しんどい・・・

7日の夜、急に発熱。しかも吐き気と節々の痛みと、気管支からの咳も。

三連休中で、休日診療に行く元気もなく、ひたすら耐えて・・・

ネットで普通の風邪とインフルエンザの違いを調べたら、まさに症状が。

家に常備してある熱さましや鎮痛剤のロキソニンは飲んではダメだと。

久々の39度近くの熱で、寒気、吐き気にも耐えて・・・

一応市販の風邪薬だけ気休めで飲んで。


今朝、開くや否やかかりつけの病院へ。簡単な検査で

見事「インフルエンザA型です」って・・・

そう言えば、ちゃんと認定されたのって、長い人生で初めてかも?

家族は、午後からチェック(陰性)して、タミフルを貰って来た。

潜伏期間があるそうなので、母は大丈夫か?と電話してみたら留守。

倒れているんじゃと心配して、母の友人に電話したらカラオケだって!

ホッとするやら、携帯ちゃんと出ろよと思ったりで・・・^^;

出かけることが少ない私なのに、どこで貰ってきたんだ?と不思議。

皆さんも、お気を付けくださいませ~♪


# by andegenni | 2017-01-10 19:23 | 四方山話 | Trackback | Comments(1)

ちとブログが書けなくて・・・

昨日、たまたまニュースを見ていたら、突然の菅官房長官の発表!

釜山の日本領事館前の慰安婦像の設置に関しては、暮れに真逆の結果になり

「国民の声」が「国際法」に勝った瞬間を目にした思いだったけど・・・

従来の日本政府は、ごねられるのが嫌なのか?面倒だと思ったのか?で

韓国の要求をわりと受け入れて来たので、

現政府もその流れかと思いきや・・・

1年ちょい前のあの合意は、ゴールポストが動くであろうことを

前提に考えてその場合はどうするか?まで考えた合意だったのかも・・・と

思えるように。

今年は世界が動くとは年初に書いたけど、まさかのこの急展開で@@

韓国好きの方々も思いは複雑だろうと思う。

韓国が好き!にもいろいろあって、全面的に多くの韓国人と同じ考えでは

ないながら、それでも好き!な人は、かなりの確率でいると思う。

中には全く政治は無関心で、ただただショッピングや食事を目的という

層もいるだろうし、それはそれ!で割り切って考える層もいるだろう。

私は、ドラマのロケ地を巡る旅で、現地の韓国人に多く接しているけれど

個別の韓国人は、私が日本人だと知っても、圧倒的にいい人が多いと思う。

ただ、日本=悪で教育された若者世代が多くなるにつれ、日韓関係は更に

悪化するしかないかなぁとも。

訪日する韓国人が多いから、実際の目で見ると

日本っていい国だし、いい人も多いと思ってくれる人が増えているのも

知っている。

ただ、それでも根柢の日本=悪である世論は拭い去れないから、

褒める前にも「日本はキライだけど」と定冠詞をつけないと

コメントし辛いのが現実だ。

しばらくは、論争をあちこちで読んでいる状態で、特に日本側の反応が

興味深い。断交一辺倒で、韓国とは一切かかわるなという強硬派も多くて、

合意は政府が馬鹿だったという意見が多かったけれど、

ここへ来て、日本側の論争がいろんな意見があって興味深い・・・

しばらくは、目が離せそうにないなぁ・・・

という次第で、旅日記は、気が向いた時まで少し延期に。


# by andegenni | 2017-01-07 16:38 | 四方山話 | Trackback | Comments(2)

2016.11 江原道・慶尚道の旅part25 大邱の朝

2日夕方から、実家に帰り、母とゆっくり過ごして来た。

3日には一緒に初詣もし、近くでショッピングし、お寿司も食べて・・・

母は5人兄弟の末っ子で、生存しているのは上の姉だけ。

もう施設に入っているので、急変に対応できそうにない我が家では

姉(伯母)が元気なうちに会いに来てくれとの、従姉からの要請もあり

今年は母を連れて故郷へも帰る予定。多分、母にとっては最後の帰省かも。

何かと予定の多い一年になりそうだ。公私ともに、変化も多そうな年だし。


今年の初日記は大邱から。
f0152079_20045444.jpg

気分の良くなかった夜も明け、なんとか起きた朝。ホテルの隣の

公園と言うか、大邱駅裏の銀杏が綺麗だった。見えているホテルの

f0152079_20064280.jpg

今回の部屋はこちら。壁紙が違うだけで、ひとりには十分すぎる広さ。

f0152079_20074857.jpg

大邱駅の中を通って表へ・・・

f0152079_20075268.jpg

表側は秋のお花が綺麗だった。9時に待ち合わせなので、

その前に一箇所行こうと、ここからタクシーで移動。

f0152079_20483381.jpg

着いた先は大邱市民の憩いの場である達城公園。大邱にあるいくつかの

公園の中で、市民に最も愛され、最も古い公園なんだそうだ。

元々は、三韓時代の部族国家だった達句伐の城址で、変遷を経て

1905年に公園として生まれ変わったそうだ。大邱では現在もまだ

達句伐という名が多くみられる。春に行った燃灯祭にも使われていたし。

f0152079_20505729.jpg

タクシーを降りた通り。通りの紅葉はまだ早い感じだけど、中はどうかな?

f0152079_20510259.jpg

公園案内図。動物園もテニスコートもあり、広い!

f0152079_20521539.jpg

さて、入るかな^^門の名前も「市民の門」

無料で、朝は5時から夜は21時まで開放されている。

f0152079_20582979.jpg

公園そのものも、一度は来ようと思っていたものの、目指す場所があり・・・

f0152079_20584729.jpg

見渡すだけでも広くて困惑・・・

f0152079_20590449.jpg

動物園もあって、10時からってことは、ここも開放されるのかも?

f0152079_21120787.jpg

門があった。名前は観風楼。この門は、慶尚監営の正門だった門で

地方文化財資料第3号に指定されているそうだ。

f0152079_21122568.jpg

公園内は綺麗な紅葉^^で、ベンチに座っているオルシンや、

ウォーキング途中で休憩している方等、数人に確認して向かった先は・・・

f0152079_21125865.jpg

この変わった形の造形物のある場所。

f0152079_21131382.jpg

特徴的だから、地元の皆さんはよくご存じかと思いきや、仰ることが

バラバラで、かなり迷ってしまった^^;ようやく到着♪

f0152079_21133366.jpg

造形物に近いこちらのベンチ・・・

f0152079_21133984.jpg

反対側から見ると、木の周りを囲む二つのベンチの間にあるベンチ。

これが『むやみに切なく』で出て来た桜の花が散っていた場所。

記憶が曖昧になって、昔に戻ってウルの膝枕で寝るジュニョン。

向こうから来て、彼が誰かがわかった子供たちを、寝ているからと

諭すウル。このドラマ、めちゃ哀しかったなぁ・・・

桜の季節だと、臨場感いっぱいなんだろうけれど、

紅葉時もなかなか良かった。

f0152079_21152122.jpg

ベンチ側から観た公園。逆光だね・・・

f0152079_21152811.jpg

さて、急がないと時間がない!

f0152079_21155262.jpg

それにしても、綺麗な時期に来れてよかったと思った。

f0152079_21161127.jpg

古い公園と言うだけあって、木も大きくて見事だった。

f0152079_21163469.jpg

休日とか、市民の憩いの場になりそうな広場だし。

大きな建物は郷土歴史館。

表で流しのタクシーがなかなかいなくてようやくゲット!

ところが、大邱近代歴史館までと言っても、地元の筈の運転手さんが

わからないと・・・アチャ・・・それならと、慶尚監営公園までと

言うと、わかったようで。。。9時前になんとか到着♪

旧朝鮮殖産銀行大邱支店だった建物が、近代歴史館なんだけど、

地元ではどう言えばわかるのか?建物を見て、納得する運転手さん^^;

f0152079_21165366.jpg
f0152079_21171295.jpg
f0152079_21173040.jpg

春にも来た慶尚監営公園内も、急いで数枚パチリ!

f0152079_21174804.jpg

近代歴史館、大邱中部警察署に続く公園前の道が綺麗だった。

歴史館前に行くと、この日お世話になるキョンキョンさんの車が^^

挨拶をしていると、向こうから走って来る初対面のYuckyさん^^

続いて、福岡のお仲間のサオちゃんと、そのお友達のヨッシーも。

さて、ここから5人で車で移動・・・前に開店前の現代百貨店でトイレ♪

さぁ、みんなで慶尚北道青松に向けて出発~~~~!!!


# by andegenni | 2017-01-05 00:02 | 2016.11 江原道慶尚道 | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとうございます


f0152079_20492805.jpg

昨年からずっと、世界が動いているのを感じます。

今年もいろいろと変わりそうな予感・・・

当たり前だと思っていたことが変わり、変わらないであろうと

思っていたことが変わって来たようにも思えます。

つたない超個人的なブログですが、気づけばもう10年目に入ります。

ともあれ、今年もよろしくお願いいたします。


# by andegenni | 2017-01-01 00:00 | 四方山話 | Trackback | Comments(2)

2016.11 江原道・慶尚道の旅part24 太白3鉄岩駅界隈

太白バスターミナル前からお世話になったタクシーの運転手さんは、

鉄岩駅も大して時間がかからないから待っていようか?と。

ただ、ここからはバスがあるので、ここでお別れすることに。

『太陽の末裔」セット場から、東栢山駅を経由して9100W也。
f0152079_19233732.jpg

こちらが鉄岩駅。まだ新しい駅舎だった。V TRAINの終点だからか?
f0152079_19252042.jpg

駅に向かい左側にはこちらの建物。犬が覗いてるの、可愛い^^
f0152079_19255159.jpg

こちらの並び@鉄岩連立商街は現在も営業しているみたいだった。

数年前まであった、先の市場はもう撤去されて跡形もなかったが。
f0152079_19261858.jpg

向かい側、山の様子。
f0152079_19262739.jpg

再度駅に戻って、反対側へ。
f0152079_19265630.jpg

駅にあった地図。
f0152079_19274440.jpg

道路と川越しの向こう側。あの手は何を抱えているのか?


f0152079_19281298.jpg


f0152079_19281801.jpg


f0152079_19290987.jpg


駅舎の先、ホーム下の壁画。鉄岩らしく炭鉱の絵。

f0152079_19295134.jpg


太白市の観光案内図。

f0152079_19301477.jpg


駅前の観光案内所。入って地図を頂き、バスのことを尋ねた。

ここと太白バスターミナルは、思ったよりたくさんバスがあって、

駅側のバス停から乗っても、反対側から乗ってもループになって

いるので、両方とも太白へ行けるとわかった。急ぐ場合は

反対側にあるバス停から乗り、あちこち観光地へ寄るなら

こちら側から乗ればいいと教えて頂いた^^なるほど・・・

f0152079_19302177.jpg


さらに壁画を見て・・・道路の反対側へ。
f0152079_19452249.jpg

f0152079_19452873.jpg


鉄岩炭鉱歴史村の建物入口に到着♪

かつて栄えた炭鉱の連立商店街を、外観は変えずに中はギャラリーに

してある場所。ここ、前に『一泊二日』で観たことあって。。。

f0152079_19462896.jpg

f0152079_19463373.jpg


トイレもあるんだ^^よかった~♪

f0152079_19465455.jpg

f0152079_19465995.jpg


昔の炭鉱町の様子が写真を通してわかる場所。

f0152079_19472488.jpg


川向うには炭鉱夫たちの像が。

f0152079_19474715.jpg


写真で観る昔の鉄岩駅近辺。たくさんの家があったんだなぁと。

f0152079_19480850.jpg


ベンチに座っている炭鉱夫。

f0152079_19484633.jpg


駅の並びには、現在も運営されている巨大な

철암역두선탄시설@鉄岩駅頭選炭
施設。

f0152079_19500279.jpg


廃坑になった鉄岩炭鉱の歴史村を端まで歩いてみた。

f0152079_19502212.jpg

f0152079_19504571.jpg


やっていないギャラリーも多い中、外から撮ってみたり・・・

f0152079_19510759.jpg

f0152079_19522706.jpg


昔の炭鉱村の商街とはここでお別れして、向かいの選炭施設へ。

f0152079_19530537.jpg

f0152079_19531218.jpg


入口にはたくさんの看板^^ここは映画『인정사정 볼 것 없다』

原題@人情事情見る必要がないのロケ地。

邦題は『NOWHERE 情け容赦なし』

f0152079_19534291.jpg


映画の中で殴り合いのシーンを撮った場所で・・・

f0152079_19542966.jpg


後ろの建物がその場所。『一泊二日』の「映画のOST巡りの旅」で

彼らが連れて行かれた場所が、まさにあの建物内で、みんな役に

なりきって、殴り合いをしていたのが印象深かった。

f0152079_19552965.jpg


再度、歴史村の前を通って・・・

f0152079_19565751.jpg

f0152079_19570371.jpg


歴史村の案内板のすぐ傍にある신설교。渡ってみよう♪

f0152079_19575727.jpg


橋の右手。紅葉がまだ残っていて綺麗だった^^

f0152079_19592277.jpg

f0152079_19583399.jpg


橋の左側は歴史村の建物の裏側で、川にせり出すように建てられた

建物は、까치발 간물@かささぎの足建物と呼ばれるもの。

かささぎの足のような柱の上に建っている独特な建物だ。

向こうの建物から妻子が見送り、こちら側で仕事に行く炭鉱夫が

手を振っている像。向こうのギャラリーの上からも見えていた像だ。

f0152079_19594213.jpg


橋を渡った所の建物には、特産物売り場とか休憩室と書かれていた。

f0152079_20002866.jpg


座って弁当を食べている炭鉱夫。これって、橋のたもとから順番に

炭鉱夫の一日を描いている像なのかも?見送られ、石炭を掘り、

休憩して、妻の作ってくれたお弁当を食べて・・・

f0152079_20012566.jpg

f0152079_20013175.jpg


川沿いの遊歩道を登って行くと、小さな展望台があり、

選炭施設も、歴史村の建物もよく見えた。

f0152079_20024208.jpg


こちらの山の上には小さな壁画村があることが調べている際に

わかったので、行ってみることにした。廃坑になった場所だから、

村も廃屋が結構あったけれど。

f0152079_20030707.jpg


壁画はかなり古くなっていた。赤い旗は「山火事予防」!

f0152079_20033275.jpg

f0152079_20035145.jpg


昔の生活を描いた素朴な壁画。

f0152079_20042159.jpg


一番奥には井戸も。

f0152079_20044346.jpg


村から見える炭鉱跡と選炭施設が、ほんと巨大だ!

そう言えば『エデンの東』は太白の炭鉱の話だったかと・・・

f0152079_20050911.jpg


大根1本を小さく切ったり、葉を干したり・・・手間をかけてるなぁ・・・

f0152079_20052646.jpg


可愛い絵もあったけれど、並びの廃屋が・・・

f0152079_20061512.jpg


橋に戻って、最後に左の歴史村と右手高台の壁画村を一緒に。

駅でトイレを借りようと行ってみたら、ホームでガヤガヤ騒ぐ声。

あれ?どこへ行く列車なんだろうと思い、駅員さんに、夕方の正東津発の

東大邱行きはやはり運休なのを確認し、ところで、もうすぐどこかへ行く

列車が来るのですか?と尋ねてみると・・・

なんとなんと、釜山行き!東大邱へは直接行けないけれど、

途中駅で乗り換えれば行けますよって^^やった!

太白バスターミナルまで戻らず、ここから乗れる^^

f0152079_20064662.jpg


こちらが本来の時刻表だけど、その時は観光列車も全滅。。。

f0152079_20082961.jpg

f0152079_20085326.jpg


駅構内の様子。喉が渇いて仕方なかったので、サイダーを買った。

f0152079_20093527.jpg


V TRAINの終着駅だから、こんなマークも^^それで駅舎も立派に?

f0152079_20100780.jpg


住んでいる人がほとんどいない場所なのに、駅舎は立派だ^^

f0152079_20102846.jpg


「顧客様の喜びは鉄岩駅の喜び」だって^^

f0152079_20105079.jpg


ホームにもいろいろと工夫。騒いでいた声は登山服姿のアジュンマの団体。

f0152079_20115293.jpg


やって来た列車♪乗りこむと、まぁそれは賑やかなアジュンマ軍団!

f0152079_20121601.jpg


が、間もなく양원@両元という小さな駅でドッと降りて行った^^

ようやくこれで寝れる・・・と、空気枕をセットして寝始めたら・・・

なんだか気分が悪くなり・・・行かなかったけれど、トイレがある列車で

よかったと思った。バスだと最悪だったなぁと・・・

半年前に行った栄州、安東駅を経由して・・・

f0152079_20132109.jpg

f0152079_20160458.jpg


乗り換えの駅は영천역@永川駅。鉄岩駅で乗り換えホームを尋ねたら、

みんなが行くからわかると言われたけれど、

なんとホーム、これしかないし^^;

吹きっさらしのホームでみんな待つことに。

f0152079_20161468.jpg


やって来たのは釜田>東大邱行きのムグンファ。

前日の予定が思ったより回れた為、予定よりかなり早く、東大邱へ到着。

翌日待ち合わせ予定だったYuckyさんに連絡し、体調悪しでこ

の夜は合流せず宿で休むことにした。

f0152079_20173275.jpg


東大邱駅で、半年前に行った栄州のムソムマウルの雪景色の写真を

見かけ、思わず撮った。幻想的でとっても素敵だった。

ホテルには、すでにソウルから送ったスーツケースが届いていて^^

初挑戦してみた「宅配便でスーツケース」は大成功♪だったけれど、

疲れからか、この晩は体調悪し・・・で苦しむことに。

ハードなスケジュールは、やはり疲れがたまってこうなるんだなぁ・・・と

今後の教訓に。枚数が多かったけれど、年越しでpartを分けるのも・・・で

一気に書いてみた旅日記。読んで頂けた方、

f0152079_22180488.gif


今年はこれで、旅日記は終了。来年は大邱編からスタート♪

超個人的な旅日記、ブログを読んで頂けた方、ありがとうございました。

良いお年をお迎えください(^_-)-☆


# by andegenni | 2016-12-30 00:05 | 2016.11 江原道慶尚道 | Trackback | Comments(2)