の売り方も豪快だ。最近は捕れなくなって、日本からも輸入して

いるとか聞いたけれど。

f0152079_20154165.jpg

f0152079_2016687.jpg

野菜の並んでいる所も・・・

f0152079_2019436.jpg

買い物も結構したし、もういいかなと市場の外へ。明洞にあった明洞衣料は

訪韓し始めた頃、結構お世話になり、なくなった時にはかっがりしたけれど

まさか、済州島で明洞衣料に会えるとは・・・爆)続きはまた・・・

by andegenni | 2015-11-10 20:26 |  2015.5 慶尚道済州島 | Comments(0)
<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>