<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>

2015.5 慶尚・済州の旅 part10 慶州8

セマウル橋からの帰り道にまた선두마을を通った。

f0152079_1913037.jpg
f0152079_19132024.jpg

村の名前の由来は未だわからないけれど、韓屋の保存地区なのだろうか?

f0152079_1915394.jpg

帰りは、往路と反対側の歩道を。五陵を外から。かなり大きな敷地。

f0152079_1917079.jpg

その名もずばりの五陵橋の上から、南川を見渡して。ずっと遡ると、校洞や月城の

傍を流れ、国立博物館の脇で南に方向を変えて流れて行く川。この傍は前も走った。

慶州って、兄山江が一番大きな川で、そこから北川、南川と分かれ、大川も分かれ。

結果的にどの川も見たことになった^^

f0152079_19234225.jpg

橋を渡ると興輪寺。천경림ってなんぞや?

f0152079_19411183.jpg

疑問はすぐに解けた。天鏡林 興輪寺と言うみたいだ。

f0152079_19422969.jpg

時間がないので、ここまでで失礼m(__)m 法堂へ行く道という表示を見ると、

奥に大雄殿が見えた。撮った後、両手を合わせて一礼してきた。

f0152079_1944533.jpg

そろそろ、皇南洞。こちら側から、印象的な木を。ここから見ると、右手に皇南洞

古墳群が良く見えるね^^このままバスターミナルに戻るか、それともゲストハウスから

歩ける皇南市場付近も行ってみるか・・・時間を見て悩んだけれど、回ることにした。

f0152079_19464145.jpg

皇南洞の地図で触れた皇南洞住民センター。皇南洞じゃないんだけどね^^;

この住民センターの前の交差点は皇南洞住民センター四つ角。一つ先の皇南小校

四つ角まで戻って(途中、ゲストハウスに行く路地も通り過ぎ)、そこから北上した。

f0152079_19553772.jpg

皇南派出署。この道は、右側が皇南洞で、左側は사정동。もっとも、住所表記の

変更で、今はどちらも道路名になっているけれど。センターもお店も韓屋が多い。

f0152079_200594.jpg

1話でドンソクがソウルから戻ってきた時、この皇南マートの前で兄のドンタクが

近所の男性と言い争っているのを見つけたっけ。派出署の並びの韓屋が奥に。

1話のドンソクが車で通った所をあちこち検証してみると、家の近くとは言え、向きが

バラバラでどういうルートを走ったんだ?!

青い枠の公衆電話は、この街でたくさん見かけたけれど、どこかレトロで、ドラマの

セットでも同じ公衆電話がセットの中に作られていたっけ。

f0152079_201478.jpg

この通りは皇南洞の市場みたいな通りで、振り返って見るとこんな感じ。喧嘩を

見かけてドンソクはその右側に車を停めたんだけど、そうすると、こちらから走って

行ったわけで、下った所の交差点ではあの木を右に見て、左方向へ走ってるし・・・

で、この界隈をグルグル回ったみたいな走り方してるな・・と。ドラマはどこでもドア

状態だ。マート近くの左右にバス停があって、そのバス停はずばり、皇南市場。

f0152079_2054897.jpg

上の写真の左下に写っているお店は、3話で叔父たちが飲んでいるお店にドンヒが

行った場所。この通り、道幅が狭いのに、路上駐車しようとする車が多くて、自転車

駐車も何回も場所を移した。ちょっと買い物で停める車が多すぎ^^;奥に市場が

あるみたいだけど、中まで入らなかった。次の角を右折すると・・・

f0152079_20295243.jpg

こちらの通り。右側に路上駐車が多いが、右手奥が皇南市場。左手奥に日本と同じ、

クルクル回る床屋の看板が見える。

f0152079_20325078.jpg

こちらは、ドラマの中ではスター理容院だった所。現在は輝き理容院^^

ドラマの最初、1,2話で登場する所で、へウォンは借金の取り立てに。ところが、店主は

いなくなってて・・・ドンヒはジョンアが一緒に逃げた男の父親の店なので、行方を捜しに

来て、二人は店先で大ゲンカ。そこへ、偶然出会った双子の叔父達が、脇の道から

出て来て、喧嘩している二人に遭遇することに・・・

f0152079_20512521.jpg

床屋の先へ進むと、こちらの東屋。慶州皇南里孝子孫時楊旌閭碑だそうで、慶州の

宝物68号。すぐ近くにゴミ収集場?笑)

f0152079_20594790.jpg

宝物の向かい側にはセマウル金庫。市場の為の金融機関だよね^^で、

f0152079_2105284.jpg

f0152079_2113262.jpg

宝物の奥に見えていたこちらのお店、고부분식。고부?調べたら姑婦というのが

あって、姑と嫁だって。きっとそれだ!姑と嫁の粉食屋。粉食の割に、簡単な食事

だけじゃなく、アグチム(アンコウの蒸したもの)とかナクチジョンゴル(手長蛸のチゲ)

とかあって、結構本格的だし、お店も可愛い♡ じゃなくて、この角の部分は・・・

帰って来る双子のドンソクを迎える為に、花束を持ってドンオクが座っていた所。

ということは、家はこの近くという設定だよね^^というか、この頃はすでに、家は

セットになってたんだけど、外のシーンは慶州ってことが多かったようだ。

f0152079_2116253.jpg

ドンオクが座っていた場所から入る路地。私も入ってみよう♪続きはまたf0152079_21174639.gif

by andegenni | 2015-06-14 21:18 |  2015.5 慶尚道済州島 | Comments(0)
<< 2015.5 慶尚・済州の旅 ... 2015.5 慶尚・済州の旅 ... >>