<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>

2015.5 慶尚・済州の旅 part20 釜山3 海雲台1

Mipo Guest Houseは、最寄りのバス停が、冬柏中学校とミポという停留所の

間にある。ミポという停留所と、聖心病院のバス停はほぼ同じ位置だ。タルマジキルを

降りた場所がミポ五叉路。GSの並びにあるビルの上階二つの階をゲストハウスとして

運営している。最初にチェックインした時、2つの階の上(確か5階)にプレートがかかって

いたので、ベルを押すと、中で犬の鳴き声。後でインドネシア出身だとわかった女の子が

ドアを開けてくれて、下の階に案内された。その日は、私しか泊まり客がいないとかで。

出かける間際に、オーナーさんが何人かの女性と共にいらして、ご挨拶して、暗証番号を

教えて頂いて出かけた。戻ると、女の子はアルバイトに出かけたとかで、オーナーさんが

同じ階にいらして、鳴き声の主も一緒だった。

f0152079_18293718.jpg

人懐こい犬で、カメラを向けると、こっちに来たり、向こうに行ったりで、一時もじっとして

いてくれない・・・ようやく撮れた何枚かの中で、一番まともなのがこれ。彼は、オールド

イングリッシュシープドッグという犬種。で、オーナーさん曰く、名前がベッカム^^

慶州のゲストハウスで出会った慶州君と、海雲台で会ったイギリス出身ベッカム君^^

VESTAで寝ることを考えたら、ベッドがあるだけでマシと思い、二段ベッド3台のドミ

トリーにしたけれど、広い部屋を一人で独占^^写真がピンボケで紹介できないけれど

Agotaで予約して、決済は直前で2198円也^^木曜だったからみたいで、翌金曜から

予約がいっぱいだと。土日月の3連休だから、いい日に行ったみたいだ。多分、外人の

彼女だと思うけれど、案内のメールが英語で届き、地図や行き方も書いてあった。

バスルームは、トイレ、シャワー、洗濯室も兼ねていて、かなり広かった。しっかりと

洗髪までしてすっきり^^こちらは、シャンプー、リンス、ボディソープはあったけれど、

少しでも軽くするために持参の一回用を使用した。オーナーさんがお友達と12時頃

まで、何かを相談されていて、その声がちと煩かったが、寝る前のトイレ時に、煩くて

ごめんなさいと言われた^^;近くの自宅にベッカムを連れて帰られ、間もなく女の子も

帰宅。広い階に誰もゲストがいなくても、スタッフの彼女が寝泊まりしているみたいだ。

翌朝、いろいろ話したが、3年前に韓国に来て、Mipoはまだ数カ月とか。朝まで起きて

いて、朝の支度をして、ゲストがいなくなったり、出かけると、掃除も担当し、それから

寝るんだとか。夕方7時頃起きて、近くのアルバイトに行って、12時過ぎに帰宅。

確認メールとかも、彼女が担当で、夜、出しているみたいだ。後で調べたら、夜中の

3時に届いていた^^;可愛い女の子だったけれど、韓国で暮らす方がいいのだろうか?

f0152079_1910687.jpg

ピアノの上にあるTVで、彼女が観ていたのは『鳴かない鳥』だよね^^もうすぐKNで

始まるんだけど、主演の二人がそれぞれ、現在放送中の『シンデレラの涙』と

『伝説の魔女』に出ていて、観ているドラマとの役が違うみたいで始まりが楽しみだ。

写真のホン・アルムは伝説の~にも出ていて、今夜までの回では、どういう考えの

財閥の女の子なのか、よくわからなくて、続きが楽しみだ。今、一番面白いかも・・・
f0152079_199179.jpg

f0152079_1992433.jpg

f0152079_19105152.jpg

彼女と朝の時間を過ごした居間兼ダイニング。ゲストの部屋数はいくつかあって、

上階は男子用みたいで、2つの階を合わせれば、結構な収容量だと思った。

朝食は、好きな飲み物を飲んでよくて、トーストもシリアルもあった。自分で用意♪

f0152079_1914079.jpg

隣のGSから見上げたMipo Guest Houseを。私が泊まった部屋は、真ん中の

格子のある窓の部屋。階段で登るんだけど、暗くてどうしようと思ったら、進む度に

灯りが点くようになっていた。海雲台でこの値段では絶対無理だから、人数が多い

時に、一部屋借りるのは便利かも^^中から鍵もかけられるし^^

GSの値段を見て、またもビックリ@@1570Wだって・・・日本円で今なら175円?

f0152079_19321845.jpg

ミポ五叉路を下った所から振り返り・・・更に下って行くと・・・

f0152079_19341358.jpg

f0152079_19344297.jpg

Mipoに泊まった理由は、まさにここに来たかったから。もっと納得のいくように

f0152079_1936967.jpg

車のいない時を見計らって、道のど真ん中からも^^もういいかな?

ここはどこかと言うと・・・

f0152079_19545530.jpg

2008年の秋に、松亭駅の駅長さんに教えて頂いた『タッチャ』のロケ地^^

すでに東海南部線は路線変更した為、踏切はなくなっていて・・・

f0152079_19574064.jpg

ここが、踏切のあった場所。

f0152079_1958425.jpg

そして、この場所から、東海南部線の路線跡地が歩けるようになっている。

f0152079_201073.jpg

ここ、ミポから、昨夕行った青沙浦の踏み切り部分までは、2.4キロ50分所要。

そこから松亭駅までも2.4キロ50分所要。地元の人のいい散歩道みたいだ。

青沙浦に昨夕行けなかったら、この朝、ここから歩いて行こうと思っていた。

せっかくなので、青沙浦までとはいかないまでも、トンネル付近まで歩いてみよう。

f0152079_2055862.jpg

f0152079_2064066.jpg

歩き始めた線路跡と足元の枕木。

f0152079_208827.jpg
f0152079_208232.jpg

途中で見えてくる景色。海も空も青くて綺麗だ^^

f0152079_20184267.jpg

海に浮かぶブイだろうか、可愛い形だ。左端に見える島は五六島だろうか・・・

f0152079_20125731.jpg

タルマジキルを見上げると、前夜夜景を見た展望台が見えた。

f0152079_2014312.jpg
f0152079_20144849.jpg

線路の下にあった道路がなくなり、線路下はもう海。広安大橋だけじゃなく、もしか

したら新しく出来た釜山港大橋も見えているのかも?

f0152079_2017532.jpg

タルマジキルの下にあるトンネルが見えて来た。思いっきりのピンボケでガックリーー

f0152079_20193397.jpg

トンネルを抜けて、反対側からも。トンネルには嫌われたのか、またもピンボケーー

プライベート部分なので、写真は撮らなかったけれど、線路脇に家を建て、犬を飼い、

鶏を飼っている所があった。タルマジキルの崖の下だから、どうやって乗るのか、傍に

スクーターも停めてあって・・・線路で乗る?線路まで出すのもちと大変そうだけど・・・

韓国で驚くのは、人が通る道の際でも野菜が植えられていたり、ここって、公園内?

だよね・・・と思う、こんな場所に人が住んでいたり。。有効利用と言えば体裁がいい?

出発点に戻るつもりだったけれど、実は何か所か、丘の上から降りてくる険しい道と

海辺に降りる険しい道というか通路があって、そこだけフェンスが開けられてて・・・

ちと怖いけれど、海辺に降りる道(とは言えない)から降りてみることにした。

f0152079_20264450.jpg

そのまま、海辺まで行ってみたら、ここに到着♪続きはまたね^^

by andegenni | 2015-06-24 20:32 |  2015.5 慶尚道済州島 | Comments(0)
<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>