<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>

2015.5 慶尚・済州の旅 part63 済州島22 宿~三姓穴

最終日の朝。寝不足で不調なので、かなり遅めに起床。

f0152079_16521458.jpg

部屋の窓を開けてみると、部屋からも見えた漢拏山。今回の済州島では、3日間

とも姿を観ることができた。韓国語で難しいのが発音。この漢拏山とか新羅で

覚えておくと、NがLに変わることがわかるだろう。

한라산はㄴがㄹに変わり、読み方は할라산 。 신라もㄴがㄹに変わり실라。

ㄹが後ろに来ると、ㄴはㄹに変わるって覚えておくと、ハルラサンとかシルラ

ホテルって聞いてもすぐに理解できると思う。ざっとパッキングして部屋の外へ。

f0152079_1723199.jpg

f0152079_1725472.jpg

3階の廊下にも、階段にも写真がいっぱい^^

f0152079_1784625.jpg
f0152079_1792871.jpg

階段の踊り場には「WHERE ARE YOU FROM」の地図。日本からはいない

のか?参加していないのか?(私も刺してないし^^;)2階の廊下も同様。

f0152079_1719388.jpg
f0152079_172087.jpg

1階の入り口とフロント。荷物の保管庫もある。向こうに見えるポストは

f0152079_17233690.jpg

DREAM CARD。未来の自分に宛てた手紙を書いて投函すると、来年、2018、

2020、2022、2024年の1月1日に届くように送ってくださるようだ^^

f0152079_17282954.jpg

前夜チェックインした時、夜の交歓会なのか盛り上がっていた食堂。

各自、勝手に作って食べるのは聞いていたので、私も参加。

f0152079_17331379.jpg

自由に使ってもいいけれど、後片付けもしなくちゃならない台所。

f0152079_17352514.jpg

f0152079_17363152.jpg

パンや飲み物は自由に食べてよくて、足りない人は、ラーメンなども買える。

f0152079_17392492.jpg

卵も1つずつ食べていいので、目玉焼きでも、スクランブルでもOK^^

f0152079_17405047.jpg

ただし、使ったお皿やカップ、フライパンなどは、ちゃんと洗って返すこと!

f0152079_17433436.jpg

私の朝ごはん。オレンジジュースと共に。

f0152079_17455490.jpg

こちらには、PCや、済州のNANTAの案内、このゲストハウス主催のツアーも。

f0152079_17483232.jpg

壁際には、他にも本や済州島のお土産紹介も。盛り上げ用のギターも^^

f0152079_17512231.jpg

外の道路に面した窓際にも、済州島紹介の本など。。。コーヒーを淹れて、

ゲストハウスのノートもめくってみた。このゲストハウス、実は、もっとバス

ターミナルに近い所を考えていた(ほぼ真ん前)んだけど、ぐずぐずしている

間に満室になり、1人部屋のある次善のハウスだったけれど、とてもよかった。

Yeha Guesthouse Terminalというゲストハウスだけど、Yehaはあちこちに

あるので、マニュアル化されているのだろう。数人で使う2段ベッドの部屋は

もっと安いので、家族でひと部屋使ったり、1人でバックパック旅行したり、

旅慣れている人なら、とても過ごしやすいと思う。買ってきたものを調理したり

果物を食べたりもできるから、ある意味、ホテルよりいいかも?

f0152079_1842532.jpg

チェックアウトして、夕方便なので、再び、荷物を預けて、出発♪

体調だけではなく、足もそろそろ限界であちこち水ぶくれができてきて・・・

リュックも小さいのに変えて、ほぼ荷物なしなんだけど、それでも足が重い・・

近くのバス停から100番バスに乗って、まずは광양という停留所へ。

f0152079_18101168.jpg

降りてバスの行った方向へ歩くと、目の前に済州KALホテル。ここは前回も

前を通ったなぁ・・・行こうとしている所は三姓穴。済州市内の所謂観光地は

ほとんど行っていないので、最終日はそこを回ろうかと・・・

f0152079_18135466.jpg

その名も済州サムソン幼稚園^^サムソンって言っても、三星や三成といった

ソウルではよく見る漢字じゃなく、三姓穴の近くだから三姓じゃないかな?

f0152079_1818775.jpg

この辺りの地名は二徒一洞。

f0152079_1820326.jpg

到着かな^^耽羅国発祥地。日本人、中国人は、漢字が読めるからわかるよね♪

で、耽羅탐라は今度は、탐나タムナと読み、ㄹはㄴに変わる。発音が難しい・・

心乱심란は심난とみ、森羅万象삼라만상は삼나만상と読むように、ㅁの後の

ㄹはㄴに変わるようだ。全羅南道の羅が、羅州だと나주で、全羅南道전라남도

だと、 절라남도となるなど、羅の使い方も、はじめと途中では違うし・・・

途中で出て来ても、前にㅁだとㄴに変わり、後ろがㄹだとㄴはㄹに変わるって

どれだけ面倒なんだ・・と、いつも思うけれど、地名はそのまま暗記。原則は

核になる単語を覚えて変化するのを思い出すしかない。

鍾路종로の読み方は종노、 大学路대학로の読み方は 대항노みたいに丸暗記♪

なんて、ハングル講座みたいになってきたけど、時々は思い出さないとね^^;

三姓穴のお話はまた次回に~(@^^)/~~~

by andegenni | 2015-11-02 19:27 |  2015.5 慶尚道済州島 | Comments(2)
Commented by ringoko_mama at 2015-11-03 17:15
文字と読みが変わるのが覚えられないてます。地名などは丸暗記してるけど…
韓国の友人にそのことを言うと、
「だってその方が発音しやすいでしょ」
確かに…でも難しい。
Commented by andegenni at 2015-11-03 20:36
そうなんですよね・・・決まりをついつい忘れて
文字通りに発音すると、わかってもらえないってこと
何度かありました^^;
「だってその方が・・・」っていうゆるさがなんとも
韓国らしいです。昨夜、日本の歌番組に韓国人の演歌歌手が
出ていました。日本語が上手でしたが、今夜がコニャになって
いて、ついついリエゾンしちゃうんだなぁと思いました^^;
<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>