<< いよいよ今日・・・ お久しぶり・・・ >>

マイダス1話観ました♪

どれだけ長い間更新できなかったか。。。反省m(__)m

ログインすら余りしてなくて。。。今、訪問数見てビックリ!

留守の間にご訪問頂いた方々、本当に申し訳ありません&ありがとうございました。

「トンイ」が終わり、トンイの息子の英祖とその孫の正祖@イ・サンの物語「イサン」

を今更・・・ですが観てみました。正祖に関しては、今までも「漢城別曲ー正」

「風の絵師」でも観ましたし、今、視聴中の「トキメキ成均館スキャンダル」でも

出て来ます。毒殺説を扱ったもの、病気説を扱ったもの・・・と扱いは様々ですが、

チョン・ヤギョンを始め、出て来る人物の描き方もドラマ毎に違っていて面白いです。

手持ちに「正祖暗殺ミステリー」もあるので、時間があったら観てみようと思います。

ずっと前に訪れた水原の華城もこの正祖が建てたものですよね。。。志半ばで

亡くなりましたが、世宗大王に劣らない名君だったとのこと、いろんなドラマで

生涯を追うのは史劇の楽しみだと思います。


f0152079_20343849.jpg


ところで、昨夜から始まったマイダス、遅ればせながら観てみました。

来週以降、ちと忙しくなり、さ来週の月曜の夜は全州、火曜の夜は安東にいる

身の上ですので、継続して載せるのは無理ですが、さわり部分の一話だけ、

聞き取り出来た部分を載せてみますね^^観てない方は、ここからスル―で

よろしくお願いいたします。moreでどうぞ♪





法律事務所の面接を受ける김 도현@チャン・ヒョク。

母と二人暮らしだったドヒョン。幼い頃から優秀だったが、母の記憶は魚の匂い。

その母が大学時代に亡くなり、残されたのは市場の権利金500万ウォンのみ。

それを投資して大学を卒業し、ロースクールで優秀な成績だった経歴があるせいか

面接でも堂々とした答えぶりで、面接官も満足そう。

終わると恋人に電話。巧くいったならそこで決定よね?と訊かれるが、明日、教授の

推薦でもう一か所面接を受けると言うドヒョン。急患が入り、仕事に戻る看護師の

恋人。恋人も優秀で、若い医者の処置の間違いに気付き、結果的に彼女が正しかった。

☆恋人の父親の町工場を手伝うドヒョン。全部終わったと言うと、宿題はやってきた

のかと問う父。やるにはやったけど…と口ごもるドヒョンにここでやれと言う父。

見事な音程(爆)の歌を歌う。父は땡!と評価。(땡!とは、駄目とか、失敗とか

いう意味で、コンクールでいう鐘ひとつみたいなもの。一泊二日で、ナPDが情け

容赦なく言う様をイ・スンギが真似してて、それが巧いのなんのって。。。爆)

まだ49点だから認めない、51点をとらないと。。。と言う父。(父も51に

こだわるんかい?笑)それでも一緒に食事をして、明日からは忙しくなるから

来れないと言うドヒョン。帰り際に장인님(妻の父の呼び方)と呼ぶと、誰が

장인だ!と怒られる。

☆夜、遅くなったとピザを持って訪れる恋人に、父親に遠慮してか、早く帰れと

諭すドヒョン。

☆翌日、司法研修院の教室。教授の前でディベートするドヒョンと相手の

学生。(相手はイ・ソノだ!最近、よく見るなぁ・・・トンイの最終回、トンイの

息子役だったし、メリーは外泊中も観てるけど、それにも俳優役で出ている)

彼は有名弁護士の息子で、金持ち育ちなのが、ドヒョンの友人は気にいらない。

☆講堂では教授の紹介でLONE ASIAという会社の代表である유 인혜が話をする。

アメリカで成功して、韓国で会社を立ち上げた女性だ。テーマはお金について。

みんなお金は好きでしょう?会社の年俸を尋ねると、答えるドヒョンの友人。

逆に彼女のアメリカ時代の年俸を尋ねる友人。2000万(ドルよね?)と。

それ以上6000万稼ぐ人もいたと。お金は汚いもの、金持ちは悪い奴と考え

られがちだけど、そんなことはない・・・と話す彼女。終わった後、彼女と

話をするディベートの相手を見て気に食わない友人。彼女が気にかかるドヒョン。

☆教授に紹介された先に向かう。お城のような建物(ここ、宮のシンチェカップル

の家として出て来たね^^雲峴宮の後ろにある)。通された部屋には有名な

弁護士の写真がズラリと飾ってある。代表と会う。名刺>法務法人大正 チェ弁護士

(住所が江南区駅三洞なんだけど、ここ、安国なんですけど。。。笑)

これだけのパートナーがいる所なのに、知られていないのを不思議がるドヒョン。

チェ弁護士は他にも合格した所があるだろうが、ここで、破格の条件で一緒に仕事を

したいと提案する。年俸は仕事をした分全部?、二番目にはOKならここを出た瞬間

からパートナーとして扱うと。驚くドヒョン。お金が必要だろうと1億ウォンの

小切手をくれる。

☆イネの所を訪ねるチェ弁護士。父の話でしょうかと。会長は遺言をされるようだと

話す弁護士。兄達も知っていますか?と問う彼女に、いや、君に初めて話しに来たと。

面白いから読んでごらんと、資料を置いて行く弁護士。

☆1億の小切手を見つめるドヒョン。性格とか状況とかも御存知でしょうに?

どうしてこんな破格な提案をされるのか理由を問いたいと言うドヒョンに、君には

申し訳ないが君の知らない間に君のことはよく知っているんだと答える弁護士。

☆病人の世話をする恋人。婦長?に呼ばれ、VIP病棟に週明けから勤務するように

言われる。一泊300万ウォンの病室。看護師のエースと言われ経験になるからと。

帰り際、電話をかけるが、忙しいと。今日がどんな日か・・・と言いかけるが、

セミナーの準備があって遅くなると言われて、頑張ってと告げ、家に帰る恋人。

☆ごちそうを準備している父。こんなことしないでって言ってるのにと娘。

どうして灯りを消すの?と問う娘に誕生プレゼントがあると言う父。ビデオレター。

感激する恋人。「ジョンヨン。こんな日もあるんだな・・・お義父さんに51点を

貰った。俺と結婚してくれる?」涙ぐむジョンヨン。何してる、早く出て来いと父。

ケーキを抱え、出て来るドヒョン。歌を歌う父と彼。結婚式はお義父さんにとっても

いい日になるでしょうと言う彼に、たくさん子供を作れと言う義父。それも最善を

尽くすと言うドヒョン。歌えと命令され、またもすごい(歌)を披露する。

☆外へ出る二人。どこへ行くの?と問う彼女にともかく着いて来いと。車を見せて

乗れと言う。これがプレゼントなの?と驚く彼女に違う、本当のプレゼントを見せに

行くのだと。俺の望みは新車に乗って楽しむことさ、愛する人と一緒に。。。と

浮かれるドヒョン。着くと、目隠しをさせる。もう目を開けてと言われて素敵な

部屋に驚く彼女。二人で住む家だと聞かされて驚く。どういうこと?

話して!と言われ、教授の紹介してくれた所に就職したこと、破格の条件のことを

話すが、話にならないと不審がる彼女。何も心配しなくていいと諭すドヒョン。

自分もVIP病棟へ移ることを話すと、おまえがVIPだと言うドヒョン。ハグして、

母が亡くなる時、どういう話をされたかわかるか?おまえがいてくれて心強いと、

俺の人生でおまえに会ったことが一番の幸せだと。俺達、幸せに生きような・・・

☆チェ弁護士に時間がある時に読んでごらんと渡されたレポートを読みだすイネ。

電話をかけ弁護士にこのレポート、誰が書いたのですか?と呼び出す。

信じられないと話すイネ。弁護士も、こんなクリエイティブな奴には初めて会ったと。

本当に天才なんだなぁという感じがしたと。だから私が連れて来たと言う。驚くイネ。

会長に仕えてもう30年だ。私の代わりになる奴を準備しないとな・・と話す弁護士。

☆出勤中、電話を受けるドヒョン。パートナー云々の話はともかく、慎重にねと彼女。

小言言わないで早く切れと^^;

☆宮殿に出勤。通された部屋はドヒョンの事務室。個人秘書までついて豪華でビックリ。

秘書に指示する練習までして可愛い^^;母と恋人の写真は机の上に。

☆VIP病棟。ホテルのスィートルームみたいと驚く。担当の病室が決まる。

先輩の女の子と話す。

☆チェ弁護士が事務室は気にいったか?と。これから何をすればいいのかを問うドヒョン。

弁護士に連れられて、会長の元へ。お話した友達ですと紹介される。

若く見えると言う会長。こっちへ来いと。ペコギ(余剰金?なんぞや?)が生じたら

どうするかとドヒョンに問う。自分の考えを話すドヒョン。投資?土地とかを買った

方がよくはないか?と尋ねる会長に、世の中で金を増やす遊びほど、面白い遊びは

ありません。今の状況で不動産に投資するのは馬鹿みたいですと答えるドヒョン。

(クスクス笑うチェ弁護士)私が不動産につぎ込んだ金がどのくらいなのか知ってるか?

と問われ、知らないと答えると、弁護士に聞けばわかる。君は今、この国で一番の

馬鹿の前に立っているんだと。恐縮するドヒョン。弁護士の意のままにするように

言う会長。弁護士は、君がやることが出来たようだ、行こうと。

☆イネに電話する弁護士。会長が許可してくださったと。じゃ、あなたと同じくらい、

父の財産についてわかるわね。。。と言うイネに、そうなるだろうと言う弁護士。

(・・・・・ここ台詞がない)イネが望むならそうしてもいいと。また連絡しますと。

スタッフにドヒョンについてわかることを全て調べるようにと指示するイネ。

☆車で恋人の電話を受けるドヒョン。遅くなると。何の仕事だかよくわからない様子。

クラブに着き、係に小切手を渡しながら写真の女性を捜す。見つけたが男性と一緒。

男性が出た部屋に入り、チェ弁護士から送られたと言うと、消えろ!GET OUT!と

罵声を浴びるが、女はそのまま倒れる。見ると薬の瓶。弁護士に問題が生じたこと、

薬を飲んで意識がないことを話すが、そこに残って、口封じにいくらかかっても

構わないから事態を収拾してくれ、自分で判断してやってくれと言われる。

☆退勤途中で電話を受ける恋人。まだ病院の前ですと慌てて戻る。運ばれる先程の

女性。誰だかわからないと言う彼女に、同僚からこの病院の財団の会長の娘だから、

外部に知られたら大変なので気をつけるように言われる。

☆手当てをしていると来るチェ弁護士。ドヒョンも到着。処理は全部やりました。

状態はどうですか?と問うと、大丈夫だ、心配するな、もう帰っていいぞと言うが、

様子に気付き、なんだ?話があるのか?と弁護士。私がしなくてはならない仕事とは

こういうことですか?これから私がどんな仕事をするのかはっきり話して下さいと。

これまで30年間、私は会長と家族のために働いてきた。その仕事を私の代わりに

やって欲しいと告げる弁護士。私は法律の勉強をしてきたのに、何故会長と家族の

ために働かなくちゃならないんですか?到底理解できません、それだけの価値が

あるのですか?と問うドヒョン。

そこへイネがやってくる。誰ですか?と弁護士に尋ね、会長の娘だと聞いて驚く。

☆どう?とイネ。大丈夫です、バイタルは安定しましたと答えるジョンヨン。

ちょっと(患者と)話をしてもいい?とイネ。まさか、こんなことで復讐しようとしてる

つもりじゃないわよね?もうこんなことしないでと言うイネ。

☆病室の外でドヒョンと会うイネ。初めましてと握手する二人を病室から出て来た

ジョンヨンが驚いて見つめる場面でエンディング。


相変わらずの間違い多々かと思いますが、一話だけ聞き取りできた部分を

書いてみました^^

by andegenni | 2011-02-23 20:43 | 韓国ドラマ | Comments(2)
Commented by ほたか@嬉しいで~す^^ at 2011-02-26 02:16 x
こんばんは~^^ ♪まゆみさん 有難うございます^^
1話見れたのですが、会話は判らず・・でしたが、
予想外の歌にズッコケました~!

お義父さんとの場面、凄く良かったです。
あんなに幸せな三人が、段々見られなくなるのかな~?

彼は天才なんですね。
あの丈のコートは、お金持ちの象徴なんでしょうか?^^
前髪、上げれば良かったのに・・。

手が真っ赤で、ほんとに寒そうでしたが、
ニット帽を被ってると、ミョンハの頃と変わってないような^^
ヒョギとヒエさんの競演が、これから楽しみです。


今、≪近肖古王≫を見ているのですが、
ソソノが≪朱蒙≫の時と全然違ってて、ビックリ!
色んな解釈が出来て、歴史物はミステリーです。
 (また大鑑@チュノが出てるのですが、
  一回り下と知って、軽くショックでした~^^)

安東に行かれるのですね。
まだまだ寒いですので、どうぞお気を付けて下さいね^^
Commented by andegenni at 2011-02-26 13:43
ほたかさん、안녕♪
聞き取り、私の思い込みも多々あると思うので参考程度にしてくださいね^^;

長い間の恋人との関係が急変する予感・・・
どうなってしまうのでしょうね。。。

歌は・・・素なのか、演技なのか?爆)
声量があるのはいつものヒョギですが、巧く歌ってはいけないシーンだから^^;

近肖古王は録り溜めてあるのですが、まだ手つかずです・・・
史劇は観始めると一気に行きたい方なので、全話終わってからかな?

全州も安東も2度目ですが、先生と仲間との旅で、宿泊もするので
また新たな発見があるかも?と期待しています。
<< いよいよ今日・・・ お久しぶり・・・ >>