<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>

2015.5 慶尚・済州の旅 part38 統営トンピランマウル2

民家の玄関先にも可愛い地図。

f0152079_20524055.jpg

ハングルの「・」の使い方がよくわからない。トンピランと統営の地図かな?

f0152079_2105280.jpg
f0152079_2114166.jpg
f0152079_2121572.jpg

看板にArt Shopの文字。GEURONAという名前かな?手作り体験中の人も^^

f0152079_2174268.jpg

ありがとうトンピランと言っているウサギを乗せたバスのナンバーは1987。

この数字はトンピランマウルと関係ありそうだよね?

f0152079_2110246.jpg

壁に描かれた椅子に座っているように中腰になって写真を撮っている少女たち。

f0152079_21113413.jpg

手前の小さな建物と後ろの壁が一体化^^

f0152079_21142879.jpg
f0152079_21152049.jpg

ここが「モンマルタの丘」ってなんじゃそれ?

f0152079_21222825.jpg

엄마가 있는 풍경 마마도 (2013)母がいる風景ママドというKBSのバラエティの

撮影地みたいだ。김수미・김용림・김영옥・이효춘の有名女優さんたち4人と

이태곤イ・テゴンがそのメンバー。サングラスの男性はイ・テゴンかな?

f0152079_21373270.jpg

f0152079_22194110.jpg

f0152079_21405920.jpg

f0152079_21413074.jpg

近くにある壁画を写して、いよいよ丘の一番高い場所へ。

f0152079_21432186.jpg

東鋪楼。人がいっぱいだ!ここからの眺望は素敵だし、夕陽の時間までいたら

綺麗な夕陽、そして素敵な夜景が見れるのは間違いなし!

f0152079_2245951.jpg
f0152079_2265188.jpg
f0152079_2275319.jpg
f0152079_229716.jpg
f0152079_2295323.jpg
f0152079_22103020.jpg

楼閣の周りをグルッと回って周りの景色を撮ってみた。

f0152079_22113129.jpg

港側にはこちらの案内図。

f0152079_2217719.jpg

頂上の公園から降り、一番行きたかった場所を見下ろして・・・

f0152079_2223168.jpg

f0152079_22234389.jpg

階段脇にあった通路。

f0152079_22244929.jpg

通路と同じ建物はこちら。トンピラン店房(店)。

f0152079_2227311.jpg
f0152079_2228031.jpg

店内の様子。

f0152079_22291054.jpg

ここが、『優しい男』でマルが最後に辿り着いた小さな診療所だった場所。

(ここから先はネタバレありなので、見たくない人は読まないでね)




f0152079_22314512.jpg

ウンギがお腹を壊したヨンジュをおんぶして駈け込んで来た場所がここ。

DVDを持っているけれど、W7以降はキャプ出来なくなったので、今でも

見れるサイトを探してキャプしたから、ぼやけているけれど、無料保健所と

書いてあるような?傍の通路部分もちゃんとあるね^^

f0152079_2235911.jpg

ヨンジュがマルに質問するという形で、7年後のマルのことがわかる形に

ストーリーが進んでいたっけ。ウンギの作るパンもクッキーもまずいのに

なぜ先生は毎日、朝昼食をそこで食べるのか、不味くはないのか?と訊か

れた時のマルの顔が可笑しい^^この最終話、展開がすごくて、途中では

死んでしまうかと思ったので、イ・ギョンヒ作家、またこんな結末?と

涙を覚悟した。『サンドゥ、学校へ行こう!』で大泣きし、『ごめん、

愛してる』ではしばらく廃人状態になり、『このろくでなしの愛』も

辛かった。『ありがとうございます』では、どうしても自分の目で見て

みたくなり、プルン島(증도)まで行ったほど。その旅行記を書いたこと、

それがきっかけで、今もこうしてブログを続けているわけで^^;

今回の旅の最初の目的地慶州では『本当に良い時代』のロケ地回りが

メインの旅だったし・・・で、デビュー作の『モデル』で初共演した

ジソとヒョギを応援してるし・・・でイ・ギョンヒ作家様様だ^^

だったとしたら、この7年後は夢?現実?とか思ったけれど・・・

f0152079_22485817.jpg


f0152079_22491067.jpg

毎回、話数の場面で涙を流していたマルが、最終話では微笑んでいるって

何人かの方がブログで取り上げていて、え?と思って、検証してみた。

ほんとだ・・・じゃ、やはり、生きていたんだと思うことにしよう^^

それと、本当に記憶がないのか、あるのにないふりをしているのかについても

平凡な人生でウンギにまた会って、普通の人が経験するような平凡な恋愛が

したいとナレーションが入ったように、そうなったと思いたい。

このお店の入り口にトンピランマウルの冊子が置いてあった。

f0152079_22551916.jpg
f0152079_22555347.jpg

こちらがその冊子。見開きにたくさんの壁画もある。傍にある豚の貯金箱の

上に500W入れて下さいと書いてあったので、入れて頂いてきた^^

f0152079_22583282.jpg

傍の階段から頂上の公園を。看板にトリックアートフォトゾーンと書いてあるが

どんなトリックがあったんだろうか???

f0152079_2313817.jpg

その看板脇のテーブル。

f0152079_2324745.jpg

そしてその下にあるのは、ウンギのお店として出て来た所。実際にはトンピラン

구판장と書いてある(구판장購販場)。

f0152079_23143727.jpg

自分のお店の中から、マルをカメラで写していたウンギ。この辺りだよね^^

f0152079_23162419.jpg

f0152079_23153465.jpg

失礼して中を。メニュー、確かにたくさんだ^^中にはドラマのポスターも。

f0152079_2318975.jpg

お店の前。階段を登ると・・・

f0152079_23194251.jpg

お店のテーブルを兼ねた展望台。上の公園にもあったような案内図もあるが

f0152079_23221336.jpg

ドラマの看板も。

f0152079_23234472.jpg

ここから港はとても近くて、よく見えた。

f0152079_23265132.jpg

マルがコーヒーを飲んでいた席はこの辺りかな。

f0152079_2329996.jpg

こっそりお店から写真を撮っていたのを見つかったウンギ。撮影時とは

椅子が変わってるね。

f0152079_23321775.jpg
f0152079_2332309.jpg

展望台の様子も、ここから見下ろしているウンギのお店も撮影時とは違って

いた。ウンギのお店の名前はSilvertop Bakery。タイトル同様、気づかな

かったけれど、まんま「ウンギとマル」だった^^silverは銀@ウンギの

은ウン。topは天辺や一番を表す마루マル。韓国のドラマのペン達が二人を

ウンマルと呼んでいたらしく、お店の名前もまんまのウンマル@Silvertop。

そっか、ここにもハッピーエンドの結末のヒントが隠されていたのね^^

(このウンマルの話は翻訳家の白香夏さんのブログで見つけて目から鱗!)

マルが座っていた辺りに座っていらした、旅行客とは違うオフィススタイルの

男女5名。なんと日本語を話していらして、今回の旅では日本人に会ったのは

良洞マウルだけだったので、つい日本人でいらっしゃいますか?と話しかけて

しまった私。丁度、統営の名物の꿀빵@蜂蜜パンを食べていらした方々・・・

6個入りの箱だったらしく、丁度余っているからどうぞと^^やった!1人では

箱入りは無理だし、一個だけ買って試しに食べるかなと思っていたので。

f0152079_2351118.jpg

食べる前に写真を撮らせて頂いた。このパン、甘いのなんのって・・・

一個で十分だった。でどちらからいらしたのかお聞きしたら、なんと主人の

故郷。しかも、こちら統営のお役所の方も2名。日本側の女性は、留学した

後、日本に残って韓国語を教えていらっしゃるそうで、この時は通訳として

同行されていたご様子。主人が同じ県の出身であることなどをお話すると、

皆さんは会議の為とか。姉妹都市ではないそうだけど。最後に、若い方の

男性が、この方は一番偉い方ですって。え、市長さん!それも県庁所在地の

市の・・・失礼致しました。その節はご馳走様でした^^;

なんて、私のちっぽけな個人ブログなど、ご覧になってはいないだろうけれど

仰った通り、主人には報告しておきました。主人も@@してましたよ^^

なんて、ことで、今回はここまでで・・・

by andegenni | 2015-08-03 23:59 |  2015.5 慶尚道済州島 | Comments(0)
<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>