<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>

2015.5 慶尚・済州の旅 part62 済州島21 龍淵公園~宿

タクシーを降りたのは、龍淵公園。暗いし、龍頭岩には特別興味もなく・・

夜景とか、ライトアップが極端に苦手なので、ピンボケが多く、先にm(__)m

f0152079_147424.jpg

待っていましょうか?と言われたけれど、もう大丈夫だろうと思い、こちらの

龍淵クルム橋近くでタクシーを降りた。ここに来たかった理由は・・・

f0152079_1402349.jpg

f0152079_1404147.jpg
f0152079_1405437.jpg
f0152079_1411128.jpg
f0152079_1412593.jpg

『結婚前夜』で夜に二人が来た所。すごく綺麗な場所だなぁと観た時から

思っていて、済州市内では絶対行こうと思っていた所。それも夜限定で。

f0152079_1482553.jpg
f0152079_1492810.jpg
f0152079_1495226.jpg

クルム橋は色が変わって、とても綺麗だった。しかも龍淵にその色が映って。

今回の旅では釜山二妓台のクルムタリにも行ったけれど、雲の橋っていうのは

吊り橋のことみたいだよね^^

f0152079_15302.jpg
f0152079_1534252.jpg

二人がいたのは、向きから見てこの辺りだと思うんだけど、コンクリートで

何か作ってて・・・その先の明るい所かも?

f0152079_1552689.jpg

龍淵沿いのこちら側には刺身のお店とかが並んでいたが、すぐ先は河口。

f0152079_1581787.jpg

f0152079_1565511.jpg

小さいけれど、綺麗な画像を見つけたので・・・降りれる所ってここだし

なぁと思ったんだけど、灯りがないし、柵の形も違うので、撮影時とは

変わってしまったのかも?

f0152079_22175.jpg

深い龍淵。夜だから吸い込まれそうだ・・・橋を渡って向こう側へ行こう♪

f0152079_235431.jpg

クルム橋の上から見下ろした龍淵。

f0152079_2513.jpg

フラッシュを忘れたので、暗くてよくわからないだろうけれど渡った所に。

かろうじて、龍淵亭って読めるね^^;

f0152079_233542.jpg

向こう側から見たクルム橋。

f0152079_235564.jpg

f0152079_238341.jpg

こちら側のほうが高台なので、見下ろしてみると、あれ?刺身店側の方に

石垣がある・・・って、ことは、二人がいたのはこちら側かも・・・

f0152079_2393119.jpg

ってことで、降りられる所を探してみた。ここかな?ってことは、向こうに

見えている灯りは・・・

f0152079_2431994.jpg

スマホで1枚だけ撮っていた海の灯りだったようだ。

『結婚前夜』のロケ地は、見ただけでわかった場所も何か所かあった。

みかん農園や、キリンの縫いぐるみを買った所は、きっとどこかの観光地

だと思うけれど、行ってないのでわからなかったけれど。

f0152079_2491433.jpg

これが出てきたからすぐにわかった済州ラブランド。トッケビ道路のすぐ近く。

f0152079_2494667.jpg

食事をしたり、マニキュアをしたりしたのも、同じ場所。

f0152079_251126.jpg

マニキュアアートの大会の会場もどこだか?だったけれど、特徴のある建物

なので、済州島に詳しい人ならすぐわかるだろう。

f0152079_253227.jpg

もうすぐ結婚することを告げた空港。すぐに立ち去った車。まさに、私が

最初に撮った場所近く^^すでに、南にずっとあった空港も通り過ぎた。

ブラブラ散歩しながら、目指したのは・・・

f0152079_2572016.jpg

ラマダホテル。ホテルに用はなかったけれど、向かいにあるお店に・・・

体調イマイチだし、せっかく済州島に来たのに、島の名物食べなきゃと思い

チョンボッ(アワビ)の有名店ユビンチョンボッでアワビ粥を食べようと・・

9時までだったみたいで、灯りが消えてるし・・・西帰浦で有名店ハシゴして

閉店だったし、済州市内中心部でも同じ目に・・・あほや・・・((+_+))

f0152079_343074.jpg

f0152079_35960.jpg

ユビンの真向かいにあるラマダカジノ。ハレーション起こして見えにくい

けれど、読めるかなぁ?「韓国 NO.1カジノ」の方はまとも?2枚目は

「ラマダ カヅノ チェジュ」としか読めなかった^^;タクシーを捕まえ

宿の近くにある韓国病院まで行ってもらい、路地を入って宿へ。ゲスト

ハウスなので、チェックインは22時まで。荷物を預けてあったので、遅れ

そうなら電話してくださいと言われていたけれど、間に合った。スタッフが

女性しかいなかった(滞在中はずっと)ので、階段に滑車で動くロープが

あって、スーツケースはそれに引っ掛けて持ち上げてくださった。

f0152079_3114141.jpg
f0152079_3121588.jpg

市外バスターミナルに近いことを条件として選んだ宿だけど、ゲストハウス

なのに、一人部屋は5万Wで、設備もホテル並み?予約してから、途中で

1万Wのカード引き落としがあり、現地で残りの4万Wを現金で支払った。

薬を飲まなきゃならないので、何か食べなきゃと思い、非常食の出番♪

f0152079_3221780.jpg

万が一のことを考えて、スーツケースに入れてあったオタフク焼きそば^^;

一階にある食堂で作って。。。冷蔵庫にある飲み物は、ビールでもジュース

でも、なんでも1本だけは無料だということで、マンゴージュースを頂き、

コーヒーも淹れた。最後に残ったハルラポンも食べて・・・済州島に来たのに

島の名物は最初に食べたアマダイだけって・・・寂しい・・・薬を飲んで寝た

けれど、夜じゅう喉が痛く、さらに、鼻水が出て鼻ばかりかんでいたら、耳まで

変になってきて、疲れているのに朝まで寝返りばかりの寝苦しい夜だった。

7泊目の夜がこうして過ぎ、翌日はいよいよ帰国日。続きはまた~(^_-)-☆

by andegenni | 2015-11-01 10:00 |  2015.5 慶尚道済州島 | Comments(0)
<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>