<< 2013.6 歩き倒した5泊6... 2013.6 歩き倒した5泊6... >>

2013.6 歩き倒した5泊6日 part22 解放村・厚岩洞

最終日は朝から雨だった。。。4月の最終日と同様、雨の中の散策は濡れてしんどい・・・

f0152079_19211362.jpg

相変わらず、美味しい春海さん手作りの朝食。前日、鷺梁津水産市場へ買い出しに

行かれたということだったので、この朝はクルビ(イシモチ)まであり、ちょっと豪華♪

f0152079_1926682.jpg

あちこちに春海さんのセンスある小物が飾られてるけれど、階段にあるルミちゃんの

絵には初めて気付いた^^;宿の常連さん?関係者さん?が描いて下さったとか・・

f0152079_19282966.jpg

チェックアウトして荷物を置かせて頂き、春海さんとルミちゃんのお見送りを受け出発♪

今回もお世話になりました、またいつか~f0152079_19314870.gif

せっかくこちらに泊まったので、また界隈を歩いて散策。前回の最終日に厚岩洞

までマウルバスで行ったが、今回は歩いて回ろうと思った。淑大入口駅から北へ

歩くと長い塀がある。

f0152079_19365127.jpg

しばらく歩いてから駅方向を振り返って・・・地図には表示がないが、中は龍山基地?

f0152079_194028100.jpg

塀が途切れた所にある龍山高校。4月に乗ったバスはここから左折したのでここからは

未知の場所。高校の前にあった梨泰院址。書いてある文字は・・・

「朝鮮時代、一般の旅行者が泊まることができたソウル近郊の四つの宿(四院)の

あった場所」記事をあげるために調べて訳してみた^^;

f0152079_19485979.jpg

雨に濡れている龍山高校の塀。後ろ側には龍山中学もあった。マウルバスのバス停も

写してみた。文字を読む場合、写真はクリックすると全画面になるのでお試しあれ^^

f0152079_19491765.jpg

その先の厚岩ロータリー。ここから右手に曲がると・・見えて来た階段。バス停も一緒に♪

f0152079_1956984.jpg

前から一度来たかった108階段。併合時代には多くの日本人が住んでいた地域。

なので、この階段の上には1943年に戦没者を英霊として祀った「京城護国神社」が

造られ、その神社に登る石段だったが、108段あるので、108階段と呼ばれている。

解放後、南山にあった3つの神社は壊されたが、この階段は残されたそうだ。

最近、真ん中にグリーンベルトが作られたようだ。

f0152079_201944.jpg

108の文字^^

f0152079_2075867.jpg

来たかったのは、実はここ^^;『バリでの出来事』でイヌクの母がやっていたククスの

お店のロケ地。階段部分も何度も出てきたっけ・・・その後は鍵やになっていると

聞いていたが今は空き家のようだった。最初の踊り場近くの左側にあった。

f0152079_2015776.jpg

f0152079_2013296.jpg

途中に何か所かある踊り場。周りの壁がアートしていた^^

f0152079_20135322.jpg

一番上まで登って、見下ろしてみた。結構地元のハルモニ達が昇り降りされていて

雨だし、きつそうだなぁ・・・解放後、朝鮮戦争を経て、日本人のいなくなったこの村に

最初に定住したのが、北からのキリスト信者。なので、解放村のシンボルは解放村

教会なんだとか。不思議な歴史の流れが今も残っている場所だ。雨の中、更に散策♪

f0152079_2040261.jpg

雨なので、地図を見るのも大変。。。高台から観た景色。

f0152079_20413369.jpg

市場と同じ名前の新興(シヌン)教会。新興という名前も、考えてみれば意味深い。

f0152079_20423953.jpg

教会前の坂を下がって行くと、変わった建物と階段。このまま下がるのは変だと戻った。

f0152079_2045113.jpg

新興教会から左に登る坂があり、そちらへ行くとこの外国人学校があった。

この辺り、坂道だし、道幅も狭いのに、車やタクシーががビュンビュン走ってて怖い!

f0152079_20471774.jpg

右側の階段を見ながら歩いていたら、サウナが見えたり・・・次は教会らしきこれが。

登ってみることにした。

f0152079_2049393.jpg
f0152079_20495262.jpg

解放礼拝堂と書いてあった。その前の道は結構お店があってサウナも手前にあった。

f0152079_2125371.jpg

その先にある市場の近くから振り返って。軒先に濡れない場所があったので、

座って一休み。リュックがビショビショ・・・オットケ~!紙類は表側に入れると濡れて

ダメになっていたので、なるべく奥の背中側に移動させた。今週、友人と久々に会う

為に新大久保で集まってランチしたが、やはり雨で、多分韓国人の青年がリュックを

胸側にして傘をさしていた。一瞬、子供?と思ったが、合理的かも^^;

f0152079_2112214.jpg

教会の斜め前に新興市場の入口。

f0152079_2182969.jpg
f0152079_2184112.jpg

入口にあった八百屋さん。許可を得て撮影。日本と同じものもあるけれど、胡瓜は

明らかにでかい!ソイル農園の胡瓜の和えもの、美味しかったなぁ・・また食べたい!

f0152079_21103755.jpg

入口から市場を覗いてみた。なんだかDEEPそうだけれど・・・入ってみるかな?

f0152079_21112515.jpg
f0152079_21115455.jpg

地元民だけの市場って感じ。観光化されてないからDEEPな感じだけれどね^^;

f0152079_21145962.jpg

市場は緩やかな下り坂になってて、抜けるとここへ出た。先ほどの外国人学校の坂を

登った所だから、階段で登って教会と市場を経由して戻ってきたようだ。この少し広く

なった場所にはお店がたくさんあり、やはり交通量が半端なかった。実際のソウル

タワーをバックにして建物にもソウルタワーがあるのは、警察署。隣には郵便局。

左脇の坂道を車がビュンビュンと登って南山方向へ。
f0152079_2123442.jpg


私は左脇の坂道のもうひとつ手前の道へ。この通りは南山の周囲にある大通りの

一本内側の通りで、お店や住宅が並んでいた。

f0152079_21351486.jpg
f0152079_21353824.jpg

南山のすぐ下のトンネの厚岩洞。前回はもっと会賢寄りしか歩かなかったけれど、

この日は反対側、龍山寄りを。高い場所だから、下へ降りる階段がたくさんあった。

f0152079_21381319.jpg

右側にとっても印象的な建物があった。その先の左側に・・・

f0152079_2139223.jpg

f0152079_21395724.jpg

目指していた南山中央教会。下が幼稚園になっていた^^ここ、『いとしのソヨン』で

出て来たあの屋上部屋の近く。ロケ地の目印にして来た建物だった。

f0152079_21432965.jpg

教会の脇の坂道。ここもドラマで出て来た。ってことは・・・

f0152079_2144337.jpg

やはり、教会と路地を挟んで隣のこの建物が怪しい・・・と思っていたら、その家から

出てこられた若いアガッシ。「失礼ですが、こちらは『いとしのソヨン』の屋上部屋の

ある家ですか?」と訊いてみた。「そうです、うちの家の屋上です。今はもう片付けて

何もないですが、ご覧になられますか?」ですって・・・ありがたい申し出だったけれど

出かけるご様子だったので、そこまでは申し訳なくて、丁寧に遠慮させて頂いた。

f0152079_2148481.jpg

この家の屋上があの屋上部屋。そうしたら、この先の路地などでも撮影してましたよと

優しいお言葉。2本先とか?行ってみよう!

f0152079_2150236.jpg

道路側から写すと、この家と教会が並んでいるのが一目瞭然^^

f0152079_2226423.jpg
f0152079_2227580.jpg
f0152079_22272967.jpg

片っ端から階段を写した。この先は、前に挙げた階段。どれかは使われたと思う^^;

で、こんなに階段をたくさん撮ったのに、肝心な階段を撮り忘れ・・・それは、右に

あった印象的な蔦のからまる絵のあった家の左脇にあった階段で・・・

f0152079_21585145.jpg

仕方ないから、カメラ小僧を行かせた。ここを登ると、南山の周回道路へ出られた。

後で、考えたら、途中に扉がある家があって、ここって、アボジがベッドを見つけた

場所だったかも・・・この階段を登って上から写すことにしたんだけど・・・

f0152079_2284079.jpg

バッチリ屋上が見えた^^これは少しズームしてあるけど。

f0152079_2210329.jpg

もう少しズーム♪4月に無念の思いで帰国したので、すっきりした^^

f0152079_22121211.jpg

写真を写したのは、このバス停の近く。

f0152079_2212355.jpg

雨もひどかったので、私は反対側のこちらのバス停から乗ることにした。停留所の

名前は厚岩薬水址。歩くのが嫌で、屋上部屋直行ならば、便利なバス停だ^^

では、今日はここまで~  f0152079_22145559.gif

by andegenni | 2013-09-28 22:15 |  2013.6 江原道京畿道 | Comments(0)
<< 2013.6 歩き倒した5泊6... 2013.6 歩き倒した5泊6... >>