<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>

2015.5 慶尚・済州の旅 part19 釜山2 青沙浦・タルマジキル

タクシーで向かった先は青沙浦。翌朝、旧東海南部線跡を歩いてここまで

来るつもりだった。その後、龍宮寺へ行こうとしてルートを検索していたが、慶州を

予定より早く発てたので、まだ日暮れまで時間がありそうだと思い、急遽こちらへも

寄ることにした。機張・龍宮寺・青沙浦は元々、その順で北から南なので。

f0152079_1821155.jpg
f0152079_1821371.jpg

ドラマ『海雲台の恋人たち』でメインのロケ地だったサムチョン水産。最初の方だけ

かと思ったら、右にもあって・・・ロケの為に作られたのかと思っていたら、今も同じ

名前で営業中。海雲台の恋人っていう位だから、海雲台の奥の方だと思ったけど、

そこには遊覧船乗り場はあれど、港ではなかったので、タルマジキルの先まで

行ってみたら、青沙浦がそのロケ地だった。この先、東海南部線は松亭海岸へも

繋がっているんだけど、跡をずっと歩いて行けば、海岸沿いに行ける。逆に言えば

道路は途中でなくなるので、線路を歩かない限り、海岸線からは行けない。

f0152079_18271113.jpg

右側のお店の角にこちらの看板。こちらで見る限りは、左のお店がそうだったようだ。

f0152079_18302851.jpg

ということで、もう一枚♪

f0152079_18313388.jpg

更に、2軒まとめてもう一枚♪

f0152079_2033534.jpg

お店の前の道。紅白の灯台が見えているね^^ドラマによく登場していた赤い灯台。

f0152079_18351147.jpg

港から見上げたタルマジキル@月見の道。달맞이길月に出会う道だから、月見の道。

こちらから望むと、後ろには高層アパートが立ち並び、丘の上に高層だから、どの家も

見晴らしがいいだろうね^^港の近くで、先ほどのタクシーの運転手さんに呼び止められ

乗らないの?と言われたけれど、まだ帰らないし、バスもあるのを知っていたので、申し

わけないけれど、お断り。ここからお客を見つけるのは難しいかも。。。

f0152079_18405968.jpg

ナムへが恋人に騙されたソラを慰めたり、プロポーズをした赤い灯台。

f0152079_18425047.jpg

赤い灯台へ行く途中でまたタルマジキルを。実は、海雲台側からは、鉄道跡を辿ると

道路のない海岸沿いを通って、ここまで来ることが出来るのだけれど、最初は上に

あるVESTAに停まって、そのまま登り、途中の遊歩道から下に降りようと思っていた。

この青沙浦はロケ地の中心だったけれど、漁に出るシーンは、ここからではなく、先に

寄った機張港からだったようだ。

f0152079_1847480.jpg

赤い灯台に着いた^^で、後ろに見えていた白い灯台は、こんな風に離れている。
f0152079_20165344.jpg

f0152079_1850832.jpg


絵の書いてある防波堤は、青沙浦港のタルマジキル側から伸びていて、赤白の

灯台の間を抜けて、船は外海へ出るようだ。線路先の坂道から海が見える風景が

とても素敵だと思うので、行ってみた。

f0152079_18523399.jpg

ドがつくほどのピンボケで미안해요・・・東海南部線の線路跡のタルマジキル方面。

夕暮れのこの時間帯でも、歩きはじめる人達がいた。ナムへが踏切に立ったシーンも

あったけれど、今はもう、踏切はなくなっている。

f0152079_18544158.jpg

夕暮れ時だけど、坂道の下に見える港はいい感じ・・・で、気付く私。バスがいるじゃん!

大慌てで坂道を下る私^^;何してるんだ・・・ってか、タクシーは返しちゃったから、バスを

逃すと、次はいつ?だと思ったので・・・最悪、1時間線路を歩けば行けるけど、もう暗いし。

f0152079_1932292.jpg

海雲台区2のマウルバスだったけど、このルートには驚いた・・・海沿いに道がないとは

言え、青沙浦からいきなり細い坂道でタルマジキルに登り、今度は下って萇山駅(地下鉄

2号線の終点)の出口付近で地下鉄を降りてくる人が途切れるまで待機。そして、再び、

タルマジキルの丘に登り、最後にまた降りてくるというルート。この路線も、実は逆の

ルートで調べてあって、海雲台側の南部線のスタートライン付近から、もしも雨だった

場合は、線路を歩かず、バスで行けるかどうかと・・・逆ルートに乗ったのだけれど、

マウルバス+坂道の感覚が、太極道マウル(甘川文化マウル)に行った時みたいに

摑まらないと怖い怖い・・・毎日乗っている人は慣れてるだろうけど。丘の上の住民は

このバスに乗らないと、歩いて登るのは大変だろうなぁ・・・海雲台聖心病院前で

バスを降りて、近くにあるゲストハウスへ。タルマジキルの上にあるVESTAが6月中旬

までリニューアル工事中とわかった時点で、どこに泊まろうかと考え、海雲台温泉

センターとか東横イン海雲台とかいろいろ候補を調べてみたが、どこも歩くにはちと

距離があり・・・で、さんざん調べて、見つけたのが、Mipo Guest House。すぐこの

近くで、タルマジキルの下辺りにある。ゲストハウスのレポは後にして、荷物を全部

置いて、ポシェットとカメラだけ持って、食事をしに、今度は歩きでタルマジキルへ。

f0152079_19371243.jpg

坂道を登って行くと、ホテルイルアの先にあるVESTA。その時は灯りもなく、前面に

横断幕があり、6月初めまで工事中で、中旬に再オープン予定だと書いてあった。

横から見ると、建物全体にシートがかけられていて、けっこう本格的なリニューアル

工事のようだった。

f0152079_1941754.jpg

VESTAのすぐ隣にあるこちらのレストランは、丘の上にある家という名前。

更に丘を登っていくと、5年前、松亭海岸で車に乗せてくれた青年たちが、丘の上で

一番海雲台が綺麗に見える場所だと車を停めて見せてくれた、まさにその場所に

展望台が出来ていた^^

f0152079_19435450.jpg

夜景を撮るのは、私の課題だ。月と共に、メチャ綺麗だった海雲台の夜景。かなり

枚数を撮ったにもかかわらず、まともな夜景がない((+_+))

f0152079_19463347.jpg

f0152079_1947627.jpg

むしろ、スマホで撮った方が少しマシかも・・・だけど、これもいつの間にか正方形に

変わってるし・・・目で見た景色が一番♪ということで^^;

f0152079_19492690.jpg

f0152079_19505475.jpg

夜景を堪能した後は、先ほどの언덕위의집@丘の上の家というレストランへ。

一番奥の夜景が良く見える席は予約席だということで、次善の席へ案内して下さった。

f0152079_19555113.jpg

私が座った席から見えた夜景。

f0152079_19571676.jpg
f0152079_19573092.jpg

頼んだ品が届くまで、スマホで店内を。とても素敵なお店だと思う。

f0152079_20185612.jpg

頼んだ品は、トマト味の海鮮パスタ。パンも食べて、丁度いい感じの両。満足^^

f0152079_20375485.jpg

f0152079_20304315.jpg

デザートにはマンゴーピンスを。あまり多そうじゃないから一人でも大丈夫かと・・・

ピンスは淡雪のようで、美味しかった。マンゴーは一部まだ凍っていて、溶けるのを

待ちつつ食べたけれど、やはり一人には多くて、途中でGive Up。

パスタは17000W、ピンスは10000W。このロケーションでこの雰囲気なら満足♪

WIFIもOKで、パスワードは、画面を開いていたら、担当の感じのいい男性が打ち込み

して下さった。メールやLINEをチェックし、ブログのリアル更新まで出来たし^^

再び、タルマジキルの坂を、今度は下り、ゲストハウスへ。続きはf0152079_20334299.gif

by andegenni | 2015-06-23 20:44 |  2015.5 慶尚道済州島 | Comments(0)
<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>