<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>

2015.5 慶尚・済州の旅 part55 済州島14 山房山・龍頭海岸1

安徳渓谷から、次に向かった先は山房山。コロッとした形の可愛い山だ。

702番バスで6つ目なので、すぐに着いた。

f0152079_15183421.jpg

バスを降りて、海側を見ると、ほんと、龍の背中のような海岸。タムナ(昔の

済州島の呼び名)に流れ着いたというオランダ船ハメル号と兄弟島も見えていた。

f0152079_15244246.jpg

山側を見ると、山房寺の金色の大仏が見えた。

f0152079_15271652.jpg

少し左側に山房山を背負って山房寺の大雄殿。奇しくもこの日は、お釈迦様の

誕生日だった。

f0152079_15364490.jpg


まず私が向かおうとしたのは、大雄殿の下にあるカフェ、LAZYBOX COFFEE。

このカフェは、前に済州島のことをあれこれ調べていた時に、あちこち検索で

引っかかった済州島サポーターの方々のレポートで知った。パワーブロガーの

方々が済州島のレポをブログで紹介するツアーで、ここ、山房山も出て来て。

山房寺へ登った方と、こちらのカフェで休まれた方に分かれたようだ。

中腹には洞窟があってその洞窟に仏様がいらして、山房窟寺と呼ぶみたいだ。
f0152079_15393440.jpg

f0152079_15401511.jpg

f0152079_1549717.jpg

カフェへ行く前に、眼下の景色をもう少し。龍頭海岸の景色と、兄弟島の前

辺りが龍頭海水浴場、続いて、馬羅島潜水艦の出る港、沙渓港とそれに続く

沙渓海岸。海岸の先に続いているなだらかな山は松岳山。

f0152079_15291675.jpg

体調が悪かったので、最初からなるべく歩かなくて済むようにという思いで

まずはこちらへ。

f0152079_15515692.jpg

f0152079_15522017.jpg

LAZYBOXに入って、窓の外を。景色がよく見えた。

f0152079_15551574.jpg

f0152079_15542611.jpg

f0152079_15561382.jpg

店内の様子。窓際の席は景色鑑賞にはベストな席だ。飲み物を注文して・・・

f0152079_15582438.jpg

私は外の席へ。外観も可愛い♡

f0152079_160535.jpg

お昼ご飯は前夜買っておいたパリバケットの甘いパン。朝はほとんど食べて

いなかったので、まともな食事はこの日初めて。って、これもまともか??

f0152079_1641057.jpg

f0152079_1663162.jpg

私の座った場所から見える景色。前のテーブルと椅子も可愛いよね^^

f0152079_1672250.jpg

食事を終えて階段を降りて、さて、龍頭海岸へ向かわなきゃ。しんどいかも。

f0152079_1691261.jpg

こちらの看板を見て、龍頭海岸の進入路はこちらから。

f0152079_16103975.jpg

振り返って見た山房山。

f0152079_16131756.jpg

下って行くと、小さな牧場も。左手上にあるのは、山房山煙台みたいだ。

f0152079_16164774.jpg

小さな牧場下から見上げた山房山。少し離れた方が山の形が際立つようだ。

f0152079_1618956.jpg

f0152079_16183012.jpg

すぐ近くにあったお店。済州島特産品の柿渋で染めた丈夫な布で作った品々。

1万ウォンの幸福って書いてある帽子はかなり気になった^^

f0152079_16214140.jpg

もう、龍頭海岸のチケット売り場はすぐ先。だけど、先にハメル号へ行こうと。

f0152079_16241739.jpg

f0152079_1625107.jpg

行く途中に牧場があって、乗馬も出来るみたいだったけど、こんな小さな馬も。

f0152079_1626537.jpg

ハメル号が近くなってきた。

f0152079_16274875.jpg

振り返ってみた山房山。本当に特徴のある山だ。

f0152079_16304025.jpg

ハメル号に到着。階段で上に、商船展示館とあるので中へも入れるようだ。

f0152079_16341895.jpg
f0152079_1635480.jpg

ハメル号に来たかった理由は、『タムナ~Love the Island』で出て来たからと

言うのもあるけれど、それよりも龍頭海岸の上のこの丘が見たかったから。

『推奴』でテハとオンニョンが歩いたこの龍の背中のような場所は、実際には

登ることは出来ない場所で、このハメル号から眺めるのが一番近いから。

テハが刀を置いて行った場所はどの辺りかなぁ・・・

f0152079_16404082.jpg

後ろにくっきりと山房山が見えていたよね^^実際には、このシーンまでは

『推奴』を面白いと思って見ていたんだけど、ここで、武士の感性というか

日本との違いを感じて、なんだかなぁと興醒めしてしまったシーンでもある。

それでも、韓国全土の美しい場所をこれでもかという位使用したドラマなので

ロケ地回りは、本当に楽しかったけれど。(楽しい?きついかも?笑)

f0152079_1642069.jpg

ハメル号の上から見える山房山はこんな感じ。

f0152079_16431084.jpg

甲板から見える龍頭海水浴場。岬の向こう側が沙渓港。

f0152079_16453455.jpg

マストの下から見えた兄弟島。長くなりそうなので、中の展示室からは次に。

by andegenni | 2015-10-10 16:52 |  2015.5 慶尚道済州島 | Comments(0)
<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>