<< 父と娘の沖縄旅行 2012.4 part13 最... >>

ドラマのロケ地

去年の春、『メリは外出中』のロケ地を回った時、ムギョルの家からワンブロック先の

Four Seasons Houseの横を通ってバンド仲間のたまり場のお店に行ったんだけど、

その時、ここ、久しぶりに来たなぁと思い通り過ぎた。その後『ラブレイン』の撮影の為に

大改装したのね^^;ラブレインの6話だっけ?観てたら、一階がカフェと病院、地下が

スタジオになってた。それに、『夏の香り』でプロポーズの黄色い薔薇の部屋を再現して

あった小さな離れもまるで様変わり。。。終了した今は、今度はラブレイン仕様にしたまま、

その他は前の部屋も使いつつ再公開されるのだろうか?

さっき、溜まっていた7,8話を娘と観てたら・・・7話で雨が降ってきて、再会する

シーン・・・すれ違った交差点は・・・

f0152079_0124364.jpg

あ、ちと暗いよね^^;ここ、昨年春、その後に『雨乃日珈琲店』に向かった時に写した

ものだけど、ユン・ソクホ監督、またここ使ったのね^^観てすぐにわかった^^;

『冬のソナタ』の壊れた信号の交差点。左坂下には『コーヒープリンス1号店』が見えて

いるけど、何度もこの辺を通っているので、お馴染みの交差点^^

グンちゃんも、メリに続き、また弘大での撮影で、あちこちの壁がアートしてて、見覚えの

ある通りも登場。最初は親の世代、次は北海道が舞台だったので、ソウルに戻っての

撮影は6話くらいからだ。親の世代の遠足?合宿?のシーンも見覚えが・・・

f0152079_0201326.jpg

なんと、『チュノ』と同じ場所だった。オンニに騙されて呼び出された場所。

ラブレインでも背後で布を干してある所がチラッと映った^^

場所は栄州のムソム村무섬마을。前回栄州に行った時、なんとか行けないものかと

調べたが栄州から水鳥里수도리までのバスは1日4回だけなので、無理だった。

栄州とは言っても、もう少し行けば安東市。鳥川里の安東君子村同様、足がないと

行くのが難しそうだ。で、その『王女の男』の首陽大君の家だった君子村つながりで、

ドラマの最後のシーンが撮影されたのも、多分というか、おそらくというか、かなり

確信持って堤川のKBS撮影場だと思う。同じ家が、現在観ている『武士ぺク・ドンス』

ではフクサモ達が暮らす湖の傍の家として出てきた。しかも、剣仙が歩いていた道も

おそらくこの場所の道だし・・・湖は忠州湖。この撮影所は元々『太祖王建』のために

作られた所で、聞慶のKBSと行ったり来たりして撮影したのだろう。6キロ離れた所には

忠州ダムを作るために沈むことになった文化財を集めて保存した清風文化財団地がある。

その中にあるSBS撮影所は、初めは『大望』のロケ地として作られた。他にもいくつか

作品を撮った後、『イルジメ』のために10億ウォンかけてリニューアルしたそうだ。

で、『イルジメ』で出てきたアジュカリ派の砦や、街の入口にある特徴のある建物が

『ぺクドンス』でも『王女の男』でも出てきた。麻浦にある酒場、大事な撮影場所だった。

それよりも・・・

f0152079_0462714.jpg

f0152079_0481291.jpg

f0152079_0473570.jpg

『チュノ』で下宿してた酒母の家はここだったんだ!ここは是非行かねば・・・

『イルジメ』ではシムドク酒屋で、手前にある馬屋はコンガル和尚が世話してたところ

だったそうだ。6キロ先のKBS撮影所の同じ家も『チュノ』でも使われたらしい?と・・

だけど、行き方などを調べているうちに、昨年夏、老朽化のために云々という貼り紙を

とりあげているブログにたどり着いた。イルジメで出てきた宿屋の屋根には盗賊イルジメの

人形がいて、そこはイルジメ記念館になっているらしく、それも面白そうと思ったが、

昨年秋に訪れた人は、管理がなっていない、ボロボロじゃないかと・・・で、あちこち

調べたけど、現在の様子がわからないので、直接文化財団地の管理事務所に電話を

してみた。その結果、老朽化のために撤去しましたって・・・へ?なくなっちゃったの?

撮影所が全部なくなったんですか?と訊いたら、はい、撤去しましたって。。。(T_T)

KBS撮影所は今もあるんですよね?と訊いたら、そこも撤去予定ですって(T_T)

訪問した人があまりにひどい状態だと怒り気味だったしなぁ・・・で、『ぺクドンス』を

観てたら、アジュカリ派の砦の近くの建物は燃やしちゃうし、建物どうしを繋いでた

渡り廊下部分は天@チェ・ミンスが戦う場面で足場が崩れ落ちてたし(危ない!)・・・

『ぺクドンス』が最後の撮影だったのか、もうどうにでも使って頂戴!状態のシーン

だった^^;TV画面を見ていて、廃屋として登場してるし、もうこれ以上は使えない

よな・・・と、妙に納得してしまった^^;まだ残っているうちに行けばよかった。。。

聞慶のKBS撮影所の『チュノ』の建物といい、ここといい、撮影所に関しては、撮影が

終わると撤去されることもままあるから、仕方ない話だとも思う。

チャン・ヒョクに関しては、『大望』の撮影所で再び撮影したわけで、懐かしかったかも♪

『チュノ』は撮影所ばかりではなく、全国の風光明媚な場所や、理由のある場所で

撮影しているので、そういう撮影所ではない場所を回るしかないかも・・・

by andegenni | 2012-06-23 01:13 | 韓国ドラマ | Comments(0)
<< 父と娘の沖縄旅行 2012.4 part13 最... >>