<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>

2015.5 慶尚・済州の旅 part25 釜山8 松島

慶星大学校から乗った1003番バスは、結構混んでいて・・・

疲れていて座りたいけど、立っている人もたくさん。入口のステップを上がった所に

立っていたら、運転席の後ろの、体格のいい30代位の男性が、入口後ろに座って

いたアジョッシに声かけ。アジョッシ、荷物をどけて、席を空けてあげてと・・・そして

私に座ってくださいと^^え、いいの?もうシルバー扱い?爆)お礼を言ってアジョッシの

隣に座ったけれど、韓国のバスの例にもれず、急発進、急ブレーキ毎に、前に柵の

ない席(アジョッシ側にはあった)でステップに転がり落ちないように、踏ん張る必要が

あって、見かねた先ほどの男性が、席を替わりましょうと^^;とことん親切な人だった。

目的地に行くのに、一旦、南浦洞へ行こうとしてこのバスに乗ったのだけれど、そうだ、

荷物は預けて行った方がいいな・・・と思い、途中、釜山駅にするか、中央駅にするか

悩んで、時間が足りないだろうと思い、中央駅で下車。駅のロッカーに、全て預けて

夜用の軽いコートのポケットにポケッタブルのリュック(買い物袋にもなる)を入れて、

カメラも使えないから預けて、ポシェットだけで、超身軽に。そして地下鉄で一駅移動。

行き先は、松島。ここへ行くのは、映画『カンチョリ』のロケ地だから。南浦洞には

バス停がいくつもあって、松島行きのバス停は문우당 서점(本屋)の前辺り。

松島から次のロケ地影島に行くので、一つにまとめた地図をスマホに入れてあった。

f0152079_18551384.jpg

松島までは、バスで一本。影島もバスで行けるが、直通はない為、一度南浦洞まで

戻らなきゃならない。運良く、タクシーがつかまるだろうか?街の中心部を離れると

本当にタクシーをつかまえるのが難しいと感じる韓国だ。

バスに乗って、まずは松島海水浴場へ。途中、右手奥、山に向かって這い登っている

ように連なる家家。映画『国際市場』の主人公の家も、港を見下ろすこの家家の中に

あるだろうな・・・と、バスの中から見て思った。

f0152079_191696.jpg
f0152079_1911924.jpg

松島海水浴場の入口。スマホの画像がスクェアになっているのに、まだ気付かず

そのまま撮影している私^^;ずっとそのままだったこの日。

f0152079_1925932.jpg

可愛い蟹さんと魚さんのお出迎え^^

f0152079_1941496.jpg

ここだ、ここだ^^『カンチョリ』でソウルから旅行で来ていたスジが写していた海。

f0152079_1953417.jpg
f0152079_1961144.jpg

海水浴場の中、あちこちに可愛いモニュメントが顔を覗かせている楽しい海岸。

映画の中でも、面白い所だなぁと思ったけれど、実際に観て、自己満足^^

カンチョリがサイドカーにオンマを乗せて走っていた海岸もこちら。

f0152079_19201237.jpg
f0152079_19202794.jpg

海を見渡す海岸側はこちら。2枚目にあるサークルみたいな場所・・・

f0152079_19213715.jpg

ここは、ソウルの女の子スジが、カンチョリにバイクの乗り方を教わった場所。

f0152079_19225248.jpg

その娘が泊まっていたゲストハウス(徳成モーテル)。下のお店はカンチョリ達の得意

先みたいなんだけど、フロントみたいだ。スマホのスクェアに気付かないだけじゃなく、

スマホケース(ブックカバー式)の一部が浮いていてレンズに被さっているし((+_+))

f0152079_19345661.jpg

ゲストハウスの入口前。

f0152079_20312896.jpg

f0152079_19383619.jpg

閉まっていたので、また裏技で、ガラス窓にレンズをくっつけて^^;フロント部分。

f0152079_20115337.jpg

映画のシーン。フロントで仕事をしているチョンス。

f0152079_19395140.jpg

後に、カンチョリとスジがメッセージのやり取りをした壁のポストイット。

f0152079_1941143.jpg

ゲストハウスの向かい側。カンチョリと友人チョンスがいたり、カンチョリが一人で

いたりで何度も出て来た場所。

f0152079_19421064.jpg

上の部屋から見下ろした彼女は、二人に向かって、指を立てて追い払ってたっけ^^;

f0152079_19434983.jpg

気持ち良さそうな、海岸沿い。

f0152079_19503471.jpg

この日は5月22日。暑かったとはいえ、彼はすでに夏気分で日光浴^^

f0152079_19583419.jpg

海岸通りにある松島瀑布を海岸側から。可愛い海の仲間たちも一緒に^^

f0152079_2005921.jpg

f0152079_2013063.jpg

海岸をまた数枚撮って、さて、タクシーをつかまえなきゃ・・・

松島のこちら側、この海岸の先には、南港大橋があって、影島に繋がっている。

橋の向こう側、チャガルチ側には松島ヘスピアというチムチルバンが海の傍に

あって、チャガルチからも近くて人気のようだ。

松島の反対側は甘川港。カンチョリが働いていた港。チョンスの父親の仕事場も

そちらにあるので、この一画はカンチョリの地元だ。

f0152079_335465.jpg

3年前の春に行った太極道マウル(甘川文化マウル)から望遠で撮った甘川港。

ドラマ『タッチャ』で出て来た港はどこだろうかと思ったが、それもここじゃないかな?

松島海水浴場の入口ではタクシーをたくさん見かけたが、松島瀑布の辺りでは

5~10分待っても一台も通らず・・・諦めて歩きだそうとしたら、やってきたタクシー。

南港大橋とは逆方向だったけれど、仕方ないかと乗車。次に行く予定の影島の

住所を見せたけど、地域外だからから、よくわからないと・・・住所が書いてある

わけだから、ナビに入れてくれればいいのに・・・ようやく運転手さんもそう思った

みたいで入力。海水浴場入口まで戻って、グルッと回って南港大橋へ。そこから

大丈夫かなと思いつつ、ナビを見ていたら、二又を右へと出ているのに直進して

しまうし・・・回るから大丈夫だと言ってたけれど、ずっと右への道がないしで、

ずいぶんと遠回りしてしまった。影島のpartはまた次で・・・

by andegenni | 2015-06-30 20:26 |  2015.5 慶尚道済州島 | Comments(0)
<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>